【VODで読める電子書籍】『情報断食~空っぽになるほどうまくいく生き方(鈴木七沖[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

※電子書籍『情報断食~空っぽになるほどうまくいく生き方(鈴木七沖[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『情報断食~空っぽになるほどうまくいく生き方(鈴木七沖[著])』の紹介空っぽになるとそれを埋めようとする力が働いて必要な情報が向こうからやってくる情報断食とはそんな原理原則を活用した至高のリセット方法です余分な情報や思考グセを手放して空っぽになると自分の軸が整って本来の役割はミッションが見えてくるのです皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの武部でございます今回はすずきなおきさんの情報断食空っぽになるほど上手く行く行き方を解説していきたいと思います最初に言っておくとこの方は情報断食というね非常に面白いコンセプトで書かれたとてもためになる一冊でしたからこの動画を見てこの本に興味を持っていただけた方は是非一度本書を手にとって読んでみて欲しいと思いますさてあまりにもね情報が多すぎる現代高速で情報が飛び交い自分を見失ってしまっている人も多いのではないでしょうかそんな世界で著者は情報断食というものを提唱されているんですこの情報断食を実行すれば信じられないぐらいのメリットがあなたにもたらされることでしょう人に流されず自分自身が望む人生を生きることが可能になるはずですさてでは情報断食とは一体何なのかそれによって私たちはどのようなメリットが得られるのか情報断食という新しい世界を私と一緒にしばしん覗いていこうではありませんかでは早速参りましょう本日のお品書きは次の通りです1件であなたの人生の主役は誰かに玄で具体的な情報断食のやり方を3件で情報断食によって得られる気づきについて解説していきたいと思いますまず早速1件のあなたの人生の主役は誰かという事から解説をスタートしていきましょう著者はまず冒頭で私たちに問いかけるんですあなたの人生の主役は誰ですかと人生の最後に人はどのようなことを後悔するのかということは患者さんの最期を看取る医師によると次のような共通点があるそうですもっと健康に意識を向ければよかったもっとゆったりと働けば良かったもっと家族や友人と時間を過ごせばよかったもっと自分らしく生きればよかったもっと自分の言葉で話せば良かったもっと自分の幸せを考えればよかったさて多くの人たちが公開している自分らしくとか自分の言葉自分の幸せにはよくよく考えると疑問が湧いてきませんか何十年も自分の名前で生きてきたはずなのにどうして自分が皆実感出来なかったのでしょうかそれは自分の人生を生きているようで実は他人の人生を生きてしまった人が多いということなのでしょう消化色々な選択を経験して色んな体験をしてきたはずなのにどうしてそう思ってしまう人が後を絶たないのかという疑問を著者はもつんです著書は出版社の書籍編集者としてこれまでに150冊を超える自己啓発本を手がけ三十代半ばで味わった妻との死別体験から人生生き方暮らし方あり方を得意ジャンルとしてずっと愚直に一つのテーマの本ばかりを編み続けている人物ですそんな著者のなぜこんなにも大勢の人たちが自分もわからずに生きてしまっているのかそんな疑問に対する結論は次のようなものです誰かの言葉を自分の言葉として使い誰かの人生を自分の人生だと思い込み何年も何十年も過ごしてしまっている人たちが実はほとんどであるさてこれを聞いてグサッとね来る人はいませんかこれはまさに今の私でアルト情報が溢れすぎる現代で多くの人が多すぎる情報に流されて振り回されて自分自身を見失っています他人の人生を生きていますそこで著者は情報断食というものを提唱されているんです情報断食をすることによって不安定な時代を生き抜く力溢れる情報に惑わされない判断力などのメディアリテラシーのみならず何故自分がここにいるのか何のために私は存在しているのかなど現代人が忘れがちな私が何者かを知る力も身に付くと言うのですいやなかなか面白そうですよね食べ物を一定期間経つ断食ファスティングが世間では今ブームですがそれを情報に対しても行いましょうということでございますなぜ情報断食が今必要とされているのでしょうかそれは繰り返しになりますが情報が溢れすぎている現代では 情報に翻弄されて自分を見失っている人が多いからでございます人工知能 AI の技術が発達してこれまで人間がやってきた仕事の多くがテクノロジーかっされるようになりました気づけば様々なジャンルで働き方が変わりつつありますそして一昔前とは比較できないほどの情報が溢れ帰り正しいものだけではなくフェイクと呼ばれる偽物の情報までが世界中を飛び回っています1日24時間の中の大半の時間をそのような情報にさらされている人も少なくありません指先で情報検索するだけではなく今は自分の思いや考えが発信できる SNS も充実しておりますから2次元の世界にどっぷりとハマってしまう人が後を絶たないというわけでございますそしてねさらに私たちを魅了してしまうのがアルゴリズムやターゲッティングというものでございます例えば Amazon で自分が注文したものに似たものかでおすすめに出てきてついついクリックして買ってしまったという経験はないでしょうかまたはね YouTube 動画を見ていて次のおすすめの動画を面白いと思ってポチポチとクリックしている人も多いと思います AI は私たちの興味を持っていたかし私たちが興味を持っているであろうものを次々と私達の目の前にほらほらと提示してくるんですそして提示されたものを私たちははいはいありがとうということでポチポチポチポチクリックしているわけなんですよつまりね私たちは自分で何かを選んでいるように思っても実はアルゴリズムヤッター getting を駆使した AI によって何かを選ばされているということでございます私たちは自分の意思で行動しているように見えても特にネット上ではアルゴリズムによって導かれた行動をしてしまっているんですそんな状態で果たして自分の人生が生きられるでしょうかこれが私たちみんなに与えられた恋でございます溢れんばかりの情報が世界中を飛び交いそれに翻弄されながら思考回路がパンパンに腫れ上がっている人が多くいると著者は言いますそこで必要になってくるのが今回のテーマ情報断食でございます情報断食の原理は決して難しいものではありません情報断食とは字のごとく情報を断つことを意味します口にする食べ物を減らしていくように情報を減らすことで頭の中を整理したり時には何も考えなかったりそれが思考回路を整えることにもつながり心を穏やかにすることで自分自身を見つめなおす効果をもたらすんです頭と心が空っぽになることでそれを埋めようとする力を利用するんですわたしたちの脳というのは分からないという状態つまり空白を嫌いますから強烈な欲求や不快感問題意識が生じたときはそれを埋めようと頑張るんです空っぽになるとそれを埋めようとする力が働いて必要な情報が向こうからやってくるわけです情報断食とはそんな原理原則を活用した思考のリセット法でございます余計な情報や思考グセを手放して空っぽになると自分の軸が整って本来の役割だ自分の人生の目的が見えてくるというわけでございますさていかがでしょうかなかなかで納得できる理屈ですよねなるほどなと手を叩いている人も結構いるのではないでしょうかではでは2件において具体的に情報断食のやり方に迫っていきたいと思いますその前に1件の内容をまとめておきましょうかポイント市あなたの人生の主役は誰か死ぬ時の公開の共通点は自分らしく生きられなかったということ誰かの言葉を自分の言葉として使い誰かの人生を自分の人生だと思い込み何年も何十年も過ごしてしまっている人たちが実はほとんどであるポイントに情報が溢れすぎている現代で多くの人が自分自身を見失い他人の人生を生きている桜情報断食によって溢れる情報に惑わされない判断力や現代人が忘れがちな私が何者なのかを知る力を身につけようポイント35は分からないという状態つまり空白を嫌うので空っぽになるとそれを埋めようとする力が働いて必要な情報が向こうからやってくる自分の軸が整って本来の役割は自分の人生の目的が見えてくるさてそれでは次に言の具体的な情報断食のやり方について解説を釣っていきたいと思いますさて1件ではね多くの人が自分を見失っている現代だからこそ情報断食が必要で 