【VODで読める電子書籍】『食べても太らず、免疫力がつく食事法(石黒 成治[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,518 (2021/09/28 13:00:36時点 楽天市場調べ-詳細)

※電子書籍『食べても太らず、免疫力がつく食事法(石黒 成治[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『食べても太らず、免疫力がつく食事法(石黒 成治[著])』の紹介もし内臓脂肪がたっぷりついているならあなたの体には慢性炎症がありますそしてその慢性炎症が原因で痩せることが難しく太ったままになってしまうんです皆さんどうもこんにちは今ようやくチャンネルの健美でございます今回は消化器外科医である石黒誠司さんの食べても太らず免疫力がつく食事法を解説していきたいと思います最初に言っておくとこの方は大変なベストセラーとなっており内容もとても有益であると思いましたですのでこれで動画を見てこれいいなと思っていただけましたら是非一度手にとって読んでみて欲しいと思いますさて皆さんは欧米諸国と比較すると日本は肥満の人が少ないというイメージを持っていないでしょうかトイレ日本人は痩せているのかといえば決してそんなことはありません2018年の統計では20歳以上の男性の約3人に1人女性の約5人に1人が過体重肥満なのおです私たちの体には自然治癒力というものが存在しますなので例えば少々食事量が多い時があったとしても健康的でストレスを溜め込まない生活ができていれば自然に体が機能して無駄に内臓脂肪を溜め込むようなことはないんですですので誰もが内臓脂肪がついている時点で何らかの健康異常が生じていると考えることが必要なんですではでは自然に内臓脂肪を溜め込まない体になるにはどうすればいいのかこの本を通してしばし私と一緒にお勉強していこうではありませんがそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で細胞を蘇らせて綺麗に痩せるということを2件であなたが癒せない根本的な原因について3件で健康的に痩せ感染を恐れない体を手に入れるということを解説していきたいと思いますそれでは早速1件の細胞を蘇らせて綺麗に痩せるから解説をスタートしていきたいと思います足の考える健康とは身体の一つ一つの細胞が元気に活動している状態です著者の石黒医師はそのように述べていらっしゃいますでは細胞が元気でないとはどういう状態なのでしょうか細胞が行う行為は単純に二つの日で1必要な養分を取り入れることに不要物を排出することでございます必要な栄養を取り入れることができないまた細胞内の不要物を排出することができない状態だと細胞に異常が生じてしまいますその細胞の異常の究極の形は皆さんもよくご存知のがん細胞でございますさて太っている人はとにかく痩せようとします痩せればすべてうまくいくとにかく体重を落とせば健康になれると思っていますしかし本当にそうなのでしょうか太るということは脂肪細胞の中に過剰に脂肪が溜め込まれている状態ですそれは脂質が代謝の異常を起こしている状態であり体の中のホルモン伝達物質酵素の働きの異常として現れますこの異常を作り出す原因となっているのは私たちの一つ一つの細胞の中で起こっている様々な代謝の障害なんです細胞一つ一つが健康でいて元気に働ける状態であればそもそも体の不調なんて起きやしません免疫力が落ちたり高血圧糖尿病高脂質血症癌肥満などの生活習慣病になったりすることはないんです日々新しく生まれ変わっている細胞はこれまでの生活スタイルの延長から生まれてきますですから異常を抱えた細胞から突然元気なピチピチとした細胞が出てくるはずがないんですよあなたの細胞をより元気にするために生活スタイルの改善を今始めることが重要ですあなたが何歳であっても開始するのは今なのです年齢に関係なく生活スタイルを変えれば身体は確実に変わります著者石黒先生は40代の後半となってから4ヶ月で10 