【VODで読める電子書籍】『2025年を制覇する破壊的企業(山本康正[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥990 (2022/05/20 11:28:19時点 楽天市場調べ-詳細)
【大反響! 6万部突破のベストセラー! 】

コロナでテクノロジーの進化は10年早まった!

2020年1月、Amazonはアレクサとガソリンスタンドを交信するサービスのデモをテクノロジーの年次祭典CESで発表した。
これまで家の中のものとしか交信しなかったアレクサを屋外と交信させたこの発表は、Amazonが都市全体のデータを取り、ビジネスを広げていこうという意思を示している。
テクノロジーの進化がビジネス、はたまた我々の生活自体を大きく変えることはいうまでもない。
本書は、Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft、Netflix、テスラ、クラウドストライク、ロビンフッド、インポッシブル・フーズ、ショッピファイという、2025年の世界に大きな影響力を持つ世界最先端11社を分析することで、5年後を読み解く未来予測書 である。
著者は、「元・米ニューヨーク金融機関×ハーバード大学院理学修士×元グーグル×ベンチャー投資家」というテクノロジーとビジネスをつなぐ稀代の経歴 をもつ。ここでのポイントは、ベンチャーキャピタリストが未来予測をするということにある。
テクノロジーに関する未来予測はさまざまな視点から提示されているが、アカデミア、エンジニア、ジャーナリストが行う未来予測には決定的に欠けている点がある。
それは、ベンチャーキャピタリストが行う「どのように投資し、儲けるか」という観点だ。
なぜなら、テクノロジーはその革新性だけではなく、ユーザーに受け入れられなければ、広く普及することはないからだ。

本書は、そんなテクノロジーとビジネスの交差点にいる同氏がファクトベースで2025年の未来を描く ものである。

【目次】

はじめに 5年後の未来はこの11社が決定づける
・2025年12月、アフターコロナの近未来
・GAFAだけ見ているのは日本だけ

第1部 2025年はどうなっているか?

第1章 世界最先端11社の目論見と3つのメガトレンド
・[Google]検索後の世界から検索前の世界へ
・[Amazon]アレクサを屋外へ進出、人の生活すべてを取りに
・[Facebook]「会うべき時に会いたい人に会える」を実現
・[Apple]人間の五感すべてを奪う
・[Microsoft]BtoBの王者として、すべての企業のインフラに
・[Netflix]リアルタイムにシナリオが変わる映像をつくる
・[テスラ]エネルギー問題を0にする
・[インポッシブル・フーズ]大豆肉で二酸化炭素を激減させる
・[ロビンフッド]金融業界をひっくり返し、誰もが投資をする時代を実現
・[クラウドストライク]これまでのセキュリティの概念を覆す
・[ショッピファイ]10兆円ベンチャー、楽天を破壊する
・それでもBATHよりGAFAがすごい
・[メガトレンド1]業種の壁崩壊とコングロマリッド化の再来
・[メガトレンド2]ハードでもソフトでもなく体験が軸に
・[メガトレンド3]データは新時代の石油
第2章 業種の壁崩壊とコングロマリッド化の再来
・コングロマリッドの概念が変わった
・利益0でもいい Apple Cardの衝撃
・ハードからソフト進出は難しい
・あらゆる業種のトップ3がGAFAに
・本業を決めない企業が勝つ
・小売りなのにコロナで一人勝ち ウォルマートの秘密
・VISA、Master、Amexが淘汰される理由
・激変する業種1:物流――最高のサービスの基軸になる
・激変する業種2:モビリティー――ロボタクシーがUberを破壊
・激変する業種3:映像――ディズニーがビジネスの究極系に
・激変する業種4:ヘルスケア――Appleクリニック誕生!?
・激変する業種5:運輸――時速1,000kmのリニアが生まれる
・激変する業種6:建設――Amazon、スマートホームを狙う
・激変する業種7:農業――東京の20F建てビルが畑に
・激変する業種8:セキュリティ――社内と社外のネットの境界がなくなる(クラウドストライクの話)
第3章 ハードでもソフトでもなく「体験」が軸になる
・究極のおもてなしの世界
・なぜスマホは2年契約なのか?
・5年後、PCが役目を終える
・車は2カ月ごとに性能がよくなる
・テスラが「広告費0・ディーラー0」でも売れる理由
・イーロンマスクの大戦略
・ベジタリアンだって肉の食感がほしい
・AIのないスマートスピーカーはすたれる
・「売れない」が失敗でなくなる
・Zoom、コロナ中20日で1億人増
・コロナ中、Netflixが次々と会員に解約を迫った理由
・水道、電気、ガスもネットと統合
第4章 データは新時代の石油
・データは「情報のバランス」を取るもの
・Apple vs Googleのデータ戦争
・データ権利はどこが握るか?
・ハードは注意を引くエサでしかない
・旅館の女将が出す茶菓子が変わる
・1分ごとに変化する航空券の値段
・Apple Watchで不倫がバレる
・テスラ保険の誕生
・証券がレコメンドされる

