【VODで読める電子書籍】『寝てもとれない疲れをとる本(中根一[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,485 (2022/05/20 10:04:03時点 楽天市場調べ-詳細)
マッサージにいったのに疲れがとれない……。そんなことがありませんか? 実は、自分の体質に合わないことをしても疲れはとれないばかりか逆効果になることもあるのです。

本書では、これまで2万人以上の施術経験をもつ凄腕の鍼灸師が、本当に「効く」疲労回復法を体質別に大公開。「金属タイプは、辛い食べ物が効果的」など、あなたの体に合った疲労ケアを紹介します。

しつこい疲れがスッキリ解消する1冊!

「残念ながら、テレビや雑誌、インターネットなどのメディアで、ステレオタイプ的に紹介されている「疲れのとり方」では、根本的な回復には至らないケースが多くあります。そのことを知らないまま、熱心に「疲労回復法」を実践しても、徒労に終わってしまうのです。まず自身の体質を知ること、そして、それぞれに合った方法でケアすることが、溜まった疲れを確実にリセットしていくための秘訣です」(本書「はじめに」より)

※電子書籍『寝てもとれない疲れをとる本(中根一[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『寝てもとれない疲れをとる本(中根一[著])』あなたは日頃からしっかりと疲れをケアできていますか疲れが取れなかったり常に疲れを感じていることに悩んではいないでしょうか何となく頭がぼーっとすることがあるとかどれだけ寝ても寝足りないとか体がいつもより重くて一日中シャキッとしないとか食欲がなくなり義務的に食事をとることがあるとかちょっと体を動かしただけで疲れてしまうとか気が重く何事もやる気が起きないといった症状に悩まされていないでしょうか仕事や人付き合いに時間を割くと誰もがこういった経験をしたことがあるかと思います素人は活動をしたことによって生まれる副産物のようなものであり病気ではありませんその都度しっかりと疲労を回復させることができれば症状は改善されますしかし疲れを解消させるまもなく頑張り続けてしまうと体に様々な不調が現れたとえば著者が院長を務められている鍼灸院ように体のケアをしてくれる場所に書き込まざるを得なくなりますいつもどこか疲れているし寝ても疲れが取れる感じがしないが仕事が忙しすぎて休む暇などない疲れが溜まってどうしても耐えられなくなったらかかりつけの治療院に駆け込めばそのような生活をされている方が世の中には多くいらっしゃるはずです今はそれでやっていけているかもしれませんがぜひ知っておいていただきたいことがあります白を放置することは実は人生最大のリスクであるということです疲れている状態では免疫力が下がる病気やストレスへの抵抗力や回復力を十分に発揮することができませんそのため疲れを放置していると風邪をはじめ丸アレルギー認知症胃腸炎でうつ病などのあらゆる病気の発症悪化のリスクを高めてしまう可能性があります世界中の多くの医師たちはこのように警告します疲れを放置すればただ辛いばかりではなく結果として寿命を縮めることになりかねないと疲労によって何か問題が起きてから対処するんじゃなくて問題が起きる前にしっかりと疲労から回復することが大切なんですでは24時間という限られた時間の中でこれまで十分に取りきれなかった一日の疲れをしっかりと取るためにはどうしたらよいのでしょうかそんな悩みを解決するためにこれから私と一緒に本書でしっかりと学んでいきましょう皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回は数多くのトップエグゼクティブやトップクリエイターのお抱え鍼灸師である京都四条烏。鍼灸 meridian 烏丸院長の中根一先生の寝ても取れない疲れを取る方法を解説していきたいと思います本日は個人的に重要だと思ったポイントにフォーカスして解説していきますのでこの動画を見ることによってこの方いいなと思っていただけましたらぜひ一度手にとって全ての内容をチェックしていただきたいと思いますそれではリラックスしながら楽しみながら一緒に本書の内容に切り込んでいく俺はありませんか本日のお品書きは次の通りです1件でひろを放置することは人生最大のリスクであるということについて2件で胃腸の疲れは全身の疲れにつながるということについて3件で入浴と食事の順番が疲労度を決めるということをお伝えしていきたいと思いますそれでは早速事件の疲労を放置することは人生最大のリスクから解説していきたいと思いますさて四郎は日頃頑張りすぎている人に対して体から出されるイエローカードであります多くの現代人は非常に深刻な疲れを抱えておりしかもそれは自然に回復できる範疇を超えてしまっていると著者は言いますそれでも世間には今は繁忙期だから仕方がないこの時期が終わったら少し休もうとか全然休めていなくて疲れがピークだがもう少ししたら連休だそれまでは辛抱だなどと言って無理をして城を限界まで溜め込んでいる方が多くいらっしゃいます自分の身体から発せられている SOS のサインを黙殺しているんです若いから体力があるうちは大丈夫に何ていうことはありません例え今体力に任せてなんとか乗り切れていたとしてもそれは気合やごまかしによるものであってそのツケは必ず後で行ってくるんです疲れていては元気に良いパフォーマンスを発揮することもできません 健康寿命を延ばし人生を存分に楽しみたいのであれば疲れを放っておくんじゃなくてその時々でしっかり疲労を回復していくことが必要なんだということをここで肝に銘じておきましょういやいやそんなことを言われたってそう簡単には休めないよと思う人いるかもしれませんもっと頑張らなきゃ自分だけ休むなんて無理だよ有給休暇はあるけどみんな頑張っているしなこのような考え方は特に日本では真面目とか勤勉だと良いイメージで捉えられることが多いかと思いますしかしもしあなたがそのように考えているのであればその考えがあなたの疲労を慢性化させている可能性があります私たちが末永く健康でいるための鍵のひとつは自律神経である交感神経副交感神経のバランスが良く適度に働くことですしかし今の日本人は次々と入ってくる情報や刺激に目や耳を奪われ続けまた夜更かし傾向にあるため交感神経が働きすぎの状態になっております日中は休まる時間がなく夜遅くまで活動状態で走り続けているんですベッドに入ってもなかなか興奮して眠れないよという悩みを持っているあなたあなたはまさに交感神経が働きすぎの状態であります休むことが悪いことであるかのような考え方は自分を追い込み自律神経を狂わせてしまう原因になりかねませんまずはそのことに気づいて頂きたいと思いますではここで皆さんにちょっと質問をしましょうか次のチェックリストの中からあなたの今の疲労を回復するために本当に効果があると思うものだけを選んでみてください一早く寝るたくさん出るにゆっくり入浴する3半身浴で汗を流す4肉にんにくなどスタミナのつくものを食べる子栄養ドリンク栄養剤を飲む六ヨガやストレッチをするならマッサージを受ける8思いっきり叫ぶ歌う9楽しくお酒を飲む中アロマを焚く11温泉旅行に行く中にコーヒーや紅茶を飲む十三マラソン用ウォーキングをして体を動かす14自然の中に出かけてリフレッシュをする重合眠れなくてもいいので横になるさていかがでしょうかおそらく全ての形がねこの中のいくつかは選択されたと思います今後紹介したものは一般的に疲労が取れると世間で言われているメソッドばかりですテレビとか雑誌広告などで紹介されているのを見て実際に始めたという人も多いでしょうしかし残念ながらあなたが選択したケアは間違っているかもしれないと著者は言いますなぜならそのメソッドがあなたの今の体質に合っているとは限らないからです疲労を取る目的で行ったことがあなたの体質に合っていないと反対にしろを溜め込むことになってしまいます疲労を取る努力をしているのにいつも疲れた顔をして過ごしているとしたらそれはその努力が逆効果になっている可能性があります是非覚えておいて頂きたいんですが私たち一人ひとりの性格や体質は違いますから疲れの溜まり方だけでなくその取り方も人によって違うということですよって誰にでも100%効く疲労回復法というものはありません例えばヨガやストレッチはストレス発散や疲労回復に効果的だというイメージがありますよねしかしそれも当然人に寄りますある人にとってはうってつけの疲労回復法かもしれませんがある人には疲労の原因になりかねない