著者がその食事法を学んだのは超一流の食事術という本に入って行ったことがきっかけでしたこのケトジェニックダイエットは脂肪をエネルギー源とするものでこれまでとっていた悪い油を改めて良質な脂質を意識的に摂取します頭チャンネルでも超一流の食事術を解説させてもらっていますから興味のある方は是非そちらも合わせてみて頂けると嬉しく思いますさてダイエットが成功するということは脂肪細胞に過剰に黙り込んだ中性脂肪が放出されて元の大きさの脂肪細胞に戻り炎症がなくなることを意味します左下脂肪細胞が小さくなることで脂肪組織自体も小さくなりますこの脂肪組織は脂肪を貯蔵するだけの組織に思われがちですが実は体にとって重要な内分泌器官でもあるんです脂肪細胞はありポイントいう機能性のタンパク質を分泌します健康の維持に必要なアニポ会話脂肪組織内で酸欠が起こると炎症を引き起こす物質でもあり炎症が起きると血圧が上昇しやすくなったり血液中の中性脂肪値コレステロール値の上昇も誘発してしまいます脂肪組織内の三傑とは脂肪細胞に脂肪がどんどん溜まっていく中で怒ります満員電車で寿司詰め状態になって息苦しいという感じでございます脂肪がたまっている状態は体にとって重要な内分泌が異常状態にあるということなんですね肥満であることが認知症に繋がることもまだあまり知られていないのではないでしょうか先ほども言いましたが脂肪細胞は脂肪貯蔵のためだけの期間ではありません様々なホルモン炎症性物質を作り出す内分泌器官でもあるんです脂肪が誘発する炎症は頭にも作用してしまって内臓脂肪の多い人は脳の萎縮が進むことがはっきりと報告されているんです炎症が起こっている状態では脳のエネルギーを利用する働きが極端に悪くなりうまくエネルギーを使えないのはその機能がどんどん低下していきます実際に肥満の人はアルツハイマー病発症の危険性が高いという報告もありますそして2019年の研究結果によりアルツハイマー病の病気の進行は診断されるんだんと34年前からすでに始まっている可能性があることも報告されました60歳で発症している人であればその病変の開始は何と20代ということになります20台で内臓脂肪たっぷりの肥満であれば認知症がすでに始まっていてもおかしくないわけなんですいやーこれはなかなか衝撃的な事実ですよねなにはともあれあらゆる健康リスクを回避するためにはまずは細胞を元気にすることが大切です細胞一つ一つが元気であればその集合体のあなたの体が肥満になることなんてないんです血圧が上がったり血糖値が上がったり中性脂肪桜が上がったり骨がもろくなったり認知機能が落ちたり癌になることもありません健康な体は肥満にならず健康的な生活スタイルを送れば自然と肥満は解消されていきますですから短期的な思考でただ体重を減らそうとしても体は無理をしてダメージを受けるだけで健康になっているわけではないんです以前の生活スタイルに戻すと体重はすぐに元通りになるだけですいやせることをゴールにするんじゃなくてあなたの体を作る細胞自体からリニューアルして将来太らない健康な体を作ることを目標にしなければいけませんでは実際に今の生活スタイルを変えるには何に取り組んだらいいのかまずは食事です人は食事によってエネルギーを得ますしまた食事によってダメージを受けるんですそしてその食事を処理しているところが超レズ腸の働きがよければ効率よく栄養を吸収できますし体にとって不要なものをダメージを与えるものを排除することができます逆に腸の機能が悪ければどんなに良い食材をとっても効果はありません食事を見直しその効果を実感するために腸の状態腸内環境に注目する必要があるんですそれではこれで情報量が多かった一幻の内容をまとめておきますポイント市脂肪細胞の中に過剰に脂肪が溜め込まれている状態つまり肥満であることは体にとって重要な内分泌が異常状態にあるということポイントオンに脂肪細胞は様々なホルモン炎症性物質を作り出す内分泌器官でもある子房が誘発する炎症は頭にも作用してしまい内臓脂肪の多い人は脳の萎縮が進むポイントスタンプ細胞一つ一つが元気でいて元気に働ける状態であればそもそも体の不調は起きず肥満にもならない細胞を元気にするためにはまずは食事を見直し食事を処理する腸の働きを良くしようそれでは次に言 