【VODで読める電子書籍】『自分のままで突き抜ける無意識の法則(梯谷 幸司[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,650 (2022/01/17 20:06:19時点 楽天市場調べ-詳細)
「頑張っているのに、何となくうまくいっていない……」
「もっとスイスイと人生が進めばよいのに」
「自分の向いている方向は、本当にこれで合っているのかな」
「そもそも、何をやりたいのかよくわからない! 」
――こんな“モヤモヤ"に心当たりはありませんか? もしそうなら、おめでとうございます!
それは、自分の中に眠っている力をすべて発揮し、突き抜けるために絶対に必要な、 大事な片道チケットです。
ネガティブな感情は、決してあなたの敵ではありません。 「今のままでは何かがズレていますよ」と伝える、重要なサインなのです。
それどころか、誤魔化さずに向き合えば、「あなたが進むべき道」、そして 「生きる目的」をも教えてくれる、超・強力な味方になるでしょう。
それに気づいたとき、あなたの人生はトントン拍子に よい方向に向かっていくことをお約束します。――著者
7万人を導いた伝説のメンタルトレーナーが教える、あなたを縛るリミットを外し思い通りに生きる法!

※電子書籍『自分のままで突き抜ける無意識の法則(梯谷 幸司[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『自分のままで突き抜ける無意識の法則(梯谷 幸司[著])』自分の思い通りにならない自分の人生は見えない何者かに振り回されているそんな誤った思い込みを今すぐ打ち砕きましょう本来は誰の人生も思い通りになるのですそれがこの世の真実です皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回はメンタルトレーナーのはしがいこうじさんの自分のままで突き抜ける無意識の法則を解説していきたいと思いますさてあなたが人生は思い通りにならないと当たり前に思っているのならばそれは誤った信じ込みであると著者は言うんですそう信じ込んでしまう原因はあなたが本当の自分を生きていないからです多くの人は存在しない思い込みや誤ったセルフイメージにとらわれて本当の自分を生きることができていませんそして普段から無意識にずれを感じていますなぜずれが生じてしまうのかと言うとそれは人間が社会的動物だからでしょう社会の中で生きている自分と本当の自分が合致しないケースが多々ありますそのずれを放置するとありとあらゆる人生の悩みに繋がっていってしまいます人は本来は人生を思い通りにできるポテンシャルがあるにも関わらずそのことに気づいていないかもしくは忘れているんですそして本当の自分から離れることでみすみす自分の手で生きづらい人生思い通りにならない人生を作ってしまっているんですそんな人が今非常に多いと著者は述べています社会的な自分のために作り上げた偽りの自分に気づきそこから脱却しましょうそして本当の自分を表現し始めるんですすると人間関係もビジネスもうまく回り始めるようになりより生きる喜びを感じることができるようになるんですさてなかなか面白そうな本ですねそれではこれから私と一緒に本書の内容により深く切り込んでいくことにいたしましょうか本日のお品書きは次の通りです1件で新しい自分に生まれ変わる運命好転メソッドを2件でネガティブがあるほど人生はうまくいくということを3件であなたを縛るリミッターを外すということを解説していきたいと思いますそれではまず1件の新しい自分に生まれ変わる運命好転メソッドから解説していきたいと思いますさてメンタルトレーナーとしてこれまで延べ7万人のクライアントと接してこられた著者は今生きることが喜びというよりもジムになっている人が非常に多いと感じるとおっしゃいます自分の生きる目的を明確にせず義務的に生きていると心身はひろし人生にまつわるありとあらゆる悩みが生まれてしまいます人生は自分の思い通りにならないをとか自分の人生は見えない何者かに振り回されているなどとそもそも生きることに疲れている1人はこうした思い込みに囚われている傾向が強く見られるそうです逆に生きる目的がはっきりしていると人の持つ生命力は活性化し強くなるんです主体的に生きている人は生命力が強化されますがそうではなく義務感や生存欲求のみで生きるとなると人の免疫や生命力は弱まっていくんです脳は逆に動くという話は有名ですが皆様はこの話をご存