【VODで読める電子書籍】『心と体のあらゆる不具合を最先端医学でみるみる解決 ドクターハッシー流 すぐ元気MAXになれる61の科学的法則(橋本 将吉[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

※電子書籍『心と体のあらゆる不具合を最先端医学でみるみる解決 ドクターハッシー流 すぐ元気MAXになれる61の科学的法則(橋本 将吉[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『心と体のあらゆる不具合を最先端医学でみるみる解決 ドクターハッシー流 すぐ元気MAXになれる61の科学的法則(橋本 将吉[著])』の紹介環境性別年齢遺伝子など一口に人間と言っても一人一人の人間の体は千差万別です100%の人に効く薬がないのと同じく100%全員に効果のある健康法など存在しませんそれでもまとめさせていただきましたのであしからず皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回は内科医である橋本正義先生の心と体のあらゆる不調をお賽銭単位額でみるみる解決ドクターはっしーりゅうすぐ元気 MAX になれる61の科学的法則を解説していきたいと思います本書の著者ドクターはっしーこと橋本正義先生は現役のお医者さんであり YouTube でも健康情報をわかりやすく発信されており登録者は現在約28万人の大大人気チャンネルとなっておりますとても素晴らしいチャンネルですので興味のある方は概要欄のリンクからドクターはっしーさんの YouTube チャンネルにも訪れてみてくださいさてこの本では61項目の元気になれる秘訣が公開されているんです今回の動画では特に面白いと思ったことを中心に皆さんに役立つと思ったところを中心に内容をギュッとまとめてお伝えしていきたいと思いますああこれは知ってるよ聞いたことあるよーということから初めて知ることまでさらっと楽しみながら何か使えるテクニックはないかなと探しながら聴き進めて言ってもらえると嬉しいですではでは早速参りましょう本日のおしながきは次の通りです1件でよく動きぐっすりと寝て疲れを取ろうということを2件でストレスを減らし自己肯定感をあげようということを3件で良い食事をしようということを解説していきたいと思いますそれでは早速市原道よく動きぐっすりと寝て疲れをとろうから解説をスタートして行きましょうかさてまずは運動に関するお話をしたいと思うんです健康のために運動をする人は多いとは思いますが頑張り過ぎには注意でございます運動は適度にやることを心がけて欲しいんです運動と免疫力の関係については多くの研究で適度な運動をしている人が最も免疫力が高いと示されていますその人の年齢や体力レベルこれまでの運動経験運動習慣の有無などによってその度合いは異なります普段から運動習慣のない人はもちろんですが日頃からハードなトレーニングを積んでいるアスリートでさえ過酷なトレーニングを集中的に行うと唾液中の 呼吸筋を鍛え呼吸力を強化しておことは極めて重要です是非日頃の運動習慣の一つに呼吸金のトレーニングをくわえて見て欲しいんです鼻から息を吐く深い呼吸は不安を取り除き心身ともにリラックスを得る効果もありますよあまりね今まで呼吸筋のトレーニングを定期的に行ってきたよという人は少ないかと思いますので今回の動画をきっかけにぜひ日々の習慣に取り入れて頂けるととても嬉しく思いますそしてね運動をするのならば是非筋トレにも挑戦して欲しいんです筋トレは短期間でできまし自分の体重を利用して行う侍従トレーニングならば道具は不要なのでコスパが良いです筋肉量が増えると良いことだらけでございます筋肉は体に何かの問題が起きたりウイルスや細菌などの外敵が侵入したりした時打ち勝つためのエネルギーの貯蔵庫となるんですまたね筋肉つけておくと基礎代謝が上がりますから同じ量を食べても太