痩せない根本的な原因について解説していきたいと思います2件では腸の話題を中心に肥満や病気につながる根本的な原因が何なのかということを一緒に見ていきましょう私たちの体は良い腸内環境を維持するために様々な体のシステムが備わっていますそして腸内環境を維持する働きを担うのは私たち自身だけではありません町内に住む腸内細菌もまた腸内環境を維持するために働いてくれています腸内細菌は私たちの腸の中で食事からの栄養成分の抽出および九州の補助そして病原菌などから体を防御するための免疫機能の一部としての役割そして腸の上皮細胞を保護する働きなど私たちが想像している以上に多様な役割をこなしますあなたの体はあなたの食べたものでできていると色んな所でよく聞きますが実際は食べたものが身体に良い作用をしてくれるかどうかは腸内細菌がどう処理して吸収するかによって決まりますどんなに栄養価の高い食材をとってもどんなに高いサプリメントを摂っても体にとって必要な形になるように腸内細菌が働いてくれなければ全く意味がありません健康のために腸内細菌が働きやすい健康的な腸内環境を維持することが欠かせないんです私たちの調理は体の免疫システムの約70%が集まっています長が体の免疫機能の中心であるならば蝶はさぞかし暑い壁で防御されているのではないかと想像するかもしれませんしかし実際はその厚さはわずか細胞一個です腸粘膜上皮と呼ばれる腸の細胞一個の厚みで腸の中と体の中は分け隔てられているんです栄養素消化及び吸収するという仕事を実行するのと同時に感染性の細菌ウイルスおよび毒素性物質の存在を感知しそれらから防御する方法はこの腸粘膜上皮という細胞一個を介して行われているんですそしてそういった病原菌や毒素からこの細胞を守るために様々な援軍が配置されているんですここではその演技については詳しく説明しませんがそのような様々な防御網があると思われる調理は意外な弱点があるんです一層の腸上皮細胞同士の隙間が緩んでしまうと簡単に病原菌や毒素そして未消化の食事成分が体内に侵入してしまうんです通常はですよ超細胞同士の隙間は隙間なく埋まっていてしっかり鍵がかけられていますしかし腸内で炎症性の細菌が増加するなどして町内が慢性的に炎症を起こすとこの鍵が外されてしまいますこの状態が皆さんどっかで一回は聞いたことのあるリーキーガットと呼ばれますこのリーキーガットが起こり家の壁を越えて体内に色々な物質が入り込んでしまうとその処理をするために免疫細胞が過剰に反応することを強いられます免疫細胞が過労である状態が続くと免疫機能の調節が次第にくるって行きます免疫機能が正常に機能しなくなると抗体が自分の組織を攻撃してしまう自己免疫疾患という現象が起きます腸内の環境が乱れて炎症を慢性的に引き起こすとリーキーガットを起点として様々な病態が引き起こされてしまうんです腸の環境の悪化は結果的に全身の悪化につながります腸内環境を維持するために活躍するのがまたも腸内細菌でございます調の表面に配置されている腸内細菌は最近だけではなく真菌と細菌ウイルス原生動物なども存在しその種類は2000以上が共存していると言われています腸内細菌は最近どうしてはもちろん体の細胞ともコミュニケーションをとりながら腸内細菌を維持しているんですねコロニーと呼ばれる集落を形成しもし他の金とかウイルスが侵入してきても定着させないように排除したりまたバクテリオシンという抗菌剤を産生し病原菌を直接攻撃してくれば見知らぬ顔の菌が侵入してきた場合は好中球リンパ球などの体のパトロール部隊に知らせ免疫反応を誘導するという役割も行なっていますこのような共生関係は生後1000日程度で完成しますそのため大体3歳までの間に腸内細菌との関係性が構築され生涯に渡り影響を与えます人によって風邪をひきやすいとかお腹を下しやすいなど感染症にかかりやすい体質になるかどうかはこの年齢までにおおよそ作られてしまうそうですでは3歳になってから腸内細菌は一生変わることはないのかよと言えばそういうわけでもないんです 季節によって食べるものが異なったりすると腸内細菌の内容可溶性が変わることが報告されていますわずか4日程度の食事でやっても腸内細菌の組成に影響を与えるストレス例えば四日間動物性タンパク質脂質中心の食事をとると組成の変化が見られますしかし四日間で変化した腸内細菌ですが食事を戻すと2日程度で元の状態に復帰するということも分かっています腸内細菌の基本組成は堅固に守られますから少々の乱れた食事では数日で元に戻ることができますしかしその偏った食事が一か月一連と長く続いてしまうと見られてしまった腸内細菌が基本の腸内細菌のせいになってしまうかもしれませんいったん出来上がった腸内細菌の組