【VODで読める電子書籍】『まんがで簡単にわかる!医者が教える危険な医療~新・医学不要論([著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

アメリカのデータで、アメリカ人の死因第1位が「医療」だということをご存知ですか
がんや心疾患などの死亡者数を抑えて最も多かった死因が医原病(医療を原因とした疾患)なのです。
また、イスラエルで医者のストライキが起こったことがあります。1カ月の期間中、なんとイスラエルの死亡率は半減したのです。
日本でも財政危機に陥った夕張市が病院機能を縮小した結果、老人の健康寿命が延びたとの報道がありました。
もちろん医療は緊急時に私たちの命を救うため必要なものです。
しかし、普段ちょっとした熱が出たときに飲んでいる薬、自覚症状もないのに「高血圧」「当コレステロール血症」などと診断されて薬を飲まされる検査など果たして必要な医療でしょうか?
本書では健康のため良かれと思い受けている医療の中に以下に危険で意味のないものが含まれているのかを、まんがでわかりやすく説明しています。
また、本当に必要な医療とは何か、も例示してありますので、病院にかかる際の参考にしてください。

帯より~
[こんなにある! 健康常識の落とし穴! ]●みんな知らない市販薬のこわい副作用
●コレステロールを下げ過ぎるとがんや感染症のリスク増
●血圧を薬で下げると脳梗塞の発症率が2倍に
●医者はほとんど受けないバリウム検査
●病人を増やすための検診基準値変更
●ポリオワクチン接種でポリオにかかるリスク増
●アメリカでは「抗がん剤はがんを増殖させる」が常識

その他信じられない事実や医療の嘘を大暴露しています
医療利権にだまされず、必要な医療と不要な医療を見極めたい方の必読書です。

※電子書籍『まんがで簡単にわかる!医者が教える危険な医療~新・医学不要論([著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】ではまだ取り扱っていません。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『まんがで簡単にわかる!医者が教える危険な医療~新・医学不要論([著])』皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回は内海聡先生の漫画で簡単に分かる医者が教える危険な医療を解説していきたいと思いますいきなりですがみなさんはこんな話をご存知でしょうかアメリカ栄養研究所の創設者であるゲイリー塗る博士が発表した2004年の論文によると医療が原因で死亡するアメリカ人は約78万人それに対して心疾患で死亡する人は約69万人元は約55万人でしたつまり医療による死亡率が心疾患やがんよりも多いんですさらに塗る博士はアメリカの医学システムはアメリカ人の死亡の原因の第1位であると言っています病院ごとの患者数は減っておらずむしろ増大し続けておりますこれは医療技術の進歩や新薬の開発を考え L とこの事実には大きな矛盾を感じずにはいられませんまた巨大製薬会社や京大病院などの医療に携わる機関は患者に寄り添うより経済効率の追求に血道をあげておりますいったい誰のための有料なのか私たちはこの不条理な現実と向き合わなければいけないんだと筆者は言うんですさてでは私より今から不条理な現実に向き合っていくことにしましょうかそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で医学があって容器を作り出すという現実について2件で現代病と日本は長寿国であるという嘘について3件で苦しいアレルギーの原因とメカニズムについて予言で電磁波の脅威について解説していきたいと思いますではでは早速一見の医学が病気を作り出すという現実から解説を始めていくことにいたしましょうかさてまず筆者は病院は病気を治すところではないと主張するんですこういうといやいやお前さぁ病院は病気を治すためにあるに決まってんだろじゃあ何のためにあるんだよと思われる人がいらっしゃるかと思うんですしかし病院での治療は緊急性がある場合を除いてほとんどは患者の害にしかならないんですそしてもちろん病院で出される薬持っとくなんだと筆者は言うわけですその証拠に病院の先生も薬を処方する時に病状が落ち着いたら飲むのをやめてくださいと言うはずですそれは薬が基本的に体に悪いものであると医師が自覚しているからでございますですから当然風邪を引いた時だって風邪薬南天飲まない方がいいんです風邪薬には熱を下げたり咳や痰を抑えたりする効果がありますしかし風邪の時私たちの熱がアデルのはそもそも免疫細胞が活性化して体温を上げてウィルスと戦っている証拠なんですよつまり咳や痰