【VODで読める電子書籍】『コロナの感染も重症化も自力で防ぐ最高の免疫増強法(光山 冬樹[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

新型変異株による感染再拡大、ブレイクスルー感染、重症化、後遺症の脅威を回避のためのメソッドを初公開!

医師であり、免疫細胞の働きを知り尽くす細胞生物学研究者でもある著者が解説します。

体を温めて脂肪を減らす食事や、サプリメント、マッサージ、運動等、ふだんの生活をほんの少し変えるだけで、誰でも簡単にできる、新型コロナウイルス感染症への新対策法です。

実践することで、ウイルスの「掃除屋さん」である免疫細胞が、最大限に動けるようになり、ウイルスや病気を撃退、全身の免疫機能は、ぐんぐん上がります。

新型コロナウイルスの感染、発症、重症化、後遺症予防に必見! 新型の変異株や増加が予想されるブレイクスルー感染対策にも期待できます。

また、新型コロナウイルス感染症だけでなく、細菌性感染症、肺炎、動脈硬化、脳梗塞、狭心症、脊柱管狭窄症など、あらゆる病気の自己治癒力アップに必携の1冊です。

※電子書籍『コロナの感染も重症化も自力で防ぐ最高の免疫増強法(光山 冬樹[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『コロナの感染も重症化も自力で防ぐ最高の免疫増強法(光山 冬樹[著])』皆さんどうもこんにちは本要約チャンネル農業です本日ご紹介する本は三つやまふゆき先生のコロナの感染も重症化も自分で防ぐ最高の免疫増強方ですほんその中から本日ご紹介する内容は以下の三つですダイソー体を温めるだけで免疫力がアップする科学的な理由第2章医者に頼らず自分で病気を治すための五つの習慣第3章肥満を解消してウイルスに打ち勝つためのたったひとつの方法現在日本では新型コロナウイルスのオミクロン度が代流行しています最近ではオミクロンの開け戸 PA 2が日本でも発見され今後のさらなる感染拡大が懸念されていますよねしかし新型コロナウイルス感染は適切な生活習慣によって自力で防ぐことができるんです本当では体を温めて脂肪を減らす食事法や自宅でできるマッサージ運動といった誰もが簡単に実践できる新型コロナウイルス感染症の対策法が多数紹介されていますこの動画を見ることでウイルスの掃除屋さんである免疫細胞がその力を最大限に発揮できるようになり全身の免疫機能はぐんぐん上昇していくことでしょう是非最後まで見ていてくださいそれではさっそく参りましょう第1章体を温めるだけで免疫力がアップする科学的な理由まず最初に新型コロナウイルスなどの病原体が私たちの体内に侵入してきた時免疫細胞がどのように働いているのかをおさらいしておきましょう私たちの体の免疫機構は大きく自然免疫と獲得名駅の二つに分けることができます自然免疫とはマクロファージやナチュラルキラー細胞好中球といった免疫細胞が体内に侵入してきたウイルスを直接攻撃して死滅させるものですこの自然免疫はウイルスに感染した初期から働きます一方の獲得免疫はウイルスに感染されてしまった細胞は細胞傷害性 T 細胞が直接排除する細胞性免疫と抗体が関与する液性免疫に分けることができます校舎の液性免疫はウイルスの情報を受け取った抗体産生細胞が抗体を作り出しその抗体がミサイルのようにウイルスを撃退する免疫機構のことですウイルスの感染から10日ほどで十分な量の抗体ができて働き始めますので液性免疫発動のためには時間が必要ですこれらをふまえ私たちが実際新型コロナウイルスに感染した際の免疫の流れをシミュレーションしてみましょう体内にウイルスが入ってくるとまずは自然免疫が発動しますマクロファージアンナチュラルキラー細胞好中球といった免疫細胞がウイルスの元に駆けつけてウイルスを食べて消化し殺しますこの時免疫細胞の一つであるマクロファージは自分が食べたウイルスの情報をヘルパー T 細胞に伝えますヘルパー T 