【VODで読める電子書籍】『脳が目覚めるたった1つの習慣(瀧 靖之[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,430 (2022/01/17 22:10:25時点 Amazon調べ-詳細)
集中、モチベーション、記憶、思考・・・
能力もパフォーマンスも10倍アップ!
仕事ができる人を“科学的"に解明! !
もっと結果を出したい、タフに働きたい人へ
16万人の脳画像を見てきた脳医学者が明かす

1 好奇心を掻き立てる→2 コミュニケーションを楽しむ→3 有酸素運動で海馬を大きくする
3つのステップであなたの人生は劇的に変わる!
最新の脳科学からわかった“最強頭脳"メソッド

この本で紹介する脳の特性を知り、
それに逆らわない方法を身につければ、
仕事で成果を上げることも、時間を効率的に使うことも、
人間関係を豊かにすることも、ストレスに強い心身を手に入れることもできます。
1ページずつ読み進めていくにつれ、
あなたを変え、あなたの人生をも変える、
脳の驚くべき力を知っていくはずです。(「はじめに」より)

※電子書籍『脳が目覚めるたった1つの習慣(瀧 靖之[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『脳が目覚めるたった1つの習慣(瀧 靖之[著])』脳の特性を知らず闇雲に頑張ろうとしているそのような人達は様々な状況に悩んで苦しんでいます頭がぼんやりして仕事や勉強がはかどらないモチベーションが上がらない名前が覚えられない思い出せない自分のやっていることに限界を感じるなどなどこれらは誰もが経験したことがありそうなよく聞く悩みですよね脳医学書の著者からすると脳の特性を知らない人がどんなにやるぞ頑張ろうと決意してもやる気や集中力を維持することは難しいと言いますしかし脳の特性をしっかりと理解しそれに逆らわない方法を身につければ悩みの元となっていたことが自然とうまくいくようになるんですあなたを支えあなたの人生をも変える脳の驚くべき力を是非知って下さい皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回は東北大学カレー医学研究所の教授である滝康之先生の脳が目覚めるたった一つの習慣を解説していきたいと思いますとても勉強になる一冊でしたのでこれの方が見てこの方いいなと思っていただきましたらぜひ一度手に取って読んでみてくださいそれでは一緒に本書の内容に切り込んでいきましょう本日のお品書きは次の通りです1件で脳が目覚めるたったひとつの習慣について2件で脳のスイッチをオンにする具体的な行動について3件で脳を目覚めさせるのに有効な三つのステップについて解説していきたいと思いますそれでは早速源脳が目覚めるたった一つの習慣から解説をスタートしていきましょうかさて人間の脳にはねごくシンプルな本能的な欲求が備わっているんです食べたーい眠たーい休みたい楽しいことをしたい一言で言うと幸せになりたいという欲求です自分が心地いいものや好きなものに囲まれて安全に安心して暮らすこの人生を望まないという人はいないでしょう言わなくたって当然のことだしたったそれだけのことなのに忙しい現代人は脳に備わっている生物として当たり前のこの欲求を無視しがちなんですなので脳の活動が停滞した状態になってしまい働く気にならなくなってしまっていますあなたはいかがでしょうか毎日の生活の中で幸せだなぁと幸せを感じる瞬間が一度でもあるでしょうかないとかここ最近ちっとも幸せと思えたことがないよと思ったあなたは要注意ですのうがほとんど眠ったようになっているかもしれませんねかなり危険な状況であるとまず認識して欲しいんですやる気が出ないとか集中力が続かないとかモチベーションが上がらない物事が覚えられない思い出せない思ったような成果が上げられない脳の欲求を無視し幸せを感じていない人の脳は眠ったようにぼーっとしてしまうんですでも心配することはありませんそうであるならば脳を目覚めさせれば良いだけなんですそのためには幸せになりたい子の欲求を満たそうと脳に感じさせることが重要です自分を幸せにしてくれるものを取りに行くのだという意思が脳のスイッチをオンにして本来脳が持っているやる気や集中力といった潜在能力を引き出すんですあなたにとっての幸せの度合いを上げるために積極的に行動しましょうそれが本書のタイトルである脳が目覚めるたった一つの習慣ですその行動とは自分にとって心地いいことや楽しいことを積極的にやれば良いんですそれはいたって当たり前のことじゃないですかと思うかもしれませんがそれを行うことによって脳が活性化するということはきちんとデータにも現れているんですあるデータによると自らの幸せのために積極的に行動する人は実際に生産性も創造性も高いとされていますそしてカリフォルニア大学の心理学者 