りにくくになります基礎代謝が上がるということはさらに体温が上がり冷え性にもなりにくくなります筋肉がある体はパワーが出ますから同じ運動をしても疲れにくくパフォーマンスもアップするため運動を楽しめる可能性も高くなるんですよもちろん見た目もスリムになってかっこよくなりますよねハッシーさんのオススメは気持ちよく元気に活動できる適度な筋肉をつけることでございますそのためのポイントは筋肉にちょっと負荷がかかるようなレベルを意識することそして全身の中でも特に重点的に鍛えると良いのが足腰の筋肉でございますか半身の筋肉は全身の筋肉量の7割近くを占めており太ももやお尻などに大きな筋肉群が集中しているため一番効率的なんです年齢とともに下がる太ももやお尻を鍛えて引き締めていきましょうそしてね筋肉には柔軟さがあることも大事なんです男性は筋肉が固いことが原因で腰痛を招きやすいですから体の大きな筋肉を中心にしっかりとストレッチを行いましょうそうすると大きな筋肉に付随する小さな筋肉も連動ししっかりと伸びるんです一方で筋肉は柔らかいものの筋肉量が少ない女性は腰痛にならないように筋肉量を増やしましょうか半身の大きな筋肉を鍛えるのが効率的でございますふくらはぎの筋肉は足元に溜まった血液を心臓に向けて押し上げるポンプの役割も果たしていますから女性に多いむくみや足の冷えの悩みも解消してくれますある有名な調査では次のようなことが明らかになっています休日に長時間座って過ごしているとメタボになるリスクがこうなるこれは休日のことで平日の仕事中仕事以外の座っている時間はメタボとの関連性が見られなかったそうですお休みの日にソファーでくつろぎながらテレビや SNS を見ていたらいつのまにか日が暮れていたなんて方は絶対に要注意です休日はなるべく外出するのがお勧めです家にいる場合でも掃除や洗濯部屋の片付けなどをこまめに動き回ることを意識して欲しいんです先程お話しした有酸素運動や筋トレに時間を割くのも good でございますジムに出かけるのも良いでしょうジムはなかなか継続できない人が多いですからそこで友達を作るとかパーソナルトレーナーをつけて自分がサボらないようにするとか好きな音楽を聴きながら運動するといった継続するための工夫をすると良さそうですこの好きな音楽を聴きながらトレーニングするということに関しては何も聞かない場合に比べて自分をより追い込むことができ運動後に疲労は感じても気分は向上するという研究結果が出ているそうですまた他の人の目を気にすることでやる気を引き出すのも有効です海やプールで遊ぶ予定が入ったり結婚式など人前でおめかしする行事が決まったりしたら誰だってねダイエットのモチベーションが爆上がりするはずでございます人前で裸や水着姿着飾った姿を晒されることによって得られる刺激がちゃんと運動しなくちゃという機会やモチベーションにつながりますそしてね筋肉を鍛えることと同じぐらい骨を強くすることも重要でございますそれは自分の体重や運動による負荷を感じて身体を支えるために骨を強くします骨といえばカルシウムというイメージが強いかと思いますが実はビタミン D も重要なんですビタミン D は腸管からのカルシウム吸収を助けるほかカルシウム摂取が不足している時は カルシウムを吸収するように働きかけてくれますまだ骨のカルシウム沈着を調整し骨の形成を促してくれるなどカルシウムの相棒として大切な役割を担っているんですビタミン D は食品からも取れますが実際はわずかであり大部分は体内で作られます日光を浴びることにより皮膚でビタミン D が合成されるんです体内でビタミン D が合成されるには直射日光である必要はなくて木漏れ日程度の日差しやレースのカーテン越しの光でも十分でございます夏場ならば木陰で30分程度冬場なら1時間程度晴れた屋外で過ごすだけで1日に必要なビタミン D を補えるそうですこういうとシミができるのが心配だよーという方がいらっしゃいますねそういう人は顔だけは