【VODで読める電子書籍】『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門(フランチェスコ・シリロ[著], 斉藤裕一[翻訳])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

※電子書籍『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門(フランチェスコ・シリロ[著], 斉藤裕一[翻訳])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門(フランチェスコ・シリロ[著], 斉藤裕一[翻訳])』の紹介1日を27時間以上にする方法700万円の時刻と時間とお金を節約しまず最初に言わせてくださいこの方法を実践したら生産性が1.5倍以上になって幸福度も爆上がりやん結論が表紙に全て書かれているとってもシンプルな内容の本ですが31年も研究をして得られた結果だそうです世界中のエグゼクティブが実践していて先延ばしを減らし生産性をアップし時短化するための方法です実践するとわかりますがリアルに1日3時間以上自由時間が生まれて心にも余裕ができてかつ無駄な事をしなくなる最強の方法です生産性を上げ時間に余裕を持ちたい期限に追われる毎日から解放したい休みの日はメリハリをつけて心置きなく休みを思いっきり楽しみ人生全体の見通しを立てられるのに鍛えたい生産性を上げて疲れは減らしたいそんな夢のような方法があるのですがあるんです何ですかと言うとそれはホモドーロテクニックですまずは結論からたったこれだけで25分作業して5分休憩するこれを4回繰り返したら25分の長めの休憩をするこれが最も中心となる大事な結論ですのでもう一度25分作業して5分休憩するこれを4回繰り返したら25分の長めの休憩をするちなみにポモドーロとはイタリア語でトマトのことですトマト形の地鎮タイマーの事を言っているのですね今回も究極にまとめていますがこの方には今回ご紹介する内容の他にももっと詳しくテクニックがたくさん書かれていますので気になる場合は手にとって読んでみると良いですよそれは左側木時間行きましょう学習編市ポモドーロテクニック7つのメリットになぜ25分なのか3とも道路テクニック八つのポイント4実践してわかる時間感覚の変化5チームのポモドーロテクニック気せーへん市アズ七日間スマホタイマーで試してみるに中段が起こりそうになったらポモドーロの後にするさんとも道路かける記録でさらなる最適化長地周辺食事会の王様で人生を変えるでは左側が区周辺から行きましょう学習編市ポモドーロテクニック7つのメリットポモドーロテクニックにはどのようなメリットがあるのでしょうかめちゃくちゃ簡単に7つにまとめてみましたそれはいちいち集中力アップに意思決定力アップ3同期の維持力アップ4目標達成力 up 計画力見通す力アップ6作業プロセスの改善力アップなら粘り強さアップ8時間=命=有限であることが実感できるですいいことだらけですこの中でも特に実際にやってみてすぐに効果が感じられるのは1集中力アップに意思決定力アップ4目標達成力アップではないかと思います著者のフランチェスコしろさんは1987年に初めてトマト型のキッチンタイマーのゼンマイを巻き研究を続けこの方法が銀行の CEO が取締役会でトマト型のタイマーを使ったり優秀なソフトウェア開発者達が集まるオフィスで使われるほど広がるとは夢にも思っていなかったそうですのちらし New York Times やガーディアン Harvard Business review といった県にある新聞や雑誌で取り上げられるようにもなりますところで仕事中にこういった欲求が突然浮かんできて仕事を中断してしまう事ってないでしょうか SNS のチェックしないとまる。 