【VODで読める電子書籍】『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ (科学的に先延ばしをなくす技術) (大平 信孝[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

やりたいことはあるけれど、それを実現するための行動を起こしていない人は多くいます。「英語を話せるようになりたい」のに、英語に触れさえしていない。
「体を鍛えて健康になりたい」と、何年もジムを探し続けている。

これは仕事でも同じです、
「早く上司にトラブルの報告をしなきゃ」と思いつつ、夕方になってしまった。
明日が期限の報告書があるのに、気乗りせず手をつけられていない。

こんなことが続き、「だから私はダメなんだ」「いつもギリギリにならないと動けない」「あのとき動いておけばよかった……」と自分を責めている方もいるかもしれません。
しかし、こうなってしまうのは、あなたの性格や能力のせいではありません。
脳が、面倒くさがっているだけなのです。脳の仕組みを理解し、行動スイッチの入れ方を知れば、誰でも自分を動かすことができるようになります。
よく、「やる気は出ない」という人がいますが、「やる気」は行動した後にしかついてきません。やる気に頼っていると、永遠に動くことはできないのです。
本書では、アドラー心理学や脳科学に基づいた、「やる気に頼ることなく自分を動かすためのコツ」を豊富なイラストを交えながら紹介します。

【目次】 第1章 先延ばしがなくなる! 行動に「初速」をつける方法
第2章 集中力が驚くほど続く! 「行動ブレーキ」の外し方
第3章 感情に左右されない! 行動マインドのつくり方
第4章 「忙しくて動けない」がなくなる! 時間の使い方
第5章 夢や目標に向かって一歩踏み出せる! 行動思考の身につけ方
巻末付録 目標を着実に実現するための「振り返りノート」の書き方

※電子書籍『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ (科学的に先延ばしをなくす技術) (大平 信孝[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ (科学的に先延ばしをなくす技術) (大平 信孝[著])』エルサはランチを食べながらいつものように考え事をしていました上司に午前中に起きたトラブルの報告をしなければいけないのにまだしていないメールの返信が遅れ先延ばしにしていたら大量に溜まっている歯でも今はしんどいめんどくさいなもう少し後でいいかなそれにしても毎日こんなに忙しいのに何かが積み上がっていく気がしない私は大丈夫かな英語の勉強をしたいと思っているのに実際は何もしていないし健康のために筋トレをしようと決めたものの継続できていないしそもそも仕事でいっぱいいっぱい自己嫌悪すごいはどうにかして自分を立て直したいんだけどなぁさてこの本のタイトルをご覧になってこの動画を見始めた多くの人はこのように思ったのではないでしょうかあじゅさんは今の私にどこか似ているとそして自分は N さんのようなことが日常茶飯時だから具に取り組むことができる人に対して真面目だし精神が強くてすごいなーと思っているかもしれませんでもすぐやる人は意志の力で頑張って重い腰を上げているのではなく自然体で楽に動いているんですよやる気とか根性に頼らなくてもすぐやるスイッチが自然と入り無理なくサクサクと取り組むことができるんです実はこのすぐやるスイッチは誰もが持っているんですつい先延ばしにしてしまう人はそのスイッチの入れ方を忘れてしまっているだけなんですそれはやる気がないからとか意思が弱いからとか性格的な問題のせいではなくて人間の脳の性質に原因があるんです脳は新しいことに挑戦しようとしたり難しい問題を解決しようとすると命を守ろうとするバイアスが働き現状を維持しようとするんですそもそも脳はとても面倒くさがりなんですしかし逆にその面倒くさがりの脳をその気にさせることが出来ればすぐやるスイッチをオンにすることができるわけですそのためにはどうしたらいいのかをこれから私と一緒に学んでいきましょう皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回はメンタルコーチであり目標実現の専門家大平信孝さんのやる気に頼らずすぐやる人になる37のコツを解説していきたいと思いますとても勉強になる一冊でしたのでこの動画を見てこの方いいなと思っていただけましたら是非一度お手にとって勉強されてみてくださいそれでは早速私と一緒に本書の内容に切り込んでいきましょう本日のお品書きは次の通りです1件ですぐやる人の道を作るコツについて2件ですぐやる人になるための簡単なテクニックについて3件ですぐやる人になるために自分の機嫌をとる方法について解説していきたいと思いますそれで早速1件のすぐやる人の脳をつくるコツから解説をスタートしていきましょうかさて行動できない自分をダメなやつだと責めてしまったり嫌いにならないでほしいとまずお伝えしておきます冒頭でお話ししたようにあなたがすぐに行動できないのはあなたの意志力とか性格の問題ではなくて人間の脳の仕組みがそうなっているからだということをお伝えしました人間の脳は生命維持のため命に別状がない限りできるだけ変化を避けて現状維持をしようとする防衛本能が備わっているんですそれを振り切ってね気合で何とかしようとしたってほとんどの場合は長続きしないんです3日坊主とかリバウンドがたびたび起こってしまうのは脳の防衛本能があなたの行動を抑制しようと働いているためなんですいよいよそうは言ったって私の周りに何でもすぐに行ってしまう人がいるうーんですとこの人は脳の防衛本能がないんですかとそう思ってしまう人いるかもしれませんではすぐやる人の脳は一体どうなっているのでしょうかすぐに動けない人との違いは一体何なのでしょうか先に結論を言ってしまいましょう脳には側坐核と呼ばれる場所がありこの側坐核が刺激されると意欲を高めたり楽しいと感じるドーパミンというホルモンが分泌されますこのドーパミンこそが行動力の源となるんですそして側坐核はドーパミンを出すためのスイッチなんですこのスイッチをオンにすることができれば誰でもすぐに動くことが可能となりますしかしこの側坐核というスイッチは気持ちで切り替わるわけではありません地震でよしやるぞと気合を入れたりあるいは周りから君ならできるよと頑張れとは激昂されたり早くやらないかと指摘さ でも考えずに準備もなしに勢いだけで行動し一発でうまくいくということはなかなかありえませんしかし考えることばかりに時間とエネルギーを注いだだけで何もせずに終わってしまうことがよくあるというのは皆さんもご自身の経験から分かっていると思いますそれは非常にもったいない事なんですしっかりと策を練ってから行動に移すという考え方はあなたを動けなくしている大きな原因なんですすぐに動き出すためには最初から質を求めるのではなくてまずは量そして質という順番を意識して欲しいんです行動の質は徐々に上げていけばいいですからまずは行動量を増やすことこれが鉄則ですこの順番が守れていない人もいれば量と質を同時に求めちゃって身動きが取れなくなってしまう人もいますそして皆さんの中には行動量を増やせるか不安だ自信がないという方もいらっしゃるでしょうそんなあなたには行動量を増やすコツとして仮決めかり行動というスタンスをお勧めしますちょっとひとつ具体例を挙げましょう冒頭で出てきた面倒くさがりの N さんは筋トレを始めたいと思っていましたよねいつものように事前にあれこれと考えるジムに通うのと自宅でトレーニングするのとではどちらがいいか考えているあるいはトレーニングウェアやシューズを用意しなければなどと迷っていたらあっという間に数ヶ月が経過してしまうでしょうそこで仮決めカリ行動をして見るんですとりあえず今ある動きやすい服に着替えてその場で5回でも10回でもいいから腕立て伏せや腹筋をやって見るんですとりあえずやってみると10回もできなかったとか金を違えて痛みが出たなど思ってもみなかった結果になるかもしれませんですがこれは失敗ではないんです行動して得られた成果なんです行動してしめてわかったことなんです腕立て伏せが10回できなかったことから自分がどの程度の負荷から始めれば良いかを知ることができましたならば5回を2セットにしてみるとか膝をついた状態から始めてみるといった調整をすれば良い菌を違えたのであればフォームが正しくないという理由が考えられますからインストラクターが指導してくれるジムを探すという選択肢をチョイスすれば良い仮決めたり行動をしてみて予想していたような結果がでなかったとしても後で軌道修正をすれば良いだけなんですつまりカリでも良いですからとりあえず一歩を踏み出してみれば側坐核が刺激されドーパミンが分泌されますし様々なリアクションや自分の肌感覚といったフィードバックが得られるため次にどういった行動を取れば良いかを決めやすくなるんです仮決めカリ行動に慣れるまでには確かに躊躇することもあるでしょうでもいい試してみると仮にうまくいかなかったとしてもダメージが意外と小さいということが実感できますですから一度経験すると次からは迷わず行動することができるようになるはずです仮決めカリコードをしようと思っていても体が動いてくれないんだよなぁというそこのあなたは最初の一歩目のハードルを極限まで下げてみてくださいまず試しに10秒で出来ることから初めてみましょう先ほどの