は免疫細胞がウイルスと戦ってで松明を外に出そうとする体の仕組みなんですそうやって免疫細胞が頑張っているのに無理やり薬で熱を下げてしまうと免疫が活性化されるウイルスへの抵抗力が落ちてしまうんですそのため逆に風邪が長引くことだってあるんです薬は症状を単に抑えているだけでその間に体が回復して薬を飲んで治ったように感じるんです薬を飲んだら楽になるんだからいいじゃないかという人もいるかもしれませんがではあなたは薬の副作用について知っているのでしょうか薬の副作用について知った上で服用するならまだましなんですが何も考えずに薬が病気を治してくれるんだと妄信して薬をを飲むのは大変危険でございます例えば病気になった時抗生物質を処方された人もいるかと思うんですがこの抗生物質も腸内細菌を殺してしまうとして非常に体に悪いとされております抗生物質の悪影響に関する研究は多くて例えば2008年の実験ではたった一回の使用でも腸内細菌の1/3が知りそのダメージは半年を過ぎても回復しなかったという恐るべき事実がわかりました抗生物質でお腹を壊す人というのは多いんですがこれも腸内環境の悪化が原因の一つだと考えられているわけです最近では腸内細菌が大事であるなどと頻繁に言われておりますがこの腸内細菌に抗生物質というのは大ダメージを与えてしまうわけなんですねさらにですよイスラエルで起こった石のストライキは 職場環境への改善を訴えることは不自然ではございませんそしてイスラエルで石がストライキした結果驚くべきことが分かったんですストライキ中に診察された患者の数がなんと1/10になったにも関わらずですよ脂肪率が下がってしまったんです普通だったら石がストライキを起こしたら診察を受けられないからたくさんの人が死んでしまうと思いますよねしかし逆に死亡率が下がってしまったというわけでございますつまりほとんどの医療は必要がなかったというわけでありますストライキが終わって病院の運営が元に戻ると脂肪率も元に戻ってしまいましたではではここからはねさらに掘り下げて具体的な数字や調査結果をもとにして現代医学の実態について説明していきましょうかアメリカ医学ジャーナルに報告された調査結果によると病院を受診して医療を受けた14種類の一般的な病気や病状についてその74%は原因がわからなかったとされていますついで16%が臓器組織の形態的異常が原因のものそして残りの10%が心理的原因だとされているんですが筆者が常日頃精神医学や心理学のいい加減さについて発信している通り心理的という所見は診察した医師個人の主観に過ぎず本質的には何の原因を突き止められているわけではないんですつまり原因不明の74%と心理的原因の10%を合計すると85%近い割合の病気とやら症状とやら患者とやらが病気になった原因もさっぱりわからないままただ対症療法されているだけということなんですしかもその対症療法と穴が安全であるかどうかさえ全く担保されていないんです因果関係の証明も出来ていない様々な症状に病名をつけて治療しているだけでございます本質的に治すのではなくその場をしのぐということが現代医学の基本姿勢であり病院の実態なんですそしてこれは薬についても同じことが言えるんです根本的に治すことを目的として作られた薬がどれぐらいあると思いますが答えははっきり言ってほとんどゼロでございます先ほど風邪薬などで様々な副作用が出るということを申し上げましたが筆者自身はこのように副作用などというものが存在するとは考えていないそうですそれは副作用じゃなくてもともとそうなる物質なんですそのような危険な代物を医師に勧められるまま疑いもなく服用することをあなたはどう思いますかさてこのより筆者は単なる個人的な意見ではなく様々なデータを引用しながら数字から見えてくる現代医学のウソを暴き病院は病気を治すところではないと繰り返し視聴されているわけですそれではここら辺でちょっと1件をまとめておきますがポイント市病院は病気を治すところではない病院での治療は緊急性のある場合を除いてほとんどの患者は害にしかならないイスラエルで石がストライキした結果ストライキ中に診察された患者の数が1/10になったにも関わらず死亡率が下がったそしてストライキが終わり病院の上が元に戻ると脂肪率も元に戻ってしまったポイントに85%近い割合の病気が原因もさっぱり分からないままただ対症療法されているだけしかもその対症療法が安全であるかどうかさえ全く担保されていないさらに根本的に治すことを目的として作られた薬はほとんどゼロであるそれでは次に言で現代病と日本は長寿国であるという嘘について解説していきたいと思いますさて皆さんにまず質問があるんですね現代病という言葉があるとあなたは知っていたでしょうか現代病とは都市化産業館など過去には無かった現代の生活習慣や環境などに起因する様々な病気を指して用いられる言葉でございます例えばがん患者は昔から送り頂ければなくて特に20世紀後半から急増してきたんです20世紀1950年代といえばアメリカは経済的に黄金期を迎えていたんですねこの子大集合住宅テレビファーストフードなどあなたに大衆文化が花開き大量生産大量消費が始まっていましたそして日本にも大衆文化が入ってきて 病人ならないだけだという反論をよく筆者は耳にするそうですしかし野生動物でも長生きするものはたくさんいてそれでも癌の発生率は人間と比べて格段に少ないそうですまた昔のイヌイットには動脈硬化性疾患や癌にかかる人がほとんどいませんでしたその理由としては彼らがビタミンや EPA 微量元素などを多く含む良質のアザラシ肉を生で食べていたことが一番の要因ではないかと推測されているんですしかし彼らが現代文明社会の一員となって西洋的な食生活や住環境に囲まれるようになるとがんや動脈硬化性疾患が激増してしまったんですこれらの例が意味するものは世の中に蔓延する現代病というものの大半が人的社会によって作られた病気だということに他なりません私達はわざわざ不健康になるような生き方をしてしまっているんですこのように言うといやいやそうは言っても日本人の平均寿命は年々伸びており世界一の長寿国だと言われているじゃないかそう反応してくる人がいるかもしれませんしかし実は平均寿命の算出方法は世界各国まちまちで正確に比較された結果だとは言えないものなんですしかも厚生労働省は平均寿命が補正し仮定し期待した値であることを認めていますこれは言葉を変えるならば捏造ということでございます結局のところ平均寿命が延びた一番の要因は幼児死亡率が減ったからであって健康で長生きできるようになったんだぜと喜ぶような話ではないんですむしろカナダ政府などは現在の状況を隠す目隠しの役割を果たす平均寿命統計は廃止すべきだとまで言っているんですさらに高齢者への医療や介護の実態も平均寿命の嘘に一役買っているんですベッドに寝たきりでいるすなわち家と栄養や水分を送るために体外から差し込んだ中部や人工呼吸器などの延命治療によって生かされているだけの高齢者が日本には大勢いるんですがそういった方々の年齢も平均寿命の統計処理は含まれてしまっているんですこれでは平均寿命と健康寿命の差が大きくなるのは当たり前なんです今ちらっと平均寿命と健康寿命の差が大きくなると言いましたね今日本の平均寿命は世界一と言われており長生きできるのはありがたいことだと思っている人が多いかもしれませんしかし平均寿命とは別に健康寿命という概念があるんです健康寿命は健康でいられる年齢の平均で平均寿命はなくなる年齢でございます長生きだけれどもベッドに繋がれている人というのは多いですよね健康寿命と平均寿命の開きが大きいというのも日本の特徴なんです例えば男性は平均寿命が約79歳健康寿命が約2七十歳です女性は平均寿命が約86歳健康寿命は73歳でございます結構な開きがあるんですがこの開きが大きいというのが日本の特徴なんですそれでは2件の内容をここら辺でまとめておきましょうかポイント市現代病とは都市化産業館など過去にはなかった現代の生活習慣や環境などに起因する様々な病気を指して用いられる言葉である日本にも20世紀にアメリカから大衆文化が入ってきてそれまでの価値観や環境が大変化を起こし色々な病気に悩まされる人が増加するようになった野生動物を見てもイヌイットを見ても世の中に蔓延する現代病というものの大半が人的社会によって作られた病気だということがわかるポイントに平均寿命が延びた一番の要因は幼児死亡率が減ったからであり健康で長生きできるようになったと喜ぶような話ではないさらに高齢者への医療や介護の実態も平均寿命の嘘に一役買っている日本では平均寿命と健康寿命の差が大きいそれでは次3件で苦しいアレルギーの原因とメカニズムについて解説していきたいと思いますまず秘書は次のように言うんですアレルギーやアトピーは病気ではないと花粉症やアトピーは薬で治すものではないんだと現在日本では二人に一人が何かしらのアレルギーを持っていると言われています花粉症を含むアレルギー性鼻炎だったり喘息だった 