言うことを開設しました2件では著者が実際にやっている情報断食のやり方について具体的に解説していきたいと思います最初にね情報断食の全体像をお伝えしておきましょう情報断食は次の3ステップから成増ステップ位置情報源とそれに結びついている習慣を洗い出すステップに少しずつ手放していくステップ3で禁断症状が出る期間を乗り越えるではそれぞれのステップをね分かりやすく解説していきたいと思いますのでどうぞお付き合いくださいませまずは情報断食のステップ位置情報源とそれに結びついている習慣を洗い出すから解説していきますさて情報断食をしろと言われても何を手放せばいいのかが分からなければ何を断食したらいいのか分からなければやりようがありませんよねですからまずはステップ1として何を手放すのかを見つけるために頭は自分自身がどのようなものから情報を得ているのかその情報源を洗い出すことから始めていきましょうさてあなたはどんなものから情報を得ているのでしょうか例えば女性の場合は次のようなものから入れているということがわかりましたテレビニュース番組を中心に毎日市から3時間ほど見ていたそうです新聞朝刊は出勤途中の電車内で火を通す夕刊は帰宅してからざっと読んでいました本や雑誌冊数にしてだいたい1月号から十冊程度それに関連して書店には毎日足を運んでいましたそしてインターネットを守りわからないこと知りたいことを調べるときに活用していましたネットで配信されるニュースもくまなくチェックしていたそうですこのようにねテレビ新聞本や雑誌インターネットというまずは自分の情報源をピックアップすることでどのような情報をどうやって活用していたのかを見える化するんですさてあなたはどんな情報源から情報をゲットしているのかまずピックアップしてみてほしいです Twitter や Instagram などの SNS で情報を収集している人が今は結構多いかもしれませんねそして次にピックアップした情報源とともにそれが無意識に日常生活の中でどうやって習慣化されているんだいということを探るんです思考を働かせる上でも無意識的に習慣化してしまっていることが世の中にはたくさんあります特に先ほどあげた情報源を自分はどうやって活用しているのか見直してみる必要があるんです例えば著者の場合ならこれらの情報源に共通していたのがながら見て舌絡みとは読んで字のごとく別のことをしながらなんとなく見てしまっていることでございます例えばご飯を食べながら電車に揺られながらカフェでお茶ちゃお飲みながらなんとなく時間を潰しながらなどでございますこのようにね情報源をどうやって使っているのかを客観視してなんとなくどんな絡みを意識的に減らすことから始めるんです著者の場合は情報源とながらみという習慣が結びついていたわけですからこれらを意識的に減らしていくんです日常生活のどんな時間にどんな場面でどんな風に活用しているのかまずはそこを見つめ直すことから情報断食は始まるんですそれでは次情報断食のステップフタツメ少しずつ手放していくについて解説していきますさてステップ一礼情報源とそれに結びつく週間を洗い出すことができれば今度はそれをステップに入れ少しずつってバラしていきましょうポイントは少しずつという点でございます少しずつ食べるものを減らしながら体と向き合っていくってあんじきと同じく情報断食でもいきなり情報をシャットアウトするようなことはしません食べる物も情報も急激に取らなくなってしまうとかえって細胞や脳が驚いて反発しそれを求めてしまうからでございます両方ともに適切な順序があるんです食べる物も情報も最初は少しずつ日常の中で手放していくんです著者はひとつずつ背負っていた荷物を降ろすようにそして無駄な行動を少しずつってバラし次にこれまでは絶対に必要だと思って取り組んでいた情報収集のための行動を一つ二つ三つと手放して言ったんです最初に手放したのが一つ目の情報源であるテレビでございます著者のリビングにはテレビがありましたがそれのスイッチをいれないことから始めました次は二つ目の情報源である新聞を解約しましたここまでは比較的簡単だったそうです次は三つめの情報源であるインターネットですしかし著者は という仕事柄完全にインターネットを手放すことができませんので使用は最小限にとどめるようにしております一番つらかったのが四つ目の情報源である本と雑誌を手放すことでしたこれには書店に行くことも含まれておりますので一番習慣化していた頃でした当然著者が書いてくれた原稿を編集しながら本にすることが仕事の中心でしたからその行為自体を辞めるわけにはいきませんしかし毎日の書店が良い家売れている本の情報収集にはこれまでかなりの時間を割いていましたそれらを根本から見直したんです良い本を作りたいみんなに読んでほしい甲西まで読み継がれて欲しい書籍編集者になった時に抱いていた純粋な気持ちよりもたくさん売れる本で売上をアップさせたいという気持ちにより初心を忘れてしまっていたことに著者は気づくんです情報断食を始めた当時は本作り=手段になっていた自分がいたんです著者は自分が何のためにホームを作っているのかを自問自答し編集者としてどうありたいのかどんな目的や使命を持ってこれから先生きていきたいのかという根本的な問題にも向き合ったんですそうして徐々に本や雑誌を手放して行ったそうですそれでは次情報断食のステップ3禁断症状が出る期間を乗り越えるについて解説していきますさてここまでで情報源とそれに結びつく習慣を洗い出しそれらを少しずつ手放していくというステップを踏んできましたそして頑張りどころがこのステップサンド禁断症状が出る期間を乗り越えるというところでしょう情報断食がいいよと言うねメリットを聞いてよしそれじゃあいっちょやってみるかということでステップ1ステップ2までは比較的皆さん簡単にねやる気と勢いに任せてできるかと思いますしかしこのステップさんが勝負どころでございます著書も実際に思わぬ禁断症状に心と体が震えたと言います情報断食を始めた反動はすぐに行ってきたそうですそれまで一年365日毎日習慣化していたことを辞めるわけですからどうもねあれ今日はやらないのと全身の神経に信号を送るのでしょう朝目覚めるとテレビのスイッチをつけたくになりましたし電車に乗って釣りか思っていてもなんだか手持ち無沙汰で行動の治りを悪く感じたそうです情報断食とは脳との戦いです会社の椅子に座っていても何やらお家着きません実践し始めた頃は無用に席を立ってみたり車内を歩いてみたりトイレに行って顔を洗ってみたり外に出るとついつい書店に行きたくなるから昼食も手作りの弁当を持参するほどだったそうです皆さんも昼休みになるといつも LINE や Twitter をチェックしていたという人はこのように落ち着かなくなることが予想されます著者は手放した習慣を何度も求めてしまう欲求が湧き上がってきたがここが踏ん張りどころだとなんとか言い聞かせて抑えながら生活に目を向けるようにしたと言いますまあねやっぱりこの辺は断食ですから普通のね食べ物の断食と同じように断食期間中のこの辛さを乗り越える必要があるんですそして情報源を手放して2ヶ月が過ぎた頃遠くへ向けられていた意識が近くに戻ってくることを強く実感したそうですこれまでは会社のことと自宅のことをとにかく忙しくしていた毎日だったから常に意識が外へ外へと向かっていたんです今思えばまだ小学生だった当時の息子のことも見ているようでまったく見えていなかったと著者は言います情報断食中の著者の生活スタイルはとてもシンプルなものになっていきました情報源とは一定の距離を取りつつイブンの仕事県内もしくは生活圏内の半径10メートル以内で起こることに意識を向けるようになったんです例えば住んでいたマンション内に咲いている花の色合いや佇まいユニークな木々の形太陽や空に浮かぶ雲毎日感じる風の違いなどそれまでは意識すら向けていなかったものに自分の感性が反応するようになっていきました私はどんなものに惹かれるのだろうがどんなことやものを美しいと思うのがどんな事や物が好きなのかどんな事や物に心が動くのかそういうことが少しずつ知りたくなってきたんですこれはとても新鮮な感覚でした自分へと意識を向けた瞬間からこれまで毎日見てきた景色のはずなのに全く見え方が変わってしまったんです漠然と色々なことから情報を集めていた意識がごく身の回りのことへと向き始めた途端軸が自分に戻った感覚で 5時にそれは少しずつ丁寧な生活を心がけようとする気持ちを芽生えさせる大きなきっかけともなりました情報断食とは最大限に自分の意識と向き合うメゾットと言えますそしてそれは自分の感性を最大限に育てるメソッドでもあるんですさてここまで聞いてね著者が感じたこの感覚はマインドフルネスの感覚に近いなぁと思った人がいるかもしれませんね確かにそうで外へ外へと向かっていた意識を自分の中へ向ける意識を身の回りのことに集中する情報を断食することによって自分自身の内側へと意識を向けるこれはマインドフルネスに近いものがあると私も思いますマインドフルネスが良いなんてことは皆さん既にご存知かと思いますがマインドフルネスを邪魔するものいわゆる雑念というのは様々な情報源から行ってきますよねですからそれらの情報源を絞り込むことによってよりマインドフルネスにも集中できるようになるんだろうなと私は思いました是非ねここで紹介した三つのステップによって情報断食をしていただき著者が感じたような清々しさ自分の内側へと意識を向けるという感覚を味わってみてほしいとお盆です情報断食によって頭が空っぽになるとそれを埋めようとする力が働いて必要な情報が向こうからやってくるんです余分な情報や思考グセを手放して空っぽになると自分の軸が整って本来の役割はミッションが見えてきます自分が何をやりたいのかわからない自分の人生の目的がわからなくて悩んでいるという人はぜひ情報断食によって自分の内側へと意識を向けてみてください答えはすべて自分の中にあるんですそれでは2件の内容をここら辺でまとめておきたいと思います情報断食の3ステップを紹介しましたステップ1は情報源とそれに結びついている習慣を洗い出すことテレビ新聞ネット SNS 本などの情報源を洗い出しそれと結びついている日々の習慣を身につけてくださいそしてステップ2で少しずつ手放していきましょう一度にすべて手放すのではなく少しずつという点がポイントになりますそしてステップ S 3で禁断症状が出る期間を乗り越えましょうここが踏ん張りどころです一定期間を超えると遠くへ向けられていた意識が近くに戻ってくることを実感できるでしょうそれではラスト3件で情報断食によって得られる気づきについて解説していきたいと思いますさてねこれまでもまあ情報断食によって得られる気づきについては言及してきたんですがさらに3件では自分の内側へと意識を向けられるようになり自分の生きる意味はミッションが明らかになるといったメリット以外にも情報断食をすることによってどのような大切なことに私たちが気づくことができるのかということを解説していきたいと思うんですよ著者によると情報を手放したがら丁寧に感性を高めていく中で物の見方や解釈の仕方が少しずつ変化していったそうですどれも学校では教えてくれないことばかりですが徐々に理解していくうちに自分が立っている場所や物事の仕組みもわかるようになってくるんですそうなると日常で見聞きする事の捉え方や感じ方が変わってきて面白いように行動力や選択肢も増していきます人生に選択肢が増えると心に余裕ができて色々な準備をするのが容易になるでしょうそれは楽しみ方の種類が増えることにも繋がるんですではでは情報断食によって得られる気づきを具体的に紹介していきましょうかリーチ私達の周りには3種類の時間が存在しているということに人生において大切なのは結果ではなく過程を味わうことどれも深い気付きですねそれではひとつずつわかりやすく解説していきたいと思いますまずは一つ目の気付き私たちの周りには3種類の時間が存在しているということを解説していきますさて私たちの生活はオーケーの時間に追われている毎日ですよね壁に掛けられたもしくは腕に巻かれた時計の時間がすべてであると捉えられがちですが情報断食をすることによって得られる時間の気づきはそもそも時間でたった一つだけなのかという疑問を投げかけてくれるんです物事が流れていく様をどのように感じるのかそのためには時間に対する捉え方が重要になってきます時間に振り回されすぎる情報に振り回されていると一つの時間しかないように思えてしまいますが情報断食をすることによって著者は私たちの目の前には全く いつの時間が存在するということに気づけたそうです全く異なる三つの時間とは1外側の世界に流れている中間機械時計に私の中に流れている中間命の時計三大自然の中にたゆたう生態系の時間循環時計の三つでございますそしてどの時間を生きるかによって体験する世界の景色が変わるんです時間に追われる人はたくさんいて人生の後悔も大半は時間と関係しています三つの時間のどの時間を選択するかによって私たちが体験する世界の景色は変わりますもしあなたが外側の世界に流れている時間すなわち腕時計のような時間を軸に生きる選択をしたのならそれは人生の最後に多くの公開を抱いてしまう人たちと同じような自分らしさを見失いがちな人生になってしまうかもしれませんまたは私の中に流れている時間を選択した人は本当の自分らしさが体験できる反面そこだけに固執してしまうと人生で味わう経験が極端に少なくなってしまうでしょうですからなかなか実行するのは難しいかもしれませんが色々な時間を柔軟に行きながらそれでも心の安定が保てる生き方が望ましいと著者は言います今外側の世界に流れている時間しか選択できていないという人は私の中に流れている時間を増やすということをぜひ意識してみて欲しいと思うんですそして先ほどあげた三