成は短期間では変わらないことから基本組成が乱れてしまった腸内細菌を正常に戻すには時間がかかることが想像できるかと思います腸内細菌の組成は年齢によっても変わっていきます年をとると体にとって良い影響を及ぼす善玉菌の割合が減少していき逆に体に悪影響を及ぼす悪玉菌が増えるようになりますそのため年齢を重ねるにつれて腸内細菌へのダメージを避けることを心掛ける必要があるんですさてこれまでお話しした食事が最も腸内細菌に影響を与えるものなんですがもう一つ口から入るもので影響力があるものがありますそれは抗生物質でございます抗生物質の投与は腸内の細菌の素性を短期間で一気に変えてしまいます一般に抗生物質による腸内細菌の変動は投与後3から4日頃すでに起こり得ず投与後6ヶ月経っても完全には戻っていません数日間投与する抗生物質は腸内細菌に修復不能なダメージを与える可能性があります例えあなたが病院に辛くても抗生物質は食用の魚や家畜の病気の治療のためにも使われていますから日頃の食事には注意が必要でございます養殖の魚や牛肉豚肉鶏肉などは残留濃度が一定以下であれば出荷されてしまうためそれらにはある程度の抗生物質の成分が残っている可能性がありますこの食べ物は腸内の善玉菌が果たして喜ぶ食事なのかどうかをよく考えて食事に取り入れることが大切です先程お話ししたリーキーガットが調理を着ていると体内の至る所に炎症が起きますその状態だと脂肪細胞もその影響を受けて炎症を持続的に起こし続けることになりますリーキーガットの状態では必ず腸内細菌の素性も見られていますダイエットをしようと思ってカロリーばかりに意識を向けても腸内細菌が乱れた状態でリーキーガットは改善しなければ全くダイエットが進まない可能性がありますいくら頑張って俺痩せないんだよという人は腸に原因があるのかもしれません腸内細菌のバランスが崩れリーキーガットを引き起こしてしまう原因は過剰な糖質過剰な脂質などの食事抗生物質以外にもありますストレス状態もまたリーキーガットを引き起こします人の研究では人前でスピーチをするだけで利益ガットが誘発されることが証明されていますこれは軽度のストレス状態になっているからでストレスホルモンであるコルチゾールの影響と考えられていますコルチゾールが高いと乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が減少するということが証明されていますよってストレスを解消することこそがダイエットの取り組むべき課題であるという人も多くいるかと思いますその他にもリーキーガットを誘発する要因にはアルコールカフェイン飲料着色剤防腐剤酸化防止剤などの食品添加物牛乳乳製品の摂取非ステロイド系抗炎症薬や避妊用ホルモンピルなどの薬水銀鉛などの重金属の蓄積など様々なものがあります結局のところ誰かが体重を減らすためだけの目的ではなくて生活スタイル全般の向上を意図してダイエットに取り組む必要があるということでございます次に太る原因であるホルモン異常についても見ていきましょうか肥満に最も関連するホルモンはインスリンでございますインスリンは体の家で当分が吸収されて血糖値が上昇するとそれを下げるために膵臓から分泌されば通常は体内に糖分が吸収されてもすぐにインスリンが働いて決闘を下げてくれますから血液中の血糖値というのはほぼ一定に保たれます細胞の代謝に必要な量以上のブドウ糖が存在した場合はグリコーゲンという形で肝臓や筋肉に蓄えられますしかしグリコーゲンとして蓄えられる量は肝臓に 筋肉に500 G 程度でこれ以上過剰な糖というのは肝臓で脂肪に作り変えられますインスリンはこの肝臓での脂肪の合成を促進し脂肪細胞に脂肪を溜め込むという働きも担っていますそのため別名脂肪蓄積ホルモンとも呼ばれますか常に頭を摂取してインスリンによって脂肪細胞の中にどんどんと中性脂肪が詰め込まれていくことによって人は肥満になってしまうんですインスリンの働きがなければ脂肪が溜まるということはないのでダイエットのためにはインスリンの働きにも注目する必要があります現代人は気が付くと何かを食べていますその食事の中にはほとんど糖分が含まれていますそうなると食べるたびにインスリンが分泌されているということになりますよね細胞は一日中インスリンが分泌されているような状態が続くと次第にインスリンの刺激を