第2部 2025年を生き抜く処方箋

第1章 5年後に破壊される企業、台頭する企業
・顧客とつながり、いい体験を追加
・サブスクリプション≠リース
・サブスクリプションが合わない業界
・中間業者は淘汰される
・b8ta シリコンバレー発・小売りを大転換するベンチャー
・5年後、特に危険な8業界
・資本があることはもう強みではなくなる
・大企業がベンチャーに食われないためには?
第2章 5年後にあなたの仕事はこう変わる
・5年後、必須の5つのスキル
・なくなる業界にいる人はどうしたらいいか?
・スペシャリストは淘汰される
・「オンリーワン×ニーズのある」タグをつくる
・好きなことだけでも、社会のためだけでもいけない
・ストラクチュアル・ホールになる
・どんな人とつながりをつくるべきか?

おわりに

※電子書籍『2025年を制覇する破壊的企業(山本康正[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『2025年を制覇する破壊的企業(山本康正[著])』誰もがこの11社から逃れることはできない皆さんどうもこんにちはこん要約チャンネル納涼です本日ご紹介する本は山本泰正先生の2025年を制覇する破壊的企業ですテクノロジーの知識があると未来の予測ができるようになりますなぜなら世界を根本的に変えてしまうようなイノベーションはテクノロジー界隈で起きやすいからですかつてガーファは IT によって世界を根底から変革しましたしかしアメリカのシリコンバレーでは今ガーファに続くベンチャーがまさにこの瞬間も次々と生まれ続けています本日ご紹介する内容は以下の通りです第1章 Amazon は保険業アップルは金融業変わり続ける傘の現在第2章見る人によってエンディングが異なる映画新時代のテクノロジー第三省既得権益をぶっ壊す既存の価値観を吹き飛ばす新興企業4000本それは数年後に世界を牛耳ることになるであろう11の企業について述べられていますが佐藤界隈のベンチャーの動きを観察し特に大ファンですら持っていない新たなテクノロジーを生み出している企業の動向を追うことでこれからのトレンドや未来の世界の動きを知ることができるんです是非最後まで見ていてくださいそれでは早速参りましょう第1章 Amazon は保険業アップルは金融業変わり続けるガーファの現在今や世界中で傘の名を知らない人はいないでしょご存知の通りガーファとは世界を牛耳る大企業 Google Apple Facebook Amazon の4社の頭文字を取ったそうですですが傘が現在どんな事業を展開しているかを正しく理解している人は多くありません私も含め多くの人は Google は検索 Amazon は小売業何ていうイメージを持っていると思いますですが実は傘は私たちのそんなイメージの遥か先を言っているんですまずは Google について説明していきましょう Google と言えば多くの方は検索サイトのイメージをお持ちかもしれませんですが今 Google がやろうとしていることはもはや検索を便利にすることではなく検索自体を扶養にしてしまうことなんだと著者は言います私たちは自分が欲しいものや情報を Google で検索しますよねですがもし検索などする前に欲しいものが自動で提示されたらどんなに便利でしょうか Google はそんな検索前の世界に進出しようとしているんです例えば毎週金曜日の夕方になると決まってレストランというキーワードを検索するユーザーがいたとしますそしてその傾向を Google はデータとして蓄積しますその結果金曜日の夕方にブラウザを立ち上げると自動でおすすめのレストランを Google が紹介してくれるというような具合です Google の近年の動向で目立つのはクラウドや人工知能周りの技術開発そしてさらなる積極的な買収です2013年に買収したイギリスの人工知能開発会社ディープマインドはその代表例と言えるでしょう様々な事情からビッグデータを集められる体制を築いた Google が次にそれを人工知能に読み込ませ順子個人の嗜好に合ったサービスを提供していくそんな未来を垣間見ることができますさて続いて皆さんもご存知 Amazon について解説していきましょう Amazon といえば通信販売のイメージですよねですが実は今や小売のみならずあらゆる業界の取り込みに動いていますその一つが AI です皆さんはアマゾンの AI Alexa の名を聞いたことがあるでしょうか2020年1月世界最大のテクノロジー展示会で