つめの時間大自然の中にたゆたう生態系の時間これを軸にできることは最も容易ではない選択ですなぜなら人間が作り上げた現代文明の中には存在しえない時間だからですただし日常生活の中で例えば野菜を育てるような体験をしたり海や山へ行って大自然に身を委ねることで人間以外の命の息づかいを感じてみたり一時的にそういう営みを重ねることで大自然の中にたゆたう三つめの時間を疑似体験できるとは番です大切なのは知ることそして意識することです意識することでアンテナが立ちそれに関する情報を共有することができますですからまずは三つの時間を知ってください三つの時間の存在を知ることで柔軟性と安定感を養いましょうそれでは次へられる機付きのフタツメ人生において大切なのは結果ではなく過程を味わうことについて解説していきたいと思いますさて人生をね一言で表現すると何ですかもしもそのように問われたらあなたは何と答えるでしょうか著者ならこう返答するそうです人生とは別ですまっすぐに続いている学びどうだと思いますまっすぐに伸びた一本道の上にはあなた一人だけが立って今ゆっくり歩くをが足速いです相撲が最初から全力で走ろうがあなたの自由です道にはゴールがあって大半の人たちは歩き終えるのですが時折途中で道から降りてしまう人もいますそれも自由です自分で洗濯っておきます途中何度も道が分かれているポイントに送付します右に進むのか左に進むのか三択もあったりしますどれを選択しても構いませんその時のあなたの意識や思いが道を選びます人生において後悔が生じる一番の理由は誰が洗濯するのかが明確になっていないからですもちろんで人生に迷いはつきものですが最終決定をどうやって判断するのかが結果に結びつくんですその時の結果とは道を進んだ先に待っているもののことではありません結果とはそこまで進むにあたってどのような過程でどのような経験をしたのかということでございますつまり最終て駅にあなたが味わった体験の感覚が結果となるんですだからこそ道の上では行動することが必要なんですを持って行動する想いを起点に行動し続けるその過程で味わう心の機微だったり意識の変容だったり等々いでやいやそのような感覚で捉えたことだけが意識の世界に持っていくことを許されますそこは言葉を手放した世界超感覚的な静かな場所なんです心理学者のヴィクトール E フランクルは人生について次のような言葉を残しています人生に意味を問うてはならない私たちは人生から意味を問われている存在なのだ生きるとは日々そして時々刻々と問われていることに答えていくことである正しい態度や姿勢によって答える責任を果たすことに他ならない私たちは意味を問われている存在です生きていくんだからそれを表現していく存在なんですだからこそあらゆる体型 怒り人生という道を進んでいくのかが大切なんです人生において大切なのは結果ではなく過程を味わうことなんです人生の意味は体験を通して自分自身が答えていくものなのですそれでは作業の内容をまとめておきましょうかちょっとね哲学的で深い内容でしたね難しかったかもしれません情報断食によって得られる気づきを二つ紹介しました一つ目は私達の周りには3種類の時間が存在しているということを二つ目は人生において大切なのは結果ではなく過程を味わうことであるさて皆様いかがでしたでしょうか本日は情報断食というねあまり聞いたことがないであろうテーマについて解説していきました聞いたことがなく非常に興味深い内容だったのではないでしょうかそして情報を断食すると自分の内側に意識が向けられるということは確かに行ってみればそうなりそうだなぁとと食っていけませんかもし腑に落ちたのならば是非行ってみることをお勧めいたしますまた時間の都合上で泣く泣くカットした部分もありますので興味を持っていただけた方は是非一度手にとって読んでみていただけると嬉しいです本日は以上になりますこの動画がよかったよという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッとよろしくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルも頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけるととても嬉しく思いますではまた次の動画で皆様と一緒に学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事