【VODで読める電子書籍】『もしも一年後、この世にいないとしたら。(清水研[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,078 (2022/05/19 13:59:27時点 楽天市場調べ-詳細)
国立がん研究センターで、
がん患者さん3500人以上の方の話を聞いてきた精神科医が伝えたい
死ぬときに後悔しない生き方

今、生きづらさを感じているすべての人へ

人生の締切を意識すると、明日が変わる。

「もしも1年後、この世にいないとしたら――」
そう想像したとき、今やろうとしていることを変わらずに続けますか。
それとももっと別のやりたいことをやりますか。

がん告知後にうつ状態になる人の割合は5人に1人、
がん告知後1年以内の自殺率は、一般人口の24倍。

「告知後のショックは計り知れない大きさですが、
それをきっかけに、残された時間を前よりも自分らしく生きるように変わっていく方が多くいらっしゃいます。
そんな方々のお話を伺う中で、逆に医師である私が人生について教えてもらうことが山ほどありました」

※電子書籍『もしも一年後、この世にいないとしたら。(清水研[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『もしも一年後、この世にいないとしたら。(清水研[著])』自分の人生がいつ終わりを迎えるのかは誰にもわからないだからこそ今生きている瞬間をかけがえのないものとして大切にしてほしい皆さんどうもこんにちは本要約チャンネル納涼です本日ご紹介する本は精神科医清水健先生のもしも一年後この世にいないとしたらですあなたは自分が本当にしたいことを自分にとって大切なことを先延ばしにしていませんか自分の子言ってがいつ終わるかなんて誰にももちろん自分自身にもわからないそれなのにこれまで運よく生きてこられたから明日もきっと生きていけるだろうなんて漠然と考えて生きていませんでしょうか現代人が長生きするようになったこと自体はもちろん喜ばしいことなんですが一方で弊害もあるような気がします確かに医療技術の発展により私たちは長く生きることができるようになりましたですがそれと同時に塩を忘れてしまったのかもしれませんちは誰の人生にも必ず存在しますしかし多くの人にとって子はいつか自分に訪れるということは頭ではわかっていても実感はしていないのかもしれません自分の子はまだまだ考える必要がない先のことで今日と同じような明日や明後日が当然のようにやってくるだからまだいいやそんなふうに考えて自分にとって絶対にやりたいことがあったとしても明日やればいいやそのうちやろうこの仕事が一段落したらやろう定年後の楽しみに取っておこうと先延ばしにしてしまっているんですまた自分では変わりたいと思っても周囲からの期待や責任に絡め取られむないさを感じながらも今と同じ日々を続けてしまっているという人も多いでしょうこのままでいいのだろうかそう思いながら生き続ける日々に嫌気がさしているという人も少なくないかもしれませんそんなあなたに本書はまさにぶっ刺さります著者は精神腫瘍学というがんと心に関する学問を専門とする精神科医であり癌に罹患された方とそのご家族の心のケアを担当している先生ですそんな先生がこれまで3500人以上の患者さんとしてそのご家族の話を聞き教えていただいたことを学んだことをまとめてくれた一冊それがこの本なんです著者は死と向き合った人の語りには何か普遍的な意味を持つような大いなる力があると語ります本日の動画と本書でその普遍的な考えを学びあなたの人生がより納得のいく人生に近づくことを願っていますさてちょっと前置きが長くなりましたがそんな本書から本日ご紹介する内容は以下の三つです大将負の感情にも意味がある際に松壁にぶつかった時に生じる五つの心の変化第3章バストの自分から自由になれる方法どれもとても大切な内容です是非最後まで見ていてくださいそれではさっそく参りましょう第1章風の感情にも意味がある最初に癌という病気についてご説明しておきましょう皆さんは人が癌になる可能性がどのくらいかご存知でしょうか最新の統計では生涯において癌になる確率は男性では62%女性では47%と報告されていますこれだけ多くの人が癌になるということはもし自分が癌にならなかったとしても自分の家族が癌を体験するかもしれませんし大切な友人が癌になるかもしれませんそう考えると元は全ての人にとって他人事ではない病気と言えるでしょうただ近年では治療が進歩し特に早期の場合かなりの確率で癌は完治が見込める時代になりましたしかしこんちが見込めるとはいっても罹患した元が確実に治るという絶対的な保証はありませんですので治療が終わった後でも再発しないだろうかという不安を抱え続けることになりますこの癌という病気は嫌が応でも人に死を意識させその形が罹患された癌の特徴にもよりますが様々なストレスをもたらします治療による心理的苦痛はもちろんがんの部位によっては大切な機能を失う経験をしますし社会的な役割が変化してしまうこともありますアイデンティティを失うというケーキ 必死に取り組んできた人が抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け一気に老け込んでしまう一口に団体犬といっても本当に様々で百人百通りの捉え方苦しみがありますそしてこのような苦しみに向き合うことで一部の形が精神的に追い詰められてしまうことは想像に難くないと思いますがこの研究では癌告知5にうつ状態になられる方の割合は5人に一人という報告がありますし癌告知51年以内の自殺率は一般人口の24倍というデータもありますそんな癌に罹患し日々厳しい状況に向き合っている方々の言葉には重みがあります死を意識し厳しい治療を体験する中でその人が深く考えたこと感じたことは一つ一つに説得力があるんです私たちが知るべき普遍的な学びがあるんです私たちは健康である時自分が病気になることを想像もせずに暮らしていますそこに訪れる唐突な癌告知癌告知直後は思考停止になったり病気になったことから目を背ける方向に心が動く人が多いですですが何癌と正面から向き合うことになります元になったという事実は変えることができないんだという諦めは絶望のような感覚が生まれて行きますその時その瞬間絶望の裏側では現実と向き合っていくプロセスが始まります大きな恐れや悲しみから泣きわめいてしまう人もいますですがそのような姿の奥にこそ大きな喪失と必死に向き合おうとしている力強さがあるんですこのような様々な喪失を認め新たな現実と向き合う力をレジリエンスと言いますレジリエンスとは日本語で言うと元に戻ることを表すています元々は物理学の用語ですが心理学の世界でも使われるようになり柳のようなイメージの心のあり方を示すようになりました柳は風に吹かれるとたわんで形を変えますが風が止むと元に戻りますここに人生における大きなヒントがあるんです多くの人は衝撃的な出来事に打ちのめされても時間と共に柳のようにしなやかに立ち上がってくる力を持っているこのことを知っているかどうかでこれから先人生において辛いことに勅命した時の対応が変わってきますさらに著者が多くの患者さんの病気と向き合う過程を知るにつれて驚いたことは苦難を経験することで病気になる前とは異なる新たな世界観を見つけることだそうです心理学の領域ではこのことを心的外傷後成長と言います心的外傷後成長はその人があるがままに病気と向き合うプロセスの中で自然に生じるものであり自分では自覚しにくいものですですから苦しいことがあった時に悲しみを経て成長しなければならないとは思わないようにしてください苦難との正しい向き合い方というものはありませんし百人百通りの向き合い方がありますただしつらい出来事に出会った時悲しみにくれる気持ちいい怒りに震える気持ちいいこういった気持ちを押し込める必要はないんだということは覚えておいてほしいですむしろこれらの負の感情にも重要な意味がありますですので心に蓋をしないことが何より大切なんです圧倒的な現実の前に茫然自失になるこれも仕方がないことです悔しさが溢れ果てしない悲しみが湧いてくることもあるでしょうこの時にしたり悲しんでしっかり落ち込むこと自分の心に素直になることを心がけてください悲しくて苦しい気持ちが溢れそうになっているのにこんなことはたいしたことではないと自分に言い聞かせ表面的には平静を装う人もいますよねしかし辛い気持ちを押し込めてもそれは決してなくなるわけではなく心の奥底でくすぶり続けてしまうだけなんです自分の心のメッセージを信じなき叫びたがっている心を自由にしても大丈夫だと自分に言い聞かせ悲しみや苦しみと正面から向き合うようにしましょうただそうは言っても向き合う事すら難しい自分にとって大きすぎる悲しみや苦しみもあると思いますチョクメンしても現実感がなさすぎて他人事に思えたり非現実的に感じるほどの悲しみもありますがん告知もそのひとつですインゲンは想定を遥かに超える衝撃的な出来事に出会うと心の機能が 