【VODで読める電子書籍】『ぼくたちは習慣で、できている。(佐々木 典士[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,320 (2021/07/23 23:10:52時点 楽天市場調べ-詳細)

※電子書籍『ぼくたちは習慣で、できている。(佐々木 典士[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『ぼくたちは習慣で、できている。(佐々木 典士[著])』の紹介誰しもが持つ習慣というテーマを用いて明らかにしましょう才能というのは天から与えられるようなものではないし努力は歯を食いしばるような苦しみのことでもない才能や努力は限られた人にしかできないものではなく工夫次第で誰にでも身に付けられるものなのだと皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの竹村ございます今回はミニマリストとして著名な佐々木文雄さんが習慣をテーマとして書かれた僕たちは習慣でできているを解説していきたいと思うんです著者が習慣を学ぶことで見えてきた努力才能という言葉のより深い意味とは何でしょうかそして習慣を実践することから感じた習慣の可能性の広がりとはどういったことなのでしょうか是非ね私と一緒に学んでいこうではありませんかそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で努力とは何か才能とは何かを変えて C 2限定週間を通して不安と向き合うということを3件でそこそこの使用でそこそこの不幸ということを解説していきたいと思いますどれもね私たちの人生に関わる深いテーマとなっておりますので是非最後まで楽しんでご覧下さいそれでは早速行きましょうまずは1限の努力とは何か才能とは何かから解説を始めていきたいと思いますさてこの一見ではね努力と才能について順番にお話をしていきたいと思うんですではまず努力について考えてみましょうかあなたは努力という言葉にねどんなイメージがあるでしょうか血のにじむようなという枕詞が付くように一般的に努力という言葉には苦しみを我慢するというニュアンスが付きまとうのではないかと思われます皆さんも努力と言われてそりゃ大変だよーというイメージもつかもしれませんねしかしメジャーリーガーのイチロー主はいつも自分のことを努力はしていないと言っているんですそして作家の村上春樹さんは自分が嫌なことはほとんどやっていない好きなことで多少の努力をするぐらいそんなのたいしたことではないと述べているんです一件ね私たちが見ると凄まじい努力を続けているように見える人たちが努力はしていないとかいやいや自分のしている努力は大したことがないなんて言うんですよ努力は大変なことだというイメージと本人はリアルにそう感じていないという食い違いは一体なぜ起こるのでしょうかそれはおそらく努力という言葉には二つの意味が含まれているためでしょう著者はこれを本来の努力と我慢に分けて考えた方が良いのではとおっしゃっております二つの違いとは次の通りです努力は支払った代償に見合った報酬がしっかりとあること一峰窯は支払った代償に対して正当な報酬があいことです努力することに苦しい辛いといったイメージがまとわりついているのは特に日本ではね努力という形で努力という意味で我慢の方を強いられることが多いからかもしれません例えばね毎日会社に行きたくないのに嫌々行っている状態だとそれはすでに我慢に差し掛かっております支払っている対象に見合う報酬がちゃんとあるのなら人は自分で進んでいやり方集よりも支払っている対象の方が大きく感じるとき人はやりたくないしんどいと思うようになるんです努力が我慢かを分けるポイントとして他にそれを自分で選んでいるかという点も見過ごすことは出来ませんそもそもね誰かにやりたいことを禁止されたりとかこうしろと上から命令されること自分に選択権がないということ自体が我慢でありストレスでございます皆さんも思い当たる節はあるのではないでしょうかつまり自分で選んだやりたいことをするのに必要な忍耐が本来の努力であり自分で選んでおらずやりたくもないことをさせられる忍耐が我慢でございます私たちはね習慣として続けることができるのは自分の意志でやろうと決めているはずです好きなことならば続くと言われるのは例えそこにどんな苦しみがあったとしてもそれを自分で納得して選んでいるからなんですね我慢というのはまるで症状も下りもなく登りしかない山を延々と登り続けさせられるようなものですが努力はそうではないんです苦しい場面があったとしても頑張りに見合った報酬が得られるんです健康のためにね毎日30分ウォーキングしましょうとか早起きをして朝の時間を有効に使う朝の1時間お勉強の時間に当てようとかこういった自分で決めたことを習慣化したいとき最初は元 