興行収入87億円突破!映画『永遠の0』の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説

どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

永遠の0

百田尚樹の同名ベストセラー小説を、「V6」の岡田准一主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを手がけてきた山崎貴監督のメガホンで映画化。司法試験に落ち続け、人生の目標を失いかけた青年・佐伯健太郎と、フリーライターの姉・慶子は、実の祖父だと思っていた賢一郎とは血のつながりがなく、本当の祖父は太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵という人物であることを知る。久蔵について調べ始めた2人は、祖父が凄腕のパイロットであり、生きることに強く執着した人物であったことを知る。そんな祖父がなぜ特攻に志願したのか。元戦友たちの証言から祖父の実像が明らかになっていき、やがて戦後60年にわたり封印されてきた驚きの事実にたどり着く。健太郎を三浦春馬、久蔵の妻・松乃を井上真央が演じた。興行収入は87億6000万円の大ヒットとなり、第38回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞ほか8部門を受賞した。2013年製作/144分/G/日本
※映画『永遠の0』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
いい映画でしたね。とくにいま世界情勢が不安定でウクライナへのロシア侵攻のニュースなどみると、やっぱり戦争はだめだよなとあらためて思う。自分も生まれる時代が少し早かったらもしかしてこの映画の主人公たちのように「特攻」してたのかもしれないと思うと複雑な気持ちになる。長い作品だけど、今は亡き三浦春馬くんの演技も素晴らしくて一気に観てしまえる映画でした。ラストの終わり方もいいね。エンドロールの桑田さんの曲も。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】百田尚樹さんのデビュー作であるだろうっていてこの夜を読み終えた時にですね私も涙が止まりませんでした今当時五十歳を過ぎてこんなになることがあるのかと感動と言うか自分がこういう物語を待っていたんだという安堵感のようなものもありました件の0を読んだ感想といったものをずっと抱えてその後10年以上過ごしてきました上島嘉郎の遠くの声を探して今回は百田尚樹さんのデビュー作である霊園のゼロについて語りますのゼロこれをですね私は100プラさんから直接俺文庫本ですけれども4個もの初版を頂いたのがちょうど私自信が誰かなるで行われるませんせき入れその取材に行くそれを控えた平成21年の9月でありましたよ私はその時にですね春田さんの名前も前永遠のゼロの存在も実は編集者としては誠に恥ずかしいことに知りませんでしたまたまたま共通の友人がいて紹介をしてもらうという機会があって出会ったんですけれどもまあ私はこの辺の0の分光ですね携えて成田からポートモレスビー映画誰かのに向かう飛行機の中で前を見始めたという思い出がありますねガダルカナルのほらには空港に着いてホテルに草を磨いた時には魔理沙大雨でして同行者が連れ立って聞きしたいの激戦の家の後に行こうじゃないかという誘いを送ってですね足元を持ってきましたのでということで断ってホテルの部屋にいたんですけれども実は一刻も早くこの永遠の0を読了したかったというのが真相でありましたその方へのゼロ今回その話をしたいと思ったのは7月の18日に永遠のゼロの映画版で宮部久蔵の孫を演じた三浦春馬さんが自ら命を絶つということがありました私はあの三浦春馬さんの他の作品もいくつか見ていてとても良い役者さんだなと思っていたのですねそして今は隠してはとても良い役者さんだなと思ってずっと見ていましたのでまさかと思いましたし今衝撃を受けました三浦さんの明日の死の真相と言ったことが今回触れませんけれども私からとても衝撃を受けたというのは実は永遠のゼロで彼が演じた役宮部久蔵の孫の健太郎という薬と彼がまさに重なって私の中では受け止められていたのでも大きな衝撃になったということでありますそのことは後でお話をしますけれどもこの永遠のゼロが来れなくなったこの巻おっさんがですね開設で書かれているんですね僕は号泣するのも懸命に歯を食いしばって来られたが駄目だった目から涙が止めどなく流れて実は私もまあこまタクシーの