【VODで読める電子書籍】『鈍感になる練習(齋藤 孝[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

世の中には、とても敏感な人や繊細な人が多くいます。
最近ではHSP (Highly Sensitive Person)と呼ばれ、統計的には5人に1人があてはまるそうです。
「いつも他人の目を気にしている」、「先のことを考えすぎて不安」、「空気を読みすぎて疲れる」。あなたも、そうかもしれません。
また、コロナ禍のもと、敏感過ぎるために、外に出ることも人に会うことにも臆病になっている人は少なくありません。
しかし、日常のちょっとした習慣や考え方を変えるだけで、心がスーッと軽くなり、ストレスは消えていきます。それが“鈍感になる練習"です。
鈍感力を上げれば、「気にしない」「考えすぎない」でラクに生きることができるのです。
「相手に合わせなくていい」「自分をよく見せようとしない」「何も気づかないふりをする」「きっと誰かがやってくれる」――そう考えるだけでも、人間関係や職場でのストレスをためず、前に進むことができます。
本書では、繊細で敏感な人に向けて、あえて“鈍感"になる心のトレーニングを教えます。

序 章 「気にしすぎ」「考えすぎ」で悩んでいる!?
第1章 「繊細」で「敏感」な人が困っていること
第2章 「鈍感力」を上げれば、ラクに生きられる
第3章 鈍感になる練習1 「いい人」をやめて、「あまり気の回らない人」を心がける
第4章 鈍感になる練習2 不安や心配ごとは、現実には起こらない
第5章 鈍感になる練習3 ムリに反応しない、比べない、引きずられない
第6章 鈍感になる練習4 自分がやらなくても、他力本願でうまくいく
第7章 鈍感になる練習5 成功か失敗か、損か得かでクヨクヨしない
第8章 鈍感になる練習6 完璧・理想を捨てて、自分にがっかりしない

※電子書籍『鈍感になる練習(齋藤 孝[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『鈍感になる練習(齋藤 孝[著])』鈍感力を上げれば楽に生きられる多くの繊細で敏感な人は人の目を気にし小さなことばかり気にして自分の人生を生きられないでいるだからそんな人は鈍感になる練習をし鈍感力を育てていこうみなさんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回はさいとうたかしさんの鈍感になる練習を解説していきたいと思いますさていきなりなんですが皆さんに質問があるんですね皆さんは些細なことを気にする人でしょうか自分は敏感である繊細であると思いますがもっと細かいことを気にしないで他人の目を気にしないで自由に生きられたらどんなにいいだろうかと思いますがこの質問に対していよいよ自分は全然人の目とか気にならないし大雑把に生きていて何も気にすることなんてないよというメンタル無敵の人はねこれ動画見る必要はないと思います今すぐブラウザバックして他の面白いチャンネルの動画でも見てくださいしかし自分は繊細だ気にしいだ敏感だと感じている人もっと自由に楽に行きたいと考えている人はぜひこの動画を見て行って欲しいと思うんです繊細で敏感で気にしすぎだと思っているのは実はあなただけではないのです世の中には繊細で敏感すぎる人過敏症と言われる人がいます最近では HSP とも呼ばれ生まれつき非常に感受性が強く敏感な気質を持った人で統計的には5人に1人が当てはまるそうです5人に1人ですからまあこれは結構な割合ですよねですからあなたが当てはまっていたとしても何の不思議もありませんまたね HSP とまではいかなくても小さなことをついつい気にしてしまう人とか人の目を気にしすぎて自由に生きることができていないとっている人は結構いるのではないでしょうかこういう人は基本的にいい人だと著者は言います掃除で共感力が高く人から嫌われたくないそういう意味でいうと性格のいい人が過敏になっているんです敏感すぎる人はもっと大雑把に生きてみたいとか細かいことを気にしないで生きられたらどんなに楽だろうと思われているのではないでしょうか実はねそのように生きることは可能なんです今の敏感すぎる自分を変えてもっと大胆に自由に生きていくことは可能でございますではではそのためにはどうすれば良いのかそれは鈍感になることを習慣化することでございますいわば心の習慣に鈍感力を加えるつまり気にしすぎない練習をするんです練習しないで私たちはもっと良い意味で鈍感になれるんです繊細すぎる人は鈍感になることによって日常生活の中で降りかかってくるあらゆるストレスが軽くなるでしょう本書には具体的に色々な場面でこうすれば気にしないで済むということが解説されておりとてもためになる一冊でしたのでこの動画をきっかけにこの方がいいなと思っていただけましたらぜひ一度手に取って読んでみることをお勧めいたしますそれでは一緒に本書の内容により深く切り込んでいこうではありませんか本日のお品書きは次の通りです1件で鈍感力を上げれば楽に生きられるということを2件で鈍感になる練習をしようということを解説していきたいと思いますではでは一見の鈍感力を上げれば楽に生きられるから解説をスタートしていきましょうかさて繊細で敏感な人はあらゆることに困っていますあなたにも思い当たる節があるかもしれませんね例えば繊細な人にありがちなのか考えすぎてだから歌前に進めず仕事がはかどらないとが前に進めず仕事がはかどらないと 