言われるようになった花粉症に加えアトピー性皮膚炎も年々増加傾向にあります特に私達の身近にあるアレルギーの代表例の一つは花粉症でしょう毎年困っている人も多いと思うんですがそもそもくしゃみや鼻水は何のためにあるのかを考えたことがあるでしょうかそれはズバリ異物を外に出すためでございます体にとって有害な物質が入ってくれば体は掃除の一環として鼻水やくしゃみでそれを追い出そうとするわけですところが日本の医療はこれを抗ヒスタミン剤で何とかしようとしているんですヒスタミンは精神系への影響が非常に大きくてアレルギー薬を飲むと眠くなる人も多くいますアレルギー薬は眠気やふらつきが報告されていますが飲み続けると鬱や神経痛をもたらす恐れもあるんですさらにアトピーの治療でステロイド軟膏を使用しているという人もいるでしかしアトピーで使用されるステロイド軟膏は免疫を抑制する薬であるため副作用が生じるんですね使い続けていくうちに段々と効果がなくなってきてさらに強い薬が必要になりますしかも途中で止めると強力なリバウンドに見舞われますまた日本の皮膚科学会は認めておりませんがステロイドは根本的な炎症やかゆみの原因は直せず長時間使用するとステロイド依存の状態になってしまうんです筆者は乱暴な言い方かもしれませんが耳鼻科や眼科皮膚科などの病気に健康保険を適用する必要はないと言っていますなぜならこの領域で代表的な疾患であるアレルギー性鼻炎いわゆる花粉症や眼精疲労アトピー性疾患などに現代医学が治療に値するものなどひとつも無いと断言できるからでございますくしゃみや鼻水というのは砂丘音も言った通り体の正当な防御反応でありそれを薬で押さえ込むのはナンセンスとしか言いようがない行為なんですしかも抗ヒスタミン剤は精神薬とほとんど変わりませんそしてステロイドには先ほども述べた通り危険性や様々な副作用もあるので注意して欲しいんですこれらはアレルギーを治しているんじゃなくて感じさせなくしているだけであり長く使用していると余計にアレルギーを悪化させるだけなんです様々な社会毒に汚染された現在の状況ではある程度のアレルギーが出るのはむしろ当然と言えるでしょうしかしアレルギーを根本的に出にくくする方法というのはちゃんとあるんですそもそもなぜ人々は昔アレルギーになったというものがほとんど全て存在しなかったということを考慮しないんでしょうかなぜアレルギーを免疫の異常だと考えてしまうのでしょうかかつて花粉が飛び交っていた八代に花粉症などほとんど存在しなかったことをなぜ思い出さないのでしょうかもちろんアレルギーと呼ばれる症状が存在していないと言っているわけではないんですただアレルギーという考え方は常に何の解決ももたらさないんですアレルギーに代表される病気を自己免疫性疾患と呼びますが本質的には免疫が自己の細胞を攻撃しているわけではありません鼻水やくしゃみは花粉のために出ているわけじゃないんですここを理解できるかどうかが直せるかどうかの一つの鍵で化学物質過敏症の概念はそのことを端的に示しておりますしかし本来は化学物質にちゃんと反応できる体こそが正常であり化学物質を避けるだけではなくそもそもアレルギーとやらにならない肉体を作っていくべきなんですそれなのに人々は病状を抑えるだけの対症療法に明け暮れているんですではではアレルギーをちゃんとん直すと目には何をすれば良いのでしょうかアレルギーを治すための具体的な方法を7つ列挙します市社会毒括弧特に佐藤加藤先生穀類牛乳 GMO 添加物農薬などを徹底的に避けるに体に溜まっている使用精読やミネラル毒を徹底的に排出するさん良い栄養と良いエネルギーの食べ物を摂取する4肌に入ってくる毒すなわち経皮毒に注意を払いできる限り取り入れないようにする子生電気が多い生の服を着ないように意識したり高い電磁波を浴びないようにする6症状に対する捉え方を真逆にひっくり返すなら自分がアレルギーになっている結果や症状ではなく原因は何かを考えるようにする縦:7つを実行していただければ筆者はアレルギーを治すことができるといいますそして 6症状に対する捉え方を真逆にひっくり返す7自分がアレルギーになっている結果や症状ではなく原因は何かを考えるようにするそれではラスト予言で電磁波の脅威について解説していきたいと思います筆者は目に見えない体内変化をもたらする電磁波の脅威について本書で警告されていますまず気をつけて欲しいのが電子レンジでございますかつてロシアでは電子レンジの使用を禁止していましたしかし現在ではなぜか電子レンジの使用が OK になっておりますさらに付け加えると電子レンジで温めた時にプラスチックの容器が変形していることがありますよねそれは溶けたプラスチックを体に取り込む恐れがあるということでございますさらに IH クッキングヒーターも電磁波を出しますそして電磁波については慢性開くとして4ミリガウスが許容量の一つの基準と言われています万世被曝とは長時間による被曝のことでございます最近はガスよりも便利だから IH クッキングヒーターに切り替える人やそもそも新し目のマンションに住むとあらかじめ IH クッキングヒーターが設置されていることが多いです IH クッキングヒーターは1000ミリガウス近くの電磁波を出します特に IH クッキングヒーターは厚生労働省レスラー妊婦子様に対してだけは注意喚起を促している程ですので十分に警戒してほしいと思います昨今ではスマホの電磁波を危険視する声も多く聞こえますが一方でスマホや電子レンジの電磁波なんて気にしなくてもいいという意見もありますこれは正解と言うと語弊がありますが一面的にはこれも事実です電磁波が危険なことは間違いないんですがその危険性は電磁波を浴びている時間と距離によって大きく左右されるからでございます電子レンジの電磁波を浴びるのは短時間で寿司それほど至近距離で問題でしょうスマホの電磁波が脳に影響を与えるのも長時間通話している人の場合ですもっと大きな影響が出るものをほとんどの人は見逃しているんですね例えばホットカーペットは至近距離で電磁波を浴びしかも長時間使用しています電気毛布も高い電磁波を身体にまとって長時間浴びていますスマホや携帯電話はイヤホンやテレビ電話機能を利用するのも良いでしょう長時間の通話をする人でない限り火をつけるべきなのは通話よりも床にスマホを置いているかでございます寝ている時にあなたはベッドの近くで充電していたりしませんか外出時にズボンの前ポケットに入れていませんかもし行っている人がいたら今すぐやめていただきたいと思いますそして使っていない時は機内モードにして送ったければ電磁波はずいぶん下がります現代社会で電化製品を完全に排除して生活するのは難しいでしょう筆者も実際に様々な添加製品を日常的に使っておられるそうですかと言って無頓着でいいはずはないんです電磁波の危険性を知っているだけでも対応はずいぶんと変わってくるんですよく使う電気器具にはアースをつける電源アダプターは電磁波が強いのでできるだけ離れて使う蛍光灯の真下には長時間いないなどなどで皺は電気製品から距離をとることが重要で離れると急速に被爆数値が下がるという特徴を有しています電気代を節約するのと同じように電気器具は少し離れて使うように心がけておくということも大事なんだと覚えておいて損はありませんそれではこの辺で予言をまとめておきますかポイント1目に見えない電磁波の脅威に注意しよう電子レンジ IH クッキングヒータースマホホットカーペット電気毛布などに注意しようポイントに電気器具にはアースをつける電源アダプターは電磁波が強いのでできるだけ離れて使う蛍光灯の真下には長時間いない電気器具は少し離れて使うように心掛けることも重要であるそれでは本日のハイライトに参りましょうか今日は4ポイントを解説しました1件で医学書病気を作り出すという現実に件で現代病と日本は朝食後であるという嘘について3件で苦しいアレルギーの原因とメカニズムそしてそれを治す方法についても解説させてもらいましたそして予言で電磁波の基本について解説しましたさて皆様いかがでしたでしょうか今回の話を聞いて少し怖くなってしまった人もいるかもしれませんそこで最後に私たち一人ひとりができることを紹介して終わりにしたいと思います筆者は 毒を減らすことが重要でございますですから筆者は1日2食か1食にしてくださいと言っています1日2食会食にすると強制的にね入ってくると口を減らすことができますそして筆者はデトックスの方法として低温サウナを一番オススメされています一般的なサウナだと体から水分しか会ってないのと長く入れませんから低温サウナがおすすめでございますじっくりと汗を出すことで脂肪にたまった毒素だけではなく体に溜まった有害金属や放射性物質の排出にも効果的でございますさらに低温サウナはデトックス以外にも血流の促進や免疫力アップなどの効果が期待出来ますまた岩盤浴や陶板浴やホットヨガよもぎ蒸しなども毒素の排出に有効でこれらは自律神経も整えてくれますここで紹介した低温サウナなど乗ってる特殊方法は例えるならば濡れたタオルを絞っているようなものですタオルに含まれている汚い水を絞り出しているのと同じですから無理は禁物です体調と相談しながら行なってくださいそしてデトックスした後に健康的な食事を取りましょう先ほどのタオルの例え話で言うと汚い水を絞り出した後にきれいな水を吸収させることが大事なんですいくら良いものを食べていてもデトックスを行わないと栄養が体中に行き渡りませんまたその逆もしかりでございますさてそろそろ動画が長くなってきたのでこの辺で終わりにしたいと思いますがまだね実は紹介したいポイントもあったのでこの動画を見て興味を持たれた方は本書を手にとって一度読んでみることをお勧めいたしますこの動画が皆様の健康リテラシーを上げるきっかけとなれたら私はとても嬉しく思います本日は以上になりますこの動画がためになったという方は私のやる気 UP とさらなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞよろしくお願い申し上げますまた新しく論文から私たちの生活を豊かにしてくれる情報を引き出し分かりやすく解説するという論文解説チャンネルもいやっておりますので興味のある方は概要欄のリンクから訪れてみてくださいそれでは本日は長々とご清聴ありがとうございました
おすすめの記事