【VODで読める電子書籍】『60代からの最高の体調 ミネラル・ホルモンで「老いない体」を手に入れる(平澤 精一[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

自力で「老いない体」を手に入れ、
年齢より若々しく、一生元気に過ごすための本!
そして、何より大切な「健康寿命」を伸ばし、
骨、血管、内臓、頻尿、
がん、脳梗塞、認知症、フレイルなどの
60代からの不安までを一気に解消する。
60代以上の方にとって
本当に役立つ最新医学を1冊にまとめました。

【健康寿命と平均寿命の違い、知っていますか?】
健康寿命とは、介護を受けたり寝たきりになったりせず、
日常生活を送ることができる期間のことです。
2019年時点のデータでは、
日本人の平均寿命は、
男性が81・41歳、女性が87・45歳。
平均健康寿命は、男性が72・68歳、
女性が75・38歳。
平均寿命と平均健康寿命の間には、
男性で約9年、女性で約12年の開きがあります。
つまり、支援や介護を必要とし、日常生活に制限のある期間が、
平均で9~12年あるのです。

60代以上の人にとって大事なのは、
健康寿命を延ばし、
寿命と健康寿命の開きを少なくすること。
そうすれば、いつまでも元気に生きることができるからです。
では、健康寿命を延ばすためには、どうすれば良いのでしょうか?

【60代からの生活を変える健康の新常識! 】
健康寿命を延ばすために大事なのは、
60代以降の体に何が必要であるかをきちんと知ること。
たとえば、亜鉛やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルや、
骨や筋肉、あるいは「やる気」などのもとになるホルモンは、
年齢を重ねれば重ねるほど、失われていきます。
いくら今、病気でないとしても、
こうしたミネラルやホルモンが足りていなければ、
活動的に動くことができず、免疫力も下がるため、
心身の調子を崩しやすく、
あっという間に要介護状態になってしまうことも。

つまり、
年齢とともに減っていく
ミネラルやホルモンを補充したり、
生活習慣を
60代以降の体に合わせて
少しアレンジしたりすることで、
健康寿命を伸ばすことができます。
本書では、その具体的な方法を
お伝えしています。
ぜひお試しください!

※電子書籍『60代からの最高の体調 ミネラル・ホルモンで「老いない体」を手に入れる(平澤 精一[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】ではまだ取り扱っていません。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『60代からの最高の体調 ミネラル・ホルモンで「老いない体」を手に入れる(平澤 精一[著])』こんにちはりょうです本日ご紹介する本は平沢誠一先生の60代からの最高の体調ミネラルホルモンで老いない体を手に入れるです突然ですが皆さんは一般的な寿命と健康寿命の違いをご存知でしょうか平均寿命一般的な寿命とは生まれてから死ぬまでの期間のことで一方健康寿命とは介護を受けたり寝たきりになったりせず自立して日常生活を送ることができる期間を指しています2019年時点のデータでは日本人の平均寿命は男性が81.41歳女性が87.45歳でした一方平均健康寿命は男性が72.68歳女性が75.38歳となっています平均寿命と平均健康寿命の間には男性で約9年女性で約12年もの開きがあるんですこれは支援や介護を必要とし日常生活に制限のある期間がなんと約10年もあることを意味しているんです人生最後の10年間も元気で健康に行きたいんだというのは誰もが願うことですよね60代以上の人にとって大事なのは健康寿命を延ばし寿命と健康寿命のギャップを少なくすることだと言えるでしょうそうすればいつまでも元気に生きて天寿を全うすることができるからですそんなあなたの願いを叶えてくれる本書の中から本日ご紹介する内容は以下の通りですダイソー女性にも必須テストステロンが健康に不可欠な科学的な理由第2抜け毛に悩まされている人まるまるが足りていません第3章死亡率が1.98倍に本当は怖い夜間頻尿の真実健康寿命を伸ばすために大事なのは60代以降の体に何が必要であるかをきちんとしてることです例えば亜鉛やカルシウムマグネシウムといったミネラルややる気などのもとになるホルモンは年齢を重ねれば重ねるほどを失われていきます例え今現在病気でない人もこうしたミネラルやホルモンが足りていなければ活動的に動くことが出来ず免疫力も下がってしまうため心身の調子を崩しやすくあっという間に要介護状態になってしまうこともあるんですよ本当恐ろしいですよね逆に言えば年齢とともに減っていくミネラルやホルモンを補充したり生活習慣を60代以降の体に合わせて少しアレンジしたりするたったそれだけで健康寿命を延ばすことができるんです本当にはその具体的な方法が分かりやすく書かれていますし本動画でもその内容をギュギュッと凝縮してお伝えしています是非最後まで見ていてくださいそれでは早速参りましょう第1章女性に毛筆テストステロンが健康に不可欠な科学的な理由皆さん自身もしくはご家族やお知り合いの方の中に以下のような症状を抱えている方はいらっしゃいませんでしょうか見た目が急に老け込んできた何に対しても興味が持てずやる気が起こらない判断力が低下した物忘れがひどくなったイライラや不安感に襲われやすい疲れがなかなかとれずだるいよく眠れない心当たりがある人は年を取ればよくあることだと思っているかもしれませんしかしこれらをカレーの生徒を軽く考えて放置してはいけないんです最新の研究によりこれら高齢者の心身に長じる数々の不調が特定のホルモンの不足によって起こることがわかってきているんですそしてこうした不調をただの老化だよ私年取ってるからと考えて治療を行わずに入ると健康状態がどんどん悪化しあっという間に寝たきりになってしまうこともあるんですホルモンとは体内で分泌される化学物質であり私たちの体内では100種類以上のホルモンが分泌されていますホルモンは脳下垂体や甲状腺をはじめとする内分泌腺で作られていて血液によって全身に運ばれます一つ一つのホルモンの分泌量はごくわずかですがそれぞれ決まった役割を果たすことで体の機能が正常に保たれているんですホルモン等ありがとうございますが赤でも 体に関与しているアセチルコリンを増やすという特徴がありますセロトニンは別名幸せホルモンとも呼ばれ生体リズム睡眠体温神経内分泌角調整などに関与しています一方アセチルコリンは記憶の形成や教科に関与すると考えられていますつまりテストステロンはこういったセロトニンやアセチルコリンの分泌に関与することから精神の安定や記憶力の維持などにも役立っているんですこれらの他にもテストステロンには次のような働きがあります骨髄で血液を作る栄養や代謝物質の運搬などを行う血清アルブミンを生成する赤血球の産生を促進する体内時計の機能を維持するこのようにテストステロンは心身の健康の維持に大きく関わっているんですところがテストステロンというのは一生のうちで分泌量が変化し年齢をかさ寝れば重ねるほど分泌量が減っていきますまたテストステロンの分泌量は食生活や生活習慣などにも左右されますテストステロンが増えないような生活をしてしまうと早ければ40代でテストステロンが激減してしまうこともあるんですそしてテストステロンの分泌量が減ると心身には様々な影響が現れてきます最初のうちはやる気が起こらない外出する気になれない判断力や記憶力が低下するイライラする疲れやすい見た目が吹き込んでくるよく眠れないといった不調が見られますこれらを放置しておくとどんどん症状が悪化し取り返しのつかない事にもなりかねませんテストステロン不足によって引き起こされる深刻な症状としてはサルコペニアやロコモティブシンドローム骨粗しょう症などが挙げられますサルコペニアとは加齢に伴い筋力や身体機能が低下している状態のことでロコモティブインドロームは運動器の障害により要介護になるリスクの高い状態のことです筋肉を丈夫にする役割を持つテストステロンが不足してしまうことでこれらの状態に陥りやすくなると言えます心身の不調や病気を遠ざけ常に最高の体調でいるためには長生きホルモンであるテストステロンが必要不可欠なんだということをお分かりいただけたのではないかと思いますしかしすでにお伝えしたように何もせずに放っておいたらテストステロンの分泌量は年を重ねるたびにどんどんどんどんどんどん減っていきますそこで皆さんにオススメしたいのが薬によってテストステロン補充するという方法です中でも保険が適用され効果が高い一方で副作用が少ないのが筋肉注射による補充ですホルモンを注射で補助するなんて言うと体に害があるんじゃないかとか言いたいんじゃないかと不安を抱く方もいらっしゃるかもしれませんがテストステロンは元々体内で分泌されている自然な物質です加齢やストレスなどによって減り過ぎてしまったのお体が正常に機能するのに必要なぶんだけを補充するわけですからほとんど問題はないと言っていいでしょう注射の頻度は2週間から4週間に1度期間はだいたい半年以上で数年かかることもあります保険が適用されるため注射自体の料金は1回あたり750円程度です他にテストステロンを補充する方法としては保険適用外ですがグロビンというクリームタイプの塗り薬もありますこちらは1日に一回から2回塗布するというものでグローミンは薬局やインターネットでも購入することができ価格は一本4000円程度ですさらに飲み薬によってテストステロンを補充するという方法もありますこちらは保険が適用されますが副作用として重い肝機能障害が出る恐れもありあまり使われてはいませんテストステロン補充療法は非常に効果が高く日本ではまだそれほど普及していないのがもったいないと思うほどです比較的症状の軽い患者さんであれば4回から5回の注射でテストステロンの量が激増し元気を取り戻すと言います最近活力がないと感じている方はこの機会にぜひぜひ一度試してみてはいかがでしょうかさてこの辺りで第1章をまとめておきましょうポイント市一般に男性ホルモンの一種であると考えられているテストステロンは男女問わず精神力を高めキン骨を丈夫にしメタボリックシンドロームを予防改善してくれる効果があるポイントに加齢によってテストステロンの分泌量が減少するとやる気が起こらない記憶力の低下老けやすいイライラする不眠といった不調が見られるようになり放置するとサルコペニアやロコモティブシンドロームといった重篤な病気に発展する するといった作用もありますこのように亜鉛は様々な働きによって免疫細胞を活性化させ免疫力を高め私たちを病気から守ってくれているねしかし残念ながら日本人には亜鉛を十分に摂取できていない亜鉛欠乏症の人が少なくありません日本人は潜在的な亜鉛欠乏状態である割合が高く最近の調査によると先進国で唯一10%から30%の人が亜鉛欠乏状態であるとの結果も出ているんです何故亜鉛不足に陥る人がこれほどまでに多いのでしょうか人間の体は自分で亜鉛を産生することができずしかも合間働き者で消費されやすいため食事などによって必要十分な量を摂取する必要があります厚生労働省によれば1日に必要とされる亜鉛の摂取量は10 MG ほどですが亜鉛を多く含む食品は非常にか切られています下記であれば5粒中に7.9 MG 豚レバーや牛肩肉などは70 g 中に4 mg から5 MG と比較的多くの亜鉛が含まれているんですが毎日牡蠣やレバーばかり食べてはいられませんよねこういった摂取の難しさに加えさらに加工食品を食べる機会が増えたことこれも現代日本人に亜鉛欠乏症の人が多い理由の一つです加工食品にはそもそも亜鉛含有量が少ないんですがそれに加えて食品添加物であるポリリン酸ナトリウムには亜鉛を体内から排出してしまう作用が美人さんという物質には亜鉛を吸収しにくくする作用があるんですさらに特に高齢者の場合若い頃に比べて活動量や食欲が低下して食事の絶対量が少なくなること咀嚼機能や消化機能が低下し栄養素を効率よく吸収できなくなることなどから亜鉛不足がより深刻化していきますこのように現代社会はとりわけ高齢者にとって亜鉛が摂取しにくい環境にあるんです亜鉛が不足すると心身にさまざまな不調が現れるようになります肌荒れや湿疹皮膚炎などが起こったり爪が割れたり髪の毛が抜けたり皮膚にできた傷の治りが遅くなったりします表紙の美しさや若々しさが失われるだけでなく物忘れがひどくなったりイライラしたり鬱状態になったりと精神症状も起こりやすくなってきますまた免疫力が低下するためがんや糖尿病慢性肝疾患肝硬変認知症など様々な重い病気にかかるリスクが高くなりますさらに亜鉛はテストステロンの産生にも関わっているため高齢の方はそもそもの加齢によるテストステロンの不足これに加えて亜鉛不足からくるテストステロン不足というテストステロン不足ダブルパンチに見舞われることになります進退的に虚弱なフレイルの高齢者はそうでない高齢者に比べて亜鉛が不足していることもわかっています亜鉛が不足している場合それを解決する最善の方法は亜鉛を含む多く含むものを食べることです亜鉛が摂取できかつ食べやすい食材としては卵が挙げられます卵一個に含まれている亜鉛板0.7 MG ほどですが卵には他にもタンパク質や脂質カルシウムマグネシウム鉄そして各種ビタミンが含まれています卵は食物繊維とビタミン C 以外のほとんどすべての栄養素を含む完全食であると言ってもいいでしょう料理をする気力がない時でも卵かけご飯をいっぱい食べるだけで亜鉛を始め体に必要な様々な栄養素を摂ることができますからできれば卵は冷蔵庫に常備されることをお勧めいたしますまた木綿豆腐も優秀な食材でもめん豆腐1/2丁には亜鉛が0.9 MG ほど含まれています他にたんぱく質カルシウム各種ビタミン脂肪の代謝や脳の活性化を促すレシチン活性酸素を抑制するサポニンなど様々な重要な物質を取ることができますしあ奴や湯豆腐であればさほど手間をかけずに食べることができますからやはり木綿豆腐も常備されることをお勧めいたしますということでそれではここまででまとめておきましょうポイント1円には DNA やタンパク質の合成記憶力の向上酵素活性の補助テストステロンの生成など多くの働きがあるポイントに日本人の10%から30%が亜鉛欠乏状態であるともいわれており亜鉛不足による症状には肌荒れや抜け毛イライラ抑うつ免疫力の低下などがあるポイントさん亜鉛不足を解消するために牡蠣やレバー卵を木綿豆腐を積極的に摂取したい特に卵は 他にも年をとってから夜中に何度も尿意を覚えて目が覚めトイレに入ってしまうそのせいでなかなか熟睡できない日中眠たいと悩んでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか夜間頻尿に悩む人は年齢が上がるほど多くなっていきます少し古いデータにはなりますが日本排尿機能学会が2002年に行なった調査をご紹介しましょうこの調査によると60代では39.7%70代では62.0%80代では83.9%もの人が夜間排尿の異常を抱えており予備軍を含めると日本の40歳以上の約4500万人が夜間頻尿を患っていることがわかりましたですがこれはなかなか人に相談しづらく多くの人が年だから仕方がないからと諦めてしまいがちなんですがテストステロン不足や亜鉛不足などと同様放っておくと心身の健康に申告影響を及ぼしかねないんです実は国内の研究によって夜間排尿の回数が一晩に2回以上ある高齢者は1回以下の高齢者に比べて死亡率が1.98倍になるという報告があるんですまた夜間頻尿と死亡率の関係に関する複数の研究結果を統合したところ夜間排尿の回数が一晩に2回以上であると死亡率がなんと29%増加し3回以上になると46%増加するという恐ろしい結果が出ていますしかしね一体なぜ夜間頻尿が死亡率の増加につながるのでしょうかまず考えられるのが夜中にいきなり冷たい便座に座ることで急激な温度変化に伴って血圧が変動脳出血や脳梗塞心筋梗塞などが引き起こされるということです廃業によって血管が拡張し血圧が下がり心臓から脳へ送られる穴液の量が急激に減って道が酸素不足になってしまう排尿失神が起こることもありますまた夜間にトイレに行くと足元がふらついたり暗くて周りが見えなかったりする為転倒するリスクも高まりますアメリカのある研究機関は一晩に3回以上の夜間頻尿がある場合トイレに行く際に転倒するリスクが1.28倍になるという研究報告も出しています転倒した際に打ち所が悪ければ脂肪をしてしまう危険性もありますし転倒による骨折がきっかけとなって震えるにそして寝たきりになってしまう恐れも十分にありますさらに夜間頻尿は心身の健康や QOL にも大きな影響を及ぼしてしまいます夜中にトイレに行くために何度も起きるとその後眠れなくなったり眠りが浅くなったりして十分な睡眠をとることができなくなりますこのように60台以上の人にとって夜間診療は健康寿命を左右する非常に重要な問題なんですではなぜ年齢を重ねると夜間頻尿になってしまうのでしょうか夜間頻尿の原因には主に次の三つのタイプがあると考えられています市夜間多尿に膀胱蓄尿障害睡眠障害それぞれ見ていきましょうまず市夜間多尿は夜間に作られる尿量が多い状態のことです就寝前に水分を過剰摂取したり加齢により尿量を調整するホルモンの分泌バランスが崩れたりすると夜間の尿量が増えてしまうんですまた加齢による筋力や血管収縮力の低下も夜間多尿の原因となります筋力や血管の収縮力が低下すると血液の循環が悪くなりが半身に水分が溜まりますその状態のまま横になるとか半身に溜まっていた水分が上半身に移動し心臓に負担がかかりますすると体は排尿を促すホルモンを分泌し排尿によって余計な水分を体の外に出そうとするんです二の暴行蓄尿障害は膀胱に尿をためることができない状態のことです私たちは膀胱にある程度の量の尿がたまると尿意を感じるようになっています膀胱は尿がたまるまでは風船のように膨らみ十分に溜まったら収縮して尿を排出します通常は200ミリリットルほど尿が溜まったところで尿意を感じ始め400ml ほどたまってから排尿するんですが何らかの原因で膀胱蓄尿障害になってしまうと奉公に十分な量の尿をためることができず少ない容量でも尿意を感じてしまうんです膀胱蓄尿障害の原因として特に多いのが加齢に伴う過活動膀胱や前立腺肥大症ですか活動膀胱は性別にかかわらず発生する症状です年を取る 尿道が圧迫されちょっとした刺激で尿意を感じたり残業が生じてしまったりするんです前立腺肥大症の原因はまだ完全に明らかになってはいませんが加齢に伴うテストステロンの分泌量の低下が関係しているのではないかと考えられています最後に山王睡眠障害についてお話ししましょう寝つきが悪いとか熟睡できないとか途中で目が覚めてしまうなど睡眠に関する悩みを抱えている高齢者は少なくありません睡眠リズムにはメラトニンというホルモンが大きく関わっていますがメラトニンの分泌量は子供の頃をピークに徐々に減っていき高齢者の体内ではわずかな量しか作られませんそのため寝つきが悪くなったり眠りが浅くちょっとしたことで目が覚めたりするようになります尿意で目が覚めることも多くなり目が覚めた時にトイレに行くことが習慣化してしまうことも少なくありませんこうして睡眠障害が原因で夜間頻尿になり眠りがさらに赤くなって少しの尿意で目が覚めるという悪循環に陥ってしまうんですこのような重篤な夜間頻尿を解決するにはどうしたらいいのでしょうか多くの場合夜間頻尿は自然に治ることは期待できないと著者は言います薬を使った治療も有効ですが寝る前の習慣を見直すことをまずはそこで夜間頻尿を改善させることができますここでは自分でできる夜間頻尿の簡単な改善法をお伝えしましょうまず寝る前にはできるだけアルコールやカフェインを摂らないようにしましょうカフェインには利尿作用があるためですさらに緑茶特に玉露はコーヒーの2倍以上のカフェインが含まれています寝る前にどうしてもお茶が飲みたくなった時はカフェインの入っていない千茶屋うろん茶麦茶ハーブティーなどを飲むようにしましょう睡眠障害が原因で起こる夜間頻尿は寝る前の水分摂取を控えつつ睡眠の質を高めることで改善することができます睡眠の質を高めるために何よりも大事なのは体内時計を毎日リセットし生体リズムを整えることそして睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促すことです体内時計をリセットする最も効果的な方法は朝起きたら朝日を浴びることそして朝食をしっかり食べることですこれまた16時間断食を行っている人にはなかなか難しいことかもしれませんが朝食を食べることができないという人はこの朝起きたら朝日を浴びるとか朝散歩ということを重点的に行うと良いのではないでしょうか全然私バリバリ朝食食べてるよーという方は朝食では大豆や卵などをしっかり食べメラトニンの材料となるトリプトファンやビタミンを体内に取り入れましょうまた夕食を早めに済ませることこれも寝ている間の胃腸の負担を減らし睡眠の質を高めることに繋がりますさらに深夜の膝内障照明を暗めにし寝る前にはテレビやパソコンスマホなどを見るのを控えることも体内時計を狂わせないためには非常に大切ですできれば昼間に適度に体を動かすことと長く昼寝をしすぎないことも心掛けておきましょうさて以上で第3章をまとめておきますポイント市日本の40歳以上の約4500万人が夜間頻尿を患っていると言われており夜間排尿の回数が一晩に2回以上ある高齢者は1回以下の高齢者に比べて脂肪率が1.98倍になるという研究結果も存在するポイントに夜間頻尿には夜に作られる尿量が多くなる夜間多尿過活動膀胱や前立腺肥大症を背景とした膀胱蓄尿障害そして睡眠障害の三つの原因があるポイントさん夜間頻尿を改善するための生活習慣として寝る前にカフェインやスマホを控えること朝日を浴びて朝食をしっかり食べることでメラトニンの分泌を促すことできれば昼間に適度に運動することなどが挙げられるいかがだったでしょうか本書の著者平沢誠一先生は泌尿器科がご専門の医師として本書の他にも頭でぐっすり夜中のトイレに起きない方法など数多くの著作を出版されていますこの動画を見て興味を持たれた方はぜひ本書を含め先生のご著書を実際に手に取って読んでみてくださいここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画良かったよという方ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチッと押してくださいそれではまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますさよならさよならさよなら
おすすめの記事
「バイオハザード」最強タッグ再び!映画『 モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー、ミーガン・グッド、ディエゴ・ボネータ、山崎紘菜の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
「バイオハザード」最強タッグ再び!映画『 モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー、ミーガン・グッド、ディエゴ・ボネータ、山崎紘菜の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
どもども、さむたろうです^^ おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめていま...