【VODで読める電子書籍】『知ってはいけない明治維新の真実(原田伊織 [著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

※電子書籍『知ってはいけない明治維新の真実(原田伊織 [著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『知ってはいけない明治維新の真実(原田伊織 [著])』の紹介なぜ日本人は歴史を検証しないのか皆さんどうもこんにちはアリオです突然ですが皆さんは明治維新についてどのようなイメージをお持ちでしょうか大砲を積んだ鉄の軍艦を引き連れ弱腰の幕府を相手に強硬外交を行った強面のペリー提督軍艦咸臨丸の船長として日本人初の太平洋横断を達成した勝海舟私達が教科書から学び慣れ親しんできたそのような神話しかしこれらは歴史的な事実ではありません本日ご紹介する本は原田伊織先生著作の知ってはいけない明治維新の真実です本書で語られているのは巧妙な歴史評論家であられる著者による教科書では絶対に教えてくれない明治維新の本当の姿です本日ご紹介する内容は以下の二つで第1章明治維新は存在しなかった第2章ペリーの黒船来航は江戸町民のお祭りだったこの動画を見れば私たちが子供の頃から勉強させられ何の疑いもなく信じてきた明治維新の姿がどれほど虚飾にまみれたものであったかが分かるでしょう是非最後まで見ていってくださいそれでは早速参りましょう第1章明治維新は存在しなかった皆様は薩長史観という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか薩長とは現在の鹿児島県であるあと現在の山口県である調子を略して表現で正確には薩摩長州弛緩と言うべきかもしれません徳川幕府を崩壊させ明治政府を樹立した勢力の中心は薩摩藩と長州藩でした少し今置いて土佐藩肥前佐賀藩が討伐活動の中核に加わったところから徳川幕府を倒して明治政府を立ち上げたいわゆる明治維新の担い手を薩長土肥と表現していますでは薩長土肥が主導して幕府を倒し明治新政府を作った後この4版の関係はどうなったのでしょうが幕府を倒し新しい政府を作るというこの一連の動きを日本ではいわゆる明治維新と呼んでいますしかしこれは革命でも世直しでもないんですこれは単なる政治的な発見ん争いに過ぎなかったんですこれは革命であると理解してきた歴史観こそが薩長史観の水なんです明治新政府が成立すると薩長土肥の間で醜い主導権争いが勃発します最終的にこの権力闘争に勝利したのが長州と薩摩なんです特に長袖が絶対的に優位なポジションを占めその後の日本は最終的な勝者である徴収が政治的に支配する形で対外戦争に明け暮れる時代を経て今日までの歴史を刻んできたんですが長時間とは明治政府の政権の中枢を閉めた長州と薩摩から見た歴史観という意味ですよあの今日でも公教育で教えられている我が国幕末以降の歴史は薩長史観によるもので官軍教育とも鞍馬天狗時間とも呼ばれていますその歴史観に従って私たちは明治時代以降賃貸と呼ぶように教育されてきました未だに150年前の歴史館にがんじがらめになっている令和という現代はまさにその近大から一歩も進んでいないと言えるでしょうこの近代という時代こそを使う時私たちが受けて北高教育では近代=先進的という意味を色濃く含ませて教え込んでいます言い換えれば近代より前の時代つまり江戸時代を含め全金大は後進的な時代として指定するべきものという教育が今もなお施されているんですこのことは明治新政府が中央集権体制をとったこともあって日本列島のうらうら辺境の分校における教育にまで見事に徹底されてきましたよーの東西を問わず古来 ISSA の勝者が歴史を作ることはごくごく普通のことでした僕 