【VODで読める電子書籍】『自分の免疫力を知る方法~毎日を快適に過ごすために(廣川勝昱 [著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

免疫・ワクチンという言葉は、今のコロナ禍の最中では、
毎日の新聞に出ない日はなく、
かなり馴染み深いものになりました。
そこで、本書では、一般の方々にも免疫について
より深い理解をしていただこうと思います。

免疫系は巷でいわれているように、
ウイルスや細菌などの多くの病原体からの感染から
身体を守る大切なシステムです。
実は、免疫系は感染に対抗するだけでなく、
がんにも対抗するシステムでもあります。
2人に1人はがんになるという時代ですから、
その重要性はいうまでもないことです。

「ワクチン」という言葉も、はしか、百日咳、BCG、天然痘などと
関連して、古くから知られています。
2020年初頭、新型コロナ感染がパンデミックになり始めたころ、
筆者も医療に関わる一人として、
ワクチンは当然第一選択肢であろうと思っていました。
にもかかわらず、対応が1年以上遅れたことは、政府はもちろんですが、
政府関連機関にいた医療関係者の責任も重いと思います。
つまり、サイエンスをしっかりと理解できる素地が
政府機関周辺の人に少ないのだと考えられます。

今回のワクチン接種について、
最初に高齢者を対象としたのは、
免疫系の機能が加齢に伴い低下しているので、
その選択は間違っていなかったと思います。
しかし、2021年の7月時点においては、
新型コロナの感染率と重症者数は
ワクチン接種がほとんど進んでない40代、50代に多く、
高齢者では少ないという結果として表れています。
しかし、もしワクチン接種をもっと早く40代、50代を含めて行って
いれば、今のような感染の広がりはなかったはずです。

感染に対抗する免疫系の機能は、そのレベルについては
かなり個人差があることがわかっています。
つまり、年齢差、男女差、生活環境による違い、ストレス環境により、
免疫機能のレベルの違いが明らかなのです。
年齢が若くても、免疫機能の低下している方が散在的にいるはずで、
そういう方はコロナに感染すると重症化する可能性が高くなります。

この免疫機能のレベルの違いは、感染後の症状でわかります。
PCRでは陽性であっても、症状の全くでない人、軽い症状で済む人、
かなりの症状が出る人、重症になる人といろいろです。
これら症状の違いは、その方々の免疫機能のレベルの違いを反映しています。
ワクチン接種が済んでいれば、そのウイルスに対抗する免疫機能が働き、
症状がでても軽く済み、あるいは全くでないことも多いのです。
ただ、ワクチンというのは、ターゲットが狭いですから、
ウイルス変異株に対する有効性が問題となるわけです。

免疫系は感染の時だけ働くわけではないのです。
われわれの環境には細菌・ウイルス・カビなどたくさんの病原体があり、
免疫系はそれらのからだの中への侵入を防いでいるのです。
時々、何でもない薬の副作用により、免疫系が壊れ、
周囲の病原体が一斉に体内に侵入することがあります。
それは恐ろしいことに死をもたらすこともあります。
ですから、免疫機能のレベルはある程度高めのレベルを
保つほうが安心できることは、おわかりになると思います。

さて、免疫機能のレベルには個人差があることが、
おわかりいただけたと思いますが、
そのレベルを測定する方法を本書では紹介しています。
免疫系にはいろいろな組織・細胞がありますが、
血液中のリンパ球に絞って測定しました。
専門用語で言いますと、それらはT細胞とその仲間、B細胞、NK細胞で、
それぞれの数を測定します。
数だけでなく、T細胞が周辺の病原体に出会った時の反応程度も、見ています。

今のコロナ禍にあって、感染に対抗する免疫の重要性については、
多くの人々が知るようになりました。
本書では、その免疫機能のレベルを誰でもわかるように
測定できることをご理解いただき、
そしてそれを毎日の生活に役立て、より健康的で快適な
生活を送る一助としていただければと思います。
(はじめに より)

【本書の内容】

■免疫力セルフチェック表

■自分の免疫力を知るための基礎知識
・病気の発生背景にある免疫機能不全
・免疫力を定量的に評価する
・健康で快適な生活をおくる

■本書に登場する免疫細胞のキャラクター紹介

第1章●免疫は感染症にどのように働くのか

■1:感染症対策で頼りになるのが免疫

■2:そもそも免疫とはなにか

■3:免疫力は加齢とともに衰える

第2章●ストレスの影響は個人差が大きい

■1:免疫力を脅かすもの

■2:脳と免疫系は「会話」する

■3:生命にはいろいろなリズムがある

■4:生活習慣にもリズムがある
□4つのリズム1…言葉のリズム
□4つのリズム2 …呼吸のリズム
□4つのリズム3 …太陽と月のリズム
□4つのリズム4 …個体のリズム

