【VODで読める電子書籍】『1日1食で頭脳明晰 (脳神経外科医が勧める) (沼田 光生[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

★頭が冴える!アイデアが浮かぶ! 短時間睡眠でOK!
★24時間ファスティングで脳が目覚める
★医師が11㎏やせて10歳若返った!

突然ですが、あなたは1日何食食べていますか?
現代人の食生活にはさまざまな問題があります。

・白砂糖・白米・小麦粉などの「精製糖質のとりすぎ」
・農薬・添加物・化学物質などの「三大悪の蔓延」などなど。

これらの問題を解決するにはどうすればいいでしょうか?
その答えは、「食事の回数をへらせばいい」。

1日2食にすれば、約3割。1日1食にすれば、約7割、
体に入る「毒」をへらすことができます。

そして、1日1食は脳にもいい影響を与えます。

私たちの生命活動の根幹を支えているのは「脳幹」です。
現代人は、大脳が過剰に興奮し、脳幹の働きが抑制されています。

この脳幹を活性化するのに、「断食」が役立つことがわかっています。
しかし、断食には抵抗のあるかたもいるでしょうし、
医師の指導下で行うべきケースもあります。

その点、1日2食から始める1日1食は、多くの現代人に勧められるものです
(本書では、1日1食が勧められない人についても言及されています)。

やせる、血糖値が下がるなど、健康面だけでなく、頭の働きもよくなる1日1食を、
ぜひお試しください。

※電子書籍『1日1食で頭脳明晰 (脳神経外科医が勧める) (沼田 光生[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『1日1食で頭脳明晰 (脳神経外科医が勧める) (沼田 光生[著])』病気はなってしまってからではなくならないように予防することが大切ですこれは誰もが頭の中では分かっていながらもなかなか実行に移せない人が多いのが現実でしょうしかしそれでもやるべきです慣れないうちは少し努力が必要かもしれませんがそれがあなたの人生に何十倍何百倍ものメリットとなって返ってきます皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回はうみかぜ診療所院長である沼田光生先生の脳神経外科医がすすめる一日一食で頭脳明晰を解説していきたいと思いますそれでは早速本日のお品書きは次の通りです1軒で病気の予防と改善に良い一日一食二件で一日一食が脳に与える影響について3件で一日一食をスタートするにはということを解説していきたいと思いますどれもとても面白い内容となっておりますので是非最後までご視聴よろしくお願いいたしますそれでは早速一見の病気の予防と改善に一日一食から解説をスタートしていきましょうか脳神経外科医である沼田先生は毎日休む間もなく働き続けておられました脳出血や脳梗塞などで搬送されてきた一刻を争う患者さんや脳に悪性腫瘍ができてしまった患者さんの救済治療に尽くす日々でした一命を取り留めて元気になる患者さんもいれば残念ながら後遺症が残ってしまったり救えなかった患者さんもいましたそんな毎日を繰り返していくうちに段々と西洋医学に限界を感じるようになっていたそうです果たしてこのやり方は正しいのだろうかと西洋医学に対する疑問が湧くと共に脳外科医としてのモチベーションも下がってしまっていたという著者はとあるきっかけで病気の根本治療を目指すべく東洋医学の考え方も学び取り入れることを始められたそうです東洋医学の考えは未病の段階で治療するつまり病気になる前に予防するということですそれとは対照に病気になってから治療をするというのが西洋医学の考え方になります病気になってから病巣を叩いたり壊れた部分を必死に元に戻そうとするよりもそれらを未然に防ぐように対策を取る方が確かに懸命に見えますその方が安全ですし病気の症状によって辛い思いや不安な思いをしなくてもすみますそもそも予防するということは病気にならないために健康な状態を維持するということですから体にとって良いことなんです病気を予防するために必要なことは一体何でしょうかそれは当たり前の事なんですが食事をはじめとする生活習慣の改善になります著者はまず食事の内容を改善するために木の原因となり得る農薬添加物化学物質をできる限り体に入れない食事法を模索しましたさて皆さんならどうしますか例えば農薬使用の表記がある果物は買わないとか原材料が書かれているラベルを見て添加物が多そうだったらやめるとか油が酸化していそうな唐揚げは買わないとかそのような行動は素晴らしいと思いますしかし残念ながら目の前の食品は体の毒になり得るのかならないのかいちいち考えていては最終的に何も買えなくなってしまいますよね結局何を食べればいいんだそんなふうに感じてしまうでしょう著者も同じ壁にぶち当たったそうです最終的に著者を作った答えは杏林予防医学研究所の象徴である山田豊文先生の言葉の中にありました毒を入れたくないなら1日の食事を一緒悔やん2色抜けば良いそのぶんとく音じゃなくて済むのだところっと口とは添加物などのことを指しております毒を入れたくないなら食べなければ良いなんとシンプルな話でしょうか現代社会ではどんなに意識をしていたとしても有害なものが体内に入るのを防ぐことは不可能でありますそれならば毒を撮る回数自体を減らせば良いというわけなんです私は初めてこれを聞いた時になるほどなーと頷いてしまいました体に良さそうな成分が入ったお茶を買って飲んでみたりデトックス効果があると書かれているサプリを片っ端から試してみたりするといった行為は正直優先事項ではないそうです病気にならないためにまずあなたが最初に始める最も効果的な方法は一日一食もしくは2色にすることですもちろん食事を一緒に減らせば何を食べても良いというわけではなく体にとって有害な物質が多く含まれている製品を 頭に入れておきましょう市正々糖質に人工物有害金属さてこれらを順番に説明していきましょうまずは一つ目の生成糖質から解説をしていきます著者は健康法ダイエット法として最近よく聞く極端な糖質制限には賛成しないとおっしゃっています当日は体に必要な栄養素であるためですしかし現代人は糖質を過剰に摂取しておりますしかも白米パスタうどんパン白砂糖とうもろこしから作られる果糖ぶどう糖液糖など生成された糖質があまりにも多い多くの人がそれらを口にしないという日はないでしょうこの先生糖質は血糖値を急激に上昇させるためインスリンが大量に分泌され血糖値の乱硬化を引き起こす原因となりますこの現象は年齢に関係なく体に大きな害をもたらします具体的に言うと血管を傷つけ動脈硬化や糖尿病など様々な病気の原因になるそして脳細胞にも悪影響が及ぶそして大量に分泌されたインスリンが統合資質として蓄積させ肥満の原因になるなど様々な解約が起こりかねないわけなんです現代人はそもそも食べ過ぎなんですが中でもこの先生糖質の摂りすぎがダイレクトに肥満に繋がっているケースがかなり多いと著者は指摘しておりますそれでは次二つ目の毒人工物について解説していきましょうかさで現代人は日々多くの人工物を口にしているということを皆さんは意識していたでしょうかその代表が農薬添加物化学物質の三つであります著者はこれらの頭文字を取って脳天かと呼び診察に訪れる患者さんには氷点下をできるだけ避けるように指導されているそうです健康のためにと野菜や果物玄米や雑穀米などを食べていてもそれらが農薬を使って栽培されたものなら僕も一緒に食べていることになるんです一般的なスーパーやコンビニなどの惣菜や弁当調理パンや加工食品などには必ず添加物が使われておりますまだ人工物を口に入れる機会は食事やお菓子を食べる時だけではありません西洋薬は化学物質の最たるものであります薬を飲むこと=それだけの量の化学物質を体に入れているということになります著者のクリニックでは基本的に薬による治療をしない方針でどうしても必要な場合にのみ使用期間を決めて薬を用いているそうです例え症状を緩和するための薬であっても人工物は体にとって異物です体は異物が入って来るたびにそれを計測して排出するためにせっせせっせと働かなくてはいけませんそれと上記に大きく負担がかかり本来を行わなければならない仕事まで手が回らなくなってしまうため様々な弊害が生じて不調や病気の発症へとつながっていくわけなんですそれでは次僕の三つ目有害金属について解説していきたいと思いますさて有害金属と聞いてねピンと来た人もいるかもしれませんね日本人が多く摂取しているのは主に水銀でございます妊婦さんはマグロを食べない方がいいというのをご存知の人も結構多いと思いますがそれは宴会場などの大きな魚三水銀が多く含まれているからでありますしかし水銀を取ってしまう原因は食事以外にもあります宴会魚と並んでワクチン歯科治療で使われるアマルガムは水銀摂取の三大要因と言われています有害金属は体にとって必要であるその他のミネラルの働きを阻害し様々な弊害を引き起こします病気を予防し健康を保つためにはこの三つの毒をはじめとする食生活の問題を今一度見直しできる範囲で毒の少ない食品を口にするようにして少しでも毒を口にする回数を減らすことが重要であると著者は述べているんですちなみに職を減らすことは病気の予防だけではなく病気の改善も見込めます根本治療を目指すためには次の三つの取り組み市炎症抑制にガンジダ悪玉菌の除去さんデトックスが必要とされますその詳しい理由は時間の都合上割愛しますが一日一食にすることでそれらが全て同時に行えるそうですこれだけパーフェクトに健康効果を得られるのであれば一日一食を実践しないわけがないのではないでしょうか 効果を感じております慢性的に潰れなかった体調が改善し仕事の作業効率が格段に上がり常に頭が冴えている会館から今もずっとその食事スタイルを変えていませんですもちろんで全ての人にとって一日一食が完璧な正解であるとは私は思っておりません100%の人に通用する健康法などないからですですから実際に試してみて自分の場合は1日一食あるいは1日2食が体に合うのかどうかをぜひチェックしてみてほしいと思うんですそして自分に合っているということが分かれば自然と一日一食あるいは1日2食という習慣をあなたは続けた空になるでしょうそれではこれで1件の内容をまとめておきたいと思いますポイント市病気になってから治療をするのではなく病気になる前に予防をしようポイントに病気を予防するためには食事をはじめとする生活習慣の改善が必要であるまずあなたが最初に始めるべき最も効果的な方法は1日一食もしくは2色にすることをポイント31日一食にすべきなのは食べ物から生成糖質人工物有害金属などの毒を取る回数自体を減らすことができ病気の予防や根本治療に向けて身体のコンディションを整えることができるためであるそれでは次に言で一日一食が脳に与える影響について解説していきたいと思いますさて一日一食が具体的に私たちの体にどのような作用をもたらすのか書籍や SNS ニュース記事などで一日一食を提唱する人物が最近増えておりますが一日一食を実行すると脳にどのような変化が起こるのかというテーマでなかなか詳しく語られていることがないように思いますというわけで二次元では1日一食が脳に与える影響京都しまして脳神経外科医である著者の考察をご紹介していきたいと思いますさて脳の中でも僕らの生命活動の根幹を支えている脳幹という臓器があります脳幹は心臓の拍動血液循環呼吸体温ホルモン分泌性食といった生命活動に必要なすべての機能を司ることから生命のとも呼ばれています納棺は僕らにとってめちゃめちゃ重要な臓器なんですまた全ての生物では体の内外の環境が変化しても体内環境を一定に保つように自動調節する機能が備わっていますその機能をホメオスタシスと良い人間の恒常性は自律神経系免疫系内分泌系脊髄筋肉系と大きく分けて四つの仕組みで成り立っていますその四つの中心で司令塔として指示を出しているのが脳幹なんです脳幹が正常に機能することでホメオスタシスも正常に機能し体内環境を維持するための調節がきちんと行われますつまり脳幹が元気だと自然治癒力により身体が健康な状態に保たれるというわけなんですシンプルに脳幹が健康であるかどうかは私たちの体の健康に大きく影響するというわけなんですさてそんな生命に関わる重要な機能がそう簡単に不調になるのでしょうか実はあなたの納棺は既に正常に機能していない可能性があると著者は指摘しているんです残念ながら今脳幹の弱っている人が非常に増えているのだそうですそれは時代のせいでもあります脳幹が正常に働かなくなる大きな原因の一つはものを考える働きを司っている大脳の黒子つまり毎日考えなければならないことがあまりにも多いことなんですコンピューターやスマートフォンなどの道具を駆使してたくさんの情報を受け入れ複雑な人間関係や仕事をこなす私たちはひと昔前に比べて考えなきゃいけないことがめちゃめちゃ多いんです脳幹を覆うような形で存在する大脳は考え続けてばかりいると過剰に興奮した状態になってしまいますそうなると脳幹の本来の働きが抑制されてしまうらしいんです頭を使ってたくさん考えることは一見脳の成長にとって良いことのように思いますがまさか生命活動に重要な役割を果たす脳幹の機能を鈍らせてしまうとは驚きですよね脳幹が本来の動きを発揮できないということはホメオスタシスのバランスが保たれず自己治癒力を発動することができないつまり健康を維持できなくなることを意味します筋肉や肝臓などに負担をかけてしまっ たまには休ませることが必要であるというわけなんですよ会ってしまったんだ王冠を再び元気にさせるには過剰な興奮状態にあるってあい脳を鎮静化させると共に脳幹を活性化させる必要があります生命のであるの間に関しては生命の危機に瀕した時その能力を大いに発揮するんですが現代生活ではそのようなシチュエーションがほとんどなくなってしまいましたそれも脳幹の機能が鈍っている一因であると言えるでしょうだって今は別にライオンに追いかけられて殺されるとか生命の危機を感じる状況なんてほとんどないですよねということはですよ皆様再びの王冠を覚醒させるために生命の危機に瀕するような状況をあえて作り出せば良いんです別にライオンや虎にまた追いかけられなさいとか守りに入って熊と対決しなさいそんなことを言っているわけではない方法は簡単朝食または断食をすればいいんです特に本書で紹介されている一日一食であれば大きな危険を伴うことなく誰でもすぐに実行することができるでしょうしばらくの間食べ物が入ってこないという状況を意図的に作ることで脳幹がこのままでは飢餓状態になり命が危ぶまれるかもしれないと感じ機能が活性化するはずですでは一日一食の生活を始めた後実際に脳幹が活性化しているかどうかはどのようなポイントで判断すれば良いのでしょうか2件の暴動で納棺は自律神経の司令塔であるというお話をしましたねということはですよ自律神経全体の活性度が低下している時は脳幹の機能を持っているかしている逆に言うなら自律神経全体の活性度が高まっている時は脳幹も活性化していると言えますとある検査によりファスティングをしている時は特に睡眠尻自律神経の活性度が高まるということが分かっていますですからファスティング中にファスティングを始める前よりもぐっすりと眠れるようになったと感じたのならば脳幹が活性化していると判断できます眠っている間の自律神経がどのような状態になっているのかというと過剰に興奮すると病気の元になると言われる交感神経が低下する一方身体の修復をする際に優先になると言われている副交感神経が上昇しているんですつまりですよファスティングにより鈍っていた脳幹が活性化すると睡眠中に自己治癒力がしっかりと機能し始めるということを寝ている間に疲れが取れて体調不良が改善されるしっかりと体が休まるということなんですねこの調査は三日間のファスティングで行われたものですが空腹の時間を作ることが脳の刺激になるという理論から考えると一日一食でも同じような効果が得られると考えられます食を減らすことで脳幹が活性化し生命維持に関わるあらゆる機能が向上すれば私たちは今以上に健康的になれるはずです食を断つことで脳にどのような良い影響があるのかについてここでもう一点取り上げてみたいと思います胃に食べ物が入ってこなくなるとエネルギーを作り出す体の仕組みに変化が起こりますキーワードとなるのはケトン体という体内物質でありますさてこのケトン体とは一体になりかかいつまんで説明しましょう私たちのエネルギー源となるものは実は2種類あるそれは炭水化物と糖質と脂質でございます私たちの体は食事とった炭水化物かっこ糖質を原料としてエネルギー源であるブドウ糖を作り出します食事が入ってこない場合は筋肉を分解しそれでもまだ炭水化物が入ってこないと今度は体内に蓄積された脂肪を使ってエネルギーに変換するんですこの時に脂肪酸を分解して作られるのがケトン体ナンデス糖質だけじゃなくてケトン体をエネルギー源になりうるということでございますこのケトン体には抗炎症作用神経細胞におけるエネルギー産生を増やす作用神経細胞腫瘍抑制する作用があるということが分かっていますそのためケトン体が脳のエネルギー源として利用される場合はブドウ糖をエネルギー源としている時よりも脳の神経細胞が活性化しそう昨日が高まることが期待できるんですさらにケトン体自体が脳に良い影響をもたらすことも明らかになっておりますケトン体は脳組織において脳由来神経栄養因子痛症 bdnf という物質を増加させ新たな神経細胞 うつ病の予防パーキンソン病などを含め神経変性疾患の予防などが期待できるんですさて皆さんいかがでしょうこれはすごいことですよねケトン体なんと優秀な物質なのでしょうかちなみにケトン体をエネルギー源としている状態の時はケトン体を作るために体脂肪が分解されますのでダイエット効果も期待できますケトン体は心臓や骨格筋のエネルギー源としても使われておりますので体を動かすための燃料としても役立つんですいやーケトン体は万能過ぎでございますしかしですよ1日3食食べている時の脳のエネルギー源は残念ながらケトン体ではなくほぼ同等でありますそこで一日一食にすればそうエネルギー供給源におけるケトン体の割合は5%程度になりますファスティングを行うと二日目には通常は血中になりケトン体が血中にられるようになりファスティングを繰り返せば繰り返すほどその数値は高くなりますケトン体の量が多いほど脂肪が燃焼されやすくになり脳に良い影響がもたらされますから健康効果がアップするでしょうとはいってもいきなり2日間のファスティングはハードルが高いですからまずは一日一食から実践してみてはいかがでしょうかそれでは2件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市脳幹の機能が低下すると恒常性のバランスが保たれず自己治癒力を発動することができないため健康を維持できなくなる現代人は脳幹が弱ってしまっている人が増えているポイントによってしまった脳幹を活性化するためには生命の危機に瀕するような状況をあえて作り出すことが有効であるそしてそれで適した方法が一日一食かっこ少食ファスティングであるポイント3ファスティングで得られるメリット1特に睡眠中に自律神経が活性化するに多くの病気の背景にある交感神経の過剰興奮がおさまるさん身体の修復時に高まる副交感神経の働きが活性化する4体内の脂肪酸が分解されケトン体が血中に増えるとケトン体がエネルギー源となることにより脳の神経細胞が活性化しそう昨日が高まる6ケトン体自体が脳の中で起こっている炎症を鎮めるさてそれではラスト3件で一日一食をスタートするにはということを解説していきたいと思いますさてこの3件では本書に掲載されている一日一食までのプロセスをご紹介していきます実際にクリニックに来院する患者さんにファスティングの指導をされている沼田先生のアドバイスですから初めてチャレンジをする方もそうでない方も是非参考にされるといいと思います今まで一日三食食べていた方は STEP 1から始め元々1日2食だった人はステップ1は飛ばしてステップ2からスタートしてみましょうそれでは各ステップを解説していきますまずは一日一食をスタートするステップ市朝食を抜くから解説していきます午前中は固形物を食べて口に入れるものはミネラルウォーターがカフェインの入っていない飲み物飲みにします頭痛や吐き気など副次的な作用が起こらないかどうか様子を見ながら行なってくださいどうしても朝食抜きに耐えられない人向けに万能健康ジュースを朝ご飯がわりにするという方法があります万能健康ジュースとあんなんだよと思った人多いと思いますがこれに関しては後ほどご紹介しますもちろん我慢できるようであれば何も取らないに越したことはありませんそれでは1日一食をスタートするステップに一日一食にするについて解説していきますさてステップには一日一食にしてみましょう朝食抜きに慣れて心身ともに余裕が出てきたらまずは月21日からでもいいですから一日一食を実行します朝昼晩のどこで食べるかはそれぞれの生活スタイルに合わせて決めて OK です日中に活動している一般的な生活スタイルの人は夕食だけ食べるというパターンがやりやすそうです仕事が終わる時間が遅く夕食がいつも深夜になる人は昼食を食べて夕食と朝食を抜くというパターンでもいいかと思います食事をとっていない時間帯は固形物を摘むのは避けミネラルウォーターがカフェインの入っていない飲み物だけで過ごしてくださいどうしても耐えられなくなってしまった場合は万能健康ジュースなどの助けを借りるようにして最終的に水だけで過ごせるようになれば