【VODで読める電子書籍】『食品の裏側―みんな大好きな食品添加物(安部 司[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,540 (2022/05/20 09:45:18時点 楽天市場調べ-詳細)
今だから読みたい「食の安全」のバイブル――。廃棄寸前のクズ肉も30種類の添加物でミートボールに甦る。コーヒーフレッシュは水と油と添加物。元添加物トップセールスマンが明かす加工現場の舞台裏。知れば怖くて食べられない。
【主な内容】
序 章 「食品添加物の神様」と言われるまで/第1章 食品添加物が大量に使われている加工食品/第2章 食卓の調味料が「ニセモノ」にすりかわっている!?/第3章 私たちに見えない、知りようのない食品添加物がこんなにある/第4章 今日あなたが口にした食品添加物/第5章 食品添加物で子どもたちの舌が壊れていく!/第6章 未来をどう生きる

※電子書籍『食品の裏側―みんな大好きな食品添加物(安部 司[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】ではまだ取り扱っていません。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『食品の裏側―みんな大好きな食品添加物(安部 司[著])』ほとんどの人は自分が食べている職員がどのように作られているか知りません本処理は食品添加物について知識がない人はもちろんそこそこの知識のある人でも思わず驚愕するような内容が並んでいるはずである皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回は安部司さんの食品の裏側みんな大好きな食品添加物を要約していきたいと思います最初に申し上げておくとこの方がおそらく多くの人が知らないことが多く書かれている本でございますそのため非常に勉強になる本でオススメの一冊なのでこの動画を見て興味を持っていただきました方は一度手に取って読んでみることをお勧めいたします本書は食品の裏側を告発する一冊でございます筆者はかつて食品添加物の専門商社に勤めていました食品添加物を売り歩くセールスマンだったんです筆者は食品添加物の現場を他ならぬこの目で見てきた人物でございます机上の研究では決して見えてこない筆者しか知りようがない食品添加物の真実食品の裏側を見てきた生き証人でございますそんな筆者が語る食品の裏側とは一体どのようなものなのかいやわくわくしてきましたでは早速本書を通して私と一緒にね食品の裏側についてじっくりと考えていくことにいたしましょうそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で誰も知らない食品の裏側について2件で添加物が大量に使われている食品について3件で食品添加物と上手に付き合うポイントについて解説していきたいと思いますでは早速一見の誰も知らない食品の裏側から解説を始めていきましょうかさて冒頭でも申し上げた通りほとんどの人は自分が食べている食品がどのように作られているのかを知りません普段コーヒーに入れているミルクが水とサラダ油と添加物だけでできていることを知りませんサボテンに寄生する虫をすりつぶして染めた健康飲料を飲んでいるとは思いもしません体のためと思って食べているパックサラダが殺菌剤のプールで何度も何度も消毒されているのを知りようがありませんそして今食べたミートボールが大量の添加物を使って再生された廃棄寸前のクズ肉だということなど想像もできないでしょう毎日毎日自分の体に入れる食品なのにも関わらずそれがどうやって作られていてその裏側でどのような添加物がどれほど使われているのかそれについて私たちは何も知らないんですただただ一流メーカーが作っているから大丈夫とか大手スーパーが売っているんだから変なものであるはずがないそう無邪気に信じて食べているんです添加物の世界には消費者には見えない知らされていない影の部分がたくさんあります商品製造の舞台裏は普通の消費者には知りようがありませんどんな添加物がどの食品にどれほど使われているのか想像することさえできないのが現状なんですしかし実際に食品を選ぶのは私達ですよねそれを口にするのは私たち消費者なんですそんなふうに作られているのならば食べたくないとか高いお金を出しても無添加のものがいいとか安全性も大事だけどやっぱり安い方がいいよなとかそもそも添加物に俺は関心がないし気にしないこれらの意見のどれを選ぶかは消費者の自由でございますただそのためにはまずは事実を知らないといけない知らなければ判断のしようもないんですにもかかわらず現場では何も知らされていないし何も知ることができないですからまずは知ることが重要そしてすべてを知ったその上で職員に対してどう向き合っていくかは自分自身で判断すれば良いですではここからは早速本書のテーマである食品添加物について深く切り込んでいきましょうか筆者曰く食品添加物はまさに魔法の粉でございます食品を長持ちさせる色形を美しく仕上げる品質を向上させる味を良くするコストを下げる驚くべきことにこれらはすべてが食品添加物を使えば簡単に実現できるんです面倒な工程技術などは不要で実に簡単に一定の品質のものがあってきてしまうんですそれが食品添加物の光の部分でございますしかし光があれば必ず影があるんです便利なものを使うのであればその後ろにある鍵も一緒に引き受けなければいけないんですその影の部分それは食品添加物の人体への害薬毒性であったりそれ以上に恐ろしい問題として添加物が食卓を崩壊させるといったこともありますこのように言っ しかしあなたはどのようにして添加物が認可されているのかそして複数の添加物を一気に食べたらどうなるかということについて知っているでしょうか例えば10種類以上の白い粉で明太子というのは作られますこの明太子のように10種類もの添加物を一度に食べるとどうなるかここで問題になってくるのは添加物の複合摂取というものでございますそもそも添加物というのは厚生労働省が一つ一つ毒性のテストをして一定の基準を満たした者にのみ認可がおりますだから普通に食生活を送っている限り添加物を摂取しても問題ないでしょというのが国の考えなんですしかしそれは単品使用の場合においてのテストであって複数の添加物をいっぺんに摂取したらどうなるかという実験は十分になされていないんですつまりですよえーという添加物があるとすると鈴のみで摂取した場合の特性や人体への影響などは検査しているんだが A と B と C の添加物を同時に取った場合はどうなのかその複合選手についてはまだきちんと研究されていないんですそもそも添加物の毒性や発がん性のテストはネズミなどの動物を使って繰り返し行われているんです添加物として使っていいかどうかや使用量の基準がネズミの実験結果に基づいて決められているというわけでございますネズミに A という添加物を企画グラム使ったら死んでしまったじゃあ人間に使う場合は1/100として1 G までにしておこう大雑把に言えばそのようにして決めているんですもちろんネズミと人間の分解能力吸収能力が同じとは言えないはずです人間特有のストレスなどもそこまでは考慮されていませんしかしそれでも人体実験ができない以上それを目安にするしかないんですこの事実からも国の基準だからといって完全に心霊できるものではないということがお分かりいただけるのではないでしょうかいずれにしろ複数の添加物を同時に摂取した場合の危険性はその有無も含めてそれを食べる私たち自身が引き受けるしかないんですそれでは1件の内容をここら辺でまとめておきますがポイント1添加物の世界には消費者に見えない知らされていない影の部分がたくさんある食品製造の舞台裏は普通の消費者には知りようがないが実際にそれを口にするのは私たち消費者であるまずは食品の裏側を知りその上で職員に対してどのように向き合っていくかは自分自身で判断しようポイントにそもそも添加物というのは厚生労働省が一つ一つておく生のテストをして一定の基準を満たした者にのみが認可されているが添加物の毒性や発がん性のテストはネズミでの実験結果に基づき決められているまた複数の添加物同時に撮った時に起こるかもしれない悪影響については調べられていないそれでは次に言で添加物が大量に使われている食品について解説していきたいと思います査定では2限からは具体的にね添加物が大量に使われてる食品について解説していきたいと思いますまず筆者が指摘するのは明太子漬物練物ハムソーセージでございますここではこれらのものにどのように添加物が