S 同様に温泉旅行が癒しの旅になる人もいれば遠出をすることによって逆に疲れちゃう人もおりますスタミナ食を食べて実際に力がみなぎる人もいれば反対に胃もたれに悩まされる人もおります問題なのはそのことに気づかずにテレビや雑誌などが言うことを鵜呑みにして疲れが取れる方法なんだこれはと信じてあるいは疲れが取れたと錯覚して自分に合わない方法を続けていることなんですそれではせっかく熱心に取り組んでも徒労に終わってしまうんですですからまずは自分に合ったケア方法を選ぶために自分の体質を知ることが必要になっていきますそれがわかり適切な方法を選んで実践できれば疲れを残さずきれいにリセットすることができるようになるでしょうここで役に立つのが本書にある体質アンドロータイプを見極める特性チャートです簡単な質問に 体を正しくきやしいつまでも元気に活動ができるようにぜひ本書を手にとって自分がどのような体質でどのようなヒーロータイプなのかを確かめてみてくださいそれでは1件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市多くの現代人は非常に深刻な疲れを抱えており疲労という自分の身体から発せられている SOS の妻を撲殺しているだがそのツケは必ず後で行ってくるポイントに一般に言われている疲労が取れると言われているメソッドの中に誰にでも効く疲労回復法というものはない疲れを取る目的で行ったことでもその方法があなたの体質に合っていないと反対にしろを溜め込むことになるそのため自分にあったケア方法を選ぶために自分の体質を知ることが必要であるポイント3自分の楽しみを存分に楽しむためにも仕事で良いパフォーマンスを出すためにも健康寿命を延ばすためにもお疲れを放っておかずその時々でしっかり疲労を回復していくことが必要であるさていかがでしょうかなるほどねぇと言った感じですよね疲れをしっかり取るためには自分の体質を知ることに加えてその疲労回復法が自分に合っているかどうかを実際にやってみて確かめてみる必要があるかと思いますいくら世間でこの方法をやれば疲れが取れると言われていても実際に何10回やってみて疲労が取れなければそれはあなたには合っていないということですから別の方法を試してみて自分に合う方法を探してみていただきたいと思いますそれでは次に入れんで胃腸の疲れは全身の疲れにつながるということを解説していきたいと思いますさて食がその人の体や健康に大きく関わる今の時代となってはこれは誰もが知っていることで私のチャンネルでも何度も強調していることですですから当然得るものによって疲れたりあるいは疲労が回復しないということが起こり得ます反対に食べるものを見直すことによって溜まった疲れを解消しさらには疲れにくい体を作ること持ってきますまた食事の内容以上に注目すべきことがあると著者は言いますそれは食べ方です食べ方によって内臓の疲れが取れないまま蓄積されそれが明日のあなたの体調や未来の健康に関わっていきます2件ではこういった食と疲労の関係そしてひろを溜め込む食生活の改善方法をお伝えしていきたいと思います1件の最後で自分に合うケアの方法は人によって異なるというお話をしましたこれは職における健康法にも言えます例えば少し前に健康のために水を毎日2リットル飲むという健康ブームが起こりました一度は行ったことあるという人が沢山いらっしゃるかと思いますがアリは結果が出なかった人もいたでしょうそれはおそらくその方法が自分に合っていなかったからです実際に著者の鍼灸院では毎日水を二リットル飲む健康法が流行ってから夕方になると足のむくみがひどいという OL の患者さんが増えたそうですそれもそのはず食事できるものを取っている人水以外にも食事の前後などにお茶やジュースを飲んでいる人晩酌を楽しむのが習慣になっている人運動をする機会がほぼない人一日中オフィスで座り仕事をしている人こういった人たちが2 L の水を飲んだらそりゃむくんで当然なんです毎日運動で汗をかく人にはそれにあった健康法がありそうでない人にもそれに合った健康法があるんです健康的な人が行なっていることを食べているものを飲んでいるものをそういったことをまるまる真似てもそれが自分に合っていなければ良い結果待ってないんです誰にでも効く疲労回復法がないようにこれさえ食べれば100%疲れませんと言い切れるものもありませんそれでもより疲れにくくなる食べ方疲れが溜まった体に優しい食事という先人たちが残してくれた知恵があります本日まず目を向けていただきたいのは何を食べるか何を食べないようにするかではなくその食べ方であります食材にかなり気を使って健康的な食事をしていてもなぜだか元気そうに見えなかったり風邪を引きやすかったり肌荒れをしていたりという人がいますそれにはある見落としがあるせいかもしれません食材には気を配っても自分の銀杏の することがあってきますそれは伝統的な東洋医学の診察法である接心つまり自分の下を見ることです歯磨きをするときなどに鏡の前で自分の舌を出してぜひ観察してみてください一応が健康な人はこんな舌をしています一舌の形は唇を手へんに舌二等辺三角形で舌先が綺麗に尖っているに舌の色は薄ピンク色食べ物で言うと中トロのような色味をしておりますさん下の大和下の付着物が白色で薄く舌の表面が透けて見えている状態をしておりますさてこのような健康な舌と比べてあなたの舌の形したの色絶対はいかがでしょうか一つずつ確認していきましょうまず舌の形ですが次のパターンの方は要注意ですしたがぽってりトップ熱くなっている人は胃腸に負担がかかっています舌の先端が丸く唇の幅いっぱいに広がっているのであれば水の流れが滞っております舌の側面に歯型が付いているのであれば水分を摂りすぎている証拠ですでは次に下の色を見ていきましょう次のパターンの人は要注意ですしたが家の怪我なく白っぽくなっている人は胃腸が弱っているサインです赤みが目立っている人は食べ過ぎの傾向にあります赤みが黒くくすんでいる人は血流が滞り気味になっている証拠 小説にも影響が及びます お腹がすくまでは次の食事の時間をあけるなど食事をコントロールする習慣をつけましょうとはいえいきなり1日2食を実践するのが難しいよという人もいるでしょうそれがストレスになって反動で夜遅くに食べてしまっては何の意味もありませんそんな方はまず食事をとる時間だけでも気をつけるようにしていただきたいです食事をとる時間において気をつけることは一つです寝るさん4時間前には夕食を終えておくということをよく太りたくないなら寝る前に食べてはいけないと言われていますよねそれは睡眠中に血糖値が上がるので体内で脂肪が蓄積しやすくなるためですもう一つのデメリットとして寝る直前に食べると体がしっかりと冷やすと張らないという点が挙げられます寝ている間も胃腸が活発に消化活動を行わなければならず頭は休んでいても体は活動している状態のままあーを迎えることになってしまうんですそのため寝る前にご飯を食べると寝ているはずなのになんだかって歩いとか全然疲れが抜けないといったことが起こるようになるんです夜遅くにご飯を食べて寝る 仕事が増え消化が追いつかずオーバーワークになってしまうんです早食いの人はよく噛んで味わうという途中経過ではなく満腹になるとか完食するという結果を意識してとにかく食べ物を口へと運んでしまうことが癖になっておりますそれだと血糖値が上がって満腹感を得るまでにどんどん食べてしまうので食べ過ぎにも繋がります食べる量が多いことも胃の負担を増し肥満の原因にもなるのでついご飯を書き込んでしまうとか人よりかなり食べ終えるのが早いという方はその早食いの曲をぜひ見直して頂きたいと思います仕事の都合などでどうしてもご飯をね急いで書き込まなければいけない状況もあると思いますがそうでない時はよく噛むことを意識してなるべくゆっくり食べることがポイントですさてお次はながら食いがなぜ銀杏を疲れさせるのかという理由を見て行きましょうか今はねスマホやテレビなどを見ながらあるいは仕事のことを一生懸命考えながらご飯を食べている人が非常に多いかと思いますこのように四角を使って情報を集めたり頭を使って理解しようとしたりする時には交感神経が働いておりますしかしですね消化の働きをコントロールしているのは副交感神経なんです頭を働かせてしまうと交感神経が優位になり消化器系の働きが弱ってしまいます副交感神経の働きを高めて消化器系に元気に活動してもらうためには食事中は食べることに集中しテレビやスマホといった資格情報をシャットアウトしそしてできれば職休めすなわち食後30分ほどの休憩をとることがある理想的