第3章●自分に合った正しい食生活をおくる

■1:寿命と食生活は密接な関係がある

■2:きちんとした生活習慣を身につける

第4章●免疫力向上の知恵を身につける

■1:免疫力を回復する手立て
□方法1 …栄養調節で免疫力をアップする
□方法2 …呼吸と睡眠をコントロールする
□方法3 …適度な運動で免疫力を向上させる
□方法4 …抗酸化物質を意識して摂取する
□方法5 …ホルモン補充を考慮する
□方法6 …ワクチンを忘れないようにする
□方法7 …漢方薬補剤が有効な場合もある
□方法8 …活性化自己T細胞点滴法は最後の手段

■2:回復は個人差が大きい

第5章●免疫力を測定する

■1:免疫力測定の基本を理解する

■2:事例紹介:免疫力測定で生活習慣を見直す
□事例1…趣味の時間で免疫力向上
□事例2…漢方薬服用で改善(補中益気湯)
□事例3 別な漢方薬服用で改善(十全大補湯)
□事例4 自己の免疫細胞を培養下で増やしてから注射

■3:免疫力を知って人生に後悔しない

巻末資料●自分の免疫力をもう少し知りたい方へ

1:免疫力判定に関する最新情報

2:免疫力判定検査「安心コース」…免疫力レーダーチャートの見方と解説

ヒトのからだには、生体防御系があり、
それが感染やがんにならないように重要な働きをしていることは、
古くから想定されていました。
その生体防御系がリンパ球を主役とする免疫系であることがわかったのは
1960年代ですから、まだ60年も経っていません。
その免疫系の重要性は半世紀以上の間、
感染だけでなく、がんの発生・進展に加え、
最近では動脈硬化にも関連することがわかってきました。

そして、そこに起こってきたのが、
2020年の年頭から始まった新型コロナウイルス感染症の世界的流行です。
ウイルスに対しては、細菌に著効を示す抗菌剤・抗生物質はありません。
あるのは免疫系の働きであり、それを働かすワクチンなのです。

ところが、この免疫系の働きが思春期をピークとして
加齢とともに機能低下するのです。
そのために、新型コロナ感染症でも、
死亡するのは圧倒的に高齢者が多いのです。
この免疫系の加齢変化はかなり個人差があります。

年を取っても機能低下が少ない人もいる一方、
若い人でも低下している人がいます。
生活習慣に問題があり、恒常的なストレスにさらされている方は
免疫機能が低下しやすいのです。
そんな方が新型コロナウイルスに感染すれば、重症になることも十分にあります。

一つの問題は、免疫機能の重要性は知っていても、
ご自分の免疫機能のレベルがどの程度なのか知らない人が大部分だということです。
本書では、免疫の仕組みについて概説するとともに、
その免疫機能のレベルを測定する一つの方法を紹介しました。
そして、その免疫機能のレベルを改善する方法があることも書きました。
その一つは、食事、運動、睡眠、こころの問題に絡む生活習慣にあることを
説明しました。
からだに関する習慣を変えることは、
体重減少一つとっても容易ではないことは皆知るところです。
しかし、免疫機能のレベルを改善するためには少しずつやるしかないのです。
(おわりに より)