SONY AIBO 宮崎市の研究結果によると人が幸福を感じるよそのうち60%は遺伝や環境要因が大きく関わっているその人の幸福度を決める残りの40%は人が自らいいと思ってん何かを行うことにあるとされていますつまり4割はより幸せになろうと自分で行動するかどうかにかかっているというわけなんですビッグデータの収集活用において世界を牽引する研究者である矢野和男氏の著書によるとこの幸福を感じている人ほど動きが増えるという特徴に基づいて様々な会社で被験者となる社員の身体の運動量の測定とアンケート調査を行い分析をしましたその結果幸福だと感じている人は仕事の 幸福感をもたらすドーパミンが放出されずスイッチがオンにならないため様々な物事に関して脳の力を発揮できなくなっているはずなんですそうならないためには自分がなりたい理想の姿や手に入れたいものが自分を本当に幸せにしてくれるものなのか世間が良いとするものに惑わされていないのかということを冷静に考えて見極める必要があるんですそれではこの辺で一見の内容をまとめておきたいと思いますポイント市忙しい現代人は脳に備わっている生物として当たり前の欲求を無視しがちなので脳の活動が停滞した状態になり働く君にならなくなっているという人が多い脳のスイッチをオンにするのは自分を幸せにしてくれるものを自ら取りに行くのだという意思とそのための積極的な行動であるポイントに脳が心地よい好ましいと判断するとそれを受けて脳内で快感や幸福感をもたらすドーパミンが放出され報酬回路に関係する脳の領域が快感を覚えてその情報に対してやる気や集中力を大いに発揮するポイントサイトは実際に自分を幸せにしてくれるものよりも幸せにしてくれるはずだと思い込んでいるものに注目しがちでそれを追い求めて手に入れた結果幸せになれないケースがある主観的幸福度を上げる洗濯をして積極的に行動するためには世間の風潮や他人からの評価などに流されず自分にとっての幸せが何かを知ることが大切であるそれでは次に言で脳のスイッチをオンにする具体的な行動について解説していきたいと思いますさ天皇を目覚めさせるには主観的な幸福を手に入れるために自ら積極的に行動することが大切でしたでは世間の価値観に惑わされずに自分を幸せにするものを見つけ L 2はどうすれば良いのでしょうかそのための注目すべきポイントが二つありますポイント1好奇心を満たしながら生きることつまり自分が本当に好きなことや興味のあるものは何かを知りそれを追求しながら生きることです脳を目覚めさせ幸せと成果を手に入れるためには好奇心を満たしながら生きることを絶対に放棄してはいけないんですそしてポイントの二つ目がコミュニケーションを楽しめる仲間を持つということを私たちは誰かとつながることをコミュニケーションを取ることに本質的な喜びを感じるようになっております人間は昔から集団生活を営んできたためそのような生存本能が備わっているわけなんです相手と上手くコミュニケーションが取れそうなことが分かったら脳が活性化し脳の力を存分に発揮できるようになります好奇心やコミュニケーションは脳が本能的に好むものなんですそれらを追求することによって脳の欲求が満たされ脳が喜ぶんですそしてこの二つは同時に脳の機能も高めてくれます近年の研究で脳は何歳になっても機能を高められるということが分かってきております経験を通して新しい物事を理解したりこれまでできなかったことができるようになったりした時私たちの脳内には神経細胞同士をつなぐ枝と呼ばれるネットワークができますこの枝は情報が伝達される時の通り道であり使えば使うほど太く丈夫になっていきますこの枝を増やすのが好奇心を追求したりコミュニケーションを行ったりするんだ彼の数々の新しい経験なんですつまり脳が目覚めるたった一つの習慣主観的幸福度を上げる洗濯をして積極的に行動することにより日頃から脳の力のスイッチをオンにしていると物理的に脳が変わっていくということなんです誰が幸せになることとあなたの脳が健康になることはイコールなんですまだ記憶を司る部位である海馬に関しては神経細胞そのものが新しく生まれ変わるということも分かっています大人になってからも海馬の容量は増やせるつまり記憶力を上げることができるんですさらに会話は脳の司令塔である前頭前野に大きな影響を与えますから海馬の機能がアップするということは前頭前野の働きにとっても重大なことなんですこの海馬の神経細胞を新しく作り出すのがなんと有酸素運動であると言われています以外だと驚いた方もいらっしゃるでしょう有酸素運動を行うことで海馬の神経細胞が増え記憶に関わる脳の力が上がるとそれが前頭前野にも影響します脳の司令塔の能力がアップするということは脳全体を発達させる能力も高まるということを 