あるかもしれません報酬よりも払う対象の方が大きいなあと感じるかもしれませんだからこそみんな三日坊主になりやすいしかし我慢の時期さえ突破すればどうりょくのゾーン頑張っているんですここにたどり着くことさえできれば苦しいだけの行為ではなくなってたくさんの報酬を受け取ることができるようになるため習慣として継続できるようになるんですさて皆さんいかがでしょうかこれはなかなかね素晴らしい素敵ですよね皆さんもね何か自分の意思で選び取った自己成長に繋がる行動や目標達成に向けての何かしらの行動を続けようと思った時三日坊主になってしまうんだと言う人が結構多いのではないでしょうかそれもそのはずです最初は慣れていませんしその行為を続けること自体にも慣れていませんから最初は我慢が必要なんですそのことをあなたは知っていたでしょうかその我慢の段階でもう嫌だとあきらやめてしまうと何も生まれないその我慢の先には努力という音が鳴っているんですよっしゃ頑張るぞーと意気込んでね毎朝1時間早く起きて勉強したってそんなの3日では成果なんて言ってませんよそれはまだ我慢のペースなんですしかし毎日毎日それを続けて1ヶ月2ヶ月と立ってくると徐々に成果が出るようになってきます報酬が得られるようになってくるんですこうなってくるともはやそれは我慢ではなく努力へと変わるだから何かを続けたいと思ったとき最初に訪れる我慢のフェーズで挫折しないで欲しいその先には報酬や努力といった素晴らしいゾーンが待ち受けているんだということをあらかじめしっかり念頭において頑張ることができれば僕らはより続けたい行動尾根続き安くなるのではないでしょうかそれでは次才能について考えていきたいと思います一般的に才能とは先天的に与えられているものだと思われていると思います遺伝が大きく関係し生まれつき才能というのは振り分けられていてそれが元々ある人ない人がいる不公平なものであるとしかしなぜだか天賦の才能を持っているような人も他人から才能がないと言われた経験があり自分でもそのように公言していたりしますそうなんです天才たちは口を揃えて自分は凡人であると言うんですあのチャールズダーウィンもアインシュタインもダーウィンやアインシュタインが天才じゃないんだったら言った言ってあれが天才だと言えるのでしょう自分が普通の人より優れたところがあるとしたらダーウィンは自然科学に対して尽きせぬ情熱を持ち続けていることであると言ってアインシュタインは私にはないが私はただ情熱的に好奇心旺盛なのだと言ったそうです両者とも自分のことを特別に優秀だとは思っていませんでしたが難しい問題に長く取り組み続けることができる人並みにならぬ情熱を持っていたんです彼らは優秀さよりも継続の方が自分にとっては重要だったと言っているんですそうするのならば才能は与えられるものではなく元々無かったところに後から生まれてくるものではないだろうかとも思えてきますよねここで優れた競泳選手を長年にわたって研究した社会学者ダニエルチャンブリスの言葉を紹介しましょう最高のパフォーマンスは無数の小さなスキルや行動を積み重ねた結果である選手たちがやっていることには特別なことや超人的なところは何もない継続的な積み重ねで卓越したレベルに到達したこれは彼の論文からの抜粋ですが入っていることは誰もが当たり前のように感じる話です結局で世の中結局コツコツとやり続けたものが勝つということなんです全ては遺伝子が決めていたというようなもっと刺激的な回答人は期待したいところでしょうしかし技術はこのように地味なものなんですコツコツ継続することを採納とは習慣が作り上げるもの肌習慣をコツコツ継続するというその間に本人が自覚している工程はあまりに地味なため天才たちが自分は才能がないとか凡人だとか言うのかもしれません習慣を計測しても結果がなかなか見えてこない時になんかは特に人は生まれつきの天才にはかなわないようと思っておきたい所がありますニーチェのこんな言葉がありますあまりに完璧なものを見たとき我々はどうしたらあんな風になれるのかとは考えない天才というのは神がかった存在だと思えばそれに比べて引け目を感じる必要がないからだあの人は超人的だというのは張り合っても仕方がないという意味なのだこんな風にね才能や天才という言葉を誰かへの称賛のためではなくその人たちを 