OK ですそれでは次一日一食をスタートするステップさんに行きましょうステップサーバーで一日一食 仕上がりでございますビタミン C とかクエン酸はドラッグストアでにがりはスーパーで購入って来ますそして好みで果物や葉物野菜を加えていただいても OK でございますちなみに本動画では割愛させていただきますが万能健康ジュースを飲んでお腹がゴロゴロしてしまった場合はどうしたらいいのかなどといった補足情報がありますので本書でしっかり確認していただけると安心して行ってきます本書には万能健康ジュース以外にボーンブロストラブルでクラウドという別の二つのお助けアイテムの作り方も載っておりますのでそちらも併せてぜひチェックしてみてくださいそして食事を抜いている間はいつも通り過ごしていただいて OK ですですがより健康効果を高めたい人やダイエット効果を得たい人はできれば血流を良くする運動を取り入れてみましょうジムに入ったり気合が入るほどの強度の高い運動である必要はありません目安として冬でもうっすら汗をかく程度の軽めの有酸素運動で大丈夫です1日20分くらいのウォーキングが適当です散歩するようにただなんとなく歩くんじゃなくて早歩きで行いましょう運動は空腹感を紛らわせますし自律神経を整える脳内の神経伝達物質であるセロトニンを増やすことにも役立ちます筋肉不足の方には特に行っていただきたいですが3日に一回ぐらい筋トレを取り入れるとよりよいでしょう中でも太もも前面お尻お腹背中など加齢に伴って萎縮しやすい筋肉に刺激が加わる筋トレがおすすめです誰でも簡単に安全に行える効率の良い筋トレとして有名な次の二つを行うといいでしょう市腹筋や配筋など体幹の筋肉を鍛えるプランクに太ももの筋肉を鍛えるスロースクワットやり方は本書をご確認いただくかインターネットでいくらでも出てきますからぜひ興味のある方は調べてみてください運動が苦手な人はまずは一日一食になれることをクリアしてからでいいですから無理なく取り組まれると良いでしょう食事運動と来て最後にもう一つセットにしたい大切なことがありますそれは睡眠時間をしっかり確保することこれは言うまでもなく健康でいるためには当然のことですよねさて一日一食というのはダイエットにはもちろん脳の健康にとっても非常に良いということが分かっていただけたかと思いますあらゆる体の機能をコントロールする脳が健康であれば自然と身体全体も元気になっていくでしょうそして食事を減らすと農薬添加物有害金属といった毒を口にする機会自体が少なくなるためこれまで毎日6の分解に忙しかった体を休ませてあげることもできるんですそろそろ一日一食にチャレンジしてみようかなと思ってきたのではないでしょうか皆さんの健闘を祈っております最後にひとつだけ注意点を述べておきます一日一食やファスティングを行うセリ今持病があるよという人は必ずかかりつけの医師に相談してから行うようにしてくださいそれでは3件の内容をまとめておきたいと思いますポイント11日一食の実践において大切なのは1回きりで止めるのではなく継続して実践することを毎日できるようになれば最高だが月に1回とか週に23回でも十分健康効果は得られるので自分が続けやすいスタイルで取り組もうポイントに職を減らすことは空腹の時間をきちんと作ることが目的なので食事を取らない時間帯は出来る限り水だけで過ごすのが良い慣れるまでは万能健康ジュースに頼っても OK ポイント31日一食を行う上でより健康効果を高めたい方やダイエット効果を得たい方はスクワットプランクなど血流を良くする運動を取り入れよう睡眠時間をしっかり確保することもお忘れなく本日は以上になりますこの動画がよかったよという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッと宜しくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルも頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけるととても嬉しく思いますではまた次の動画で皆様と一緒に学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事