知でしょうか物事には相関関係があるのであることを意識すると脳はその逆にあることを同時に強く意識してしまうというものでございます例えばこんな具合ですあなたがお金が欲しいとイメージすると脳はお金がないお金に不安があるを現実化し生き残りたい安心安全が欲しいと思うと脳は苦痛な記憶ばかりを保存します我々は死を意識するから生き残りたいと言い続けられますする豚のは死を意識する記憶を作るためには現実を集めなければいけないですねと考えますすると自分の体を攻撃して病気になってみたり無意識に事故にあってみたりまたは自然災害や有名人がなくなると言ったショッキングなニュースに注目したりととにかく死を意識するようなネガティブな記憶を集めようとしてしまうんです生き残りたいと思って星に固執するとどうしても塩ネガティブなこととして扱うことになりますが実はこれが非常に良くないスパイラルに繋がるんです生き物である以上寿命から私たちは逃れることはできませんよねそして誰もが例外なくただ生きているだけで歯というゴールに着々と近づいていきますここで想像してみてください仕事が終わった後に嫌なことが待っていると思うと仕事をしながら憂鬱になっていきますよねしかしデートなり飲み会になり何かとても楽しいことが待っていると思ったら仕事中 あなたが人生を思い通りにしたいのならば自分のポテンシャルを100%発揮していきたいと願うのならあくまで命は生きる目的を全うするための道具に過ぎないと考えてみてくださいあなたは何のために生き何のためにその命を使うのかあなたの心の内側には無限の可能性が詰まっているんです潜在意識のブレーキを外してこの秘められたポテンシャルを全て発揮し人生を思い通りに変えるためにはあなたの生きる目的をはっきりさせることが大切ですあなたはこの人生を通して何をする人なのでしょうか著者は実際にセッションでクライアントにこのような質問を投げかけるそうです記憶に新しい新型コロナウイルス騒動その中であなたが見出した最高の喜びは何ですかと少し驚いたでしょうかこれを聞いていやいやそもそも災害や疫病なんてないに越したことはないとあなたは思うでしょうそれは確かにその通りですしかしあえて極端なことを言うと本来物事にはネガティブもポジティブもありませんあるのはただその現象が起きたという事実だけなんです白と黒の勾玉が絡み合ったような形をしている陰陽太極図をあなたはご存知でしょうかこれは東洋思想の考え方で神羅万象のバランスを表しています園の中に白のようと黒の印が絡まりあい様の中には小さな員が林の中には小さな用がありますいんとようは必ず1セットで存在し完全の陰謀完全の用もありません林の中にわずかな表があり様の中にもわずか9があるこれらは反転し合いながら陰陽のバランスを取り続けているんですインは勢いを増してより展示場は勢いを増してりんに転じます人間持って生きようともいんとようのバランス失いどちらかに偏ると不都合が起きるものなんですそれでは再び新型コロナウイルスソードを例に挙げてみましょうかあなたはこの疫病をインつまり絶対的に悪いものだネガティブな出来事だと決めつけてそこで思考を止めてしまってはいないでしょうかもちろんそれは当然な事なんですがそれだけですとあなたの人生にまつわる大切なことが見えなくなるかもしれません記憶に新しい新型コロナウイルス騒動その中であなたが見出した最高の喜びは何ですかこの質問を聞いた時当然最初は誰もが面食らった顔をしますが著者の経験上この質問に答えられるようになった人はコロナの影響で生活が180度変わってしまい絶望を感じていたとしてもそこから V 字回復し始めることが多いそうですかじばの馬鹿力という言葉があるように実際腹をくくった人はものすごく強くなります発想力も行動力も腫れ上がりあれも出来るんじゃないかこれもできるんじゃないかと斬新でおもしろいアイディアがどんどん出てくるようになるんですどんな状況でも必ず次の展開が湧き上がってくるんですもし先ほどの問いに即答できなくても構いませんこれという正しい回答があるわけでもないのですからそういえばこういう点は感謝って行けるかもとかこの点があったから気づきがあって結果いい感じに流れを変えて行けたなというような感じで徐々に自分で答えを導き出していくことこそが大切なんですさて今のお話をね参考にして皆さんに是非行ってみてほしいことがあるんですこれまでの仕事のトラブルや人間関係での挫折病気や怪我も含めて新たに起こった一見不幸な出来事があなたの人生にとって何に気づくために必要だったのか