の予約をしておかないと机の上の片付けをそろそろしないと思う道路テクニックではこういった中段に至る要因になるものを一旦神谷スマホパソコンに書き留めておいて5/25も道路が終わった後で対処するようにすることで中断を防ぎますこうすることでそれぞれの用件が本当に今重要なのかどうかを見極める時間ができるのですね逆に短時間にあまりにも多くの中断が起こるようなら長めの休憩をとるというのがポモドーロテクニックの基本的なやり方なんですね無理なぜ25分事なのか結論から言うと実践から来る経験値からです市最適な作業時間についてすごく大雑把に言うと60分単位だとその途中で中断が起こりやすくかといって10分単位などの短さだと十分な作業の成果が得られにくいというのですね とろろテクニックの一単位は30分単位つまり25分と5分のセットが理想と考えられるというわけなんですねでは30分じゃないと絶対にいけないのかと言うとそうでもなく範囲がありますそれは20分から35分ですどんなに長くても最大40分までとのことでしたこの中で最もお勧めされている時間が30分ということなのですね最適なポモドーロの長さを決めるためのテストとしては1時間パターン2時間パターン45分パターン35分パターン30分パターンという風に実験されたようです最適な時間についてはそれぞれの仕事の内容に応じて試してみてもいいかもしれませんねでは次にに最適な休憩時間はどれぐらいなんでしょうかに最適な休憩時間は著者のフランチェスコさん曰く経験的には短い休憩さんから5分を何度か続けるそしてその後にから45分の休憩をとることで注意力と頭の働きが最大 目の休憩は最大30分までにするですねただしポモドーロとポモドーロの間の休憩を10分以上を取り続けるとリズムが崩れやすいのでまず4ポモドーロの後の長めの休憩を伸ばすことで調整してその後どうしても疲れがあるときはポモドーロとポモドーロの間の休憩で調整するという順番がお勧めされています1日の終わりの時点で結果が最高になって体が良い状態になればいいわけですから上手くアレンジしてペース配分すればいいわけです限界になってができるまで休まないのではなく最初からこまめに休み中断を繰り返すことでずっと高い集中力を維持し続けられることができるようになりますでは最適な休憩時間の過ごし方は何なのでしょうか本の中に書かれていたのは水を飲む話す歩く深呼吸ストレッチこういったものですねしっかりリラックスタイムにするというのがポイントだと思います休憩の時間が頻繁にあることで創造性や好奇心のエネルギーを高めることができるというのです休憩時間に避けたいことは仕事のことで複雑に頭を使って考えたり重要なメール急ぎの電話などですねさんポモドーロテクニック八つのポイントたくさんありますがその中でも人生学校的に究極のやっつにまとめてみましたポイント市常に残り時間が見えるようにする残り時間がしっかり見えて残り時間がはっきり認識できるタイマーを使うということですねポイントに書くポモドーロ最初の3から5分と最後の3から5本はおさらいと見直しに使う市ポモドーロ25本を全て作業に使えるわけではなくて5分程度は見直しなどに使うということですとすると実際に作業できるのは20分以下ですますます時間が限られているという実感が湧いてきます特に勉強の場合は最初の5分最後の5分をさらっと復習時間して活用した方が効率的になりそうですポイントさん改善のために記録する今日この作業に何ポモドーロ必要そうかを一日の初めに予測します実際の計画とその結果を眺めるのを日々繰り返すことで計画力見通し力が高まっていきますポイント4個も道路中継して中断しない25分という時間内は決して中断しないようにします緊急であっても基本はポモドーロとポモドーロの間にこなしてそれが終わったら休憩してその後また25分をスタートするという感じですね何かやらないといけないことなどを思いついたときはいったん書き留めておいて後ほどどのポモドーロでこなすかを決めます ポイント呉市ポモドーロに満たない者は組み合わせる例えば短めの電話などの場合は25分の時間が余ってしまいますその場合は他の要件と組み合わせて市ポモドーロになるよう用件を付け加えていく感じですねポイント65から7ポモドーロ以上になるときは分割する後からならポモドーロという幅があるのは場合によってということですね本書には一つの作業が8ポモドーロ以上になることはほぼないと書かれています分割をすることで分かりやすくなるというメリットがありますポイント7終了時間を守る終了時間はどうしても伸びてしまいがちですもっと進ませたい今ちょうどいいところなのに終わらないそういった思いが出てくるはずですしかしたとえ途中でもピタッと止めるようにします終了時間が延びることで疲労が増えて罪悪感が溜まることで成果がさらに落ちてしまうからですあと5分だけを止めるように補足します重要な仕事の期限が迫っていて働く時間を伸ばさないといけないこともありますそういった場合は一時的に能率が上がる場合もありますですがこの場合も残業を連続5回以上続けないというのがポイントだそうですポイント8最後のポモドーロは記録やおさらいにあてる最後のとも道路はメインの作業ではなくその日のおさらい記録改善のためのメモ書き翌日の今日やることの作成デスクの整理などに充てます4実践してわかる時間感覚の変化1最初のうちは25分間がゆっくり進むように感じますにだんだん25分の半分が過ぎたことが分かるようになってきます3残り5分になったのが分かるようになってきますこの残り5分の時間帯に疲労を感じるというケースが多いのだそうですポモドーロタイマーは2種類の音があって時間の進んでいくおそらくですがジーという音と25分を知らせるアラーム音ですね音がでると周りの人の迷惑になる場合もありますので迷惑になりにくい形の方法を紹介しておきます時計の場合は光で知らせたり小さなブザー音の出るものにスマホアプリの場合は応答を出さずにバイブレーションや画面のフラッシュつまり画面が明るくなるように設定しますタイマーの場合はミュートにできるものにします Amazon で調べてみたら消音式のタイマーでたくさんありましたフラッシュタイマーという光で知らせてくれるものもありましたね個人的には物を増やさずにシンプルが好きなので今のところ iPhone 内蔵のタイマーで実践して試しています5チームのポモドーロテクニック個人のポモドーロテクニックはイメージがわきやすいと思うのですがではチームの場合はどうしたらいいのでしょうか結論からいきましょうそれはマイクロチームごとに実践するですバイクのチームとは特定の期間に一つの活動するチームのことです大事な部分ですのでもう一度言いますマイクロチームとは特定の期間に一つの活動をするチームのことですねですので人数は関係ないのです同じ期間に同じ一つの活動を行う複数のグループに分けてそのマイクロチームごとにポモドーロテクニックを使うということです学校のチャイムのように全体で揃えて行うのではなくマイクロチームごとに分ける方が良いと言うのですねなぜかと言うとマイクロチームによって必要とする休憩時間が変わってくるためだそうです例えば部署によって必要な休憩が変わってくるというイメージでしょうかその他にもチームのポモドーロテクニックがあるのですがその中でも面白かったと思う道路ローテーションカウンターテクニックをご紹介しますポモドーロローテーション一定の間隔12または4ポモドーロでマイクロチームのメンバーの一人を別のマイクロチームメンバーの一人と家帰ることで作業の効率化につながります具体的なメリットとしては知識の共有チームスキルの共有と改善チームメンバーの互換性の向上チームが最新の状況で目標を共有できて不必要なミーティングをなくせるです注意点としてはチームメンバーの意思で行うことですローテーションの矯正押し付けはストレスになるためですね企業内で武将を一定期間で移動させるというのは伸びている企業の中で人生学校実際に結構多く聞いたことがありましたねカウンターテクニックチームにとって最も悪影響が大きく最も起こりやすいものの一つは仕事の集団なんですねこれを防ぐのがカウンターテクニックなんですその中でも対面の顧客対応がある場合は作業チームをカーテンなので仕切って顧客からは見えないような形にして遮断します例えば8人チームのうち二人をカウンター業務の人にして6人はバックヤードで 形で作業をするのですねそしてさらにカウンター業務の人とバックヤードの人とでローテーションさせますそうすることで三つのメリットと一つのデメリットがあります三つのメリットは1他のチームメンバーとの win-win の目標達成のための解決策ができるにノウハウの共有ができる3欠片の見極めが出来るです一つのデメリットは市バックヤードチームの目標達成が遅れることにつながるですちなみにカウンター側の人とバックヤード顔の人とで相談できる時間帯というのをあらかじめ決めておくと良いようですそれ以外の時間帯は突然相談しないようにするということですねしっかり時間帯を区切ることで無駄な突然の中断を防いで作業効率を最大限にアップしていきますちなみにポモドーロローテーション屋カウンターテクニックについては本書の中に図解入りで詳しく書かれていましたのでご覧いただけるとより分かりやすいかと思います本の Amazon