【VODで読める電子書籍】『眠れなくなるほど面白い 図解 脂質の話 脂質のギモンを専門家がすべて解説!(守口 徹 [監修])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

※電子書籍『眠れなくなるほど面白い 図解 脂質の話 脂質のギモンを専門家がすべて解説!(守口 徹 [監修])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『眠れなくなるほど面白い 図解 脂質の話 脂質のギモンを専門家がすべて解説!(守口 徹 [監修])』の紹介が始まって早くも5年ほどが空きました皆さんは既に油の良し悪しををご存知かと思いますがスーパーに行ってみると目移りしてしまうくらい種類が豊富ですオリーブオイルにココナッツオイルそしてエゴマ油°の油を買えばいいのか分からなくなってしまうほどに豊富な格好の油コーナー本日の動画で買うべき油をお伝えいたしましょう皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの量です本日ご紹介する本は眠れなくなるほど面白い脂質の話です最近私たちのチャンネルでも様々な油解説本を紹介し一体どうすればいいんだとお思いの方もいると思いますので今日は原点に立ち返り油の基本について的確に教えてくれている本性紹介したいと思います糖質制限の人気によりダイエットといえば糖質を制限して脂質を摂取するという考え方が一般的となってきましたしかしどんな資質をとるえばいいのかについては無頓着な人が多くとりあえず好き放題肉は食べていいんだオリーブオイルが健康にいいらしいからそれだそれだけ取っていればいいやと考えている人もいることでしょうしかし脂質についてはもっと知るべきことがあると著者は語ります多くの日本人にとって本日の方は知識をアップデートを又は再構築し健康について考え直させてくれる一冊となっています是非本日の動画を見てざっくりと本書の内容を理解しさらに本書を読むことによって人生を変えてくれるほどの油の知識を身につけ健康になっていきましょう本日紹介する内容は以下の三つです第一章脂質は太らないは誤りである第2章どんな油を取るべきか第三章オメガ3脂肪酸を豊富に含む油を詳しくチェックしようどれも今知っておきたい内容になっています是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう一生脂質は太らないは誤りである第一章では脂質は太らないは誤りであるというテーマで話していきたいと思います皆さんは脂質はいくら取っても太らないという思い込みを持っていないでしょうか昔は脂質は開くだとされていて脂質はとればとるほど太るんだと言われていましたよねそしてその反動で糖質制限ブームが起こり糖質が脂肪に変わるんだから脂質はどれだけ取っても大丈夫なんだという理論が広まりましたしかしもちろん何事もそうですが過剰にとって良いものなんて存在しません基本的には脂質であったとしても例えばサラダ油ばかりを撮ったり肉の脂身を食べ過ぎたりするなどあり手の資質ばかりに偏っていると肥満につながってしまうことが分かっていますしかしもちろんだからといって脂質を全くとらないというのも言い行動とは言えませんし質は体を動かすエネルギーになるほか私たちの体の中にある薬37兆個の細胞の膜を作っていますまずはその種類について簡単に確認しておきましょう脂質には大きく分けて油と油つまりさんずいへんの油と肉付きの油の2種類がありますどちらも油ですがその特徴と原料は異なります簡単に言ってしまえば常温で固体の油があり9月の脂は常温で液体のあだ名がさんずいへんの油ですそしてこうした特徴の違いを生み出しているのは脂質の成分である脂肪酸ですその脂肪酸の種類の違いが常温で固体なのか常温で液体なの顔が出ているんです常温で固体の油に多く含まれているのが飽和脂肪酸と呼ばれるものです逆に常温で液体の油に含まれているのが不飽和脂肪酸ですさらに不飽和脂肪酸には細かな分類がありまして体内で作ることができる一価不飽和脂肪酸というものと体内で作ることができない中不飽和脂肪酸に分けることができますこの部分は少し難しいかもしれませんが妻に日常的に摂る油を決めるという意味では大切な知識になります丸暗記をする必要はありませんがざっくりと理解しておいてください確認しますと答えの飽和脂肪酸と液体の不飽和脂肪酸がある不飽和脂肪酸の中には体内で作ることができる一価不飽和脂肪酸と体内で作ることができない多価不飽和脂肪酸があるまずはここまで抑えておきましょうさてここでひとつ実践的な豆知識をお伝えしてしまいます取りやすい油というのはどういうものなのか簡単に言ってしまえば常温で固体の油なんです逆に常温で液体の油は太りにくいと言えます常温で固体の油は体内でも固まって蓄積しやすいんですその一方で常温で液体の油は体内でもサラサラとしていてエネルギーとして消費されやすいという説がありますつまり同じ量の脂質を摂ってもどんな油を取っているかで太りやすさが変わってくるということですさてさらに余裕がある人は来 