受けにくくになりますこれは睡眠薬のように最初は効果があっても繰り返し使用されるにつれて効果が出にくくなってくるのと同じ感じでございますその結果どうなるかというと細胞内に入ることが出来なくなった頭部は血液中にあふれ出します膵臓は血糖値が高いためもっとインスリンを分泌するようになって頭もインスリンの量も血液中で多くなる状態が作り出されてしまいますこの状態をインスリン抵抗性と呼びますインスリン抵抗性になると食後の血糖値が下がりにくくなってしまいます糖尿病はこのインスリン抵抗性が極端に悪くなった状態のことを言いますインスリン抵抗性の状態では個々の細胞でのインスリンの感度が低下しているため当分は細胞に入らず血液中を巡ってしまいますしかし脂肪細胞だけは違います脂肪細胞はインスリンの感度が低下しないんですそのためインスリンは脂肪細胞に積極的に働いちゃって脂肪を蓄積していくという理由ございますこうしてインスリン抵抗性は肥満を引き起こすんですそして肥満が進行するとさらにインスリン抵抗性が悪化するという負のスパイラルに陥ってしまいますそうなってはいつまでたっても肥満は解消しませんで BMI 値が25未満の人であってもインスリン抵抗性を示す人は存在します特に痩せているけど肝臓に脂肪がついているという人はインスリン抵抗性である可能性がありますインスリン抵抗性は将来重篤な健康被害をもたらしかねない危険因子でございます痩せていても太っていてももちろん太っている人は特にインスリン抵抗性を起こさないような生活スタイルを心がけることが健康寿命を長くすると言っても過言ではありません他にインスリン抵抗性と同様に満腹感を感じさせるホルモンであるレプチンの働きが低下し過剰に分泌されてしまうというレプチン抵抗性というものもあります肥満の背景にはインスリン抵抗性とこのレプチン抵抗性というホルモンの異常が存在しています体が知らず知らずのうちにホルモンを異常に作り出してしまう状態になっているんですその主な原因は加工食品の食べ過ぎでございます食事によって乱れたホルモン環境はインスリンやレプチンの異常を簡単に誘発してしまいますインスリンやレプチンなどのホルモンの異常は私たちと切っても切れない関係にある腸内細菌にも大いに影響を与えてしまいますそれらを改善するにはやはりまず腸内環境を改善する必要がありますインスリン抵抗性レプチン抵抗性を改善するにはファスティング括弧断食が効果的でございますファスティングなんて言うと大変なイメージがあるかもしれませんが実はファスティングは何日も連続して行わなくてもホルモン異常を改善してくれます間欠的ファスティングという方法を用いれば無理なくファスティング OK 継続することができます食べる時間を8時間以下にして毎日少しずつのファスティングをする感じですこの食べる8時間はどの時間帯の8時間を洗濯してもいいですから例えば AM 7時から PM 3時または PM 0時から PM 8時になどと選ぶことができますこの間欠的ファスティングを継続することによりインスリン抵抗性やレプチン抵抗性を改善します毎日継続しなくても1日おきに行うだけでもかなりの代謝障害ホルモン異常が改善されていきますファスティングの健康改善効果についてのメカニズムは未だ完全には解明されていないんですが定期的にエネルギーの摂取を制限することには慢性炎症など多くの代謝異常を改善し神経変性などの進行を食い止める素晴らしい効果があります慢性炎症は慢性と言うたきり免疫反応のスイッチがいつでもオンの状態になってしまっています免疫反応のスイッチが 感染症の脅威にさらされたとき適切に処理することが難しくなりますなのでファスティングによる慢性炎症の改善は=免疫機能の改善にもなるんです本書には間欠的ファスティングの手順も載っていますので気になる方はぜひ手にとって参考にされてみてくださいそれでは2件の内容をここら辺でまとめておきたいと思いますポイント市私たちが健康でいるためには腸内細菌が働きやすい健康的な腸内環境を維持することが欠かせない腸内細菌のんだいよう多様性を変えてしまわないよう食事内容や抗生物質の摂取には気をつける必要があるポイントに腸内の環境が乱れて炎症を慢性的に引き起こすとリーキーガットを起点に様々な病態が引き起こされるリーキーガットを誘発する要因は他にも多くあるため単に