Amazon は Alexa とガソリンスタンドを更新するサービスのでもを発表しましたガソリンスタンドに Alexa が搭載されていて Alexa ガソリン代払ってと言うと自動的に Amazon に登録されているクレジットカードで支払いが行われるんですこれまで家の者とし加工し 料金所などにおいても Alexa 払っておいてと言えば同じように自動的に支払いが行われるようになるでしょう勾配検索履歴に限らずユーザーが Alexa に話しかけた言葉は全てデータとして保存されますそのデータをもとに Amazon は様々なサービスを提供していきますこうして Amazon はすでに小売からそれ以外の業界へとシフトしているんです最近ではローン保険といった金融事業への進出がトレンドです現在は出展者向けに限られていますがいずれは一般向けにも展開されていくことでしょうまた Amazon は今後購入履歴から与信判断を行うサービスを展開するだろうと著者は見ています例えば競馬に関する雑誌ばかり買っている人はローン返済に不安を抱えている可能性が高い逆に節約術や安全と素敵な書籍を購入したり買い物が規則正しいユーザーに岩余震を与えるといった具合ですまた保険事業では jp モルガンウォーレンバフェット氏が代表を務めるバークシャーハサウェイ実写この三者の従業員に対し既にサービスを提供しており今後はこちらも一般に提供していくと考えられていますさて続いて Facebook について見ていきましょう2021年社名を埋めたに変更したことだよ話題となった Facebook ですが Facebook のビジョンは人同士のコネクションにフォーカスするということですその証に Facebook は2019年ホライズンというサービスを発表しましたホライズンはネット上の仮想空間でアバターと呼ばれる自らの分身を通じて他の参加者と交流できますまた最近は人同士のコネクションに注力しながらも生活の全ての基点が Facebook で行われるようになるいわゆるスーパーアプリになることも目標お通しています Facebook は Google と同様 SNS としては後発でしたが積極的な買収で大きく成長していきました2014年に創業以来最も高額の約2兆円という隠れヨーロッパ最大てのメッセージアプリ WhatsApp を買収しました WhatsApp は日本で使っている人はほとんどいませんが LINE のないアメリカやヨーロッパではスタンダードであり英語圏の利用者は16人以上ですこのような買収により新たなユーザー層の獲得を繰り返した結果 Facebook の利用者は世界で何頭26億人に増えています今後のビジョンを実現するために買収を含めサービスをより一層展開していくことでしょうさて最後は Apple です日本ではまだ正式には発行されていませんがアメリカでは2019年の3月にアップルがクレジットカードアップルカードを発表金融事業に参入しましたマスターカードと連携しているのでクレジットカードとして利用できるのはもちろんアップルカードならではのサービスや便利機能が多く盛り込まれていますところでなぜハードウェアカンパニーとの印象が強いアップルが金融サービスに参入したのでしょうかとのことを紐解いていくと Apple の今後の戦略が明確に浮かび上がってきますその理由は iPhone への囲い込みなんですアップルはもともとパソコンを開発しているハードウェアカンパニーでしたそれが iPhone の登場によって iPhone を中心とした会社にガラリと変わりました実際現在の Apple の利益の半分以上は iPhone 関連なんです iPhone の登場でアップルの時価総額は一時期に100兆円を超えましたしかしここにきて夫や Huawei と言った中国企業の台頭により Apple の成長が鈍化していますコレラ中国企業が iPhone の半額程度の価格で高性能スマートフォンを販売することによって中国人ユーザーをはじめとして iPhone から乗り換える動きが見られるんですそのようなユーザーをつなぎとめるために役立つのがアップルカードなんですしかもアップルらしい他の企業にはないクールで洗練されたカードに仕上げましたそしてこのデザイン力というブランディングこそアップルの強みでもありますこのような強みを活かしながら今後も Apple はより一層の発展を遂げ続けることでしょう査定がファヨンさの解説を終えたところで第1章をまとめておきましょうポイント市 Google はもはや検索サイトの会社ではなくビッグデータやクラウド AI などを駆使した検索前の世界に進もうとしているポイントに Amazon は Alexa や購買履歴を用いて収集した顧客データを利用しローンの与信判断 Netflix が他の動画サービスより支持されているのは豊富な映像コンテンツだけではなくオリジナル番組が充実しているからなんです Netflix はどのコンテンツを誰にどのように届けるかという事に非常にこだわりがあります Netflix を利用されている方であればお分かりかと思いますが最初に出てくるトップ画面から既に利用者によって異なるんです年齢好みこれまでの視聴履歴などをもとにリマ見たい番組をソムリエのように一人ひとりにチョイスしているんです映画の説明文の内容に関しても利用者一人ひとりに最適なものがチョイスされています競合のアマゾンプライムビデオにもレコメンデーション機能はありますが Netflix のものは比較にならないほど作り込まれているんです2025年の未来ではそのような最適化がさらに高まり視聴中の巻き戻しや日時名刺の行動のデータ化されどのシーンが特に反応が良かったかなどの情報を AI が画像解析を通じて収集するようになるでしょうさらに視聴者一人一人によるエンディングはもちろんシナリオが異なる動画が配信されるようになるかもしれませんその動画を見ている視聴者の表情をカメラや音声などのセンサーで集め解析しその人が最も感動するであろうシナリオをつなげていくんです当然シナリオは視聴者ごとによって異なります楽万人の視聴者がいたら100万通りの通りがあるそんな未来が可能な時代になるんですさて続いて Microsoft Microsoft 365に代表されるように BTB つまり法人向けビジネスの王女として Microsoft はこれまで長きにわたり君臨してきました著者が今注目しているのはマイクロソフトが腰 OS の獲得を狙っていることです今家 OS のクラウドタワー民間では当たり前になっていますが国や自治体のシステムにおいても同様で以前は自前の設備で構築していたシステムをクラウド化しようという動きがあります実際日本政府の一部のシステムは Amazon が担うことが決定しデジタル庁準備室の設置など今後クラウドシステム化に向けた動きが活発化するでしょう公共システムの受注において Amazon と Microsoft はライバル関係にあります日本のシステムは Amazon に決まりましたがアメリカ政府のクラウドシステムは Microsoft が勝ち取りましたそして次に Microsoft が狙っているのはライバルが既に参入している日本のマーケットなんですクラウドシステムの受注では OS に限らずシステムの稼働に必要な様々なアプリケーションのまとめて受注しますからかなりのビッグビジネスになりますつまりアプリケーションをも含めたスマートシティの応援の派遣を Microsoft は虎視眈々と狙っているんです今後は Amazon たい Microsoft に限らず元々システムを手掛けていた日本のシステム会社も含め激しい攻防戦が繰り広げられることでしょうさて続いてテスラです電気自動車で有名なテスラですが実はテスラはもともと電気自動車の製造会社ではありません電気自動車はあくまで手段であり代表である異論マスク氏が掲げているミッションは大気汚染の対決や地球温暖化の防止など環境問題の解決なんですこのため電気自動車が世の中のトレンドだから我が社も売り出そうという風にビジネスの観点で電気自動車を販売している他の自動車メーカーとはそもそも根本の考えが違っているんです実際テスラは環境問題解決に向けて電気自動車以外の事業も進めています最近注目されているのはタワーモール授業です同事業はソーラーパネルの設置や充電などのサービスをサブスクリプションで行うもので日本でもすでに始まっています渋滞中に発生する二酸化炭素やエネルギーロスに対する取り組みも始まっていますこれはかなりユニークなアイデアですが渋滞を解消するためにしかにトンネルを掘ってしまおうというものですそしてテスラの次なる一手として注目なのがハイパーループ構造です元々カリフォルニアの在来線を新幹線に変えようというプロジェクトがあったのですがせっかく帰るのであればより早いリニアモーターカーにしてしまおうと言うんです驚くのはその日に家のスピードです現在のリニアモーターカーの最高時速500 km のおよそ4倍航空機と変わらない1000 km のスピードの鉄道を実現しようとしていますスピードが出る秘密はトンネルの構造です従来のトンネルとは異なり 会社は大打撃を受けるでしょうハイパーループのみならずテスラが開発中のロボタクシーこれも近い将来鉄道産業に打撃を与えることが予想されていますロボタクシーが広まれば鉄道の需要は激減するでしょう浦安から六本木の距離であれば電車なら約45分料金は350円ですがロボタクシーを使えば25分で210円ほどになると予想されています駅に行く手間もなくなり運賃も安くなるエンドツーエンドで自動で好きな所に連れて行ってくれるこうして見ていくとどう考えても鉄道よりロボタクシーの方が便利ですよねさてこの辺りで第2章まとめておきましょうポイント1 Netflix では人工知能が視聴者の表情を分析することで視聴者ごとに異なるストーリーを展開するようになるポイントに Microsoft は法人向けビジネスの王者としてスマートシティの OS の覇者の座を狙っているポイント3テスラのハイパーループ構造やロボタクシーにより世界中の交通インフラが劇的に変化する大山椒既得権益をぶっ壊す既存の価値観を吹き飛ばす新興企業4選さてこの動画の最後となる本当ではあまり私たち日本人には馴染みのないしかし近い将来に確実に私たちの生活に関わるであろう四つの新興企業について要約して参りたいと思いますまず最初にご紹介するのはインポッシブルフーズです食品業界に革命を起こすのではないかと注目されているのがこのインポッシブルフーズです最近のアメリカではお肉を食べないベジタリアンがかなり多くレストランにもベジタリアン向けのメニューが当たり前のように用意されています一方でベジタリアンといえどもお肉の食感を楽しみたいという願望もありますそこでまるで本物のお肉のような食感や味わいが楽しめる代替肉が注目されていますインポッシブルフーズはこのような代替肉を製造しているベンチャーです代替肉の原材料は大豆です実際に食べてみるとわかりますが本物の牛肉のような食感を楽しむことができます普通に美味しいですし牛肉と比べ価格も安く牛を育てている最中に発生するメタンガスも生じません価格が安いのは牛肉に比べ製造コストが圧倒的に低いからなんです牛肉であれば子牛から育てて出荷までに最低でも3年はかかります一方インポッシブルフーズのお肉は大豆ですから原材料さえあれば工場で短時間で作れてしまうんですもちろんダイソー生産する時間もありますが牛を育てるのと比べればはるかに短い時間です有害な化学調味料もはいておらず栄養価もあり今アメリカでは代替肉が大変人気なんですインポッシブルフーズ以外にもビヨンドミートという同業者も存在しこちらの会社はすでに上手に出来そう額は1兆円に迫る勢いですインポッシブルフーズも時価総額約5000円億円のユニコーン企業で市場からも高い評価を受けています今後の動向としてインポッシブルフーズは牛以外の代替肉も展開していくことでしょうすでにインポッシブルポークが製造されておりとんかつのような商品も発表されていますこの流れが進みインポッシブルチキンインポッシブルツナなども開発されていくと予想されていますインポッシブルフーズの成長に伴い精肉業界牛や豚の生産者医療関係者の仕事は破壊されていくことが予想されますさらに言えば食の流通を生業としている企業にも大きな影響を与えますインポッシブルフーズがこれからの食業界全体の大革命の起点となるんですさて続いてロビンフッドロビンフットは2013年に設立されたネット証券会社です会社名と同名のアプリを使って投資することができますがロビンフッドがすごいのは当時としては異例だった売買手数料無料を打ち出したことですそれによって従来は富裕層が主だった証券投資に資産家投資経験のない10代から20代及び献立んが革新的でしたゲームをやっているような感じでトレードができるこれも特徴で無料で楽しめるスマホゲームをやっているような感覚で10代から20代は楽しんでトレードをしているんですこのような革新性は業界を180度を変えてしまいましたロビンフットの急激な成長に危機を感じ2019年10月にはアメリカのネット証券最大てチャールズシュワブが手数料無 今後5年で日本にも行ってくると思われますさて続いてクラウドストライクコロナで自粛が求められた際果たしてどれだけの企業が在宅勤務を実現できたでしょうか設備の整った大企業であればまだしも多くの企業ではセキュリティ面が整っておらず結局社員はオフィスに出社せざるを得なかったというのが現実でしょうこのようなセキュリティ面でのネックを丸ごとを解消してしまうというのがクラウドストライクですクラウドストライクを導入すればどんな企業であっても安心して社員にパソコンの持ち出しを捨てることができるようになりますそうなれば1億総テレワーク社会も実現できるんです