【VODで読める電子書籍】『乳酸菌がすべてを解決する(後藤 利夫[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

【乳酸菌は「お腹にいい」だけではありません! 】
この本は、乳酸菌の持つ「すごい健康パワー」を使って、
体と心のすべての悩みを解決する方法を書いた本です。

「乳酸菌ってお腹にいいだけじゃないの?」と思っている方は、
損をしています!
乳酸菌には、さまざまなパワーと可能性が秘められているのです。

その効果は、おもなものだけでもこんなにあります。

[乳酸菌のおもな効果]○がんこな便秘や下痢、肌あれを撃退
○アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー症状の改善
○血液サラサラ&血管年齢が若返る
○免疫力アップ&風邪やインフルエンザにかかりにくい体に
○内臓脂肪の蓄積を抑え、肥満を防止
○自律神経が整い、気分もスッキリ
○歯周病や虫歯の原因菌を減らし、口臭トラブルも防ぐ

乳酸菌が棲んでいる腸には、
私たちの体を守る「免疫システム」が集中しています。
なので、腸が汚れてしまうと、体や心にさまざまな悪影響が出てきます。

逆に、乳酸菌が腸をきれいに整えてくれれば、
あらゆる病気や不調を遠ざけることができるのです!

そうはいっても、乳酸菌商品はたくさんありすぎて、
どの商品・どの菌を選べばいいのかわからない…という方も多いと思います。

そこで本書では、改善したい症状別に、効果が期待できる菌を
「効果別乳酸菌リスト」としてまとめました。
あなたにぴったりの乳酸菌がきっと見つかるはずです。

また、いつ・どのくらいの量を食べればよいか?
効果的な食べ合わせは何か?など、
乳酸菌が最大限パワーを発揮するための方法も詳しく解説します。

【「腸が喜ぶ乳酸菌おすすめレシピ」つき! 】
巻末には、乳酸菌がおいしく摂れるおすすめレシピを掲載。
手軽に作れるものばかりなので、毎日の食事にすぐ取り入れられます。

【乳酸菌パワーで、健康&長寿な体になれる! 】
本書には、乳酸菌の力をより効果的に使うための方法が
たっぷり載っています。

あなたも本書を読んで、今日から「乳酸菌生活」をスタートし、
明るく元気な毎日を手に入れましょう!