瞬時に分析能力を高めるノルアドレナリンドーパミンやノルアドレナリンのバランスを調整するセロトニンといった思考や感情に関わる神経伝達物質の分泌を促す効果も認められているんです脳内の容量が増える上に脳の力もアップするという有酸素運動そして当然心肺機能や運動能力も維持あるいは鍛えられるわけですからやらない選択肢はないと思いますというわけで脳のスイッチをオンにするにはここまでお話しした1好奇心にコミュニケーションさん有酸素運動この三つのステップとともに脳にとって良い習慣を続けることが大切です何歳になっても脳を物理的に作り変えることができ成長させることが可能なんだということをぜひ覚えておいてくださいここで重要なのが脳にとって良い習慣を継続する際に頑張りすぎないと言うことを頑張りすぎて無理をしたりいやいや行ったりすることになってしまうと脳に深い嫌いだと判断されてしまってさほど効果がなくなってしまうんです無理やいやいやは幸せとは真逆の脳の欲求に逆らう声ですから快感をもたらすドーパミンが分泌されないというわけなんですそしてその状態が長期にわたって続いてしまうと今度はストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが分泌されてしまって脳のメモリである海馬が萎縮します海馬が萎縮すると認知症をはじめとする様々な疾患を引き起こす可能性がありますつまり頑張りすぎは効果がないどころかストレスが発生し脳に悪影響を及ぼしてしまうというわけなんです日本人は勤勉な人が多くて頑張り屋さんな人が多いですが頑張りすぎるということは脳にとってよろしくないんだということを覚えておく必要があるでしょう楽しんでいられることハードルがあまり高くないこれならできそうだと思えるチャレンジ2などの心身ともにストレスを感じないものを選んでやっていきましょうそれでは2件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市世間の価値観に惑わされずに自分を幸せにするものを見つけるポイントは次の二つ1好奇心を満たしながら生きることにコミュニケーションを楽しめるんだ鞄を持つことをポイントに脳のスイッチをオンにする具体的な行動として脳を活性化し脳の機能を高める好奇心とコミュニケーションそして海馬の神経細胞を新しく作り出し脳全体の機能もアップする有酸素運動の3ステップと共に脳にとって良い習慣を続けることが大切であるポイントさん何歳になっても脳を物理的に作り変え成長させることが可能である脳のために新しい習慣を取り入れる際はノー心身ともにストレスを感じないものをストレスになるほど頑張りすぎないことを無理に頑張りすぎると脳のメモリである海馬が萎縮し脳の疾患を引き起こす可能性もあるそれではラスト3件で脳を目覚めさせるのに有効な三つのステップについて解説していきたいと思いますさて3件では2件でご紹介した脳のスイッチをオンにする三つのステップ1好奇心にコミュニケーションさんいう酸素運動についてもう少し詳しく深掘りしてお伝えしていきたいと思いますそれぞれのステップを一つずつ取り上げて具体的に解説していきましょうまずは脳のスイッチをオンにする三つのステップの一つ目好奇心で脳が目覚める理由について解説していきたいと思います好奇心はまだ見たことないものや未知の世界に対して私たちが抱きますそれらの中には自分をより幸せにしてくれるものがあるかもしれないと脳が予想し期待するものがあるんですするとどう場面が放出されるのが気持ち良さを感じる幸せな気分になります好奇心は脳にとってのご馳走なんですこの幸せをもっと味わいたいもっと自分を幸せにしてくれるものを探しに行きたいのは常にそのような欲求を持っていますそしてそれが好奇心の正体のようです美味しい食事の刃大好きな仲間との談笑趣味に没頭している時やりたい仕事に携わっている時など自分にとっての楽しみを追い求め享受している時間はあっという間に過ぎていきますよねそれは脳がとてつもない集中を発揮しているからでありますさらに自分にとっての幸せを掴もうとしている時に出ているドーパミンはストレスをやわらげる働きもありますから楽しみの後に肉体的な疲労はあったとしても充足感や喜びのおかげで精神的にはむしろ元気になっていてよし明日からも頑張ろうという風に思えたりします 