調査は宿直草と戦に至ったプロセスの正当性を特にですこのことは中国史においても西洋史においても何ら変わりはありませんイクサの勝者が歴史を書くことについてそれは誤りだ間違いだなんていうことにほとんど意味は無いんですしかし問題は勝者の書いた歴史は一定期間を経て一度は検証されるべきであるということです人類の歴史を紐解けば実に健全なことにどの民族でも50年100年という時を経てそれを行っているんですゲルマン民族がヒトラー台頭の歴史を自ら厳しく凝視し直したことも身近な一例と言えるでしょう今日参加される前のかつての中国にも歴史の評価は100年を経ないと定まらないという意味の慣用的な言い方がありましたところが一人近代日本人のみがこれを行っていないんですこれに対していやいや広島長崎への原爆投下という悲劇について二度と過ちは繰り返しませんと誓っているではないかという反論があるかもしれませんしかしこれは実に奇妙なフレーズではありませんかこのフレーズにいう過ちとは何のことでしょうか原爆投下のことでしょうかだとすれば私たち日本人が繰り返しませんと違うのはおかしいということになりますそれを使う必要があるとすればそれはアメリカ国民だからですあのに初の非*道的と言われる殺人兵器をし戦闘員である日本人市民に対して使用したのは日本人ではなくアメリカ人なんですこのことは明々白々な事実であり通常のことであってアメリカ人が原爆を糖化したという事実について何人もこれを否定することはできませんにもかかわらず日本人が二度と過ちは繰り返しませんというのは戦後 GHQ によって行われた天皇が未だに日本に生きているからなんです GHQ は日本の新聞やラジオに戦時中に日本軍がいかに残虐な行為を行ったかを繰り返し報道させましたこのことが戦後日本人に拭い去れない食材意識を植え付け自虐史観といわれる歴史認識を定着させたんですこの結果結局我が国の近代史は150年にわたってその勝者が書いたまま今もなお検証されていないという異常事態に陥っているんです社長が書いた明治維新の歴史とアメリカが書いた太平洋戦争の歴史が一切反省されることなく義務教育において教育され多くの日本人に信じられているんですまずこのことが異常であるということに気づく必要があるんです実は大東亜戦争敗戦という日本の悲劇はその金を明治維新に求めることができます2の態度でこの150年を振り返れば利用者が直線的につながっていることは誰にでもわかることなんです最も明治維新と一言で言いますがそのような名称の事件や製品は日本の市場どこにも存在しませんこういうこともこの150年の歴史が全く検証されていないことの一つの証左と言えるでしょうそれはもはや怠慢という域を超えており犯罪的であるといってもいいのではないでしょうかこのために日本という国家が独立をしない民族に占領統治されるという時代を経てもなお官軍教育すなわち薩長史観は続けているんです私たちは薩長史観による明治維新と GHQ 統治という二つの大きな歴史を検証するという宿題を放置したままなんです明治維新から150年前からその半分の75年が経った今こそ自国の歴史について今一度振り返って考えてみるべき時なんです第一章をまとめておきましょうポイント市明治維新とは革命でも世直しでもなく薩長土肥の醜い権力争いを勝者である長袖の立場から正当化した偏った歴史観のひとつでしかないポイントに操作の書いた歴史は一定期間を経て一度は検証されるべきでありヒトラー亡き後のドイツをはじめ多くの民族が事件から数十年以内には地震の歴史を顧みているぽいんとさんにも関わらず日本は暑い5年前の明治維新と 5年前の GHQ 統治という二つの大きな歴史を検証せずに放置している第2章ペリーの黒船来航は江戸町民のお祭りだった第1章では明治維新が GHQ の統治と同じく照射によって捏造されたまま放置された偏った歴史観でありもう一度検証し直す必要があるということを見てきました本書ではこれに続き戊辰戦争が戦争ではなくテロリズムであったという事実や明治政府の調整反発が黄色にまみれていたことなど一般に信じられている歴史観とは異なった様々な手術が検討されています本日はどのような明治維新の真実の中から私が選んで一番面白かったペリー来航の真実について要約していきたいと思います6年西暦1853年の6月アメリカ東インド艦隊司令長官マシューペリー率いる4隻の軍艦が日本に通帳を求めて浦賀沖に来航しました皆さんもご存知の黒船来航ですペリーの黒船といえば日本人が見たこともないよ大きな蒸気船でそれゆえに江戸幕府燃え同士中も大騒ぎになったというのが一般的な常識ではないでしょうかしかし実はペリーの黒船の半分は保線だったんですまずこういう点からこれまで語られてきた歴史を修