※書籍『乳酸菌がすべてを解決する(後藤 利夫[著])』は現在U-NEXTでは扱っていません。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『乳酸菌がすべてを解決する(後藤 利夫[著])』腸を整える腸活が話題になり乳酸菌の入った飲料や食品などをあちこちで頻繁に見かけるようになりました皆さんは乳酸菌についてどのようなイメージがありますがお腹に良さそうだとかだから健康に良さそうだと言った感じではないでしょうか実はそれは乳酸菌の持つパワーのほんの一部でしかありません乳酸菌は私たちの心と体の全ての悩みを解決すると言っても過言ではない程の素晴らしい力を持っているんです免疫機能や脳のホルモン分泌などに関わる重要な器官である腸を整える守ってくれているのは乳酸菌なんですそれに加えて最近の研究では血液や口腔環境の改善アレルギー症状の軽減などにも乳酸菌が関わっているということが分かってきております私たちの体も心も強くしてくれる乳酸菌はまさに救世主的な存在なのです皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回は新宿大腸クリニック院長である石の後藤俊夫先生の乳酸菌がすべてを解決するを解説していきたいと思いますとても勉強になる一冊でしたのでこの動画を見ることによってこの本に興味を持っていただけましたら是非一度お手に取って読んでみて欲しいと思いますそれでは早速参りましょう本日のお品書きは次の通りです1件で様々な面で健康を支える乳酸菌について機嫌です自分に合う乳酸菌の選び方について3件で乳酸菌が最大限パワーを発揮する乳酸菌生活のメソッドについて皆さんに解説していきたいと思いますそれでは早速一見の様々な面で健康を支える乳酸菌から解説をスタートしていきましょうかさて私たちの体の中の乳酸菌たちは実は加齢とともに減少していくんですどれほど減るのかと言うと特に対策を取らなければ乳児期に100億個以上金等は50代を迎える頃には自然に1億個ほどつまりですねなんとひきはくぶんのいち利希になってしまうんですむしろ近年では乱れた食生活や極端なダイエットなどによって自らの腸内の乳酸菌を減らしてしまっている若者も非常に増えているそうです乳酸菌の数が減り腸の元気がなくなってしまうと免疫力が下がって病気にかかりやすくなったり慢性的な便秘やアレルギー症状が悪化したりと様々な悪影響が現れますそれらを回避するためにも今あなたのおなかの中で働いている乳酸菌を大切に育て増やし補充していくことを心がけましょう腸内の乳酸菌を増やし元気に働き続けてもらうことは健康長寿のために重要な要素です身体に良い作用をもたらす微生物のことをプロバイオティクスと呼びます菅乳酸菌のパワーはプロバイオティクスとして医学の世界でも注目されているんです現代医学の中心は生活習慣病に対して薬を使って数値をコントロールする対処療法でございますこの病気が起こってから対処する方法に対してプロバイオティクスは金たちのパワーを借りて体の中から体質そのものを変え病気にならないように予防していくことができるんです薬に頼ることもなく病気を未然に防げるならそりゃそれに越したことはないですよねこの乳酸菌のパワーを活用するためには加齢や生活習慣の乱れにより減り続けてしまう乳酸菌を毎日正しい形で取り補充し続けることが大切なんです乳酸菌を摂ることによって腸が綺麗に整い体の中から少しずつ体質が改善されさまざまな健康効果を得られることは既に多くの実験研究によって証明されておりますとえば次のような効果が報告されております市免疫力システムが強化され風邪やインフルエンザにかかりにくくなるに免疫システムの異常によって起こる花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を緩和する酸アトピー体質の遺伝率を下げるように潰瘍などの原因となるピロリ菌を激減させる後構内の歯周病の原因となる菌が大きく減少をさらに講習も改善するさていかがでしょうか免疫力が高まるということは元や様々な感染症にもかかりにくくなり病気になってしまった場合であっても治りやすい強い体に飼われるということでありますまた乳酸菌は肥満高血圧高血糖脂質異常症といった心臓病や脳卒中の要因にも効果を発揮します例えば脂肪を脂肪酸に分解して吸収を抑制してくれたり血圧の上昇を防ぎ血管年齢を 上記は基本的に脳や脊髄といった中枢神経からの指令を受けて動いています今日もその一つであり主に脳にコントロールされている副交感神経の影響により必要な時には活発に働き必要がなければ活動を休止していますしかし長にはそれ以外にも聴神経系という独立した神経ネットワークがあり脳からの指示がなくても独自の判断で動くことができるんです臓器の中で個々の能力を持っているのはねこの章だけで腸が第二の脳と呼ばれているのはこのためなんですどうも今日も独立した神経ネットワークを持っておりますからお互いに影響を与え合うという関係に行ってこれを常の相関と言います超の相関のわかりやすい形状としては緊張やストレスでお腹の調子を崩してしまうとか便秘が続いて気分が落ち込むと言ったことなどが挙げられますこの現象に大きな役割を果たすのが神経伝達物質のひとつであるセロトニンでありますセロトニンは別名幸せホルモンとも呼ばれていて気持ちを落ち着かせてくれたり幸せな気分を私たちにもたらしてくれます幸せホルモンといえば脳で作られるイメージが強いかもしれませんが実は8割から9割のセロトニンは腸で作られているということが分かっていますセロトニンは腸では大腸のぜん動運動を活発にするという重要な役割を果たしているんですセロトニン不足は腸の動きを悪くし便秘を招いてしまいますということは蠕動運動が正常に行われず便秘になっている状態というのは腸の鬱状態なんです逆にセロトニンが過剰分泌されると腸が活発に働きすぎて下痢を繰り返す原因になりますこれは腸の状態で過敏性腸症候群もこれが原因であります便秘月してしまうと長だけでなく脳でもセロトニンの分泌が悪くなって結果的に心も体も不調になってしまうんですということで少々説明が長くなりましたが乳酸菌で腸内環境を整えることは便秘を解消しセロトニンの分泌機能を正常に保つことにもつながるため心の状態を整えることにも関係するんです乳酸菌が私たちのメンタルにも良い影響を与えるという理由が分かっていただけましたでしょうかさで勝利は乳酸菌も含め日以内の約9割の細菌が住み着いていますその数は約100丁から1000丁5で人間の細胞の数をはるかに凌ぎ種類は数百重さにすると約1から2 km もありますそれだけの数の細菌が私たちの腸の壁に隙間なくびっしりと張り付いているんですしかも最近は一個一個がバラバラに動き回っているのではなく研修ごとに人塊になって製造していますその様子は品種ごとに咲き並ぶお花畑に似ていることからわかりやすく腸内フローラと呼ばれることもあります正式名は少し難しくて腸内細菌叢と言います腸内フローラには乳酸菌のようないわゆる善玉菌と言われる体を守ってくれる良い金ばかりではなく増えすぎると体に悪影響をもたらす悪玉菌そして状況によって善玉菌の味方をしたり悪玉菌の味方をしたりする日和見菌の3種類が住み着いております腸の中で善玉菌は発酵活動を悪玉菌は腐敗活動をしております金たちはそれぞれ自分たちが生存活動を続けているだけに過ぎないんですが私たち人間にとっては発酵と腐敗どちらが体によいでしょう発酵食品 VS 腐った食べ物を想像したらわかりますよね善玉菌は糖分や食物繊維を食べて発酵させ乳酸や酢酸などを作ることで腸内を弱酸性にします悪玉菌はタンパク質や脂肪を食べて腐敗させ発がん物質や毒性物質を作り町内をアルカリ性にしますよく健康関連の話などで善玉菌を増やそうなどと言われているわけですがその理由は次のとおりまず腸内の善玉菌が優勢になると腸内が弱酸性に保たれ悪玉菌の増殖やそれに伴う有害物質の生成が抑えられるんですまだ体外から侵入した甲斐のある金などもアルカリ性の環境を好むものが多いため腸内が酸性だと大体は山により死んでしまうんですただ悪玉菌はタンパク質を分解して便として処理できるようにしてくれておりますから完全になくなってしまってはいけない金でございます要するにバランスが重要なんです理想的と言われる腸内フローラのバランスは善玉菌に悪い いないんです乳酸菌とはね糖類を分解して誰をの乳酸をつくる細菌の総称でございます乳酸菌というと乳製品に入っているというイメージが強いかもしれませんが自然界のあらゆる場所に乳酸菌は生息しています人や動物の体内はもちろんその他にも地中海中植物の中などにもいます私たち人間は乳酸菌の存在を知るよりも古い時代から今となっても身近にある食べ物例えば味噌やチーズなどを作るためにその発酵力を利用してきましたヨーグルトやチーズに含まれているのは動物由来の乳酸菌ですそして味噌や醤油などに含まれているのは植物由来の乳酸菌です動物由来の乳酸菌は牛やヤギなどのミルクに含まれる乳糖を餌として育ち生きたまま腸に届けばヒトの腸内で長く生き延び続けることがあってきます植物由来の乳酸菌は植物に含まれるブドウ糖と果糖ショ糖などをエサとして育ち胃酸に強いため人の腸まで生きたまま届きやすいという特徴がありますそして善玉菌には乳酸菌の他に納豆菌酵母菌麹菌などがありますしかし善玉菌のほとんどを占めるのは乳酸菌なんです一大勢力である乳酸菌を応援することは善玉菌優勢の腸内フローラを作り出すことに大きく貢献してくれるということが分かるのではないでしょうか心身ともにね明るく元気な毎日を手に入れるためにも数ある健康法の中でも特に身近な方法であり比較的簡単に習慣化することができる乳酸菌生活をぜひスタートしてみようではありませんか非常に種類の多い乳酸菌ですが実はね人それぞれ自分に合う乳酸菌というものがあるんですなんでもかんでも乳酸菌を取れば良いというわけではないようです以降では自分に合う乳酸菌の選び方や乳酸菌のパワーを最大限に活用できる効果的な食べ方などを具体的に学んでいきましょうそれではこれで1件の内容をまとめておきたいと思いますポイント1乳酸菌を摂ることにより腸が綺麗に整い体とんだから少しずつ体質が改善され様々な健康効果を得られることは既に多くの実験研究により証明されている乳酸菌は排便関係だけでなく胃潰瘍心臓病や脳卒中の要因免疫機能肌の状態口内環境メンタルヘルスなどにも効果を発揮するポイントに腸内の善玉菌が優勢になると腸内が弱酸性に保たれ悪玉菌の増殖やそれに伴う有害物質の生成が抑えられるとともに外から侵入した有害な菌もほとんど死滅するポイント数ある乳酸菌とは糖類を分解して多量の乳酸をつくる細菌の総称で動物由来のものと植物由来のものがある胃酸に強く腸まで生き残りやすいのは植物由来の乳酸菌であるポイントイオン善玉菌のほとんどを占めるのは乳酸菌のため一大勢力である乳酸菌を応援することがある善玉菌優勢の腸内フローラを作り出す事に大きく役立つそれでは次に言の自分に合う乳酸菌の選び方について皆さんに解説していきたいと思いますので一見ではね乳酸菌が私たちの健康にとっていかに重要な役割を担ってくれているかをお話ししてきましたそんな乳酸菌は腸内の限られたスペースの中で日々悪玉菌との縄張り争いをしているんですしかしどんなに年齢が若くても乳酸菌が元気に活動できる環境は不摂生や暴飲暴食などを重ねるたびにどんどん崩れていってしまうんです私たちはそうして知らず知らずのうちに悪玉菌を応援するような行動をとってしまっているんです自分の心と体の健康のためにぜひ乳酸菌の味方になり乳酸菌を腸の中で大切に育てていくそのためには不摂生や暴飲暴食などを極力止めることが大切ですがそうは言っても全くのゼロにすることも難しいでしょうたまにみんなで集まって飲み会に行くのも気分転換や息抜きになりますそこで乳酸菌を応援するために食事を通して毎日続けられることとして次の2通りの方法を取り入れてみましょう1乳酸菌をしっかりとって腸に援軍を送ることに乳酸菌の働きをサポートしてくれる食物繊維やオリゴ糖を摂ることを乳酸菌は基本的にどの機種でも1件でお話ししたような素晴らしい効果を一通り持っていますそしてその基本の働きに加えてそれぞれに得意分野が 効果の高い乳酸菌は高血糖の人にオススメってきますそして免疫細胞によく効く乳酸菌であれば体質改善をしてアレルギー症状を緩和したい人こそ積極的に摂るべきでしょうまた整腸作用や美肌効果を期待する方は大腸に住み着いているビフィズス菌を摂取することにより効果を得ることができるでしょう乳酸菌を含む食品の中で最も手軽に毎日乳酸菌が取れるものといえば何でしょうかそれはおそらくで皆さんが真っ先に思いつくあの食品その通りでございます牛乳を乳酸菌によって発酵させて作るヨーグルトであります毎日ヨーグルトを食べ続ければ腸内の乳酸菌を応援し体質改善を図ることが可能であると著者は述べているんですヨーグルトはビタミンa ビタミン B カルシウムタンパク質などの栄養素も摂れますそして牛乳に服割れるタンパク質や脂質糖質などが発行することである程度分解され長への負担が少なくなっているというのも嬉しいポイントですもちろんね生きた乳酸菌を含む食品はヨーグルトだけに限りません味噌や醤油チーズ漬物やキムチなども乳酸菌の力を利用して作られますしかしね毎日食べ続けるとなるとやはりヨーグルトが継続しやすいのではないでしょうかということでここから乳酸菌生活の入門編としてヨーグルトの選び方などをご紹介していきたいと思いますこれからのお話は乳製品を食べないあるいは取ることができないという人もヨーグルト以外の食品から乳酸菌を摂取することを考えながら聞いて頂けたら大変参考になるお話が多いと思います豆乳やアーモンドミルクなどを発酵させて作るヨーグルトでも良いでしょうし漬物キムチザーサイ醤油みりんお酒などその他のこうしょくひん空手もしっかりと乳酸菌を取ることは可能ですからぜひ聞いて行ってくださいさて今はどこの売り場に行ってもヨーグルトの種類はね数種類から多ければ何十種類もありますよねそして商品ごとにパッケージに様々な効能がうたわれておりますどれを選べば良いのか分からないもしくはどれを選んでも同じでしょと思っていたという人はぜひこれからはご自身のお腹にあったヨーグルトを選ぶようにしてほしいと思います腸内フローラというのは人それぞれ異なりますから一概にこのヨーグルトがいいですということは言えないんですどのヨーグルトのどの金が自分に合うのかは実際に食べてみないとわからないというわけなんですですからね最初はあまり深く考えずに気になったものを選んでみるか商品のパッケージを見て美肌便秘解消ダイエット免疫力強化など自分が求めている健康効果に合いそうそうなものを一つ選んでみるとよいでしょうひとつ決めたら自分に効果があるかどうかを試す期間としてまずはそのヨーグルトを2週間食べ続けてほしいそして効果があればそのヨーグルトを継続すれば良いしあまり効果が感じられなければ他のヨーグルトを試して欲しいんですこの繰り返しで自分に合うヨーグルト自分に合う金を探すしか方法はないんですそれではなぜ2週間の継続が必要なのでしょうかそれは腸内環境が変わるまでには時間がかかるためです2日3日で腸内の乳酸菌が一気に増えるということはないんです例え自分に合う乳酸菌を含むものを選んでいたとしても多くは遺産などにやられてしまうため生きたまま腸に到達できるのは摂取したもののうちほんの一部だけなんですまた外から取り入れる乳酸菌の寿命は長くて2週間ですなので食べ続けて少しずつ腸内の乳酸菌をしていく必要があるというわけなんです2週間ほど毎日食べ続けてやっと効果が現れるほどの菌数になります注意点としましては目的によっては効果を感じるのに2週間以上を要するものがあるということを本書にまとめられている症状別の効果が出始める時期をご紹介すると次の通りになります2週間前後必要とするものは便秘肌荒れ歯周病口臭硬結圧高血糖高コレステロール血症高尿酸血症そして3週目以降から効果が現れるものは肥満ストレスピロリ菌などそしてそして5週間前後で効果が出始めるものはアトピー花粉症インフルエンザかっこ免疫力アップ潰瘍性大腸炎などが挙げられますそして花粉症やインフルエンザなど季節的な流行のあるものは症状が出始める時期の少なくとも3ヶ月以上前から乳酸菌 成分のことでありますプレバイオティクスには食堂や医院などで分解されずに腸まで届き善玉菌のエサになるそして悪玉菌の増殖を抑えるなどの特徴がありますその代表がオリゴ糖と食物繊維でありますこれらを乳酸菌と一緒にとっていただくだけで乳酸菌がより元気に活動することができます乳酸菌は盗塁も餌として転んですがだからといってねたん水化物を多く取れば良いという話ではないんですなぜなら乳酸菌の元に辿り着くまでにそのほとんどが体に吸収されてしまうからです体内に吸収されにくく通常の砂糖と比べてカロリーも約半分ほどしかないオリゴ糖であれば腸まで届くため乳酸菌も喜びますまた低カロリーですから太りにくいのも利点でありますオリゴ糖は人工甘味料のイメージが強いかもしれませんが豆類豆製品ごぼうアスパラガス玉ねぎなどの野菜類にも含まれている成分になりますまだオリゴ糖を含む食品は食物繊維も豊富に含んでおりますそれが尾根乳酸菌と同時に摂ることで腸内環境改善の効率が上がるので是非お勧めになりますそれでは2件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント1°cのヨーグルトのどの金が自分に合うのかは実際に食べてみないと分からない腸内環境が変わるまでには時間がかかるため最低でも2週間の継続が必要ポイントにヨーグルトは食品のためメーカーが歌っている効果が必ず出るとは限らないが薬とは違い副作用はほとんどなく少しずつ体質を改善して病気になりにくい強い身体を作る乳酸菌で体質改善を図るためには自分に合うヨーグルトや金を知っておくと良いポイントスタンドの乳酸菌も腸内を酸性にする効果は共通しているまた腸までたどり着く前に死んでしまった乳酸菌でも血中のコレステロール値を下げる働きなどは変わらず乳酸菌のエサにもなる為健康の役に立っているポイントイオンプレバイオティクスは食道や胃などで分解されずに腸まで届き善玉菌のエサになるよって善玉菌が増えさらに悪玉菌の増殖を抑えるプレバイオティクスの代表であるオリゴ糖と食物繊維乳酸菌と一緒に摂るのがオススメそれではラスト3件で乳酸菌が最大限パワーを発揮する乳酸菌生活のメソッドについて皆さんにご紹介しておきたいと思いますさてここまでで体質改善のためには自分に合った乳酸菌を毎日摂るのが良いということがわかりました皆さんが次に知りたいのはではいつ食べれば良いのかそしてどのくらい食べれば良いのかといった情報でしょう3件では乳酸菌が最大限のパワーを発揮するための乳酸菌生活の女ちょっとずつピックアップしてご紹介していきたいと思いますそれは次の五つでございますメソッド1ヨーグルトを食べるタイミングはいつが最適化メソッドにヨーグルトは1日どのくらいの量を食べれば良いのかメソッド3ヨーグルトの乳酸菌パワーを判断する指標はあるかメソッド4違う種類の乳酸菌食品を同時に飲んだり食べたりしても良いかメソッド5オリゴ糖や食物繊維が多く含まれる食材とはさでどれもみなさんが知りたいことですよねではこれからちょっとずつ具体的に取り上げて解説していきたいと思いますそれではまず一つ目の乳酸菌が最大限のパワーを発揮するための乳酸菌生活のメソッドヨーグルトを食べるタイミングはいつが最適化について解説していきたいと思いますまずは食前か食後かで言うと食後に食べる方が効果的になりますなぜなら食前よりも食後の方が胃酸が薄まっていてニュース山金が生きて腸まで届く割合が増えやすいからであります例え朝ごはんは軽めでヨーグルトが中心になっているという場合でもフルーツや野菜などを軽く何かを食べてからヨーグルトを食べるようにすると良いでしょうではあさひるよるどの時間帯の食事にヨーグルトを取るのが効果的なのかと言うと1日のうちいつ食べるかは特に気にする必要はないと著者は言います毎日朝食後などタイミングを決めておく方がヨーグルトを食べますれる可能性は低いでしょう万が一ヨーグルト1日食べ忘れたとしても金数が急激に減ることはありませんから忘れたことに気づいたらまた取るようにしていただければ大丈夫ですただし血糖値コレステロール値血圧になどへの効果を期待する方に関しては毎食後1日3回食べることをお勧めいたします著者はヨーグルト1日に一個食べるだけでも良いが超 ヨーグルトは1日どれぐらいの量を食べれば良いのかについて解説していきたいと思いますさて1日あたりのヨーグルトの目安の摂取量はどれぐらいなのでしょうか様々な実験結果によると1日に100 G を2週間取り続けると効果が出ると言われていますただいくら副作用の心配がなく健康に良いとわかっていてもヨーグルトを食べ過ぎて含まれる脂肪文やった公文まで必要以上にとってしまうのは体にとって良くありません著者の考えとしては100 G の食べきりサイズを1カップでも良いだろうとのことです200 G って結構な量ですからね特に肥満や脂質異常症の傾向がある人は食べ過ぎには注意するとともに低カロリー低脂肪のヨーグルトを選ぶようにしましょうと著者はいいます先程お話しした通り血圧や血糖コレステロールへの効果を考える場合は小分けにして毎食後にヨーグルトを食べるのがベターですがそうでなければ100から200 