N さんの例だと10秒で出来ることといえば動きやすい格好に着替えるとか腕立て伏せや腹筋をするスペースを確保するなどが挙げられるでしょうとりあえずそこまで行ってみるんです英語の勉強をするのならばテキストを開くとか英語学習の動画を検索する面倒なメールの返信業務にならばまずはメールソフトを立ち上げるといったイメージですこんなことで何か変わるのかよと思うかもしれませんがいつはたったこれだけでも効果があるんですそれはいったいなぜかなぜなら最初の授業の間では失敗が起こらないからです失敗しないからこそその後の行動につながっていくんです部屋の掃除がめんどくさくてんなかなか出来ないけれどある時にちょっとやりだしたらそのまま15分30文そして気付けば1時間も集中してやっていたそんな経験皆さんにもあると思いますがまさにこれが従業アクションの成功例なんです10秒まずは着手してみてスムーズに行くのであればそのまま続ければいいんです実はねこの10秒アクションの効果は脳科学的に既に証明されております側坐核のスイッチとか脳の可塑性の話を思い出してみてください些細な行動でスイッチは ON になり些細な変化であれば脳は受け入れることができるとお伝えしましたやる気が起きるのを待っていても永遠に 小さな準備をするんですさていかがでしょう前日にこれだけの小さな準備をしておけば翌日先延ばししがちなことに着手しやすくなるんです準備をする時点ではその作業は明日やることだと決めておいて今からやるわけではないから割とさっとセッティングできてしまうのではないでしょうかこの方法は頭を使わなければいけない複雑な仕事とかこれまで経験したことがない新規の案件に取り組む際にも役立ちます例えば計画の戦略の立案なら盛り込みたいことをメモ書きしておく参考になるかこの資料を眺める概要を書き込むための新規ファイルを作成してデスクトップに保存しておくといった簡単なことを事前に準備しておくんです何故それで当日ちゃんと行動ができるのかこれには二つの理由があります理由の一つ目は行動に対するハードルが下がるからそして二つ目は物理的なアクセスタイムが短くなるからです10秒アクションと同じでほんの少しでも事前に手をつけておくことで道を苦手とするのにこの行動は父であると思わせることが狙いなんですさらに下準備が進んでいれば一から始めるよりは面倒くささが大分なくなるため行動を先延ばしにすることが格段に減るというわけなんですそして実は一度手をつけた後に睡眠を挟むこと自体にもメリットがあります寝ている間に脳がその日に見聞きした情報を整理するということは皆さんご存知ですよねその過程でこれまでストックされてきた情報を記憶が呼び起こされることがありそれらが結びつくことによって思いもよらないアイデアを閃いたりアイデアが深まったりすることがあるんです前日にちょっとだけ手をつけておくことは行動力の強化以外にもこんな効果がありますから是非実践してみてくださいでは次は日々ている作業が捗るテクニックをお伝えしましょうそれは同じ場所で同じことをするということです著者の場合は例えば原稿を執筆する時は家ではなく必ず喫茶店と決めているそうですそうすることで喫茶店に行くと執筆が進むということがある徐々に脳に刷り込まれていくんですそして同じ行動を続ければ続けるほどその刷り込みが強化されていきます必ず決まった喫茶店で原稿に取り掛かるということが習慣化されたことで喫茶店に着くとすぐに脳が執筆モードに切り替わりスムーズに進めていくことができるそうです喫茶店を仕事場として選んだのにはもう一つ理由がありますそれはそこに行く際はパソコンや関連資料など執筆に必要なもの以外は一切持たないように言ってできるからです耐えて執筆以外のことをできない状態にすることでより集中力が高まると言うわけなんですこの効果を心理学の世界ではアンカリングかっこ条件付けと呼んでいますこの場所に行けば仕事をする気になるといった条件反射を活かせるようになるにはある場所を決め可能な限りそこで作業をする回数を重ねていきましょう会社の中だと自責でもいいし会議室でも良い休日やテレワークの人は喫茶店でもいいし自宅の決まった部屋でも構いませんいくつか例をあげると集中力が必要な企画系の仕事はお気に入りのスタバでしかしないとかアポ取りは使っていない会議室で行うとかルーティンワークは実績で行うといった具合でございますテレワークで自宅にいる場合は例えば家の中でも特に集中できる寝室の机は企画の立案など頭を使う仕事だけをするとか