過ぎるのそこじゃない気にするとすればこっちでしょと言って大事なところにエネルギーを注ぐことが大切ですとりあえず最後まで行くんですスピード感をもって最後まで行くんです今求められているものは何なのかそれに対して最も優先順位の高いものを探してエネルギーを注ぐようにするんです簡単に言うと瑣末なことより本質を見ろということでございますこのようにして細かいことを気にせずに仕事を進めていくことが重要になってきますまた繊細で敏感な人は空気を読みすぎてうまく雑談持って来ないと困っている人が多いです空気を読みすぎるということも繊細な人にとっては大問題でございますさらには繊細で敏感な人は恥をかくのが嫌で人前に出られない事も多々ありますしかしこれは訓練によって十分に改善することができます著者が先生を務める英語の教師志望の学生が集まる授業では自分の好きな日本語の歌を英語に訳してみんなの前で一人ずつ歌う事業を行っているそうです当然ねやる前は嫌がる人が多数でしたしかしいざやってみると後の授業の雰囲気がガラリと変わるんです怖いものがなくなったとか初めは嫌だったけど面白くなってきたそのように学生たちは言うんです何かを突破して精神の空が破れたという感じでしょうかこの世に一人が全員の前で発表する機会を設けて強さをうまく乗り越えさせるとその後は怖くなくなるという傾向があります怒り揉まれた経験というのが大事になのかということがわかりますやってみてば恐怖心は消えるんですからをやぶるには何かきっかけが必要で気にしすぎ繊細は基質というよりも経験不足によるをそれでございます経験していないから怖いんですでも一度でも経験すればあーそんなものかとなるんですあやってみればそれほどでもなかったよと思えるようになるんですさらにね繊細で敏感な人には他人の視線評価批判が怖くてたまらないという人が多くいます今の時代は全員が全員で互いを査定し合う相互の評価が厳しい査定社会でございますだからそう思ってしまうのも無理はないのかもしれませんしかしそんな人は自分が思うほど他人は自分のことなんて見ていないということを覚えておいてください実存主義の哲学者ジャンポールサルトルは人は他者からの視線まなざしの地獄にさらされていると言いました自分のことを気にしすぎる人考えすぎる人はこのサルトルの言葉に頷くことでしょうただ一方でそこまで他人はあなたのことなんて見ちゃいないよと著者は入っているんです敏感な人は他人から見られることを恥ずかしいという感覚を問い直す必要がありますその恥ずかしさに意味があるのかその恥ずかしさは本当にリアルなのか恥ずかしいと思うほどのことなのかと冷静に問い直す必要があるんですさてねこれまで見てきた異様に多くの繊細で敏感な人は考えすぎてなかなか前に進めず仕事がはかどらなかったり空気を読みすぎてうまく雑談ができなかったり恥をかくのが嫌で人前に言ってられなかったり他人の視線評価批判が怖くてたまらないといった悩みを抱えていますそんな人は本書が提案しているように気にしすぎない練習をするべきなんです気にすること自体は仕方なく怒ってしまいますがその心の動きをできるだけコントロールできるようにするそれ以上考えても仕方がないことについては考えなくて済むようにするそのように練習していくことが必要なんです実はこの心の習慣を身につけていかないと神経がどんどん過敏になってしまい色々なことが気になって手につかなくなってしまいます気にしすぎること考えすぎることをリ星の力でコントロールしていくその理性の力を育てていくときりし過ぎても仕方のないことは気にしないという風にだんだんと物事が整理されていくんです具体的な気にしない練習の内容については2件で詳しく解説しますのでここからは少しね気にしない練習をする事によって鈍感になれば鈍感力を獲得できれば楽に生きられるんだよということをね解説して皆様のモチベーションを上げていきたいと思うんですではではまず鈍感力を身につけることによって得られるメリットを列挙してみましょうか鈍感力による得られるメリット市鈍感になれば思い切った判断ができるに断られてもへこたれない 