G 程度のヨーグルトであれば一食でまとめて取っても大丈夫です小分けでもまとめても体内に入る菌の量や働きは変わりませんそれでは次乳酸菌が最大限のパワーを発揮するための乳酸菌生活のメソッド見つめヨーグルトの乳酸菌パワーを判断する指標はあるかについて解説していきたいと思いますさて含まれている乳酸菌の数小まで届く烈ショーで生存できる日数が一つの目安になります金数は100億個以上は欲しいところで生きて腸まで届くという記載があるものを長く帳に止まると記載されているものを基準にヨーグルトをチョイスするようにすると良いでしょうしかし最終的にその金がどのくらい優秀なのか自分に合うのかどうかは実際に2週間は試してみて自分の体で判断しないと分かりませんちなみに飲むタイプのヨーグルトでも固形のヨーグルトでも含まれる錦秋近数が同じなら効果が同じだそうです飲むか食べるかは好みで選んで頂いて大丈夫でありますそれでは次乳酸菌が最大限のパワーを発揮するための乳酸菌生活論メソッドよっつめ違う種類の乳酸菌食品を同時に飲んだり食べたりしてもいいかについて解説していきます結論を言うと善玉菌同士は餌を取り合って競合することがあってもどちらも酸性の環境を好む乳酸菌の仲間ですから喧嘩になる事はありませんなので動物由来と植物由来の乳酸菌を食べ合わせることに対しても同じことが言えますので安心していただきたいと思いますそれでは次乳酸菌が最大限のパワーを発揮するための乳酸菌生活のメソッドいつつめオリゴ糖や食物繊維が含まれる食品とはについて解説していきたいと思いますさて最後にプレバイオティクスの代表であるオリゴ糖大谷食物繊維を多く取れる食品をまとめておきましょうかぜひ毎日乳酸菌と一緒にとって美しい蝶を作るのに役立ててほしいと思います100 G あたりオリゴ糖が多く含まれている食材はきな粉7.0 G ごぼう3.6 G 玉ねぎ2.8 G エシャロット2.8 G 納豆2.0g はちみつ1.5 G にんにく1.0グラムバナナ0.3 G ですからこういった食品からオリゴ糖を補給するのがおすすめでございますそして食物繊維が多く含まれている食材としましては穀類豆類野菜類種実類イモ類ココアきのこ類海藻類などが挙げられます不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく摂ることがポイントでありますそれでは産業の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市食べ物を入れた後の岩胃酸が薄まっているのでヨーグルトまたは生きた乳酸菌を摂る目的の食品やサプリを口にするのは食前よりも食後がおすすめポイントにヨーグルトは様々な実験結果によると1日に100 G を2週間取り続けると効果が出ると言われているが1日に食べきりの100 G のサイズをカップでも問題ないカロリーや脂質の摂りすぎにならないよ食べ過ぎには注意することをポイント3ヨーグルト選ぶときはドリンクタイプ固形タイプにかかわらず金数は100億個以上生きて腸まで届くという記載があるものを長く帳に止まると記載されているものを基準に選ぶようにすると良いポイントイオン違う種類の乳酸菌食品を同時に飲んだり食べたりしても問題ない善玉菌同士は喧嘩をしないので安心して積極的に摂るようにしようさて皆様いかがでしたでしょうか乳酸菌が体によいことは知っているけどそれ以上のことは特に知らないとか良いと言われているから取り ください本日は以上になりますこの動画がよかったよという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッと宜しくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルも頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけるととても嬉しく思いますではまた次の動画で皆様と一緒に学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事