切り離して考えたくて私たちは使ったりしているんですそれは自分が太刀打ちできない能力を目にした時にそれは自分の力が及ばないところで発生したと考えたいからその方が努力を継続する先に才能が手に入る未来があると思うよりも僕らは安心できるんです確かにねどれくらい続ければ誰でも天才たちと同じようになれるかといえばもちろんそんなことはないでしょうここで我慢と努力を分けて考えたように才能という言葉の中にある本来の才能の意味とセンスという意味も分けて使ってみたいと思うんです歌人の俵万智さんは才能には足し算の才能と掛け算の才能があると言っています同じ経験をしたとしてもそれを足し算でしか積み重ねていけない人と掛け算のようにして素早く結果に到達できる人がいるわけです著者はこの違いをセンスとしております扇子と昨日の違いは次のとおりです扇子=習得するスピードのこと才能=継続した結果身につけたスキルや能力例えばですねスポーツの動きだとか語学をすぐに身につけてしまうような人がいますよねこういう人はセンスがあると言えますセンスがあると掛け算のようにかけた労力に対しての成長の割合が大きいんですしかし実はセンスがなくても足し算をするようにコツコツをあきらめずに継続することができればいつか同じスキルや能力つまり才能にたどり着けるのではないでしょうか武井壮さんのこんな言葉があります才能を云々言うのはその人の努力を超えた後でいいと僕達がついやってしまうのは限界のはるか手前でどこまで伸びるかわからない挑戦を諦める理由として才能という言葉を使ってしまうことだ自分には才能がないから諦めるのだと人それぞれ Sense 2間違いがあって限界にも違いはありますが才能というのは天から与えられるものではなく継続の果てに作られるものであるんだということを是非忘れないでいただきたいと思うんですいやいやそうは言ってもね人の才能に遺伝は関わっているのではないですかとそう言われればもちろんその影響だってあるでしょうまだ育った環境による影響も考えられます親族にその道のプロがいればその進路に進もうとする時に一般家庭よりも反対されにくいはずでし親族がそうなら自分にだって出来るはずだという自己効力感にも影響を与えるはずです人を決めるのは遺伝かそれとも環境かという議論が学者たちによって長らく行われてきているわけなんですがこれはもうほぼ答えが見えてきているそうですカナダの心理学者ドナルド HEP は遺伝か環境かの問いに対してこのように答えておりますそれは長方形の大きさを決めているのは縦の辺の長さと横の辺の長さとどちらかと問うようなものだとまたアメリカ人心理学者のウォルターミシェルは私たちが何者かは環境と遺伝子が緊密に絡まりあって織りなすダンスから現れ出てくるのでありそのタンスはどちらか一方だけに還元することは不可能であると表現していますつまりペアで踊るダンスの美しさを作り出している原因が二人のうちのどちらにあるかなどと等ても意味はないということでございます結局人は配られたカードで勝負するしかないこんな名言を残しているのは皆さんも知っている有名なキャラクタースヌーピーでございますいやいやかっこいいですよね配られたカードにはセンスや遺伝子の影響を受けたものがあるが週間を通してそのうちの何枚かはポーカーのように交換することができるはずです少なくとも遺伝で決まっている要素が大きいからと諦め気味の人よりも変えられる余地が大きいと信じて疑わない人の方が習慣を計測した結果より良い結果に導かれるでしょうさてこの著者の指摘はねマインドセットやればできるの研究という本の中でも正しいとされておりました生まれつき全ての能力が決まっていて後からではどうしようもないと考える人と自分の頑張り次第で自分が成長できると考えている人では後者の方が圧倒的に成果を出したり成長するということが分かっているんです著者キャロル S ドゥエック子は自分の頑張り次第で自分は成長できる未来は変えられるというマインドのことをしなやかマインドセットと呼びこのマインドを持っているかどうかが今後私たちが生きるうえで大きな差となるんだと言っています以前マインドセットやればできるの研究という本も開設しておりますので興味のある方はそちらもご覧いただければと思いますさて本書の内容にモード