抜けた事実を認識すると次に激しい怒りや悲しみといった感情が出てきます悲しみはもちろん怒りという感情も不公平だとか理不尽だと感じる出来事があると生じるもので自分を守るために必要なものです激しい怒りを抑えきれず叫んだり物に当たったりすることもあるかもしれませんしかしいくらあがいても現実は揺るぎなく目の前に立ちふさがり続けますので起こるにも疲れてきますやがて怒りの感情が徐々に治ってくると今度は悲しみで気持ちがいっぱいになります悲しみは自分にとって大切なものを失った時に生じる感情で心を癒す働きがありますこのように大きな悲しみや苦しみを受け入れるには時間と様々なプロセスが必要です茫然自失となり怒ったことがにわかには理解できない時期取り乱して泣き叫んだり理不尽な現実に怒りがこみ上げる時期失ったものに目を向けて涙が止まらない時期人生とはそもそも平等ではないんだという現実を理解してしみじみ鳴く時期など様々な様相を呈しながら少しずつ向き合うようになると言われていますこれを心理学の領域ではこの仕事と言いますがこうした骨の折れるプロセスを経て人は新たな現実に向けて歩みを始めると考えられています嵐のような悲しみや怒りは簡単にはやみませんし完全になくなることはないでしょうが残念ながらこの事実は変えることができないんだという諦めや絶望に近い感覚が生まれた時徐々に悲しみや怒りが弱まっていき新たな人生を考えるという方向にシフトしていくんですですから悲しいという感情苦しいという感情怒りという感情その全てから目を背けず自分の心の奥底のメッセージを送ったりと受け取ることこそがレジリエンスを高めしなやかな心を作るためには必要なんですさてではそのような悲しみを正面から受け止めた後私たちの心はどのように変化するのでしょうかそれについてはちょっと長くなりましたので第2章で詳しく見ていくことにしてここまでで一旦対処をまとめておきましょうポイント市障害において癌になる確率は男性では62%女性では47%でありすべての人にとって他人事ではない病気であるポイントに大きな恐れや悲しみから泣きわめいてしまう姿の奥にこそ大きな喪失と必死に向き合おうとしている力強さレジリエンスが存在するポイント3悲しいという気持ちや辛いという気持ちを受け入れることがレジリエンスを高めしなやかな心を作るためには必要である第2章壁にぶつかった時に生じる五つの心の変化が大きな悲しみや苦しみと正面から向き合い心の底から悲しみ苦しみ怒りをぶつけた後その人の考えには五つの変化が生じることが明らかになっていますその後変化とは1人制に対する感謝に新たな視点可能性残渣者との関係の変化4人間としての強さ子是真正的変容この五つです全ての人にこの五つの変化は全てが起きるわけではありませんがこの五つのうちいくつかに当てはまることが多いんですここではがん患者お礼にこの五つの変化を見ていきましょうまず1つの変化の中で多くの方に最初に生じる変化人生に対する感謝です癌になるとお子様を意識しますするといつまで自分が生きられるんだろうかという不安や恐れが生じますがその裏返しとして実は今日1日生きていることが当たり前のことではないんだという考えが出てきます人間は希少であるものに価値をおく習性があります時間が永遠に続くと錯覚していると1日お粗末にしてしまいがちですが時間が限られているとすると1日1日がとても貴重に思えてくるわけですそして今日1日を生きられることに感謝したいと思うようになる方もいます今現在健康な方でも突然ガンの宣告を受けるかもしれませんしあるいは事故や天災などに会うことも絶対にないとは言い切れません健康はいつ失われるか分からないものであるしいつかは必ず失われるものという意識を心の片隅に持つ しないまま終わってしまうことも多々ありますあなたの心が絶対にやりたいと言っているものがあるとしてどのような形でやれば実現できるのかいつ始めたらいいのかということを考え準備していますでしょうか今は余命宣告を受けたとしたら自分は何を優先するだろうかその意識を持つことが大切ですさて人生の優先順位を考えた後多くの方が最も重要だと思うことは何だと思いますかそれは自分にとって大事な人との時間です大きな病気になるといろんな困難が生じてきます今まで様々な問題を自分の力で乗り越えてきた人でも今度ばかりは立ち行かないと感じることも少なくありませんそんな時に家族友人様々な方が手を差し伸べてくれるような体験をしますそうすると改めて自分はたくさんの人に支えられて今を生きているんだと思うようになりますこれが3番目の他者との関係の変化ですちゃちゃは他人からの親切をたくさん受け人間ってあったかいんだなと思うようになったという話をカウンセリングの現場でよく効くそうですそして他人にたくさん親切にしてもらったり勇気づけられたり支えてもらったりした経験が自分も誰かの役に立ちたいという気持ちにつながっていくようですまた元になった多くの方が癌になったことで他人の苦しみに共感できる素地のようなものができたと言います病気になるまではいろんな形の送ろう話を聞いてもそれは大変ですねと言う通りいっぺんの言葉をかけてその時は本当の意味で人の苦しみの意味がわかっていなかったと語るんです病気になるまでは世の中には健常な人と障害を持った人という二種類の人がいて自分は健常な人だと思っていたのかもしれませんしかし病気を体験すると誰もがいつ何が起きるか分からない世界を生きているという感覚を得て健常な人と障害を持った人という区別がなくなるのだと思いますまた案外思っていたよりも自分は強いものですねと語る方も多いそうですがこれが4番目の変化人間としての強さにあたるものです50代で胃がんになった女性の方は次のようなことを語ったそうですこれまでの私の人生はおかげさまでずっと順調でした癌になり想像以上の苦しみがあったけれどそれを乗り越えたことでなんだか一つの修羅場をくぐり抜けられたような気がしていますするとね変な自信が生まれてきたんです目の前のことを必死に行ってきたらここまでこれたへこたれずに頑張ったじゃんって自分のことを褒めてあげたくなったんですよねここまでやってきた自分ってたいしたものだなと気づくことが自分自身に対する見方をいますし自信を持てるようにもなりますそこに人間の強さがあるんですまた人間の力をはるかに超える存在や力に気づくという変化が起こることもありますこれが精神性的変容と呼ばれる5番目の変化です宗教的な考えの中で神の存在を意識される方もいらっしゃいますし感動するような自然の美しさに気づくという方にもありました古来から日本人は自然と強制し自然は身近な存在なのかもしれません以上大きな悲しみと向き合ったときに起こる1つの変化でした復習しておきますと1人制に対する感謝に新たな視点可能性3他者との関係の変化4人間としての強さ子是真正的変容の五つですさてでは続いて第三章ではこの変化から私たちが学ぶべきことは何か考えるべきことは何花について見ていきたいと思いますそれでは第2章をまとめておきましょうポイント市健康はいつ失われるか分からないものであるしいつかは必ず失われるものという意識を心の片隅に保つことが大切であるポイントに今余命宣告を受けたとしたら自分は何を優先するだろうかという意識を持つことが大切であるポイントさん病気を経験することで健常な人と障害を持った人という区別がなくなったり自分の意外な強さに気づいたり神の存在に気がつくようになる第3章マストの自分から自由になる方法人には苦難と向き合う力レジリエンスが備わっているだから元のような病気になり自分の人生が様変わりしてしまったと感じたとしても多くの人は喪失と向き合いそして新たな人生を生きていこうとする喪失と向き合うために大切なのはしっかり悲しみにし 何か特殊な人たちというわけではありません社会の中で特に問題も起こさずある意味普通に生きてきた人達ですむしろ努力家で様々な成果を挙げ社会の中では評価を得てきた方であることも多いですですが過去をそれまでその人が生きてきた長い歴史の中でこのもう一人の自分は生まれ成長していきましたもうひとりの自分の正体は生い立ちから今に至るまでの自分の軌跡を振り返りようやく掴むことができるんです例えば俺は長男だから我慢しなくちゃいけないと子供の頃に思い込みそのまま大人になっても我慢する癖がついているとか女の子はおしとやかにしなきゃいけないと親から言われたままずっと固定観念としてこびりついているとかそういった自分を形作