リンクを説明欄とコメント欄に入れておきますねでは実践編行きましょう実践編市アズ七日間スマホタイマーで試してみるこのポモドーロテクニックは7日から20日ぐらいで容量が得られるとのことですのでまずは七日間実践してみるというのが良さそうですねすぐに実践を始めることが大切ですので本書の中でおすすめされていたゼンマイ式のおそらくじじいという音が出るものでなくてもスマホのタイマーで25分と5分を計ってまず実践してみることをお勧めしますその後さらにこだわってやりたい場合にゼンマイ式を試してみると良いかと思いました人生学校的には作業ではなく YouTube を見る時にも25分ごとに5本休むというのを試してみたら無駄に動画を連続で見てしまうことが減りましたのでもしかしたら動画の閲覧をある程度制限するのにも25分のタイマーをかけ5分休憩を入れるというのは良い方法いいかもしれませんそもそも人間は30分以上集中することはできないのですからに集団が起こりそうになったらポモドーロの後にする実践してみるとわかりますが中断を防ぐというのがポモドーロテクニックの大きなポイントです外部からの連絡など緊急の用件の場合はポモドーロ25分の後陸4ポモドーロの後にしてもらいますめちゃめちゃ緊急の用件は本当に少なくて実際に急ぎと言っても25分後か2時間頃先送りは出来るのですよーと書かれていますこれが中断をコントロールすることにつながります3ポモドーロかける記録で更なる最適化この本の中にも書かれていましたが記録をしフィードバックをして自分なりに改良していくことでさらに生産性も効率も上がっていきますこの中には個人のポモドーロテクニックについてとても詳しく計画の立て方や実践方法が書かれていましたがまずは一歩目としてすぐ実践できいるように人生学校的究極簡単バージョンにしてみますでは行きましょう11日の優先順位を決めますに書く作業に何ポモドーロかかりそうかの予測を立てます35分のタイマーをかけ残り1分前ぐらいになったら何の作業に何ポモドーロかかったかの記録を残しますよ休憩5分のタイマーをかけます54ポモドーロ送り返したら25分の長めの休憩のタイマーをかけますそしてまた同じくイオンポモドーロを繰り返します61日の終わりに計画と結果の記録をしますこの方法なら25分5分のタイマーセットのみで済みますイメージで言うと8時から12時中3時から17時が仕事時間だとすると8時から12時の4時間で4ポモドーロプラス25分の休憩プラス3ポモドーロ13時から17時の4時間で4ポモドーロプラス25分の休憩プラス散歩も道路みたいな感じですね人生学校は今のところ Google ドキュメントに一旦時間ごとに何をやったのかを全て記録して人生取説に書き写しています人生取説について詳しくはこちらの過去動画でご覧いただけます後は疲労感に応じて休憩時間をアレンジできる人の場合は臨機応変に試してみると良いのかもしれません1日の中で市ポモドーロはメール電話会議などまたは緊急案件のために別に確保しておきますそしてさらに最後の市ポモドーロは記録見直し翌日の計画デスクの片付けなどに使います25分5分に分けるだけでどのポモドーロで何をやろうかというアンテナが磨かれていきます簡単なメール返信は移動時間の隙間時間に野郎この作業は無駄なのでやめておこうという感覚が自然に身についてくるのですよねまずはスマホのタイマーで25分5文の区切りをつけてタイマー通り たったこれだけですそして何よりポモドーロテクニックを使っていると1日の終わりの疲れ度合いが全く違ってきますポモドーロテクニックは記録をすることと仲間と一緒にやることでより継続しやすくなると思いますので記録をつけながら誰かと一緒にやってみるのが良いと思います最後までご覧いただきましてありがとうございましたあなたはこまめに休憩をすることで圧倒的な生産性と心の安らぎを手に入れることができますそれではまたお会いいたしましょうご縁に感謝いたしますはいここから先の有料メンバーシップでは人生学校的にこのポモドーロテクニックを使って積極的に持って生まれた運命を変えることができるのではないかと思いましたのでかなりマニアックな超実践編としてさらにまとめてみますそれではマニアックな超実践編行きましょう超実践編食事会の応用で人生を変える学校的にこれ食事でも適用できるよねと思ったわけです最適な食事の仕方はどうやったらいいんですかと言うとそれは
おすすめの記事