【VODで読める電子書籍】『福島第一原発事故の「真実」(NHKメルトダウン取材班[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥3,520 (2021/09/18 07:27:47時点 楽天市場調べ-詳細)

※電子書籍『福島第一原発事故の「真実」(NHKメルトダウン取材班[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『福島第一原発事故の「真実」(NHKメルトダウン取材班[著])』の紹介人間は核を制御できるのか皆さんどうもこんにちは本要約チャンネル納涼です本日ご紹介する本は福島第一原発事故の真実です東日本大震災からおよそ10年本書では NHK の取材班による1500人以上の関係者素材で浮かび上がってきた衝撃的な事故の真相が明らかにされています本日ご紹介する内容は以下の通りです第一章日本壊滅が避けられたのは現場のミスのせいだった第2章原子炉変圧のためのベントが遅れた本当の理由何も事故直後に考えられていたのとは全く異なる事故50年が経って初めて明らかにされた衝撃の事実が語られています是非最後まで見ていってくださいそれでは早速参りましょう第1章日本壊滅が避けられたのは現場のミスのせいだった福島原発事故当時事故対応にあたった当事者たちはほぼ例外なく自分はここで死ぬんだと思ったそうですとりわけ事故4日目の3月14日2号機が危機に陥った時多くの人がもう生きて帰れないと確信しました家族に宛てて一生を書いたという人もいたと言いますこのとき冷却が届いた2号機は何度試みてもベントができない状態でしたベントとは排出口という意味で原子炉格納容器の中の圧力が高くなって冷却用の中水が出来なくなったり格納容器が破損したりするのを避けるため放射性物質を含む気体の一部を外部に排出して圧力を下げる緊急措置のことですその後何とか源四郎減圧しましたが消防車の燃料切れで水を入れることができず原子炉が空焚き状態になりましたテレビ会議では吉田昌郎元福島第一原発所長や東京電力の武藤元副社長が血相変えて書くの 弟なっていました後に吉田所長はこのまま水が入らないと核燃料が格納容器を突き破り辺り一面に放射性物質が撒き散らされ東日本一帯が壊滅すると思ったと打ち明けています吉田社長が語った東日本壊滅は事故後専門家によってシュミレーションが行われています当時の菅総理大臣が近藤駿介げんこつ委員会委員長にこの原発事故が連鎖的に悪化すると最終的にどうなるかシュミレーションして欲しいと依頼して作成された最悪のシナリオですそこに描かれていたのは戦慄すべき日本の姿でした最悪のシナリオによるともし1号機の原子炉格納容器が水素爆発して作業員が全員退避すると原子炉への注水ができなくなり格納容器が破損2号機3号機さらに4号機の燃料プールの注水も連鎖してできなくなり各号機の格納容器が破損さらに燃料プールの核燃料もメルトダウンし大量の放射性物質が放出されるその結果福島第一原発の半径170 km 圏内がチェルノブイリ事故の強制移住基準に達し半径250キロ圏内で住民が移住を希望した場合に認めるべき汚染地域になるとされています半径250キロとは北は岩手県盛岡市南は横浜市に至る範囲です頭胸腹部東日本3000万人が大気を強いられこれらの地域が自然放射能レベルに戻るには数十年かかると予想されていましたこのような東日本壊滅の口径は2号機の機器の局面で吉田所長だけでなく最前線にいた多くの当事者の頭によぎったはずですしかし2号機の格納容器は徹底的に破壊されませんでしたなぜ破壊されなかったのでしょうか決死の覚悟で行われた作業員たちの対応策が何らかの形で貢献していたのでしょうか事故から10年後の謎を包んでいた厚いベールが剥がれ初めて来ました廃炉作業が進むうちに原子炉や格納容器に溶け落ちた核燃料デブリの状態が垣間見えてきたからですデントができず肝心な時に水が入らなかったため過酷な高温高圧状態だったと思われた2号機の原子炉や格納容器の中には思いのほか溶け残っている金属が多く予想に反して高温に達していなかったということが分かってきましたその