【VODで読める電子書籍】『驚異の再生医療 ~培養上清とは何か~(上田実[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

※電子書籍『驚異の再生医療 ~培養上清とは何か~(上田実[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『驚異の再生医療 ~培養上清とは何か~(上田実[著])』の紹介キーワードは確かである皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの雄叫びでございますいきなりですが2006年京都大学の山中教授が IPS 細胞を発見したということをご存知ではない方はいらっしゃらないと思います理論的にはどんな臓器も作り出すことができる万能細胞の発見は世界中の人々が驚愕した世紀の大発見でしたねしかしあれから15年経った現在 IPS 細胞は果たして我々の役に立っているのでしょうか実は IPS 細胞には眼科の危険性など実用のために多くの壁が立ちふさがっており発見から10年以上が経った現在でもなおその臨床応用は研究段階にとどまっているというのが現状なんですそこで本日ご紹介する方は驚異の再生医療培養情勢とは何かを解説していきたいと思います IP 細胞の研究がなかなか進まない中現在培養上清こそが再生医療のスタンダードとなりつつあるんだということを教えてくれる一冊でございます本書では世界で初めて培養上清の臨床応用に成功した上田稔先生によって IPS 細胞を含めた従来の移植医療の問題 私たちの体の全ての細胞を作り出しているんですどんどん分裂していく過程で一つ一つの細胞は自分がどのような細胞になるかつまりどんな役割を持った細胞になるかが決まっていくんです神経になる細胞筋肉や血液になる細胞という風に役割が決まるとそれに合った形や機能を備えて適切な場所に収まっていくんですこのようにお母さんの子宮の中で受精卵の分化が進みそれぞれの細胞がほぼ自分の役割を果たせるようになると晴れて対処は赤ちゃんとしてお母さんの子宮から生まれ出てくるんですしかし胎児や新生児の体の中には役割がまだ決まっていない細胞が数多く存在するんですよこれらの細胞を未分化細胞と言いますがこの未分化の細胞こそが再生医療に用いられている肝細胞の正体なんです大人になって怪我をして傷ができたあとなかなか治りませんし傷の跡が残ってしまいますよねしかし新生児では怪我をしても殆ど傷跡が残らないんですこれは体中に若い肝細胞がたくさん存在していて傷ができると皮膚に分化する細胞をどんどん供給できるからなんです様々な種類の細胞を作り出すことができる肝細胞には二つのタイプがあると言われています一つは皮膚や血管などある程度決まった組織や臓器に存在し古い細胞の代わりになる新しい細胞をせっせと作り出すものでこれを組織幹細胞と言いますもう一つは家は梅横綱級の幹細胞とでも言うべきか体のねどのような細胞にでも分化できる能力を持っている肝細胞で多能性幹細胞と呼ばれるものでございますそして人工的に作り出されたこの多能性幹細胞こそが皆様もよくご存知の ES 細胞とか IPS 細胞なんです ES 細胞は胚性幹細胞とも呼ばれますはいというのは受精卵が数回の分裂を経て100個程度の細胞の塊になったもののことでございますこの肺の音内部にある細胞の塊を取り出しで培養したものが ES 細胞でございますはいは新生児に育つ可能性を持っているという意味で ES 細胞の研究は大きな倫理的な問題を含むことになり厳しい規制のもとに置かれています一方で今や世間では再生医療の代名詞になっているともいえる IPS 細胞は普通の細胞からある種の操作によって人工的に作り出される多能性幹細胞でございます ES 細胞が持っている倫理的な問題から解放され体のどんな細胞にもなれる万能細胞をね私達は手にできたんですから再生医療の切り札として多くの期待を集めたのは当然と言えるでしょうしかしそのような万能とも言われた IPS 細胞でさえ昨今では様々なデメリットが浮き彫りになってきたんです2件ではそのような IPS 細胞のデメリットと IPS 細胞に代わる最先端の再生医療培養情勢について詳しくお話ししていきたいと思うんですそれではその前に1件の内容をまとめておきたいと思いますポイント市人間の体では幹細胞が絶えず分裂と分化を行うことで組織が常に古い細胞から新しい細胞に入れ替わっているポイントに関西彫りはある程度決まった組織や臓器に分化する組織幹細胞と体のどのような細胞への分化可能な多能性幹細胞の2種類があるポイントさん人間の肺から作られる ES 細胞や普通の細胞に操作を加えて作られる IPS 