【VODで読める電子書籍】『本には読む順番がある(齋藤 孝[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,518 (2022/05/19 21:18:48時点 楽天市場調べ-詳細)
頭の中に“知性の地図"を描いてから
2冊目、3冊目に進みたい

「筋トレ」に鍛え方の順番があるように、「読書」にも読む力をつけるための正しい順番があります。たとえば、いきなり『資本論』を読んでも、多くの人には難解で、最後まで読み切ることはできないでしょう。本来はその前に読むべき本があるのです。
本を読んでも身につかない、十分に理解できない、という人は、「読書の順番」を間違えています。正しい順番で読めば、1冊の本から吸収できる知識・教養は倍増するはず。本書では、具体的に3ステップで読む順番を示します。「哲学」「科学」「歴史」などの分野別、ニーチェ、夏目漱石、太宰治などの人物別に分けて紹介します。

【本書の構成】(抜粋)
第1章 なぜ、「読む順番」が大切なのか?
第2章 最初の1冊をどう選ぶか?
第3章 ジャンル別・本物の教養が身につく3ステップ読書術
第4章 作家別・本の理解力が上がる3ステップ読書術
第5章 読む順番と同じくらい大切なこと

※電子書籍『本には読む順番がある(齋藤 孝[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『本には読む順番がある(齋藤 孝[著])』皆さんどうもこんにちは今予約チャンネル納涼です本日ご紹介する本は齋藤孝先生町本には読む順番があるですあなたの部屋には買って読んでいない本を山積みになっていませんか買った時には勉強する気満々だったのに最初の数ページで挫折してしまったそんなビジネス書の山があり今にも崩れそうになっているのではないでしょうかもしそうだとしても自分には読む力がないんだと悲観する必要はありませんあなたが本を読めないのは読む順番が間違っているだけかもしれないんです本日ご紹介する内容は以下の通りです第1章あなたはなぜ本が読めないのか第2章この順番で読めばどんな人でも読破できる大山椒を上手に読書するために見逃したくない井筒のポイント筋トレに鍛え方の順番があるように言ってオークションにも正しい順番があります本を読んでも身につかない十分に理解できないそもそも全部読み終えられないよーという人は読書の順番を間違えているんですこの動画を見て正しい順番で本を読めば難しい本であっても最後まで読破することができ一冊の本から吸収できる知識教養は倍増するはずです是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第1章あなたはなぜ本が読めないのか本を読んでいてもなかなか頭に入らないなということありますよね残念ながらそこで読書をストップしてしまう人が少なくありませんあるいはたくさん本を読んでいるつもりなのになかなか体系的に知識が積み重ねられないという人もいますもしあなたがそのようにホームをうまく読むことができなくても悲観する必要はありません金がうまく読めないのはあなたがバカだからではなく多くの場合正しい本を選んでいないからということが原因なんです今には読む順番がありますその順番を間違えて読んでいる人が多いんです前提知識もなくいきなりマルク明日の資本論を読んでも理解できる人はほとんどいないんですよ理屈っぽくこねくり回しているの音をイライラが増して第1章を読み終わらないうちに投げ出してしまうでしょうですがこれが資本論の入門者や解説本などを数冊読んだ後だったらどうでしょう剰余価値って確か賃金以上に労働者が働かされている文だったなとか労働力の商品家庭用は経営者が従業員の労働力をお金で買っていることだって入門書に書いてあった旦那と原作の内容をすんなりと理解できるわけですさらにあらかじめ解説本を読んでおくと資本論がどんな内容であるかまた何を目指して書かれているかといった大きな方向性を理解することができますいきなり暗闇に立たされたら誰でもどちらに向かって進んでいけばいいのか迷いますよねおおよそので口だけでも最初に示してもらえたらとりあえずは進むことができます難解な本は暗闇と同じですいきなり飛び込んでもポイントも分からず読み進め方もわかりませんまずは入門書などで用語の意味だとか本の趣旨大まかな構成などを知っておくことが難しい幻聴読みこなすための成功方なんです本を読んでも内容が分からないと自分の能力の無さが原因だと思って自信を失ってしまう人がいます自分には読んでも理解できないと諦め自己卑下してしまうんですですが著者はそれは間違いだと言います本は頭がいいから理解できるというものではありませんどんなに頭がいい人でも見たことも聞いたこともないことを知り得ることはできませんよね難しい本は予備知識がないと分かりません逆に言えば予備知識があれば誰でも本は読めるんです例えば私達は理学部で習った知識がありますから健康書に出てくる医学的な理論解説の部分もスラスラ理解できますですが基本的な医学の知識もなしにやや専門的な健康章読み進めることは難しいでしょうそれでも順番に簡単なものから選んでいき体の構造を理解すれば誰でも専門的な話が分かるようになっていきますこのことから本は頭の良さで読むのではないということがわかりますある収納難解な本は膨大な予備知識や蓄積が必要です簡単な本から始めて少しずつ知識を蓄えていくことによりようやく理解することができるようになりますつまり読書は筋トレみたいなものと言えるでしょういきなりベンチプレスで100キロに挑戦する人はまずいません三十キロを40キロと体を慣らし筋力をつけていきながら次第に重量を増やしていきますよね金の場合は難易度が数値化されているわけではありませんこの絵本は10 kg ヘーゲルの精神現象学は250 kg だなんて背表紙に書かれているわけではありませんものすごく読みやすい娯楽小説のようなものもカントやヘーゲルのような難解なものも同じように本屋に並んでいますこのように日本には重量が書かれていないため筋トレはちゃんと順序立ててやる人でも方になるといきなり難しい本から読もうとして挫折してしまうんです著者は大学で教鞭をとっていますが入試の 地図を描くことが大事なんですどんな時代にどんな人物がどのような本を書いていたのがその本は思想や文学の流れの中でどんな市にあったのかこのように全体がわかる地図があれば迷うこともありませんこの人の本をこれだけ読んだら次はこの人の本を読もうという風に興味のつながりの中で読書が広がっていき同時に生の白もちへいも広がっていくんです東光にどんな道があるかわからずに進むのと大まかでも道がどのようにつながっているかがわかっているのっては進むスピードに雲泥の差が出てくるでしょう思想哲学書に関しては特にそうですガイド本で簡単な要約を読んでから個別の本に当たるようにしましょうすると理解もスピードも格段に違います幸い最近はこのような入門書ガイド本がたくさん出ていますまた最近では漫画になっていてより読みやすくまとめられているものもたくさんあります自分に合ったものを大いに活用して読み進めて欲しいと思いますこのように本は読む順番を意識し忙しいものを選ぶ必要がありますそこを間違えてしまうとおかしな場所に迷い込み袋小路に突き当たってしまいますそうなってしまうと読書が面倒になりネットで情報だけ拾っていればいいやという残念な結果につながりがちです実り豊かな読書を楽しむためにどんな本を選びどんな順番で読むべきかを常に考えるようにしましょう具体的な選手の方法は続く第2章で見ていくことにしてここで一旦対象をまとめておきますポイント市本を読んでも頭に入らなかったり何冊読んでも体系的な知識が身につかない場合正しい順番で本が読めていない可能性があるポイントに筋トレで少しずつ重量を増やしていくのと同じように読書は優しいものから始めて少しずつ予備知識を増やすことで難しい本が読めるようになるポイント3難解な本の解説者や入門書は山における地図と同じように難しい本を迷わず読み進めるために必要な知性地図である第三章この順番で読めばどんな人でも読破できる第1章でお話ししたように金を正しく理解し多くの知識や教養を身につけるには本を読む順番が何よりも大切ですいきなり専門店などの重い本から入るのではなく軽くてやさしい内容のものから入り基礎的な力を身につけた上で専門書などに挑戦するのが望ましいでしょう何の写真もなくただ闇雲に読書をしていては知識と情報の混沌とした海の中をさまようだけで結局何も身につかずに終わってしまう恐れもあります段階を踏んで読むことで理解が進み知識が正しく積み上がっていくんですこの読み方の基本を押さえた上で第2章では具体的な本を上げながら読む順番を三つのステップに分けて解説していきたいと思います本書では化学数学宗教歴史文学など様々な種類の書籍を読むためのステップが各ジャンル別に解説されていますが本日はその中で市相鉄顎のジャンルの本を読むための順番について要約してみたいと思いますいつもこのチャンネルを見てくださっている皆さんであればビジネス書や健康本といった実用書であればすでに読む力が身についている方が大半だと思いますってそれが哲学や思想素となるとなかなか手がでない方も多いのではないでしょうかかくいう私も思想書が大の苦手でした兄ちゃんヘーゲルといった難しい書物を読むのに憧れは持っていたものの何度読んでも初めの数ページで挫折してしまっていたんですしかしある日になんとなく解説本に手を伸ばしてみたんですするとなんとすんなりと哲学書が理解できるようになったという経験がありますもちろんビジネスそのように数時間でさらりと読めるわけではありませんが少なくとも最後まで読み通すよ体力をつけることができました思想哲学ジャンルは大変多くの本が出版されていますしかも何回でちょうだいな著作が多くいきなりそれに食らいついたら大変なことになってしまいますこのジャンルは特にニューもそうそれも大池て優しすぎるのではというぐらいの本から入るのが得策ですステップ市哲学の世界の概略と全体像をつかむ昨今は思想哲学の初級者向けの優しい本が増えています漫画やイラスト図解を多用することで視覚的に理解することができる本がたくさんあります中でも初心者向きとしておススメなのがコツだけん先生の哲学の解剖図鑑ですこの本がユニークなのは古今東西の様々な哲学思想家が身近なテーマをどう解釈しそう結論付けているから分かる構成になっていることです例えば時が流れるとはどういうことをなぜ学校に行かなければならないの男と女はどう違う自由って何というような日常の身近な疑問を設定しそれぞれの問いにアリストテレスはプラトンニーチェサルトルといったそうそうたる哲学者が自分の解釈を紹介するという構成になっていますしかも1ページ一人という構成で と言えるほど分かりやすいものですただイラストではなく言葉による解説であるというところが初級編よりも少しだけステップアップしているところです中級編の中でも少し難しい方に挑戦したいそういう人向けに何冊か紹介しておきましょうまずは熊野純彦先生の西洋哲学史です古代から中世と近代から現代への2巻からなり哲学者たちの思考が原初の記述をちりばめながら解説されています新書とはいえレベルは高めですステップ3哲学者自身の原点で哲学の真髄に触れる思想哲学を理解するための仕上げの一冊は哲学者の痴*が中心となります具体的には哲学者が書いた哲学者や本人の論考をまとめては次長なのですこのステップでおすすめの哲学史としてはバートランドラッセルの西洋哲学史があります現代最高の女性の一人と言われるラッセルはこの本をはじめとする多様な顧客によってノーベル文学賞を受賞しました哲学書の原点としては論旨が明快で読みやすく過去から現代までの哲学者の人がわかりやすく解説されていますまたラッセル自身の考え方が所々ツッコミのように入れられているのもポイントです哲学史を読みながらラッセルの主張も理解できる内容となっています有名な哲学者であるデカルトの方法序説これもオススメの一冊で内容は平易で中級者向けのステップ2に限りなく近いものだと言えるでしょうデカルトは数学者でもあり名松線を常に求めた哲学者でした彼によればこの世界の現象のほとんどは絶対とは言えず今こうして考えている自分自身の意識だけがこの世界で疑うことのできない唯一のものであることに気づきますそこで我思うゆえに我ありという有名な言葉が生まれたんです短くて読みやすい本ですが内容はとても深く私たちの日常生活にも役立つものだと思います他にもカントの純粋理性批判や平和のために毛量とです特に光文社古典新訳文庫というシリーズが読みやすくてオススメですこれらはカントの基本的な思想や社会に対する向き合い方がよくわかるコートといえますまたフッサールの初期の頃の女将現象学の理念も福生 R の基本的な思考を比較的簡単に理解することができおすすめですこのように思想哲学に関する本はたくさん出ています昔はへーとかと本来の理論や心理を正確に伝えられないという恐れからか入門書と家でも哲学用語がたくさん出てきて難解なものがほとんどでしたしかし今は本当に親切な入門書がたくさん出ています自分はすでに入門書を卒業したという人も気づかないところで独りよがりな解釈や間違った理解をしている可能性もあります基礎をもう一度固めるという意味でこの機会に初心者向けの本を再読するというのも良いのではないでしょうかまた上級者向けとして紹介した哲学者本人が書いた著作でも最近出版されている本は丁寧に注釈や要約がついているものが多いです既に昔の本を持っているという人も理解を進める一助として改めて最近の薬本を買い直してみるといいでしょうここで第2章をまとめておきますポイント一難しい哲学や思想を理解するための最初のステップとして哲学の概略と全体像をつかむために押すだけん先生の哲学の解剖図鑑家田中正人先生の哲学用語図鑑がお勧めであるポイントにさらに哲学の真理に近づくために次のステップとしてはじめての哲学史強く深く考えるためには西洋哲学書を読むと良いポイント3月学の真髄に触れるために最後のステップとして哲学者自身の原点を読める具体的にはラッセルの西洋哲学者デカルトの方法序説カントの純粋理性批判や永遠の平和のためにフッサールの現象学の理念などがお勧めである大山椒を上手に読書するために見逃したくない5つのポイントをここまでで本を読む順番についてその効果や具体的な方法を紹介してきましたまずは初心者向けの本で基礎知識をつけてから順を追ってステップアップしていくそうすることでこれまで読むのを諦めてきた本が最後までしっかり読めた上に深く理解することができるようになるはずですその結果知識や教養が定着するようになり皆さんの読書はより意味のあるものになるでしょうこの動画の最後となる本書では読む順番を整えた上でちょっとした工夫によって読解力や理解力が上がることをいくつか紹介したいと思いますよ順番と同じくらい大切なことなのでぜひこれらのスキルも身につけてください市アウトプットすることを前提に読む本を読む際にとても大切なことそれはアウトプットですか本を読むことでインプットちゃんと思った方もいらっしゃるかもしれません私も以前はそう思っていましたしかし実は読書はアウトプットをして初めて完了 溜まっているとか見ていますが勘違いではないでしょうアウトプットすることで読書でも勉強でもどんな言葉を不思議なくらい頭に定着します私達は読み終わらないうちからどんな風にようやく動画を作って皆さんに内容を共有しようかと考えています読んだ後誰かに説明しないといけないとなると読む段階から自然と頭がそういうモードに切り替わりますこの本のポイントはどこだろう結論はこういうことを常に意識しながら読むようになるんですだから自然に記憶に残りやすい形で読むことができるというわけです逆に言えば本を読んでもすぐに忘れてしまうのはアウトプットを前提にしていないからと言えるでしょうあなたがビジネスパーソンなら同僚や友人パートナーや子供に読んだ本の要旨を話してみると良いでしょう会話のきっかけにもなりますので一石二鳥ではないでしょうかあるいはブログや Facebook などで定期的に自分の読んだ本の要約や感想をまとめてアップするこれもお勧めです私たちのように翻訳チャンネルを立ち上げることだって今は YouTube のおかげで簡単にできてしまうんですまたアウトプットの効用については以前このチャンネルでもご紹介しました樺沢紫苑先生のアウトプット大全がめっちゃおすすめです概要欄にリンクを貼っておきますので気になる方は後でそちらの動画もご覧になってくださいに要約力と対応力アウトプットにおいて相手日本のポイントを伝える際に必要となるのがようやくです著者はこの要約力こそが本を理解し自分のものにするために必要な力だと言いますですが900ページある本の内容を手短に上手に要約するにはどうすればいいのでしょうかようやくにおいて大切なのは全体と細部のメリハリですまずは本の目次を見てパッと全体を掴み次に本文をざっと見ればだいたいどこらへんが重要かがわかるようになりますそして重要だと思われる松だけを読んだり確証の重要な部分にあたりをつけてそこを重点的に読みます例えば新書の場合一冊の中で本当にちゃちゃが視聴したい部分は10文字数の3割程度でしょうその部分を重点的に読み込むことでその本の講師と要点をおさえることができるようになりますこうして全体を捉えた上で細部を読み進めることで要約力をつけることができるんです一方で入力これも本を読む力をつける上で欠かせないものですこれが必要になるのは主に文学作品です文学は一種の芸術作品ですから必ずしも予約できるとは限りません例えば孔子の論語を読むとしましょうこれを予約したからといって本当に講師の言っている意味が実感として分かるかと言うとちょっと違いますよね文学作品は単に情報や知識としてインプットするのではなく我が身に照らし合わせて考える作業が必要です過ぎたるは猶及ばざるが如しという孔子の言葉を聞いて確かに自分もやりすぎて失敗したことがあったなと思い出しますそして確かにそうだ大須の言うとおりだなと納得しますふに落ちるという言葉がありますがそれこそが文学作品を理解するために大事なことなんです孔子の言葉を鏡としてそこに自分自身を映すことで論語孔子の言葉であると同時に実感を伴った自分自身の言葉にもなります著者はこれを引用力と呼んでいます年をとればとるほど文学作品が面白くなるのは書かれた言葉と照らし合わせるための自分自身の実体験の引き出しが増えるためでしょう金を面白く読むためには机の上で活字をなぞるだけではなく外に出て様々な経験を積むこともまた大切なんです山声に出しながら読める皆さんが本を読む場合は大抵黙読でしょう音読は小学校の頃国語の時間に教科書を読んだことがあるくらいではないでしょうかですが本の知識を自分のものにするには音読がとても効果的です音読には僕得では得られない効果があるんです昔は僕が当たり前でした金の他には娯楽もないので何度も何度も繰り返し声に出して同じ本を読んだんです声に出すということは口を開き声帯を震わせて発生するという体を使った一連の運動です当然運動によってどうのしかるべき部分が活性化されますので記憶に残りやすいんです文学作品などは特に気に入った個所を何回も読むことで記憶に定着させることができその言葉が自分自身のものになります文学作品ではない解説的なビジネス書であっても重要なところや覚えたい所は声に出して呼べそうすることで記憶に定着させることが容易になりますこれは重要な部分を抽出する要約力も一緒に鍛えることができ一石二鳥なんです41年間で100冊読めるこれまで述べてきたような読書のポイントをつかめば本の内容が家に来のように自分のものになるはずですさらに著者は何でもいいからとにかく心証を100冊読みましょうと言います