※電子書籍『自分の免疫力を知る方法~毎日を快適に過ごすために(廣川勝昱 [著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『自分の免疫力を知る方法~毎日を快適に過ごすために(廣川勝昱 [著])』今のコロナ禍のさなか免疫の重要性がますます知られるようになりました自分の免疫力を上げることに関心を持ち免疫力のアップにつながる新しい習慣で取り組む人が非常に多くなりました免疫とは一体何だろうか今一度免疫について基礎的な事からより深い知識を理解するために読みやすくわかりやすい一冊をご紹介しましょう皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回は東京医科歯科大学名誉教授の廣川家着いくっ先生の毎日を快適に過ごすために自分の免疫力を知る方法を解説していきたいと思いますとても勉強になる一冊でしたのでこの動画を見ることによってこの方いいなと思っていただけましたら概要欄にリンクを入れておきますので是非一度お手にとって全ての内容をチェックしていただきたいと思いますそれでは早速保証のないように一緒に切り込んでいきましょうか本日のお品書きは次の通りです1件で免疫を構成する三つの要素について2件で食生活が寿命を決めるということについて3件で免疫力向上の知恵を身につけるについて解説していきたいと思いますそれでは早速一見の免疫を構成する三つの要素からお話を始めていきましょうか一見ではそもそも免疫とは一体なんぞやということから一緒に確認していきましょう免疫とは文字通り疫病から免れることです私たち有機物はこの免疫があるおかげで一度かかった感染症のウイルスに再び感染しても発症しなかったり軽い症状で進んだりしますそして免疫力とは病原体の感染から体を守る総合的な能力であり感染防御機構の中心システムです免疫力を構成する要素を大きく分けると次の三つがあります市皮膚うまくの物理的バリアに好中球マクロファージなどからなる名駅すなわち自然免疫系3リンパ球からなる免疫すなわち獲得免疫系この3種類の音異なるシステムの総合力が免疫力です一般的に免疫とは二つ目と3番目の白血球やリンパ球を中心とした免疫のことを指しますが本日は身体全体を包み外部から病原たいを防ぐ第1の砦となっている皮膚と粘膜もしっかりと解説していきます成人における皮膚の表面積は1.5平方メートル前後にもなり細菌ウイルスカビ類といった目に見えない快適が体内へ侵入するのを防ぐのに極めて有効なダリアを形成しております外界に接しているのは実は皮膚だけではありません口腔内食道胃小腸大腸といった消化器系の粘膜咽頭起動器官肺胞などといった呼吸器系粘膜の上皮組織からなる物理的バリアで粘膜特有の免疫系を所持しておりますさらに言えば泌尿生殖器系門田膜で覆われておりますまず外から細菌やウイルスが入ってきて通る場所は口腔内です口の中といえば唾液に殺菌作用があることをご存知の方は多いでしょう口腔領域にある耳下腺舌下腺顎下腺といった大汽船そしてそれらに加えてたくさんの松大汽船は1日あたり1.5リットルもの唾液を随時分泌しているんですだいきは口腔内の乾燥を防ぐとともに唾液に含まれる免疫グロブリン A が外からの細菌の侵入を防ぐ役割も担っています口腔領域の粘膜でも特に扁桃腺は関所のような役割を果たしており病原体の侵入を見張っている箇所になります扁桃腺は子供時代は大きくほとんどの人が大人になると小さくなります病原体がこれらの口腔内の関門をくぐり抜けてしまった場合次の出番となるのが食道と胃の粘膜です特に胃が分泌する胃酸は pH 3-今日賛成ですこの今日酸性の胃液により細菌類はほぼ死滅しますしかしそんな日山の中をも生き残ってしまう金があるんですそれはヘリコバクターピロリという棒状をした形の最近ですそうですまあ有名なピロリ菌ですよねピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因と言われていて排除するためには除菌薬を服用する必要があるので病院へかかる必要がありますそしていの先には十二指腸さらには小腸があります小腸の白い粘膜内には多くのリンパ球が存在していてその数は何度 