細胞とは免疫機能の調整役を務めるいわば免疫の司令塔ですマクロファージから外的の情報を受け取ったヘルパー T 細胞は抗体産生細胞にそのウイルスに対応する抗体を作るよう指令を出しますするとウイルスの情報を受け取った抗体産生細胞は細胞分裂を繰り返しながらそのウイルスだけに特異的な抗体を作り出していきます10日程で交代が出来上がるとそれが血液によって運ばれウイルスの表面に存在するスパイクという突起に付着しますこのように抗体が血液を介して運ばれることから交代による獲得免疫乙訓液性免疫党寄ります抗体がウイルスのスパイクに付着するとウイルスは私たちの細胞に侵入できなくなるんですウイルスは細胞内に自生することでしか生き延びることができません逆に細胞に侵入できなければ長くても23日で死滅してしまうんですこのように私たちの身体は自然免疫と獲得免疫という二重のバリアで守られていますところで私たちの細胞の中には動く細胞と動かない細胞が存在しています中でも動く細胞は人間が生きていく上では欠かせない大変重要な役割を多くになっています例えば怪我をして皮膚に傷 欠かせないコラーゲンやエラスチンヒアルロン酸といった物質を作っています全員が細胞は運動する細胞として有名です皮膚に傷がつくとそのうち頭口を塞いでくっつけるために線維芽細胞が傷の真ん中へと移動しますそして傷口に集まった線維芽細胞は肉の塊である肉芽を形成し傷を塞いで直してくれるんですこれは傷口に移動することができる運動細胞ならではの働きと言えますそして自然免疫の要となる免疫細胞はほとんどすべてが活発に動く運動細胞です例えば自然細胞で活躍するマクロファージ好中球ナチュラルキラー細胞といった免疫細胞は体内に侵入したウイルスを直接攻撃するためにウイルスの居場所まで移動しなければなりませんそのためコレラ免疫細胞がいつ何時ウイルスとインタビュー減退に侵入されてもいいようにしっかりと動ける状態でいる必要があるんです医師であり著名な細胞生物学者でもある著者の光山先生馬理化学研究所で研究していた頃細胞の運動のしくみにまつわる大きな発見をしましたそれは免疫細胞を含む多くの細胞の運動は体温を上げ体内の脂肪や血液中の酸化 LDL コレステロールを下げることで増強するというものです免疫細胞の動きが活発になればウイルスが体内に侵入した際に現場に素早く駆けつけてやっつけることができますよねつまり体温を上げて ldlコレステロールを下げることはウイルスを直接駆逐する自然免疫の働きを強化し免疫力を上げることに他ならないんです免疫細胞をはじめとした動く細胞は微小管モータータンパクというメカニズムによって体中を動きわっていますこのメカニズムは自動車のようなもので微小管が身体全体に張り巡らされた道路モータータンパクは個々の細胞が持つ車輪やエンジンであると考えるとわかりやすいでしょう微小管タンパクによる一連の細胞の運動は試験管内の実験でも再現することができますと車が行ったある実験を見てみましょう高回転の遠心分離機を用いて検体から微小管とモータータンパクのみを分離し温度を37°に位置して細胞のエネルギー源である ATP を加えました出ると微小管の上をモータータンパクが走りはじめるのを確認できましたところが温度を1度下げたところモータータンパクの動きがたちまち急死してしまったんですこれはモータータンパクが低温に弱い性質があるため温度が下がると動かなくなり細胞運動が止まってしまったことを意味しています実はモータータンパクのみならず道路の役割を担う微小管の方も同様に低音に弱く温度が下がると途端に分解して消滅してしまうことが知られていますこの低音によって微小管モータータンパクが動かなくなってしまうという事実は当然動く細胞の一種である免疫細胞にも当てはまるんですウイルスをはじめとした病原体の掃除屋さんであるマクロファージが動かなくなれば外敵を直接やっつける自然免疫が低下してしまいますよねさらにはマクロファージからの情報によってヘルパー T 細胞が活性化して発動する獲得免疫の方も働かなくなってしまいますつまりですね低音というのは私たちの体の免疫機構全体を脆弱にしウイルスや病気に抵抗する免疫力を低下させてしまうんです夏場は元気なのに冬場の急に冷え込んだ時期に手を引いてしまうこういった方は多いのではないでしょうか風邪はコロナウイルスをはじめとする様々な種類のウイルス感染によって起こります風邪の原因となるウイルスは現在知られているだけでもおよそ200種類存在し今まで一度もかかったことのないウイルスに感染することで風邪の症状が出ると考えられています冒頭でお話しした通り一緒幹線では抗体の産生に10日ほどかかるため風を防ぐことができるのは理論上自然免疫のみとなりますこのように免疫細胞の力だけで自分の体を守らなければいけない時期に体を冷やしてしまうとどうなるのでしょうか細胞の運動を司る美粧館やモータータンパクが動かなくなってしまって免疫細胞が十分に働けなくなってしまうんです結果的に免疫細胞だよりの自然免疫が大幅に低下風邪ウイルスに感染してしまいます新型コロナ さてこの辺りで対象をまとめておきましょうポイント1ウィルスなどの外敵を直接攻撃する免疫細胞は微小管モータータンパクというメカニズムによって体内大移動するポイントに微小管モータータンパクによる細胞の運動は体温を上げ体内の脂肪や血液中の酸化 LDL コレステロールを下げることで増強するポイント3新型コロナウイルスをはじめとする様々な外的から身を守るためには体温を上げて微小管モータータンパクを活性化し免疫細胞を活発に動かす必要がある第2章医者に頼らず自分で病気を治すための五つの習慣皆さんはマクロビオティックという食事療法をご存知でしょうかマクロビオティックは体を温めることを目的とした日本初の玄米菜食でアメリカではトムクルーズマドンナが取り入れている食事療法として有名ですアクロバティックは体を温めるだけでなく体内に脂肪がたまるのを防ぎ結果的に血液中の酸化 LDL コレステロールを減らしてくれますこれによって免疫細胞が活性化し結果的に免疫力アップにつながることからマクロビオティックは新型コロナウイルスの感染予防や抽象化予防に役立つと言われているんですマクロビオティックでは様々な食品が体を冷やす食品陰性と体を温める食品要請に分けられています免疫力アップのためには体を冷やす食品はなるべく控えて体を温める食品を積極的に摂ることが重要です体を冷やす陰性の食品には白砂糖やアルコール清涼飲料水などの冷たい飲み物を水夏野菜生野菜なの果物などがありま逆に体を温めてくれる妖精の食品には味噌や醤油天然園根菜類海藻類穀物発酵食品温野菜温果物などがありますここで注意しなければならないのがあくまで大事なのはバランスであるということです体を冷やす食品をするとそれを全く食べなくなる人がいますがあまりに極端に避け続けるとかえって体が硬くなって血流が悪くなり結果的に体温が下がって免疫力が低下してしまいますそのような事態を避けるためには陰性の食品をうまく調理して要請に変化させることが大切です例えば本来は体を冷やす夏野菜であってもスープや煮物などの温野菜にすれば体を温める陽性の食品に変わります果物は生で食べると陰性が強いので少量にとどめておきたいところですが逆にリンゴの煮物などの御果物は体を温めますので免疫力アップに効果的なんですこのように陰性の食べ物でも食べ方次第で変わっていきますので体を冷やさない程度に少しずつ取り入れていくといいでしょうまたマクロビオティックでは調理の際になるべく電化製品を使わずガス火でコトコトと加熱するのがより体が温まって良いとされていますそこで皆さんに特におすすめのメニューが煮干し出汁の純和風野菜スープです余談ですが私は本書を読んでから普段の食事にこれを取り入れるようになりました体が温まり体内の余分な脂肪やダイオキシンをたくさん輩出してくれるためとてもおすすめです作り方はとても簡単内臓を取り除いた煮干しで出汁をとり大根や白菜キャベツといったお好みの国産野菜をじっくり煮込んで醤油や味噌で味よう整えるだけたったこれだけです防腐剤が入っていないさつまダイヤはんぺんなどを入れるとより一層美味しくなりますだしの煮干しはカルシウム源として取り除かずにそのまま食べるようにしています調味料の味噌や醤油は摂りすぎなければ体を温める作用がありますいずれも国産大豆で作られたものを使うと安心ですできればこの野菜スープを毎日一口50回程度をよく噛んでたっぷり食べるのがおすすめです続いて飲み物についてですまず第一に清涼飲料水は NG ですジュースやスポーツドリンクには大量の砂糖が含まれていますよねそれらがいいから吸収されて血糖値が急上昇血管壁を傷つけたり腎臓に負担をかけたりしますその結果高血糖のリスクが高まってしまうんですまた生成された白砂糖は陰性の食品であり 水を取るよう勧められることがありますもちろん血栓の予防のために脱水を防ぐことは大切ですですが水分補給をするなら水よりも温かいお茶を飲むことをお勧めいたします冷たい水は非常に体を冷やしてしまいますのでなるべく控えるようにしましょうまた大量の水を飲むことは体を冷やすだけでなく腎臓の負担にもなりますので要注意ですマクロビオティックではコーヒーの代わりにたんぽぽコーヒーというものもよく飲まれていますたんぽぽコーヒーはタンポポの根を乾燥していったもので確認ですね副作用が無く身体をしっかりと温めてくれますとても良い香りで美味しいですのでぜひ試してみてくださいさてここからはマクロビオティックに加えて実践すべき免疫力をアップするための四つの生活習慣について簡単に要約しておきたいと思います一つ目は抗酸化物質のサプリメントです抗酸化物質とはビタミン c やビタミン e セレニウムベータカロチンリコピンルテインといった細胞の老化を予防したり遅らせたりしてくれる物質のことです抗酸化物質のサプリメントを飲むと ldlコレステロールの酸化を抑えることができアクロサージが適切に動き出すため免疫力が向上することが知られています白内障や脳梗塞心筋梗塞狭心症にも効果があると考えられています著者が特におすすめしているのが米ぬかを麹菌で発酵させた米麹菌の抗酸化物質ですまた酒に多く含まれているアスタキサンチンという成分も免疫力アップには効果的なんです朝鮮ニンジンやローヤルゼリーも肺炎をはじめとした様々な感染症に効果があるとされています特に朝鮮*参は摂取することで体が温まり免疫力が上がるという論文が多数ありにも良いとされています朝鮮*参はサプリメントだけでなく若くて細い人参を顆粒状にした人参茶として飲むのもおすすめです温かいお茶にして飲めばさらに効果的と言えます他には梅肉エキスこれもいいでしょう梅肉エキスは青梅の果肉を数時間入ったもので腸の調子を良くしてくれるほか殺菌作用もあると考えられています1日に小さじ1/4だけでも十分な効果が期待できます梅干しが好きな人はぜひぜひ試してみてください免疫力を上げてくれる生活習慣の二つ目が腎臓マッサージです心臓ではありません腎臓マッサージです著者によれば免疫機能にとって最重要の臓器は胃腸と腎臓です銀杏は直接食べ物が届く場所ですので先のマクロビオティックが効果的ですが腎臓には直接食べ物が届きませんそこで登場するのが腎臓マッサージです腎臓はウエストのくびれのすぐ上の背中側にありますウエストのくびれの高さに左右の腎臓の方があるようなイメージですこの部分を手のひらで上から下へと摩り下ろしたり拳でトントンと軽く叩くだけで腎機能が上がることが知られていますこれは気候の手法の一つで免疫力アップが期待できると言われているんですまた腎臓に負担がかかっている時は腰に痛みが出やすいものですが腎臓をさすったり叩いたりすることで腰痛も楽になります痛みがある場合は1日に1回程度をさすったりいただいたりするといいでしょう免疫力アップのための習慣見つめそれは運動です運動といっても筋トレのようなキツイ運動を無理してやる必要はないので安心してくださいあくまでラジオ体操といった軽い運動だけで十分な免疫力アップが期待できるんです著者は運動は新型コロナウイルスの感染予防重症化予防に必須であるといいます運動時の汗はダイオキシンなどの毒素を排出してくれますまた運動には LDL コレステロールや中性脂肪といった脂肪を燃焼し血液中の脂肪を減らしてくれる効果もありますさらにある程度を脈拍が高い状態で有酸素運動を15分以上続けることで血圧を下げてくれる生体物質が分泌されることもわかっていますただしランニングといった激しい運動をする必要はありませんむしろランニングのような運動は活性酸素が増えたり膝や腰を痛めやすいというわけであまりお勧めできないと著者は言います1日に20分程度でいいので歩いたりその場で足踏みをしたりラジオ体操をしたりするだけでも十分な新型コロナウイルス対策になるんですさて免疫力を上げるための習慣の最後が多い 回行うと血流量や体温が上昇したったこれだけの治療で胃腸の調子が良くなったり歯の痛みが治ったりします傷や火傷なども早く治りますので一家に一台あると大変便利です是非余裕がある方は購入を検討してみてくださいさてそれではこの辺りで第2章をまとめておきましょうポイント市マクロビオティックを実践し体を温める陽性の食品を積極的に摂取することで体温を上げて免疫力をアップすることができるポイントに体を温めてくれる妖精の食品には味噌や醤油天然根菜類海藻類穀物発酵食品温野菜温貨物などがあるこれら以外の陰性の食品も調理法次第では体を温める食べ物に変えることができるポイント3免疫力アップのためにマクロビオティックと合わせて実践したい生活習慣として抗酸化物質のサプリメント腎臓マッサージ運動交流磁気治療がある第3章肥満を解消してウイルスに打ち勝つためのたったひとつの方法さてここまでで免疫力アップのためには体を温めることが大事であることそして具体的な体の温め方についてお話ししていきましたこの動画の最後となる本書では体を温めるのと同じくらい大切な単価 ldlコレステロールを下げる方法について要約して参りたいと思います免疫細胞の一種であるマクロファージはウイルスをはじめとする体内の異物を食べて消化する働きから第五食細胞とも呼ばれますそんなマクロファージはウイルスだけでなく血液や血管内に余分に溜まった脂肪も食べて取り除いてくれるんですところが脂質の多い食べ物を教え頃から食べ過ぎたり運動不足で体脂肪が増えたりして血液内の脂肪特に参加した LD DL コレステロールが増えてしまうとどうなるでしょうかそうなるとマクロファージが大量の参加 ldlコレステロールを処理すべき脂肪を食べて食べて食べ続けることになってしまいます私たち自身が食べ過ぎた後胃もたれで体調を壊すのと同じように酸化 LDL コレステロールを食べ続けたマクロファージは機能が低下して結果的に免疫力が下がってしまうんですところで動脈硬化は私たちの血管の内側に ldlコレステロールが溜まることによって起こるとされていますこのように血管壁にできた脂肪の塊をプラークと言いますこのプラークを肉眼や普通の顕微鏡で観察すると血管に白く黄色っぽい脂肪の塊が沈着しているように見えますさらにこれを普通の顕微鏡より解像度の高い電子顕微鏡で見ると大量の酸化 LDL コレステロールを食べてパンパンに大きく膨らんで動けなくなったマクロファージが集まっているのが観察できますつまり動脈硬化の原因となるプラークの正体は大量の酸化 LDL コレステロールを食べ過ぎて動けなくなったマクロファージナンデスオンラインマクロファージは血液や血管に詰まりかけた短歌 ldlコレステロールを食べて処理し動脈硬化を起こさないようにしてくれていますしかし脂肪の量が多すぎるとマクロファージが食べ過ぎて身動きできなくなり帰ってそれが血管壁の内側に溜まり動脈硬化を引き起こすリスクとなってしまうんです動脈硬化を起こすと脳梗塞や心筋梗塞といった自主的な病気のリスクが格段に上がってしまいますさらに自然免疫の主役であるマクロファージが動けなくなることで体内にウイルスなどの異物が侵入した際の対応ができなくなり免疫機能が著しく下がってしまいますマクロファージをしっかり働かせてウイルスを撃退するには脂肪を減らし血液中の酸化 LDL コレステロールを下げる必要があるんです新型コロナウイルスの重症化のリスク因子の一つに糖尿病などの基礎疾患がある人が挙げられていますこのような基礎疾患のなかには当選しまんも含まれます肥満の人は体内や血中の脂肪特に酸化 LDL コレステロールが増えているケースが多く先にご説明しましたメカニズムによってマクロファージの機能が低下免疫力が下がっているんですこれが肥満が新型コロナウイルス感染重症化のリスクとなる所以です特に幹線直後は免疫細胞による自然免疫だけでウイルスに対抗する必要があるためウイルスの掃除屋さんであるマクロファージの働きがますます重要になります3回 ldlコレステロールを低く保つことの重要性がお分かりいただけたことでしょうさてそれではすでに 減らすためには何よりも食事療法が重要です体を温めて免疫力を高めてくれる食事法マクロビオティックは肉や牛乳卵を取らない菜食中心の食事法です参加 ldlコレステロールを減らすには脂っこい肉や卵チーズバター牛乳揚げ物といった動物性脂肪を下げる必要があるため特に肥満の方にとってはマクロビオティックがぴったりの食事法と言えます肉食を控えることで添加物をはじめとする毒素の摂取を避けることができるほか血液中の脂肪を減らして血液をサラサラにすることもできるんですその他に控えたいものは食品添加物などの毒素です防腐剤のソルビン酸カリウムやポリリジン発色剤のあ硝酸ナトリウムが入った加工食品は控えるようにしましょうまた参加 ldlコレステロールを下げるためには食事の時間を工夫することも大切です私子たち人間は食べ物の消化吸収が終わるまでにおよそ4時間から5時間かかります中心山陽時間前に食事を摂ると寝ている間に九州のピークが来て大量のエネルギーが余ってしまい余ったエネルギーが全て中性脂肪として内臓や血管にたまりますこの中性脂肪が脂肪代謝を悪化させて血液中の LDL コレステロールを増やしてしまうんですそのため夕食は就寝5時間以上前の夕方に軽めに済ませて以後は一切食べないようにしましょうまた病気の療養中も昼夜を問わず横になる前は食事の量を控えめにし中性脂肪や LDL コレステロールをためないことが重要ですさあ色々と言ってきましたがポイントをまとめて第3章の終わりどうしましょうポイント市マクロファージは本来であれば血中の ldlコレステロールを食事してくれるはずだがあまりに ldlコレステロールるが多すぎると満腹のマクロファージが血管壁に滞留し帰ってそれが動脈硬化の原因となってしまうポイントに肥満が新型コロナウイルス感染重症化のリスク因子であるのは全身のマクロファージが参加 ldlコレステロールの処理で手一杯になり結果的に免疫力が低下してしまうためであるポイントさん参加 ldlコレステロールを減らすためには肉食を控えたマクロビオティックの食事を心がけ食事は就寝の5時間以上前に摂るようにすると良いいかがだったでしょうか情報が大量でなかなか難しいかもしれませんが何回も何回も見直してしっかりと覚えてください新型コロナウイルス感染症に対する治療法が未だ確立されていない以上私たちは自分の身は自分で守らなければなりません本日ご紹介した他にも本当には免疫力を上げてウイルスに打ち勝つために必要な重要な情報が森田3紹介されていますこの動画を見て興味を持たれた方はぜひ本書を実際に買って読んでみてくださいここまで仲良くご清聴ありがとうございました今日の動画良かったよという方ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチポチとお願いいたします私たちは本要約チャンネルの他にも質問チャンネルだったり残酷すぎる資本主義の真実というチャンネルも更新しております是非興味がある方はそちらも見てみてくださいねということでそれではまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますさよならさよならさよなら
おすすめの記事