【VODで読める電子書籍】『長生きでも脳が老けない人の習慣(角谷 建耀知[著], 阿部 康二[監修], 森下 竜一[監修], 古和 久朋[監修], 河田 康志[監修])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

「もの忘れが増えたかも」
「ちょっとしたことでイライラしてしまう」
「料理の味付けが変わった気がする」
…あなたや家族にこんな悩みがあったら、
MCI(軽度認知障害)かもしれません!

でも安心してください!
MCIに気がついて、しっかり対処すれば
脳の機能低下はまだ食い止めるチャンスがあります。

最新研究でわかった認知症から逃げ切る方法!
・2週間に1回の化粧が認知症を抑制
・体温を上げると脳のゴミが溜まりにくくなる
・23時以降に寝る人は認知症リスクが高い
・「ロスマリン酸」が脳のゴミ出し機能を高める
・カレーがアルツハイマーを遠ざける
・ 「1日2杯の緑茶」「1日3杯のコーヒー」が脳に効く
・ 糖尿病患者の認知症リスクは4.6倍
・ パズルより「ながら作業」が脳の刺激になる
・患者の「子ども扱い」は逆効果
…etc.

<4人の専門家が監修>
阿部 康二 (岡山大学脳神経内科 教授)
1981年東北大学医学部卒業。1987年東北大学神経内科大学院修了(医学博士)。1988年米国ハーバード大学神経内科学教室留学。内科学会認定内科指導医、内科学会認定医、神経学会理事・専門医、脳卒中学会幹事・専門医、認知症学会専門医、世界脳循環代謝学会理事長。NHK「きょうの健康」など出演。

森下 竜一 (大阪大学大学院臨床遺伝子治療学寄附講座 教授)
1962年生まれ。阪大医学部卒。2002年自ら創業したバイオベンチャー「アンジェス」を上場。阪大大学院遺伝子治療学教授を経て、内閣官房健康・医療戦略室参与、前内閣府規制改革推進会議委員。

古和 久朋 (神戸大学大学院保健学研究科 教授)
1970年東京都生まれ。95年東京大医学部卒。2004年3月、同大大学院修了。同大学病院で認知症専門外来を立ち上げ、10年に神戸大へ。神戸大医学部付属病院の専門外来「メモリークリニック」で認知症専門医として診療に携わる。

河田 康志 (鳥取大学工学部生物応用工学科 教授)
1985年大阪大学大学院理学研究科博士課程修了、理学博士。1985年大阪大学理学部生物学科教務職員。1988年京都大学理学部化学科助手。1992年鳥取大学工学部生物応用工学科助教授。2000年鳥取大学工学部生物応用工学科教授、現在に至る。

※電子書籍『長生きでも脳が老けない人の習慣(角谷 建耀知[著], 阿部 康二[監修], 森下 竜一[監修], 古和 久朋[監修], 河田 康志[監修])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】ではまだ取り扱っていません。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『長生きでも脳が老けない人の習慣(角谷 建耀知[著], 阿部 康二[監修], 森下 竜一[監修], 古和 久朋[監修], 河田 康志[監修])』突然ですが次の三つの絵を覚えておいて下さい皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回は各谷賢一先生の長生きでも脳が老けない習慣を解説していきたいと思いますさて物忘れが増えてしまったちょっとしたことでイライラしてしまう料理の味付けが変わった気がするあなたやご家族に最近こんな悩みはありませんがもしかしたらそれは MCI 学校軽度認知障害かもしれません現在日本には認知症予備軍と言われる MCI の高齢者が約400万人いると言われていて MCI を治療せず放置した場合5年間で40%が本格的な認知症に移行してしまいます認知症は未だに治療法が見つかっておらず2025年にはなんと日本の認知症患者は700万人に達するとも言われていますですが安心してくださいたとえあなた自身にご家族が MCI になってしまったとしても早めにそれに気がついてしっかり対処することで脳の機能低下を食い止めるチャンスはまだあるんですとても勉強になる一冊でしたのでこの動画を見ることによってこの方いいなと思っていただけましたらぜひ一度手に取って読んでみてくださいそれでは早速一緒に本書の内容に切り込んでいきましょうか本日のお品書きは次のとおりです一元で日本人の四人に1人が認知症5分でわかる MCI について2件で貯金する人としない人認知症になりやすいのはどっちということについて3件で認知症予防に効果的な三つの食事法について解説していきたいと思いますところで皆さんはこの動画の最初に見てもらった銘柄を覚えていらっしゃるでしょうか答えはたんぽぽ飛行機マグロですこれは認知機能をチェックする簡単なテストですからこれに答えられなかったからといって必ずしもあなたが認知症であるわけではないんですがもしかすると MCI を疑ってもいいかもしれませんでも大丈夫ですこの動画を見ることで認知症を予防し進行を食い止めるための生活習慣が身に付くはずなんです先ほどのテストに簡単に答えられたよという人でもご自身の将来やご家族のためにぜひ最後まで見て行ってくださいそれではさっそく一幻の日本人の四人に1人が認知症5分でわかる MCI について解説していきたいと思いますさて今や認知症は世界規模の大きな課題となっておりますが中でも先進国の中で最も高齢化が進んでいて認知症大国と呼ばれているのが何頭は元日本なんです日本の認知症患者の割合は2.33%と先進国35カ国中トップであり平均のイッテンヨン8%を大きく上回るという統計が出ておりますまだ厚生労働省の研究報告書によると日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人で65歳以上の高齢者の約15%が認知症であると推計されておりますそれと同時に認知症予備軍と言われる軽度認知障害痛症 MCI の高齢者も約400万人いることが報告されこれらを合わせると約862万人つまり高齢者全体の4人に1人が認知機能障害を抱えているということが明らかになりましたさらに今後認知症になる人は確実に増えることが予想され高齢化社会のピークを迎える2025年には認知症の患者数は約700万人に達し六十歳以上の高齢者の約20%が認知症になると見込まれておりますつまり数年後には日本の高齢者の5人に1人が認知症という時代が来るということです認知症はもはや他人ごとではなくて自分はもちろんのこと家族も含めて誰もがチョクメンする身近な問題なんですよく歳をとって物忘れが出てくると認知症なのではないかと心配する方がいらっしゃいますですが実は物忘れと認知症とは全くの別物です物忘れは脳の自然な老化現象ですが認知症は立派な病気なんです物忘れと認知症の大きな違いは記憶の一部だけを忘れているのか全て忘れているのかという点にあります例えばですよ朝何を食べましたかという質問に対して食べたことは覚えているがメニューが思い出せないという場合は単なる物忘れですしかし朝食を食べたかどうかわからないという場合は認知症の可能性があります同じように買い物に出かけて何を買おうと思っていたかを忘れるという場合はさほど心配がいりませんが買い物に出かけたのに外出した理由を忘れちゃうとか自分がどこ ことがあってきますしかし認知症の場合は本人に忘れている自覚が全くないので忘れたことを気にすることがないんです周りの人に物忘れを指摘されても何を言われているのか理解できず時に怒り出してしまうこともありますさらに症状が進行するとコンロの火を止め忘れるとか水をだしっぱなしにする近所レン迷子になっちゃう財布やクレジットカードなど大切な物をよくなくす道具の使い方がわからなくなるなど日常生活全般に支障をきたすような行動が増え自立して暮らすことが困難になってしまうんですこのように物忘れと認知症は大きく違いますから家族など周囲の人がそれを見分けるのは比較的簡単ですですが問題は冒頭でも触れた MCI 素直チーズ軽度認知障害の場合なんですねむ試合はその名の通り認知症の軽いバージョンのため日常生活における基本的な動作は問題なく行うことができ単なる老化との判別がつきにくく本人だけでなく家族も見逃してしまうケースが少なくありませんしかし MCI は本格的な認知症の前触れであり早く気づいて治療を開始することが何よりも大切なんです残念ながら認知症を完全に治す治療法はまだ確立されておりません治せないのであれば進行を遅らせることしか僕たちにはできません MCI は加齢による正常な物忘れと認知症の中間に位置するグレーゾーンの状態でアルツハイマー病への移行期間であると言えます MCI を治療せず放置した場合5年間で40%が1年間でも10%が認知症に移行してしまうと言われているんです MCI と本格的な認知症であるアルツハイマー病との違いは独立して日常生活ができるかどうかです日常生活における動作のことを ADL と言いますが ADL は2種類に分けることができます食事や入浴トイレ着替えなどの生活をする上で最低限必要となる動作を基本的 ADL と言って買い物や食事金銭管理などのちょっと複雑な動作を手段的 ADL と言いますアルツハイマー病を発症するとこの二つとも怪しくなり家事や買い物は居るか自分の身の回りのことも難しくなってしまうんです一方で MCI は基本的 ADL は正常なんですが家事や買い物といった手段的 ADL に影響が出てきますただし家族や周囲の人の介護や介助は必要無く日常生活に大きな支障はない程度とされていますコロ食べ歳のせいだと見過ごされがちなんですもちろん MCI はすでに記憶障害が起きている状態ですから生活に全く影響がないわけではありません道に迷うことなく運転することができて忘れることなく薬を飲むことができるのに少し前にお願いしたことを忘れてしまうといったことが散見されるようになります年相応の物忘れとは言えない記憶障害が起きているのが MCI なんですそして MCI とアルツハイマー病の決定的な違いがもう一つありますそれはアルツハイマー病になると後戻りできませんが MCI はそこに留まることができるということを治療がうまくいけば正常な状態に近づくことも可能ですつまり MCI の段階で手を打つことができればアルツハイマー病の発症を食い止めることができるかもしれないというわけなんですだからこそ遅くとも MCI の段階で早期に発見することが大切なんです認知症の根治治療が存在しない以上 MCI の5年間が本格的な認知症にならないためのラストチャンスでもあるんです2021年に実施された認知症に関する意識調査によると認知症になることに約9割が家族に負担をかけるという不安を持ち約6割が経済的に負担が増すという不安を持っている一方で認知症予防は約7割の人が特に何もしていないという結果が出ていますつまりですよ認知症を恐れているにも関わらず何の対策もしていない人が非常に多いということなんですこの背景には一般的に認知症は予防できるものという意識が薄いことが挙げられておりますしかし近年の研究では認知症が生活環境や生活習慣と大きく関係していることが解明され規則正しい生活食生活の改善と適度な運動などによって認知症になりにくい脳や身体を作ることが可能であるということが明らかになっているんです具体的にどのような生活習慣が認知症予防に役立つかは続くん2件で開設することにし 印象になりやすいのはどっちということを解説していきたいと思いますさて認知症との戦い方の成功法は認知機能が低下してきていることにできるだけ早く気づき進行を止めるまたは遅らせるための生活習慣を心がけることにありますそのような生活習慣によって MCI の前なら脳の健康をいつまでも維持することができましたと MCI になったとしても本格的な認知症を発症せずに逃げ切ることができますそこで2件ではどのような生活習慣が認知症予防に効果的であるかを簡単な2択のクイズ形式でご紹介していきたいと思いますでは早速第1問です化粧をする人とすっぴんの人認知症になりやすいのはどちらでしょうかさて皆さんちょっと考えてみてください答えはすっぴんの人の方が認知症になりやすいです年齢を重ねると共に体型や容姿が変わり始め自分はもう若くないんだと実感するようになるとブナンな服を選んだりすっぴんでいることが多くなったりオシャレへの関心が薄れていきますこれは男性女性両方に見られる傾向ですおしゃれと認知症に何の関係があるんだよと思うかもしれませんが実はおしゃれには気持ちを前向きにして老化を予防する効果があると言われているんです近年介護業界ではメイクやヘアオイルなど美容系サービスによって高齢者を元気にしようという活動が増えております例えば化粧を通じて高齢者の生活向上や健康長寿を目指すメイクセラピーという化粧療法がありますがある研究によれば老人ホーム入居者を対象に2週間に1回3ヶ月の化粧療法を実施したところ認知症進行を抑制する効果が見られたという結果が報告されているんです身だしなみに興味を持つことは前頭東洋を刺激して脳の若さを保つことに繋がるんですそれでは LINE