体重を減らす目的だけではなく生活スタイル全般の向上を意図してダイエットニトリ産むべきであるポイント3肥満の背景にはインスリン抵抗性とレプチン抵抗性というホルモン異常が存在していてそれらの改善にはファスティングを行うと良い腸内環境の悪化は全身の中につながる体内で起きている炎症や異常を改善するためにはまず腸内環境を改善することが必要であるそれでは次でラスト3件で健康的に痩せ感染を恐れない体を手に入れるについて解説していきたいと思いますさて繰り返しますが健康的な体には健康的な腸内環境が必須でございます現在太っているもしくは内臓脂肪がついている方はそれだけで慢性の炎症が体中で起きており高血圧糖尿病脂質代謝異常症などのリスクが高い状態にさらされていますそして肥満であることは腸内環境が悪く体が本来持つ免疫力を発揮できないまま生活している状態であるとまず気づいて欲しいですではここからは太る原因であるホルモン異常をコントロールしつつ腸内環境を改善し健康的に痩せる感染を恐れない体になる方法を教え甲斐していきたいと思います健康的な生活習慣には食事運動睡眠ストレスマネジメントの四つの要素がありますそしてこの四つの生活習慣を身につけていくことによって徐々に体調が変化し始めるんです健康習慣を身につけるステップは最初の28日が勝負ですこの期間に食習慣運動習慣睡眠習慣を意識的に身につけていきます食習慣では間欠的ファスティングを身につけることそして運動週間は1日2分運動することを身につけること睡眠習慣は睡眠前に必ず深呼吸をしてから就寝するということを身につけてくださいあれこれを聞くと意外と簡単じゃんと思う人いるかもしれませんこの習慣を続けても実際には一か月の間にはほとんど体重も変わりませんし体系が変わるほどの筋力もつきませんしかし最初は無理なくこの基礎習慣をしっかりと意識的に身に付けることからスタートするとその後の体調体型が劇的に変化していきます食事で糖質を摂りすぎたり食感に飲料やお菓子を口にして糖質をダラダラと摂取し続けるようなことは避けて欲しいんですというのは年齢に関わらず言えることなんですが私たちは年齢を重ねるごとに炭水化物を分解吸収する能力が衰えていくので若い頃と同じように食べているだけでも腸に大きく負担をかけることになりますそして吸収されたブドウ糖を細胞内に取り組む能力が低下するために使われないブドウ糖が体の中で余ってしまうんです現在処理できる能力以上の糖質を摂取することは身体の老化を促進し脂肪を蓄えてしまうことになりますこの糖質を処理する能力を上げるためには逆説的ですが糖質を取らない時間帯をより長くしなくてはいけませんこれはファスティングをすることにより一番重要な栄養である糖質をより多く使用できる体に戻していくというのが良いです次に著者が実際に痩せたけどジェニックダイエットでも大切である良質な脂質を摂取するということについて見ていきましょう私たちの細胞を包んでいる細胞膜は脂質中心に構成されております食事中の脂質が炎症を起こしやすい紙質である場合細胞膜炎症が起こり細胞の機能が著しく低下してしまいます口に入れた紙質により私たちの細胞機能が影響を受けるということを忘れないようにしましょうそれでは悪い子室にはどんなものがあるでしょうか簡単に言うと劣化しやすい質でございますその代表例は植物の種からできた油です大豆油ヒマワリ油キャノーラ油などでいわゆるサラダ油の主成分 これらの油の主成分は多価不飽和脂肪酸と脂肪酸の中に複数の劣化しやすい部分を持っていますこの劣化春水油をベースに私たちの細胞がつくられてしまうと当然細胞機能は低下しますショートニングマーガリンなどの工業的に作られた油も炎症を引き起こしますパッケージに植物油脂ショートニングという単語が書いてある加工食品は全てこの悪い油でできた食品ですから特に注意が必要ですまた繰り返し使用し劣化した油は体に相当なダメージを与えます外食で食べる食品お弁当やお惣菜で売られている食品の油はどのような種類のものでどのぐらいの期間使用した油なのかわかりませんよねよって健康的な生活習慣を導くためには初めは脂質を使った食品は全て自炊だとか安心できる人が作った手作りの食品の実を食べて外食は控える必要がありますではでは逆に摂取するべき資質とはどのようなものがあるでしょうかそれはうしぶたとりなどの動物性