UV 対策を万全に摂るとしても手足は日光にさらした方が良いんです起床してあさひ日を浴び日中は明るい環境で過ごすことで睡眠のリズムも整いますから毎日太陽の光を浴びるようにいたしましょうではでは次運動の話が終わったので睡眠に関するお話に移っていきましょうか睡眠は会長にものすごく影響すると思いませんか熟睡できたかできなかったカレー翌日の体調気分エネルギッシュさが全然違いますよね睡眠には大きく分けて二つの役割があるということを押さえておいてくださいまず一つ目は体の修復と疲労回復です第二の重要な役割は脳の休憩と情報処理でございます睡眠を制するものは疲労回復を制するのです著者の経験からって安元できるのは熟睡感を得る手っ取り早い方法は寝具選びだそうですしっかり寝たはずなのに首や肩腰が痛かったり体が凝っていたりする人寝ても疲れが取れないようという人は寝具が合っていない可能性がありますではでは理想的な枕や布団とはどのようなものでしょうか体に最も負担が少ない理想的な寝る時の体勢は壁に背中と頭をつけて直立した時と同じ姿勢でございます壁に背中をつけて立つと後頭部と両肩を知りかかとが壁につき首の後ろと背中から腰にかけての部分が壁から行きますよねこの姿勢をそのまま床に横たえたのが仰向けに寝た時の理想的なんでている時の姿勢でございます理想の枕は寝た時床から浮く頸椎の S 字カーブの空間を埋めてくれる高さと硬さの枕になりますそして理想の敷き布団やマットレスは寝た時に体が沈み込み過ぎずなおかつ後頭部や背中腰にたいやつが集中しすぎない適度なクッション性があるものでございますね帰りがしやすいことも理想の寝具の重要な条件になりますなぜならばね帰りはとても大切だからです健康な成人は睡眠中に平均20回ぐらい飲んで帰り幼児無意識のうちに姿勢を変えることで血液や体液の循環を促し体の負担を軽減しているんですね寝具選びでのポイントは実際に売り場で寝てみて仰向けに寝てから左右にコロコロと体を動かし楽に寝返りが打てるものを選んでください枕に関しては仰向けに寝た時に首が折れ曲がらない高され尚且つ横向きに寝た時に頭と首背骨が一直線になるものがあってストレス枕をして寝た時の頭の位置は仰向けと横向きに寝た姿勢で同行者に横から写真を撮ってもらうと確認しやすいでしょうさで寝心地のいいベットだと休日なんかにたっぷりとお昼寝とかしたくなっちゃいそうですねとは言ってもお昼に寝すぎるのは注意でございます中国の広州医科大学の発表した研究論文によると こぼしてしまうので逆効果でございますなんかが長距離飛行機のパイロットを対象に行なった実験では昼に26分の仮眠を取ると仮眠を取らないパイロットに比べて認知能力が34%もアップし注意力が54%も上がったそうです昼寝をしなくてもただ目を閉じているだけでも脳を休ませて脳疲労を回復する効果は期待できますから俺は昼寝にくいんだよなぁという人も安心でございますでは夜の睡眠時間についてはあって俺消化日本で行われた男女11万人を対象とした jacc study という大規模研究家110万人声を対象にした約6年間追跡調査を行ったアメリカの研究で睡眠時間が約7時間の人が男女とも死亡リスクが最も低くなっております大人の睡眠時間は7時間ぐらいが妥当な線だろうということは言えそうでございます睡眠時間に関する議論の一方で睡眠時間の長さよりも明らかに重要であるとわかっているのは睡眠の質でございます睡眠の質が低い人ほど食生活が不健康で食べ過ぎ傾向にあり肥満や生活習慣病のリスクも高まるということが報告されておりますここで著者がおすすめする食事の取り方として夕食は寝る6時間前から4時間前までの間に OL いう食事は油っぽい食べ物消化の悪い食べ物コーヒーお酒を含む嗜好品は極力控えるという二つがあります寝る前に胃腸を刺激すると睡眠の質が下がり翌日の体調にも影響します就寝の4時間前からは口にするのは水や暖かいお湯だけにしておくのが良いでしょう特にコーヒーなどカフェインを多く含むものは飲むのは朝から日中までにして夕方以降はノンカフェインの飲み物を取るのが賢明でございます体内のカフェインの量が半分になるまで大体4時間から6時間かかるとされており体内にカフェインが残っている状態では脳の興奮が続いていることになりますさらに睡眠の質を良くするためには寝室を涼しく暗くし静けさを保つことも大切になります寝室の温度は夏は26°から28°冬は16°から21°湿度は季節を問わず50%から60%程度が理想的とされています寝る時間が近づくにつれて体は徐々に体温を低下させて就寝モードへと切り替わっていきます寝室が暑いと皮膚からの放熱がうまくいかず寝つきが悪くなってしまうので注意してください睡眠と覚醒のリズムを調整する脳内物質の代表格としてメラトニンというホルモンを皆さんは聞いたことがあるでしょうか睡眠を促すメラトニンは夜に向けて分泌が増えていきますが明るい光を浴びると分泌が停止してしまいますですので寝室を暗くした方が良いのはもちろん就寝前にスマホやパソコンとテレビなどの人工光を浴びないようにすることも大切です就寝前や睡眠中に明るい光を浴びて睡眠の質が低下すると肥満になる可能性も高まってしまうということが分かっていますからなおさら避けて欲しいと思うんですそして当たり前ですが騒音も睡眠の妨げとなります睡眠中は騒音に対して私たちは敏感になりやすく脳は眠っている間も音は聞こえている状態にあると言われていますですので運転音が静かな家電を選ぶなど睡眠の妨害になりそうなものは極力工夫するようにして安眠できる環境を作って下さいまたね心拍数が上がっちゃうような運動は寝る1時間前までには終えておきましょう寝つきを良くするために体をリラックスさせておくことが大切になりますそして水明のために朝起きてやる大切なことはまずカーテンを開けて太陽光を浴びることでございます光を浴びることでメラトニンの分泌がストップし体は活動モードに切り替わるんですそしてここで重要なポイントが同じ時刻に起きるということでございます睡眠リズムを安定させるために夜更かしをしたい翌朝も昼まで寝ていても平気な休日も極力いつもと同じ時間に起きることを心がけて欲しいんですそして最後になりますがここ10年から20年ぐらいの間で僕たちの生活環境に生じた一番大きな変化はブルーライトを浴びる時間が飛躍的に増えたことでございますブルーライトはパソコンやスマホ携帯ゲームのディスプレイは液晶テレビの画面そして LED 照明などに多く含まれておりますこのブルーライトは目の網膜にダメージを与え眼精疲労や目の痛みの原因となるほか睡眠覚醒の ゴミ出して睡眠障害を引き起こしたり肥満夜間精神状態にも悪影響を及ぼすとの研究報告があります最近の研究では脳細胞に損傷を与え老化を早める可能性があることまでわかりましたブルーライトは生物に悪影響を及ぼす危険性が少しでも指摘されているものですからできる限り避けるのが得策でございます寝る前に読書をするのならばデジタル版よりもブルーライトが直接目に当たらないそしてブルーライトを発さない紙の本がお勧めでございますまた Amazon の Kindle のね端末の目に優しいのでおすすめでございますそれではこの辺で一見の内容をまとめておきましょうかポイント市まずは運動について心肺機能のアプリいう酸素運動に加え呼吸筋も鍛えようそして筋トレも適度に取り入れて免疫力を高めよう気分が上がる音楽を聴きながら運動しよう日光を浴びまくり骨も同時に強化しようポイントに睡眠について1時間以上の長い昼寝は現金15から30分以内に止めよう夜は質の良い睡眠をとろう出るのが遅くなってしまっても起床時間は変えないようにして朝起きたらすぐに日光を浴び就寝4から6時間前からカフェインの摂取は控え出る前に激しい運動をしたりブルーライトを浴びることを避けようそれでは次に言のストレスを減らし自己肯定感をあげように解説を移っていきたいと思いますさてこの2件ではストレスに関するお話から始めたいと思いますストレスには物理的ストレスと精神的ストレスの2種類があります現代人が抱えるストレスのほとんどが後者の精神的ストレスでしょう精神的ストレスへの対処法としてはまず自分について深く理解する必要がありますこれまで自分が経験した人間関係を振り返り自己分析木をして見るんです対人関係のどんな場面で自分はイライラするのが辛くなっちゃうのが自分は他人からどんな人だと思われていたいのか相手にどんな人であることを求めている間などちゃんと自己分析してみるんですそして人間関係で自分がストレスを感じやすい場面や状況をあげていて次はどうすればそれらを減らせるのかなあと考えるんです例えば他人から何かを頼まれると断れないというのを積み重ねてストレスを抱え込んでしまう人であればうまい逃げ方断り方を考えてみるその後同じような状況を迎えたら自分が考えた対策を実行してみるそうやってトライ&エラーを繰り返し自分なりのしんどくならない人付き合いのコツをつかむことが重要でございますそして自分だけではなくて相手をよく知ることも大切です物事に対する見方や考え方は本当に十人十色で価値観も人によって違います人間関係でストレスを感じる原因は単に相手と性格が合わないだけではなくお互いの価値観が違うせいだったりします実際の人間関係を通していろんな価値観を持った人がいるんだなぁと学ぶのも人間関係に強くなるためには大切ですそもそもストレスを溜めやすい性格というのは直すべき ストレスを抱え込みすぎずに済みますまたピンチを迎えた時は手伝ってください助けてもらっていいですかと周囲の仲間に素直にお願いできればむやみに自分を責めることも減るでしょう自分の心を守るためには外に向かってきちんと意思表示できることが大切です意思表示に加え普段から素直に感情を表現することがお勧めです感情表現が豊かな人は精神的ストレスを溜め込みにくく周囲から愛されて人間関係も良好になりますよ心が疲弊してしまうと楽しいことが楽しく感じられなくなったり心も体もだるくて何もやる気がわかない状態になってしまいますそこまでなったら危険信号でございますもっと頑張らなきゃと戦うことをすぐに辞めることをまず第一に心が疲れている時はストレスから逃げてしっかりと休んで回復してから対策を考え出すようにしましょう日本人は休む=悪いことというイメージを強く持っているようですがもう限界だと思ったらしっかり休んでいいんです心が疲れている時に何とかしようともがいてもほぼ失敗します眠れなくてもいいから布団に入って寝る家でゴロゴロする読書が好きな人は本の世界に没頭するのも良いでしょう読書を30分するだけでストレスが68%も減少するという報告もあるんですたっぷり休んで体も心も元気になった後にまた頑張りたかったら頑張ればいいし頑張らなくても全く問題なしストレスから逃げる勇気休む勇気嫌われる勇気も必要だと覚えておきましょうそれでは次に身の回りのストレスを避ける方法ストレスを軽減するコツについて紹介していきたいと思います休日など時間がある時には23時間近場の公園や緑地で過ごすだけでも心身の健康に効果があります日常的に屋外で過ごしたり自宅周辺に緑の場所が多かったりする人は血圧や心拍数ストレスホルモンであるコルチゾールの血中濃度が低いのだストレス引っ越しをするのもありですがまぁそこまでしなくても今の自宅を植物やお花で緑あふれる環境に変えることはできますそして自然音にもストレス解消やリラックス効果があります暇な時に近所の公園や神社など自然がある場所をお散歩コースにして自然に耳を澄ませながらしばらくそこでぼーっとしたり瞑想をしてみるのもいいですね瞑想はそんなに難しいことではなく落ち着ける静かな環境で目を閉じて外界からの刺激をシャットダウンして一つのことに意識を向けるだけで OK ですなんとなく心が静かになったとか落ち着いて気持ち良くなってきたと思えればそれで十分でございます例えばお風呂に入った時目を閉じて体を包む温かいお湯の感触に意識を向けているえばそれだけでも瞑想になりますちなみにお風呂につかりながらまたはお風呂上がりセルフマッサージをするのもおすすめでございますマッサージは他人にしてもらうのはもちろん自分でやってもリラックス効果やストレス解消が得られますアメリカのジョンズホプキンス大学の研究によると Facebook や Instagram Twitter などのソーシャルメディアで1日3時間以上費やす若者は全く利用しない若者に比べて不安や抑うつの発症が跳ね上がる事が判明致しましたインターネットやテレビ上のメディアの影響力は非常に大きいです例えば著名人の自殺しが報道されると報道前に比べ一般人の自殺率は13%増加しその自殺方法まで報道された場合は同じ方法による脂肪が30%も増えていたんです事故現場とか強い虫や蛇の画像や動画を見るだけでも心はストレスを感じますそういったネガティブ情報は自分を殺してしまうかもしれない劇薬と考えて自分の心を守るためにシャットダウンしましょう逆に良いのはお花の画像を見ることですそれにより不快な記憶やネガティブな情報が抑えられたという実験結果がありますからパソコンの壁紙はスマホの待ち受け画面に花や自然の画像を使ったりデスクの脇に花屋観葉植物を飾ったりすると良さそうですねではでは最後に自宅=ファーストプレイスでも職場学校=セカンドプレイスでもない自分にとって心地よい時間をすごせる第三の居場所サードプレイスは是非確保しておいた方が良いでしょうオンライン上ではなくリアルにでございます日常の役割やキムから自由になりホッとできる居心地のよい空間ならば公園でもバーでも銭湯でもどこでも OK でございますそれではここら辺で2件の内容をまとめておきましょうかポイント市今津町 相手を知ろう様々な人間関係を経験しいろんな価値観を持った人がいることを学ぶことも大切だが限界がきそうになったらストレスの元から撤退する選択肢も持っておこうポイントにありがとう大丈夫になどポジティブな口癖を身につけて自己肯定感を高めよう普段から外に向かってきちんと意思表示感情表現をして自分の心を守ろうポイントスタンドネガティブな情報は極力シャットアウトし花や木を見たり自然の音を聞いて精神をリラックスさせよう自分だけのサードプレイスを作ろうそれではラスト3件で良い食事をしようということを解説していきたいと思います3件では食べ物関連について解説していきたいと思いますまず朝食について朝食は食べた方がいいのか食べる派と食べない派にはっきり分かれるこの議題について著者は朝食は食べる方が良いと考えているとのことですその理由は前日の夕食以降昼食まで長い絶食状態が続くとなると体のエネルギーが枯渇して筋肉が分解されてしまうからでございます体のエネルギーが足りなくなると真っ先に使われるのは死亡だと思われがちですがそれは誤解だそうです脂肪は酸素がたくさんないと分解できないためエネルギー源としては使いにくいそうですエネルギー源として一番使いやすいのは筋肉や肝臓に蓄えられているグリコーゲンでございますグリコーゲンはブドウ糖が結合した物質ですからすぐにブドウ糖に分解できますただし肝臓に蓄えておけるグリコーゲンは約半日文のエネルギーしかありません肝臓のグリコーゲンがなくなっちゃうと筋肉中のタンパク質がアミノ酸に分解されそのアミノ酸がブドウ糖に変えられて体のエネルギー源として消費されますつまりブドウ糖が足りずエネルギー不足に陥った体は筋肉を取り崩して体のエネルギー源に使って今うですそして著者が朝食におすすめの食べ物として挙げているのがバナナと納豆でございますバナナは効率よくエネルギーを補給できますビタミン B 