【VODで読める電子書籍】『100万回生きたねこ(佐野 洋子[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,540 (2021/10/20 16:03:34時点 楽天市場調べ-詳細)

※電子書籍『100万回生きたねこ(佐野 洋子[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『100万回生きたねこ(佐野 洋子[著])』の紹介ドーナツ100万日って言った043やってまいりました100万回生きたねこ聞いたことあるって言う方いらっしゃるんじゃないでしょうかこちらですねもう100万回生きたねここちらですねもう本当窓の本屋さんの絵本コーナーにもですねと鎮座してるやっぱね本って名作多いんですよそんな中でも見なけれ品だということですね大人にも非常に支持されていると強くまんかいいきたねこなんですねちょっと不思議なタイトルじゃありません100万回生きたねこてんなよとこのですねタイトルが秀逸でそこからですね意外な展開に向かっていくということでよくできた話なんですですから絵本興味ないよという方もですねこれは何か面白い話はないから取れないなよね楽しんでいただけると思いましもちろんね世代のねこれから子供に読んであげたいなという人とかね絵本興味あるよという方ですね有名だけどちょっと知らないんですけど内容をしていただいたですねだったらよかったじゃないか家にそういうとこじゃないかそう思うこと請け合いの傑作ベストセラーなのね昨日今日出た本ではございませんこれで津田1977年に出るんですね佐野洋子さんという方ですねあの有名な詩人谷川俊太郎さんの奥様でもあったという猫の佐野洋子さんなんですけど天才ですねすごいですよこの話はまあ面白いねこのお話ですねこれから説明させていただくんですけどもね私何の前情報もなく実はこれですね娘と本屋に行って買いました娘に壊れるかもですね読んで読んでわかったなんか有名な本ですね最終的に私に泣くという音あったら YouTube でいいやるっていうご紹介しなきゃいけないんですね最近あの私はの投資の授業でお金の授業ですとかねあと健康の授業とかやってますけどもそれだけですね体にいいことを財布に骨だけじゃ心にいいことやろじゃないのですね皆さんお待たせいたしました今日やらせていただきます100万回生きた猫がいるわけですよねこねこねこねこねえーと作品ねこのねこですよく知りませんが立派ですよね顔がいいんですよこれも9日は大好きねほらねほらのようにと嫉妬してしまうね立派なトラ猫なんですよこの猫は100万回生きた猫でした百万回死んで100万回生きたのですどういうやつと同じ形の耳を持ってると言うんですねとんでもない攻撃状態の猫主人公なんですね面白い百万回死んで100万回生きてるその後私思いました羨ましいフリーザ様ですね線路沿いの望みが叶えられてるというポストフリーザ状態のこのチート状態で始まってる件ですねこれは面白いページ目百万回死んで100万回生きたねこでしたそしていろんな海の子がいたんですね飼い猫だったですよそしてその飼い猫たちは飼い猫のねこの猫灰猫であるこの猫の飼い主達は500円か死んでるんですけどね海の子それぞれ違うんですよ転生してるんですよ転生先の飼い主100万人いる百万回死んでますか100万人の飼い主たちはですね泣きました猫が死んだ時100万人じゃないとなるほどなあそらそうやね猫飼ってたらですねそんな飼い猫が死んだ泣きませんそれ分かると百万回死んで100万回生きた村で100万人が泣いたとなるほどなるほどここから面白いページ目ですよしかし猫は一回も泣きませんでしたこれなのよ自分ができること都心と立ってるこの猫はですね百万回転生してるんですよね100万人に愛されてるんですよところが何か 足りないものがあったのかなって思ってる自分が入ってるんですよ猫は一回も泣きませんでしたどうしてどうしてどうして気になる入りじゃないめちゃくちゃつかみは