【VODで読める電子書籍】『わが闘争(アドルフ・ヒトラー[著], 平野 一郎[著], 将積 茂[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

世の趨勢につれ、亡霊のように消えては現れるヒトラー・ブーム。この無気味な現象は、いったい何を意味し、何を志向しているのか。その謎を解く鍵を秘めた本書、『わが闘争』。それは、独裁者ヒトラーの出現を許した混迷の政治風土と酷似する現代において、予想外の意味をもってわれわれに迫ってくる。ヒトラーが本書で語るその恐るべき政治哲学、魔術に近い巧妙な政治技術は、現代政治の虚構を見抜く有力な手掛かりとして、今なお多くの示唆を放っている。戦争体験のない世代が増えている現代において、若者はもちろんのこと、全国民にとって、批判的必読の書といえよう。ヒトラーが、世界制覇の戦略と思想とを自ら語った、世界史上稀有の政治的遺書。

※電子書籍『わが闘争(アドルフ・ヒトラー[著], 平野 一郎[著], 将積 茂[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『わが闘争(アドルフ・ヒトラー[著], 平野 一郎[著], 将積 茂[著])』ユダヤ人はなぜ虐殺されねばならなかったのか皆さんどうもこんにちはあ様です本日は皆様にとっておきの本を持って参りました世界を震撼させた独裁者アドルフヒトラーによる禁断の性我が闘争ですアドルフヒトラーの名を知らない方はいらっしゃらないでしょうナチスドイツを率いて第二次世界大戦を引き起こしホロコーストにより大量のユダヤ人を虐殺した独裁者としてヒトラーの名は20世紀を代表する悪の代名詞として知られていますよね本日ご紹介する本書を我が闘争はそんなヒトラーが権力を手にする直前の1925年に出版された岩はヒトラー思想の集大成なんです第二次対戦の敗戦が確実となった1945年に人らは自ら命を絶ちますがその後敗戦国であるドイツでは民衆扇動罪が施行され何時する及びヒトラー賛否に繋ぐ出版物の刊行が愛知西処罰の対象となりましたヒトラーストーリー権化とも言える本書は当然この法律の規制対象となり戦後のドイツで我が闘争が再出版されたのはつい最近なんと2016年のことなんです再出版時にはドイツが Amazon で出版からわずか数時間で初版が売り切れ1年間で10万円部近くが売れたベストセラーとなりましたその内容はヒトラー自身の生い立ちからより実践的な政治戦略に至るまで多岐に渡りますが本日は中でもヒトラーの思想で最も重要だ反ユダヤ主義について要約していきたいと思います本日ご紹介する内容は以下の通りです第1章1ドル台4丁2000億マルク我が闘争執筆当時のドイツの三条第2章ゲルマン人こそが最強アーリア人至上主義の全貌第3章ユダヤ人は多民族の国家につく寄生虫であるこの動画はヒトラーの思想を流布ることで人種差別を助長するようなものではありませんむしろその逆でホロコーストのような人類の過ちが二度と繰り返されないようかつて存在した本当の歴史的事実を多くの人に知ってもらいたいとの思いからこの動画を作りましたこの動画を見ることでナチスが行った数々の残虐行為の歴史的な背景や思想的な裏付けを理解し同じ過ちを繰り返さないための教訓とすることができるはずです是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第1章1ドルが4丁2000億マルク我が闘争執筆当時のドイツの三乗根しょうが等の執筆が開始された当時ヒトラーは政治犯としてドイツの刑務所に収監されていましたミュンヘン一揆と呼ばれる1923年のクーデター未遂事件の罪で投獄されていたんですねうんべんいっきおきにヒトラー率いるナチスはクーデターや暴力中心の武力革命に見切りをつけ原料や演説と痛み球泉洞による政権奪取を軸足に据える方向に舵を切ります金勝我が闘争はそのような愛犬ロン活動の最初の一歩として出版されたと考えることができるでしょう本書はそのような政治的なパンフレットが色合いが濃いためより深い理解のためには当時の時代背景を知っておくことが重要になりますこのため本書の要約に入る前に第一章では本書執筆当時のドイツが置かれていた状況について復習しておきたいと思います既に詳しくご存知の方は第一種を飛ばしたい第2章から見ていただいて構いませんさて第1次対戦が勃発した当時ドイツは未だに訂正の国でしたプロイセン国王皇帝としていただく帝政ドイツです第1次対戦におけるイギリスフランスロシアなどの連合国側との激しい消耗戦によりドイツの市民生活は悪化し首都ベルリンにおけるサハの影響力が拡大しますその頃から校庭の体位を求める声が高まり始めついに190018年の11月に訂正ドイツ方どうされましたこれがいわゆるドイツ革命デスドイツ革命により第1次対戦は終結しドイツでは議会制民主主義によるワイマール共和国が樹立されましたしかし戦争が終わり議会制民主主義が始まってめでたしめでたしというわけにはいきませんでした第1次対戦後のドイツは国内外に様々な問題を抱えることになります一つには国内の既得権益の問題です訂正が打倒された国が樹立されたもののワイマール共和国では軍部独占資本家ユンカーと呼ばれる事務所などの特権は温存されました性器に軍国主義を積極的に支え同一を泥沼の世界対戦へ導いた支配者層がありまさしく彼らは特権階級であったことからそのような富裕層に支えられたワイマール新政府は右派左派の両方から激しく批判されこのことが新政府の政治的な不安定さにつながります 第1次対戦の講和条約であるヴェルサイユ条約においてドイツの賠償金支払いが規定されると後にその総額が1326金マルクに決定しましたこれは現在の日本円にしておよそ200町上に登りますドイツはこの賠償金をつい最近まで支払い続けており80億円ほどの利子を含めて全てを完済したのはなんと2010年のことでしたただでさえ戦争によって疲弊したドイツがこれほどの額の賠償金をスムーズにし払えるはずもなく返済は滞りがちになりますそれに対して戦勝国であるフランスはドイツの不払いを連合国への反抗であるとみなし石炭などの物質を摂取して賠償に当てる名目でドイツ屈指の工業地帯であるルール地方を占領しました岩場合現物資産の差し押さえですこのようなフランスの横暴に対して敗戦国であるドイツはルール工業地帯の鉱工業従事者にストライキやサボタージュを呼びかけるといった消極的な抵抗しかできませんでしたこのような抵抗は敗戦によって他国に対する劣等感を抱いていたドイツ国民から一定の支持はあったもののストライキによりドイツ経済の心臓部であったルール地方の産業が停止したことは結果的に同一地震の経済に甚大な影響を与えることになりますこのような政治的経済的不安は通貨のハイパーインフレーションによって決定的となります前日から進行していたドイツのインフレは天文学的な規模にまで膨れ上がり1920年に日米奴隷39点前後であったのがわずか3年後の1923年には1 M 4丁2105奥まで達しますその結果ドイツ国内には紙幣が溢れかえりランチを食べるにも総重量4キロにも及ぶ札束を持ち歩く必要があるほどでした札束をブロックのようにして遊ぶ子供やリアカーで札束を運ぶ写真は当時のインフレーションの異常さ資料として非常に印象的です前代未聞のハイパーインフレーションによりドイツ国民の28%が完全失業者となり42%が不完全終了状態となりましたこれにより中産階級は没落したい企業によるコンテナに詰めますインフレを招いた政治家や経済危機を勝ち逃げたユダヤ人資本家に対する市民の文は最高潮に達し各地で暴動や放置が起こります冒頭で述べたヒトラー等によるミュンヘン一揆もまたこのような状況下で起きた事件のひとつだったんですが勢力によるクーデター未遂事件ミュンヘン一揆はわずか半日足らずで鎮圧されヒトラーは逮捕勾留されます彼は裁判の後有罪となりバイエルンの要塞刑務所に収監されました先に述べたとおりこれからご紹介する我が闘争はこの時の動く中で書き始められたものですミュンヘン一揆の判決の直後ヒトラーは日記に次のように記していますいや死ぬべき辺京都個人的怨恨の裁判は終わったそして今日から我が闘争が始まるさてここで大将をまとめておきましょうポイント1第1次対戦中のドイツ革命により訂正が打倒され今日は星が樹立されたものの由来の軍部やユダヤ人資本家地主などの既得権益は温存されこのことが民衆の反感を招いたポイントに第1次対戦の敗戦によって被った巨額の賠償金によってドイツはハイパーインフレーションに陥りそのことが必要などの社会不安を招いたポイントさんこのような時代背景から様々な暴動やほうきが起こりその中の一つミュンヘン一揆の失敗により投獄されたヒトラーは獄中で我が闘争を著した第2章ゲルマン人こそが最強アーリア人至上主義の全貌我が闘争執筆当時の時代背景をご理解いただけたところで早速ホースの内容に入っていきたいと思います第2章ではヒトラー思想の要である反ユダヤ思想の理論的小異なったアーリア人至上主義について見ていきましょう第1章でも申し上げました通りヒトラー登場以前からドイツにはすでに市場に強い反ユダヤ主義が存在していましたしばしばヒトラーは反ユダヤ主義によってドイツ国民を扇動したと言われていますがそのような表現はやや正確性に欠けると言えますより正確に歴史を見るならば元々反ユダヤ的に鬱屈した気持ちを抱えていた民衆の心の内をヒトラーが代弁したにすぎません誤解を恐れずに言うならばむしろ民主の方がヒトラーをコントロールし彼に反ユダヤ主義を語らせていたとも言えなくはありませんホロコーストの罪を一人一人に押し付けておしまいにするこれでは歴史から何一つ学んでいないのと同じですドイツ人はホロコーストを知らなかったでは済まされないんですよーにも悲惨なあの大虐殺はドイツの民衆自身が招いたものなんですそのことを踏まえた上で我が闘争に書かれたアーリア人至上主義の内容 滅亡した場合アーリア人の文明の影響が日本に及ぼされることがなくなり日本の文化は停滞するであろうとヒトラーはいます後には日本的特性のみが残り文化は化石化してしまうんですこのようにアーリア人種の文化を外部から受け取りそれを基礎としてそこに自民族の特色を付け加えることだよここの文化を維持するような民族が先に挙げた分類のうち文化支持者に相当しますこのような観点からすると世界中に存在するほとんどの民族は文化支持者ばかりであることになりますこのような考え方を根拠にヒトラーは次のような民族発展の原理を展開していきます少数者であるアーリア人支配民族を征服し肥沃な土地や良好な生活環境に恵まれると共に彼らが征服した人種的に劣った民族を支配下に置いて奴隷として利用しますそれによってアーリア人は自身のうちに眠っていた精神的創造的な能力を発揮するようになりますあり味はこうした恵まれた今日において文化を創造し自らが征服した人種的に劣った民族に調和しつつも事故の純粋な血糖を保ち続けたんですしかし楽園においてアダムとイブがリンゴを食べてしまったように一部のアーリア人種は禁断の罪を犯していただくします有賀人は自ら征服した人種的に劣った民族と後輩を行い混血を始めたんです弘毅であったはずの制服佐賀市制服さんの家の中に消滅するやいなや人類の文化的進歩のために火は失われていきます支配者と奴隷の間の壁が崩れアーリア人は精神的にも肉体的にも腐敗して言ったんです今月とそれによって引き起こされる人種の水準の低下はあらゆる文明の死滅の唯一の原因であるとヒトラーはいます言い換えればそれは高貴な民族は混血以外の理由で没落することは決してないということですこれこそが第1次対戦の敗北という致命的な屈辱を舐めて再統一は決して滅亡することはないと解くヒトラーの論拠でした奴隷の混血によって堕落した他のアーリア人種とは異なり血統的に純粋なゲルマン人はたとえ戦争に負け革命が起きたけー価値が暴落して失業者が街にあふれたとしてもそんな内面的な影響によって決して滅びることはないんですこのような言説は科学的根拠には乏しかったとはいえ金銭的にも精神的にも困窮の極みであったドイツの民衆のナショナリズムを鼓舞するには十分でしたしかし来週の上田自尊心を身に満足させるためには自信が民族的に優れているという神話だけでは足りませんでした大衆の心を動かすためには自分たちよりもはるかに劣っているにも関わらず暴利を貪る的ユダヤ民族の存在が必要だったんですユダヤ人については第3章で述べることにしてここで一旦第2章をまとめておきましょうポイント1ヒトラーが台頭した当時のドイツにはインドヨーロッパ語族の共通の祖先であるアーリア人こそが至上の人種であるとするアーリア人至上主義の思想流行していたポイントにヒトラーは人類を文化創造社文化市寺社文化破壊者に分類しアーリア人の実が文化創造者でありその他のほとんどの民族は文化支持者としてアーリア人の想像した文化を模倣するに留まる届いたポイント3本は高貴な支配階級であったアーリア人種のほとんどは奴隷との混血により堕落し血統的に純粋なゲルマン人のみが現在でも滅びることのない市場の人種であると説くことでヒトラーは敗戦によって打ちひしがれていたドイツ人の支持を得た第三章ユダヤ人は多民族の国家につく寄生虫であるアーリア人種特にそのうちのゲルマン人が文化創造者として世界の文化を牽引する一方それと最も対照的な立場に入ってるのが他でもないユダヤ人ですそしてユダヤ人こそがヒトラーが提唱した3種類の人類の家の残り一つ文化破壊者なんですヒトラーはユダヤ人の時代は水からたものではなく幾千年にわたる波乱な歴史を通じて教育されてきたものであると述べますヒトラーの時代ユダヤ人は利口であると言われておりまたあらゆる時代でそうであり続けましたユダヤ系のロスチャイルド家が国際金融資本家として世界経済を牛耳っている今日の状況を見てもユダヤ人がリコーであることは21世紀の現代においても変わりありませんしかしそのお利口さはユダヤ人という民族が進化によって自ら手にした結果ではなく他者をお手本としてその技術を盗みみた結果であるとヒトラーはいますユダヤ人は決して自らの文化を持たず彼らの精神的なことはすべて他人からの贈り物であり続けましたユダヤ人の家西はあらゆる時代を通じてユダヤ人の周囲にあった文化圏において発達した地点から拝借したものだったんですなぜユダヤは自らの文化を持たないのでしょうかそれはユダヤ民族の犠牲的精神が個人 言いたかった狼の群れが空腹を満たされるや否やジリジリとなってしまうのと同じようにユダヤ民族の連帯は各個人の生存にとって必要な限られた期間にのみ継続するに過ぎませんユダヤ人は共通の起源や共通の利害がある場合にのみ団結するのでありその理由が消えてしまえばあまりにあからさまなエゴイズムの本性がむき出しにされ手のひらを返すように相互に血みどろの争いを繰り広げるネズミの大群溶かすんですヒトラーはユダヤ人が国家を持たないのはこのような個々人のエゴイズムのためであると論じますユダヤ人国家イスラエルの建国はヒトラーの死後1948年のことでそれまでユダヤ人たちは国家を持たない民族であり続けましたある民族が国家を持つためには国民一人一人が共通の理想を持ち世俗的な共同体としてそれを保持しなければなりません今日2の機器ややりがいがあるときにのみ一時的に集結し問題が解決すればぐに離散してしまうユダヤ人はこのような理由から効果を持つことができず従って文化を成立させる基礎的な地盤を持つことがなかったんですしかし透明な視聴者の皆様は次のような反論をするかもしれませんユダヤ人が国家を持たないのは彼らが遊牧民だからではないのか20世紀初頭の世界にはユダヤ人の他にもアラブ世界をはじめとしてたくさんの遊牧民が存在しユダヤもまた彼らと同じ理由から国家を持たないのではないかとしかしヒトラーはこれは大きな誤りであるといいます遊牧民は確かに国家を持っていませんが彼らは一定の限られた生活鍵を持っています彼らはそこで農民のように定住して工作を行うことはありませんが代わりにその生活圏にいる家畜を収益源として生活しているんですこれは単に彼ら遊牧民が暮らす生活県の自然環境が工作や定住に適していないという単なる外的な理由にすぎません一方でヒトラーはユダヤ人は遊牧民ではなく寄生虫であるといいますユダヤ人はアーリア人種のように自らの国家において文化を築き上げるのでも遊牧民のように厳しい環境下において生活圏を維持するんでもなく多民族が労力をかけて作り上げた土に座り削除するからですユダヤ人はその長い歴史において度々すみ顔変えてきましたがそれは彼らが自ら生活権を放棄したのではなく宿主である多民族によって追放された結果でしたその度にユダヤ人は種の保存のために新しい宿主を探し当て帰省していくんですこのような繁殖様式はまーちゃんに寄生虫のそれと全く同じですここでさらにもう一つの反論が出されるかもしれません昨日は家ユダヤ人は血統的遺伝的な子ではなくユダヤ教という宗教を信仰する宗教的な共同体に過ぎないのではないかという反論ですしかしヒトラーはこのような設問をまた後であるといいますヒトラーによればユダヤ教徒はユダヤ人がその血統を隠すために用いた一見無害なメールにすぎませんその証拠にユダヤ教は死後の世界に関する信仰とは無縁な宗教でありそれはもはや宗教としての存在意義を書いているんです実際ユダヤ教の律法であるタルムードは死後の世界への準備のための書物ではなくこの世での生活をより安楽に生きるためのハウツー本でしかありませんしかもこのような宗教的な共同体の概念ですがユダヤ人は自ら発明したのではなくキリスト教などの他の宗教から盗んできたものでしたユダヤ人が人種的な血糖を隠すための大磯は宗教飲みには止まりませんヒトラーはユダヤ人の言語もまた彼らの嘘に属していると主張します彼らにとっての言語は自らの思想を表すための手段ではなくむしろそれを隠すための手段なんですユダヤ人はフランス語で話しながらも施工はユダヤ的でありドイツ語で話していても自らの民族性の本質を決して手放しませんつまりユダヤ人は何から何まで嘘まみれなんですそれではどうすればユダヤ人の正体その本質を掴むことができるのでしょうかヒトラーはユダヤを知るためには彼らが多民族に帰省しながら数千年の歴史の中で歩んできた道筋を検討する必要があるといいます本当に描かれたユダヤ人の歴史を要約すると次のようになりますおよそ2000年前ローマ人によるゲルマニア進入の際に最初のユダヤ人がやってきましたその時ユダヤ人は京都相も変わらず証人として行ってきましたその後民族大移動と共にゲルマン人が定住地を得るとユダヤ人は素早くとこに帰省しました次第にユダヤ人は生産者としてではなくもっぱら仲介人として経済の中で活動を始めます1000年に渡る商人としての連日とに関してはユダヤ人は正直で不器用なアーリア人種よりもはるかに優れていますこのことからユダヤ人は急速に商業を独占して行きます彼らはアーリア人子に対して高利貸しを始め 彼らは容赦なくそれを利用しましたユダヤ人による氷は他民族の反感もユダヤ人による厚かましさは他民族の怒りを引き起こしまたユダヤ人のと実は他民族の妬みを買いましたユダヤ人は土地を耕さずただ搾取のみを行いますユダヤ人の吸血鬼的な指導さは彼らに対する暴動となって現れますこうしてユダヤ人は多民族から注意深く監視されるようになりありや人種からはペーストと同じぐらい忌み嫌われるに至りますこうした多民族の反感に対しユダヤ人はついに開き直って自身の本性を隠さずさらけ出すようになりました得意のお弁当やおせちを使って政府に近づき金の力によってますます彼らの犠牲者を搾取するための免罪符を獲得していきますしばしばユダヤ人に対する反感が頂点に達し善良な市民が彼らを追い出したとしてもほんの数年も経たない間に再びユダヤ人が殺気立って立ったばかりの場所に現れ元通りの生活を始めます多民族によるどんな犯行もユダヤ人の流儀である作者を止めることはできずどんな迫害を彼