【VODで読める電子書籍】『サクッとわかる ビジネス教養 地政学 (サクッとわかるビジネス教養)(奥山 真司[監修])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

★13万部突破! イラスト図解が初学者にもわかりやすいと大好評!
国際情勢を読み解く必須知識「地政学」の定番書。
ロシアにとって、ウクライナはNATO勢力に対する"バッファゾーン(緩衝地域)"として重要な存在。(Chapter 3 地政学で考えるロシアの特徴 p. 78-85)

急速にグローバル化が進んでいる時代。だからこそ、ビジネスの現場では世界情勢を知らなければなりません。世界情勢を理解し、話をするには「地政学」が必須です!

本書は「特別な図解を見るだけで、地政学の会話・説明ができる」ようになります!

防衛省の幹部候補生に地政学を教えている、地政学の第一人者「奥山真司」先生が伝授!

○ニュースを本当に理解するには、地政学の知識が必要
アメリカと中国の関係、沖縄基地や北方領土の問題、中国の一帯一路政策、イギリスのEU離脱、香港デモなど、日々さまざまなニュースが流れています。
これらを理解するには、その根本にある「地政学」の知識が大切です。

たとえば、

・なぜ、ロシアが北方領土を返還しないのか?
・沖縄基地を移転することが、なぜできないのか?
・竹島や尖閣諸島、対馬列島ではなにが起きているのか?

などは、地政学がわかると、とたんに理解できます。

○見るだけで、地政学の会話・説明ができる!
本書は、イラスト解説がメインになっています。特別なイラスト図解を見ながら、イラスト周辺の文字を読むだけで、世界情勢の根本がわかります。

○防衛省の幹部に教える、地政学の第一人者が伝授!
監修は、防衛省の幹部や幹部候補生に、地政学を教えている奥山真司先生。奥山先生は、同時に大学生にも地政学を教えています。
国防のプロにも、初心者にも教えている先生だからこそ、地政学の根本をわかりやすく解説されています。

○地政学に必要な5つの概念
奥山先生の提唱する「5つの概念」をベースに、地政学的な見地から世界の今を学んでいきます!

たとえば、リアリズム(現実主義)という概念があります。地政学的には、国際舞台で国の振る舞いを決めるのは、イデオロギーやカリスマ指導者、世論などではなく、リアルな軍事力や経済力だという考え方。言い換えれば、自尊心や恐怖心、経済的メリットなど、人間の本音のベースにあるものこそが、国を動かしているということです。

その他、チョークポイント、シーパワー・ランドパワーなど地政学の重要な概念をベースに、世界各国の言動を紐解きます。

本書は、文字中心のテキストを読むのは億劫。もっと手軽に地政学のことを知りたい。それも上辺だけの理解ではなく、きちんと会話・説明ができるようになりたい! という方にぴったりの一冊です。

