【VODで読める電子書籍】『やりきる力(堀江貴文[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

※電子書籍『やりきる力(堀江貴文[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『やりきる力(堀江貴文[著])』の紹介一つの事をやりきった経験がありませんでした私のような方はおそらく心の奥底では没頭できることが欲しいと思っているけれど何立法できるのかわからず悶々としていないでしょうか今回紹介する堀江貴文サンチョのやりきる力はそんな方の背中を押してくれる本ですというわけで今回は本社についてアニメーションを使って紹介していきますまずはやりたいことを見つける方法からですやりきる力が大切なのは皆さんご存知だと思いますしかしやりきるためにはそもそもやりたいことが必要ですではどうすれば自分のやりたいことを見つけることができるでしょうかまず前提としてやりたいことがないという人間はいないと本スレを書かれていますやりたいことがないというのは自分の心に嘘をついています確かにやりたいことがないというよりも本当は心の奥底でやりたいと思っていても何らかの理由をつけてやらない選択をしているのだと思います本社ではやりたいことについて次のように書かれていますやりたいことは見つかるものではなく動き回ってるうちに向こうから手の中に飛び込んでくるものだやりたいことが見つからない理由は見つけられないふりをして自分を成長させているせいだろう動き出すことに怯えてる証拠だ行動を起こさないことにはやりたいことはできません私は現在 Web マーケティングがやりたいことです個人でブログや YouTube の活動を続けていく中で Web マーケティングをやりたいと思うようになりましたおそらくブログや YouTube をやっていなかったら Web マーケティングをやりたいと思うことはなかったと思いますさらに元を辿ればブログは書くことが好きというよりも個人でお金を稼ぎたいと思って始めたものでしたやっていくうちにブログにはまっていき3年以上ブログをやり続けていますやりたいことは何かを考える前にとりあえず自分の興味のあることに手を出してみることが大切ですとはいえ人間は現状を変えることが大の苦手です現状維持バイアスという言葉がありますが今は高く評価してしまい現状を変えることができないという習性があります現状バイアスから抜け出すために一番オススメなのは現状が招く最悪のシナリオを考えることですもしこのまま新しいことに挑戦しなかったらこの先もっとつまらない人生になっているだろうのようにとにかく最悪のシナリオを考えていきます人間は損をすることをひどく嫌う生き物なので現状が招くそう考えることでそれを回避しようと行動を起こすことができます現状維持バイアスが起こってしまうわけや解決策についてはこちらの動画で詳しく紹介していますもし新しいことを始めることができない転職したくても行動になかなか移せないなと悩みがありましたら是非こちらの動画をご覧下さい続いて二つ目が最強のパスポートは失敗だですやりたいことがあった年ももし失敗したらどうしよう自分には才能がないからできないなら考えてしまい行動に移せないことがあると思います私もやりたいことがいくつかあっても今の自分にはできないと思ってしまい結局行動に移せなかったことがたくさんありますこのようにやりきらない人にはできないこと探しの才能があると本スレは書かれていますこのできないこと探しの態度はあなたの行動を制限してしまいま明日行動が制限されてしまうのであなたの成長止まってしまいますできない理由に才能や人脈が多く挙げられます才能や人脈が何らかのパスポートになると考えてる方が多くいらっしゃると思いますしかし堀江さんは再度パスポートや人脈パスポートを求めるのではなく失敗パスポートを求めることが大切だと本書で書いています詳しくは本書では次のように書かれています一番強くてどの分野でも通用するパスポートは失敗だ失敗パスポートが分厚ければ分厚いほど魅力的なアクティビティに満ちた世界に歓迎される時間の無駄遣いはあるけど無駄な失敗はないのだ失敗をすることは大切ですが失敗したらなぜ失敗したかを考えることが大切です失敗した原因に仮説を立ててその問題を克服していくことを繰り返すことで前に進むことができます最後は必要なのは狂気を感じるほどロボットダレス没頭することの大切さは堀江さんの他の著書でも書かれています本社でも次のように書かれていますどんな分野でも高い成果を残してる人に共通する能力とは没頭力である当たり前ですが没頭と成果は比例します少し行動したからといってオタクと呼ばれるような人には勝てない理由です周りよりも頭一つ飛び抜けたいならそれ以外のことは考えないぐらいのポットが必要なんですもちろん時間さえかければいいというものではありません狂気に満ちた集中を効率化する必要があります本書では寿司職人の例が挙げられています寿司職人は10年近い修行が必要だと言われていましたしかし時代は変わり私たちは動画を使って学ぶことができるようになりましたその為弟子入りしなくても動画で握り方を学んでそれを繰り返し練習することで寿司職人になることができます寿司を握る目的は修行するためではありません美味しいですよお客さんに出すことが一番の目的ですその目的を達成するために単に時間を浪費するのではなく効率的にできる方法を採用することが必要です今回の動画は以上です今回の内容についてまとめていきますまずやりたいこと いないと本書には書かれていましたやりたいことが見つからない原因は見つけられないふりをして行動していないことが原因でした続いて二つ目は失敗は最強のパスポートであるでしたやりきらない人にはできないこと探しの滞納があると本社は書かれていましたこのできないこと探しのせいであなたの成長が妨げられてしまいますできない理由に才能や人脈が多く挙げられますが本書では才能や人脈を求めるのではなく失敗を求めろと書いてありましたそしてその積み重ねた失敗が最強のパスポートになります最後は必要なのは狂気を感じるほどの没頭でしたどんな分野でも高い成果を残してる人には没頭力があると本書に書かれていました単に時間を浪費するのではなく狂気に満ちた集中を効率化することが大切でしたやりきる力の重要性は多くの人が分かっていることですがなかなか実践できていないことだと思います中には堀井さんだからできるんじゃないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんしかしこのような前方はもったいないことです堀江さんだからできるんじゃないのかというのはまさにできない衣類を作ってしまっていますよね1階に自分事として捉えることができるかが大切です私自信堀江さんの本は多動力を含めいくつか呼んできました堀江さんの本は読んだ後に何か行動したくなると思わせてくれます本社やりきる力もきっと皆さんの背中を押してくれると思います今の自分を変えたい自分の人生をもっと楽しみたいという方はぜひ本書をやりきる力を読んでみてください私が運営してるブログタイトルは本書以外にも様々な本を紹介しております本の紹介以外にも効果的な読書の方法や読書頃アウトプットの方法についてなど読書にまつわることをたくさん紹介していますよろしければこちらにも遊びに来てくださいここまでご視聴いただきありがとうございますではでは
おすすめの記事