にも新しい店と行きつけの店どっちに行った方が良いかさて皆さんちょっと考えてみてください答えを言うと認知症予防のためには常に新しい店に足を運ぶことが大切なんですのーは未知との出会いで活性化します若い頃は安くて美味しい定食屋や雰囲気のおしゃれなレストランなどをリサーチして新しい店を開拓することを楽しんでいたよという人も年をとるとどこへ行っても同じメニューのチェーン店や行きつけの店ばかりに通うようになりがちですこうしたことは脳の老化による特有の症状と言えます人は老化が進むと慣れないことが不安やストレスになり出来るだけ自分にとって都合のよい環境を選ぼうとする傾向があるんですこれはお店選びに限ったことではありませんたとえばかつては早いの曲やアルバムをいち早く買ってチェックしていたが今では懐かしのヒット曲ばかり聴いているとか昔は話題の新作を見るために映画館に行くのが待ちきれなかったけれど最近は部屋にこもって名作 DVD を鑑賞する方が落ち着くとかこういった変化も加齢とともに起こりがちな脳の老化現象といえますしかし脳の神経細胞は未知の出来事に出会うことでより活性化して働きが良くなるものなんですですから新しいことに興味を持たず同じ事ばっかり繰り返していると脳がマンネリ化して機能がどんどん劣化してしまいます馴染みの店に通うことが悪いわけではありませんがたまには新しい店に入って脳にいい刺激を与えてあげましょうそれでは次第3問ですスマホで調べる人と調べない人認知症になりやすいのはどちらでしょうかさてちょっと考えてみて下さい皆様さて答えを言いましょう意外なことにスマホでよく調べものをする人の方が認知症になりやすいといわれていますこれは結構意外だったのではないでしょうかスマホに頼ると思い出す力が衰えてしまいます今はネットで調べれば何でもわかる便利な世の中です困った時はスマホが習慣になっている人も多いかと思いますしかしスマホやパソコンに依存しすぎると脳の働きを衰えさせるおそれがあります自分の頭で考えたり記憶したりすることを放棄してしまい膿の思い出す力がどんどん失われて認知機能が低下すると言われているんです分からないことがあった時は時間がかかってもいいので少しでも自分の力で思い出そうと努力することが大切なんですまた声に出して周りの人に尋ねてみるのも認知症予防に効果的です年を取ると無口になっちゃう人も多いですが誰かと話すこと そうなんですもちろん浪費家無駄遣いをしなさいと言っているわけではありません大切なのはお金の有効な使い道を自分の頭でしっかりと考えるということをお金を使うとき脳の中では前頭葉がフル稼働しておりますこれが脳を活性化させて老化を防ぐことに役立つんですお金を使って満足のいく結果が得られればさらに幸せホルモンが分泌されて脳を若々しく保つことにも繋がるんですそれでは次第5問です夜型と朝方どっちが認知症になりやすいと思いますがこれは結構簡単かもしれませんね答えを言っちゃうと実は夜型の方が認知症になりやすいことが知られております私たちの体は夜になると自然に眠くなって朝になれば目が覚めますこのような生活の自然なサイクルは体内時計によって調節されておりますこのような自然な体内時計に逆らって夜更かしをすることは動画休むことができずオーバーワークの状態となり脳細胞が破壊されて認知機能を低下させる原因になりかねません国立長寿医療研究センターの研究によると夜更かしをする75歳以上の高齢者は認知症の発症リスクが高くなるという結果が発表されておりますまた認知症発症と就寝時刻の関係についても午後11時以降に寝る高齢者は午後9時から11時に寝る人に比べて認知症の発症リスクがなんと約2倍近くも高いということが明らかになっております睡眠は脳の身にならず体の健康にとっても非常に大切ですあまり夜更かしをせずに午後9時から11時にはしっかりと就寝するように心がけてほしいですそれではお次は第6問老眼鏡は脳に良い悪いのどちらでしょうかさてあまり知られていませんが老眼鏡には認知症の予防効果があるんです年をとるエヴァ誰もが悩まされる老眼老眼になっちゃうと近くのものや小さな文字が見えづらくなりますがこれは目の自然な老化現象であり病気ではありません老眼の症状は40代から始まると言われていますが自分はまだ老眼ではないんだよと認められずに我慢したりとか度の合わないメガネをかけ続けたりする人も少なくありませんしかし視力の低下は認知機能を低下させる可能性があります脳は五感から様々な情報を得ていますがそのうちの80