自分にとってどんな意味があるのかと少し考えてみて欲しいんですとてつもない不幸やネガティブな出来事に見舞われてしまったと思ったけど後でよくよく考えるとそれは自分にとって経験する必要があったことだったとかそれが起こったおかげで結果としてプラスの方向へと流れを変えることができたとかそんな経験はあなたにもあるのではないでしょうか何かを学ぶために自分はこの体験をすることになったのだと捉えてその意味を探り気づき学んでいっていただきたいと思うんです誰の人生も必要な事しか起こりませんし必要な人としか出会わないのです陰陽太極図の話で述べたいように印があるということは堆肥として必ず用がありますつまり物事には必ずポジティブな面とネガティブな面があるということでございますそしてそのどちらに注目するかはその人の選択次第なんですでもポジティブな面に注目した方が断然人生は思い通りに進めやすくなります だったんだろうと問いかけることはあなた独自の視点を獲得する方法としても非常に有効なんですいわゆる普通とは違う独自の視点を持っている人はこの時代に重宝され周囲から求められ活躍するようになっていくんですそれでは1件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント1自分のポテンシャルを100%発揮し思い通りの人生を生きるためにはあなたはこの人生を通して何をする人なのかといった生きる目的をはっきりさせることが必要であるポイントに物事には必ずポジティブな面とネガティブな面がある人生を思い通りに進めやすくするためには物事のポジティブな面に注目しその状況の中に感謝や喜びを見出していこうポイントさん誰の人生も必要なことしか起こらないし必要な人としか出会わないあなたに怒った一見不幸な出来事から何を学ぶために自分はこの体験をすることになったのかを探り気づき学んでいこうそれでは次に言でネガティブがあるほど人生はうまくいくということを解説していきたいと思いますさて1件で物事には必ずインド洋の両方があるというお話をしました一件ネガティブな出来事であっても100%がそうではなくて必ずポジティブな面を含んでいるんですとはいえ普通人がネガティブな感情を干しません怒りや不安恐怖などネガティブな感情をごまかすためにお酒を飲んで仲間と騒いでごまかそうとか面白い映画を見て笑って忘れようとか美味しいものを食べて気を紛らわそうといった行動をしますしかしそれらは所詮気休めに過ぎません精神分析学の創始者であるフロイトの言葉に表出されていない感情は絶対に知らない心の奥底に生き埋めになっているだけで後になって更に醜い形で現れてくるというものがありますネガティブな感情を頑張って心の奥底に生き埋めにしてなかったことにしてしまうと生き埋めにされた本当の自分は後々表の自分をガシャンと壊しに来ますほら渡してこんなにダメな人間ですと存在を主張し始めるんですその主張は顕在意識では争えないような巧妙なやり方ですかつその人にとって最も急所となるポイントを狙って様々な方法で示されます例えば自己破壊的な行動に走ってみたり自分の体を攻撃して病気になってみたりとあらゆる手段を使って暴走を始めるようになるんです潜在意識すなわち本当の自分はこうして揺さぶりをかけて顕在意識に本当の自分の存在を無視できないように手を尽くして働きかけているんです受け入れられることなく本来の自分んから切り離された自分の一部それは弱い自分とか感情的な自分ですそんなんなかったことにしたいネガティブな自分も本当の自分の一部なのだと受け入れていくことが必要になってくるんですそれらの感情を無視してはいけないんです必要があるからこそ存在しているのですからとはいえ多かれ少なかれ人は直視したくない感情を自分の心の奥底に生き埋めにしているものです親が許せないとか上司が許せないとかかつて自分をいじめていたあいつらが許せないとかでもどんなに醜い感情が湧いたっていいんです大切なのは許せないという感情ではありませんあなたは何のためにその人を許さないのですかという心の裏に隠れた目的に着目しましょうネガティブな感情が自分の中に深く達いるための格好の入り口でございますこの感情は何のために生まれたのかと問いかけず受け自分の中の奥へ奥へと入っていけばこれまでの葛藤や経験すべてがこういう私でいたいからこれが私の今回の生きる目的だからといった生きる目的に繋がっていくことが感じられるようになります逆にネガティブな感情は認めない無視しようとするから生きる目的がわからなくなってしまうんですどんな人のどんな人生にも必ずかけている部分ネガティブな面というのはあるんですこれは必ずで例外などありませんではいったいなぜかける必要があるのかそれは自分自身の手で育てるためですこのかけている部分について悩み考え自分でメソッドを開発して人にそのやり方を伝えていくことがあなたの役割なのだと人生すなわち本当の自分が教えているんです例えば温室育ちでいい大学を出てすごく知識があって説明も上手い先生と 