【VODで読める電子書籍】『5秒ルール:最高の結果を出す人がやっている思考・選択・行動50の習慣(千田琢哉[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

※電子書籍『5秒ルール: 最高の結果を出す人がやっている思考・選択・行動50の習慣(千田琢哉[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『5秒ルール:最高の結果を出す人がやっている思考・選択・行動50の習慣(千田琢哉[著])』の紹介あなたの人生を決めるのは努力でもなければ継続力でもない高校生があなたの人生を決めるのだ皆さんどうもこんにちはアリオです本日ご紹介する本は千田琢哉先生の5秒ルールです皆さんはメルロビンスの5秒ルールというものをご存知でしょうかこれはアメリカの弁護士であるメルロビンスさんが開発したやる気を引き出すテクニックであり何か物事を始めようとするときにごちゃごちゃ考えるのではなくすぐに頭の中で5カウント唱えて始めるというものです例えば勉強しなきゃいけない仕事しなきゃいけないそんなことが頭に浮かんだらすぐさま頭の中で5カウントを数えます FIVE FOUR Three two one スタートそしてすぐさま作業に取り掛かるんですこうすることによって物事を先延ばしせずすぐに行動に移せるようになるというわけなんですねこのテクニック自体はメルロビンスさんが開発したというよりは昔から様々なところで言われていることですよね思い立ったら吉日善は急げうまいものは宵に食え昔から先延ばしせずすぐに取りかかることこそ人生の攻略法だと言われているにもかかわらず私たちはそれでも先延ばしにしてしまう生き物なんですしかしこのままじゃいけないと思っている人にとって本日の本は実に刺さる本だと思います本性5秒ルールは5秒ルールという切り口からいかに早く始めることが素晴らしい事なのかさらに5秒ルールを他に応用するとしたらどうしたらいいのかについて様々な角度から説明してくれています先延ばし癖を叩き直すのに最適な一冊となっていますのでぜひ今日から行動を変えたいんだという方は本日の動画を集中して見ていてくださいねまた個人的に本書の著者は千田先生の文章の語り口がとても好きでやる気を引き出してくれるような熱い言葉満載の一冊ですのでぜひ本日の動画を観終わった後本書にも手を伸ばして読んでいただきたいと思います本日紹介する内容は以下の三つです第一章デキる人ほど行動が早い理由第2章それでも迷う時はどうすべきか大山椒を決断力を高め行動を速くする方法どれも今知っておきたい内容となっています是非最後まで見ていてくださいそれでは早速参りましょう第1章デキる人ほど行動が早い理由第1章ではデキる人ほど行動が早い理由というテーマで話を進めていきましょうあなたは もうすっかり仕事モードに切り替わるとりあえず相手の話に意識を集中するともうすっかり傾聴モードに切り替わるとりあえずストレッチをするともうすっかり運動モードに切り替わるとりあえず蛇口をひねって付近を濡らすともうすっかり掃除モードに切り替わる最初は気が向かないことでも午後なら誰でも我慢することができるはずです是非すぐに実践してみてくださいだってそうは言われてもすぐに行動に移したら失敗するのが怖いという人もいるでしょう確かにすぐにやると失敗することもありますしかしそれはすぐやったから失敗したのではなく遅く行ってもどのみち失敗したものかもしれませんこの世には絶対に失敗しない生き方なんて存在しないんですそう考えるとすぐに行って失敗するのと遅くやって失敗するのとではどちらが良いかはわかるはずですもちろん皆様お解りのようにすぐに行って失敗した方が断然いいことが押印ですなぜならすぐに行って失敗しても軌道修正する時間が残されているからなんです最終的に方向性さえ誤らなければ人生は致命的にはなり得ませんですからさっさと失敗してすぐに方向性に合わせて軌道修正してしまえばいいんですが方向性は丁寧に決めなくちゃいけないのでは時間をかけて決めなくちゃいけないのではと思われるかもしれません確かには本書の冒頭にもあなたの人生を決めるのは努力でもなければ継続力でもない高校生があなたの人生を決めるのだという言葉が書かれています高校生が間違っていれば努力すればするほど人生は不幸になるばかり高校生が間違っていれば継続すればするほど人生は不幸になるばかりだからその方向性はきちんと時間をかけて決める必要がある多くの人はそう考えるかもしれませんしかし本当に時間をかければ正しい方向性が見つかるのでしょうかそうやってこれまで何年何十年過ごしてきたのでしょうかそうです時間をかければ正しい方向性が見つかるというわけではないです著者は方向性に関しても次のように切ります高校生は5秒以内で定めるべきである何時間も何十時間もうんうんうなって挙句に方向性が定まるということはない方向性を定めるのに時間がかかるのは本当はもう答えが決まっているのに考えているふりをしているからだもう答えは決まっているのに現状維持やっぱりやめておこうとすぐにそれを認める勇気がないから迷っているふりをしているだけなのだそうですかこの文章を心にグッと来ませんか確かに私自身の人生を思い返してみても本当は向かうべき方向は分かっているのにいろんな言い訳をしながらうだうだと思い悩み時間を無駄に消費しているそんな事ばかりが思い浮かんできますさらに千田先生はこうも不足しています勘違いいてもらいたくないが現状維持あやっぱりやめておこうという結論が悪いわけではない現場いつもやっぱりやめておこうもう立派な方向性だ悪いのは迷っているふりをして時間をかけて寿命をドブに捨てていることなのだそうなんです迷っているふり私たちは人生の多くの時間をこの迷っているふりに使ってしまっているんです心の中では進むべき道はわかっているのにめんどくさいからやりたくないからなどといったことが原因でウダウダとは気をつけて方向性を決めるのを先延ばしにしていますまずはその先の橋からやめましょう今5秒であなたの人生の方向性を決めてみましょうさてこの辺りで第1章をまとめておきましょうポイント1であるほど思い立ってからわざわざお手洗いに行ったりのんびりコーヒーを飲んでいたりと準備を始めてしまうからいつまでもやる気が出ずに始めることができないポイントに5カウントで物事に取りかかったら5秒だけ続けてみるという意識を持っといポイントさん迷っているふりをしている時間は寿命をドブに捨てていることと同じである第2章それでも迷う時はどうすべきか第1章ではいかに早く決断し行動に移すことが大切かということを見てきましたしかしそうは言われても本当に本心からどちらを選べばいいか悩んでしまうような場面もあると思います5秒で決めろと言われてもなかなか決めることができないそんな時はどうすればいいのでしょうか全裸先生はその場合はどちらでもいいと言いますどんなに慎重に判断していても決断で迷うことは誰でもありますそんな時はこれだけ悩めということはどちらでもいいということだと判断を下してしまいましょう正確には5秒以上迷ったらどっちを選んでも同じだということですそんなに悩んでいるということはどっちを選んだとしてもメリットデメリットがあるということでしょうだとしたらどちらを選んでも失敗する可能性はゼロ ダイソーでも説明しましたがどうせどちらを選んでも失敗する可能性があるならさっさと選んで失敗してしまった方がいいんですまたもちろん成功する可能性だってありますその場合もどうせ成功する可能性があるのならさっさと選んで成功して幸せな時間を早く堪能した方がいいですよね成功する場合も失敗する場合もどちらにせよ早く決断したほうがいいんです5秒以上迷いようであればどっちでもいいからさっさと初めて早く結論を出していくこのことこそが大切なんだということを覚えておきましょうさらに言うなら5秒以内に決めることができないならやらないというルールを作ることも大切ですやらないという言葉を大切な決断のひとつです他人からの誘いであっても5秒以内に即答できないものは断る今日ご飯食べに行こう誘われた時本当にあなたが心の底から行きたいと思っているなら瞬時にいいよっという言葉が出てくるはずなんですしかしそれが出てこないということは心のどこかに行きたくない気持ちがあるんです行くメリットといかないメリットを天秤にかけてどっちがいいか分からないそんな時は一旦断ってみましょうこれはシンククリアリーというベストセラー本の中でも5秒決断ルールとして紹介されていましたので知っている方も多いかもしれません同席では調査のお気に入りの思考の