かもしれませんが何事も慣れと訓練したいですやがって本を読むスピードも上がってくるでしょう読書量を増やして知識と教養の土台を身につけると同時に要点を拾いながらできるだけ短い時間でたくさん読めるように訓練するんですあくまで新章100冊ですから小説のようにじっくりと時間をかけて呼ぶ必要はありませんもう9時や全体の構成をまず頭に入れて大事なところを重点的に読むようにしましょうたくさん読むうちにその骨がだんだんとつかめてきます令点を的確に白い出すことができるようになると読書力は格段に上がっていきます5本に直接書き込める読書が格段に上手くなるための1つのポイント最後は本人に直接書き込むことです著者は本を読む際に必ず三色ボールペンを片手に持つといいますとても重要と思われる箇所は赤色そこそこ重要だと思われる箇所は青色でアンダーラインを引き自分が感じたことや思いついたことを書き込むときは緑色を使うそうです赤と青は元的な視点であり緑は主観的な視点ですこうしてアンダーラインを引いたり書き込みをすることで後から呼んだ時に要点がすぐに分かりますまた何かでも重要と思えるページには付箋を貼っておきます付箋がたくさん建っていると読み込んだぞという満足感が生まれてきます読書においてはこのような雰囲気も意外と大事なんです著者は若い頃読書ノートのようなものをつけていたそうです先ほどのアンダーラインを引いた部分を全て書き出し思い付いたことなどを書き認めていたんですただこれだとどうしても時間がかかってしまいますそこで著者はいっそのことを本をノート代わりにしようと思いつきましたですから著者にとっての本は本であって同時にノートなんです私は電子書籍派で残念ながら書き込めるというやり方はしていませんが一緒に本要約チャンネルを運営している竹見は上大岡でめちゃくちゃ本に書き込みをしています実際めちゃくちゃ頭に入りやすいそうです実はこの方法は昔から行われてきたもので夏目漱石なんかも本に書き込みをしていてその効用をいろんな人に解いていたようです是非皆さんも紙の本で読む時には実践してほしいと思います以上1つのポイントを押さえることであなたの読書ライフがより豊かなものとなるでしょう最後に大山椒をまとめておきましょうポイント市本は読むだけでは内容を深く理解することはできず必ず読んだ内容をアウトプットする必要がある読んだ内容を人に話すことで同時に要約力をつけることもできるポイントに大事な部分を抽出して声に出して音読することでようやく力を鍛えると同時に内容を強く記憶に定着させることができるポイントさんその他にもうまく読書するためのポイントとして様々な経験をして運用力をつけることちんこを年間100冊読むことを本に直接書き込みながら読むことなどガールいかがだったでしょうかこの動画の第2章で思想哲学に関する本の読む順番について具体的にご説明しましたが本書では他にも科学各宗教歴史文学といった様々なジャンルの本を読むためのステップも詳しく解説されていますこの動画を見て気になったかたはぜひ神の本性を買って三色ペンを片手に読んでみてくださいここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画良かったよという方はぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチッと押して頂けますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますさようなら
おすすめの記事
「新感染」のその後とは?映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドゥユン、イ・レ、イ・イェオンの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
「新感染」のその後とは?映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドゥユン、イ・レ、イ・イェオンの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 新感染半島 ファイナル・...