東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者演じる!映画『真夏の方程式』の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説

どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

真夏の方程式

東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者・湯川学を演じる人気シリーズの劇場版第2作。子ども嫌いで有名な湯川が、10歳の少年・恭平と海辺の町で夏を過ごすことになり、事件に巻き込まれていく姿を描く。手つかずの美しい海が残る玻璃ヶ浦で海底資源の開発計画が持ち上がり、その説明会に招かれた湯川は、宿泊先の旅館「緑岩荘」でひとりの少年・恭平と出会う。やがて旅館の近くで男性の変死体が発見され、遺体の身元が「緑岩荘」に宿泊していた元捜査一課の刑事・塚原だということがわかる。地元警察は塚原の死を転落死として処理しようとするが、現地入りした捜査一課の岸谷美砂は、塚原の死に不可解な点があることに気づき、湯川に事件解決への協力を依頼する。吉高由里子、北村一輝らシリーズのレギュラー陣に加え、杏、風吹ジュン、前田吟らが共演。監督は前作「容疑者Xの献身」と同じく西谷弘。
2013年製作/129分/日本
配給:東宝
※映画『真夏の方程式』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
ひさびさにまた観てみました。東野圭吾原作のガリレオシリーズ劇場版第2作。1作目の「容疑者Xの献身」もよかったけど今回の作品も面白かったですね。海辺の島の夏を舞台にした作品で映像もきれいで、福山雅治演じる天才物理学者・湯川学、レギュラー陣の吉高由里子、北村一輝、そしてやっぱり杏ちゃんよかったですね。海のシーンの泳ぎもきれいでかっこよかった。ストーリーというか謎解きもよく練られていて楽しめました。しかし2013年の作品だけあって福山さんも杏ちゃんも若いなあ。あと10歳の少年役を演じた子はいまどうしてるんだろうとか思ってしまった。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者演じる!映画『真夏の方程式』の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説全国の映画館では今も毎週新作映画が公開されているいったい誰が映画を見張るのかいったい誰が映画をウォッチするのか映画ぼっち超人シリアス宇多丸が今立ち上がる大人も週刊映画時評ムービーウォッチメン MOVIE ガチャマシーンを回して決まったこの映画真夏の方程式小説家東野圭吾原作のテレビドラマガリレオシリーズの劇場版第五大回転開発見れる海辺の町を訪れた物理学者いう川が偶然遭遇した少年とともに旅館で起こった殺人事件の真相に迫っていく福山雅治のか若手女優前田吟さんの書き順が監督は容疑者 X の献身アマルフィアンダルシアの西谷裕さんということございませんえーともう真夏の方程式見ましたよっというないでしたお姉さんからメールを頂いておりますメールの令和ですね多めですはいえっとですねテレビドラマのパンマンガリレオのも当然だとしっとり外すごい雨ですかねテレビドラマの空のパン屋今回初めてカレーをシリーズを見たという人まで様々な感想が届いておりますが賛否の比率で言うとさんの意見の方が優勢揉めてる人が多い悲しい物語に思わず涙主演の奥山大さんをはじめ役者陣の抑えた演技が的確な一美しい明日でとても映画的になどの3時が並ぶ一方ネガティブな意見とってはミステリーとって不満足殺人に至った動機が弱く乗れないこんなのガリレオじゃないなどの意見があったということでございますはいそんなクラン代表的なところとかいたしましょうおかえり生かえるくんドラマ前作容疑者 X