本質的な喜びを感じる行動のひとつなんです社会的動物である人間の脳は他人と共感し合いながら生きていくことで活性化するんです反対にコミュニケーションの能力が落ちてしまうと深刻に悩まざるを得ない状況に陥ることがありますコミュニケーション不全は毎年離婚原因のトップとしてランクインしておりますし近年増えている新型うつ病の原因もそれなのではないかという考えもあります懸念されるのがコミュニケーションをあまり行わない状況が続くと脳が半分眠った状態になっている可能性が高いということをコンビネーションを行う際は脳のあらゆる領域を使うためあらゆる領域が活性化するんですつまりコミュニケーション不全の状態が続いてしまうと脳が総合的に活性化する機会を失い続けているということなんです私たちの脳の中でも中枢と言える部分を前頭葉と言います前頭葉は前頭前野運動や運動前やの三つに大別でき施工やコミュニケーションを司る中心となるのが前頭葉の最前面にある前頭前野です前頭前野が司るに内容を細かく挙げると次の通りです言語理解コミュニケーション思考意思決定意識や集中注意を分散行動制御感情の制限想像力のコントロールなどがあります前頭前野は人間の脳の約30%もの領域を占めているんですがこれほど大きな前頭前野を持っている生物は人間以外には存在しません人間らしい精神活動ができるのは人間の前頭前野が大きく発達しているからなんですこの前頭前野が衰えちゃうと運動や運動前やに上手く指令を送ることができず思ったように行動できなくなったり思考の整理がうまくできず考えがまとまらなくなってしまうと言われていますそうなると社会生活を営む能力が低下してしまうということへと繋がりかねません前頭前野の機能低下はうつ病の原因であるという説もあるようです日頃からコミュニケーションを通して前頭前野を活性化しておくことは共存社会の中で人間らしく生きていく上で非常に重要なことなんですそれでは次ののスイッチをオンにする三つのステップの三つ目有酸素運動で海馬を大きくするということを解説していきたいと思いますスタで記憶全体をコントロールしている海馬の神経細胞の新生を促す効果があるのが人間でもお話ししたい有酸素運動になります有酸素運動といってもサッカーやっテニスのような激しいスポーツを行う必要はなくて1日30分のウォーキングでも脳の海馬の体積を増やすことが可能なんですそしてこの効果を得るのに年齢は関係ありませんアメリカあのピッツバーグ大学などの研究チームが2011年に発表した内容によると55歳以上の人が有酸素運動を6ヶ月続けたところ海馬の体積が増えたということがわかりましたどのような調査を行ったのかを少し述べておきましょう被験者は55から八十歳の現場な男女120人です彼らをくじ引きで二つのグループに分け一つのグループは有酸素運動かっこウォーキングを1日40分週3回行いもう一つのグループはストレッチングのみを行うようにしましたこれを6ヶ月間行ってデータを取ったところ有酸素運動したグループは海馬の体積が左右ともに2%前後増加したことが発覚しましたそしてストレッチングだけを行ったグループはなんと左右ともに1.4%前後の減少が見られたんですこの研究論文の執筆者各エリクソン教授は適度な運動を年間続けるだけで海馬のサイズを大きくすることは可能だと話しております有酸素運動はしっかり呼吸をして体内に酸素を取り込み酸素を使って筋肉を動かすエネルギーである脂肪を燃焼させながら行う運動ですとかは兄から中程度ウォーキングジョギングサイクリングエアロビクス水泳などがありますこれらをある程度継続すると海馬が大きくなり反対にしばらくを行わないでいると海馬の体積が減ってしまうということになりますダイエット目的とか体力が衰えないように軽い運動を習慣にしたいと思っている人はそこに海馬を成長させ記憶力がアップする手段であるという理由も加えるとさらにモチベーションが上がり取り組みやすくなるのではないでしょうか行う有酸素運動はウォーキングでもジョギングでもサイクリングでも構いませんどれをやるにしても一定の心拍数で行うことを意識するのがポイント 認知機能そのものが向上したという結果が得られているそうです脳の機能を向上させるためであれば買った10分の遅めのペースのジョギングでも効果があるなんて驚きですよねかと言ってもっと運動量を増やせばもっと早く海馬の神経触れるのじゃないかという考えは残念ながら正しくになるようですハードな運動をすると海馬の神経の新生を抑制するあるいは萎縮させる可能性があります何とで真逆の効果になってしまうというわけなんですなぜ逆効果になるのかそれは運動で疲れすぎると今度はそれがストレスになってしまうためです過剰なストレスを受けると脳内でコルチコイドというホルモンが分泌されますコルチコイドは元々はストレスの原因に立ち向かうために血糖値などを上げる働きをするものなので自分が辛い状況にある時に助けてくれるホルモンなんですが同時に海馬の神経新生を抑え動脈硬化をもたらすことが分かっていますそのため無理をして疲れてしまいそれがストレスとなって次に運動する機会が遠のいてしまうのであれば海馬を大きくすることは期待できませんそれよりもですね1日10分に10分でもいいですから日々歩くことを意識しましょう運動のために時間をとることが難しいのならばエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うなどして毎日どこかで運動ができるような習慣を身につけましょうその方が脳の健康にとっても全身の健康にとっても効果的だと言えます以上脳を目覚めさせるのに有効な三つのステップについて少し詳しくお話しさせていただきました私たちは仕事などに追われて毎日があまりにも忙しすぎるとスイッチ自分のことを考えるのを後回しにしてしまいますつまり本質的に脳が求めていることを自分は幸せになっていいんだということを忘れてしまいがちなんですすると団あと自分が何のために生きているのか分からなくなってしまったりするんです蓄積されたストレスに耐えきれなくなって心身を悪くしたりうつ病がきっかけで早い段階で認知症が引き起こされるケースも起こり得ますそのような状況に陥るのは何としても避けたいですよね本書のタイトルである脳が目覚めるたったひとつの習慣とは主観的幸福度を上げる洗濯をして積極的に行動することでした多忙な毎日の中でそれができていないよという皆さんは自分のために生きていいんだとか幸せになってもいいんだという許可をもっと脳に出してあげましょう脳が心地よい好ましいを味わえない日々が長く続いてしまうと自分が欲しているものがいったいなんだったか思い出せなくなってしまうかもしれませんそうなる前に好きなことを追求したいです大切な家族や友達と笑顔でいたいよく食べきちんと眠り健康な心身を維持したい脳の欲求をもう少し出来る限り優先してあげてほしいんですせめてね1日に一回最低でも週に1回休日を活用するなどして脳が幸せを感じられる瞬間を作りましょうやりたくない事をやらずに好きなことにだけ没頭できる時間を作ること会いたくない人に会うのはやめて会いたい人とだけ一緒にいられる時間を持つことを言う酸素運動を必ず入れるようにして適度に体を動かしてあげること今いる環境のしがらみにとらわれずにいることその環境から離脱することができないなら少なくとも精神的なリタイヤを目指すことをストレスにならない範囲でできることを意識して日常生活の中に取り入れてみましょうすでにいくつかを満たしていたら足りないものをどんどん補っていきましょう一度きりである自分の人生を幸せにする勇気を持ってください幸せを感じるば感じるほど脳は大きく目覚めますそしていつだってやる気や集中力を存分に発揮してくれるんです私たちはもっと幸せになって良いんですそれでは3件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市自分を幸せにしてくれそうなものが見つかりそうだとドーパミンが放出されそれを追い求め享受している時間は脳がとてつもない集中を発揮している楽しい時間ほどあっという間に過ぎるのはそのせいであるポイントにコミュニケーションを行う際は脳のあらゆる領域を使うためあらゆる領域が活性化するコミュニケーション不全の状態が続くと脳が総合的に活性化する機会を失い続け脳が眠ったようになってしまう日頃からコミュニケーションを通して脳を活性化しておくことは共存社会の中で人間らしく生きていく上で非常に重要であるポイントさんウォーキングなど息が軽くなるくらいの有酸素運動をある程度の期間継続すると海馬が大きくなり反対にしばらく行わないでいると 萎縮させる可能性があるので注意が必要ポイント4自分のために生きていい幸せになってもいいのだという許可を乗り出して脳が幸せを感じられる瞬間を一日一回以上最低でも週に1回は作ること幸せに向かって行動を開始した人の脳は目覚め本来の力を存分に発揮するさて皆様いかがでしたでしょうか本日の内容は非常に刺さる内容だったと思います私たちはなんだかね幸せになることに少し後ろめたさを感じていないでしょうか俺が幸せになれる理由なんてないよとかこんな幸せ長続きするわけないようになどとなんだか簡単に幸せになってはいけないようなイメージ持っていないでしょうかしかしもっとあなたの脳に幸せになっていいんだという許可を出してあげてほしいんです私たちはもっと幸せになっていいんです本日は以上になりますこの動画がよかったよという人は私の家リアップとさらなる動画のクオリティアップに繋がりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッと宜しくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルも頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけるととても嬉しく思いますではまた次の動画で皆様と一緒に行くか握手できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事