VPN アンチウイルスソフトといったいわゆるファイアウォールによりインターネット上に防火壁のような境界を設定してセキュリティを担保する映画これまでのセキュリティ業界の常識でしたしかしリモートワークが一般化しつつあり以前と比べるとパソコンに限らずスマートフォンなど多くのデバイスがインターネット上につながるようになった今ではファイアウォール的なセキュリティ対策では通じなくなってきていますファイアウォールを最新のバージョンにアップしていく作業に限界があるからですそこを打ち破ったのがクラウドストライクですクラウドストライクの考え方はこうです従来のアンチウイルスソフトはそもそも今のようにインターネットに常につながっていることを前提に開発されたセキュリティツールではありませんならばそのクラウド上でセキュリティを担保してしまおうというわけですクラウドに繋がっている間は常に端末や利用者のアカウントをクラウドストライクがチェックしていますまたこれまではソフトウェアの更新で行なっていたセキュリティのアップデートを常時クラウドで行えるようにしましたさらには指紋認証などの物理的な仕組みも導入していきましたこれによってプライベートのパソコンやスマートフォンでもセキュリティを担保することが可能になります従業員にとっては普段使いの慣れているデバイスで仕事ができますから効率がアップするでしょう企業側にとってもデバイスの支給に係る経費が減りますし支給しているパソコンを管理する手間も減り一石二鳥なんですが続いて最後ショッピファイについてです日本ではあまり知られていない注目企業の一つがショッピファイですショッピファイは企業の EC サイトの開発運営を手掛けています Web サイトの制作カード決済の仕組み売上分析などを企業がインターネットで商売をするために必要なことをすべてまとめて代行してくれます事業者が用意するのはパソコンと商品画像くらいのものですライバルの多いビジネスモデルでもありいますがショッピファイはモバイル対応などの使い勝手が突出しており急激に成長を遂げてきました送料はカナダですが現在はヨーロッパアメリカなどにも進出し新型コロナウイルスによる外出自粛でさらに需要が伸びていますショッピファイの台頭と呼応するように世界中では多くの企業が Amazon や楽天といった大手 EC プラットフォームから離脱する動きが出てきていますルイヴィトンやディズニー NIKE ウォークマンなどこれまで Amazon や楽天への出店を中心としていた企業が次々にアマゾンには出店しないと宣言し代わりにショッピファイと組みながら自社の EC サイトを充実させているんですショッピファイの時価総額は現在約10兆円で日本の本田が約5兆円ですからその場合です三菱商事やソフトバンクグループの時価総額も抜け始めています商業2004年のベンチャーが今やここまでの規模になっているんですショッピファイの最近の動向としては世界最大のスーパーマーケットチェーンであり売上高も同じく世界一の企業フォルマートと提携しましたこれは Amazon への対抗策ですショッピファイの成長は今後も更に加速していくはずです現在地腸炎の時価総額がどこまで増えるのか注目しておきましょうさてということで大山椒をまとめておきますポイント1代替肉の開発製造を行うインポッシブルフーズにより従来の精肉業界は壊滅的な打撃を受けるポイントに売買手数料無料を打ち出した証券会社のロビンフットの台頭により他の多くの証券会社が手数料の無料化を余儀なくされたポイントサンネットセキュリティ会社のラウドストライクはセキュリティのアップデートをクラウド上で行うことで在宅勤務の普及を加速 多数登場してきています是非最新の動向にも注意を払っておきましょうここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画良かったよという方ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチッと押して頂けますと励みになりより一層頑張れますのでよろしくお願いいたしますさてそれではまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますさようなら
おすすめの記事