【VODで読める電子書籍】『効果がないどころか超有害!ワクチンの罠(船瀬俊介[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,247 (2021/06/19 23:44:52時点 Amazon調べ-詳細)

※電子書籍『効果がないどころか超有害!ワクチンの罠(船瀬俊介[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『効果がないどころか超有害!ワクチンの罠(船瀬俊介[著])』の紹介知らないことは罪である知ろうとしないことはさらに深い罪であるワクチンを打ってはいけないワクチンの正体は生物兵器である皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの滝見です今回は船瀬俊介さんの効果がないどころか超有害ワクチンの罠を要約していきたいと思いますさていきなりね冒頭で過激なことを申し上げてしまいました反射的にこの動画を閉じたくなった人もいるでしょうしかし筆者はそれでも心を静めてこの本を読み進めて欲しいと言います私たちはこれまで信じてきたもので何度も裏切られてきたんです東日本大震災での原発事故もそうだったはずです同じよりワクチンも私たちの常識を真っ向から裏切ります国立公衆衛生院感染症室長を務めていた森裕子医学博士はインフルエンザワクチンは効きませんそんなことウイルスを学んだものであれば常識でと断言していますでは何で聞かない枠中央政府は進めるのが新聞でもテレビでも効かないなんて一言も言われておりませんよね私たちの疑問と困惑は深まるばかりです筆者はこの本の内容は多くの人にとって初めて聞くことや知ることばかりで驚くこともあるだろうしかしそんな怖い話走りたくないと思ってもページをめくり続けてくれと言っておりますなぜなら知らないことは罪であり知ろうとしないことはさらに深い罪だからでありますではでは早速本書の内容に切り込んでいきましょうと言いたいところなんですがその前に一つお願いです私はねこの本を忠実に要約しているだけなので別にこれが私の考え方というわけではありませんあくまで私は中立的な立場で本性を要約しているので反論のある方もいると思うんですが私ね文句を言わないでくださいよろしくお願いしますでは本日のお品書きは次の通りです1件で交換0のインフルエンザワクチン2件でワクチンの誕生と巨大ワクチンの利権の闇について解説していきたいと思いますでは早速1弦の交換0のインフルエンザワクチンについて解説を始めていきましょうサテンまずは私たちに馴染みのあるインフルエンザワクチンから話を始めて行きましょうかなんとねインフルエンザワクチンは意味がないということが証明されているという事を皆さんは知っていたでしょうかインフルエンザワクチンの予防効果を真っ向から否定する研究論文が存在するんですそれは有名な前橋レポートというものでありますワクチンを接種しなかった群馬県の前橋市とワクチンを接種した市町村の子供達を比較した研究です結果は双方のインフルエンザ発症率に全く差はありませんでしたワクチン無効の決定的証拠がこれでございますさらにインフルエンザワクチンは打たないでと言うね双葉社から出版された衝撃の本があります筆者は冒頭で出てきた森裕子博士感染症研究の第一任者がこの本で次のように述べておりますインフルエンザワクチンは効きませんウイルスを学んだものには常識ですインフルエンザワクチンは日本に入ってきた時から聞かないと言われていたそうですにもかかわらずですよ政府は大々的に推進し全国の小中学校で集団接種が実質的に調整されましたそして接種した子供の急死が全国で相次ぎました何とも異常な話ですではなぜインフルエンザワクチンは効かないのでしょうかそれは絶えず形を変えるウイルスなどでワクチンが追いつかないからでありますどのウィルスも人や動物に感染しながら変異していくんですがとりわけインフルエンザはそのスピードが速いんですよく今年も去年のように A 香港型が流行りそうですそういったよ方が出ることがありますが去年と全く同じものということはありません去年と同じ a型ということは核の部分の基本形が同じということですがボケの HA タンパク質や NA 蛋白は確実に変化しているそうですウイルスが最近にとりつくとたった数時間で数千個の子孫を作るんですそれほど爆発的に新しいウイルスが生まれるそしてそのために変異が起こる可能性があるんですですから森博士は次のように表現しております永久に続く鬼ごっこのようなものだとそもそもワクチンは抗原抗体反応という免疫システムを利用しているという事を皆さんは知っていましたが抗原抗体反応とは外から異物である光源が体内に侵入するすると体が交代を作って抗原と結合してね無害化するという賃貸の仕組みのことでありますワクチンの場合は毒性を弱めた病原体成分を摂取しあらかじめ包帯を作っておくんですするとですよ病原体 包帯が既にあるんだから発症しないでしょという発想でございますしかし森博氏が指摘するようにワクチン接種した病原体と流行する病原体が異なっていたらどうでしょうかせっかく作られた抗体も全く無力ですインフルエンザだけではありませんあらゆるウイルスというのは無限に変異を続けるんですあのエイズウィルスも年々変異を繰り返しておりますウイルスだけではありません最近ですら変異し新種が次々に誕生しているんです例えば病原性大腸菌 O 157これは O 