YouTube の番組を見てくださってる方はもう2月だと思うんですが元々涙もろいでこの夜を読み終えた時にですね本を閉じた時に私も涙が止まりませんでした掃除機は当時50歳を過ぎてこんなになることがあるのかと思いました感動と言うか自分こういう物語を待っていたんだという安堵感のようなものもありましたそうしたら自分のこの辺のゼロを読んだ感想といったものをずっと抱えてその後10年以上過ごしてきましたですから私もで会う人特に若い人についつい永遠のゼロの話をしてしまう前映画でも小説でもどちらでもいいんですけれども活かし最近驚いたことが多いのゼロを読んだことも映画も tv番組も見たことがないという人が結構いるこれも思い込みなんですね私は多くの日本人がこの作品を知ってくれているだろうという前提でつい話してしまっていたけれども実はもう10年以上経ってこの作品を知らない人がたくさんいるんだということはそれを思い知らされてま今回私のこのトークの声を探してで是非触れたいという風に思っただけですで実際には100プラさんとこの家の前で何回も話をする機会を得ました前田さんにねこういう物語はってましたと伝えた時には春田さんは物書きとしてはとても嬉しいと永遠のゼロで本当に伝えたかったのは人は誰のために生きるのかということですという風に食べたさんはその問答えましたま放送作家として長くやってきたという100+3が50歳になった時には別の人生を真剣に来てみたいなあと思ったということから放送作家から孫小説を書くということに今移動もありますそれがこの0というものに負けずじゅつしたわけですけれども早くださんは昭和31年 春田さんの言葉を正確に伝えたいと思いますでも親父は孫達には話さなかったんですねそれで自分が父のこと祖父たちのことを送付のために懸命に戦い結果的に敗れたとはいえ専門照度から奇跡の復興を果たした偉大な世代の物語を帰らな消え去ってしまう前に感謝と鎮魂を込めて書き留めておかねばならないと思ったんですがこれを知ってるぞ家として私に語ってくれたそしてもう一つひゃくたさんを開く私は宮部久蔵を特攻隊員として知らせましたがそこに込めたのは決して命を粗末にするなというメッセージです生き残るために戦い抜くことと生き延びるために投資することとは全然違いますねあれが26年という短い生涯で全うしたのは前者です特攻青春とは人生を完全燃焼させる前向きの姿勢を保つことで命を軽んじることを良しとするものではない自分の人生は誰のためにあるのかという思い星と歯の間にあって宮部が葛藤した諸々のことから得したら生きる喜びと素晴らしさに気付いてどんな困難があっても生きる着替えを持って欲しいと願って書きましたまた不動産はあの Twitter などを見るとですね言葉がいつもご弾みすぎていてまえんぞうと言うんですかそういう状態になったりするけれどもしかしまあ落ち着いた感じではなさそうですねあ本当にこういうのあり知的なま私はそちらがやめた3の本質でテレビの画面なんかに出てくる時は別物百田尚樹の顔を出してんじゃないかという風に勝手に思ってるんですけども私はですねそうした子もひゃくたさんの時に関してはそうしたところが最後のですね言われる事件人命尊重という考え方からは理解されないかと交代について非*間的な作戦だと非難しその理不尽さは強調した方がたくさんありますけれども命じたものも入ったものマン味日本人なんだという間同朋意識に欠けているように思えてならない感性や教訓を組むことは必要ですがなんか他人事のようにあるいは第三者の犯罪を糾弾するかのような視線がたまらなく嫌だとまたしまったさんに申し上げてそれは土産の孫で雅の特攻死の真相を確かめようとする兄弟の前に真似の稽古の婚約者として登場する真鯛新聞の記者である高山には典型的に現れている彼は親父特攻隊神風特攻隊をテロリストニューヨークの貿易センタービルに突っ込んだ人たちと同じだといい国家主義に洗脳された狂信者と断言をしています早くたさんは小説の中では自ら書いてるわけですが高山にそう言わせながらそれに同意をしていないません前の日本は狂信的な国家で国民の多くが軍部に洗脳され天皇陛下のために死ぬことを何の苦しみとも思わずむしろ喜びとさえ感じてきました私たちジャーナリストは男の国がそんなことにならないようにするのが使命だまた加山に来を誇らしげに語らせているのがひゃくたさん自身なんですけれどもそして戦後はその洗脳思想家や私たちの先輩ジャーナリストたちによって溶けたのだとまた加山は胸を張っている小説ではこのまた加山の言葉に対して皆での教え子であったそして戦後は大企業トップになっただけだという人物が出てきますその武田はあなたの新聞社は戦後併設して人気を勝つと宣伝の全てを否定して大衆に迎合したそして人々から愛国心を歌ったますお彼岸をするしかし高山は戦前の過ちを検証し戦争と軍隊を指定したのですそして人々の誤った愛国心をただしました平和のためには全く点として恥じていないこれはまさに戦後 