YouTube を見てくつろぐのはソファーだけとか事務作業は嘱託でやるといった感じで家の中をいくつかのエリアに分けるようにすると良いでしょうまだ場所に加えて時間帯も決めるとアンカリングの効果がより上がります例えば企画立案は平日の午前中に会社の近所のカフェで行うこのように可能であれば時間も設定してみてください場所と仕事を結びつけることで先延ばしにしてしまいがちな作業に集中して取り掛かることができるこのテクニックは誰でも簡単に行ってきますし聞いただけでもうまくいきそうな気がしませんかアンカリングは場所や時間以外でも様々なシーンで活用することができます例えば勉強読書日記ストレッチ散歩筋トレなどを習慣化したいけれどなかなかできない行動を習慣づけることにも役立ちますその場合はすでに習慣化していることの直後に新しく習慣化したいことをくっつけてしまいますそうすると1から新しい習慣を作る 始めることができるでしょうか答えはもちろん N さんです落ち込んでいるとか気分が沈んでいる鬱々としていると言ったテンションの低い状態よりも気分がいい気合が入っている興奮状態といったテンションが高い状態の方が私たちは動きやすいんですそれはなぜかすでに答えが分かっている人も多いと思いますが行動力の源となるドーパミンが出るからですやらなければいけないことがあるのに気乗りしない時は一時的に気分を高揚させることでドーパミンの生成を誘導し行動に手足をつけること持ってきます一時的なものであればテンションはね意外と簡単に上げることができるんです一番早く簡単な方法は栄養などと叫びながら拳を突き上げることです戦国時代の合戦でも行われていた方法ですからこれでテンションが上がるのは間違いありませんただ問題はね会社などでこれができるかですよね安心してくださいここまでできなくても少し体を動かすだけでも実はドーパミンを出すことができるんです例えば次のような動作を行えば十分です1背伸びをするに座りなおして姿勢を良くする3肩を回す4つま先立ちをするとその場で軽くジャンプする6自分の体の一部を叩く例えば4肩腕太ももなどですさてどうでしょうかこれならね会社の自分の席とかその周辺で簡単に実行できそうですよねテレワークなどで周りに人がいない場合は30秒間高速で腿上げをするのもおすすめですそれに似たことになると会社では階段移動や飲み物を買いに出掛けることも効果的ですちなみに飲み物を買う際はコーヒーなどカフェインが含まれるものを選ぶと良いでしょうなぜなら他店にもドーパミンの放出促す効果が確認されているからですあなたはすぐやる人になるためには強い意志や精神力がないといけないとこれまで思っていたかもしれませんがここまで紹介してきたようにほんの少しの工夫や習慣で行動力というのは大きく変えることができるんですそれが分かったからにはもう今日からでもご紹介したテクニックやコツを使ってやっていけそうですね最後に朝の時間の使い方を工夫しようというお話をして頃動画を締めたいと思います出勤前に家族との言い争いから1日をスタートした日はその嫌な気分が仕事にまで影響を及ぼしたりしませんか遅刻ギリギリの寝坊でバタバタとした朝はその後も落ち着かず普段は気にならない些細なことでカチンときてしまったりです疲れたから休みたいなーという気分の日は同じ仕事でもいつも以上に疲れてしまいますこれには心理学的な理由があるのでイライラしてしまっている自分を切り替えがうまくできない人間だと責めて嫌いになったりはしないでください気分一致効果という心理学で使われる言葉があるんですこの意味は気分がいい時は物事のプラス面が見えやすくなり逆に気分が悪い時は物事のマイナス面が見えやすくなるというものですということは朝のスタートを気持ちよく切れたらその日一日をポジティブに気持ちよく過ごせる可能性がとても高いんです例え日中に何かトラブルが起こっても短時間で平常心を取り戻し物事や人に対して柔軟な対応ができるようになります朝の時間をいかに気持ちよく快適に過ごせるかで1日の行動が決まると言っても過言ではないほど朝の過ごし方の影響というのは大きいんですそこで朝起きてから仕事を始めるまでの間に楽しみなことや自分をご機嫌にすることをルーティンとして見込むことをお勧めいたします好きなことであればあっという間に習慣化されるでしょう例えばゆっくりコーヒーを飲むとか朝ごはんに好きなものを食べるとか散歩をするとかりょうがやストレッチをするとか好きな曲を聴くとか瞑想する掃除をするなど何でも構いません起床後の数時間は脳のゴールデンタイムと言われておりますので早起きをして出社する前に企画戦略立案勉強など集中力を必要とすることに取り組むのもおすすめです行動に余裕ができてきた方は是非行ってみてくださいまだ気分一致効果のメリットを享受するために会社に着いてから仕事に取りかかる前にも気分が良くなる行動を一つ行うことをルーティン化すると良いでしょう例えば自分の席に着いたらいつものようにパソコンを開けていきなりメールのチェックを始める前に机の上をさっと拭くとかゴミ箱のゴミを捨てに行くとかコーヒーを入れる うまくやる気を出させてみましょうそれでは3件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント1やらなければいけないことがあるのに気乗りしない時は自分で一時的に気分を高揚させることでドーパミンの生成を誘導し行動に初速をつけることができる掛け声とともに拳を天に向かって突き上げるのが最も簡単な方法だがそれが出来ない状況でも少し体を動かすだけでもドーパミンが分泌されるポイントに朝の時間をいかに気持ちよく快適に過ごせるかで1日の行動が決まると言っても過言ではない朝起きてから仕事を始めるまでの間に楽しみなことや自分をご機嫌にすることをルーティンとして久美子もう会社に着いてから仕事に取り掛かる前にも気分が良くなる行動を一つを行うことをルーティン化すると良いさて皆様いかがでしたでしょうか本書ではまだまだ多くのすぐある人になるためのコツが紹介されております全てを完璧にやろうとするとまた動けなくなってしまうかもしれませんからまずは今日紹介したものの中で自分がすぐにできそうなものを自分に合いそうなものを37の骨の中から是非見つけ出してとりあえず一つ実践してみてほしいと思います個人的にはやるべきことをする時間と場所を決めておくというのは私も実際にやってみて非常に効果が高かったです例えば睡眠などでも寝室では寝る以外の行動をしないと決めておくことで脳は寝室に入った時にすぐにここは寝る場所なんだと認識することができ速やかに眠りにつくことがあってきますさらに朝の時間を気持ちよく過ごすことも自律神経を整えるという観点から非常にオススメだと思います本日は以上になりますこの動画がよかったよという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップに繋がりますので高評価ボタンとちゃん登録ポチッとよろしくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルも頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけるととても嬉しく思いますではまた次の動画で皆様と一緒に学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事
『トウキョウソナタ』『岸辺の旅』の黒沢清監督作品!映画『スパイの妻<劇場版>』蒼井優、高橋一生、坂東龍汰、恒松祐里、みのすけ、玄理、東出昌大、笹野高史の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
『トウキョウソナタ』『岸辺の旅』の黒沢清監督作品!映画『スパイの妻<劇場版>』蒼井優、高橋一生、坂東龍汰、恒松祐里、みのすけ、玄理、東出昌大、笹野高史の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 スパイの妻<劇場版>『ト...
人気コミックを本広克行監督が実写化!映画『ブレイブ -群青戦記- 』新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之、渡邊圭祐、濱田龍臣、鈴木仁、飯島寛騎、福山翔大、三浦春馬、松山ケンイチの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
人気コミックを本広克行監督が実写化!映画『ブレイブ -群青戦記- 』新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之、渡邊圭祐、濱田龍臣、鈴木仁、飯島寛騎、福山翔大、三浦春馬、松山ケンイチの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
どもども、さむたろうです^^ おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめていま...