【VODで読める電子書籍】『結婚滅亡 ~「オワ婚時代」のしあわせのカタチ~(荒川 和久[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

「結婚が作られず」「「結婚が壊される」――。

2040年、人口の5割が独身(=ソロ社会)という時代がやってくる!

それは「絶望の未来」か? それとも「希望の未来」か
“オワ婚"時代の「結婚」「家族」「コミュニティ」「しあわせ」について、
豊富なデータをもとに、独身生活者研究の第一人者が
視点を多重化して考察した1冊。

いつもの風景も視点を変えれば、新しい「発見」がある!

※電子書籍『結婚滅亡 ~「オワ婚時代」のしあわせのカタチ~(荒川 和久[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『結婚滅亡 ~「オワ婚時代」のしあわせのカタチ~(荒川 和久[著])』日本は他国に比べて結婚は必ずすべきだ結婚はした方が良いと考える人が多いしかし今の日本は毎年結婚率が下がり離婚率は3組に一組を切ることがない人口は減り続けているなぜこのような状況になっているのか結婚はしなければいけないのかしたほうがいいのか皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回は荒川和久さんの結婚滅亡オワコン時代の幸せの形を解説していきたいと思いますそれでは早速本日のお品書きは次の通りです1件で未婚者が増える本当の理由について2件で結婚の宗教観について解説していきたいと思いますどれも非常に興味深い内容になっておりますのでぜひ最後まで楽しんでご覧になってくださいそれでは行きましょうまずは一見の未婚者が増える本当の理由について解説していきたいと思います日本の婚姻数は年々減少し独身で生きる道を選択する人が増えております結婚をしないということは子供が出来ないということですから毎年人口が減少している日本では特に未婚化が問題視されているわけなんです日本で一番婚姻件数が多かった年は第2次ベビーブーム期にあたる1972年の年間1099984組でしたそれがね2018年になるとなんと年間586438組へと減少していますちなみにこれは前年の2017年から約2万組も少なくなっているんです今後も日本の人口は減少し続けるでしょう国立社会保障人口問題研究所によれば2100年には人口が5972万人までに下がると推計されておりなんとそれは今からおよそ1年前の1920年大正14年の人口5974万人とほぼ変わらないんですしかし今後急いで新たな少子化対策を打ち出したとえそれで出生率が多少改善されたとしても残念ながらこの大きな流れは止まらないでしょうこれは今のお母さん達の性というわけではありません日本だけに限らず平均寿命が伸びれば出生率は必ず減ってしまうんですですからお母さんたちがね昔に比べて子供を産まなくなったというのは自然なことだと言えるんです縄文時代まで遡ると女性は一人当たり8人ほどの子供を産んでいたそうですしかし当時はね乳児死亡率が高くて生まれた子供の半分はなんと15歳までに亡くなっていたんですですから子孫を残すために必然的に産む子供の数も多かったというわけなんですそして長い歴史を通して乳児がなくなること頑張れ恵那環境になればなるほど女性はたくさん出産をしなくなりました乳児死亡率が低いことは平均寿命が延びたことに大きく影響しているため平均寿命が延びるにつれて子供の数が減っていると言えるんです人口学的には人類は多産多死た参照し松さん松推し松さん達というサイクルで流れていきます現代の日本を含む確定申告は賞賛鞘腫のステージを歩んでおり日本はやがて世界に先駆けて松さん都市国家となりますちなみに国立社会保障人口問題研究所の日本の世帯数の将来推計によると2040年には男の3人に1人女の5人に1人が50歳時点まで煮込んであると推測されていますこの推測に違和感を感じないのは私だけではないと思います私の周りもそうですがおそらく皆さんの周りでも十数年数十年前に食べると独り身の中年男性中年女性をとても多く見かけるようになったのではないでしょうか日本にはかつて解雇ん地雷と呼ばれる時代がありましたそれは国勢調査の開始を始めた1920年から1980年代までの40年ほどでございます驚くことに95%の男女が50歳までに結婚していたんですこの階コンコースが日本の人口を10000万人を突破させるまでに急成長させた原動力でもありました何でほとんどの人が結婚できていたのかというとその理由は当時の日本人が恋愛意欲旺盛で男性は今よりも肉食であったとかどうやらそういうわけではなさそうなんですそれよりも国による血行保護政策でもあった明治民法が非常に有効であったと認識した方が良いです1898年に施行されたこの明治民法により日本人 タイルは崩壊していきますほとんどの家庭で夫は外で仕事妻は家事と育児という夫婦役割分担制が当たり前となってそれは徐々にあるべき夫婦の規範となっていきました女性は経済的自立と自由をなくし女性にとって結婚とは生きるための就職のような位置付けになったんです結婚保護政策により見事に機能したのがお見合いでございますこの社会的なマッチングシステムができたからこそ異性へのアプローチが苦手な人であっても気になる相手が自然にできなかった人でも結婚ができていたんです戦前戦後のお見合い結婚は全体の約70%を占めていましたが現在は結婚相談所がきっかけになったケースも含めてなんと5%程度しかありません衰退していたお見合い結婚に代わって伸びていたのが恋愛結婚でございますこの恋愛結婚の中には職場での出会いによる結婚も含まれています注目すべきポイントとして当時の職場結婚は職場以外での恋愛結婚とは違い社会的マッチングシステムの一つとも言えましたもちろんお見合いよりも自由度が高いですがこれも出会いのきっかけとしてお膳立てされていたということは間違いありませんそしてこの職場での恋愛も今は激減しているんですセクハラ問題として報告されかねないため職場の若い男性にとって同じ職場の女性に気軽に声をかけることすらハードルが高くなってしまったんです少なくとも日本人の婚姻数が減った異様には今のベタお見合い結婚と職場結婚というお膳立てこの現象にあるんですまたお見合い結婚が減り恋愛結婚が増えたとともに副作用的に増えたことがありますそれは離婚でございますお見合い結婚が主流の時代よりも恋愛や結婚に対して自由であるはずの今煮込ん化が進んでいるその理由の一つとして離婚が増加しているということは確かでしょうですからお見合いというお膳立て金の仕組みは婚姻率を上げるだけではなく離婚の抑制にも繋がっていたのではないかと思われます未婚化が進んでしまった要因は複数あります例えば1990年代は激動期でしたバブル崩壊後に経済環境が大変化したことにより終身雇用と年功序列という会社制度が破綻して行きます同じ会社に勤め続ければ安泰が約束されていた人生安全だったはずの未来そんな生き方が標準だったり日本の社会は崩壊して言ったんです雇用者平均給与が下がり大卒の求人数が減少それが第二次ベビーブーム世代の就職機に重なったため就職何が起こりましたそして正社員になれなかった若者が増えたことによりフリーターやニートという言葉も生まれ社会問題化して行ったんです阪神淡路大震災地下鉄サリン事件といった悲しい災害や事件が起き人々は大きな不安にさらされましたケーキも結構も出生数も失われ離婚や自殺が増えたそんな1990年代に五十歳人未婚率が急上昇し始めたんですこうした経済的不安社会的不安が未婚化を推進した面もあるでしょうから90年代の社会環境の変化も離婚かの原因になったと見るのは正しいでしょうですがやはり本質的には明治民法以来続いた結構保護政策が昭和が終わると共に消滅して言ったことが大きな要因だったはずですでは個人の価値観や意識の問題は未婚かにどれほど影響しているのでしょうか最近は草食男子が多いとか若者の AI 離れが問題だと言った言葉をよく耳にしますが実は若者時代の恋愛率というのは昔からさほど変わっていないということが分かっています意外でしたでしょうか実際に恋愛をしている未婚男女率は1982年以降の30年間一度も33%以上つまり3人に1人以上という統計になったことがないそうです著者はこのこと恋愛教師は3割の法則と名付けています恋愛ができる男女はいつの時代も大体3割ほどしかいないですから若者の価値観の変化により未婚化が進んだということではないんですそもそも離婚家の背景には個人の努力では何ともならない人口構造上の問題があるんですそのうちの一つが男余り現象なんですよ2015年のデータにより日本の未婚男性と日本女性の人口差を見ると全年齢 OK 結婚したとしても340万人の未婚男性は相手がいないということでございますどう頑張ったって結婚できないんです結婚を選ばない未婚女性がいることも考慮すると実際にはもっと多くの男性が余ってしまうということになるんですこの数字は皆さんの想像以上だったのではないでしょうかさらに秘宝は続きます離婚男性の再婚率は高くしかもその相手が初婚女性であることが多いんですとなるとですよ男余りという状況はますます厳しくなるばかりです同じ男性がね結婚と離婚を繰り返すこれを時間差一夫多妻制と呼びます時間差一夫多妻制は3割の恋愛教師は男性の中でおき一方そうではない多くの未婚男性が生涯一度も結婚できないんですさてここまでで結婚願望のある未婚男性には以上に悲しい事実をお伝えしてきたわけなんですが実際結婚に苦労するのは女性の方だという見方もできるんですこんなデータがあります結婚適齢期と言われる年代である20から34才までの未婚男女の人口されは99万人もの男余りでございますしかしいくらたくさんの未婚男性が余っているとしてもそもそも彼らに結婚意欲がなければ結婚の対象にはなりえないですよね結婚よくがある男女というフィルターをかけた場合の未婚男女人口差は次の通りです結婚したい男性299万人に対して結婚したい女性は308万人ここで男女が逆転して9万人の女余りとなってしまいますなんだよだからか9万人じゃないかそうやって安心することがあって行けません20台だけに限ると見込ん人口それは55万人の男まりなのに対して結婚を望む沈降で考えると25万人も女あまりになるそうですそれだけ結婚したいと思っていない若い未婚男性が多いということでございますまだ2018年に内閣府が行った意識調査では結婚したい20歳から40歳代の未婚女性の約3割は結婚相手に求める年収を500万円から700万円としておりますそして全体の72%が年収400万円以上を希望しているんですと心がそれに対して現実はどうでしょうか20歳から34歳の未婚男性で年収が400万円以上ある人はなんとたったの19%に過ぎないんです72%の女性が相手に年収400万円以上を希望しているしかし実際は19%しかいないですから差し引き53%の婚活女性は余ることになります結婚したいん未婚女性人口である308万人にこの53%を乗じると結婚したいのに結婚する相手がいない女性が163万人もいるということになりますこうしてねリアルな数字を突きつけられると現実はなかなかシビアでございます高収入の女性が専業主婦として低収入の男性を養うというマッチングが起これば結婚できる人たちが増えるのではないだろうかという希望は残念ながらほぼ内装レスニコンの高年収女性は結婚相手に自分より年収の高い男性を求めるという特徴があるんですですからその対象者になる相手は少なくてだから離婚率が高いということになりますまた男性にも自分より収入の低い女性を希望するか方今思考があります自分より高収入の女性に女の私が養うからと誘われたところで自分より年収の多い女性はちょっとなーと拒否してしまうんですこれが男のプライドというやつでしょうかさてここまで未婚化が進むという面だけに着目してきましたが離婚が増えたということも忘れてはなりません日本は2001年からずっと三組に一組が離婚するという状況が続いております離婚するのはもはや普通という時代になっているのかと残念に感じるかもしれませんがそもそも皆さんは誤解をしているんだと著者は指摘しているんです日本はもともと離婚大国で江戸時代から明治の初期にかけては世界上位だったそうですそこから離婚を減少させたのが少し前にもお話しした国家的な結構保護政策だったと言える明治民法でございますこれもすでにお話ししてきた通り江戸時代から明治の初期にかけて離婚が多かったのは当時の夫婦が共働きで経済的 衰退した1980年代から上昇し1998年には特殊離婚率が30%を突破しましたその後ほぼ9割が恋愛結構隣2017年までずっと離婚率が3割を切ったことがないという状態が続いていますではなぜお見合い結婚は離婚をする可能性が低いのでしょうかちょっと気になりますよねお見合い結婚をした二人は結婚したばかりの頃はまだお互いのことをあまり分かっていないんですもしかしたら周りからの圧などを気にして不本意な結婚をした人もいるかもしれませんここからは推測になるんですが初めにマイナスな感情を抱きながら接していた人が降ると感心できる姿をチラッと見せた時可愛らしい一面を見せた時などそのギャップにキュンとしちゃってね好感度が上がるということがあります誰でも日々経験していることではないでしょうかこれがお見合い結婚の夫婦の間にも怒って日々を過ごしていく中でそうしたカーテンがされていく関係性が生まれるその可能性は恋愛結婚よりも高いと思われます恋愛結婚した二人の幸せのピークは結婚式と言われたりしますその後共に過ごす時間が長くなればなるほど今までは見れていなかった欠点ばかりが目に行くようになるんです今まではね恋は盲目状態であーこの人のことを私好きだわあとね恋愛結婚をしたわけなんですが一緒に暮らし始めとあれこの人にはこんな悪い面があったのかと欠点ばかりが目に行くようになるマイナスから良い方向へ加点される場合は上限がなくどんどんと点数が積み重なっていくわけなんですが幸せのピークを迎えた後の原点は100点からのカウントダウンになるため令点に近づくにつれて離婚の可能性がちらついてくるのではないでしょうかんあい結婚が離婚に結びつきやすいというのはこのようなことが原因としてあるのかもしれませんいやこれは非常に納得できる考え方ですよねやはり最初からめちゃくちゃ高いプラスの段階から始まる恋愛結婚だとあとは減点方式しかありませんから結婚してみるとこの人この点も悪いこの点も気になるわと言ったふうにどんどん相手の悪いとこばかりが目についていくその結果以前よりもあれ全然好きじゃなくなってきているなと感じるようになって離婚を選択する人が多いということなんでしょうね結局未婚かは現代のダンジョン未婚者の価値観が昔と比べて変化したからということではなくて実行常経済環境上の構造的な問題に起因しているということでございます明治民法による結婚保護政策は明治以降からバブルが崩壊する頃までのアイコンに驚くほど貢献したんです特に安政の結婚にとってお見合いや職場での塩というお膳立てまた社会的信用のためにという大義名分は重要で効果的だったに違いありませんしかしですよそんな開墾の時代はもうとっくに終わりを告げてしまいました今結婚できないなんて努力が足りないよとか結婚に向けてもっと自分を磨くべきだよなどという自己責任論を押し付けるのは無意味であると著者は指摘しておりますむしろやってはいけない時が経ち社会環境が変わろうとも恋愛をして結婚する3割の業者は存在しますし彼らは何もしなくても自分たちで勝手にやるでしょうまた7割の恋愛弱者の男女たちに個人の努力を押し付けるのも間違いでございます無理なことできないことを気合で頑張るんだとかそろそろ焦った方がいいよと煽ったって仕方がありませんこれについて著者は今起きているのは未婚かでも既婚かでもなくもはや非婚彼であり非婚彼だと語っています非婚化や非婚化を決意した男性は現実的な情報を見ようともしないし見たとしても不要な情報だという答えで終わってしまいます高収入ではなくても結婚をして子供にも恵まれて幸せそうに暮らしている家族が世の中には沢山いるだからあなたにだってできるんだよそんなふうに説得したところでもはや彼らは結婚はしないの意地を張るだけで何の効果もないのですそれでは1件の内容をまとめておきたいと思いますポイント一国家的な結婚保護政策だったと言える明治民法は開梱に大きく貢献した当日全体の7割を占めていたお見合い結婚により日本人夫婦の離婚が抑制されていたが平成に入って恋愛結婚が圧倒的に増えてからは三組に一組が離婚するといった状況がずっと続いているポイントに日本人の 未婚化の原因は複数あり神工場経済省環境上の構造的な問題に起因しているしかしいつの時代でもダンジョン未婚者の恋愛率はさほど変わらないため今の若者の価値観の変化により未婚化が進んだからだとは考えにくいそれでは2件で結婚の宗教家について考えていきたいと思います日本人は他国に比べて結婚は必ずすべきだとか結構ました方が良いと考える人が多いですその考え方を結婚規範と呼びます内閣府が2015年に実施した調査によると日本の未婚者の結婚規範は既婚者の71%とほぼ変わらず60%もあります他国の未婚者の結婚批判はフランスだと18%スウェーデンだと21%イギリスだと32%でありこれを見るといかに日本人が結婚はするべきものであると言う批判に強く影響されているかが顕著に見て取れますまだ日本が開墾を貫いていた時代は男性にとっての結婚のメリットは1が精神的に安らぎ35%にが社会的信用22%でしたそしてそれより会議子供や家族がモテる20%がありましたつまり当時は子供家族を持つこと以上に社会的信用を得るために結婚する人が多かったということでございます現在は結婚していることで社会的信用が高いという見方は昔に比べるとかなりなくなってきておりますが男は結婚してこそ一人前というような結婚規範を守っている日本人はまだ多いと思います日本人の7割を占める恋愛弱者の男女がどれだけ消極的で受け身であろうとほぼ95%以上が結婚できていた過去がありましたその経緯はお膳立てとして機能していた職場などでの結婚への圧力にもありますこの周囲からの圧力があるという意味では結婚には宗教じみたものを感じざるを得ません結婚をするかしないかは本人の自由のはずなのに独身に対していい加減そろそろ結婚して落ち着いたらどうよとかお前も結婚した方がいいよと結婚を勧めてくる既婚者たちは多いですよね自分の結婚規範が正しくそれが分からない人には結婚の良さを知らないのはかわいそうだ作ってあげないといけないとそんな心理が働いていますそれはもはや結婚教の宣教師であり勧誘者でございます説得を続けても結婚する気がないつまり結婚教に入信する気がないことが分かるとこの会社はその人を京都とみなし経営するようになります放っておくだけで済むならいいんですが結婚しないあの人には何か本愛があるというレッテルを貼って影での偏見を助長し攻撃するようになってしまうこともありますこれは集団からはみ出たものをいじめの対象にする心理と同じでございます価値観は人それぞれであり絶対的に正しいものは存在しないで誰もがこのことをわかっているはずでありながら結婚や子育ての話になると結婚して子育てをしている自分の生き方は正しいんだとそう思い込んでしまうわけなんですもちろん結婚を勧めるのは親心から入っているのだという立場の人もいるでしょうお節介を焼く人が悪いというわけではありませんかつて解雇んだった頃の日本では結婚をしない息子や娘のことを親や親族やその周辺の人たちが放っておけなかったでしょうそしてそのおせっかいにより開墾が実現していたわけなんですしかし結婚が当たり前の時代はもう終わりを続けておりますそうした布教活動は今では受ける側からしたら迷惑になってしまうんです相手のために良かれと思ってした説教でもおせっかいで言った言葉でも結婚するしないの問題を超えて個人の生き方そのものを否定しかねない問題をはらんでいますこうした結婚しない男女に対するソロハラスメント著者はそのはらと呼んでいます新聞通信放送出版業といったメディアの職場で働く人を対象に2018年に行われた調査によるとそこで働く女性の74%がセクハラ被害を受けたことがあると答えています女性の50 CM 離婚率が高い業界だということもあり結婚しないのかとか子供を産まないのかという内容が半数以上だったそうですセクハラの大部分はこうしたその腹が多いのです女性だけがそのはらの被害を受けやすいわけではなく男性の日帰りつも高まっておりますダンジョン年代別で行う