先生から習いたいですか間違いなく大方の人が B 先生と答えるでしょう人間には実際に体験した人から学びたいという本能的欲求があるのですつまりあなたが人に影響を与えるためにはあらかじめかけている体験が必要だということを必ずその人の役割に関する部分が欠けて始まるように人生は最初から設計されているんです嫌っていた自分いないことにしていた自分偽りの自分ネガティブな自分そんな自分を本当の自分の一部として受け入れていくと自分の中の印の人格と様の人格の統合が起こり本当の自分に戻っていくことができるんです人が避けたがるネガティブなものの代表格で孤独感と劣等感そして無価値感がありますでも実はこれらはなくてはならないものなんですそれぞれ具体的に見ていきましょうかまずは孤独感から見て行けましょうさあて自由であるためには孤独が絶対に必要なんです自分が一人でいたい時は自分一人でいることに楽しさや喜びを見出すことができますし誰かと言いたい時は声をかけて誰かと一緒にいる豊かさを味わうこと持って行きますつまりどちらも選択ができる状態孤独は一番自由で最強な状態なんですでは次劣等感について見ていきましょう劣等感をだから自分はダメなんだと自分を責める材料にしている人が多いんですがそれは劣等感の間違った使い方でございます自分より優秀な人がいることを見つけさせるために劣等感は必要でありそれが劣等感の正しい使い方なんです例えばあなたがとある勉強会に参加したら成績順で打順を決められることになりあなたは最後列を指定されてしまったとします誰もが悔しく感じる事でしょうしかしそんな時著者は劣等感をこのように使うんです目の前に座っているのは自分より優秀な先生達でその一人一人を着ぐるみだと想像しますそしてイメージの中で着ぐるみの中に入り殺せんせーはどのようにお客さんと関わっているんだろうとかどういう考え方価値観でビジネスをやっているんだろうと自分自身に問いかけるんですそして浮かんだ答えを思い描きそれを自分の中に吸収するつまり優れた人の価値観や考え方を徹底的に取り入れさせてもらうんです十分吸収したら失礼しましたと着ぐるみから抜け出してすぐに隣の先生のことも確かめさせてもらうこうして片っ端から何十人ぶんも学習材料に利用させてもらうんです劣等感はあなたも彼らのようにやってごらんと気付かせるために行ってきてくれたわけです何かに気づいて欲しいから劣等感というものが存在するわけです劣等感はこうやって活用して行きましょうでは次は無価値観について解説していきます無価値観は自分は価値があるという感覚を育てるために絶対になくてはなりませんこれをやっている自分は価値があるといえるこれを目指している自分は価値があるといえるそのように自分で価値を見出していくためにはこの無価値観が必要なんです普通の人は自分という器の中に他人の評価や世間の価値観を入れていますそれを入れ続けているとこれはみんなが勝手に入れた費用からやって自分が決めた評価ではないそして私は無価値だという思いがずっと付きまとってしまいますまたそこに過去の記憶がついて複雑になったりもしますですからそれを一旦捨てて器を空っぽにするんですそしてこういうことをやっている自分は価値があると言えると器に自分で価値を詰めていくんです自分という器に他人の評価や過去の負の感情を入れるのかそれとも一旦空っぽにして人生から与えられた役割は自分の意志未来への思いを入れるのか何を入れるかで私がどういう人かが決まりますすると周りの人からの評価も変わり現実までがどんどん変わっていくんですそれではちょっとね難しかった人間の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市どんな人のどんな人生にも必ずかけている部分ネガティブな面があるその欠けている部分は自分自身の手で育て何かの役に立てるために存在しているそしてそれを全うすることが自分の役割であり本当の自分を生きることであるポイントにネガティブな感情や直視したくない感情は必要があるから存在するそういった感情を無視せず本当の自分の一部として受け入れていくことで人は本来の自分に戻っていくことができる