※電子書籍『サクッとわかる ビジネス教養 地政学 (サクッとわかるビジネス教養)(奥山 真司[監修])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『サクッとわかる ビジネス教養 地政学 (サクッとわかるビジネス教養)(奥山 真司[監修])』ウクライナロシア関係の動画をたくさんアップさせていただいてるんですけどもそん中でねコメント欄かなり試着させていただいております分かりやすかったとかですねためになったとかそういうコメントありがとうございますそんな中ではのリクエストね非常に大事だなと思って見てたのでなんですけれどもとなんかでるじゃんこれやってほしいというコメントが非常に多かったんですね分かんないんだったりですねまず性格と何かというところからですねご説明させて頂きたいんですけれどもこれですねえ Siri の条件でですね国際政治っていうのはかなり決まっていくんだそういうのは何ですね比較的新しいようにもなんだけどもこれを知ることでですねどういうところで紛争が起きやすいのかですとかどういうことを大国は考えて動いていくのかまあだからアメリカであるとか中国であるとかロシアであるというのはですねなんでこんな動きをしてるんだろうこれがわからないと言うんですね方々が多いと思うんですけれどもニュースを見とかわからんことはですね政策の観点を持つとですねやっぱりアメリカはすごくよねとかですね中国はそうなるよねってことがわかるようになるっていう学問それじゃあ Siri と政治をつなぐ地政学という学問ですねなのでこれを知ることですねニュースより深くわかるプラスですねウクライナとロシアもこの性格が非常に含まれてるかもねウクライナはロシアにとって地政学上の要所であるなんて説明も何度もしたわけですけどもどうしようもまさにこの近くでそうたになってくるポイントですしたりウクライナロシアを見て日本の皆様ですね非常に抗不安に思ってることがあるんですねそれが中国や台湾そして北朝鮮との関係性ですよね暗いのは今こうなってるそれが対岸の火事ではないっていうのは日本と中国北朝鮮台湾そこら辺との関係ってのが想像されるからですよねそんな日本は大丈夫なんですかここについても教えてくださいそういう米で非常に多かったではそのウクライナロシアと日本中国台湾北朝鮮困難たりするものは何かそれこそがまさに正確なんですよ本当の観点でニュースを見ることができればですねウクライナロシアそこからですねどうして日本台湾日本中国日本北朝鮮この関係も浮かび上がってくるということで前半は節税額とは何なのか基本的な考え方とキーワードをわかりやすくお伝えしたいと思いますそして後半はその知識を持って日本を見たときにどのように日本が見えてくるのかこれを述べていきたいと思います後半の日本はですねなぜ日本に米軍基地があるのかですとか北方領土はなぜ帰ってこないのかそして尖閣諸島はいったいなぜ問題になってるのか北朝鮮とはどういう関係になってるのかこういったことがわかる授業になっていきたいと思いますはいなっていくと思いますのでぜひご覧いただければと思います今回の参考文献学こちらこれで非常に売れてるもんですね性格と言えば一番売れてるのの方なんじゃないですかビジュアルも非常に分かりやすいですしこの注射自体がですね近くの専門家で防衛省のですね高校生に向かって性格を教えたりなんかしてるって言う先生らしいので非常にためになる授業であると思いますそうですね僕の動画見たいあとになるほどな面白いなと思っていただいてるんですね読んで頂けるとより深く理解できるんじゃないでしょうかそれでは早速参りたいと思います先ほどね Siri 条件をもとに国際政治を見るとという風に申し訳ないんですけれどもそれが生まれたのかはいこれはですね発症自体は変ですね新しいんですね1800年代後半19世紀後半なんですね1890何年でもいいですねまずですねそのヨーロッパの方で生まれたねちょこちょこ生まれてたわけなんですけどこういう考え方をすると効果の戦争と花粉症っていうのは辻褄が合うんじゃないかねそしてどこ押さえたらその国ってのコントロールできるんだ戦争を考える上で研究されてた学問なんですけどもそれを最初に戦略的に使った国がプロイセン言われておりますドイツの元になったんですねプロシアとかプロイセンねこのプロイセンがですねフランスとの戦争で使ったこれがあの読めなく普通そうなんですね二部二章プロイセンとフランスとの戦争フランスって何その通りだったわけですですがこの近くに基づいてですね用紙をきっちりと抑えることができたということでプロイセンがフランス大逆転勝利で暮らすことになったということでですねそこから注目されて主にイギリスやアメリカが研究を続けたということなんですねいいですよアメリカが研究を続けたのかここが非常にポイントなんですよそうですねイギリスっていうのはかつての発見国ですね覇権国って言うのですねですね覇権争いとか新冷戦という話でよく出てきますよね