【VODで読める電子書籍】『池田大作研究 世界宗教への道を追う(佐藤 優[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,800 (2021/06/24 01:10:43時点 Amazon調べ-詳細)

※電子書籍『池田大作研究 世界宗教への道を追う(佐藤 優[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『池田大作研究 世界宗教への道を追う(佐藤 優[著])』の紹介池田大作という人物思想行動を知らずに創価学会を理解することはできない皆さんどうもこんにちはアリオです突然ですが皆さんは創価学会についてどのようなイメージをお持ちでしょうか信濃町駅前の巨大ビル公明党との怪しげな関係カリスマ教祖池田大作実は私も多くの視聴者の方と同じように創価学会についてそういった偏ったイメージを持っていました公明党に関してもこのチャンネルの視聴者様であればウイグル問題に対して消極的な姿勢を示していることなどからあまり良い印象を持っていないという方も多いと思いますしかし一つの話だけで判断するには日本にとってこの創価学会というものはあまりにも大きな存在なんですそこで本日はある程度公平性を持ったイメージで創価学会や公明党について理解することができるようになる本を持って参りましたその本は池田大作研究です佐藤優先生によって書かれた本書は592ページにも及ぶ超大作なんです特筆すべきは執筆者である佐藤先生は創価学会員ではなくそれとは全く関係のないキリスト教徒であるということですよに溢れる創価学会についての資料は何も学会側の視点から書かれたものが逆に学会や公明党は極端に批判するものばかりでした本当はそのような資料とは一線を画したキリスト教という第三者的視点から書かれた非常に中立的な資料であると言えるでしょうもちろん本日の動画や本書を読むことによって創価学会や公明党にプラスのイメージ表てと言っているわけではありません単なるイメージだけで創価学会や公明党について考えていたよという人はその考えを改め認識を変えるきっかけにしていただきたいと考えていますこの本をきっかけに創価学会に関するプラスのイメージを描いている本に手を出してもいいですし闇を暴くようなマイナスのイメージを描いている本に手を出すのも良いでしょう関心がないというところから関心を持つところにまで持って行くことができたらこの動画を作って正解だったと思います創価学会という日本を代表する宗教法人について私たちは知らないでは済まされないんです本日ご紹介する内容は以下の三つです第一章生まれてすぐに捨てられた池田大作の知られざる幼年時代第2章創価学会が公明党を作った本当の理由第3章なぜ池田大作は逮捕されたのか大阪事件の真相に迫るこの動画が皆様にとって創価学会や池田大作を正しく理解し日本の政治宗教問題についてより客観的な視点を得るための一助となれば幸いです是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第一層生まれてすぐに捨てられた池田大作のを知られざる幼年時代著者は創価学会を理解するにはまず池田大作という人間について知らねばならないと言います本性ではまず創価学会の理念形成に大きな影響を与えた池田大作の幼年時代について見ていきたいと思います池田大作は1928年1月2日現在の東京都大田区で8人兄弟の長男に生まれました土の根の基地は41歳母の1は33歳でしたが痛くには兄が四人弟が二人妹が一人いました対策が生まれた年は土にねの吉の厄年に当たっていたため当時の迷信的な風習から両親話題作を捨て子に出しました最も広い人があらかじめ決まっているような形式的な捨て子ですところが知人が拾う前に誰かが拾って駐在所に届けてしまったので1時は大騒ぎになったそうです消えた嬰児に大作の父母は大慌てに慌てたと言いますこの一件には迷信に囚われていたとはいえ一旦我が子をして悪縁を断絶しその子を拾い新たな関係を構築することで子どもの幸せを願う親の気持ちが表れていると言えるでしょう文明を諦めて受け入れるのではなくそれをしたい努力によって転換するという発想 対策の両親に会ったんです後に大作は生まれた直後に入って後にされたことについてこの話はよく聞かされたら名神はともかくとして父母の心情には私が丈夫に育ってほしいという祈願が込められていたのだろうと語っています誰もが人間革命を行うことで宿命を転換できるという創価学会の価値観に基づいて池田は出生の時に起きた捨て子のエピソードを再解釈しているのだと著者は言います池田は両親の行為を迷信として切り捨てるのではなくそこに我が子が丈夫に育ってほしいという親の愛を汲み取っているんです大作が2歳になった時に行きだけは現在の東京都大田区東糀谷2丁目に引っ越しましたその家の庭にはザクロの木がありました子供の頃の大作は病気がちでこのザクロの木が池田の病気の記憶と結びついて入るといいます池田は小学校へ入学する前に突然高熱を出し寝込みました大変でした熱にうなされたことと医者が来て注射を打ってもらったことこれを池田は鮮明に覚えているといいますようやく焼香を取り戻した頃池田の母は言いましたあの庭のザクロをご覧潮風と砂地には弱いというのに花を咲かせ毎年実をつけるお前も今は弱くともきっと丈夫になるんだよ当時の池田の家は海のすぐ近くで歩いて10分とかからずざくろはそんな砂地にしっかりと根を張っていたんです人は人生の中のいくつかの出来事を実際にその時の色調までももまるで絵のように覚えているものですそんな光景には概して自分の生き方な力しかた形が密接に関わっているものなんです9年の大半を病弱に悩まされ続けた池田はこの時のことを忘れられないと言います西少年時代の池田の通りから人間の生死の問題がいつもさることがなかったのはやはり一貫して健康に優れなかったことと関係しているんです池田は小学生の頃寝汗をびっしょりかいてうなされながら人間は死んだらどうなるんだろうと考えたそうです当時は健康保険制度が普及していませんでした医師に往診してもらうには多大な出費が必要とされたんです池田の肺炎はかなり深刻だったのでしょうその時病床から庭を眺めてみた柘榴の木の記憶が後の池田の精子に関する根源的な問いと繋がっていくんです池田が小学2年生の時父にねの基地がある街で病床に伏し寝たきりとなります作業であった海苔製造業で一番の男でを失うことは池田家にとって致命的でした当時は社会福祉制度がほとんど整備されていませんが兄を支える人が病気で倒れると観測は緊急状態に陥りますこのような状況でも父のネム基地は他人に頼ろうとはしませんでした意地を張っていたからではありませんだいさくら子供達の将来を考えていたからですねの吉は他人に頼るとお前たちが大きくなってから頭が上がらなくなるぞと繰り返していたと言います苦しい時に他人の世話になって将来の自由を失うよりも自助努力に頼って自由を選ぶべきだというのは1934年の当時の日本の状況では残酷な心理だったんです池田は後に創価学会に入会しこのような日本の社会構造自体を変革しなくてはならないと考えますそれゆえにこそ枝の指導で創価学会は公明党として政治に進出し日本の福祉を充実させようとしたんです公明党の創設にはこのように池田の幼少時代の苦い経験が背景にあったんです第一章をまとめておきましょうポイント市池田大作は生まれてすぐに捨て子に出されたことを誰もが人間革命を行うことで宿命を転換できるという創価学会の価値観に照らし合わせ好意的に解釈しているポイントに池田は幼少期から病気がちで小学校入学前に深刻な肺炎を患ったがその時の経験が池田の精子に関する根源的な問いに繋がっていくポイントさん父が病気になりたけが貧窮状態に陥った経験から池田は日本の社会福祉充実のために公明党を創立した第2章創価学会が公明党を作った本当の理由創価学会 定時に強い影響力を持っていることでしょう創価学会が支持母体となっている公明党は自民党と連立を組んで与党の立場にあります宗教団体が政治に関与するということが日本国憲法で定められた政教分離原則に違反しているという批判もあるんですが著者はこの批判は間違いであると断言しています憲法のうち政教分離に関係するのは信教の自由を定めた第20条です日本国憲法の第20信教の自由をここで利用しましょう市信教の自由は何人に対してもこれを保障するいかなる宗教団体も国から特権を受け又は政治的な権力を行使してはならないに何人も宗教上の行為祝典儀式又は行事に参加することを強制されないさん国及びその遺憾は宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない子のように憲法に定める政教分離とは国家が特定の宗教を優遇したりキスしたりしてはいけないという意味ですこれに対して宗教団体が自らの価値観に基づいて政治活動を行うことは認められているんです創価学会や著者が所属する日本キリスト教団は国家機関でもなければ素敵利益を追求する企業でもありません人々が共通の価値観に基づいて決定し自らの規律を制定した結社なんですそれは国家に申し的利益追求集団にも属さない中間団体ですこのような中間団体は時に国家権力の圧力ステーキ利益を追求する集団の暴走を防ぐ力になります中間団体は民主主義を担保する重要な力なんですまた現在の政府には公明党に所属する科学会員の大臣がいますこれに関しても宗教団体