正した方がいいでしょう当時西洋の外交戦は防水防腐のために看板などに塗料を塗っておりその色からこれを黒船と呼びました日本人は戦国末期からスペインポルトガルの黒船を見知っており黒船そのものは決して目新しいものではなかったんです蒸気船でも補填でも大砲などで武装していれば確かにそれは軍艦で江戸期日本では幕府が大船を建造することを禁止していましたその他メンに比べて巨大なペリーの黒船に対して警戒はしたと思いますがでは官民挙げてパニックのような大騒ぎになったかといえば決してそのようなことはありませんでしたそもそも幕府はペリーが4隻の軍艦で大工することを事前に知っていたんですそればかりかその間メモどういう資材を積んでいるかまでも把握していたんですアメリカはペリー来航の8年前西暦にして1845年日本への使節派遣を決定しました翌年軍艦2隻が浦賀に来航しますこの時の施設は東インド艦隊司令長官 bitl 提督です目的は日本が通帳を行う意思があるかおうかの確認でした日本側の回答は極めて事務的なもので通帳は国金であり外国との交渉は長崎のミニで行うというもので L はこの回答をそのまま持ち帰っただけでしたこの感触を得てアメリカ政府は方針を強硬路線に変更軍事的圧力を加えてでも日本と通商条約を締結する方針を固めたんです日本で幕末と言われる時代が押し迫るに従ってアメリカは東アジアにおいてイギリスに決定的な遅れをとることを恐れ焦っていたんです L 提督が国金であるという日本の回答を持ち帰ったことに対してアメリカ国内では弱腰外交という批判もあったようです1日も早く太平洋航路を開設しアジア太平洋経済圏を確立することはイギリスへの対抗上キッチンの外交課題になあっていたんです良質な公安が多数存在してきたをオフにする日本との通商関係を成立させることは使用毎に重要性を増していきました映画的な外交交渉でそれが実現しない時は軍事的圧力を加えてでもという空気が強まり強硬派であるペリー提督の起用もそういう意図を含んだもの通り書いていいでしょう果たして変え6年6月ペリーが浦賀沖に来校しました浦賀奉行所は老中首座安部雅弘の妻がを仰ぎケリーの求める大統領告知を受け取りについてとのたく火を解凍する前に長崎へ回航するように要請しました L の場合と全く同じ対応ですところがペリーはこれを拒否体を上陸させ江戸にしつこく書の受け取りを求める姿勢を示したんですこれは毛利 統括外交です一説によるとペリーは浦賀奉行として交渉に当たったかやま栄左衛門に白旗に龍を渡したと言われていますこれは日本が防戦してもアメリカにかなうわけはないからその時はコノシロ旗を掲げようという意味になりますこのときのペリーならさもありなんという気もしますね結局雨はペリーの要求する国書受け取りについてお金を貸すのはいかんではあるものの軍事力を縦にしたペリーの要求を拒絶するのは危険だとして僕書受け取りの閣議決定にこぎつけましたそして浦賀奉行所に対してアヘン戦争で隣国侵害的状況に陥った洗礼を持ち出し浦賀での報告書受け取りを指示したんですペリーは日本に告訴を受け取らせることに成功しましたが幕府は将軍が病気のためすぐには決定できないとして返答に一年の猶予を要求しますそこでペリーは返事を聞くために1年後に再来航すると告げ艦隊は7月17日に江戸を離れましたその後ペリーは約束よりも早く返し年1月再び来航しましたこの時は山間の蒸気船を含む9隻の艦隊で来校市浦賀を素通りして金沢おきにイカリを降ろしました最も9隻の軍艦が整然とかん列をなしていわゆる艦隊として来航したわけではありません9席の間がバラバラにとは言えないまでも無事に集合できたものが最終的に9隻になったということであり外交の仕方そのものが艦隊の対をなしてはいなかったんですが1人の遺跡マケドニア号という保線が日本の解剖線の内側まで入り込み早速三浦半島長井村をきれいだそうすると言う有様でしたこの事故の第一歩は浦賀奉行所がペリー艦隊に通報していますそして浦賀奉行所と彦根藩が救助に出動するとともに自己の収集にあたっていますこのような無様な対応を見ればペリーの黒船神話が過剰な誇張を含むものであることがお分かりいただけることと思います記録黒船来航という言葉で語られてきたペリーの二度にわたる来光も吉田松