GHQ が日本人に写り込んだウォーギルトインフォメーションプログラムを疑うことなく受け入れた者の味方である私ははるかさんとの対話の中でこれはどこの新聞社を念頭においてますかという質問をするとそんな朝日新聞に決まってるやんかとおっしゃいましたがまあこんなステレオタイプな最後に記さは現実にはいないという人もいるヤギがいるんですよ本当にと麻薬ださん笑いながら答えました私も同感であります善意の熱心かというのはどこにでもいるもんですけれどもその熱心であるということの方向性がこのように出ると本当に厄介なことになっていくということを私はこの高山という記者の姿に見ましたね春田さんはこの永遠のゼロについて様々な批判を受けました例えばこの辺ノズルが出たそして人気を得た後に朝日新聞は近頃エンターテイメント小説に愛国心をくすぐる作品が目立つとしてその代表作に延々のゼロとマジック100ださんの作品で出光興産創業者の 石平さんは可哀想というセンチメントだけで読まれているが同時に考えについても考えないといけないと思う読書のこの心の在り方がゆったりと喧嘩してるのではないかとコメントをしていましたまた池上冬樹さんも現状に不満を持っている人が多い今の日本でくすぶっている感情をすくい取るような小説が売れるのは当然とあたかも日本が危険な方向に進んでいて100プラさんの作品がそれに乗っかっているかのような印象はそれを持たせるような記事構成であるという風に私は神だわけですけれどもまあこれは作品論というよりもはっきり言って早くた作品に関するまあネガティブなキャンペーンという風に私はその当時みましたで実際にあった作品に対するその後も大新聞が書評で取り上げないというようなことは未だに続いているわけで例えばカエルの楽園は私の知る限り産経新聞1回大きな商標で触れることはありませんでした今春田さんは私とのそしたやり取りの中で韓国のメディアこうした際新聞の反応などにすぐ飛びついてその記事を引用しながら日本で愛国心を刺激する娯楽小説が人気になっている曲愛国小説が人気を独り占めしているさらには日本は安倍政権で文化も経過しているなどという風には騒いだということでありますね掃除のゾロはその一方で戦後民主主義的な戦場で命を惜しんだ男を主人公にするとは何事だという保守派の一部からは批判を受けました原田さんはこの時ですねどうしても右か左かどちらかに続けたいらしいばしかし私だとその側でもないと思ってるから見れば左誰かが見れば実にと言われたならそれは真ん中じゃないかとまあ笑っていましたまーええの空左右どちらからも叩かれて可哀想な作品だという風にもおっしゃってましたけれども今日本国内の事情で言えば戦後の価値観や言語空間が先ほど申し上げた GHQ の検閲情報統制の影響で思い切りより2段にシフトしましたから右側真ん中になると思いますけれども非難する人は自分はどこに立っている顔認識してから物言ってほしいと春田さんはその時私の質問に答えていましたという戦後焼け野原になった日本を立て直すために懸命に頑張った経営者の物語あるいは本当祖国のことを思いスマホ重い戦った男を描いた物語がなぜ右翼エンタメという言葉で来られればならないのかということはこれは確かに4の最後の表現空間といったものをどのような制約を受けているかといったことを表しているとも思いますしかしここで私が語っているその永遠のゼロそのものがまあ今日の日本人からすると既に遠い作品になってしまっているということこれ文庫本は400万部を超え映画も600万人が見たという風に通して言われていましたから私からすればとてつもなく大きな数字だとその時思えたものでありますしかしそれから10年経っても前100+3のこの作品ありがとうねはるた作品がま日本の一つの軍団あるいは娯楽小説といった範囲を広げてみた場合においてもやはりどこか一つのためにする色を付けられてまともな評価を得ないままいつも食わず嫌いの状態になってるのではないかということを私は危惧するであります前のゼロだしは一人でも多くの日本人に今読んでほしいと思っておりますこの米の0それから海賊と呼ばれた