それの風味にあった料理に使用していきましょうじゃあて最後に近年有名になりつつあるサチャインチオイルについても説明しておきましょうエゴマ油亜麻仁油と比較してあまり広く知られている油ではありませんがこのサチャインチオイルもアルファリノレン酸が豊富に含まれた体にいいオメガ3系脂肪酸の油ですペルーのアマゾン熱帯雨林地域が原産でその原材料となるサチャインチの種子を低温圧搾して油を抽出しています栄養面における特徴は植物油の中でもビタミン E の含有量が極めて高いことをこれをあげることができますビタミン E は抗酸化作用が非常に高く体内の新陳代謝を促し肌の健康を保つために高い効果が期待できます脂肪酸構成比はアルファリノレン酸が50%程度と亜麻仁油エゴマ油と比べても遜色ない程度の含有量がありますただしオメガ6系のリノール酸も30%含まれていますのでとりすぎには注意が必要といえますまたオメガ3系脂肪酸の油の中では比較的加熱調理に強いため短時間の炒め物などにオメガ3系の油を利用したい場合はこのサチャインチオイルを利用すると良いでしょうということで共有エゴマ油亜麻仁油サチャインチオイルについて説明してきましたどれも普段の食生活で簡単に取り入れることができるものばかりですのでぜひ今日から積極的に使用してみてくださいさて第3章をまとめましょうポイント1オメガ3系の油は非常に痛みやすいため開封後は冷蔵庫に保存太陽光は絶対に避けるべきであるポイントに魚は週に3回以上摂取が理想旬のものを選ぶとよいポイント3エゴマ油亜麻仁油サチャインチオイルは自分の好みや用途に合わせて使い分けると良いいかがだったでしょうか最後におまけとしてオメガ3系の油ではありませんが何かと話題の MCT オイルについても説明しておきましょうココナッツやパームの種子に含まれる天然成分の中鎖脂肪酸を抽出し100%を中鎖脂肪酸だけで構成された油それを MCT オイルと呼びます一般的な植物油には長鎖脂肪酸が多く含まれているため中鎖脂肪酸100%という点において他の油と大きく違うことがわかります中鎖脂肪酸は小さい形の油であるために他の一般的な油とは異なり消火の際に酵素を必要としませんそのため直接肝臓に運ばれるそのままエネルギーとして使われます一般的な調査脂肪酸の油と比較した場合は4倍から5倍ほどエネルギー効率が高いことが分かっていますつまりすぐにエネルギーとして使われるため体に残りにくい油太りにくい油として注目されているんですしかしあくまで体に残りにくいだけで決して痩せる油ではありませんダイエットのために MCT オイルをガバガバ大量に使うという人がいますがそれではむしろ逆効果ですので普段使いの油を MCT オイルに置き換えるといった使い方を心がけてください MCT オイルにせよオメガ3系にせよを摂取する脂質をしっかりと選ぶことはとても大切です健康的な食事を考える上での優先順位としても非常に高いと言えます是非これまで支出に関してあまり考えてこなかったなという人は本日の動画を見直しまた本書を手にとって油についての知識を深めていてください今書は今出版されている脂質に関する本の中でもトップレベルに分かりやすい説明と日常生活に取り入れやすい形での説明がされています是非是非読んでみてくださいここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画よかったよという方は是非是非高評価ボタンだけでもポチっと押していただけますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまた私たちは本要約チャンネルの他に論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実とゆうちゃん今日頑張って更新しておりますのでそちらも
おすすめの記事