細胞は人工的に作り出された多能性幹細胞であるそれでは次に言で再生医療の最先端培養上清とは何かについて解説していきたいと思いますさて IPS 細胞が登場するまで多能性幹細胞のチャンピオンは ES 細胞であると考えられてきたんですしかし ES 細胞を使った再生医療には主に次の二つの問題があるんです一つは拒絶反応の問題です ES 細胞は不妊治療などの家庭で使われずに廃棄された他人の細胞から作られるんです1件でお話しした通りはいというのは受精卵が数回の分裂を経た細胞の塊のことでしたねこのため ES 細胞から作られた組織や臓器は移植を受ける人にとっては自分とは異なる遺伝情報を持った遺物ということになり移植後の拒絶反応の問題がつきまとってしまうんですそしてもう一つの問題は お話ししたように胎児へと成長していく可能性を持った人間の肺に対して人の手を加えるという倫理的な問題でございますこのような倫理的な問題から世界的にヒット ES 細胞の臨床研究や治験には強い法的規制が設けられています一方で ES 細胞が持つこれら二つの問題点をクリアした人工多能性幹細胞として華々しい登場を遂げたのが IPS 細胞でした IPS 細胞の再生医療への応用には二つの優れた点があるんです一つは移植を受ける人自身の細胞から作ることができる点ですこのため先ほど説明した ES 細胞に見られるような移植後の拒絶反応の問題がクリアできると期待されておりますそしてもう一つは皮膚などの成熟細胞から IPS 細胞を作り出せるつまり ES 細胞のように人間の肺を使う必要がないということでございますこの音から IPS 細胞は倫理的な問題もクリアすることができるとこれまで言われてきましたしかしそんな IPS 細胞にも研究により様々な問題点があるということが分かってきたんですその一つは眼科の問題です IPS 細胞は皮膚などの生殖細胞を初期化して未分化な状態に戻すことによって作られますその際山中ファクターという四つの遺伝子が使われることは有名ですねその山中ファクターのうちの一つである CBC 遺伝子は何と癌の原因遺伝子なんです最近の研究ではこの遺伝子が細胞内で生活することによって悪性腫瘍となる可能性が多数指摘されているんですまた IPS 細胞を目的の細胞に分化させる際に分化しきれないで未分化の肝細胞のまま残ってしまうことがありますこのような残った細胞から良性腫瘍ができる可能性があるということも会ってきましたその他にも IPS 細胞を培養する時に遺伝子に傷が付くことがありこれが腫瘍形成の原因になるということも分かっていますさらに IPS 細胞には倫理的な問題も指摘されるようになりました先程もお話ししたように IPS 細胞というのは ES 細胞とは異なって人間の肺から作るわけではありませんから一見すると倫理上の問題はないと思われがちですしかし最近になって ES 細胞とはまた別の倫理的問題が生まれてきてしまったんですそれはクローン人間製造の問題です既に人類は IPS 細胞を用いて卵子のもととなる卵原細胞を培養することに成功しておりますこの成果を不妊治療などの生殖医療に応用する場合人の生殖細胞を人工的に作ることが果たして倫理的に許されるかという問題が発生しているわけです IPS 細胞が発見されてから10年以上が経ちますが以上のように未だ多くの課題が残っており再生医療への応用は実現に至っていません有効性はもちろんのこと安全性を確立して初めて IPS 細胞を使った再生医療が認められるわけでその道のりは決して平坦ではないということが分かっていただけたのではないでしょうかそしてもう一つ私たちが忘れてはいけないのは IPS 細胞を用いた治療のコストの問題でございます現在行われている IPS 細胞を使った実験は臨床試験でありごく限られた症例に対して研究的に試みているに過ぎません一方臨床応用という言葉の意味は私たちがのぞみ医師が必要と認め機材や病院の体制が整えば誰もが必要に応じて治療を受けられるということでございます臨床試験の結果を一礼一礼厳密に検証し長く経過観察を行って合併症がないかを確認してからようやく臨床応用が始まったとしてもコストが莫大であれば誰も治療を受けることができませんよね IPS 細胞に関するメディアの大々的な報道を見て難病に苦しむ多くの患者さんや一般市民の方々が新しい医療の可能性に期待を持つのは当然と言えるでしょうしかし臨床試験の段階から明日にも治療が受けられるかもしれないと考えるのは残念ながら5回と言わなければいけませんこれまで見てきた通り発表された当時は万能であると思われた IPS 細胞にも様々な弱点があるということがわかりましたねでは再生医療の発展は頭打ちなのでしょうか幹細胞によって組織や臓器を作り出すというのは人間の手には及ばない神の領域なのでしょうか実は