の脂質バター入りオリーブオイルココナッツオイル魚長野市室でございますまたアボカドやアーモンドクルミなどのナッツ類ダークチョコレートも良質な脂質でございます注意点として現代では牛二鶏の脂質は大豆やトウモロコシなどから作られた飼料を与えられていることが多く悪い資質である植物油脂を多く含んだ支出となっていますそのため牛二鶏の肉を過剰に摂取すると植物油脂を大量に取ったことと同様になります動物性のお肉の摂取は過剰に摂取しないように気をつけなくてはいけませんねただ草を食べて育った牛グラスフェッド牛の肉であれば問題ありませんね同様に魚は天然のものを選択し穀物を餌としている養殖の魚は避けるべきでございいますこれらの油は少々根が張りますが油を変える健康上のメリットを考えれば投資する価値があると石黒さんはおっしゃいます良質な脂質を摂取すれば生まれてくる細胞は良質な細胞膜でできた元気な細胞になります体の中の細胞を健康的に変えていくためには摂取する脂質の種類を厳しく制限しなくてはいけません悪い油は少量摂取しても体内で炎症を引き起こし体の中でくすぶり続けますが良質な脂質は摂取しても炎症を起こさないため太ることはないんですもちろん食事の際の大原則としてホルモン異常などを引き起こしかねない加工食品の摂りすぎも避けるように注意してください無事健康的に痩せた皆さんがその状態を維持するための最終目標は1日4分から10分程度の筋力をつける運動を行うことでございます30分以上行う有酸素運動よりも筋肉の萎縮をエグ筋力トレーニングを中止しましょうジムに行ってマシーンやダンベルを使用する必要はなくて自分の体重を利用する自由トレーニングでも十分な効果があります特にお勧めの運動方法はきっとという高強度インターバルトレーニングという方法で運動と休憩を交互に取り入れて短時間に運動効果を高めるものでございます定期的な運動は成長ホルモンの分泌を促進します成長ホルモンは文字通り成長に関連するホルモンです10代までは分泌が盛んですが徐々に年齢を重ねるにつれて減っていきます成長ホルモンは老化予防のホルモンで筋肉の増量や皮膚のハリにも関連しますそんな成長ホルモンの分泌を促進する最も確実な方法が運動でございます運動を継続することによっていつまでも若々しい体を維持することができるんです長時間の運動は免疫力を低下させますが短時間で行い少し心拍数を上げる運動は血液中のリンパ球を増加させ体内のパトロールを強化します毎日少しずつ運動する習慣をつければ侵入したウイルスを捕獲するナチュラルキラー細胞などが活性化し毎日感染対策を行うことができるというわけでございますそれではこの辺で3件の内容をまとめておきましょうかポイント市まずは腸内環境やホルモンバランスを整えるために最初の28日でベースの食習慣運動習慣睡眠習慣を意識して身に付けていくことから始めよう食習慣では間欠的ファスティングを身に付けること運動習慣では1日2分運動することを身に付けること睡眠習慣は睡眠前に必ず深呼吸をしてから就寝することポイントにファスティングや間欠的ファスティングをすることで糖質を処理する能力を上げより糖質を多く使える体を作ろうポイントスタンド良質な脂質を摂取しても炎症を起こさないため 良い姿勢悪い姿勢をしっかり把握して食事では良い脂質を摂取するように意識し良質な細胞膜でできた元気な細胞を生み出そうさて皆様いかがだったでしょうかん長々とご視聴ありがとうございました本日は非常に情報量が多かったと思いますがすべてを記憶する必要はなくて自分のできる範囲で初めて行って欲しいと思います特に石倉さんが提唱する最初の28日で簡単な食習慣運動習慣睡眠を身につけるというやり方はそんなに負荷が大きくないですからまずはこれから行ってみることをお勧めいたします本日は以上ですまたこの本要約チャンネル以外にも論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルを頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルも訪れていただけるととても嬉しく思いますそれではまた次の動画で皆さんと会えることを楽しみにしてます本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事