道具はある工業決断ルールだそうだ頼みごとをされた時はきっかり5秒間考えて決断を下すというルールだたのみごとには無理な要求が多く5秒後にとっさに答えを出すと返事はほとんどの場合どうになるだがそれでいいのだというのも無理に頼みごとを引き受けたところでそうそう上手くいくものではないと書かれています悩んでいるという時点でその頼みを引き受けるデメリットも感じているということですそのような場合はまずは断りましょうその後にやっぱり誘いを受けようと思ったのであればその時に再度相手に伝えればいいんです一度受けたものを断るよりも一度断ったの音をお願いする方が気持ち的にも相手的にも良いでしょう精神がやんだら断るということをマスターしていただきたいと思いますしかしですねそうは言っても私を含め日本人はなかなか頼みごとや誘いを断るのが苦手な方が多いと思いますそんな方におススメなのが基本スタンスを断るに設定するということですどんな話を振られたとしてもまずは断るということを頭に置いておくその上でめっちゃ行きたい是非お受けしたいそう思う物だけを受けていくこのように基本を受けるの状態から断るの状態に設定し直すだけでも自分の決断に後悔する回数が格段に減ります是非試してみてくださいさてこの辺りで第2章をまとめておきましょうポイント15秒以上迷うことはどちらを 眼力を鍛えなければ精神力ではなく筋肉を鍛えること体と脳は連動しているそれを心に刻みまずは体から変えていきましょう続いて1時間に5秒肩と首を回すということについて説明していきましょうずっと同じ姿勢をとり続けていると首や肩が凝り徐々に脳への血流が阻害されてしまいますですから1時間につき5秒間だけでもいいので首と肩をゆっくりと回し脳への血流を回復させましょう血流が良くなるということはそれだけ豊富な酸素だ脳細胞に取り込まれているということです首と肩の筋肉をほぐしておくと必ずあなたの発想は柔軟になります試すだけなら5秒です是非一度お試してみてくださいさて最後にオリジナルの5秒ルールを作るということについて説明させていただきたいと思いますこれまで様々な5秒ルールを見てきましたやると決めたら5秒で行動に移す行動を始めたら5秒間継続する5秒以内に即決できないことは断る1時間2月5行間首を回すこの5秒というハードルの低さがポイントです実際5行だったら行ってみようと思えたことがいくつかあったのではないでしょうか5秒だったら行ってみようと思えるその特性を活かしてぜひ自分でルールを作る時にはこの5秒をスパイスとして入れてみてください例えば本書では次のような5秒ルールが紹介されています限界を感じてからあと5秒だけ粘ってみるどんなことでもそうですが本気で成長したければ限界を超える必要がありますしかし全てにおいて限界を超え続けていては何心も体も止んでしまうことになるでしょうそこで著者がオススメするオリジナル5秒ルールは限界を感じたらあと5秒だけ粘ってみるというものですもう限界だからあと5秒これ以上できないよーからあと5秒自分が成長したいと思っている分野で限界を感じたらどんなことであってもあと5秒だけ粘るこれを習慣にしておくと知らぬ間にステージがアップするんです皆さんも工業なら何とか我慢できる5秒ならそんなにストレスはたまらないむしろ楽しみながら粘ることができるそんなふうに思うのではないでしょうか5秒というのは姉があるために絶妙な時間なんですあなたの人生に奇跡を起こしたければあと5秒これを習慣化してみましょうまたその他にも予定時刻の5秒前に始めるというオリジナル5秒ルールも紹介されています皆さんは予定を立てた時間通りに作業を始めることができていますでしょうか時間通りに始めることができるという人は素晴らしいですそのまま続けていければ良いでしょうしかし多くの人はなかなか時間通りに始めることができずズルズルと10分30分1時間と遅れて始めることになるのではないでしょうかまた中には結局始めることなく終わってしまうという人も少なくないと思いますそのことに関して著者は何時からやると決めて厳密にいつスタートするのかでその人の人生は決まると言い切ります例えば8時から勉強しようと考えている人がいたとして8時になる5秒前までに始める人と8時を過ぎても始めない人がいたとしたら電車は人生を開いていき後者は人生を閉じていくそこまでこの御料前に始めるということは大切なんです少しでも始めるのが遅くなってしまうとまあ8時半からで良いかとなってしまいますこれは皆さんも経験があるのではないでしょうか8時からのテレビ番組をそのまま見続け8時半が過ぎ9時から始めようと考える9時になったら別のテレビ番組を見続けやっぱり10時から始めようと考える次第21次12次とお時間が過ぎてしまい寝る前に携帯をいじって明日やろうという結論に至り罪悪感に包まれながら眠りにつく逆に5秒前に取り掛かった人は予定よりも早く勉強が終わりたっぷり熟睡できるし趣味を楽しむことができる5秒前に取り掛かる人は人生において全て前倒しをしながら趣味も健康も獲得して夢を実現する8時になっても始めない人は人生全てにおいて先の場所をしながら成功者に羨望の眼差しを向け負け犬のまま人生の幕を閉じる結果としては大きな差がついた二人ですが元をたどればその差はわずか5秒なんです5秒の魚人生の質を決めるこれをしっかりと意識しておく必要がありますもちろんちょうど5秒前にスタートする必要はありませんもっと前倒しにできればなおのこといいんです最悪でも5秒前にスタートしなければあなたは永遠に始められない人になるのだということを覚えておきましょう私自身も経験がありますが予定まであと10分あるからもう一本 YouTube の動画を見ようそんなふうに思ったが最後を始める予定の時間を3分ほど過ぎてまぁいいかもうちょっと後から始めようとなってしまうこれは予定時刻ちょうどに始めようとして てしまう罠なんですそうではなくて予定まであと10分あるなら10分早めに始める予定時間より前に始めるという意識を常に持つこれが行動を起こすためには大切なんですということで調査のオリジナル5秒ルールとして5秒だけ粘るということと5秒を早く始めるということを見てきました皆さんも是非自分オリジナルの5秒ルールを作り人生を好転させていきましょうさて第三者をまとめておきますポイント1行動力決断力を高めるためには筋トレを行うことが大切であるポイントに1時間に5秒首と肩を回し脳に血液を流し込むことで集中力が回復するポイントさん自分オリジナルの5秒ルールを作ることで自分に合った行動パターンや決断パターンを身につけよういかがだったでしょうか本書は本日紹介した以外にも5秒で感情をコントロールする方法や5秒で人間関係を整える方法などが著者の熱い文章で書かれて今読むだけでもやる気がみなぎってきますのでぜひぜひお手にとってお読みいただきたいと思いますさて最後に本を読んでいてびびっときたら途中で読むのを止めて5秒以内に動くという5秒ルールを引用させて頂き本日の動画を終わらせていただきたいと思いますあなたの理想理想で終わらせず実現させたいのであればとにかく動くことだ動かなければ人生は何も実現しない動くことでしか未来は開けない例えばこうして本を読んでいて夢を実現できる人とできない人がいる現実をありのままのベルトきっと夢を実現できる人は1%もいないだろう1%もいないと聞くとだったら勉強しても仕方がないと思うかもしれないだが夢を実現できるか否かはそもそも確率の問題ではないなぜなら実現できる人も確実にいるのだから統計的に1%だろうが0.1%だろうがあるいは0.01%だろうがあなたが実現インすればあなたにとってはそのまま100パーセントになるこれは手術の成功率と同じ大成功とは逆の例になるが統計的に成功率99%と言われても一億人がその手術を受けたとして100万人が失敗したという計算になるあなたがその100万人に入る可能性も十分あり得るのだその場合はあなたにとっての失敗率はそのまま100パーセントになるこうして考えるといかに確率が絶対的な存在ではないかに気づかされるだろう私が名もなく貧しいこれをこうして150冊以上の本を世に出せる確率はほぼゼロだった違う私は本を読んだり人に教わったりしていいと思ったことは5秒以内に実行に移してきた悪いと思ったことは躊躇することなくやめてきたそうして人生が変わったのだここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画よかったよという方は是非是非高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと
おすすめの記事