加えられているのかということを明太子を例にして一緒に見ていきましょうか添加物を使って定休たらこがあっという間にピカピカの高級品に変身していく様子を見ていきましょう明太子というのはたらこを原料として作られておりますよねたらこは固くて色の良いものが高級品とされますがこれは添加物でどうにでもなるんです柔らかくて色の悪い低級品の原料のたらこそんな原料たらこでも塩化物の液に一晩漬けるだけでたちまち透き通って赤ちゃんのようなつやつや肌に生まれ変わるんです身もしまってしっかりとした方いたら子になるんですそれはまるでマジックのような見事さでございます添加物やはたくさん添加物を得るべくリン酸塩や亜硝酸有機酸園などを数種類ブレンドして着色料を引き締めよう品質改良ようになどと用途別に販売しております清掃車も目的だけを求めて内容をよく知らないままにそれらの添加物を使用していたりするんですこの時点で既にどれだけの添加物が使用されているかまさに唖然とするほどの量でございますさらにこれがたらこをさらに加工して作る明太ことになると味付けと保存のためにさらに多くの添加物が投入されるんです種類の数で言えば結果的に合計で10種類以上は使われているでしょう特に化学調味料の量と ここではね明太子について詳しく見てきたんですが漬物練り物ハムソーセージも同様でございますその他にも本書に指摘されているものとしましてはミートボール豚骨スープコーヒーフレッシュ醤油みりん塩酢砂糖などの調味料お酒などがございますその他にも現代ではほとんどすべての食品に添加物が使われてると言っても過言ではない状況なのでここで一つ一つに名前をあげていたらキリがありませんのでそこで3件でしっかりと食品添加物と上手につきあうためのポイントを解説していくのでぜひ楽しみにしておいてくださいさてここで突然ですがね皆さんに質問があるんですここまでの話を踏まえてそもそも私たちは一体1日にどれぐらいの添加物を口にしていると思いますがきっとその量は皆さんが自分で思っている以上だと思うんです一般的に日本人が摂取する天気仏の量は1日平均10 G と言われております年間にすると4 km です日本人の食塩の摂取量が1日11から12 G とされますからそれとほとんど同じ量の添加物を摂取しているということになるんですしかしこの数字は人によってまた食生活によって大きく異なってきます自分でも知らないうちに添加物を口にしまっていることが往々にしてあるからでございます例えばですよコンビニのおにぎりどちらかと言うと添加物はあまり使われていないイメージがあるでしょうしかしひっくり返して裏の表示を見てみればかなりの種類が使われているということに気づくはずです例えば昆布の佃煮のおにぎりなら調味料かっこアミノ酸とグリシンカラメル増粘多糖類ソルビット肝臓ステビアポリリジンといった具合でございますまたおにぎりのご飯近いにもねなんと添加物が使われているんですよあの美緒出して美味しくするためにアミノ酸などの化学調味料や酵素が保存性を高めるためにグリシンなどが入っておりますそれ以外にも乳化剤や植物油が使われていたりするんです今日はご飯を炊くのが面倒だからコンビニのおにぎりで済ませましょうなんて言っておにぎりを買っていたらそれだけで10種類近くの添加物を摂取してしまうことになるんですではではもっと具体的にねコンビニ大好き独身サラリーマン n くんの1日を通して私たちがどれだけ添加物を摂取しているのかということをちょっと具体的に見ていきましょうか n 君は独身サラリーマンのつねとで自分で食事を作ることはまずないそうです特に平日は仕事が忙しく時間もないことからほとんどの食事をコンビニやスーパーで調達しているといいます果たしてこんな彼は1日にどれぐらいの添加物を摂取しているのでしょうかまず朝食です朝食はコンビニで買ったサンドイッチで軽く済ませたそうですハムサンドイッチの添加物は裏のラベルには合計13種類が記載されておりますしかし実際は何と表示義務のない添加物もあるので合計20種類以上の添加物を n 