るエピソードを思い出していきましょう振り返りの作業が進むとそんなことをしてはいけないと京子に自分を縛っているもうひとりの自分がいる事情が暖冬理解されて行きますそして確かに過去にはそのもう一人の自分がどうしても必要だったという事情があるけれどしかし今はもうあるがままの自分の気持ちを認めていいのではないかということがわかります誰の中にもあるがままの気持ちを縛ろうとする自分がいるそれを自覚することがあるがままの気持ちを受け入れるための第一歩です働いていない自分は自分じゃない元気じゃない自分は自分じゃない働かなければ元気でいなければこういったまるまるしなければならないという思い込みに縛られている状態はとても苦しい状態ですこういった何々しなければならないという思考にとらわれている人はなぜ自分がそう思い込んでしまったのか過去にどういった経験が自分のその思いを作ったのかを思い返してみましょう今となってはもう溶けている呪いを抱えているだけかもしれません本当は悲しい頼りたいという気も違うその人の奥底にあったとしてももう一人の自分が弱音を吐いては駄目だという内なる声をかけると我慢しながら毎日を過ごさなければならなくなってしまいますまずは自分と正面から向き合い自分が本当にしたいことは何なのか自分の本当の感情は何かを探りましょうここで大切になるのが want と must です本当は何々したいという気持ちますとは何々しなければならないという気持ちです物心がついた頃は悲しい頼りたいという気持ちのままに母親に甘えようとし自分がこうしたいという音とによって動機づけられる自分だけしかいませんしかし両親からのしつけに始まり社会生活を営むために他者と関わる中でだんだん弱音を吐いてはだめだとかもっと努力しなければだめだこんな場面ではきちんとしなければダメだというもう一人の家でマストの自分が形成されていくんですでは音の自分と must の自分どちらが本当の自分なのでしょうか著者は悲しい頼りたいと言っている本当の自分を本当の自分と思って大切にしたほうがいいと語ります must の自分の方が主役となり常に弱音を吐いてはだめだという声が本当の自分を強烈に縛ってしまうようなあり方は自然とは言えませんマストの自分の努力によってたとえ社会的な成功を手に入れたとしても本当の自分が最終的に悲鳴を上げてしまいますすると must の声に従って頑張ることができなくなった時危機を迎えてしまうんですあるいは癌になるなど大きな障壁に季節してぶつかると行き詰ってしまうことがありますなぜなら第2章で説明したように喪失と向き合うために大切なのはしっかり悲しみしっかり落ち込むことだからですしかしマストの自分というのは心のままに悲しみ落ち込むことを許してはくれません本当の自分本当の自分が主役で生きていれば少なくとも自分はこれでいいのだろうかという迷いはなくなっていきます自分の本当にしっかりと耳を傾け心の奥底にある自分の気持ちを大事にするずっとマットに縛られてきた人は自分が今何を干しているのか本当の声を聞こうとしても最初はなかなか聴こえて来ないかもしれません本当の声が十分に聞こえてこない時にどちらに進んだらいいのか道しるべとなるのは癌を体験しリアルに人生の期限と向き合ってきた方々が出した答えです100人の患者さんがいれば百通りの向き合い方があるわけですが概ね共通する要素がありますそれは他人からの評価に縛られていてもあまり幸せにはなれずそれよりも自分の気持ちに素直に従って生きてもいいことを自分にとって大切だと思う人との時間を優先することを いいと思いますテキ屋時間の制限を決めて自分の心がどこにワクワクするのか本当の声を聞くことを意識することが大切なんですマットの声に反抗し本当の声を意識的に効くこれが心を解き放つエクササイズになりますまた同時に塩を常に意識することも大切です仕様を意識して初めて人は生きることの光に気づきます人生の期限を意識することは日々をお粗末にせず自分らしい生き方にシフトするための大きな動機づけになるんですどうしたら自分らしい生き方を実現できるのかその手がかりがマットに縛られている自分から家にある want の声を聞く自分に変化させることなんですますとの自分から解放される事を本当の声をしっかり聞くことこの二つを意識してこれからも限りある価値ある日々を生き抜いていきましょう
おすすめの記事