判断力や適応力に優れているんだと著者は言っています考えすぎると判断に迷いが出ちゃったり考えすぎて疲労が蓄積して眠れなくなったりしますその結果判断が鈍ってくることがあるんですある程度鈍感でないと思い切った判断ができないということでございます判断材料が乏しくこれしかない場合でもその材料の中で最適な判断を下すしかありませんひとまずこれでいくと判断を下し途中で不具合があればその都度修正すれば良いとやりながら考えていくんです実際そうでもしないと現実に前に進むことができなくなってしまいます特にね今は本当に何が正解かわからない時代です情報も非常に多く溢れていますそんな中で完璧を求めて全部の情報を集めてから最適な判断をしようなんて入っていたら何一つ判断することができません私達は例え判断する材料が足りない状況であってもなんとか判断を下さなくてはいけないんですその祭礼鈍感であることがポイントとなるわけなんです鈍感であることのメリットは人の声をあまり聞かないと言うかいちいち人の声に左右されないので傷つくことが少なく前に行く推進力が失われにくいということにありますそれでは次メリットのふたつめ断られてもへこたれないということを解説していきますさてこれもね鈍感になると得られる大切なメリットでございます断られてもへこたれないなんて難しそうだよと思うかもしれませんがそれは考え方や受け止め方次第で実際そんなに難しいことではありません断られた時の言い訳ではありませんが断るか断られた方双方を傷つけることのない優れた言い回しが日本にはあるんですそれは縁です断られた時には縁がなかったあんだなと考えること縁がなかったんだと考えることで一旦全てを片付けるんですこれは日本ならではの非常に良い表現だと著者は言いますなぜなら縁がないのは自分が悪いのではなく相手も悪くないたまたま縁がなかったとあらゆることが縁がなかったで片付けられるからでございます仕事のオファーが亡くなった仕事が途中で打ち切られちゃった女性から交際を断られた全て縁がなかったと言い聞かせ演歌もともとなかったんだから次に向かう明るい気持ちで次のステップへと進むことができるんです何故そうなったかという反省は確かに必要ですがくよくよせずに反省を次に活かせばいいというポジティブ思考になれるんです鈍感になることによって断られてもへこたれない能力を身につけていきましょうそれでは次鈍感になることのメリットの見つめ人の批判は聞き流し感情的にならないについてです人からの批判というのはね私たち大変気になるものですよねそれを防ぐには一つの方法としてはまず耳に入れないことを耳に入ったとしても基本的に聞き流すことそして批判の中で的を得ているものはそれはそうだよなぁと第三者の立場他人ごとのように客観的な視点で感情的にならずに受け止めることが大切ですこれをちょっとした技として身につけておくと良いでしょう鈍感な人はこれが上手なんです当たっていない批判は聞き流すか見ないようにするのが一番でございますそれでは次鈍感になるメリットの四つ目行動しながら修正選択して人生が好転するについてですまずやってみようやってから考えようという行動は鈍感力があるからこそできるポジティブ思考によるアクションでございますやってみてダメだったらば修正すればよいこの修正力を鍛えると考えすぎや気にしすぎをコントロールすることができるんですもし修正しないとやる前にものすごく考えなくてはならなくなりそこでずっとねうずくまって停滞してしまうことになるんですよくね成功者はガンガンリスクを取ってどんどん行動する人だなんて言われていますよね彼らはある意味鈍感だからこそがんがんリスクを取って成功する事が出来るのでしょうそれではこのへんで一幻の内容をまとめておきたいと思いますポイント市桜区の繊細で敏感な人は市考えすぎてなかなか前に進めず仕事がはかどらないに空気を読みすぎてうまく雑談持って来ないさん恥をかくのが嫌で人が言ってられない4他人の視線評価批判が怖くてたまらないといった悩みを抱えているので鈍感になる練習をしようポイントに鈍感力による得られるメリットは次の四つ14巻に 鈍感になれる気がしますよねではそれぞれ一つずつわかりやすく解説していきたいと思いますのでどうぞお付き合いくださいまずは一つ目の鈍感になる練習相手に一切期待しないから解説していきたいと思いますさて何もね期待していなければ相手にがっかりすることはそもそもありません相手に期待しないという考えも鈍感になるには極めて重要なことでございます相手に一切期待しないことを学ぶことで格段に鈍感力が身に付くんですそうか何も期待していなければ心はざわめきがないんだ期待しすぎるから色々なことが気になってしまうんだそんな事に気付けるはずです期待しないことを身につけるだけでこれほど見事に鈍感になれて心が安定するとは驚きでございます何かを色々と探りあうことは相手に期待しているからです相手がこうなんじゃないかなんじゃないかと推測して会うのは相手に期待しているからです期待するということはまあ心情としては分かりますが期待しないようにするとこの世はなんて楽なんだと感じるはずでございます例えば自分を好きになってと期待しないとか相手が好きになってくれるとは限らないそういう前提のフラットな関係性が心地いいものです自分の生徒や子供にも過度の期待をしなければちょっと出来ただけでもおーすごいなぁと素直に思える子反応持っていけるでしょう期待しない練習をしておけばがっかりすることもなくなる冷たい感じで何の興味もないのかと言うとそういうわけではありませんむしろがっかりしない安心感があるので人間関係を積極的に広げることができますこの人には最初から期待していないそうしておけばね男なんて嫌いだとかだから女なんて信用できないとならないんですが痛い人に恨みを持ったりする人は相手への期待が大きすぎるんです期待が大きいとガッカリ度がそのまま恨みに変換されてしまうんですそもそも期待していなければそんな恨みを持つようなことは起きないでしょうあなたも少し自分に問いかけてみてほしいと思うんです自分が起こってしまったりガッカリしてしまった時のことを思い出してほしいおそらく相手に期待していたのではないでしょうかそもそも他人に期待しても自分の期待通りに行動してくれたり変わってくれることなんてほとんどないということを私たちは覚えておかなくてはいけませんそれがたとえ自分の子どもであっても奥さんであっても自分の期待通りに変わってくれることなんてほとんどありませんですから他人なんて尚更なんですですから人に期待しないことを人に期待しないことを覚えればあなたの鈍感力は確実に育っていくでしょうでは次鈍感になる練習の二つ目かんてきや草をして六十点主義から始めるについて解説していきたいと思いますさて敏感な人や繊細な人は小さなところまで気にしすぎて不完全な部分があってはならないと言った完璧主義に陥ってしまっていますその結果できづらくなったりなかなか物事が前に進まなくなってしまいますだからこそ自分はこうあるべきという理想に固執しないこと完璧や理想ボスて六十点主義から始めるという練習をすることが大切でございます最初から完璧を求めずに六十点主義から始める理想が大きすぎると一歩も前に進めなくなってしまうので60点ぐらい乗ってきの小さなものを作ることから始めるたたき台4まず作ってそれから修正していくんです著者曰く学生に課題や論文などでいいものを要求すると彼らはやはり出しにくいそうですしかし60点くらいのものでいいからとかたたき台でも構わないよとそのように言うとまあまあな課題を出してくれるそうです後はブラッシュアップ磨き上げていけばいいんですその方がかきあげるのも早くなりますたたき台を作るという感覚が大切なんですたたき台をスピーディーに作って提出して叩いて下さいとお願いするダメ元で出すと作業はスムーズに進み修正に重きを起きるようになります時間もあるので修正点を指示してもらった後にじっくりと治すことがあってきますその結果より良いものがあって生きるというわけでございます修正修正修正で適応していくというやり方それは時間をかけて一回でいいものを出すという繊細な方が陥りがちな完璧主義とは異なります修正ができるので自分が作り上げたものにがっかりしなくても済むのです鈍感になる練習として完璧や理想のステー60点主義から始め 例えば人付き合いならば距離感が大切飲み会が苦手な人は飲み会は3回に1回くらいなら耐えられるけれど3回連続とか続けて参加すると明らかにストレスがたまって疲れてしまいます自分の対人関係における必須の体制耐えられる基準を自分でわきまえて距離感をちゃんと掴むことが必要なんです不特定のみんなによく見せようとしないで輪*さのアンテナがちょっと触れすぎている人は少し鈍くする必要がありますいい人になろうと思いすぎない自分を良く見せようとし過ぎないのが基本でございますそのためにはまず友達を区切って考えてみましょうこの二人この三人が自分もわかってくれればいいなんとかなるこの人達以外にはそれほど疲れなくても構わないそのようにすれば身の回りや皆にいい人と思われるように無理して振る舞わなくても良くなります基本的なマナーを備えた行動ができていればそれでいいんです別にみんなにとって良い人にならなくたっていいんです是非そのような心持ちで生きていこうではありませんかそれでは次よっつめの鈍感になる練習志を立てか人の女を捨てるということを解説していきたいと思いますまた他人から褒められたいという気持ちは捨てるということも重要なんです他人からいいねいいねと褒められたい気持ちはそれは誰にだってありますしかし褒められるからやるというのはちょっと弱いんですそれが好きだからやっている褒められるかどうかは別にして基本好きだからやっているという風にモチベーションを他人に求めないということが重要ですモチベーションの根源を他人に褒められる事においてしまうと褒められない場合にがっかりしてしまうからでございます褒められる褒められないに関係なくやるんです褒められるかどうかがモチベーションにならないように気をつけてくださいそれはいわば志というものです志を立てれば人に左右されません志に人から褒められたいということはありませんそんなものを志とは呼ばないからでございます自分はこれをやりたいんだよのため人のために使命感をもって取り組むそれが志です人から褒められたいからやるというモチベーションはちょっとスケールが小さい鈍感になる練習にはこの志というものを忘れてはいけません使命感を持ってやり遂げたいことを定めると他の人の言うことがほとんど気にならなくなる見事に鈍感になっていくということを実感できるかと思うんです例えば著者は10代の終わり頃に学問研究で身を立てるという志を持ったので服装や髪型が一切気にならなくなったそうです極端な話褒められる褒められないは全く気にならないというまさしく鈍感力を磨いた時期があったそうそうです志があると他の人が自分のことをどうみょうが何を言おうが気にならず自分を例え低く評価されても自分の志に対して影響は全くありません志という一本の木の幹を立てることは鈍感になるには非常に良いことでございます他人の言葉にいちいち反応して振り回される必要がなくなるからでございますそれではラスト一爪の鈍感になる練習不安や心配事は実際には起こらないということを解説していきたいと思いますさて敏感で繊細な人というのは心配事は自分が思っているほど行わないんだということをね是非覚えておいてほしいと思うんです心配事をぼんやりと思い描いて現在の気分を暗くしてしまう人がいますそんな人はまずその心配事が起こる可能性確率を考えてみて欲しいんです例えば宝くじの伊藤は高額だけれど当たる可能性は非常に低いですよね心配ごともこれと同様に考えて実際どれくらいの確率で起こりそうなのかを見極めるんです大切なのは統計的な思考レス航空事故とか墜落事故何点めちゃくちゃ可能性低いですよね確かにひとたび起きれば大惨事にはなるが比較的少ない計算すればさほど心配ではありませんさらに隕石が落ちるのは心配だがその確率だって圧倒的に低いでしょうあなたが今ぼんやりと抱えている不安や心配が起こる確率は実際のところどれぐらいでしょうか実際それが起こりそうな確率をはじき出してみればいかにそれが低いのかということに気づくことができるかと思うんです心配事が増えると心が暗くなってしまう敏感な人ほどそのような傾向があります色々なことに感じやすいので将来が心配になるのは無理もありませんそんな 相手に一切期待をしないということ二つ目は完璧や理想をして60点主義から始めるということを三つ目はいい人になるのを止めいい加減になるということを四つ目は志を立て他人の命を捨てるということを五つ目は不安や心配事は実際には起こらないということでしたそれでは本日のハイライトに行きましょう1件で鈍感力を上げれば楽に生きられるということを繊細な人は何に苦しんでいるのかそして鈍感力をつければどのようなメリットが得られるのかということまで含めて具体的に解説しました2件では鈍感になる練習をしようということで五つほど紹介させてもらいました是非自分ができそうなものから始めてみてほしいと思うんですさてさて皆様いかがでしたでしょうか本日はねなかなか深い話でしたよね他人の目が全く気にならないといった鋼のメンタルを持ち合わせている人は少ないのではないかと思います多かれ少なかれ程度の差はあったとしても多くの人がある程度の敏感さや繊細さを持ち合わせているのではないでしょうかその敏感さや繊細さの精霊行きづらくなってしまっている人自分の人生を生きることができていない人はぜひ本日の内容を活かして鈍感力を身につけてもっと自分らしく生きられるようになれば良いのかなと私は思っていたりします今回の動画が敏感繊細で悩んでいる人やこれから自分の人生を思い通りに生きていきたいという人に少しでも役立てばとても嬉しく思います本日は以上になりますこの動画がよかったよという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッと宜しくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルも頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけるととても嬉しく思います前はまた次の動画で皆様と一緒に学習できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
どもども、さむたろうです^^ おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめていま...
追いスワン現象!映画『 ミッドナイトスワン』草彅剛、服部樹咲、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
追いスワン現象!映画『 ミッドナイトスワン』草彅剛、服部樹咲、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 ミッドナイトスワン『神と...