【VODで読める電子書籍】『リヴァイアサン(ホッブズ[著], 角田 安正[翻訳])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

ホッブズは「万人の万人に対する闘争状態」こそ、人間の自然状態だと定義する。なぜそうなのか。この逆説をどう解消すれば平和が実現するのか。社会契約による主権国家の成立を理論づけた本書の第1部は、国家を構成する個々の人間を、その本性から考察する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ホッブズ,トマス
1588‐1679。イングランドの哲学者・思想家。英国国教会牧師の次男として生まれる。幼い頃からラテン語とギリシア語を学び、オックスフォード大学に入学。卒業後はキャヴェンディッシュ男爵の長男の家庭教師となり、ヨーロッパ旅行に随伴、見聞を広めると同時に、古典に目を開いた。帰国後、国内の政情不安のなか1640年に出した『法の原理』が当時の議会派から厳しく非難され、同年末パリに亡命。約11年の滞在期間中の’51年に『リヴァイアサン』を刊行した

角田/安正
1958年生まれ。防衛大学校教授。ロシア地域研究専攻。在ロシア日本国大使館専門調査員を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※電子書籍『リヴァイアサン(ホッブズ[著], 角田 安正[翻訳])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『リヴァイアサン(ホッブズ[著], 角田 安正[翻訳])』人間は皆生まれながらにして平等であり生まれながらにして吐くであるしたがって誰もがするような共通の権力を書く限り互いに平等な人間は万人の万人に対する闘争から抜け出すことができない皆さんどうもこんにちはアリオです本日ご紹介する本は17世紀の哲学者トマスホッブズによる古典的名著リヴァイアサンです皆さんの中には世代によってホームズの名を聞いたことがある人もいれば聞いたことがないよという人もいるはずですかつて本部は同時代のジョンロックやジャンジャックルソーとともに社会契約説を推し進めた啓蒙主義者として中学校の公民の教科書に載せられていましたしかし驚くことに現在の日本の義務教育ではその中からホップスだけが削除され代わりに三権分立を唱えたことで有名なモンテスキューが代表的な人権思想家として教えられているようですなぜこのような事態になったのかは本仏は本性リヴァイアサンで何を主張したかを理解すれば明らかとなるでしょうお忙しい皆様のために先に本書の結論を明らかにしてしまえばリヴァイアサンはロックやルソーとは異なり人間は生まれながらにして開くであるという性悪説の事をそのような狼の群れを統率して平和を実現するためには絶対的な権力を持った強権的な国家が必要であると説きました題名のリヴァイアサンとは旧約聖書に登場する海の怪物ですがこのタイトルは人間社会という狼の群れをまとめるにはリヴァイアサンのような巨大な怪物としての国家が必要だということを暗に意味していますこのような考え方は立憲民主主義よりも先生的な独裁国家を容認するようにも受け取られがちです中学の公民の教科書から本別が消されてしまったのは多分このような理由によるものでしょうさて本日ご紹介する内容は以下の通りです第1章万人の万人に対する放送の本当の意味第2章人間は生まれながらにして開くである第3章ジャイアンママこそ試験紙コップ自我得国家とは本性をよく読めばホップ頭が主張する国家試験はあくまで社会契約に基づいて人々から譲渡された権利であることがわかります人々は国家に権限を譲渡する代わりに自らの安全や平和を保証してもらうんですこのことから本仏はリヴァイアサンを巨大な怪物であると同時に人間に平和を舗装する地上の神であると思います新型コロナウイルスによる打撃から一早く立ち直った国々はこの非常事態下で国家が強い権限と統率力を持ちロックダウンなどの強権的土地を否応なしに撮った国々でした一方他国に押し付けられた憲法の下で民主主義とは名ばかりのお祝儀政治がはびこる日本においては骨抜きの国家が繰り出す緊急事態宣言はあまりにもお粗末なものに終始し未だに復興の兆しは見えませんこのような危機的な状況にあって国家権力の脆弱性が明るみに出された今日我々はルソーのような理想主義者を手放しに称賛する現場の日本