理由は皮肉にも肝心な時に水が入らなかったためではないかと研究者は指摘していますメルトダウンは核燃料に含まれるジルコニウムという金属と水とが高温下で化学反応を起こすことで促進されます消防車の燃料切れでしばらく水が入らなかった2号機は水イリコニウム反応が鈍くなり1号機や3号機に比べて原子炉温度が上昇せずメルトダウンが抑制された可能性が出てきたんですさらに格納容器は破壊ギリギリの高圧になったものの上部の継ぎ目や配管の接続部分が高温で溶けて隙間ができ図らずも放射性物質が漏れ出ていたことも畑妖精大臣と見られていますまた2号機は電源喪失から三日間にわたって rcic と呼ばれる冷却装置で原子炉を冷やし続けていたため核燃料の持つ熱量が1号機や3号機に比べると小さくなりメルトダウンを抑制したのではないかと指摘する専門家もいますコースター行幸が複雑に折り重なって格納容器は決定的な破壊を免れたんですしかしこのような偶然の連鎖の家の何か一つでも欠けていれば果たしてどうなっていたのでしょうか私たちの目の前には事故後日本社会が積み上げてきた10年とは全く違った悪夢の10年が広がっていたのかもしれません人間の力をはるかに超えた偶然が重なることで三号機は格納容器が決定的に壊れるという事態を招かれ日本は最悪のシナリオを回避することができたそれこそが事故から10年経って見えてきた真実なんです4号機の燃料プールの水がなくなりコーンの使用済み核燃料がメルトダウンして大量の放射性物質が放出されなかったのも偶然のなせる業でしたなぜなら4号機プールの水が仕上がらなかったのはたまたま隣接する原子炉ビルの好きで歯に隙間ができて大量の水が流れ込んだおかげだったからなんですまた4号機が水素爆発し原子炉建屋最上階が壊れたことで外からの中水が可能になったこともおばあさんに怪我の功名だったといういいでしょうコンクリート注入用の 遠隔操作し燃料プールに冷却水を注入できたのも4号機の爆発があったからに他なりませんもしこれらの偶然が重なっていなかったら4号機プールの水はどんどん低下し使用済み核燃料がむき出しになっていたことでしょうそうなれば我々日本人が最悪のシナリオを経験することになったのは自明です事故から10年福島第一原発では CB 廃炉作業が続けられています最悪のシナリオで炉心溶融の恐怖を指摘された4号機の燃料プールにはもう使用済み核燃料の姿はありません2014年12取り出しが完了し2021年中には3号機の燃料プールからも使用済み核燃料が取り出される予定です酉年は2号機1号機へと続き2031年までに5号機6号機を含めすべての使用済み核燃料が取り出されることになっていますしかし事故の1年後に国と東京電力が掲げた当初のロードマップでは全ての使用済み核燃料が2021年中には取り出されることになっていましたつまり現時点で実に10年もの遅れが生じているんですさらに輪をかけて困難なのが付いて880本ある核燃料デブリの取り出しデスロードマップでは当初2021年にデブリの取り出しを開始遅くとも2036年には完了すると宣言されていましたしかし2015年のロードマップの改定で取り出し完了年の記載は消去されましたまた2019年の改訂ではまず2号機でデブリの試験的な取り出しを開始イギリスで開発しているロボットアームを使って格納容器の底にある粉上のデブリを取り出すどうされましたところが2020年末東京電力は急遽デブリの取り出しを一年遅らせすると発表これは新型コロナウイルスの感染拡大でイギリスでのロボットアームの開発作業が遅れ日本への輸送も困難になったためでしたこれで2021年12デブリの取り出しを始める約束も果たせなくなったわけです最も DVD