陰坂本龍馬といた人物たちの輝かしい神話と同様実に虚飾に満ちて伝えられてきたんですさて話を元に戻しましょう実はこの時点でアメリカ本国では政権が民主党に移っておりテリーの対日強硬策に対しては国内では強い警戒感が出ていました民主党の新大統領ピアスはペリーの琉球小笠原諒いう計画に版対していたんですその背景にはアメリカ同様に日本に2勝を求めていたロシアイギリスフランスのアメリカに対する反発がありました黒船来航のような幕府の対外政策にも関わる事柄を理解するにはアメリカの国内環境にも支店を注いでおく必要があります国内外から反発を受けていたペリーは2度目の来航で一気に成果を上げる必要に迫られていたんですさらに再来航前に香港に駐留していたペリーが中進国弁務官マーシャルと対立していたという事情を無視することもできないでしょうペリーは海軍長官の指揮下にありますが刑務官は国務省の外交官です実は二人の対立はペリーの1回目の来航以前から続いていたんです当時深刻では太平天国の卵が発生し上海を中心とした沿岸部もう消して安定した成長にはありませんでしたマーシャルは弁務官としてアメリカ人の居留民の生命財産活動の保護を最重要課題としていましたそのために長期間を最低でも一貫申告に残すべきだと主張していますこれに対して日本との条約締結を目指していたペリーは日本に対して軍事力の誇示が必要だと考えており蒸気船を譲りたくはなかったんです再来航が予定より早かったのもおそらくこのようなゼリーを取り巻く環境が彼にとって決して有利なものではなかったからであると考えられますここで中途半端な形で帰国した場合タッキーのビートルの二の舞になることは必至で解任の可能性すら否定できませんペリーの高圧的な外交姿勢はカレー 私的な事情によるところがあって愛であったのではないでしょうかつよごしのアメリカを恐れて弱腰の幕府が脅されて要求を飲んでしまったなんていうのはどこまでも明治以降の星様に対するメンタリティが作り上げた黒船物語にすぎないんですさて徳川近代という時代にとって非常に象徴的なアメリカ合衆国を代表するペリーとの交渉について所謂漢文教育による歴史叙述では実は重要な事実が隠蔽もしくは無視されていますその最も重要な事実の一つはペリーが発砲現金の大統領命令を受けて代行していたということですアメリカ合衆国憲法では大統領は宣戦布告の権限を持っていませんそれは次回の点検事項なのですそしてその議会は先ほど申し上げた通り民主党が多数を占め日本宛国生はした大統領フィルモアの所属するホイッグ党は少数派でしたその上フィルモアは副大統領から昇格した大統領であり選挙の洗礼を受けていないんですすなわち大統領フィルモアとその指令を受けているペリー艦隊は議会に対して弱い立場にいたことを知っておく必要があるんですこのような背景からペリー艦隊は司令長官や乗組員に加えられる暴力に対する横線以外には軍事力に訴えてはならないという件名を受けて来航していたんです彼らはどこまでも平和的な性格の外交私鉄であらねばならなかっアンデスペリーが艦隊の威力を誇示し常に高圧的な態度を保持しようとしたのは出国前にこのような強い命令を受けていたからであることはまず疑いの無い所でしょうこのことを知っておけば来航したペリーが事あるごとに蓮舫打ったことも容易に理解できるんです軍艦でありながら発泡現金という強い制約を受けて来航ペリー艦隊は国際的にも発砲できないもう一つの大きな背景要因を抱えていました当時のアメリカはまだ建国から80年弱という新興国家でありさまざまな面で旧宗主国である超大国イギリスに頼らざるを得ない面を持っていましたアメリカは太平洋経済圏の構築を目指して当時としては巨大な蒸気機関を備えた軍艦を保有してはいたものの燃料の石炭んや乗組員の食糧などの物資を手当てする補給線を持っていなかったんです軍艦や舞台が補給線を持たないということは致命的でありそれは実用的な軍事力とはなり得ません当時アジア地域に強力な補給線を確保していたのは大英帝国でありアメリカはこれに頼らざるを得ませんでしたそのためイギリスと張り合う姿勢だけは見てても実際に衝突することは絶対にできなかったんですもし時間帯であれ誰の艦隊であれ誇り高き徳川幕府の統治する日本と交戦状態に陥ればイギリスが中立宣言を発することは明白でありそうなると国際法によってすべてのアメリカ戦はイギリス支配下のアジア地域の港に寄港することが不可能となるね結果として物質の補給は完全に断たれるということになってしまいますアメリカとしてはこれだけは断じて避けなければならない基本原則であったんです明治近代政権の階段完成の歴史を忠実に教え込んできたこれまでの日本の公教育では必ず砲艦外交だとか軍事力圧力に屈した不平等条約だなんていうことが繰り返しているこれは今でも精子として語られていますしかし黒船来航に関する一連の叙述はほとんど全てが史実と大きくずれているんです通報以外には絶対に発砲してはならない大砲供え何があっても日本に対して軍事力を行使してはならないというがんじがらめの制約を受けたペリー簡単にできることはハッタリとしての自慰行為と平和的な交渉以外にはなかったんです太平の眠りを覚ます蒸気船たった四杯で夜も眠れず皆様はな教科をご存知でしょうかペリーの蒸気船を高級宇治茶の銘柄長期戦にかけたった4隻の黒船で夜も眠れないほど幕府も江戸市民 右往左往したことを示す資料として今も学校教育だけでなく色々な維新本幕末本で使われています幕府や江戸市民がパニックに陥ったとする話はほとんどこの教科を唯一の治療として語られてきたんですところがこの教科に反する資料はかわらばん家町触を含めて山ほどあるんです不思議なことにそれらの資料は全く無視されてきたんです幕府もね利美もペリーの来航に全く驚いていませんでしたましてパニックになったなんていうのは悪質な歴史の捏造と言っていいでしょう当時の江戸市民はむしろペリーの黒船来航を楽しんでいたことが町ブレア瓦版からわかります上昇は躍起になって見物を控えろとかお祭りではないのだからといった注意喚起を何度も行っているんです2度目の来航の時はあーに賑やかになっていますそれはもうお祭り騒ぎで裏側文字通り観光スポットと化しているんですお祭り騒ぎの見物人を見込んで屋台まで出る始末で中庭小舟を仕立てて黒船に近づこうとする者まで出てきて営業所役人はその取り締まりや注意に必死になっていたんです昨日本だけには注意しろと言った半ば諦め気味のお触れまで出ていますペリー艦隊が発する生田の空方も興味は砲撃音が響くたびに花火を見るような感覚で喜んだと伝えられていますさっきの強化も確かに一つの資料ではあるでしょうところがこれに反する死量が膨大に存在する以上その教科だけを治療とすることは謝っています特定の偏った資料だけを用いて語られる歴史は幕末に関して非常に多いんだということを指摘しておかねばなりませんだい衣装をまとめておきましょうポイント市2度目の来航の時ペリーの強硬外交は国内外からの批判にさらされており政治的にも弱い立場に置かれ解任を恐れたペリーは日本との交渉に焦っていたポイントにペリーの黒船艦隊には発泡現金の大統領命令が出されており教科書で伝えられている砲艦外交などは真っ赤な嘘であくまで平和的な外交だったポイントさんへどうして実はペリーの黒船来航をお祭りのように楽しんでおり2度目の来訪時には浦賀に屋台まで出るお祭り騒ぎとなったいかがだったでしょうか今回ご紹介した内容の他にも本当では勝海舟が英雄される海鱗丸神話の嘘や鳥羽伏見の戦いで塀を置いて逃げ出した徳川慶喜第15代将軍の素顔など私たちが教科書で教えられた日本音の歴史とは全く異なる明治維新の真実が語られていますまた品その他にも著者の原田伊織先生は明治維新という過ちや三流の維新一流の江戸など私たちが知らない明治維新の本当の姿について解説した本をたくさん出版されています今回の動画を見て明治維新についての知見を改め直したいと思ったかたはぜひ本性知ってはいけない明治維新の真実を含め原田先生のご著書を実際にお手にとってお読み頂くことをお勧めいたしますここまで長らくご視聴ありがとうございました今日の動画よかったよという方は是非是非高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまた私たちは本要約論文解説チャンネルというのもやっていますので興味がある方はぜひそちらも見てみてくださいねまた次の動画でお会いできることをしみにしていますそれではさようなら
おすすめの記事