の価値観を改めあえて目を背けていた本部の方こそ今一度検討すべきなのではないでしょうか今から400年も昔に書かれたにも関わらず御書リヴァイアサンは21世紀のわが国のあり方について多くのヒントを与えてくれているそうです是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第1章万人の万人に対する闘争の本当の意味本書リヴァイアサンは全4部47章からなる体調です第一部では性悪説に基づいて感覚や知性社会性などあらゆる面から人間の本性が語られ第二部ではそのような人間をまとめあげるための国家と方についてそして第3部第4部ではキリスト教に対する批判が展開されていますキリスト教会への批判の部分は現代の私達にはあまり馴染みが無い為本日は主に第1部から第2部までの人間の本性とそれを統率する国家についての重要部分を要約していきたいと思います昆布酢は本書第一部で性悪説に基づいた人間の醜い包丁について延々と述べたてた後それでも人間は皆平等であると主張します今度は今から400年も前の本ですのでなぜ人が皆平等であるかについての科学的な論拠は残念ながら提示されていません好物は神は人間を平等に作りたとえ書く能力において個人差はあれど全ての能力を合わせた総合力においては各人の能力に差はないと言います多くの人にとってこのような人類の平等はいいことであると思われるはずですしかし昆布酢の面白いところは人間はこのように平等で 知能を持って同じことを考えているがために猜疑心に囚われます俺はあいつを出し抜こうと思っているんだからあいつも俺を出し抜こうと思っているに違いないと疑心暗鬼になるんですさらにそのように競合する欲求が食料や異性などを製造や自己保存のための欲求であった場合それを満たすために各人は相手を撲滅し征服しようと試みますこうしたソードの敵対関係から身を守るためには先手を打つことほど理にかなった方法はありませんこうして侵略や戦争が起こるんですまた人間の欲求は食欲や性欲などのものに対する欲求だけではありません人間には名誉欲という他の動物にはない暴力が存在します人間は誰しも他人から高い評価を得たいと願います少しでも軽蔑や過小評価を受けると人は自分を蔑んたものに攻撃を加える事によって自らの評価を高くた元夫との力あーを尽くします人間はこのようなアジ釣りのない三重からも争いを起こすことがあるんです以上から人間が平等であるがゆえの帰結として敵対心や猜疑心そして自尊心など様々な悪の感情が生ずることが分かるでしょうこれらの感情に突き動かされることで人は侵略や戦争に走るんです敵対心に基づく争いは鯵釣りを獲得するためのものです猜疑心に基づく争いは自らの安全を確保するためのものであり自尊心に基づく争いは見栄のためのものです人間はこれら何の感情のためにも暴力を発動するんですこのような理由から本書で最も重要な次の結論が導かれます誰もが映るような共通の権力を書いて生活している限り互いに平等だ人間は万人の万人に対する闘争から抜け出すことができないんですこれは有名な言葉ですので皆さんも聞いたことがあるかもしれません誰もがするような共通の権力を書いた自然状態とは野蛮なアナーキズムであると言えるでしょう郵送の場合はこのような自然状態こそが最も平和な理想郷であると考えましたが昆布酢は違いました皆さんは出かける時や夜寝る時窓や扉の鍵を閉めますよねしかも我々はもし泥棒が入った時には警察が加害者を処罰してくれるとわかっているにも関わらずそうするんです体はもし警察や法律がない無法状態ではどうなるでしょうか私たちは鍵を閉めるだけでは足りず家の周りにコンクリートブロックを積み窓オデッセイのトタン板で補強するのではないでしょうか自然状態が良いなんていう理想は単なる絵空事であり現実には人間は放っておけば無法状態に陥ってしまうことは私たち自身が感覚的によくわかっているはずですとしてこのような無法状態においては悪役性は存在しませんなぜなら共通な権力が存在しないところには法律も存在せず法律が存在しないところには不正もないからですこのように自然状態においては全ての悪徳が肯定される方のもとに正当化されてしまうんですこのような状況では財産もまた存在しません私のものとあなたのものは区別が不明確になるんですどこでは自力で獲得して今は間に手にしている者だけが私のものとなりもし一度でも手放せばそれは誰のものでもなくなります無理やりでも力ずくでも奪われてしまえばそれは埋まった人のものになるんですこのような文版極まる無法状態を制御するために必要なのはただ一つ誰もがするような共通の権力つまり強大な国家権力に他なりません我々人間はそのような岩場動物園の関心のような絶対的な試験車を作るために自分たちが生まれながらに持つ権利を譲渡する必要桜があるんです今回の権利の譲渡については続く第2章で見ていきたいと思いますその前にここで一旦第1章をまとめておきましょうポイント市人間は皆生まれながらにして平等であり平等であるがゆえに欲求が競合し争いが起こるポイントに誰もがするような共通の権力を書いて生活している限り互いに労働だ人間は万人の万人に対する闘争から抜け出すことはできないポイント3階の争いを避けるために全ての人間が生まれながらに持つ権利を国家に京都市社会契約によって国家に強大な権力を授ける必要がある第2章人間は生まれながらにして開くである古典的な命とされるだけあって第1章はやや難しい内容でしたここで頭の休憩がてら第1章の内容をドラえもんの世界になぞらえて簡単におさらいしておきましょうドラえもんの世界においてはジャイアンとスネ夫のび太の間に非常に 必要なのか何でありかわ台一丁ご覧になった皆さんは既にお気づきのはずですそうジャイアンママですジャイアン同士が血みどろの争いを繰り広げる空き地においてあらゆるジャイアンをリンクさせるような共通の権力であるジャイアンママを投入すれば紛争は治り世界は再び平和を取り戻すでしょう河野ジャイアンママこそがリヴァイアサンであり社会契約によってわれわれ人類が実現すべき国家試験なんですさてここからが本当の本題です第1章ではジャイアン同士が互いの争いを避けるために各自の権利を譲渡する必要があると述べましたリヴァイアサンにおいてはその権利はすなわち自然権であり人々が自然権を譲渡する対象がすなわち国家なんですそこでまずはこの自然権について勉強していくことにしましょう一言で言えば自然権とは各人が生まれながらにして持っている自由のことです人間は生命を維持する目的で自身の力を思い通りに行使することができますがそれができるのはこの自然権があるからに他なりませんつまり自然権は動物と同じように本能に従って行動してもいいとてる提督の権利であると言えます一方動物とは異なり人間社会には自然法というものが存在します自然法とは理性によって発見された人間の普遍的な行動規範のことです例えば人を殺してはいけないというのも自然法のひとつですこのような自然法は近代的な法律とは異なり人類に共通の行動規範です例えば人を殺してはいけないというのは人間にとって普遍的な自然法の一つですが車は左車線を走らなければならないというのは国によってバラバラのため自然法とは言えません既にお気づきの通りコレラ自然権と自然法は時に互いに矛盾します自然権に従えば自らの生存のために人を殺すことは肯定されるはずですが人間社会ではそれが自然法によって禁止されているんですしかし人類の歴史が明らかにしている通り人間が常に優先させてきたのは理性による自然法ではなく本能に基づく自然権のほうでした第1章で述べた通り自然状態において人間は万人の万人に対する闘争から抜け出すことは出来ません互いに家で家を争い殺し合い続けるのが人間の性なんですこのことはある人の自然権はその人自身の身体のみならず他者の身体にまで及ぶということを意味していますつまり自然状態では人間は自然県によって自らの行動おいのままにできるのみならず暴力によって他人の身体想いのままにできるというわけですこのため自然権が各人に平等に備わっている限りどれほど健康で強靭な人であろうとも天井を全うするための安全を開けして保障されていないんですそこで登場するのがジャイアンママつまり国家というリヴァイアサンです好物はこのような自然状態の家万世から各人が身を守るためには人間はその自然権を積極的に放棄しなければならないと説きます天理の手放し方には2種類あります一つは単にを放棄する方法ですそしてもう一つは誰かに譲渡する方法ですひとたび権利を放棄又は譲渡した人はその権利をすでに失っているわけですから権利を持つ他者を妨げる行動をすればそれは西になります違って一方的に権利を放棄又は譲渡することはその人にとって不利にしかならず一般に権利の放棄は譲渡はそれに見合った見返りが期待できる場合にのみ行われます人間が自然権を積極的に放棄することの見返りとはまさに自然状態において保障されなかった身の安全に他なりません昆布酢が提唱する社会契約とは人々が国家に自然権を譲渡する代わりに国家から安全保障の義務を約束させるというまさに相互利益に基づく契約に他ならないんです無法状態の空き地で争いを繰り広げるジャイアンたちはいっせいのせで一斉に各自の自然権をジャイアンママに譲渡することでジャイアンママという絶対的な統制のことを初めて自らの安心な生活を取り戻すことができるわけです自然権についてご理解いただいたところで第2章をまとめておきましょうポイント1全ての人間は生命を維持する目的で自身の力を思い通りに行使していいという自然権を生まれながらにして持っているポイントに人間社会には人を殺してはいけないと言った人類一般の普遍的な行動規範である自然法が存在するポイント3歴史上自然権と自然法とは違い日光市常に自然権が優先され暴力や殺戮が繰り返されてきたこのような野蛮状態から身を守るためには全ての人間が自らの自然権を同時に国家に成都市国家に安全を保障してもらう必要がある第3章ジャイアンママことが自転車ホップ頭が得意国家とは第1章では人間は放っておけば戦争を始める悲しい生き物であることを第2章では人類一般の持つ自然権と自然法について見てきました 壊れて行きますこのような負の感情を抑え込めるのは個々人の理性ではなく外的で絶対的な権力すなわち国家しかないんですまた暴力による裏づけのない契約は単なるじゃれごとにすぎませんおっておけばいや版状態に陥る人間社会において口約束なんていうものにわたしたちの安全を守る力がいかほどあるでしょうかたとえ各人の自然権を縛る権力が形の上では成立したとしてもそれが私たちの安全を守るための強力な武力に支えられていなければ何の意味もありませんジャイアンママは誰だジャイアンにとって愛すべき母であるのみならずジャイアンよりも腕力において優れた鬼である必要があるんですこのような本部頭の考え方は自然へ帰れと歌うルソーとは真逆のものです昆布酢によれば人類の集団が小規模な部族社会出会った頃は互いの強奪や略奪が日常茶飯時であり社会契約による法律はおろか自然法などという素朴なものでしたらカレーらの念頭にはさっぱり存在しなかったと言いますそのようなあ3回状態では他人から奪った金品が多ければ多いほどメイヨだったんですそのような未開社会で人々が遵守するのは法ではなく神ギア掟ですさらに本部ずは誰が言った当時の国家ですら法治国家ではなくかつての小規模な部族社会が中身はそのままで規模が大きくなっただけだと言います確か日本物が生きた17世紀のヨーロッパは国家同士が互いに睨み合っ常に互いに信仰されるのではないかと怯えそのような猜疑心から領土を拡大し続けていましたこうして隣国諸国を征服し無力化して言ったんですつまり規模の大小は関係ないということですあとは社会の構成人数が多くても彼らの行動がここの欲求と判断によって導かれているのであれば共同体にとっての共通の安全を保つなどという理想は期待しようがありませんこのような未熟な社会はより強力な集団に侵略されてしまうかオーブンによって自らが対するのが関の山でしょうたらに国家による安全の保証は一時的であってはなりません国家が一度きりの戦争などを限られた期間にしか続かないのであればそれは安全を確保したことにはなりませんでは人々が満ち足りた生活を送るためにはどうしたらいいのでしょうか具体的には国家が外敵の侵入や仲間同士の権利侵害から人々を守り十分な安全を確保することこれが必要ですそしてただそれだけの権限を持った公的権力を自立する方法それはたったひとつしかありませんそれは人々のあらゆる力を一人の人間または一つの組織に譲渡することですこの時力を授けられた側は多数決の原理に基づいて人々の意思を一個の石に集約しますつまり自分たちの人格を代表してくれる一人の人間または組織を任命しそれに対して全権を移譲する必要があるんですこうして生まれた代表者が何をし人々に何を命令したとしてもそれが国家全体の平和と安全のためであるならば人々は代表者の義手を自分自身の意志であると認めなければなりませんこれはどうや競争などといった生易しいものではなく国家の構成員全員が参加するシーンの統一たいなんですこうた国家には一個の人格が備わっておりそのような人格を成立させるためには人々は国家と契約を結ぶ必要がありますどのような社会契約が完了し多数の人々の意思が一個の人格に集約されると絶対的な権力を持った国家すなわちリヴァイアサンが生まれますこのようにして生まれたリヴァイアサン御本仏は地上の神であるとまで言いますそれはリヴァイアサンが全ての人々から与えられた強大な権限に支えられており自らの強大な権力を無制限にコースできるためですどのような AI leviathan の力への皮膚を利用することで人々の意思を統一し国内の平和を保ち一致団結して外敵を撃退すると言う国家の安全と平和のための行動が達成されるわけです以上から本仏は国家を次のように定義します国家は一つの人格である正しい人々は皆自分自身が国家行動の主体であることを契約によって取り決めておく必要があるこの契約によって国家は国内の治安維持や外敵との紛争の絶えず叱ると手段を総動員することができるこのような人格をになった国家の代表者は地権者と呼ばれその構成員全員を臣民として従えることになりますそしてこのような試験国家に至る道は二つあります一つは自然の力によるものですジャイアンママによるジャイアンの低圧がこれにあたるでしょう自然において子は親に服従するように作られていますとの服従を拒否しようものなら終わることのない店番と草むしりの兄がジャイアンを待っていることでしょう平常時の階級構造においてジャイアンがのび太を服従させるのもまた自然の力によるものと言えるでしょうジャイアンは暴力によりのび太を服従させ 絶対的なものであり国家の代表者が一人の場合はくる女性店員全体が主権者であるならば民主制一部の人々が政治を行うならば木属性となりますこうしてホップズの人はノッチのロックやルソーの政治思想へと受け継がれていったんです大山椒をまとめておきましょうポイント1個売っておけば野蛮状態に陥り人間社会において暴力の裏付けない契約は単なる戯れ言にすぎないポイントに国家が外敵の侵入や仲間同士の権利侵害から人々を守り十分な安全を確保するために人々は遠いによって全権力を国家に移乗する必要があるポイントさんこのようにして成立した試験国家は国家の代表者が一人の場合は君主制製品全体が主権者である場合は民主制一部の人々が政治を行うならば木属性となるいかがだったでしょうかこれまで見てきた通りホームズの思想は専制政治を支持しているのか民主主義を支持しているのか判断が難しいものですこのように読み方によって解釈が分かれるような思想が日本の義務教育から外されたのも無理だからのことであると言えるでしょうしかし確実に分かるのは本部頭は人々の安全と平和を第一に考えていたということですあるいは現実的なホッブズのことですから自分の安全と平和と言うべきかもしれませんいずれにしてもリヴァイアサン執筆当時のイギリスは激動の時代でした1642年に始まった内乱はピューリタン革命に発展し革命の指導者であったクロムウェルはついに国王を処刑して今日は星を樹立しますその後イギリスはクロムウェルの独裁チャールズ2世による縫製復興そして立憲王政の基礎を築いた名誉革命と権利の中心が不確かなまま時代に翻弄されていきますこのような不安定な時代にあって安全と平和のためにリヴァイアサンのような絶対的な権力が求められていたことは想像に容易いでしょうまた本部角自走で注目すべきはその一環した性悪説的な考え方です人間の本性に目を伏せて理想郷を歌うルソーとは異なり人間は生まれながらにして開くであるとすれ本仏の考えは現実的でそれゆえに説得力に富んだものです共産主義の失敗により人間の理性の脆さや虚しさを否応なく突きつけられた現代の我々にとってあくまで現実的な本物の観察眼から学べるところは大きいと言えますコンサルリヴァイアサンは多くの優れた翻訳書が出版されていますのでこの動画を見て興味を持ったかたはぜひお手に取って読んでみてくださいや家に長い本ではありますが冒頭でも申し上げたとおり第3部と第4部はキリスト教を主に扱ったもので第一部と第二部を読むだけでも本部頭の政治思想を十分理解できる本となっていますここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画よかったよという方はぜひぜひ高評価ボタンだけでもポテトをして頂けますと励みになるより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまた私たちは本要約チャンネル論文解説チャンネルというのも行っておりますのでそちらも興味がある方は是非見てみてくださいねということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら
おすすめの記事