君はたった一つのサンドイッチで摂取してしまっていることになるんですにもかかわらずですよこのサンドイッチのラベルには保存料合成着色料は使用しておりませんと表示されているんです確かにゾロビン酸などの保存料や赤色3号などの合成着色料も使っていないのでそういう危険な物質を使っていないのだからこのサンドイッチは安心ですよーということを言いたいのでしょうしかし合成着色料の代わりに天然の着色料としてカロチノイドコチニールがちゃんと使われてしまっていますこのうちカロチノイドは野菜の色素だからまあいいとして問題なのはこっちにいるこれは何とサボテンに寄生する虫を乾燥させてすりつぶして抽出する色素でございます虫を食べるのがいけないということではありませんがこの虫は古くから南米で医療の染料などに使われていたものだということなど想像もできないんですいずれにせよ n 君は朝食だけで20種類以上の添加物を摂取してしまったんですでは次は昼食ですえぬくんの昼食はスーパーのお弁当豚キムチ弁当そしてインスタントコーヒークリームパウダー付きでございますオフィスでデスクワークに追われている n 君昼食は近くのスーパーで調達手早く済ませるためにお弁当を買ってきてデスクで食べたそうです n 君が買ってきたのは豚キムチ弁当一件手作りのイメージがあるかもしれません確かに豚とキムチを炒めたものですから添加物が少ないと思われる方もいるでしょうしかしひっくり返して裏を見るとちゃんと添加物が入っているのに気づくんですおよそ20種類ぐらいの添加物を取っていることになりますそして マックのサラダも買ったとのことですカップ麺には20種類以上昆布の佃煮入りのおにぎりにも10種類以上の添加物が使われていますそして曲者がなんと健康のためを思って買ったパックサラダでございますこれは殺菌剤のプールで何度も消毒された恐ろしきサラダだんですヘルシーイメージのつなぎ彩りの良いコーンの入ったサラダよく売れているようで N 君も思わずそれを買ったそうですしかしこうはまだいいとしてもこのツナに多くの添加物が使われているんですツナだけでも調味料かっこアミノ酸と PH 調整剤など5から6種類は使われていますもちろんだからといって砂やサラダを食べるなと言っているわけではありませんただ健康のためと思って食べているこのサラダにも見えないところでなんと10種類ほどの添加物が使われているとは指定のできない事実なんですしかしながら N くんはいつもはカップ麺かおにぎりだけですセルが今日はサラダも食べたしちょっと体に気を使ったなうんうんえらいぞ俺と言ってね1日の食事を終えたので下では n 君は結局1日でどれぐらいの添加物を口にしたのでしょうか重なっているものも含めると軽く60種類は超えていると思われます確かにコンビニやスーパーといったものは便利ですいつでもどこでも手軽に空腹を満たせることができるし値段だってそれほど高くはありません繰り返しになりますが私たちはその恩恵光の部分を忘れてはいけませんしかしその安さ便利さを提供するためにそこで売られている加工食品には否応なく大量の添加物が使われているというのもまた事実なんですさてここまで聞いていやいやそれはこの n 君がねコンビニを中心に生活を送っているからだろうとちゃんとスーパーで食材を買ってきて 味噌汁レフコさんが愛用しているのはだし入り味噌でございますだしを取らなくてもいいから慌ただしい朝には重宝しているそうなんですがこのだし入り味噌にも数種類の添加物がちゃんと入っておりますそして明太子にかまぼここれは先ほど特に添加物が多い食品としてご紹介したいようにそれぞれ添加物が大量に入っているのはもう皆さんご存知ですよね明太子はご主人かまぼこは子供の好物だそうです手軽というのもあって F 子さん宅では朝食によく登場するとのことですがこの二つだけでも摂取する添加物は大変な量になっておりますまた漬物のたくあんはスーパーで購入したものだそうですがこれも添加物大量使用食品でございます明太子漬物練り物は特に添加物が多く使われているのを忘れてはいけません結局 f子さんが朝食で摂取した添加物の種類は少なく見積もっても30種類以上ちゃんと自分で作っているはずなのに加工食品に頼っている限りコンビニで調達した N くんとほとんど変わりない結果となってしまうんですそして