IPS 細胞と 別の場所に再生医療の救世主がすでに存在しているんですそれこそが本書の著者上田実先生が発見した培養上清を利用した再生医療でございます培養上清とは肝細胞を培養した後の岩場上澄み液のことでございますこの上澄み液でたくさんの有用な物質が含まれているということを多くの研究者は知らないわけではありませんでしたですが培養上清を臨床で使うという発想を持ったとは上田先生を筆頭とした名古屋大学の研究グループが世界初だったんですこの上澄み液の臨床応用という発想はまさに天才的な閃きと言えるでしょうなぜならば再生医療に関わる多くの大学や企業は細胞を培養した後の培養上清は廃液として捨てていたほどだったんですこんなもの使えるわけねえだろうということで捨てていたわけなんですよですからこれを用いるというのはこれぞコペルニクス的転回でございます培養上清の作り方をサクッと説明してみましょうか初めに幹細胞を牛の血清を使って増殖させますある程度細胞が増えた段階でこれらの幹細胞に何らかの刺激を与えます例えば温度を変えるとか酸素濃度を変えるとか振動を与えるなどの刺激ですそうすると肝細胞は自分を守るために大量の生理活性物質を放出するんですかん細胞から放出されたこれらの生理活性物質は培養液の中に溜まりますこれこそが培養上清でございます牛の結線部分は事前に取り除いておきますから回収された培養上清は純粋に幹細胞が作り出した生理活性物質だけということになりますそこにはねこれまで分析されただけでも100種類以上の生理活性物質が含まれているということが分かっていますサイトカインと言われる大きいものからエクソソームと呼ばれる遺伝子の切れ端のような非常に小さいものまで培養上清は幹細胞を保全するための多種多様な生理活性物質によって構成されているんです100種類以上に及ぶ生理活性物質の作用機序や機能を説明するのは簡単ではありませんただし培養上清の生物学的な効果は次のように要約することができます一つ目はまず炎症を抑えてくれるということ侵害された組織や臓器では強い炎症が起きています怪我をした時に傷口が腫れるのは皮膚が炎症を起こしているためです生理活性物質はその炎症を抑えてくれるんです二つ目の効果は連勝で傷ついた細胞を保護するという効果です炎症を抑え傷ついた細胞を保護する機能によって破壊された組織や臓器に対する緊急対応ができます三つ目の効果は体の中に存在している関西棒を誘導するということ破壊されたり傷ついたりした組織や臓器に存在する幹細胞本来の機能を呼び覚ましたりその周りに存在する幹細胞を誘導したりして損傷部に健全な幹細胞を集めて増殖させ必要な細胞に分化させますそして効果の四つ目は新たな血管をつくるということを新しくできた血管を通して再生された組織や臓器が機能するために必要な酸素や栄養素が供給されば培養上清に含まれる生理活性物質のこの四つの機能によって組織や臓器の再生環境が整うわけでございます培養上清が持つこれらのどの機能が欠けても組織や臓器の再生はできないでしょう培養上清を使った臨床研究では既に脳梗塞を発症した患者さんの片麻痺の改善やアルツハイマー型認知症の患者さんの認知機能の向上を切断された指の再生など様座間な効果が科学的に実証されておりますこのような再生医療が可能であるのは先ほど述べた培養上清の昨日の中の体の中の幹細胞を活性化し誘導するという機能のためです培養上清によって患者さん自身の幹細胞が活性化し編成してしまった脳の神経細胞がなくなってしまった指の細胞が再生したですまた培養上清にはさらに IPS 細胞に比べて以下のように非常に多くのメリットが存在しますメリット市眼科の危険性がゼロ培養上清は肝細胞の宿命ともいえる眼科の危険性がゼロなんですこの点が培養上清の最大のメリットだと言えるでしょう原理著者の研究グループでは延べ600匹以上の動物に培養上清を投与しましたががんができたケースは一例もなかったと言いますそしてメリットの二つ目は使い勝手の良さです培養上清は そのものを利用するのとは違ってとても使い勝手が良いという特徴があります液体のため冷凍保存しておくことで約半年は有効性を保つことができますさらに冷凍乾燥すれば粉末に持って来るそうです粉末にすることで運搬も容易になりますし大量生産が可能ですそしてメリットの三つ目は患者さんの利便性です肝細胞を移植する方法は今のところ静脈注射に限られていますそのため特別な施設で専門医による治療が必要となりますそれに対して培養上清は点鼻薬や湿布薬として使うことができますから医療機関に通院する必要はありません処方してもらった培養上清を転売したり吸引したり湿布したりするだけでいいんですこれはとても私たちにとって便利ですよねそれでは次メリットの四つ目は急性期に対応できるということでございます