らを追放することができないんですこのようにアーリア人種の国家に完全に定着したユダヤ人は勝手ブルジョワ階級の影からこっそり市民権を手に入れていきましたしかしロシア革命以降世界は労働者が支配するものとなりつつありますこのような情勢の変化の中でユダヤ人は労働者の生存闘争のなかで自らが支配者になれる道を見つけ出そうとしていますユダヤ人は労働者にとって彼らの運命に登場するように見せかけ労働者からの信頼を得ましたアリアジンシュガも通行証な社会主義への欲求をユダヤ人は自慢の狡猾さによって憎しみ8点菓子ユダヤ人自らが支配者になるような見せかけの革命を進めようとしているんですこれがまさしくマルクス主義理論の招待ですユダヤ人はマルクス主義に毒された体臭を利用して民主主義をプロレタリア独裁に交代さそのような独裁体制を支配することで新しい世界のトップに君臨しようと目論んでいます共産主義の停滞により利益が上がらなくなった公的企業が私有化されれば企業はユダヤ人の金融支配の手に落ちますマルクス主義的な唯物論によって国家の伝統や歴史を軽んじビア前に関するナショナリズムを破壊することでユダヤ人は政治的文化的にもゲルマン民族を骨抜きにしようと企んでいるんですこのようなユダヤ人の大暴走しゲルマン民族の没落を止めるために必要なものこそが民族的行きたいすなわち同一国民によるゲルマン国家の建設なのであるこれがヒトラーによる反ユダヤ主義的なウルトラナショナリズムの方いつだったんですアウシュヴィッツもホロコーストのガス室も全てはここから始まりましたほんの数年前までは単なる都市伝説や右翼の妄言として軽んじられていたこのような言説が数年後にはユダヤ人の大虐殺という人類史上かつてないほどの3時にまで発展したんですこのような歴史の冷酷さを私たちは決して忘れてはなりません第3章をまとめましょうポイント市ユダヤ人は持ち前の履行さによってた民族の文化圏に帰省しそれを破壊する民族としてヒトラーが得三つの人種の家文化破壊者に分類されるポイントにヒトラーによれば一定の生活圏を維持しながら家畜によって生計を立てる遊牧民と違い繁殖のために多民族の国家や生活圏を利用するユダヤ人は帰省中に他ならないポイント3ヒトラーがユダヤ人による金融を通じた経済支配やマルクス主義による国家転覆からドイツを守るためにドイツ国民によるゲルマン国家の建設が必要であると説いたいかがだったでしょうか今回このような過激な書物をご紹介したのは当然ながら反ユダヤ主義的な人を助長するという目的からではありませんむしろその逆でこのような現代では考えられないような差別的な書物が当時の大衆に竜体を持って歓迎されたという歴史的事実を視聴者の皆さまに知って頂きたいと思ったんですチャップリンの映画の影響もあってかヒトラーはしばしば独裁者と言われますしかしヒトラー率いるナチスが政権を獲得したのは合法的な普通選挙によるものであったという事実は忘れられがちですつまりヒトラーは現代の民主主義国家である我が国日本においてもあるいはその他のいかなる国家においてもいつでもまた復活する可能性があるんです冒頭で述べたように本書は長らくドイツにおいては白金の素であり続けました最近になってようやく白金が解かれたのも言論の自由や歴史教育といった前向きな目的ではなくただ単にヒトラーの没後70年が経過したく腱が切れたという外的な要因によるものでした第二次対戦後にアウシュビッツの現場を見せつけられたドイツの善良な市民が知らなかった後泣き崩れる有名なドキュメンタリー映像がありますが先の通りヒトラーは彼ら 励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますまた私たちは本要約チャンネル論文解説チャンネルというのも行っておりますのでそちらもよろしければ見てみてくださいねということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら
おすすめの記事