群カリウム食物繊維などの栄養素も豊富です日本約86キロカロリーと意外に低カロリーでご飯一膳の1/3しかありません一方で納豆には良質な植物性タンパク質が豊富です朝はバナナと納豆を食べて体のスイッチをいれシャキッとしてくれ1日をスタートさせましょうさて他にも橋本医師がすすめる食べ物を紹介しておきましょう結局のところ身体に良い食べ物は何かと言うとできるだけ加工されていないものです生の野菜や果物刺身あるいは肉や魚野菜などの食材を煮る蒸す焼くなどシンプルに調理した料理などでございます口に入れるものは加工食品から遠ざかるほど体と健康にとっては良いんです甘いもので唯一おすすめできるのは8の主食であるはちみつでございます蜂蜜は当分以外にもミネラルが豊富ですもちろん摂りすぎには注意してくださいませまた体にいい食べ物とは基本的には味がないものでございます例えば書いただけの白米も切っただけのキャベツも高タンパク低脂肪でヘルシーな鳥の胸肉やささみもそれだけだと味気なくて物足りません人間の味覚は甘いもの油や脂肪の国のあるもの塩気のあるものをおいしいと感じるように言ってきています味の濃いこってりした美味しいものばかり食べていては健康からは遠ざかってしまいます体にいい食生活をしたければ美味しいものは控えめにし味がないものを意識して取りましょう慣れると食材そのものの味を美味しく感じられるようになってきますそして次にあなたが体に必要な量の水分を十分に取れているかをチェックする方法をお伝えしたいと思います水分をきちんと補給することは健康と体調を維持する上ですごく大切ですから参考にしてみてください体に水が足りているかどうかのチェック方法は尿の色を見ることですトイレに行く回数が115から7回ぐらいで水に近い透明な色の尿が出ていれば水分は十分に取れていることになります反対に色の濃い尿が少ししか入ってない場合は水分が足りていない証拠です尿には体内の老廃物を外に出すだけではなくて尿道に侵入した大腸菌などの病原菌を尿とともに洗い流す働きもあります意識してこまめに水を飲むようにしましょう暑い時期以外に通用するさらに簡単なチェック方法は脇の間に手を入れてみることでございます脇がしっかりと汗ばんでいれば体に必要な量の水分が取れていると思って OK でございますそれでは最後に日本食のおすすめの食材を紹介していきたいと思います日本の国 研究センターなどが中心となって進めている大規模研究によると日本食で改装緑黄色野菜漬物魚介類緑茶これらの食品を多くとっている人は少ない人たちに比べて全死亡リスクが有意に低かったストレス外食の際はラーメンやカレーよりも和定食のメニューを選んだり一日一回はご飯と味噌汁魚介類を取ったりするようにしたいところでございますちなみにマウスの実験ですが緑茶特有の旨味成分であるテアニンというアミノ酸にストレスを軽減し脳の萎縮と認知機能の低下を抑制する効果があるとの研究報告が出ています脳の萎縮を防ぐとはなかなか凄いですよね日本人はジュースよりも緑茶を飲むべきなんですそれでは3件の内容をまとめておきますポイント市朝食にはバナナと納豆が最強ポイントに身体に良い食品とは結局は味付けがされていない食材そのもの加工食品から遠ければ遠いほど良い海藻緑黄色野菜漬物魚介類緑茶を日本食のメニューで撮るのがオススメポイントさん水は尿が透明になるまで補給するべきである料に関しては大体1日1.5から2 L 飲むのが良いさて皆様いかがでしたでしょうか本日はなかなか情報量が多かったですがもちろんすべてを実行する必要がなくてこれいいなこれだったら簡単に入ってきそうだなと思ったものをまずは一つチョイスしてもらって実行していただければ嬉しいですそして本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルを頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルもチェックしてみていただけるととても嬉しく思いますそれではまた次の動画で皆さんと会えることを楽しみにしております本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事