という観点では知性だと思ってたわけですよつまり尻でどこを押さえたら派遣は長く続くのこれをですね研究するために続けられたそして次はアメリカですよねもちろんアメリカが覇権国になったらアメリカですねこれイギリスが研究してたどこ押さえたら世界をコントロールできるんだっていう学問を真剣にやらなきゃということでイギリスアメリカが20世紀あたりですねイギリスの学者アメリカの学者じゃその理論を前に進めてかなり体型だったかどうなっていたというのがこの近くなんですよつまりこれは原告のための石灰をコントロールする方法だったのですが妹ですねそれを考えることで発見国の考え方を知り広告んだなということで逆にそれを逆手に利用して覇権国を狙っている車ですねその用紙を取りに行くっていうことがあるんですね世界で損害を被ってあるのそれは国によって違うでしょそう思うかもしれませんけどですねそうではないですね世界にここはものすごい大事だと言うよちょっとなんか決まってる決まってる重要なポイントが決まってるそれがなぜなのか後ほどお伝えするんですけどもだからこそですねこがポイント衝突する場所も決まってくるここなんですよはい世界三大衝突事故の方に出てくるんですけども3台衝突どこが衝突すると思いますまず第一はヨーロッパ欧州ですねそれが納豆とロシアのぶつかる店この本恐ろしいですよウクライナロシアの戦争ね今回2020年2年の頃大きな戦争ありましたね現在もなおありますねこれが始まる前ですよ1年2年前に出された本ですからその時からすでにも言われているの中ではこのですねウクライナの戦争っていうのは必然のこととして書かれてるわけなんですよこれが地政学を学ぶべきっていうところに白い大きな説得力ですねこの本を読むとですね1年前に書かれたにも関わらずこの3台衝突その一つにですねウクライナのあたりが出てくるわけですそしてその理由というのもはっきり書かれていますそれが納豆とロシアとの衝突であるこれはもうすでに書かれてることだったんですよ電話残りの2月になりましょうね残りの二つのうち一つがそれが中東ですお盛り上がってるのはイランとアメリカですイランとアメリカの争いを単に走ってですねいろんな国の内紛が起きてるんだということですよねそしてもう一つそれがこれが入っているから日本人は地政学を学ばなければいけない私たちも雨ですよどこが争ってるかそれこそがまさにアメリカと中国そうなんですよね中国とアメリカとの争いの中で朝鮮半島であるとか台湾であるとかそしてまたにその日本を含む日本海沿岸での色んな事っていうのがアメリカと中国の争い英語のに走って行われてるよっていうことなんですよ3台衝突衝突するのかそれはですね核の時代に入ってるかでそれ角をそれぞれが持っているということでアメリカとロシアがねアメリカと中国はアメリカとイランがそれぞれですねあの角を貼っちゃえばいいんじゃないのかそんなわけないですよねなぜならば価格はあまりにも強い力なんですよなので各家行ってしまった場合ですねその国が滅びる所が地球全体が滅びるかもしれないそれぐらいのダメージを与えるそれが核兵器なんですよねだとしたらどうするかということはなるべく直接打ち合わせにしかし勢力争いを前に進める局地戦になってくるわけですですからこのロシアとウクライナというものを戦争もですね体育館で見るとですね納豆とロシアの争いが表面化しているということが言えるわけですよねその長友とロシアのつまりアメリカヨーロッパとロシアとの大きな勢力争いがそのくらいの舞台で行われてるって言う事だけですよそういう見方ができるかどうかできない場合でも暗いのとロシアの戦争っていう意味コロナ三日間になってしまうんですねでもマクロに見ると覇権国とその派遣国でない国とのせめぎ合いが行われててそれが起きるだろう必然的にと言われてるが3台衝突地点なのですよですからこのアメリカ中国というのも非常にホットであるがゆえに学ばなければいけないと助産大衝突地点ってのは一体どのような法則でそこに集約していたのかここが知りたいですよねそしてそれこそがまさに性格が考えたと思うんですよはい何を奪い合って何が要所となってそのエリアに集中 メインはどれですかはいシンキングタイムスタートここなんですけども皆さんやっぱり飛行機が一番早いから便利だから飛行機だろうと思いかもしれませんが違うんですそうではないですよ実はね現代においてもこれ有名なんですよ大規模物流はこれ一択なんです飛行機もちろんするは早いですよコストの面と量の面でもメンっていうのが最大のルートなんですねので物流のルート=か言うんですこれを頭に入れてください海軍の場合ですね開運のルートを抑えたものが勝つんですけども海とも曽根道路みたいに決まった道じゃないんだから自由に泳げばいいんじゃないか自由に筆を進めればいいんじゃないかと思いかもしれません違うんですよ俳優の中でも絶対ここを通らなきゃいけないポイントあるんですそれをですね地政学の言葉でチョークポイント絞るポイントで絞られてこういうところとか運河です非常に狭くてそこをどうしても通らないと向こうに行けないと言うかい今日やるんがそれがですねしょうがポイントと言われて絶対に押さえておかなければいけないよう書とされてるんですよどれくらいあると思いますが世界中にそれも一緒にあるんじゃないと思うかもしれませんね違うんですなんとデートなんです東南アジアであればシンガポールとインドネシアとの間マラッカ海峡ですよねシンガポールのナミナミナ嵐歌カイトとか花とかですねことなんですよ絶対に取らなきゃいけなくてその上で絶対に必要な場所それが15程度の回答なんですこれを押さえる顔冴えないかというのが発見を見る限りじゃないかなんですなぜかと言うと言ってもですね生活の日用品だけじゃないよね稲インフラに関わるからそうです請求とか天然ガスですよ石油や天然ガスなしに運営できるかはありませんつまり国家の血管細動脈それが開運ルートそして開運ヌードの幼少それが海峡うんそしてその環境やを抑えられてそれをそこをあなたの国は通らないでね通るんだったらお金くださいねそうされることでものすごい負荷がかかるんですよ血管を相手に握られてるようなもんなんですよねそしてその結果と同人ですね血管を守るって言う食べるですね軍事拠点これが必要なんです例えば沖縄にアメリカの基地ありますよね日本人は米軍の基地が沖縄にあるとか横須賀にあるってことは知ってますでもアメリカの基地って他にもたくさん世界中にあるってご存知でしたかあまり考えたことがないかもしれませんねですが秋冬にもありますしドイツにもあるんですよ世界中にアメリカの基地は置いてるそれはなぜかそういう要素を守りその用紙を責めないように監視するためなんですなので非常に重要なことは実はですね海の勢力を抑えてるかどうかこれが覇権国家としての最重要事項なんです空軍ミサイル核兵器そういうようなことで覇権国家って読むのが争われてるとどこか皆さん思ってたかもしれませんなぜなら陸から海海から空と技術が進化したからそうなんじゃないかなって思ったかもしれませんが実は海を制する者が世界を制するそれを制するものは世界を制するなので物流の基本的なポイント消化ポイントそれは十数個しかない10個程度しかないそのチョークポイントを抑えるために関し拠点を軍事基地をいくつ持ってるかそういうことがですね覇権国家としての説得になってくるねそしてまいさんにアメリカというのがその軍事基地と開運の拠点を世界で今もとも多く持ってるだからこそアメリカは覇権国家と言われてるそういうことなんですよこれがご理解いただけましたでしょうかだからこそですね沖縄であるとか北方領土であるとか尖閣諸島であるとかっていうのはその文脈上で大事になってきているという話なんですよなぜ尖閣尖閣言ってんのかなて大きな家がなくならないのかなぜ北方領土が帰ってこないのかそういったお話はですね全て:開運と軍事拠点ここ シーパワーとランドパワーですよどういうことだシーとランドでいますね楽しげな響きなんだけどそのディズニーみたいなねそうではないかねしんパワーランドパワーですね8日と内陸国家って三回の仕方だと思ってくださいはい館8日わかりやすいのは島国ですよねまあ国の大半を海で囲まれているから基本的んですね公益とか貿易っていうもので外に出て行くそうやって氷をしていくという効果です内陸の国家ってもどうなんでしょうね逆にんですね陸に囲まれているので通じてまた国からの侵入もされやすい指針にもしやすいということですねまシンプルに分けるとイギリスとか日本は嬉しいパワーの国と言えるでしょそして中国やロシアこれは広大な大地を持って手続きで繋がってるのでハンドパワーの国ということでしょじゃあ問題ですアメリカはどちらでしょうアメリカですね Siri パワーの国なんですよ実は大半の方ですねところ海岸線で囲まれてもして陸に囲まれてアメリカでの内陸国というよりもでかいんですけれども海洋国家として非常にパワーを優先させてきたという歴史があるわけですねもちろんですね島国だけどもほとんど海ですねずにずっと内陸でいた時代は C power の国ということじゃないですよでも開運が発達して以降ですね日本というのもどんどん外に出るようになりましたのでそしてアメリカの審判は戦力のですね1位になったということで日本アメリカイギリス e POWER の独立性核上言われてるのねそして大事なことこれはですねランドパワーシーパワーはせめぎあうここなんですねランドパワーシーパワーでも常に責めギャングランドパワーというのですね大きな力を持ってますそれは土地が大きいということですよねと地続きであるので他国に攻め入りやすいんですでも攻め入りやすいということは繋がり責められやすいので侵略されてきたされ続けてきたという歴史を持つ非常に猜疑心と恐怖のある国なんです中国のこと思い出してください中国の古代中国の歴史というのは周辺の民族から常に侵略されてきたわけですよねなので東和光市和光南アコール北ワコーズってそれでですね万里の長城を築いてみたりですとか遠征に走ってみたりとかそういうことですねに行ってきたさらに内陸の中でもね色々勢力が分割されたですね数年に何回も力をコントロールし外から攻め込まれないためにですね争いとパワーコントロールに追われてきたんですどうしてもそうですよねあまりにも国境が長いために東と西ではですね東は日本の方ですね中国と力ですよね西はヨーロッパと接してるんですよねどこに責められてどこに戦力を配分するのか非常に苦しいしてきたんですよですからヒトラーとかが出てきたナポレオンがそういうのがですねモスクワ大作戦逃げなきゃ王様ですねトラウマがあるわけですよ攻め込まれる油断したら攻め込まれるこれが強いんですねはるとですねから 