抗原で157番目に発見された金という意味でございます大腸菌ですが数百種類もの変異種があるんですところがワクチンはその中のたったひとつの種からつくられます何十何百という品種が生まれるのであればワクチンの効果を期待することはまさに闇をでカラスを狙うに等しいでしょうそれでも製薬会社も政府もワクチンは有効だと主張します一体その根拠はどこにあるのでしょうかもり博士は苦笑交じりで次のように答えます抗体価が上がれば有効としているんですねと筆者は日本国内で認可されているすべてのワクチンの医薬品添付文書を入手して徹底的に精査したそうですするとそこにはまるまるカブの抗体価97%といった表記が見られましたつまりウイルスや細菌のある特定の株に対する抗体が生まれたと述べているにすぎませんところがウイルスは日々無限に変異を繰り返しています実際に流行するのは全く別の株ですだから永遠に追いつけ 予防接種の父としてあまりにも有名な人物ですジェンナーが入った18世紀欧州では天然東金猛威を振るっていたんです当時の医学者の日がはこの感染症を撲滅することでありジェンナーもその一人でしたある時彼は銃刀ウイルスによる感染症牛刀にかかった人はそれ行く尾根天然痘にかからないということに気づきましたそして1759年彼は八歳の少年に牛刀にかかった乳搾りの豆腐のおできの海を摂取しました6週間後今度はこの少年に天然痘を摂取したところ症例は発病しなかったんですジェンダーは海の中の何かが少年の体内の天然痘を防いだと判断声高に牛刀の接種で天然痘が予防できることを発見したと発表しましたたった一人の人体実験だけでよくも言えたものだと呆れますよね当時はフランスのルイパスツールが最高金を発見する100年近くも前の頃です病原体の存在すら知られておらず免疫反応も知られていませんでしたまさに手探りの状態で天然痘を防ぐための天然痘の予防接種は開発されたんですこれがワクチンの期限でございます英国議会は全裸の偉業を称え総額約500万円を与えました教科書にはジェンダーが代流行していた天然痘を撲滅させたと書いてありますところが一方で次のような批判もあるということを知っていましたがジェンダーの仕掛けた罠が天然痘撲滅という嘘を産みワクチン進行を確立させたんだと果たしてどちらが正しいのか具体的に見ていきましょうかジェンナーの天然痘の予防接種は英国をはじめ欧州各国で熱狂的に受け入れられました欧州の全ての用事が牛刀の接種を受けるようになりましたところがいいに反して1800年代後半欧州れ天然とはたまるところが爆発的に流行することになったんです最も被害が大きかった1870年から71年にかけてはドイツ国内だけで100万人以上が罹患しわずか1年で12万人が死亡しましたそして驚くべきことにそのうちの96%が主党を受けていたんです首都を受けなかった人はわずか4%このデータから首都は天然痘を防ぐどころか爆発的流行の 続行されたままでありますところがところが国は未だに投稿しているわけですなぜでしょうか巨大ワクチン利権が中止を許さないからですただそれだけの話でございます前橋レポートの存在すら新聞テレビなど大手マスコミは全く触れません製薬会社から巨額広告料を貰っている以上絶対にタブーなんですもちろん医療マフィアたちはワクチンが無効化2有害であることを認めませんそれどころか次のようなワクチン神話を教育やマスコミ医学会を通じてん流し続けてきたんです市ワクチンには効果があるにワクチンの成功率は高い山ワクチンは安全である4ワクチンに危険成分はないしかしこれまで述べてきたように現在ではこれらの神話はことごとく否定されております神話と現実は全く異なるんです英国の NPO 団体コクラン共同計画は次のように指摘しておりますワクチンが感染を防ぐという証拠も合併症を防ぐという証拠もない事件のほとんどすべてが不適切であるんだと効果があったとされる研究は全て製薬産業が資金を提供し 血液によって私たちの体内を駆け巡るんですだから不快になるわけなんですね私たちはいわゆる常識に従って社会生活を営んでおります常識とはすなわち先入観のこと文字通り脳の引き出しに最初に出た観念が先入観でございます観念とは簡単に言えば脳を動かすソフトウェアのことですそのプログラムに従って私たちは日々暮らしているわけなんですねしかしそのプログラムと異なった情報が入力されると脳は混乱するんですそれと緊張とか不快感が生まれて反射的にその情報を否定してしまうんですこうして私たち人間は先入観という常識を守っているわけです先入観はいつしか固定観念になりますそれとも流行って子でも動かなくなります初めて聞く人にとっては今回の内容は驚天動地の話ってあったでしょう何というデタラメを不安を煽るんじゃねーよこのようにムカムカしてきたかもしれませんそれはあなたの常識が揺らいだからですではあなたの常識はそもそもどのように形成されたのでしょうかそれは外部からの情報です具体的には教育とメディアによって入力された情報です逆に言えば教育とメディア再送さできれば人々の常識は自由にコントロールできるということであります人間は情報の動物と言われているんです情報さえ操ることができれば人間を思いのままに操ることだってできるんですこれを俗にね洗脳とかマインドコントロールなんて言ったりするわけですよ脳の引き出しに入っている先入観つまり常識をリセットしなければ新しいソフトを入れることはできませんきっと本書であなたのワクチンに対する常識は崩壊したでしょう現代医療に対する信用も崩壊したはずですそれはある意味で絶望的だと言えますしかしその瓦礫の中から希望の女が1人で武器大きく空に向かって育っていくんですそれこそがあなたの脳を
おすすめの記事