を取り出すと言ってもロボットアームで一回に取り出すことができる量はわずか1グラム程度です先ほど申し上げたとおり推定される核燃料デブリの送料はその約16倍の880本です東電は段階的に取り出す量を増やすとしているもののその工程の詳細は決まっていません1号機と3号機は2号機の取り出しで得られる知見を踏まえ取り出し希望を大きくするとしているんですが実際に取り出し料思うように増やせるかは未知数ですロードマップでは廃炉作業は2041年から2051年には終了することになっていますが福島第一原発を最終的にどのようにするのか最終形はどこにも記載されていませんどうぞのロードマップで掲げられた事象の計画と廃炉作業の現実を見比べる時とのあまりにも大きなズレに暴走した核の後始末が途方もなく困難であることがお分かりいただける事でしょうこのように廃炉作業は10年や20年では決して終わることはありませんよって先に述べた偶然の重なりによって最悪の事態を免れたという福島第一原発事故の真実というのはあくまで10年目の真実に過ぎないんですこの後廃炉作業の中で新たな事実が浮かび上がった時これまでの自己像が一転して変わるかもしれませんこの事故では当初考えられていた自己像が新たに発見された事実や事件によって また3号機の原子炉急減圧させることができたのは当初考えられていた現場作業員の渾身の復旧作業のおかげではなく偶然が重なって自動減圧装置が働いたためであったことがわかりました事故からわずか10年の今日でさえこれほどまでに自己像は変化したんですこれから最難関の核燃料デブリの取り出しが始まります我々は原子炉格納容器そしてデブリの相殺を粘り強く調査分析して行かねばなりませんそこから見つかる新たな事実や知見は書くの房総の後始末に役立つだけではなく人間の対応が聞き返しにどこまで貢献していたのかを見極めることにつながりますその一つ一つを丹念に検証すれば地域の時そして時期に備えて人間が何をするべきなのかという普遍的な教訓が浮かび上がってくることでしょうそしてまた人間の危機管理能力の限界や人間は核を制御できるのかという根源的な問いへの答えも掴める時が来るかもしれませんここで第1章まとめておきましょうポイント1福島第一原発事故から約10年が経ち東日本壊滅という最悪のシナリオを開始することができたのは現場の作業員の功績ではなく偶然が積み重なった結果であったことは判明しつつあるポイントに2021年に始まるはずだった核燃料デブリの取り出しは延期され2051年には完了する予定だった廃炉作業は無期限に延長されたポイントさん今後何十年にもわたって廃炉作業を進める中で新たに判明する事実の数々は人間の危機管理能力の限界を見極めるために重要な教訓となるだろう第2章原子炉変圧のためのベントが遅れた本当理由が一緒では事故後10年が経ってようやくわかってきた福島第一原発事故の全体像を見てきましたこんそれはさらに細かくなぜ原子炉の冷却装置が停止したのかなぜ海水注入が上手くいかなかったのかなど事故当時には分からなかった多くの真実が語られています今回はその中でもなぜイベントの実施がこんなにも遅れてしまったのかについての記事をピックアップしてご紹介したいと思います先にも申し上げた通りイベントとは放射性物質を含む気体の一部を外部に排出して圧力を下げることで原子炉格納容器の中の圧力が高くなるのを防ぐための措置でした事故当時東電がベントの実証記者会見で発表しながらも実施が遅れついには菅総理大臣が痺れを切らして現場に乗り込んだことがたびたび報道されていました青い作業服に身を包み鬼気迫る剣幕でフェリーを降りる菅元総理の姿をテレビで見て覚えていらっしゃる方も多いと思います事故後最初に格納容器の圧力が高まりベントの必要に迫られた1号機は状況が切迫しているにも関わらずベントの実施に難航し続けました格納容器を守る最後の砦とも言えるベントがなぜここまで実施が遅れてしまったのか本書ではその真相に迫りたいと思います2011年3月11日深夜福島第一原発の事故処理にあたっている現場の作業員たちは1号機の冷却器が機能を失っていることに気付きますこのとき1号機の格納容器の圧力は通常の6倍に達していました確認料が発生する膨大な熱により原子炉の水位は低下し剥き出しになった燃料が損傷を受けメルトダウンを起こしている可能性があったんです原子炉からは放射性物質を含んだ蒸気が格納容器に漏れ出てきますこのままでは格納容器の圧力はさらに高まり耐えきれなくなった容器が破損して大量の放射性物質を含む気体が一気に放置される最悪の事態となりますこれを防ぐためには格納容器から蒸気を抜き圧力を下げる弁当を行うほかありませんでしたよく12日午前0時8分事故処理を第一線で指揮する吉田昌郎元福島第一原発所長がベントの準備に取り掛かるように指示を出します吉田所長の指示を受けて中央制御室では運転員たちがイベントの準備を急ぎました運転イタチは以前からベントの訓練を受けていましたしかしその訓練は非常用電源から電気が供給されていることが前提だったんです電源があれば中央制御室にある操作盤のレバーやスイッチを操作いるだけで必要な弁が開き