それは直接的ではないとは言えお前はダメだと言っているのに等しく言われた本人は自己否定感を植えつけられてしまうんですそうやって精神的に追い詰め様とするような人も残念ながらいるわけでその話してくるやつの言うことなんて無視だよという強い人でさえもネガティブな言葉を繰り返し聞かされると無意識に自分を責めてしまうこともあるんですさて皆さんはどうでしょうかソロハラを受けた経験があるという人がおそらくいるのではないでしょうか何でまだこの歳になって結婚しないのとか周りはみんな結婚してるのにねとかまだ結婚しないなんてあの一人は何か問題があるんだろうなどと言われた経験がある人は結構いるのではないでしょうかそれは立派なところ原でございます別に俺は結婚なんてしねえんだとかそんなの俺が決めることだろうというマインドの強い人だったらいいんですが周りから否定的な言葉をずっと浴びているうちに俺はダメなんだという信念が自分の中に入って著し自尊心を傷つけられてしまう人も結構いるのではないかと思うんですそういう人にとってはこの園原はとても重要な問題だと言えるでしょう未だ独身者に対して独身車の老後を自分らの子供たちが間接的に面倒を見ることになるのが許せないとか次の世代の子を産み育てていない人間は社会に対して何の義務も果たしていないと非難するまたは口に出さずとも心で思っている既婚者や親族がいますせいじ彼も似たような発言があったりしますよね独身者は老後の面倒を見てもらうのにタダ乗りしているんだとこうした既婚者による家族とソロとの不毛な対立と分断が今の日本には蔓延しているんですその人の人生はその人のものだ価値観は人それぞれであるなどと言いながらも結婚していない人を哀れに思う救われていないと思う結婚狂信者は多いです結構は必ずすべきであるとか結婚はした方が良いとかこの結婚基本が日本からなくなってゆっくりはまだ時間がかかるのでしょうそれではこの辺で2件の内容をまとめておきたいと思いますポイント市日本は他国と比べて結構待つするべきだという規範に強く影響されている未婚者が非常に多いポイントに強い結婚規範を持つ既婚者は周囲の説得に応じず結婚しない人を何か問題のある人物だと見なす傾向にある実際に男女ともに多くの未婚者がソロハラを受けて精神的に苦しい思いをしているポイント3障害子供を持たないそれをフリーライダー社会に対して何の義務も果たしていないとみなす既婚者や親族政治家そういった人々と未婚者との不毛な対立と分断が今の日本には蔓延しているそれでは本日のハイライトに行きましょう1件で未婚者が増える本当の理由について解説し2連で結婚の宗教家ということを解説させて頂きましたさていかがでしたでしょうか皆様結局のところ結婚はなくなってしまうのかと言うとこれから全員が結婚するような時代が再び来ることはないでしょうしかといって独身車だらけの国になってしまうこともないでしょう結婚してようと獅子舞と子があろうとなかろうと正しくも間違ってもいませんこれまでの古いものがありつつそこに新しい形が生まれ加わっていくだけですただ自分と意見や価値観の違う相手を敵とみなしてその敵を攻撃したり排除することを正義とするそうやってた甲斐が自分を正当化しいがみ合う構造はとても健全であるとは言えません誰もが自分の中にも多様性があるように他人の一人一人の中にも多様性があるんだということをしっかりと理解してもう少し寛容になれるとより平和で良い時代がやってくるはずでございます現実には恋愛ができないとか自分は誰からも愛されないなど自己否定をしてしまう未婚男女も多いですそんな彼らには攻撃的な主張をするんじゃなくてまずは自己否定を止めるようにそして自分自身を愛せるように支えになってあげてはいかがでしょうかさて本日はなかなかねちょっと難しめの内容でしたよねなかなか頭を使って考えさせられる内容でした本書ではさらにこの動画では解説しきれなかった興味深い内容も書かれておりましたのでぜひ一度手に取って読んでみることをお勧めいたします本日は以上になりますこの動画がよかったよという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッとよろしくお願いします
おすすめの記事
ヤマシタトモコのコミックを実写化!映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、滝藤賢一の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
ヤマシタトモコのコミックを実写化!映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、滝藤賢一の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 さんかく窓の外側は夜漫画...