と国政担当者とは法的に別個の存在であり宗教団体が政治上の権力を行使しているということにはならないため憲法には全く違反していませんただしもちろんこれらはあくまで憲法上の問題であり創価学会や公明党を批判するマスコミは与論の感情的な問題とは全く別のものと言えます自民党の中にさえ創価学会に行き反応を持つ人々がいるんですまた1969年に政治評論家藤原弘達さんの著書創価学会を斬るを巡って生じた言論問題以降創価学会自身も公明党との政教分離を過剰に意識するようになりましたこの出来事以降創価学会の会合で公明党について言及することはなくなり公明党の会合でも創価学会や池田大作に直接言及することが自己規制されたんです創価学会員が公明党の選挙活動を行っているのは事実なんですしかしそれについて言及することを差し控えるようになったのは言論問題によるマスコミと一部政党の創価学会と公明党に対する攻撃が熾烈であったために創価学会に強いトラウマができてしまったからだと言えるんですしかしこうした逆風にこうして2014年頃から公明党は行き過ぎた政教分離の女性に静かに取り組み始めました検討50周年を記念して上梓された投資の序文に山口那津男公明党代表はこう記しています公明党は1964年11月17日に池田大作創価学会会長の発達によって結成された大衆とともに語り大衆とともに戦い大衆の中に死んでいくの指針のもとです大衆福祉の実現を目指して活発に活動を展開し2014年11月17日県道50年の仮説を迎えたまたこの本の冒頭には演説する池田大作の写真が掲載されていますそこには池田大作公明党創立者というキャプションが付けられていますこのような形で現在の公明党は行き過ぎた政教分離にこうすべく同等の創立者が池田大作であることを明確にしているんです池田による公明党結成の布石となったのは戸田城聖創価学会第二代会長が国会や地方議会の選挙に学会を出馬させ学会が政治進出を果たしたことでした戸田は何故創価学会が政治に参加する必要性を感じたのでしょうかそれは創価学会の信仰の本質にかかわる問題であると著者は言います社会において思考感情飲食 歯科医制度などが統合されて一つの文化が形成されますこの文化の海外年に政治があると戸田は認識していました一方創価学会の文化は仏法によって形成されていますこのことから戸田は仏法によって形成される文化に政治が創設されるという価値観の元政治を広宣流布の一環と考えていたんです広宣流布というのはいわゆる選挙教えを広めるということです従来は団体形組織が政治思想を試みる場合まず国政から挑戦するのが通例でしたその方が世間やマスコミの注目度も高く政治宣伝の上で効果的だったからですしかし創価学会は地方議会から出発しましたその点が公明党と他政党との羊の違いでもあります地方自治は福祉教育交通衛生環境などを通じて住民の暮らしに直結しており住民に一番身近な存在です住民のための住民による政治の場でもある地方議会を最初に選んだことは創価学会のスタート時からの住民生活重視の姿勢を端的に示すものであると言えるでしょう民衆の物心両面にわたる幸福についてその責任を自らに課した戸田は政治の病根を深く洞察していました土台がこよなく愛した民衆は当時相も変わらず政治の10月に喘いでいました政治家は Siri に走り党略に没頭して権力の争奪に専念していました生徒はそのような政治家の弟を中断とかしていたんですそして政治から置き去りにされしその犠牲となるのは常に民衆だったんです戸田は民衆の怒りを肌で知っていましたしかし権力悪の根源を見抜いていた彼は民衆の怒りを直接政治勢力化して行動を起こしたとしてもそれだけでは真の民衆のための政治の実現という根本的な変革からは程遠いということも承知していたんです本来民衆の平和と幸福に奉仕するべき政治がいつのまにか民衆を苦しめる魔力とかしていくその現実を鋭く見抜いていた戸田にとっては政治の根本的な改革とはそんなましょうとの戦いに他なりませんでした一つの政治権力が打倒され新たな別の政治権力が登場してもその場所は消滅しないことを戸田家池田は知っていたんです19世紀から20世紀にかけて世界では様々な政治体制の国々が生まれましたしかし依然として民衆は政治権力の魔性から解放されたとは言い難いんですどう政治体制が変わっても権力者はいつしか民衆を苦しめるましょうに蝕まていくその愚かな権力の流転の歴史大人は思わずにはいられなかったんです彼は当時の政治形態を批判していたのではありません政治そのものに着く魔力が問題の争点であったんですその魔力が政治権力を握った人間つまり政治家の家に潜んでいることは当然といえますしかし創価学会が得文法を理解している政治家は自らにも間が潜んでいることを自覚することができますこのような政治家ならば仏法に照常に反省しながら政治活動を行うことができるんですそのような己の麻央自宅できる政治家こそが日本には必要とされていたんですこれこそだとだによる創価学会の政界進出のとして池田による公明党創設の基本理念だったんです第二章をまとめておきましょうポイント市日本国憲法では宗教団体が自らの価値寛に基づいて政治活動を行うことは認められており創価学会と公明党の関係は憲法で定められた政教分離の原則には違反しないポイントにマスコミは与論による行き過ぎた政教分離により公明党は一時は創価学会への言及を自己規制したものの最近ではそれを改め公明党が創価学会会長池田大作によって創設されたことを明言するようになったポイントさん戸田城聖創価学会第二代会長は権力の魔性に溺れない政治家こそが民衆に必要であると説き創価学会の政界進出を果たしたこのことが後2池田大作が公明党を設立するための布石となった第3章なぜ池田大作は逮捕されたのが大阪事件の真相に迫る皆さんは大阪事件をご存知でしょうか大阪事件とは 17年の参議院選挙で創価学会自衛が有権者を買収したとして数十名の学会員が逮捕起訴された事件で当時創価学会青年室長であった池田大作や理事長の小泉た頭が公職選挙法違反で逮捕されました結局裁判では実行犯とされた末端腕数名が有罪判決を受けましたが死亡したとされた池田小泉は無罪判決を受けました第2章で述べたような高尚な理念からスタートしたはずの創価学会の政界進出がなぜこのような事件を引き起こしてしまったのでしょうか本性ではその真相に迫りたいと思いますキーボードを大きくなった組織では必ず不祥事が起きると著者は言います宗教団体もその例外ではありません1957年7月の参議院大阪地方区補欠選挙で創価学会員が買収戸別訪問と言う公職選挙法違反事件を起こしてしまったのは隠しようもない事実です逮捕された池田大作は裁判で無罪が確定するもののこの事件によって創価学会が受けた打撃は少なくありませんでした創価学会の精神の精子である人間革命では選挙違反の実態について詳しく記されています創価学会の利益からするならば選挙違反の事実については末端の学会による逸脱であったと小さく記述子池田に対しては冤罪であったことを強く訴えれば良いはずですしかし池田が執筆した人間革命ではそのような卑怯な思考は取られていません過去の過ちを真摯に認めることなくして創価学会の発展はないといけだが確信しているからですこの事件の発端は創価学会蒲田支部の地区部長大村まさとの通りに生まれた邪念とも言うべき客層にありました王者の大村まさとはある大手建設会社に籍を置く30代の男性でした大村はビジネスパーソンとして成功しそうかがっかいないでも大きな成果をあげていましたそのことが彼のマンションに繋がってしまったんですまた大村の人脈には政治の裏事情に通じた者がいたことも悪条件となりました大村は選挙活動について地区幹部と話しているうちにある決心をしたんです今手元にある百数十万の金で思い切った運動をして応援をし自分の力で当選させてみたい大阪の選挙は広宣流布につながる戦いであるはずであるそれならば何をしても心に山下などを感じる必要はない件に学会も懸命に勝とうとしているではないか彼は自分でも気づかぬうちに功名心に蝕まれていたと言っていいでしょう自分の功績を狙う目を良くには必ず音女子アナがあるものです創価学会理事長の小泉隆は大村に止めるように指示しました小泉が辞めるようにと指示したのは公職選挙法に違反するからという理由だけではありません目的が正しければどのような手段をとっても構わないという発想が創価学会の価値観に反するから違法行為をやめろと言ったんですしかしおめえらは信心が弱かったと伝えられていますそのため小泉後塩魂で受け止めることができなかったんですそして劣勢と伝えられている創価学会の推薦候補者を当選させるためには金の力が必要であると考えるようになったんです大村は金という権力の魔性に取り付かれてしまったんです大村は単独で計画を練り始めましたそして地区の青年たちを動員し淫蜜に事を運び始めたんですこのような大村の動きに学会本部の幹部たちは誰一人福よしもありませんでした動員されたのは会社の社員である会員たちや地区の青年達でした大阪の選挙応援という大義名分を聞かされた青年たちは投票日直前に大阪に向かいます大阪に勢ぞろいした30数名の学会員はここで初めて大村の計画を聞かされましたまず投票日の前日の朝2人ずつの班に分かれて各所の職業安定所に行き給食のために集まる人に素早くタバコを配りますタバコの箱の中には学会陣営側の候補の名前が書かれているというわけですさらに同じ日の夕刻から大阪市内のを適当と思われる住宅街の2箇所を選んで候補者の氏名を貼った100円札をかっこに配るというものでした大村が集めた青年団には情熱と行動力がありました青年たちは会社員として成功し学会内でも結果を出している いたのでしょう正しい目的のためにはリスクを冒してもかまわないと青年たちの信仰心が歪曲されてしまったんです当時青年たちから計画についての質問はあったものの積極的に反対を唱える者はいなかったと言います大村の説明が身命を惜しまね選挙の応援という大義を振りかざしまた学会の上層部の幹部の了解もあったと言い繕ったにしてもそれが悪質な犯罪行為であることに誰も気づかないはずはありませんいいや多くのものはそれに気付いていたはずですしかしそれを踏み越えるような情熱が彼らを支配していたんです世間の選挙とは所詮こういうものなんだと聞かされ単純にそうだと思い込んでしまったということもあったでしょうまた目的という大義名分がかけられそのジョージが不可欠であることが強調されることによって不当な手段までもが暗黙のうちに彼らの中で正当化されてしまったとも言えるでしょう実はそこに見えざるましょうの働きがあるんだよ池田が大村の起こした事件を創価学会の精神の精子に刻み込んでいるのはこの事件が本質において信仰の根本に関わる問題だから何です民主社会における政治活動では結果だけでなく手段も重要なんです池田は次のようにいます崇高な目的は有効な手段によらなければ神の達成はありえない目的はおのずから手段を決定付けるのである民主が幸福を享受できる真実の民主政治を築くためにどうしよう正解に送ろうと言うのであればその運動もまた民主主義の鉄則を一歩たりとも踏み外してはならないことは明白である目的のために手段を選ばず目的が善であるからといって安易に手段としての悪を肯定し自分を律する心を失った時その理想や目的は既に破綻してしまっていることを知らなくてはならない手段は結果の本質に影響を与えます民主主義的選挙が定めたルールに反して当選した政治家がいたとしても間違った手段がその政治家の内面を蝕んでしまうんですそして内面の腐敗は行動に表れ民衆の利益に反する政治を行うようになります創価学会が政治に進出したのは人間革命という価値観を政治の世界で実現するためでした大村はそのことを理解していなかったんですそもそも社会を変革する政治活動には危険が潜んでいるものです戸田城聖はこの点について日頃から厳しく指導していたと言いますそれは戸田が一人一人の生き方の中に人間としての規範を打ち立てることなくしては広宣流布の正しい身ではありえないと痛感していたからでしょうしかしとだから身近に訓練を受ける機会がほとんどなかった大村屋計画に加わった青年たちにはこの戸田の心がわからなかったんです青年たちはむしろ大事な密命を託され自身が旧知の突破口を開く英雄であるかのような妄想に取り付かれていましたこのような不当な行為をいとも簡単に正当化できてしまう一年の狂いこと天満の外と言えるでしょう大山椒をまとめましょうポイント市1957年創価学会陣営が有権者を買収したとして掃除創価学会幹部であった池田大作が逮捕されたこれを大阪事件というポイントに大阪事件は大村まさとというひとりの学会員がメールから引き起こした事件だったポイント3池田大作は大阪事件を隠蔽することなくむしろ創価学会の精子である人間革命2事件内容を表示することで過去の過ちを真摯に受け止めているいかがだったでしょうもちろん本日語った内容に対して反論したいという人もいると思いますこれほど大きな宗教団体に全く嫌味が無いとは言い切れませんしかしだからといって嫌味の面だけを見つめるという行為もまた極端な人に取り付かれてしまっていると言えます今日の話に賛同するという人もそうではないという人も創価学会に対して一つの考え方をするという意味で本書をぜひお手に取っていただきたいと思います本性池田大作天宮は592ページに及ぶ隊長でありとてもこの動画だけではその内容を全てようやく式れているとは言えません池田大作に興味をお持ちの方はもちろん今日の動画で少し気になるなぁという感想を持たれた方はぜひ本書をじっくり読んでみることをお勧めいたしますここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画が良かったよという方は是非是非高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになるより よろしくお願いいたしますまた私達は本要約論文解説チャンネルというのもやっていますので興味がある方は是非そちらも見てみてくださいねということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら
おすすめの記事