f子さんの昼食は買い物ついでにデパートの地下食品売り場で購入した太巻き寿司でございます卵焼きやつそぼろきゅうり沢庵ベビーかんぴょうかまぼこなど具だくさんで見た目も鮮やかついでに値段も高いお寿司でございますしかしこの太巻き寿司にもまたまた驚くほどの添加物が使われているんです合計で30種類以上は使われているはずですそしてここで注意してほしいのはおかずの種類に比例して添加物の量も増えているということでございます具だくさんということは添加物たくさんでもあるんです例えばここでは加工度の高い卵焼きが入っていますがこれだけで3から5種類の添加物が入っています健康のためにおかずが多いものを選びました俺は幕の内弁当などを買う人がよく言っているセリフですよねもちろんそれぞれのおかずには栄養もあるでしょうしかし加工食品の場合は添加物もそのぶん入ってしまっているということを覚えておかなければなりません栄養と一緒に添加物持ってしまうですいずれにしてもたったひとつの太巻き寿司で30種類もの添加物を取ってしまうという現実裏を見ずに物を買うというのは本当に怖いことではないでしょうかでは次に夕食でございます夕食はご主人も子供も大好きというカレーライスとサラダでございますカレーの方は豚肉人参じゃがいも玉ねぎを使って市販の固形状のルーで味付けをしたごくごく一般的なものでございますそしてサラダはレタストマトブロッコリーかいわれ大根に市販のドレッシングをかけたものでございますまず加齢から行きましょうか f子さんの使ったカレーのルーには10種類程度の添加物が使われておりますここでひとつ注意してほしいのはカレーのルーにしても何にしても加工段階が進むほどそれに応じて添加物の量が増えるということでございますつまりですよカレーのルーを固形状にするためにさらにまた添加物が必要になるんですだからもし f子さんが保険証ではなくて缶に入っているようなルーを使えば固形状にするために使われた乳化剤酸化防止剤と言ったって塩化物を取らずに済んだということになりますそして次がドレッシングでございますこちらも添加物が2種類使われており合計で10種類程度になります市販のものを使えばこれだけ添加物を摂取してしまいますがドレッシングも手作りをすれば添加物ゼロでございます簡単にドレッシングを作れる方法は料理の本を見ればいくらでも載っていますドレッシングにこんなにも添加物を使うなんて許せないという気持ちも分かりますがドレッシングぐらい手作りしてはいかがでしょうかさて以上でえつこさんは1日にどれぐらいの食品添加物を摂取したことになるでしょうか朝食昼食夕食の3食合計で少なく見積もっても60から70種類は摂取しているのではないでしょうかこれはコンビニ生活の N 君とほぼ同じかあるいはそれ以上でございますコンビニ弁当やカップラーメンなんて体に悪そうだから食べないよとか食事は健康を考えてなるべく和食にするようにしていますとかそんなことを言う人がよくいますしかし今の N 君 f子さんからの例でもわかるように結局ね加工食品に頼っている限り添加物に関して言えば結局は同じ穴の狢んなんですコンビニ弁当やカップラーメンだけを避ければ大丈夫と言うほど話は単純ではないわけなんですねえぬくんレフコさんの食生活をここでは紹介しましたが自分も同じような食生活を送る 知らず知らずのうちにも添加物を日常的に食べているんです何も考えずに買って何も考えずに口にするそれはこんなにも恐ろしいことなんですこれを聞いた人は誰でもそんなに多くの添加物食べたくないよと思われるかと思います頭はいいですよどうすれば食品添加物を避けられるんだよーという人も多いと思うんですそこで3件で食品添加物と上手に付き合うポイントを分かりやすく解説していきたいと思いますでもその前に情報量が多かった人間をここいらでまとめておきますかポイント1添加物が大量に使われている食品は明太子漬物練り物ハムソーセージミートボール豚骨スープコーヒーフレッシュ醤油みりん塩酢砂糖などの調味料お酒でございますポイントに日本人の多くが知らず知らずのうちにも添加物を日常的に食べているコンビニ生活でも自炊をしていても加工食品に頼っていれば結果は同じ何も考えずに書い何も考えずに口にするのは本当に恐ろしいことであるでは次3件で食品添加物と上手に付き合うポイントについて解説していきたいと思いますではこれまでね強い食品添加物の世界を一緒に見てきました3件では食品添加物と上手につきあうために今私たちができることするべきことを上げていきましょうまずそれらを最初に列挙してしまいます食品添加物と上手に付き合うポイントは五つ市裏の表示をよく見て買うに加工度の低いものを選ぶさん知って食べる4安いものだけに飛びつかない子素朴な疑問を持つことではまず一つ目の裏の表示をよく見て買うから解説を始めていきましょうかさてスーパーなどで食品を買うときに一体どれほどの人が裏の表示を見ているでしょうか値段とかいけんそれにせいぜい賞味期限を見るぐらいで簡単にカゴに放り込んではいないでしょうかこれを聞いている皆さんはとにかくひっくり返してみてください食品を買うときには必ずひっくり返して裏を見る習慣をつけてほしいと思いますカタカナがぞろぞろ書いてあるようなものは避けましょうもちろん食品添加物が全く入っていない食品を探すというのはなかなか困難ですゼロにするのは無理と言っていいでしょうだけれど食品添加物数が少ない食品をなるべく選ぶという事ならできるはずでございます例えば野菜の水煮パック原材料表示の所に野菜の名前だけしか書いてないものもあれば漂白剤 pH 調整剤酸化防止剤といった添加物を使っているものもあります裏を見て買うのとかはないのでは大違いなんです裏の表情を見比べてできるだけ添加物が少ない方を選ぶということをぜひ心がけてほしいと思いますそれでは次ポイントの二つ目か硬度の低いものを選ぶということを解説していきましょう食品を購入するときにはなるべくか硬度の低いものを選ぶということも大切です例えばごはん全く加工されていない状態が9個目かコードが最も高いのがスーパーコンビニで売られている冷凍ピラフやおにぎりだとしましょうお米を買ってきて自宅の炊飯器で炊けば添加物はゼロでございますこれが冷凍ピラフやおにぎりに加工されると調味料かっこアミノ酸等やグリシンなどの添加物が入り込んできてしまうんですでも時間がなくて自分じゃ炊いていられないよという時もあるでしょうそんな時でも冷凍ピラフやおにぎりに安直に頼るんじゃなくてその途中の段階であるパック入りのご飯にするとかそういう工夫をして欲しいと思うんです野菜も同じこと野菜をそのまま買えば添加物は入っていませんがカット野菜やパックサラダになると次亜塩素酸ソーダで殺菌されていたりします最も加工度の高い中華丼ぶりの素などはどうでしょうかこうなるともう化学調味料やたんぱく加水分解物増粘多糖類着色料酸味料などさらに添加物は多くなってしまいますか硬度の高いものは絶対に使うなということではありません忙しい時などたまには楽をしたくなる時もあるでしょうその気持ちはよくわかりますしたまにはそんな時があってもいいと思いますただあまり頻繁に使うのはお勧めできません普段はなるべくカットしていない野菜を買ってきてて作りを心がけどうしてもという時だけ使うように心がけてみてはどうでしょうか手間を取るのか添加物を取るのかそれを心に留めておいて欲しいんですかコードが高くなればなるほど添加物は多くなります光が強ければ強いほど影も深いんだということをくれぐれも忘れないでくださいでは次ポイントの別名ん知って食べるということを解説していきたいと思います自分が食べるものあるいは家族に食べさせるものにどんな添加物が入っている 以下の添加物を取ってしまうことがわかりますその事実をきちんと知るだけでも全然違うんですごめんねお母さん今日はね忙しくてこういうの使っちゃったとお母さんも見たこともないカタカナの入ったものをあなたたちに食べさせてしまった何を食べたかを知ることによってそういう反省の気持ちが生まれるはずなんです全てを手作りすることなんてとてもできませんとか時間がなくて到底無理ですと添加物の話をするとよくそういった声を筆者は耳にするそうですこのご時世に加工食品に一切頼らずすべてを手作りするのは確かにこんなんでしょう時々はそういうものを使うのは仕方がないことだと思います必死になってたまにはそういうものを口にしますしそんな時は便利でありがたいなと思いますですから極論すれば2日コンビニのお弁当が続いても良いと筆者は言います週に3日加工食品の日があっても構わないそれでももし自分が何を食べているのかを知っていればそこからきっと家族や自分自身に対するごめんなさいの気持ちが生まれるはずです細かい毒性や危険性まで知らなくてもただ自分が今日家族に出した今日自分が口にした加工食品には添加物が入っているということを知っていれば必ず手作りの反動がくるのではないでしょうか例えば今週は3日も加工食品に頼ってしまったから残りは手作りしようそうなるのではないでしょうかだから全てを手作りなんて無理だよと言わずに一週間というスパンで考えてみて欲しいんですそのためにもまずは自分が何を食べているのかを知って食べて欲しいんですそれでは次よっつめの安いものだけに飛びつかないということを解説していきますさて当たり前なんですが寝やすいものには訳があります買い物をする時に値段だけを見て安いもの特売のものだけを買っていませんが他の職員と比べて値段の安いもの便利だなと思うものには必ず理由があるんですそしてその答えは繰り返しになりますが裏にちゃんと書いてあります大手スーパーは価格破壊を打ち出したりしていますよね鹿取引をすることで問屋の中間マージンをなくしたと主張していますがそれだけで値段が2割も3割も安くなるはずがないんですよ価格破壊の裏側には筆者のような添加物や加工食品業者の暗躍があったんです昨日まで398円だったソーセージを298円で売りたいと言われれば利益は変わらず298円のものを作るそれがプロの仕事なんですよは材料の質を落としてそのぶん添加物を駆使してそれなりのものを作り上げるですしかしそんなそれなりのものでも消費者は値段だけを見てこれは居やすいラッキーとか言って買って行ってくれるんです水だってそうですよ今は水ブームでスーパーでは様々花ミネラルウォーターが売られていますよね海洋深層水活性水素水還元水イオン交換水電気分解水などなど普通の消費者にはあまりに複雑でどれを選べばいいのか分からないほどでございますしかし注意していただきたいのはスーパーで売られている癒水それなりの水は単に水道水を機械レッドおかしいミネラル尾根強引に加えただけのものだということでございますもちろんで水道水を浄化して売るのが悪いというわけではありませんただあたかも自然のミネラルウォーターだと誤解させてしまうところはやはり問題ですしそもそも筆者個人としてはそうやって強引にミネラルを加えたものよりはシンプルイズベストで自然の水を非加熱処理したものを飲みたい例えば富士の湧き水のように江戸時代に富士山に降った雪が溶け出してゆっくり地下を流れてきた水には人工的にはとても作られないようなそれはそれは貴重なミネラルが吹く生まれているんですどうして2 L 100円の水から1000円以上する水まであるのだろうコーでもそんな素朴な疑問を持って欲しいんです安いものには訳があるそれだけはくれぐれも肝に銘じておいてくださいそれでは次いつつめの素朴な疑問を持つことというポイントを解説していきたいと思いますまずは素朴な疑問を持つことですこれが添加物と向き合う加工食品を選ぶ最初の第一歩になります例えばなぜこの明太子はこんなに綺麗な色をしているんだろうとかなぜこのハンバーグはこんなに安いんだろうとかなぜこのパックサラダはいつまでも忍びないんだろうとかこうした素朴な疑問を持つことが全ての始まりでございます話がそれるので詳しくは述べませんが農薬の問題だって同じことですスーパーで売られている3本入りが一袋100円の人参ですどうして自然に育った野菜が均一に揃っているんだろうそう 裏のラベルを見てくださいその答えは自ずと出るはずでございますそれでは3件の内容をまとめておきましょうか食品添加物と上手に付き合うポイントを1つ紹介させてもらいました1裏の表示をよく見て買うことにか硬度の低いものを選ぶことさん知って食べること4安いものだけに飛びつかない事を後素朴な疑問を持つことさて皆様いかがでしたでしょうか本日はね非常に怖い話をしてきたんですが私たちが生きる今の世界では食品添加物が大量に溢れておりそのすべてを遠ざけることはできませんしかしまずは現実を知り少しでも自分の意識を変えることができればその量を大幅に減らすことができるんですそして量を減らすかどうかもまず事実を知った上で私達一人一人の選択に任せられているんです今回の動画が皆様が賢い選択をされるきっかけとなれたら私はこれ以上の喜びはござい汚染本日は以上でございますまたこのチャンネルの他にも面白いチャンネルをやっておりますので興味のある方は概要欄のリンクからおとづれてそちらもチェックして頂けると嬉しいです本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事