の献身は眉間原作未読西谷弘監督の映画もう一本も見たことないよーというまっさらの状態で完走しましたドラマの映画化福山雅治という二つのキーワードで普通なら息するなのですがこれが何とも素晴らしかったまずは撮影すごく味のある落ち着いた色合いで夏のじっとりと汗ばんでも爽やかでどことなく郷愁を誘う絵作りだし役者さんの取り方の上手い良いなと思ってんどろろ見ていると北グミでおなじみやなぎやなぎやなぎしまかずみさんなるほどと膝を打ちました安定感のある地に足のついた映像に見惚れましたそちらで演技する福山雅治ほぼ初めて見たのですが最初こそあなたのキャラクター柱の強い台詞回しに戸惑ったものの浴用剤ために漫画の演技であれだけ内面を表現するのってすごいまさにまさにでいいのこれ動いと目がハートになってしまいましたもう良かったですね日焼け具合問い合わせ甚だといいロゴ感を醸し出しつつも実は東京の娘ないよって言うひんのよさっぽいところもあり湯川前田吟のはこれでママと言いますよはいはいあーやっぱり涙をこらえる旦那に鼻水出るんだなと妙なところで感心しましたよねまやさん良かったとはい原作ありきの映画の脚本としてもそれほど破綻しようもないのでしょうがそれでもミステリー映画の常としてどうも打ち込めることもなくはなかったですがこの西谷弘監督この映画に関してはと言うか9月にしてもすごく丁寧な映画を作る人だなと感じた次第ですという猫池ございますもう駄目だったということで防犯カメラ開いから始まり暗闇に浮かぶパンタグラフの一番下のタイトル院豊中未来図書館っていうことこれね流れに痺れ開始5分ほどで一気に映画に仕込まれましたがその5分後には見事に退屈していました容疑者 X の献身も非常に好きな作品でしたが本作はダメでした前作より途上国しますが私は全くできませんよ来たやつで堤真一が演じたい石上のような魅力的なキャラクターが一人でもいれば違った感想になったのでしょうかと迷って話すとしてはいけないことをしちゃっております皆さんありがとうございますということ言ってましょうね今日はもう時間ないしたね真夏の方程式私もですね文ガチャ当たる前に一応1回入ってたってからもう1回見に行ったみたいに来ましたけどね前の容疑者 X の献身マリオシリーズ映画版第一弾は2008年10月21日に行ってます単行本にも入ってませんが外れないてどんな評価だったかって言うと思うにその容疑者 X の献身というこの物語のそのテーマを損なうような展開条の改変とか演出: S じゃ良くないんじゃないかみたいなそういうのも増してきをしてるとあとは当時の福山雅治=ガリレオ3年キャラクターだからその姿があるんですけども誰が纏ってるポップな空気と空気感と堤真一冬木やす子の演技とかそっちがの物語の重力が合わないってね食い合わせが悪いとかね前に掃除って映画化の仕方に何があるんじゃないかそういうのは表だったと思いますとはいえばの映画10 Plus な改変もしてるって言うようなことも売れてるし僕の中では容疑者 X はそんな頃か銭湯ってわけじゃないってことかそれは別にないですよねあの亀山モデル中ではいいですとかっていう方もいると思いますんではい当時としてはね本当にこの歌手だった西谷弘監督の次のアマルフィコレ2009年8月2日シネマ入ってますけどもあれば黒見直しても用語ができないでっていうところ動かないと思いますがただこれもね何度も言ってる話ですけど今にして思えば今クレジットが結果的になくなっちゃったっていう行為自体からも明らかなようにイタリアロケの現場がもさぞかしのドタバタだったんでしょでおそらく作り手たちにとっても本心としては もちろんですねそのもうちょっとここ何とかならないのみたいな部分なんだもういいんですそういうとこもあるんだけど例えばオープニングクレジットのあの女のスキン谷原章介さん何かこれから嫌な物語始まる七つの子になるだけなんですけどねオープニングシーの不穏さとか10番7日クラッシュ館の銃撃戦でそこからのあのインターポールの刑事を演じてる伊藤英明さんのあの情けないですが出てしまうとあのくだりとか音とかですねあるいはの回想で描かれて事故しねあのラジオの音楽が大きくなってとかあとはの終盤黒木メイサが猫を引きずりながら歩くの男を横から捉えているけどちょっとこれ物語的な意味もすごくある感じなんですけどとかラストさっきまでその様子に窓から風を吹き込むのを嫌がったりとかすると髪の形が抑えていたその黒木メイサが窓を開けさせて風邪が流行ってるとちょっと押してきなそれでもない言葉による説明じゃなくって映画で銀行振込外に染め方の切れ味ですねでも記憶に残るいい場面みたいのがもう見てから結構経ってるのに次々とあげられるっていうこれも全然 