%は目から伝わる資格情報なんですそのため視力が低下してしまうと外部から得られる情報が極端に減っちゃって認知機能が衰えると考えられているんです奈良県立医科大学が実施した大規模な調査によると矯正視力が0.7未満のグループは視力が良好なグループに比べて認知障害の割合がなんと2.6倍も高いという結果が出ておりま明日これは言い換えるとね眼鏡やコンタクトレンズなどでよく見えるように視力を矯正してやれば認知症になるリスクを減らすことができるということを最近近くのものが見えにくいなと感じたら迷わず老眼鏡を手にしましょうそれでは次第7問電話とビデオ通話どっちが認知症になりにくいと思いますがさて答えはビデオ通話の方が認知症予防に効果的であります人とのコミュニケーションは脳を刺激してくれるため認知症予防にコミュニケーションは不可欠でありますとはいえ今回の新型コロナのように移動を制限されてしまうとなかなか人に会えないことも多いでしょうそういう時にコミュニケーションを取る際認知機能の低下を抑えるのに最も効果的なのは8月のコミュニケーションであります先ほどの老眼鏡のところでお話ししたいように私たちが後漢から得る情報の80%は角から得る情報なんです聴覚だけを使っての電話より資格も使った映像付きの方が圧倒的に脳を働かせることになるんですそれでは次第8問お風呂とシャワー認知症予防に効果的なのはどっちでしょうか答えを言っちゃうと認知症の予防のためにはシャワーで済ませるのではなく市販と湯船に浸かるようにしましょう一般的に健康に良いとされているのはぬるめのお湯による半身浴ですがアルツハイマー病の予防に効果があるのは熱めのお風呂だそうですこれにはちゃんとした科学的根拠があるので少し専門的な話ですが簡単にご説明します認知症の代表であるアルツハイマー病の原因は脳にアミロイドベータという物質がたまってしまうことだと言われています一方で我々の脳には分子シャペロンというアミロイドベータを無毒化してくれる物質も存在しますアミロイドベータ がありません人の体は40°cから42°cの湯船に10分程度浸かることで体温が上がるとされておりますもちろんぬるめのお風呂にも半身浴のように効果があるのは間違いありませんが認知症予防のためにたまには熱めのお風呂に浸かるようにしてはいかがでしょうかそれでは次でラストで代休もドラマは毎週見るあるいは録画して一気に見るどちらが良いと思いますが結論を言うと認知症予防のためにはドラマは一気に見てしまうのではなく毎週小刻みに見るようにしましょうチャンネル登録しておけば全番組を録画してくれる機器やインターネット環境があればいつでもどこでも視聴できる動画配信サービスなどテレビ番組を視聴するスタイルも今では随分変わっていきました気になるドラマも前はを後からまとめて見る人もいればいつもの時間に毎週欠かさず見る人もいるでしょう認知症今日の予防にいいのは毎週欠かさず見るという視聴スタイルですなぜなら先週やこれまでのストーリーを思い出しながら見ることで脳が活性化するからですまた見終わった後に来週の展開予想をあれこれ考えるとさらに脳が刺激されますまとめてみる視聴スタイルはこの思い出したり考えたりする過程がなくなるためその分納への刺激が少なくなってしまうんですさてさていかがでしたでしょうかほんの少しの生活習慣の改善が認知症予防のために大切であることがお分かりいただけたのではないでしょうかそれではこの辺で2件の内容をまとめておきたいと思いますポイント市前頭葉を刺激して脳の若さを保つためにおしゃれをする新しい店に行くビデオ通話で人とコミュニケーションをとるなどの習慣が大切であるポイントに認知症予防には思い出す力や自分で考える力が大切でありスマホで調べず自分の力で思い出すことやお金の使い道を考えることドラマは一気にまとめて毎週見ることなどが予防につながるポイントさん他にも認知症の予防のために午後9時から11時には就寝することを老眼鏡などで視力を矯正することを40°から42°の熱めのお風呂に浸かることなどが効果的であるそれではラスト3件で認知症予防に効果的な三つの食事法について解説していきたいと思います2件では認知症予防のための具体的な生活習慣について解説しました続く3件では認知症予防にとって非常に大切な食習慣について解説していきます認知症にならないための食生活の基本ルールはズバリ次の四つです1バランスの良い食事を心がけるに糖質を控える中3抗酸化物質を積極的に摂る塩分を控えるさていかがでしょうあまりにもね2過ぎてがっかりしたでしょうかこのチャンネルで日頃から申し上げている健康法とあまり変わりないですよねでもこれが認知症が生活習慣病であると言われる所以でもあるんです生活習慣病を予防する食生活を実践することで認知症は防ぐことができるんですとはいえ単に健康的な食事をしましょうと言われてもどうすればいいかわからないかと思いますそこでこれから具体的な食事法を三つほど順番にご紹介していきたいと思いますまずは一つ目の認知症予防に効果的な食事法は食について解説していきたいと思いますさて先ほどの四つのルールを踏まえてまずおすすめしたいのが和食なんです認知症予防に限らず健康的な食生活の基本はバランスです三大栄養素であるタンパク質脂質炭水化物はもちろんのことビタミンミネラルなどをバランスよく摂ることが健康の秘訣なんですそしてその食べ方の基本となるのは和食の一汁三菜でありますこれは日本の伝統的な献立でご飯と汁物と三つのおかずを意味します和食では大豆製品や魚野菜など身体に良いとされる食材をふんだんに使ったメニューが多く必要な栄養素を一度に効率よく摂ることができます65歳以上の高齢者14402人を約6年間追跡した東北大学の研究では日本食をよく食べる人の方が認知症の発症リスクが20%低いということが明らかになっておりますですからやはり改めて日本食を見直して頂き生活に取り入れていこうではありませんかそれでは次二つ目の認知症予防に効果的な食事法地中海食について解説していきたいと思いますさて和食の次にご紹介したいのが地中海食です地中海食とはギリシャやイタリアンなどの 絵画5ファストフード週1回以下さていかがでしょうか mind 食の研究では約900人の高齢者を平均5年間追跡した結果これら1015項目のうち9項目以上を達成できていた人は5項目いくなった人たちに比べてアルツハイマー病の発症が53%も低いという結果が出ました正しい地中海食文 Mind 食房あくまで海外の人を対象にしたものですから日本人にどれだけ効果があるのかはまだ研究段階とされています日本人ならばまずは和食の基本一汁三菜から始める方が良いかもしれませんとはいえ日本人の食生活は塩分摂取量が多めですので減塩を心がけることも大切です塩分の摂り過ぎは高血圧につながりやがって脳の血管を傷つけ脳梗塞によって脳血管性認知症を引き起こす可能性があるんですまたここで紹介した食事法組み合わせてご自身に合った食事法を見つけることもおすすめですぜひ色々な献立を試してみてくださいそれではこの辺で産業の内容をまとめておきたいと思いますポイント1ある研究では日本食をよく食べる人の方が認知症の発症リスクが20%低いことが明らかになった正しい日本食は塩分に注意したいポイントにオリーブオイルや魚介類などを多く使った地中海食によってアルツハイマー病の発症リスクが半減したという報告があるポイントスター地中海食と高血圧予防に良いとされる就職を組み合わせた Mind 食はアルツハイマー病の発症を53%低減させるという研究があるさてさていかがでしたでしょうか1件でもお伝えした通り認知症は一度なってしまったら治らない病気ですそのため何よりも予防が大切な病気であると言えるでしょう本日ご紹介した内容以外にも本書には認知症予防に効果的なの総括エクササイズなど役立つ内容が盛りだくさんとなっておりますこの動画を見てこの方がいいなと思っていただけましたら是非一度お手にとって勉強されてみてください本日は以上になりますこの動画がよかったよという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップに繋がりますので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッとよろしくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルも頑張って更新しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れていただけるととても嬉しく思いますではまた次の動画で皆様と一緒に行くか握手できることを楽しみにしておりますよまた次の動画でお会いすることにしましょう本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事