ことができますしかし電源がなければこうした操作は全くできません運転員たちは原子炉建屋に入って手動でいくつも便を動かさなければならなかったんですこのことは事故前には全く想定されていませんでしたしかもこの時点で弁当をしなければならないと考えていたのは15期だけではなかったんです現場は1号機と2号機のどちらを優先して弁当を行うべきかを巡って瞑想していましたどうしよう原子炉を冷却できているかわからなかった2号機では12日午前2時10分頃から rcic と呼ばれる冷却装置の稼働状況の確認が進められていましたその結果 rcic のポンプの出力が原子炉の圧力を上回っていて原子炉への注水が続いているとみられることが分かったんです現場から吉田所長にこの情報が上がったのは午前2時55分のことでしたの情報を受けて吉田は冷却装置の稼働状況が不明な1号機の方がより深刻な事態に陥っている可能性があると判断急遽を1号機のベントを優先させることを決めましたしかしここで大きな壁が立ち塞がります放射能の壁ですすでに11日午前10時前には1号機の原子炉建屋は放射線量の上昇のために立ち入り禁止になっていましたこのとき1号機の原子炉はすでにから滝の状態になり炉心溶融が進み核燃料が格納容器の外に時計出し始めていたんですメルトダウンした燃料から放出される放射能の影響で中央制御室の中さえも放射線量が上昇を続けていました制御室に入る運転員たちは線量が高い1号機がお酒2号機側に肩を寄せ合い屈んだ状態で待機していたんですこの時の心境を同時制御室で事故処理にあたっていた運転院井戸川隆太さんは以下のように語ります正直に言うともうダメかなと既に異常な状態で中央制御室で占領そのものが上昇してきてるって言う状況で最悪してもあり得るのかなと個人的には思っていましたしかしそうした恐怖の気持ちを誰も表に出さず中央制御室の運転員たちはベントの準備を着々と進めていたんです彼らは吉田所長がイベントの準備を指示した時点から配管や弁の図面や運転手順書を見ながら弁当を行うために必要な手順を繰り返し確認していたんですすでに原子炉建屋の中に突入する準備は万端でしたところ男鹿午前3時45分前との実施を遅らせる決定的な情報が入ります1号機の原子炉建屋の放射線量を測定するために2重扉を開けた作業員が扉の内側に白い靄のようなものが充満しているのを見てすぐに扉を閉めたと言うんですこのことはあっすでに1号機の格納容器から漏れ出した放射性物質を含む気体が建屋に充満していたことを意味しますこのような状況下で現場がベント返しの交際に二の足を踏んだことは言うまでもありません今や作業員たちは放射能が溢れ出し湯気を立てている地獄のような現場で命がけで事故対応にあたっているんです中央制御室には大家服や空気ボンベなど被爆をできるだけ避けるための防護装備に加え100ミリシーベルトに近づくとアラームが鳴るようにセットした線量計が届けられました100 MSV とは緊急時の作業の際に法律で許容されている被曝限度です当時の中央制御室の雰囲気を運転院井戸川さんはこう振り返っていますなるべくマイナスに考えないようにお互いに声をかけたりしていましたできることは本当に少なかったんですがそれを模索して調子の間でいろいろな言葉が飛び交っている状態でしたたまに大きな声を出してみたり静かになったりそれの繰り返しだったと思います一方福島第一原発構内の名神東から現場に指示を出していた吉田所長はどっちに以下のように語っていますみんなデントといえばすぐできると思っている我々の苦労が全然わかっておられない実際は私より現場でやっていた人間の苦労の方がものすごく大変なんですけどもしかし放射線量が際限なく高まっていく原子炉建屋や中央制御室の過酷な状況遠く離れた東京の総理官邸で知ることができる人は皆無でしたか来て総理大臣が福島第一原発に乗り込むという未曾有の事態に 