OK ですよねこういう映画っての要するにそれがってことじゃないってことじゃんなのでその量は作り手たちのその前作のリベンジをしてやろうと言ってもそん時であまり日が駄目だったって言い方しないけど今回はすごいですすごく進歩してます俺達みたいなことすごく言ってたのでリベンジ信仰の意思がはっきり感じられる作品でしたらもうこっちもねあのくそくそくそも一緒にするような今日の仕方はとってもできないと金子襟を正して投票するという音になったわけですねで虱の党コーナーでは扱っていない作品にとってあの劇場作品の第一作目の県庁の星とかですね俺もうおじさんですねあの次にとって任侠ヘルパーこれはさいの目に入ってたから分かんなかったのかなこの機会に観たんですけどどっちもやっぱりねあのお話的にはちょっと首を捻らざるを得ないようなところはあるんですけど多かったりするんだけどあの後ちょっとちょっとちょこちょこスローモーションにしなくてもみたいなやつもあれはあるんだけどでもねあの何ですかね全然悪くないんですよ例えばその任侠ヘルパーとかの草なぎ君とくにゃんのあの虫の中での草なぎくんの佇まいの岸壁のヤクザものプリっていうかほんとにねから入る人に見える漢字って子に素晴らしかったしあとあの今ドラマでやってるのみんなエスパーだよって誰でもかほさんとギャルっぽいやつだなと思ったけどあの任侠ヘルパーでね先に濃いギャル契約みたいな奴の顔のギャル引き出しみたいなおいしさせても見事なもんだなーって良いんですよねものすごいねみたいな感じで曲を振り返ってみるとやっぱりが特別だったっていうかなあみが馬鹿だったってことじゃないですかねてなのでそのテレビテレビ初告白とかテレビドラマ初の監督としてはまずはそれって今現在の日本のメジャーなエンターテイメント笑顔ある程度定期的に職人的に摂る監督さんとしては明らかに良心的な川の人ですよこれはっていうことですねで特に今回の真夏の方程式はですね僕のまとめはこういうことですかねおはよう素敵な弱点欠点っての明らかに確かにあるんだけどそれを映像演出演技が要所で補ってこういう構図がすごくより際立つ作品になってるなという風に思いますはい一応そのストーリー的メインであるはずのミステリー謎解きお供えその東野圭吾さん原作で見えてるわけですけどあのミステリー謎解き要素5話部分はぶっちゃけ容疑者 X の献身押され気味にしたようなまみがわりもなんか似たような話だなって思う人は多いと思うんですよねでそれで達もその構造的ないい子ってのはちょっと気にしていたのか今回は小説の構造とは違ってその映画版の方から一緒ちょっとネタバレ的な見せ方をしてるわけですよねもうもう真相がちょっとある程度はわかるような見せ方をしててよ冒頭部分であの今回は謎解きで引っ張るタイプの映画じゃございませんってのは宣言してるような作りってことですけどそれは全然ありだと思うんですねただ個人的にはでもんですねそのストーリー謎解き部分そのそのものにはですねこの映画に関してですよ僕はそのそこには全然納得できないところも多かったですよねそれは何でそうなってるかといろんな理由があるんですがあのーやっぱり小説を映画に置き換える早苗の省略は海辺故にそれが生じているところやっぱり大きいなという風に感じますがちょっとあの一応ミステリーなのでなんとかネタバレしないようにね気をつけながら話しますけど例えばまあ少なくともこの映画内ではですね小説でまたいろんなねその心情描写とかなったりするんでまた別なんですけど カトリックの部分にしても出ないこれネタバレしないおかしなわざわざあんなことした意味あるみたいなつまりあのあれをしなければそもそもこの達人はこんな騒ぎにならずそして誰でも登場せず何の疑いも無くあの終わってたんじゃないのなんでそのプラスワンをやっちゃったんだよこれくらいちょ+1を付けて何って書いとくねあの時にそのそれいらなくねみたいな疑問が公務としても残る部分もあるしそれ以上にですねこの今回の話真夏の方程式の最後に明らかになるその真実マトリックと言うかですね直接手を下したのね今日は意識それと意識せずに手を下したのはこの人だって言うんだけど本当にあれさせるってありえなくないその本当に身近な家族以外は意外とどうでもいいと思ってる人っていうことそんなことしてないからね非常に不自然ですよねそんな人恵那市なトリック声が聞き取れないから別にあの日描いてるのではないと思うけどねあとこれは容疑者 X の時も気になった点ですけど物語上あのこいつが殺されたこと自体はいいとして残ってるんでしょうねあのーもしも殺人とかがあってそれに対する責任を負わなきゃいけない展開が生じるんだけど誰だこいつは殺されたとしてもしょうがないっていうかあんまりそこの時は問われてないみたいなさが若干一名どっちもいるんですよねそれってやっぱりを考えるとあんまり気分でなんて言うな所があったりとかという音を上げてくときりがないんでねとまそういった明らかにお話としての弱さみたいなものをはっきりアルっていう風に思いますただその上なんですね今回のあのねやっぱねちょっと使用する動画違いがあると思えるけどそれらを補って余りあるまたキモい映像演出演技の魅力が結果的にこの作品を映画として工場に持ってってそういうことねとにかくこれあのお話しだめだって言う人もあの先メール拝見しててもあのねなんかここだけは全員が認めて多分誰の目にも明らかなのはものすご馬鹿っぽいかと言うとね映画真夏の方程式ねこの画面がむちゃくちゃ誰の目にも明らかにカッコいいんですねこれやっぱの西谷さんの今までの作品と並べてみてもあまり男性とかが一箇所もないって感じなんしょも全部かっこいいっていう音でこれ実は今回カメラマンさんが先ほどメールがありましたけどやなぎやなぎしまかずみさんという音切った方がええがいつでもとってたりとかあと夢売るふたりとかねあれも撮影素晴らしかったですねとかあの撮影いいなと思ったら柳島さんって言うとカメラマンさんになっててママ例えば例えば冒頭の回想シーンだけですよねその先は大使館映像しかも白黒白黒映像それがゆきの白子の雪も雪のあんばいもあの容疑者 X の最後で降る雪とは段違いのいいですよ雪降ってる雪の城とそして夜の暗闇であげれるであり電車の黒そこに赤い花さんっていう子の映像の鮮烈だねこの赤い傘の使い方後の方で海のところでも出てきますねつまりももクロの中に描かれる垢垢移行あるものが罪悪感の象徴である所は全くシンドラーのリスト的な音小鳥さん死んだのに伴いそれ使い方してますけどその前はモノクロね白黒赤ってこれが鮮烈なところから美しい水中撮影のブルーに貼ってこいたこれは中村征夫さんと水中カメラマンのものすごい音を立ててここで何その見事な泳ぎ方っていうのも相まってもこの世に白黒短パンと暗闇に火花パンタグラフなったいとこのオープニングに向かったら俺映画はもう来ていいってことですよねこのパンタグラフが貼ってあって火花ってのクレジットでもう1回音戸中カラスがまた出てくるてしかもそこで今回の映画の全体のトーンテレビドラマシリーズの軽いとんと違うかなそこのところで初めて他のおなじみのテーマ曲で流れた素敵だなっても来ないなとこにお粉みたいなねかっこいいとにかくそのシネマスコープ画面を横長のシネマスコープ画面ゴージャスに貸した文ですから これは多分その話がダメだったって言っても否定しようがないと思うのでその白眉といえばもちろんですね9番の見せ場ねこの映画全体の店だってことがあのエンドクレジットでこれは本作の肝となる場面だったからそんなにわかるってかねはっきり言ってここから話になんであのくそ死ねなんてこの中盤の見せ場様はですねペットボトルロケットで実験をするシーンとねここから一番果て椎名さんでもそこのもうそこの美しさ楽しさ素晴らしさからやっていうことですよねもちろんこれは小説では表現しきれない部分じゃないですか AI 