であると著者は言います是非皆さんも早くいながら食いを止めることができたら目の前の食べ物をひと口ひと口味わい美味しいな嬉しいなという気持ちを噛み締めながら楽しく食事をしていこうではありませんか胃腸の疲れは全身の疲れに繋がると心得て是非胃腸に優しい食べ方を実践してみてくださいそれでは2件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント1以上の疲れは全身の疲れに繋がる下を見ることにより自分で胃腸の状態を確認してあなたにあった食べ方を見つけることが大切であるポイントに胃腸を休めるための効果的な方法は胃を空っぽにする時間を作ることであるおすすめはブランチと早めの夕食の1日2食生活にすることをポイントさん夜遅くにご飯を食べて寝るという習慣になっている人は慢性的な疲労からいつまでたっても抜け出すことができないため寝るさん4時間前には夕食を終えておくことが大切である1日2食を実践するのが難しい人はこのことだけでもう気をつけようポイント4以上を疲れさせる食べ方の代表二つは早食いと長らくイデアル早食いは市釜内にいが追いつかないさん食べ過ぎることによって胃腸に負担がかかるながら食いは食べながら別のことに頭を働かせているため交感神経が優位になり消化器系の働きが弱まってしまうそれではラスト3件で入浴と食事の順番が疲労度を決めるということをお伝えしていきたいと思います体調を整えて元気ではつらつとした日々を送るためには疲れをしっかり取るということが欠かせませんが同時に疲れにくい身体を作っていくことも心掛けていきましょうというわけです3件では疲れにくい体になるために生活に取り入れたいです誰にでもできるちょっとしたコツを一つご紹介します多くの人は仕事などの外出から帰宅して寝るまでの時間に入浴と食事を済ませているかと思います実はこのたつの順番が疲労度を決めるということをご存知でしたでしょうか普段から元気で疲れに悩むことがないような方は今の習慣のままでいいですが疲れやすい人疲れ切ってしまった人自立神経が緊張な人はぜひ一度次の順番で試してみてくださいそれは入浴食事中心という順番です後ほど説明しますがこれは東洋医学そして自律神経の働きから見ても正しい順番と言えますこの順番を意識するだけで疲れの溜まり方や抜け方に変化を感じるはずです私たちが日中活動している間は交感神経が働き夜のリラックス時には副交感神経が働きます睡眠中に働くのは副交感神経なので就寝時間に向かって副交感神経の働きを高めていくことで体はスムーズに休憩モードに入ることがあってきますでは食事と入浴はそれぞれどちらの子 =交感神経モード出身=副交感神経モードということになります自律神経の切り替えがシンプルなほど体はスムーズに休憩モードに入ることがあってきますから効率よく体を回復させるには帰宅してまず入浴そして食事それから寝るのがベストです皆さんが温泉旅行でよくするこの流れをねぜひ自宅でも取り入れてみてくださいそれは3件の内容をまとめておきたいと思いますポイント市仕事などから帰宅して寝るまでの時間で済ませる食事と入浴の順序により疲労度が変わる疲れやすい人疲れ切ってしまった人自律神経が過緊張な人は入浴食事就寝という順番を試してみようポイントに自律神経の切り替えがシンプルなほど体はスムーズに休憩モードに入ることができる入浴食事中心の順で行うと交感神経モード複合干支 K モードを副交感神経モードと切り替えが1ドルで進むため効率よく体を回復させることができるさで皆様いかがでしたでしょうか疲れない体の作り方として3件で一つご紹介させていただきましたが本書では六つの習慣を学ぶことがあってきますさらには体質に合った味のものを選んで心身を癒す知識とか疲れに関する東洋医学的な知識をゲットする事持ってきます私自身も以前は疲れやすい体質で悩んでいた時期がありまして本書はねその時に入って焼いていたらよかったなあと感じる素晴らしい内容でした疲れに悩む全ての皆さんには手遅れにならない前にぜひ興味を持って本社に目を通していただけたら嬉しく思います本日は以上になりますではまた次の動画で皆様に会えることを楽しみにしております本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事