現場に到着した菅総理はヘリコプターを降りるなりなんででんとできないんだと怒鳴りあげたと言いますかん総理は出迎えた東電の武藤栄元副社長に対し何で出来ないんだいつになったらできるんだどうしてできないんだの一点張りでした後に武藤副社長は菅総理の一つの目的が弁当を実施させることだったとは夢にも思っておらず面食らったと語っています武藤副社長からベントの状況について満足のいく回答を得られないまま菅総理は12日午前7時過ぎ免震棟に会の緊急時対策本部に入ります吉田所長は菅総理に図面で記され食べんのいくつかを指差しながら電源がないので作業員が直接建屋に入ってこの弁当この便を開かなければならないと具体的に説明を始めましたベント実施を繰り返し求める菅総理に対してこの時吉田社長は消したいという言葉を初めて口にします消したいを作ってやります吉田所長は菅総理に相違必ず弁当を実施すると確約しました階段を終えた後元総理は現場を後にし吉田所長は午前9時を目標にテントを実施することを中央制御室に指示被曝の恐れがあるものの原子炉建屋に立ちてベントに必要な作業を行うように要請しましたこの時現場に求められたのは弁当を行うために必要な二つの便を手動で開ける作業でした電灯を行うには格納容器と排気筒の間にある少なくとも二つの弁を開ける必要がありましたこの家 moven と呼ばれる電動弁は原子炉建屋の2階にありました中央制御室の運転員たちによって決死隊が編成され命がけの作業が始まろうとしていました当時12号機の中央制御室にはこの日の担当とは別のベテラン運転員たちが自ら志願して続々と応援に来ていましたこのころになると40人ほどが中央制御室で事故対応にあたっていたと言います井戸川さんはこの時の様子をこう振り返っています現場がひどい状態になっているのは皆知っていたと思いますだけどその中で誰が行くかとなった時押し付けは全くなかったですね俺が行くという感じで手を上げてみんなが責任ある行動をしていたと思います弁の開放には当直長や副長クラスのベテランが行くことになりました当直長は二人一組で3班を編成します放射線量や用紙の大きさによって途中で引き返すことを考慮して一般ずつ原子炉建屋に入り中央制御室に戻ってから次の半田出発するという計画でした午前くじ4分中央制御室から先陣を切って二人が飛び出し原子炉建屋2階にある格納容器の MOB を25%ほど開くことに成功します続いて午前9時24分第二阪奈出発2人が目指したのは原子炉建屋の地下1階にあるトーラス室ですそこにはベントのために必要なもうひとつのベントーベンがありました第二版が通ら室の扉の前で放射線メーターを見ると一時間当たり600ミリシーベルトの値を示していましたこれは法定限度の委託ミリシーベルトにわずか10分でたしてしまうわたいですこの数字は事前の想定を大きく超えていました決死隊が突入する前ベントベンの操作時に予想される被爆量を割り出し作業時間を試算していたんです資産では原子炉建屋内の放射線量は1時間あたり300 mm ベルトトゥースを停止最大17分ほど作業できると見ていたんですしかし現実の放射線量はアシスタンの2倍でした暴走する核のエネルギーに事前の戦略は追いついていなかったんですしかしここまで来たら行くしかないと二人の運転はトーラス室に入りますしかしその中のメーターは900ミリシーベルトから最大メモリの1000 MSV の間で針が振れています来たりは予定されていた進路を足早に済みましたが1/4ほど進んだ時ついにメーターの針が振り切れました放射線量がいくらあるかも分からない状態でこれ以上進むことはできず戻らざるを得ませんでした午前9時32分二人は中央制御室に戻ります作業時間は8分と事前の想定の半分ほどでした一方彼ら二人の被ばく線量は 89 mm