IPS 細胞のように自分の幹細胞を培養して移植する場合培養に時間がかかるため病気を発症した直後に治療することができませんそのため一刻を争うような重篤な病気に対しては幹細胞移植は向きませんその点培養上清は製剤化して保存できますから急性期に使用でき熱傷治療などに迅速に対応できるというメリットがありますそしてメリットの1つ目は費用対効果が高いということなんと治療費も幹細胞移植の約1/100で進むそうです現在主流の再生医療研究は IPS 細胞を利用した超高額な難病治療の研究ばかりですしかし再生医療はそれが実用衣料でなくては患者さんにとっては絵に描いた餅になってしまいますこれからの再生医療に求められている条件は経済的な負担が少なく済む治療法なんですそしてメリットの娘は有効性でございます骨髄移植などの幹細胞移植は再生医療の中で一番長い歴史があり実際に臨床の現場で有効性が示されています一方で培養上清は臨床例こそまだ多くはないものの幹細胞移植と同様もしくはそれ以上の有効性があるということが分かってきていますいずれにせよ研究のほとんどが動物実験のデータでやる IPS 細胞よりは培養上清の方が有効性は高いと言えるでしょうさてここまで幹細胞移植や IPS 細胞と比較した培養上清の安全性利便性コスト有効性を見てきました以上からお分かりいただけるとおり公平に見ても培養上清が再生医療に求められるすべての条件を満たす治療法であるということがおわかりいただけたのではないでしょうか培養上清による再生医療の素晴らしさをご理解いただけたところで視聴者の皆様は具体的にねどんな治療が培養上清を用いて実際に行われているのかまだそれらの治療を自分達も受けることができるのかという点が気になっているかと思いますご安心下さいまだ研究段階の IPS 細胞とは異なり培養上清を使った医療は既に我々一般人にとっても身近なものになりつつあります3件では培養上清の臨床応用の実際と培養上清製品を選ぶ際の注意点について要約していきたいと思いますその前に2件の内容をシンプルにまとめておきましょうかポイント I PS 細胞には拒絶反応の問題や倫理面での問題があり IPS 細胞にはがん化のリスクや未だに臨床応用がされていないと言ったん問題があるポイント2巻細胞培養時の上澄み液である培養上清には体内の幹細胞を活性化する効果があり既に再生医療の実臨床に使われているポイントスタンド培養上清には幹細胞移植や IPS 細胞と比較して安全性や利便性費用対効果有効性などさまざまなメリットがあるそれでは次でラスト3件でキーワードは二歯科培養上清製品の賢い選び方について解説していきたいと思いますさて IPS 細胞を使った臨床試験の発表があるたびにマスコミは近いうちに実用化されるのではないかといったニュアンスで報道を行いますこのような報道を見た一般の方はすぐにでも再生医療が受けられるのではと思ってしまいますよねしかし2件でお話しした通り発見されて10年以上が経過した現在でもなお IPS 細胞の臨床応用は未だに研究段階にとどまっています一方で培養上清はすでに多くの治療で用いられています具体的には美容皮膚科におけるエイジングケアや発毛整形外科におけるひざ関節治療や血管 そして花粉症をはじめとしたアレルギー疾患の治療などでございますインターネットで培養上清を扱っているクリニックを検索し予約するだけで私たちはすでに最先端の培養上清治療を受けることが可能なんですしかし著者は培養上清による治療は肝細胞を用いた治療とは異なり法律の規制が厳しくないことから偽物や粗悪品に注意する必要があると警告されています著者が名古屋大学の研究チームとともに書いてある論文の作成方法だけを選んで培養上清の粗悪なコピー製品を作って売り出す企業が後を絶たないそうです実際に台湾や韓国で作られた培養上清を日本の開業医が使用しているという噂は少なくないといいますまたこうした外国製の培養上清をクリニックに仲介する業者が存在することも事実です2件でお話しした通り培養上清の製造には大量の肝細胞が必要です一般に幹細胞は増殖を繰り返した後に2週間程度で増殖を停止し死滅してしまった目一個の幹細胞から採取可能な培養液はごくわずかなんですそこで金に目のくらんだ海外の企業は大量の幹細胞を安く仕入れるために医療廃棄物の脂肪細胞やウィルスに感染した幹細胞を用いて培養上清を製造するんですこのような悪質なケース以外にも疾患を持っている可能性がある大人の細胞を利用する場合は誰のものかわからないような種類の細胞を用いるケースも後を絶たないと言いますそのような粗悪品は出所が異なる幹細胞をごちゃ混ぜにして使う為品質にムラがあり安定した効果が望めないと言われています得体の知れない医療廃棄物から作られた培養液を自分の体に投与されるなんて想像しただけで鳥肌が立ちますよねではそのような粗悪品を見極め寝るためにはどうしたらよいのでしょうかここで重要となるキーワードがふ歯科でございます2013年名古屋大学の上田実教授の研究グループは培養の段階で細胞を死滅させない節かの技術を開発し特許を取得しました先ほど申し上げたとおり粗悪な培養上清のそもそもの原因は培養中の肝細胞が2週間程度で死滅してしまうことでしたしかし不死化した細胞の培養では分裂によって細胞が劣化することはありませんこのため数少ないオリジナルから無限に細胞を複製することができ品質の安定性を保つことができるんですこのようなふしかの技術を用いて作られた培養液が不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液でございますこの培養液は日本人幼児の子水肝細胞から作られており細胞自体が非常に若く個体差もありません若い歯髄細胞は他の幹細胞よりも圧倒的に多くの生理活性物質を放出するため効果も抜群でございますまた細胞の入手経路が不明な粗悪品とは違って節が培養液は誰がドナーであるかが明確で最終元が特定されているという安心感があります全ての培養液は同じ遺伝子を持つがん細胞から生み出されるため非常に安定した効果が望めるんですさらに不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液はアメリカや日本国メタ9カ国の国際特許となっており名古屋大学との共同開発であることからも非常に高い安全性が確保されていますつまり培養上清を用いた治療を受けようとする場合または培養上清製品を購入する際それが粗悪品かないかどうかを見極めるための要点はただ一つその培養上清が節かという特許技術を用いて作られたものであるかどうかかなこの一点だけなんです現在不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液は点滴や肌に美容成分を直接注入する水光注射各種化粧品などに利用されていますこれまで数千年に及ぶヒトへの投与が行われていますが有害事象は一件も報告されておりません眼科の危険性がある IPS 細胞や医療廃棄物から作られた品質の不安定な粗悪培養上清と異なり国際特許として安定安心安全を誇る不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液こそ現代の再生医療の第一選択であると言えるでしょうそれでは作業の内容をまとめておきたいと思いますポイント1倍を調整を用いた治療は既に実現しているものの医療廃棄物などから作られた粗悪品が後を絶たないポイントに国際特許である不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液は追跡可能な日本人幼児の もうから作られており品質が安定しているポイントスタンプしか技術によって作られた培養上清は点滴や水光注射化粧品などに使われており有害事象は皆無であるさて皆様いかがでしたでしょうか本書で紹介した不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液に関しましては既に様々な有望なサービスが登場していますネット通販で買える美容クリームがあった他テレビで有名な大手美容外科さんも扱っているということでしたので概要欄にリンクを貼っておきます今回の動画を見て興味があるよという人は概要欄のリンクから覗いてみてくださいまた本書では培養上清を用いた臨床研究の結果や培養上清の臨床応用実現に向けた国際プロジェクトのことなど本日ご紹介した内容の他にも様々な興味深い記事が盛りだくさんでございますこの動画を見て興味を持ってくださった方は是非一度お手にとって読んでみてください本日は以上になります頃の方が良かったようという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッとよろしくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルを頑張って更新しておりますので興味のある方はそれらのチャンネルも概要欄のリンクから覗いてみていただけるととても嬉しく思いますそれではまた次の動画で皆さんと一緒に学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いいたしましょう本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事