もちろんで誰もが天才を目指すべきというわけでもありません皆自分の中に自分を評価する審判員がいてその厳しさも人それぞれですから著者の場合は自分が決めた習慣を達成できないとへこんでしまうそれ審判員の評価が割と厳しめなのでしょうしかしこのようにすぐに落ち込んでしまう人は自分に対する期待感が高い人でもあります週間を達成し審判いいから合格が出るときに得られる最大の報酬は自己肯定感ではないでしょうか一方で他人から見れば取り立てて優れたところがなくたって幸せそうな笑顔を絶やさない人がいます審判員がそれで OK を出している既にそのようである人達には良い習慣を身につけんでアサリとか努力しなさいなどと言う必要はないように思います例えば早起きができなくても運動ができなくてもまあいいかと納得できたりご機嫌でいられるのならばそれはそれで良い人が必要としているものは自分に対する納得つまり自己肯定感なのですそれでは異次元の内容をまとめておきましょうなかなか深い内容でしたねポイント市支払った代償に対して正当な報酬がないことを自分に選択権がないことをやるのは努力というより我慢である自分が納得して選んだ集荷は苦しい時期もあれどたくさんの報酬を受け取ることができるポイントにセンスの違いだったり遺伝子や環境が少なからず影響するが才能は天から与えられるものではなく習慣の継続の果てに完成するものであるポイントさん最終的に人が必要としているのは自己肯定感である既に自分に対して納得ができている一人は他人が習慣や努力を進める必要もないだろうそれでは次に言で週間を通して不安と武器会うということを解説していきたいと思いますさて誰しもの心に必ず存在する感情それが不安でございます著者は週間を通して毎日手応えを感じていると不安ともうまく付き合っていけるようになったと言います例えば著者を不安が襲う瞬間は手応えのある仕事ができずダラダラしてしまった1日の終わりですそれは通帳の残高が減ったのを見たときといった客観的な問題のせいではなくその日の自分の行動や仕事の出来を公開した瞬間に行ってくるんです例えばダイエット中に決めた習慣を守りしっかり運動し食事にも気を使ったはずなのになぜか翌日に体重が増えている事はありませんかそんな時は全然へこむ必要がありませんちゃんとやるべきことをやっている間は結果が出なくなって不安になることなんてないんです本当にへこんでしまうのは何もせずに体重が増えたという系ケースレスやるべきことをやって以来と自分でわかっている時が本当にへこんでしまうんですそういった具合に不安や悩みというのは問題時代ではなくそれをどう捉えているかという気分の問題ですそもそも不安は一人必要なものです不安がなければ人はただ後先考えずに無謀な行動をとってしまうし不安があるからこそ計画を立てることだってできるんです例えば痛みは嫌なものですが患部を悪化させないようにと私たちに知らせてくれます疲れはその日一日だっ充実したものであり何かを達成したということを私たちに教えてくれます両方とも不安や悩みと同じで必要な災難です過剰な不安というのはよろしくないですが適度な不安があるということは自分が成長できる場所に立っているというサインでもあるんですそれでもね不安は気持ちが良いものではありませんこのゼロになることはない不安と上手に会うためにはやるべきことをやるつまり習慣を実践することがおすすめでございます毎日習慣から手ごたえを感じられるようになっていると物理的に悩む時間はなくなって不安と上手に付き合っていけるようになるでしょう出すなら不安というのは未来に対して感じるものでありそして今を大切にし続けた先に未来があるんです毎日習慣を達成し1日1日の満足感を積み重ねた未来がおかしなものになるはずがないんです週間の仕組みが働いているのは早起きとか運動するときなどの生活リズム生活習慣のみではありません私達の心もまた習慣でできているんです例えば人が使う言葉もあまり考えずに行ったり反射的にぽろっと出てくるという意味では習慣であるものが多いんです例えば大人になるにつれ失ってしまいがちな言葉の習慣がありますそれは感謝を 著者は本書で小学校に上がる前くらいの子供がバスから降りるときに運転手に大きな声でありがとうございましたと言っている風景を見て微笑ましくなったというエピソードを紹介しています感謝の気持ちを示せば運転の仕事のやりがいも増えるはずだと思った著者はその子供と同じようにありがとうございましたということにしようと決めたものの誰かがね一言お礼を伝えるだけでも最初は身構えてドキドキしてしまったそうですなぜかといえばここから人はほとんど行っていないからですしかし何度も何度も実践する内にバスを降りるときに自然と感謝の言葉が出てくるようになったそうですつまり習慣になったんですね心を変えれば態度が変わる態度が変われば行動が変わる行動が変われば習慣が変わる習慣が変われば人格が変わる人格が変われば運命が変わる運命が変われば人生が変わるこれはヒンズー教の教えですバスのエピソードはまさに感謝の気持ちを示そうと心を変えることから始まり無言で下車するからお礼を言って帰社する2週間が変わることに成功しています習慣が変われば人格が変わるというのも間違いないでしょうあなたは人前で話すことを自分の意見を言うことが得意でしょうか多分得意ではないという人が多いのではないかと思うんですしかしおそらく人が本当に苦手なのは喋ること自体ではなく考えたこともない問題に対して突然コメントを求められるとか頭のいい人であっても口ごもってしまうようなシチュエーションのハズレございますそこでパッと言葉が出てくる場合その人の思考は週間で形作られたものだと言えるでしょう一人は瞬時に全ての選択肢を詳細に検討してベストを選び取る能力がありませんですが選択肢を習慣によって即決することはあってきます何度も何度も選んできた価値元は何週間となりほとんど意識で判断せず選べるようになっていくんです一輪できるのは後から見た時に選んだ選択肢をベストだと思い込むことだけ自分が信じている価値観で選んだ選択肢なら結果がどうであれ受け入れることができるはずです例えば著書の場合はご自身のミニマリズムについて考え続けたことによって習慣となった思想があるそうですミニマリストになったことで物が少ない豊かさもあること今の世の中で信じられている価値観は何かを得れば何かを失うし何かを失えば何かを得るということに気づきましたここから身についた習慣的な思考は自分が持っていないことによって得ている価値とは何だろうかと自分に問いかけることでございます例えば公園でピクニックをしている幸せそうな子供連れの夫婦を見て独り身の自分には一瞬それが眩しく見えるしかし同時に自分が得てルキまわさや自由の大きな価値に思い至るといった具合です何が大事なのかをいちいち点検して考えるとも瞬間的に自然と思い至るようになること大事なことを忘れようもなくただ毎日実行することそれが思考の習慣です人はその人が一日中考えているとおりの人間になるという言葉がありますが人が1日に考えること全てが少しずつ自分の中で反響され行くのと考えたことが人格に影響を与えていきます道は自分が考えていることやべにしていることに今この瞬間も影響を受け習慣を作り続けているんですそれでは逃げの内容をまとめておきたいと思いますポイント市不安と上手に付き合うために自分で決めた習慣を実践してやるべきことをちゃんとやったという手応えを感じよ毎日習慣を達成し1日1日の満足感を積み重ねよポイント2人格や言動は週間からうまれ週間は人が1日に考えていることや目にしていることすべてに影響されるそれではラスト3件でそこそこの幸せそこそこの不幸ということを解説していきたいと思いますさて人は動けない人働けない人を見て平らだなぁと思ってしまうかもしれませんしかし自己肯定感も自己効力感も得られない限り怠けたり楽しんでいるだけの状態は喜びどころか実はとても辛いものでございます立法で華やかに活躍している人たちも見えないところでは苦しんでいます収入や人からの賞賛など受け取っている報酬は多く見えるかもしれませんがしかしその人たちがしている努力には苦しみがありコミュニティのフォロワーから感じているプレッシャーも大きいんですイチロー選手はもう一度生まれ変わったら同じ道を選ぶかと聞かれて絶対に嫌だ おそらくですがイチロー選手クラスになると結果を出し続けてもだんだんそれが当たり前のことだと思われ年をとっても衰えないことも当たり前のことだと思われるのではないでしょうかですからイチローなんだからそれぐらいできるはずとえられる報酬が少なくなっていってしまうのではないかと思いますプロ野球選手がドラッグやセックス依存症に陥ったりドーピングの誘惑に勝てなかったり政治家や商売などで成功を収めた人たちがスキャンダルを起こしたりといったニュースを度々聞きますよねどこまで行ったって人は人なんですしかし人は優れた人や責任ある立場の人間に24時間意志力を行使することを完璧であること常にフォロワーの理想像であることを求めてしまいますしかしそんなことができる人はこの世界にはいません16と感情は結びついています感情のない人間はいないんですまた人は何かを手に入れたという幸せを永遠に持続させることはできません進化心理学者のダニエルネトルはこの人間の習性をこんな風に例えていますいちご畑学期に入っても向こうの代わり酒の良い漁場があるかもしれないと人は思ってしまうんだとイチゴ畑があれば生きるために他に何もしなくて済むのに人はそれだけで満足することはできないんですなぜなら持っているものいちご畑を過剰に評価していると環境が変わった時に生き残れなくなってしまうからです人間は生き残るために新しいものを求めるようリ本能に仕向けられているんですどこまで行っても大闇不安がなくなることはないむしろ人はそれを見つけてくるっ天才なのですどんな環境にも慣れそして秋が来るようになりますですから悩みや不安については自分の問題と捉えるよりも生まれつき人に備わってしまっている仕組みだと考える方が良いでしょう何時まで一緒にいる必要があるのならいっそそれらと友達になってしまうぐらいの気持ちで行きましょうそして不安と上手く付き合うには習慣を継続することが大切だと先ほど2件でも勉強しましたねまた人は大成功しても次の目標が出てきて次も上手くやりたいとどうしても思うものですそれがうまくいってもまた酒の良い漁場があるかもしれないと自分の畑の向こう側を目指そうとするその域になると人は自分の満足感を積み重ねていくしかなくなってきますもう何が幸せなのかなどとあまり考えなくなってしまう安心して眠れ不足なく食べられて気の合う友人や愛する人がいるそれを満たした後の人はどこまで行ってもそこそこに幸せでそこそこに不幸なんです習慣を始めた当初著者は苦しみと楽しみについてこんなふうに考えていたそうですまず苦しみその後に楽しむ=努力が作るしその後に苦しむ=怠惰しかしさらに習慣を続けていくと暗くというものがどんどん良く分からないものになっていったと言います努力どんだけでは当然苦しみもあるがその行為が終われば満足感が訪れるそれを何度も何度も繰り返していくうちに今自分が感じている苦しみがあるからこそその後の満足感が得られるのだと確信を持つようになるそれをさらに続けているといま感じている苦しみの中に楽しみが同時に現れているような暗くを同時に感じているような気持ちになってくるといった具合です誰もが努力をする上で苦しみはできるだけにない方が良いと考えるでしょうでも苦しみと競争して勝ったらそれを上回る楽しみを得ることができるそう考えると今目の前にある苦しみを以前とは違う目線で眺めることができるはずですもはや苦しみをパートナーのように信頼して自分の背中青安心して預けても良いのではないでしょうか苦しみは敵ではなく生涯共に戦う相棒なのだとそれでは3限の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市人間は生き残るために新しいものを求めるように本能に仕向けられているためどんな環境にも慣れやがて飽きるポイントにどんなに成功を収めていてたくさん報酬をもらっているように見える人でも努力の中に苦しみを感じているどのレベルに達しても悩みや不安がなくなることはない誰もがそこそこに幸せでそこそこに不幸なのであるそれでは本日のハイライトに行きましょうか1件でね努力とは何か才能とは何かについて学び2件で週間を通して不安と向き合う方法を学び3件で人は皆そこそこの幸せそこそこの不幸であるということを学んできましたさて皆様いかがでしたでしょうかこの動画では詳しく 本書は意志力の問題週間とは何かということそして意識の問題と言ったことについてしっかり学びたい人にとっても読み応えのある非常に素晴らしい内容となっていましたまた習慣化のコツがひとつの章でまとめて紹介されていますので手っ取り早くそれだけ知りたい人にも読みやすくなっていますこの動画に興味を持っていただけましたらぜひ一度手にとって読んでみて欲しいと思うんですそれでは本日は以上ですこれでお花が駄目になったという人は私のやる気アップ更なる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンチャンネル登録どうぞよろしくお願いしますまた本400ちゃんねる論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルを更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけると嬉しいです本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事