ベルト法定限度の100ミリシーベルトの壁がベント作業を阻むかのように高く立ちはだかっていましたこれを受けて中央制御室の当直長は現場で作業が行える放射線量ではないと判断作業を断念すると吉田所長に伝えましたこうして消したいの作業は中止となりました井戸川さんは悲壮感に包まれた当時の中央制御館の様子を以下のように語りますダメだったと言われた時は当直長はかなり落胆していました中央制御室ではベントが最重要課題になっていましたがこれができないとなった時のショックは大きかったです電を開けられない現場に行けないとなった時作ってがもうないんです大善戦で弾丸が尽きた状態で待たされている状況でそのまま時間が過ぎていてやりたいことはいくらでもあるのにできない手段を尽くしたい気持ちがみんなに会ったのにできないいた状況でした吉田所長は作戦を変更し空気作動便である栄養面の配管に直接空気を送ることで弁の開放を測りました12日午後2時頃現場の作業員は原子炉建屋の大物搬入口と呼ばれるで入り口に巨大なエアコンプレッサーを設置しそれを栄養面に通じている配管につなげ空気を送り始めますそして午後3時頃格納容器の圧力が7.5気圧から5.8気圧にまで下がったことなどから吉田所長は午後2時半にイベントが実施されたと判断しましたそれを受けて午後3時18分吉田所長は午後2時半頃にイベントによって放射性物質の放出がなされた後関係機関に連絡します始めにイベントの試乗してから実に14時間半が経過していましたしかし中央制御室の運転員たちは本当にベントが成功したのか自信を持ていずにいましたベント成功が発表された午後3時頃ベントの成否を巡って運転員たちの間で激しい議論になったと言いますその最中でした突然大きな爆発音と下から突き上げるような激しい揺れに襲われたんです午後3時36分1号機の原子炉建屋が爆発した瞬間でした現場の作業員が知恵を振り絞り命がけで取り組んだデントの解放は人間にはコントロール不可能なかくの暴走によりこのようにして水の泡と記したんです第二章をまとめておきましょうポイント市津波による停電のため原子炉減圧のための弁当を行うには建屋内に存在する二つの弁を作業員が手動で開放しなければならなかったポイントに放射線被ばくの法定限度は100ミリシーベルトでありすでに放射能が漏れだしている原子炉建屋愛では到底人が便を手動で開放することは不可能な状況だったポイント3時間に空気を送ることで便を開きなんとか源四郎減圧することができたもののついに復旧作業は間に合わず1号機の原子炉建屋が爆発したいかがだったでしょうか本日ご紹介した内容の他にも736ページに及ぶ本書ではこれまで知られていなかった福島第一原発事故の真相が事細かに報告されていますこの動画を見て興味を持たれた方はぜひ本書を手にとって読んでみてくださいここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画は良かったよという方ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになりより一層頑張れますのでよろしくお願いいたしますまた私たちは本要約論文解説チャンネルというのもやっていますのでそちらにも興味があるよという方はぜひぜひ見てみてくださいねということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら
おすすめの記事
イタリアのブラックコメディ映画をリメイク!映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』東山紀之、常盤貴子、益岡徹、田口浩正、木南晴夏、淵上泰史、鈴木保奈美、室龍太、桜田ひよりの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
イタリアのブラックコメディ映画をリメイク!映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』東山紀之、常盤貴子、益岡徹、田口浩正、木南晴夏、淵上泰史、鈴木保奈美、室龍太、桜田ひよりの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 おとなの事情 スマホをの...