男描かれている姿は確かに今日の価値観からすれば国家や公といったものを意識しそれに尽くす人間を描いてはいるしかし国家や保谷家に尽くすということは個人の自由や個人の幸福追求と待機する関係なのかむしろ国家や公のために尽くすことが己個人の幸福追求にもつながるという人生はあり得るのではないかよ少なくとも歴史的に見るならば買ってそれが重なり合った時代があったということをなかったことにはできないとなるとも損したことに気づく機会がのゾロや海賊とよばれた男の物語の中には焼かれているというのに私は思うのですそして今回は公に尽くすことこそがより大事であるより貴いのだということを私は皆さんに追いつけるということでは全くありませんそうした人生がそうしたことを目的に人生を完全燃焼しようとした日本人があの人たちが飼っていたということを知ってほしい知った上で今日も私たちの価値観と比べてみてほしいそしてその結論は私が何事か皆さんに追いつけるの 人生を当てはめていやしないかということを私は取りたいのであります山田さんはこのように語っていました海賊とよばれた男を書いた動機小野玲子の人生の充実幸福なんてどうでもいいとは思いませんが己一個を超えたところに繋がる人生があるマックに陸鉄道これは海賊と呼ばれた男の主人公でま出光佐三のことですがそして鉄道を支えた男たちの凄さと今の日本人は繋がっているのだということを知らせたかったそれは皆で急増の物語も同じで孫の稽古健太郎と宮部が繋がること過去と現在の日本が断ち切られたままではなくちゃんと繋がらなければいけなかった俺たちの祖父が狂信者ではない過酷な時代を懸命に自分以外の誰かに人生を捧げたのだとそのことを知ってほしい私は春田さんのその言葉を聞いて例えばそれを悠久の大義に準じたと言う後最後の言語空間の中では意欲的と眉をひそめられのでしょう私のは高田さんと同じように来を超えた何か大きなもの歴史的な存在としての日本人の命と繋がったそこに帰っていったと思うのです人間の人生というものをただ個人主義でまた戦争単純な善悪二元論で考えてしまうと見えないものがある専門はそれをずっと見ないように認めないようにしてきた時間ではないかなこう問いかけると角田さんはあそうですねだから戦後の言論空間の中では特攻隊員は今日新車で特攻しは犬師でなければならなかった戦場で発揮される人間のある子の崇高さ気高さを描くとすぐ戦争でかというレッテルを貼って封じてきた永遠のゼロでは戦場における人間の愚かさと悲惨さ崇高さと気高さが交錯する現場の数々を描いたつもりですその両方を描いてこそ小説に硬くして実相に迫るものだと思うんですがどちらか一方しか描かせないとしたらそれこそ閉ざされた言語空間であり国を誤るもうだと思いますつまり強盗に囲まれていても家に鍵をかけない平和ボケの深さと女子〇生の作戦を命じることに指揮官が何の痛みもアイコンも感じない無責任人命軽視の頃傘も両方によってですそしてはっきり言っておかねばならないのはいくら戦場の悲惨さ残酷さを強調しても戦争はなくならないということです願望だけでは平和憲法の題目だけでは戦争を防げない戦後の日本人は現実を見ずに関連の遊戯の世界の中で思考停止しているんでラクダさんはこう語ってま Twitter の文字数の制限がなければ沢山の講師刺身というのはより広く伝わるままだと思うんですが前 SNS というのはそのどのツールを描くかによってラブかによって制約がある今私はここで麻薬ださんとまた会いました時の事を皆さんにお伝えす優れた山の子した思いというものを組んで頂きたいと同時にこれは私と思いでもあるしそしてノズルや海賊とよばれた男に込められた思いでもある私は100対3の永遠の0を評価する前に評価するというようなことを語った時には星はの一部の方々からは軽い軽いよあんなのという風に反応をされたこともありますしかし山田さんはあの戦争はっきり大東亜戦争と N のゼロなので書かれているもちろん太平洋戦争ということも使われているけれども保守派の主張を内に秘めたエンターテイメントとして前例のない成功を収めた作品えいえんのぜろ海賊とよばれた男はそうした評価を受けるべきだと私は思っています大本営の報道班員を務めた山岡荘八が戦後ますの報道班員としての日本の務めを果たすと言って昭和40年代に書いた対策が今日コーナー社の文庫に入ってる小説太平洋戦争という作品ですが山岡さんはキレ大東亜戦争というタイトルで操作くにも読み出したかったに違いないと思うのですけれどもまあそういう風に書く自由といったものがその時代にはまだなかったということであろうかと成田山はそれをはっきり内田エンターテイメントなればこそそこをぼかしてきた動かさなければエンターテイメントとして成立しなかったというそこを打ち破った俺は大きな仕事であったというに私は思いますそして永遠のゼロの後自分の祖父のことを知りたいと言ってその軍歴調査を厚生労働省に LINE をするといったに件数が非常に増えたという報道もありましたけれどもこれはまさに先の戦争その時代を生きた外今生きている私たち孫の世代私より下になるでしょうけれどもプロ繋がろうとしたその大きな引き金になったというそうした意味もここから先はですね小説も読んでいない映画も見ていないという人はもうここで私の話を見るのは止めてもらってもいいかもしれませんややネタバレになります映画冒頭も 一生懸命に組もうと努力した作品であったというふうに評価をしていますその心意気を感じる場面が多々ありましたが小説では最終章で宮部久蔵の死の真相を知った健太郎と兄こまも二人が夜空を見上げるそうすると満天の星空の中東の空に流れる星が見えた星は一筋の短い線を引いて消えたと結ばれています映画では三浦春馬さん演じる健太郎が歩道橋の上から港北そうなカップルや夫婦の姿を見ています生きて必ず生きて帰る妻のそばに娘の元へそう願って叶うことのなかった光景ですそこに彼方から宮部久蔵の乗った零戦が姿を現す近づいてくる急増は孫の健太郎に敬礼をして飛び去っていく時空を超えて誰が繋がって通い合った瞬間を映像にして見せてくれた場面が切り替わってビラビラ特攻に向かいます海面スレスレに飛行士アメリカの空母の機銃掃射を受けながらそれを全てかわし空母の上空に舞い上がっそしてで本当に映画を観ていない方にはここで話を止めますしかし生きては見えることのなかった宮部久蔵と健太郎をこの映画ではおそらく健太郎の心象風景という形で見せているのですけれども手合わせたことでね私は映画の作り手のこの夜た作品に対するリスペクトを感じたそして三浦春馬さんはその見事に演じ切っていたつまり今月の私たちがあるのはなぜか今日は休めるために命を投げ打ってくれた自分のおじいちゃんと出会ったその思いを受け止めた健太郎三浦春馬さんその三浦春馬さんがまかつ自ら命を絶ったということを重ね合わせるとまことにまことに入った子は楽しい本当に悲し命が繋がっていて欲しかったもちろんその健太郎という薬だけで三浦春馬さんという俳優の全体図を語ってはいけないということは象徴していますあくまで私の中での三浦春馬さんの奥さん役の奥さんということで健太郎に重ね合わせすぎて語っていることは重々承知している歌詞ここにですね命が繋がった瞬間を見事に演じてくれた彼には彼の心中を私は推し量る材料を持ち合わせていないけれども強くあって欲しかったということだけはつぶやかざるを得ない今日本の過去と現在と未来が繋がっていること日本人の途切れることのない命の連鎖あのシーンは暗示してくれたと思っていますまた明日ねこの映画兵庫県さんに伝えるとひゃくたさんは映画ならではの神ですねそしてくださいあたりました誰のために生きてるのか何のために生きているのか前映画を見てくれたかお客が今自分が生きていることがどれほど素敵なことかということを感じてくれたらそれはきっと今の若者たちの宮部+の世代への感謝とこの日本をしっかり背負っていく加工につながってくれるものと思います高田さんはこう語っていました私も夜ださんも同じ思いを共有したそしてそう思えばこそ三浦春馬さんにもその繋がった命を大事にして欲しかった特攻隊を論じることは描くことはとても難しいそして特攻隊で命をなげうってくれた人たちは〇〇は今生きてる日本人には本当に自分の命を大切にして何かのために誰かの為にそして自分のためにその命を燃やしてほしいという風に願っているに違いないという風に私は入っています100プラさんの話永遠の07 C 海賊とよばれた男なし三浦春馬さんの話ままごとにとりとめのない話になってしまいましたけれどもどうかみなさんには今あるところを組んでいただきたいというふうに思いますこの夏は大切な方々が何人もまなくなっていたこのトークの声を探してを連続して見てくださる方は今私が今ここで述べたこの夏何人も大切な形がなくなっていったということの何を表してるか分かっていただけると思いますよ私の話はおそらく YouTube 向きではないそれを承知でま落ち着けをいただく方には本当に御礼を申し上げます次回また別のテーマでお会いしたいと思いますご視聴いただきまして誠にありがとうございます高評価チャンネル登録コメントお待ちしておりますよろしくお願いします
おすすめの記事