OK だよねこんな時間でくれるよほんなかなかないよ本当にねほんといろんなのがありますけどもね大人がここまで頑張れるページなかなかないね面白いじゃないってねここからですねその100万回生きた家の中のいくつかのシチュエーションが描かれるんですね天井のいくつかの人生が描かれるのですある時猫は王様の猫でした大島に買われてたことがあるんですねなるほどそういうこともあるだろうなとねその王様戦闘にしょっちゅう行く様だったんですね銭湯行くぞんですねこうしていくんですねなかなかないでしょ職場に猫を連れてた12年生としちゃいましたけど忘れてきちゃってね家族だから放っていましたけどもそういう感じですねさんは戦争にですね連れてっちゃうね愛してるわけですよところが戦争中に矢が飛んでくる日あっちこっちげやねその嫌がっすねこれささってしまったのね流れ弾ナラ枯れ家に猫明後日ですね猫はそこで死んでしまいましたそういう死に方かとね大阪はもうその時戦闘中にもかかわらず1人ぐらい来ましたそしてその戦争が終わった後土に埋めましたね泣いとるわけですよちゃんとないとねある時船乗りの猫でしたねある時猫は船乗りの猫だったのね海を渡る男ですよねその船の上ですね猫は非常に愛されてたわけなんですがある時船から落ちる落ちてしまってそれをですね普段の離婚ですね助け出すんですねでもびしょびしょになっても溺れて死んでるんですよそして家に戻ってから埋めました死にました植えました死にました飼い主泣きまして埋めましたここですごく大事な情報がある時王様の猫でしたはるとに船乗りの猫でしたこれが続くんだけどその猫です後に続くんだねあると女王様の猫でした猫は王様が大嫌いでした嫌いなんだと飼い主のこと嫌いだったんすよそうなのそんなことあんだね掃除止まらんっていう音じゃない大沢大介は大嫌いでした時舟渡猫でした猫は船乗りが大嫌いでした猫ですよどこに会いするよう要請する不老不死で飼い主大嫌いですねとんでもない主人公ですよそれ読んでる時何か変な話これ何こんな変な話次は次は次もそうなんでしょある時猫はサーカスの手品師の猫でしたそうなのそうだね猫の手品師が大嫌いみんな嫌いなんだねやってるんですよねですね参加で箱にですね動物を入れてそれを箱待って確認するけど大丈夫でしたありますよねさしたけど大丈夫でしたあのマジックありますよねそれを猫でやってたんだって嫌われそうですけど大丈夫でした本当に猫を真っ二つにしてしまいました泥棒の音がいるんですね 道路ねいいですねを頂けてたまりませんから猫を話すんですね盗みに入ろうとする家の所の飼い犬に入ってたとこですよねこれねこの間犬がしてる間に盗むというやり口の泥棒なんですねそれを嫌うだろうという感じはしますけどねその上である時に猫が歯に殺されてしまいました泥棒はワンワン鳴いて埋めましたいつまで続くん家を見ながら思うわけですよでもこの狙い結構大事なんです実はね淡々とですね嫌いな飼い主として死ぬ嫌いな飼い主としてこんなに怖い話もしくはエドワードゴーリーの中にいっぱい死ぬ絵本みたいなそういうやつこれだけのやつなんなんなのこれがこれが不利なんである時老婆の老婆の飼える猫でした明日も泥棒キャラ濃いのいっぱいだぞ老婆いきなり普通ローマのことが大嫌いでしたなんて大戦争大好きの王様とかねあの方がいいだろうと思うけどねおばあちゃんのことが大嫌いでしたそれでどんな死に方すんのかなと思ったらねこうしようとしてみましたよかったじゃないのねよぼよぼのおばあちゃんはですねそのその猫がですねお年寄りで死ぬのを見てわんわん泣きましたように顔をしわくちゃにしては終わりましたそして産めましたでもそのおばさんのこと大嫌いなんですねその上で子供が嫌いでしたもうおばあちゃんも子供も嫌いなのがこの猫ねそうだねそしてその少女がですねでもいつも思ってたんですけどその紐が首に死にましたここはその上で埋めました反省してるけど結局何かいろんな死に方して埋めましたそしてある時猫は誰のものでもありませんでしたなんと百万回死んで百万回生まれ変わった後んですね水に飼い主のいない野良猫として生まれる猫は初めて自由を得るんですよ猫はものすごい生き物だったね嫌いな飼い主が一人もいないその上で何と猫は自分のことが大好きだったので自分のこと大嫌いですそれで当選されたみたい私なんて見た自己肯定感自己肯定感の塊その上であるでしょ怒るタイプなんだね俺は100万回死んだんだぜと文句を言い出すんですねこの猫はね面白いから急展開ですよねもうご覧になった上で今回飼い主いないタイプの天井じゃんあそこら辺野良猫いるわけですねお前ら聞け俺百万回死んだぜすごいですねめちゃくちゃにお前何回目で初めて俺も初めて2回目3回目なんだぜ なんでもねえだろ野球場の高さとか嫌な予感するんだったらこっち来ちゃうって言うねおじさんがなんかそのホームランボールみたいな取れないとこにあたるみたいなそうだろうそうだろうなあのあれなんかあんまりあのねこっち来ないけどもね俺知ってるよね100万回の猫でやるそうですねサーカスにいたことがありますね100万回の僕です今日も来ました100万階の俺なんだけどちょっと話持ってきたんだよね泥棒って知ってるといろいろ話をするんですねところでそれで気持ちがいいですね晴れですねいいですねその俺はねこんなこと言うのやめよう俺が言いたいのこれじゃないそうですね白い猫にあるんですね側にいて側にいていうわけですねそしたら白猫なんて俺もそこから子供を産みましたんだね結婚してですねその子供をたくさん産む理由ですよねそれはもうもう悲しくて楽しくですねもうその猫はですねそこからもう俺は100万回生きたんだぜという伝を語ることですねやめたんですねもう忘れてたんですね俺は100万回生きてんだ俺なんて自慢をすることはもう無かったそのひたすらですね愛する白い猫とですねその子供たちと暮らしてることが楽しくてですねそして気付き始めるんです文よりもこの家族のことが好きなのかも大きな変化がやってきました自分よりも好きな位でしたより子供と奥さん好きになってきたんだねそんななんかね時が経ちますね子供達が大きくなってですね立派に巣立っていくんですね全員それぞれが巣立っていきましたね みんな立派な野良猫になっちまったなぁなんていうことですね奥さんに話しかけるんですね奥さん基本的に言ってすいませんそういう薬はどういうわけですね2月立南淡野良猫なんだねそしてねそこからしばらくしてねほの奥さんの顔見たらですね時が流れてるわけですよね少し置いてるんですね自分を繋がねもちろん自分も置いてるんですよねでもこの奥さんがですねちょっとおばあちゃんちょっとおばあちゃんになってきたなそう思うわけですねそしてその時に思うんですねこの熱の後いつまでも一緒にいたいなっていつまでも一緒にいたいなってそういうふうに思うわけですよ二人きりになってるねあーそうかそうかそんな中ある別れが来るんですね春日白い猫は静かに動かなくなっていました死んでしまうわけですよ寿命で白い猫が死んでしまうのですよ都道700万階の猫どうなんのその時の映画は悲しいんですよ今までこんなにこんな顔だねこんな感じしてたねこの100万回生きたねこ金も口を開けてもうそれはそれは悲しくてですねもう済んでしまった白い猫を抱きかかえながらですねもうはっちゃんばんもうそれはそれはもう100万回泣きました100万階のあの猫がよ百万回転生しても何にも言わなかったの何回も泣かなかったのに入ったと思ったら花満開だと書いてそしてとある昼に泣きやみましたどうもその白い猫のそばで猫は死んだ死んだね隣で死んだのねそして最後のページが来んのよそして猫はもう生き返ることはありませんでしたそれが終わりなんすよこれ読み終わったですねそういうことこれすごい話やねこれ私が出ないとこでもう済みましたパパ何で泣いてんのどういうことこれ実はめちゃくちゃ大人なのねそうですよねここで描かれてるテーマに初めて送らんですねこれ面白い話だと読んでる音鳴らなくなってこの話すごくベストセラーずっと続いてるんですけどどうしてこんなに面白いって感じたのか僕なりにちょっとですねあの分析しましたのでそれをですね今回解説したいなと思っておりますこれですね何がすごいかというと実は最後の一番ですよね何とも生き返ることはありませんでした死にましたしかも生き返りませんっていうのがバッドエンドも文句ですよねそれとハッピーエンドに聞こえる主人公が死にました良かったねっていうわけですよ主人公は死んでも生き返りませんでした良かったねこんな本ありますそこなんですよなんで死んでいて帰らなかったのにハッピーなんだろうこの体験がですねこの本をまさに特別な文にしてベストセラーにしてるんですねこの絵本を初めてなんですその経験自体が苦痛主人公やヒロインが死んで悲しいって言って終わってなくそういう本ありますよでも主人公が死んだことで良かったねって言える本店ないですよこれはスタートから作られていた物語なんですよねなぜならスタートから永遠の命を持ってるからなんですよこれ楽ですよね応援して最初に言いましたドラゴンボールのフリーザですとか手塚治虫の火の鳥ですとか永遠の命を求めてその主人公や敵キャラがですねあらそうそういうお話をたくさんある俺の命というないものに向かってつまり A の命がゴールに置かれてる物語というのはたくさんあるんですよ庭ところが永遠の命でスタートさせるという物語がなかなか なぜノ此ノ命でスタートさせた時点で正直その主人公に共感させられると思いました僕はそんなストーリーを作れないと思うの命を持つ主人公をその後共感させることなんてできないだろうってそれを可能にしとなんだこの100万回生きたねこ何円の命スタートで始まり話が伝わるかそうです普通に永遠の命というテーマだとしたら永遠の命を追い求めるけどやっぱり死んでしまうそんな中で死んでしまったけれどはじゃないほうが幸せかもねっという風な想像ではるなちゃんと A の命を体験させた上で一回で終わるというものの方がいかに尊いかということをもう一度ついた検査するこれはとんでもない本ですよ僕はびっくりしましたそしてこの凄さが分かるのは大人になってからなんですよね子供の頃はね命に対する感覚ってのここまで行かないですからね大人になってからターニングポイントどこだっけこうですねこの文で猫が変わるターニングポイントになったのここなんすよね自分が大好きだった猫が自分より大好きなものを見つけた時に猫は一気に変わるよね好きな事したっていうことじゃないですよ子供が出来て家族になって自分よりも好きだなって思ったそして置いた置いた船を見てもんですねいつまでも一緒にいたいと思ったこの前よりも大事なものができる人生というのが永遠の命よりもはるかに尊いのだということをこんなに説教臭くなく教えてくれる本がかつてないわけなんですよこれがものすごくおもしろいそう思いませんか僕は思いましたこれは CM PERFECT HUMAN って聞いてくれたら4回4回振ると話し方がちょっと話して そこに追い討ちをかけるような料理も最近聴いてるんですねクラブハウス音声型真竜皇アプリクラブハウスあれですね福田萌さんがいますよーなんてちょっと読んでみましょうとか行こうねはいはいですね料理運びながらね感動的なお話ですか僕も行きました僕は元気そうですではまた移動中や作業中のインプットにリンクからどうぞ人は何者にでもなれる体次はアナタだ
おすすめの記事
「アンフェア」原作者×「SP」波多野貴文監督作品!映画『サイレント・トーキョー 』佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
「アンフェア」原作者×「SP」波多野貴文監督作品!映画『サイレント・トーキョー 』佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 サイレント・トーキョー ...