をつけていても心の裏でそう思っていたらそれがええ社長の見えない看板となります一方で B 社長は従業員に対してのスタンスが高齢した自分はこういう面白い世の中を作りたいからみんな協力して働いてくれないかそう心の裏で思っていたとしたらそれが B 社長の看板になりますさてあなたならん社長と B 社長どちらの下で働きたいでしょうかどちらの看板に惹かれるでしょうかん社長に対してはこの人は自分のことしか考えていないこんな人のために働きたくないよと思うでしょう一方 B 社長に言ったりしてはこの人は世の中をこういう風に面白く進化成長させてくれる人だどうせだったらこの人の下で働きたいと思うはずです人は無意識に人が背負う看板に反応するんです人の例を挙げてみましたが実は人間に限らずお金も情報も現実も同じなんです私欲にまみれているような一人はどうしてこんな人のために命を使わなければいけないんだと反応しますですからそのような人のもとには豊かさはなかなか集まらないんです繰り返しますが京都往復込みがあなたを選ぶには強い理由が必要です私はこれをやるために情熱や愛幸福をカレン体験物質的なことが全て必要なのですということを自分で決める必要がありますできるかどうかは関係ありませんこの世の中は最終的に石が強いもの意図が強いものが勝つというメカニズムがあります自分でこれをやると決めたらそこから全然動かないようにしてくださいするとこいつは頑固だが仕方ない合わせてやるかと現実が自分に合わせてきます環境に左右されるのではなく自分が環境を動かすんですそのために私はこのためにやるんだという目的をはっきりさせることが必要なんですまだ何をやるにしても人間というのはこうあるべきこうあってはならないという自分の基準を持っていますそしてその基準に反したことが起こるとネガティブな感情が発生してしまうものですしかしこうあるべきという自分の中の基準を外すことが出来ると目的の現実化が加速するということをぜひ覚えておいてほしいと思うんですこのことについて著者がご自身の体験を例に出されておりましたのでここで紹介させていただきます著者はもともと企業向けの研修をされていましたが徐々に一般の方向けのセミナーも始めました最初は一般向けのセミナーをやってもいつも自分の友達や知り合いぐらいしか集まらずせいぜい8人がやっとといった感じだったそうですそこでもっと人を集めて賑やかにセミナーをやりたいと思い相当に力を入れてこれまで以上に面白いプログラムを考え Facebook のイベントページを立ち上げで募集しますがやはり8人しか来ませんでしたこんなすごいプログラムを考えたのになぜみんな来ないのかとだんだんイライラし始めた著者はその時気付いたんです自分が頑張って考えたとても面白いプログラムには人が集まるべきと思い込んでいたんだとなぜ自分はイライラしていたのかそれは自分の中の集まるべきという基準に反していることが起こっているからなのだとそこで著者は考えを改めます人はもっと集めるべきという基準は本当に自分にとって必要なのだろうか試しにこの基準を消してみたら現実はどうなるんだろうかそこで試しに次のようなことを呟きます私のセミナーにはもっと人が集まるべきだという基準を私は使っていましたそういう基準を使っていた自分に責任を取りますそういう基準を使っていた自分を許しますおしまいこれは著者自身がよくやるワークでおしまいという言葉を実際にすることでこの古い信じ込みは過去のこと私はもう使わないと潜在意識に宣言し過去のことにしているそうですこのお終いのワークは間違ったセルフイメージや信じ込みに縛られていた自分と今の自分とを切り離すときに使える便利な方法なのだそうですさてそのようにして自分の中の古い基準を消した後著書は新しい基準をセットし直しましたこれからは私のセミナーには参加したい人だけがわんさか参加します人が集まるべきだという義務にすることを辞めてみんなの方から勝手に集まってくるという欲求に変えたんですさて結果はどうなったと思いますが翌朝起きてみると前の夜は8人だったイベントの参加者がなんと23人になっており最終的に25人の参加者を集めてセミナーを開催するに至ったそうですこの時の経験で著者は理解したそうです調子はどうあるべきかあって 嬉しく思いますではまた次の動画で皆様と一緒に学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事