崩壊映画ならではのカタルシスの部分ですよねあとその音がこれももうちょっとなかなか口で説明しづらいこう気持ちよかの部分なんてできちょっと見て頂きたいんですけど劇場であのその場面が変でクレジットでもう1回出てくる予選少年の改装とっても一回出てくるそこで改めてさっき見た場面が少年視点で惚れ直すというこれも脂のかいちなんかちょっとさりげない感じがね意気な顔乾燥のさせ方するなあみたいなねとにかく僕はここまで褒めてるところだよ本当に映画的なあの部分なんですよねあとね例えば原作にはないような演出先ほどメールやめましたけどマジックミラー越しにまともある真相と対峙するというようなのがクライマックスに置かれててこれはもうやっぱりそのただただ頭にそのその階層定額とか台詞だけで言うとかじゃなくてちょっとこうやっぱ映画できなこ一個入れてるしかもそのマジックミラーの向こうからこっちは見えていないはずなのに言ってもちょっとパリテキサスを思わせるような寝そうだ今回の映画のその色調を決めるのにヴェンダースの写真集を使ったって言ってましたねほとんどパリテキサス意識しないシネマジックミラーんとこね8日ですねあるいはこれも終盤の方ですけど少年がある真実を思い出すっていうところでこれもやりカラスを見て金使った見せ方をしてるんですね少年がこうよすぎて自分の心の深淵を覗き直してるようなそういう形であの時ガラスに映っていたあれっていうのを思い出すみたいなね俺の顔も体ができない人これぞえができないですって呼ぶんじゃないでしょうかそれが入ってしまいますけどお話としての平坦さを失っているというでもさそれってすごい影響力っていうことじゃないですかあとねさっきからお話しといてなんとかお話とかなんとかって言ってもあのちょっと分かりづらいところもあるんですけど例えばその科学的な真理の探究というそのガリレオ湯川さんの主人公の姿勢っていうのがそのままその終盤の少年に結局その周囲の大人達と違う優香の対応になっていく少年に何を託すのか出てそれは序盤と舌と環境問題なしが関係なくなっちゃうように言って見えるんだけど序盤でしてたその環境問題全体の話にも繋がってる女性人類がどうやってこう生きていくべきかっていう話にも繋がってるだからこそ最後優香はその駅前で5見るものが何かって言うねそこはだからちょっとねあのあまりにも抑制され続けて分かりづらいんですけど実は本当は話がこびとしてもちょっと結構考え抜かれているでなおかつその少年というか最後ので昨日ね待合室デコ話し合うところのやっぱりそのなんてですかねやっぱり映画的な美しさであり14日はそれを言うんだっていうところにやっぱねシリーズ見てればグッとくるところもありますしたいんじゃないでしょうかあとですねこれも本当に僕僕はこれには一番グッときたかもしれません今日は容疑者 X の献身とく支度してやっぱりガリレオそうですよねこういう感想の微妙な変化ですよね例えば僕がさっき言ったの容疑者 X の今井ちゃんのとこを取って指摘したら要はその山の猿発散のちょっと僕らもう息が合わないってであのあんまり映画的なハンサムじゃないみたいなちょっと失礼な言い方をしませんでも俺容疑者 X も痛みもやっぱりそれ思うんであのねですけどそれが例えばですね今回の湯川の工業専花に口座の眉間に手を当ててねあのなんだっけ興味深い谷じゃないみたいな台詞みたいのがあるけどそれを今回は吉高由里子さん柴崎コウさん変わって今解約になったその吉高さんがそれをちょっとふざけてやろうとするとやめろって来れるじゃん鹿つまりそこの前で作りたいからもう今回はそういう頭の話じゃないですよってのところそこで宣言してるしなおかつでもそれから時間経って8年ですか7年経って役者としてとって役者として成長した部分で明らかにね今回抑制されてますよねほとんど表情とかは変えずにでもその心情の変化とかあの行か 演歌的な役者さんになっててそりゃこれとこれ変な組入ってるわみたいなもんだねここから順番が逆になってますけど漢字でねその子もすごい降っとったとこですねなのであの話としては明らかに容疑者 X より弱くなってるのに映画としてはやっぱり集団ってゆうか今までの西谷弘作品中でもダントツでやっぱり映画的魅力は車内に進歩しててですねという値段のであのこれ映画でも見る時に何を重きを置くがもし私によって違うと思いますけど僕やっぱね話がいまいちでもいい映画ってこと全然あり得るというのも入れませんなお話が合わない方もあのあなたって地味なんじゃないかってな造りで醸す大きくしてたことらしいんですだとしたらそれはちゃんと映画取っ手カバーできてると思いますがここはあのだから映画と成功しているというふうに思うかすごく評価してますしあのこれでリアの映画館で観た方がその海の平等を求めてねあの飯作りなと思いますのであまりしないけど良くなってるんじゃないでしょうかといったところ真夏の方程式ぜひぜひお勧めでございます元気で消してください
おすすめの記事