非常に厳しいそう広すぎて寒すぎるんですよねなのでハートランドからリムランドの方にどんどんどんどんこようとするそれよりブランドはですねどんどんどんどん抑え込もうとするんですそれだしパワーを持ったリムランドとランドパワーを持ったハートランドこれがせめぎ合うポイントそれこそが降るそうエリアであるこれが地政学のですね基本的な考え方になります皆さんご理解いただけましたでしょうかあんまりですねそういう風な目線で見てこなかったんじゃないでしょうか今日好きな国は国それぞれと思ったかもしれませんでも人類史上でですね体感してみて大局的に見てみるとほとんどの戦争がこのハートランドからリムランドへの拡大をシーパワー効果がリムランド能登ハートランドの間で抑え込もうとする戦いだったそうだ第一時とか第二次世界対戦にしてもそうだったというお話なんですよそのパワーの国家の一つですがあります中国がありますロシアがありますこの靴があるときは拡大しようとした時はロシアが拡大しようとしてある時は中国が拡大しようとするの海洋国家であるところのイギリスやアメリカ映画を押し返そうとしたそういう大きな争いだったという風に分析ができるということなんですねそしてその半券を握った国は強化ポイントで物流を抑えそのパワーをコントロールすることなんですよこのバランスオブパワー覇権国家になるまではリムランドハートランド戦いですよね結婚が決まったらチョークポイントを押さえて軍事拠点でそれを守るそれやって何がしたいかと言うと発見を鳴らず続けたいどうやって続けるかその基本的な作戦それがですね最後にキーワードですそれがバランスバランスオブパワーって何でしょうこれはですね違いのですね国が船に小競り合いして突出しないことなんですよこれあれも恐ろしい作戦ですよこれを最初にやって上手く行ったのがいいですよイギリスというのはですね2になってきた国家というものを再度連携して潰すということをやり続けてきたんですねドラえもん伸びてるなと思ったらフランスとロシアと協力してドイツを潰すスペインが伸びてるなっていう時はそれ以外のフランスドイツと組んで作るこれが続ければですねキーは反対なんですよこういうことを常にあるそれを受け継いだのがアメリカです冷戦の時世界一の国アメリカにがソ連だったわけですそしてそこに3位としてねそののケーキ上がってきた日本が付いてたんですねその時は日本と組んでそれの潰すそういう動きに出てたのですが80年代どうなったかそれはですね日本が2になって日本が2になった時のサインが中国なんですその時は中国とアメリカで組んで日本をするバブルが崩壊した日本が潰されて今度は中国が上がってきたそうなった時の現在の第3位が日本です今度は日本と組んで中国を潰すそういうことをやろうとしているこれが女性顎のバランスオブパワーですそして強化ポイントを押さえ軍事拠点を築きバランスオブパワーで国家をコントロールするこれがパクスアメリカーナでアメリカによる世界のコントロールしそれに対して2となった国はやはりストレスを感じのですね常に狙われるわけですね気になったら狙われる女になったら攻撃されるそこの争いと摩擦の時にですね必ず起きるのがそこでの紛争なわけですよねその代理戦争の紛争というのがなくならないのはそういう意味では C による世界の気候バランスをとるために必要なことなのかもしれないですしその2の安い故なのかもしれないわけですよね目のでアメリカのコントロールに対して非常に不服だと思ってる国の一つが今回はロシアなわけですよね頭によってロシアのその成長を常に削られているって言うのはプーチンの出張なわけですよね東の東方拡大をやめろと言う言葉ですね日本人に理解がしづらいのは日本はアメリカ コントロールでもの逆転したらそういう風な家氏に繋がったりですねロシアもそう言うな頭のコントロールが嫌だということでそれをですねお家帰ってやろうという風になるというのは中国やロシアの大理屈でいうとなるほどということがあるんですよ日本は現時点においてはアメリカにかなり頼っておりますしアメリカです日本市場にうまくコントロールしておりますのでアメリカ側の意見に立つというのが基本的にはオーソドックスなことだと思いますなのでそちらが正しいということじゃないんですよそういう世界の中で我々は生きていてそのどちらにもストレスや野心家戦略というものがあるということなんですねそこまでご理解いただけましたでしょうか基本的には海遊の物流が大事と拠点が大事そして大国というのは建国は常にコントロールしようとしようとしてバランスオブパワーをやろうとしているその中で摩擦が起きて3台衝突してんですね衝突が起きようとしているこれが大事なんですよじゃあ日本の話ですここから後半に入りたいと思います後半では日本はそのバランスオブパワーに巻き込まれるのか巻き込まれないのかそして設定額の上位ってどこをどういう風に抑えられてるのか逆に日本は抑えられているのかここを議論していきたいと思いますご飯もご覧ください沖縄っていうものがどういう立ち位置にさらされてるのかアメリカ軍ってなるべきなのかそれとも自衛隊の拡大するべきなのか中国はどう動いてるのか外房ロードの日本としての立ち位置どうなってるのかそういうこと
おすすめの記事