防御を行っております消化管といえば栄養の吸収をする場所というイメージが大きいと思いますが免疫器官としてもとても重要な役割を果たしているんですね皮膚そしてん粘膜異常が第一の砦になりますこの第1の砦を突破できない限り細菌やウィルスなどの感染は成立しませんここで大抵の病原菌は排除されるんですが例えば皮膚などは外傷で傷つけられると案外もろくね傷口からの侵入を許してしまうんです細菌やウイルスが皮膚や粘膜を突破したら今度は体内のさまざまな細胞の中に潜り込み増殖を企む落としますその時第2の砦を守るため人間がもともと備えていた免疫舞台が動き出すんですこれを自然免疫と呼びますここで活躍するのが免疫細胞である白血球です白血球2はリンパ球好中球顆粒球マクロファージ貪食細胞があり自然免疫の主役として働くのが血中を流れる好中球やマクロファージそして血中や全身の組織中に分布する樹状細胞になります体内で病原体により細胞が刺激されると細胞は白血球を呼ぶためのシグナルを出しますすると血液中をパトロールしていた好中球やマクロファージそして樹状細胞などが微生物の侵入を確認した場所にわんさかと集まり被害を最小限に抑えてくれるんですまるで通報を受けて駆けつける警察官のようなイメージですね現場に駆けつけた後は細菌などの病原対応直接飲み込んで処理してしまいます以上第2の砦で病原体が処理されるとマクロファージ樹状細胞により病原体の情報が第3の砦であるリンパ球からア**獲得免疫系に伝えられます獲得免疫は第2の砦の自然免疫よりも応答なし仕組みですマクロファージ樹状突起により体内に侵入したことのある病原体の情報が提供されているので再度同じ病原体が侵入してきた時にはすぐに攻撃を開始し駆逐する準備ができておりしかもその情報をねなんと長期間記憶しているんです人間の身体って凄いですよねつまり自然免疫が先天的な免疫だとすると獲得免疫は文字通り後天的に獲得した免疫であると言えますこの獲得免疫の主役は免疫の中核であるリンパ球ですリンパきゅうりは T 細胞 B 細胞ナチュラルキラー細胞など数種類がありそれぞれが異なる役割を持っております中でもっちり細胞は外敵に直接関わるだけでなく司令塔となってメニューに反応をコントロールする役割もあります小さい子には二つの大きな集団があり一つはヘルパー t 細胞と言います免疫細胞の指令通りになるのがこのヘルパー t 細胞です他の免疫細胞へ感染源の情報を伝達し必要な細胞群の増殖を促進して病原体を退治する集団に指示を出すのがこのヘルパー t 細胞ですもう一つの集団はキラー t 細胞と呼ばれますこちらが外敵に犯された細胞や腫瘍細胞を直接参照するという音パワフルな細胞になりますただしその力を発揮するにはヘルパー t 細胞の助けが必要となりますキラー t 細胞は一度出会ったことのある病原たいなどを覚えているため再感染があった場合はスムーズに作用しますそしてもう一つ大切なリンパ球2 B 細胞というものがありますこちらもヘルパー T 細胞の助けを借りて病原体に直接働く交代を生み出してくれます T 細胞も B 細胞もとても優秀な免疫細胞ですが病原体に対して本格的な攻撃を始めるまでには数日かかると言われていますではその数日間病原台湾野放し状態なのかと言うとそれまた違うんですその数日間に動き感染細胞を破壊して対処してくれるのがナチュラルキラー細胞ですこれらの多種多様なリンパ球はそれぞれの役割を担いながら協力し合ってない敵と戦っているんです様々なリンパ球が共同作業をすることにより強力な感染防御の力が発揮されているんですいやいや本当に人間の体は凄いですよねこのような親密なシステムを聞くとちょっと免疫力を意識してみようかなと思えるのではないでしょうかではここまでの話をねちょっと分かりやすく例えてまとめてみまし として活躍する好中球は城壁の上に立ち必要なときはいつでも戦える舞台ですマクロファージ樹状細胞は捉えた病原体の情報を場内で待機する獲得免疫系に伝える重要な役割を果たしますそして第3の砦獲得免疫系のリンパ球は様々な近代兵器レス装備された兵隊と指揮官からなる近代的な精鋭部隊です携帯同士携帯都市景観審議官同士は乳首血豆にコミュニケーションを取りながら侵入してきたってよ件対応駆逐しますしかし高度な組織であるがゆえに白系統が見られると一部の大に反乱が起こり守らなければいけない城自体を傷つけてしまいますそれがまさにアレルギーであり自己免疫病と呼ばれるものです現在はこの一部の兵士の反乱を招いてしまう体内環境に悩む人が非常に多いんですさてそれでは1件の内容をこの辺でしっかりとまとめておきましょうかポイント市免疫力とは燎原タイの感染から体を守る総合的な能力であり感染防御機構の中心システムであるポイントに免疫力を構成する要素は次の三つ市皮膚粘膜の物理的バリアに好中球マクロファージなどからなる免疫すなわち自然免疫系三つ目はリンパ球からなる免疫すなわち獲得免疫系ポイント三大問題になっているアレルギー自己免疫病は協力し合って防御に徹する免疫系の一部が反乱を起こし謝って体を傷つけることで起こっているそれでは次二つ目の食生活が寿命を決めるということを解説していきたいと思いますさて今となってはねなかなか信じがたいんですが第二次世界対戦まで日本人の平均寿命はなんと50歳に届きませんでしたそれから70年以上が経ちその間に日本人の平均寿命は30年余も伸びて80台に達しましたその最大の原因は乳幼児や幼い子供が感染症の犠牲になることが減ったことですがその他にもいくつかの原因が挙げられます例えば1タンパク質をはじめとする栄養状態の改善に抗菌薬の登場30環境の正常化などなどこれらの原因によって平均寿命が延びている理由なんですそもそも日本人は食べる量が少なくても生きていけるような気が状態に強い人々だったそうですただし怪我が続くと栄養不足の状態にあるため免疫力の低い人が多かったそのため第二次世界大戦以前は感染症による乳幼児の死亡率が高かったわけなんです前後は栄養状態が改善していき免疫力が高いレベルで維持されるようになりましたしかし食べ物に困ることがない時代になる宇土またね別の問題が生まれてきてしまったんです日本人は飢餓状態には強いんですが黄色に弱いんです現代人の食事は食事量も食事の内容もカロリー摂取量も格段に増えましたしかし飢餓状態に耐えうる日本人はインスリンの分泌能力があまり高くありませんつまり上がった血糖値を十分に下げる事が出来ない人が多いんですそうして増えてしまうのが高血糖状態が継続してしまい糖尿病に繋がる人々なんです糖尿病の先には動脈硬化の進行免疫の低下という結果が待ち構えておりますそのため糖尿病患者さんは感染症にかかりやすいですそれを防ぐためにもなおさら免疫力を上げるような食生活を意識する必要があるんですでは黄色を改善すると私たちはより健康になれるのでしょうかラットを使った実験と猿を使った白い実験を少し紹介しましょうまず1935年米国のコーネル大学の機種はカロリー制限をした後では寿命が延びることを発見しています実験ではラットが狭いケージの中で餌を食べたいだけ食べることができる状態にしましたこのラットが好きなだけ食べた餌の量を自由摂取量と呼びますこの自由摂取量の60%の餌を与えてどう飼育したところ痩せてはいるが元気の良いイラっと飛んだり寿命が延びたという結果になったんですその後も夫やマウスを用いて同じ実験が繰り返されましたが結果はどうでしたさらに寿命の延長だけでなく腎臓病は自己免疫疾患の発症を抑える効果加齢に伴う免疫力の低下を遅らせることまで明らかになったんです実験室に入るラットというのは狭いケージの中で過ごすため野生のラットに比べると ぷに対して栄養制限をすることで少ない運動量に適したカロリー摂取量になったんですそれが健康を回復し寿命を延ばしたというのならば特に驚くべきことでもなく至って当然のことだと言えるでしょうそして1990年代に東京老人総合研究所現在の東京都健康長寿医療センターの栄養学研究グループは複数のラットを三つのグループに分けて比較実験を行いました第一軍運動をさせずに餌は自由接種第二軍運動をさせて自由接種第三軍運動をさせてカロリー制限この三つのグループの飼育を20ヶ月間継続しましたその後それらのラットについて栄養学的な検査が行われ著者たちのグループは免疫機能の検査を担当しました三つのグループのうち免疫機能が一番高かったらとはおそらく皆さんの予想通りでそうです運動をさせてカロリー制限をした第三軍のラストだったんです海外ではマウスやラットよりも人間に近いアカゲザルでもカロリー制限の実験が行われています行ったのは二つのグループで栄養と寿命の研究をしている米国メリーランド州の国立カレー研究所とウィスコンシン大学の二つです実験で猿は次の二つのグループに分けられましたグループ1普通の食事グループにカロリーを3割ほど制限した食事研究所のチームと大学のチームは2017年に共同で実験データを解析しカロリー制限は効果ありと一致した結論を国際的な習慣から苦情なるのネイチャーに発表しております別の実験だとアメリカのオレゴン研究科学大学の研究者によるアカゲザルを用いたカロリー制限の実験がありますその実験によると42ヶ月間の観察にいよりカロリー制限はアカゲザルの免疫系の老化を遅らせる効果があると発表されていますではなぜカロリー制限が寿命を伸ばすのかそれについてはいくつかの説があるんですが例えばカロリー制限は体内にある老化や病気の原因となる活性酸素を抑制する効果を増やすというものがありますこの活性酸素を除去する酵素については3件で少しお話しする予定ですちなみにマウスやアカゲザルのような哺乳類だけでなくカロリー制限の実験は戦中や酵母のような下等生物でも有効で線虫の場合はカロリー制限で50%ほど寿命が延長するという報告があります人間などの高等動物にどこまでそれらの情報が役立つかははっきりと言えないのでこれからの研究を待つ必要はありますがこれらの実験結果が非常に貴重で面白い情報であることは間違いありませんここまで現代の日本人は黄色により高血糖の状態が継続することで糖尿病にかかりやすい傾向にあることと黄色よりもカロリー制限をした方が寿命が伸びるという動物実験の結果が多く残されているということをご紹介しましたここからは免疫に関わる栄養素についても触れておきましょう当然のことですが良い食事とは栄養バランスのとれた食事ですその中でも摂取量が不足すると免疫力の低下に影響する栄養素があるんですそれはたんぱく質です実際に現在でもタンパク質を中心とする栄養摂取状態の悪いアフリカでは子供の免疫系の発達が遅く幼いうちに感染症にかかって命を落とすことが多いんです第二次世界大戦前の日本も同じような状態でした戦前の日本人達は理想な量のタンパク質を取れていなかったので若年層の免疫系の発達が不十分だったわけなんですそのため肺炎や結核などの感染症例なくなるよーじや青年などが多かったんです動物実験ではタンパク質の日を減らした餌を与えると免疫系の発達が遅れるだけでなく加齢に伴う免疫機能の低下が促進されたという結果が出ていますタンパク質はもちろんのことを他の栄養素の不足のないようバランスの良い食事を心掛けるとともに先ほどお話しした食事の量学校カロリー摂取量にも気をつけることが大切であるということです昔からね腹八分目が体にいいとよく言われてきております英語のことわざにも退職は金より多くの人の命を奪うというものがあるそうです栄養バランスを考えて食べる事カロリーも必要な摂取量に止めるように食べ過ぎないことを逆に過度の設定もしないことをどれも当然のことではありますが継続的に実践しようと思ったらなかなか難しいでもそんな完璧に入って 不要になったしかし現代は飽食などにより糖尿病を発症し動脈硬化の進行や免疫が低下するといった問題が出ているポイントに様々な動物実験において餌を好きなだけ自由に食べた動物よりもカロリー制限をした食事で飼育された動物の方が寿命が延びているカロリー制限が寿命を伸ばす理由は活性酸素を抑制する酵素を増やすなどいろんな説があるポイント3タンパク質不足は免疫力を低下させるタンパク質を中心とする栄養摂取状態が悪い地域では子供の免疫系の発達が遅く感染症連絡なるよーじや青年が多い動物実験では免疫系の発達が遅れるだけでなく加齢に伴う免疫機能の低下が促進されたという結果が出ているそれでは次でラスト3件で免疫力向上の知恵を身につけるについて解説していきたいと思いますさて3件では免疫をいるための知恵や免疫を上げる方法のメリットデメリットなどをご紹介していきたいと思います既に結構知ってるよという人もいらっしゃるかと思いますので今回はあまり聞いたことがないような方法もご紹介していきたいと思います一般的に免疫力回復に効果があると言われている方法としては次のようなものがあります一栄養調節に呼吸と睡眠さん運動4抗酸化物質後ホルモン補充6ワクチン7漢方薬ほざい8活性化事故 T 細胞点滴方本日はこのいやつの中から二つ目の呼吸とスイミング四つめの抗酸化物質一爪のホルモン補充7つ目の漢方薬ほざいの四つにフォーカスして解説していきたいと思います前はまず一つ目の免疫力を高める方法を補給と睡眠から解説をスタートしていきましょうか外から何かを摂取したり投与するのではなく自分自身の力で免疫系をコントロールすることができる方法が一つあります答えを知っている人もいるかと思いますそれは呼吸です精神を落ち着かせる手法として太極拳やヨガなどの効果が知られていますがこの中心は呼吸法であると言われています呼吸法で大切なのは息を吸うのではなく息を吐くことに気を集中させることです例えば井戸端会議やカラオケなどがストレス発散になるのは息を吐くからというのが大きい理由ですストレスを解消することは免疫力の改善に繋がります呼吸は意識的に調節することができますがそれによって自分の意識階にある自律神経もある程度コントロールすることができますつまり呼吸により自分の意志である程度自分の身体的な機能を正常化マインドコントロールが出来る可能性があるんです緊張している時やここぞという勝負の前に自然と呼吸をして呼吸を整えようとするのがまさにそれです特に有効な呼吸法として最初の5秒で息を吸い込み2秒止めてその後10秒近くゆっくりと時間をかけて息を吐いていくというやり方はお勧めです日々様々なストレスにさらされているストレス社会を生きている私たち現代人ストレスによる免疫力の低下を緩和するためにもこの呼吸法を繰り返し行うことが有効ですまた呼吸以外にも睡眠をしっかりとることはストレスに対してより効果的な治療方法であり免疫力を維持する上で有効な手段といえます勤務時間などにもよりますし呼吸ほど簡単ではないかもしれませんが睡眠も自分である程度の調節ができるのではないでしょうかあらゆる体の機能を休ませて回復させる睡眠時間は免疫力が回復する時間でもあるんです逆に睡眠を侮ると免疫力の低下あーお招き思わぬ感染症でダウンすることも少なくありません特に三十代四十代の働き盛りの人は体力に自信があり無理をしても週のどこかで寝だめをすれば回復できると信じている方々が多いですしかし寝た目は免疫力の回復にはあまり聞きませんですから実際にそういう方々の免疫力を測ってみると思いのほか免疫力が低い人が多いそうですどうしてもね睡眠時間が十分に取れないよという人は寝だめをするんじゃなくて昼寝または通勤時間などにに30分程度の仮眠をとるようにしましょう神谷昼寝は通常の睡眠に比べて良質な眠りと言われているので寝だめよりも効果が期待できますただし神谷昼寝が30分以上になっちゃうと逆に目覚めが悪くなってしまうので時間にはくれぐれも気をつけてくださいそれでは次二つ目の免疫力を高める方法抗酸化物質を意識して 抗酸化機能は体内で増えすぎると細胞や組織を参加させてダメージを与えてしまう活性酸素を除去してくれる機能です活性酸素の発生には様々な外的要因や精神的な要因などもありますがそもそも全身の細胞がエネルギーを必要とするためにこの活性酸素が放出されておりますそれでも私たちが元気でいられるのは体の中で作られるスーパーオキシド実務風邪などの活性酸素を無毒化する複数種の抗酸化酵素のおかげで体が活性酸素から守られているからですしかし抗酸化物質の機能が十分に稼働しておらず活性酸素により組織や細胞が傷ついてしまうことがありますその傷が蓄積され細胞単位で機能障害が起こってしまうとその細胞は機能不全であるとして少しずつ排除されていきます蒸気単位でみると実際に加齢とともに臓器の重量の減少が見られるためこれは老化現象の一部だと考えられておりますこの活性酸素を除去する抗酸化酵素抗酸化物質は先ほど申し上げたように体でも作られるんですが食物から取ること持って行きます緑黄色野菜や果物を始め大豆そば緑茶などにも多く含まれるんですがお勧めは複数の野菜から様々な抗酸化物質を摂ることです過去にアップした最強の野菜スープという動画を見ていただくと野菜から最も効率よく抗酸化物質を取れる料理法やメニューが分かりますのでよかったら是非ご覧になってください概要欄に参考動画としてインクを入れておきます最近は抗酸化物質を抽出してより摂取しやすいようにしたサプリメントが増え宣伝尻抗酸化物質機能があると謳われていますそれらは一見便利で効率が良いように思いますが実は問題点もあるそうですサプリメントは食品の仲間であり売りではないためその効果についてのはっきりとしたデータがなくても販売できるんです効果があるかどうかは自分の免疫力を測定しなければ分かりません自分に本当に合うサプリを見つけるためにはそこまでしないと効果が不明確なままなんですサプリよりもまず優先するのは食事から多くの種類の抗酸化物質を摂ることですサプリメントは忙しかったり疲れていて食事にまで頭もっても回らないという時に補助的に活用するというぐらいにしておくのが良いでしょうここでボランティアの方々が免疫機能が向上すると謳われて市販されているサプリを1か月間服用した後に検査をしたという調査があるので少しご紹介しましょうその調査によるとリンパ球性 T 細胞数ナチュラルキラー細胞数など10項目にわたる免疫系の影響を調べた結果それらの数が増加した人もいれば普遍の人もいれば逆に転生してしまった人もいるという結果にになったそうです本書には実験結果の表が載っていて分かりやすいので詳しく見たい方は参考にしてください問題なのはそのサプリメントは免疫力を更新するということで売られているにも関わらずデータを取ると誰にでもその効果が期待できるわけではないということを自分で効果が出ているかどうかを知るにはサプリメントを服用した後に採血をして免疫の機能を反映するバカを測定する必要があります懸念されることとしては効果がないにもかかわらず長期服用した場合の副作用があります定期的に医師が観察し服用中止の判断ができるものとは違い市販で購入した場合にはよほどの副作用でもなければなかなかいいやめようとはならないんです薬だけでなく市販のサプリメントでも副作用が起こり得るということお薬と同じようにサプリメントも人の体との相性があり必ず全員に良い結果をもたらすとは言えないということ理解した上でサプリを服用することが大切ですとにかくいう視点は食事でサプリメントに頼りすぎないことですそれでは次三つめの免疫力を高める方法ホルモン補充について解説しますホルモンの中でも免疫力について有効性を示すデータが取れているものがありますそれは成長ホルモンです成長ホルモンの減少が老化の原因ではないかと考えられ実際に高齢者に成長ホルモンを投与する試みが行われていますその結果として以前よりも日常活動で生き生きとすることができ皮膚も美しくなり効果が高かったという報告がありますそんなにすごいなら成長ホルモンを売ってみたいよと思ったかもしれませんが100%良いことばかりではありません成長ホルモンは正常細胞以外にも作用します以上細胞つまり幹細胞が体内にあったらそれにも作用してがん細胞の成長を促してしまうんです高齢者の 記録をアップさせるということです著者は漢方薬の効果に注目し補中益気湯十全大補湯という二種類の漢方薬をマウスに投与し免疫力の回復効果を調査しましたすると若いマウスの免疫力が上がることはありませんでしたが免疫力が低下した大分マッスルは抗体の産生能力といった免疫機能が回復したんですなんとも興味深い結果です人についてもその効果を検証したところある一例では G 細胞数とその増殖能力に大きな更新が認められ全体的な免疫力も回復していましたポシュレは服用前4ヶ月後7ヶ月後の改善率を表すグラフが確認できますもちろんこのような回復効果には個人差があり実際に服用して免疫力を測定しないと効果が出ているかどうかを判断するのは難しいでしょう現在大幅に西洋医学会偏っている医療を見直し東洋医学を含めたでしょうあるいは伝統的な料理塩が集まりつつあるそうですそれがは通常の西洋医学医療ではないという意味で代替医療 Alternative medicine と呼ばれています代替医療による治療効果は科学的な手段で研究され多数報告され米国などではがん患者自己免疫疾患の患者などすでに急速に広まっています米国での代替医療見直しが日本を含む各国の医療政策に大きな影響を与えたことにより代替医療は世界で徐々に普及しつつあります漢方薬による免疫の治療もそのひとつですただしどの医療においてもそうであるように免疫力の回復法の効き目にも個人差がありますとてもよく効くのかママは効くのか交換なしならまだいいんですが場合によっては全く正反対の効果を示す場合もあります免疫力が上がると言われている方法を取り入れているから間違いない末長く続けるべきだと盲信しないように注意が必要であると著者は述べていますそれでは作業の内容をこの辺でまとめておきましょうポイント1ゆっくりとした呼吸特に息を吐く時を意識することでストレスを和らげ自律神経を整え免疫力を上げる効果が期待できる睡眠をしっかりとることはストレスに対してより効果的な治療方法であり免疫力を維持する上で有効である妬みよりも20分から30分の仮眠や昼寝の方が回復効果があるポイントに抗酸化物質は体内でも作られるが食事からも積極的に摂ることをおすすめするサプリで摂る場合本当に効果が出ているかは免疫力を測定しない限りは分からず効果がなく副作用だけ出る場合も考えられるので基本的には食事からの摂取を優先することをポイントスタン高齢者に成長ホルモンを投与すると正常細胞に作用して肌がきれいになる生き生きとした生活を送れるなどの高い効果を表しているが異常細胞にも作用して潜伏いているがん細胞の成長を促してしまう点は問題であるポイントをイオン補中益気湯十全大補湯という二種類の漢方薬をマウスと人が服用した場合どちらも免疫機能の回復に効果が見られたしかし免疫力の回復法の効き目には個人差がありまれに逆効果になるケースも考えられるので服用後に免疫力を測定して効果を確認する必要があるさて皆様いかがでしたでしょうかこれのおかげでは本書の中でも比較的どなたでも理解しやすい内容を中心にご紹介しましたより深い知識を得たい方そして実際に自分の免疫力を知りたいという方はぜひ本書を手にとって読んでみてください免疫力のセルフチェック表からイラスト入りの図でわかりやすくまとめられた基礎知識ストレスが免疫力を低下させる仕組みやノートン免疫系の関係そして自分の免疫力を測定いているがん細胞の成長を促してしまう点は問題であるポイントをイオン補中益気湯十全大補湯という二種類の漢方薬をマウスと人が服用した場合どちらも免疫機能の回復に効果が見られたしかし免疫力の回復法の効き目には個人差がありまれに逆効果になるケースも考えられるので服用後に免疫力を測定して効果を確認する必要があるさて皆様いかがでしたでしょうかこれのおかげでは本書の中でも比較的どなたでも理解しやすい内容を中心にご紹介しましたより深い知識を得たい方そして実際に自分の免疫力を知りたいという方はぜひ本書を手にとって読んでみてください免疫力のセルフチェック表からイラスト入りの図でわかりやすくまとめられた基礎知識ストレスが免疫力を低下させる仕組みやノートン免疫系の関係そして自分の免疫力を測定してみたい方向けにいているがん細胞の成長を促してしまう点は問題であるポイントをイオン補中益気湯十全大補湯という2種類の漢方薬をマウスと人が服用した場合どちらも免疫機能の回復に効果が見られたしかし免疫力の回復をの効き目には個人差がありまれに逆効果になるケースも考えられるので服用後に免疫力を測定して効果を確認する必要があるさて皆様いかがでしたでしょうかこの動画では本書の中でも比較的どなたでも理解しやすい内容を中心にご紹介しましたより深い知識を得たい方そして実際に自分の免疫力を知りたいという方はぜひ本書を手にとって読んでみてください免疫力のセルフチェック表からイラスト入りの図でわかりやすくまとめられた基礎知識ストレスが免疫力を低下させる仕組みやノートン免疫系の関係そして自分の免疫力を測定してみたい方向けにおすすめです。
おすすめの記事