【VODで読める電子書籍】『酪酸菌を増やせば健康・長寿になれる~今、話題の酪酸・酪酸菌のすべてが分かる!(内藤裕二 [著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,760 (2022/05/20 10:16:27時点 楽天市場調べ-詳細)
長寿や免疫に効果があることや、最近ではコロナとの関連性で注目される酪酸産生菌。
世界でもトップクラスの長寿国・日本の中でも、特に100歳以上の<百寿者>が多いとされている地域での調査によると、腸内フローラ中、酪酸を作る菌の保菌率が、平均より10%強も高いことが明らかになった。

免疫の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞したメチニコフ博士が、乳酸菌による不老長寿説を提唱して以来、100年以上が経過し、21世紀になり腸内細菌叢と健康長寿の研究が盛んになっている。いわゆる善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌に加えて、最近注目度が高まっている酪酸産生菌。
短鎖脂肪酸の中でも酪酸を産生する菌を酪酸産生菌と呼び、多くの細菌が含まれる。腸内細菌により産生される酪酸は腸管上皮細胞のエネルギー源として利用され、腸管粘膜の恒常性維持に重要であることは以前から知られていたが、最近になり、免疫、代謝などに対する様々な新知見が報告されている。
第1章では、健康長寿における腸内細菌叢、腸内環境の重要性について説明し、日本の現状を紹介。
第2章では、やや専門的な科学的最新情報について触れる。
第3章では、健康長寿のために、現時点で実践可能な酪酸菌を増やす生活習慣を提案。

私たちの体内で暮らす100兆もの「腸内細菌」。いったい何者でどこから来たのか? 無酸素をこよなく愛する彼らは、紆余曲折の末「腸」に辿り着き、様々な物質を生産することで、母体をコントロールする術を学んだ。やがて、ヒトの免疫を飼い慣らし、食の好みを決め、脳さえもあやつる力を持つまでになる。その可能性は、まだまだ無限で、医学界の期待を集めている。

※電子書籍『酪酸菌を増やせば健康・長寿になれる~今、話題の酪酸・酪酸菌のすべてが分かる!(内藤裕二 [著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『酪酸菌を増やせば健康・長寿になれる~今、話題の酪酸・酪酸菌のすべてが分かる!(内藤裕二 [著])』本要約チャンネルの健美です今回は京都府立医科大学教授の医師である内藤雄士先生が書かれた酪酸菌を増やせば健康長寿になれるを解説していきたいと思いますさて本日は皆様がこれまであまり聞いたことがないであろう酪酸菌というものを増やせば私たちは今よりももっと若々しくいつまでも健康にいられるんだというお話をしていきたいと思いますなかなか聞いたことがない内容がたくさん含まれていると思いますのでぜひ最後までご覧頂き新しい知識をどんどん身につけていただき皆様の情報のアップグレードをしていただきたいと思います本日の動画では本書の中で特に個人的に重要だと思ったポイントにフォーカスして解説していきますこの動画を見ることによってこの方がいいなと思っていただけましたら概要欄にリンクを入れておきますのでぜひ一度本書を手にとって全て絵の内容をチェックしていただきたいと思いますそれでは楽しんでリラックスしながら交渉の内容に一緒に切り込んでいきましょう本日のお品書きは次の通りです1件でいつまでも吹けず長生きできる人の共通点について2件で炎症とアレルギーを減らしがんを予防したければまるまる金を増やしなさいということについて3件で超大ツルピカにしてくれる酪酸菌を増やす最強習慣3選についてお伝えしていきたいと思いますそれでは早速1件のいつまでも吹けず長生きできる人の共通点とはというお話からスタートしていきましょうさてまず先に非常に重要なことを申し上げておきたいと思いますそれはいつまでも吹けず長生きできる人の共通点とは一体何かということですつまりいつまでも吹けず長生きできる人の共通点とは腸の状態が良いということであります健康的に長生きしたいとあなたが思っているのであればまずやるべきことは腸の状態を整えるということなんです皆さん今普通に生きていてですよ腸の状態をどれぐらい気にしているでしょうか最近では腸の重要性が叫ばれており多くの人が腸の重要性を認識するようになってきたように感じますそして腸内環境を整えるために毎朝しっかりとヨーグルト食べていますとか食物繊維をしっかり取るようにしているとある程度長に気を使っていらっしゃる方もいるでしょうあるいはまったく長のことを意識せずに暮らしてきたよという人もいるでしょう多少気を使っている人もそうでない人もぜひ今回の動画を通してもっともっとあなたの帳簿をもっと今よりも労ってあげてほしいということをお伝えしたいですあなたの家に着いて Siri あなたの長とかよく共存して生きていく道を選択して欲しいと思うんです健康長寿のカギは腸にありという非常に重要なことをまずお伝えさせていただきましたではここから具体的に健康長寿における腸内細菌叢腸内環境の重要性について深掘りして解説していきたいと思いますですが性について語る前にまずは日本の現状はどうなっているのかという事を皆様に最初にお伝えせねばなりませんそのような日本の現状から徐々にちょうの重要性が見えてくるんです皆さんもご存知のように日本人の寿命というのは一直線に伸び続けております1947年には50才台だった平均寿命ですがその後に乗り続け2021年に厚生労働省が発表した2020年の平均寿命は男性で81.64歳女性で817.74歳と前年に比べても伸びておりますそして2050年には日本人女性の平均寿命は何豆腐九十歳を超えると予想されておりますリンダグラットンさんのライフシフト100年時代の人生戦略という本が出たことをきっかけとして人生100年時代といったフレーズがよく取り上げられるようになってきましたがこのペースで私たちの寿命が延びていけばまさに人生100年時代が到来します実際昔は100歳を超えて生きる人というのは極めて珍しかったわけですが今では100歳を超えて生きる高齢者は8万人を超えているんですそして今後もどんどん増えることが予想されておりますそして100歳を超えて生きる高齢者が増えてきたことで私たちが知りたいのは100歳を超えて生きる人たちにはどんな特徴があるのかということでしょう このことから癌や新血管疾患を予防することは平均寿命健康寿命に大きく貢献できる可能性がありますそしてがん予防については最近様々な大きな進歩があります例えば胃癌の原因の99%はピロリ菌が関与することが明らかになりピロリ菌に対する治療も確立されました皿に内視鏡を用いた胃がん検診も積極的に拡大されそう いよいよ帳についての大切な知識を一緒に深めていこうではありませんかまずはよく効く腸内フローラとは一体何かということからお伝えし関係はまさに win-win の関係と言えるんです 一度は聞いたことあるでしょう善玉菌は消化吸収の補助や免疫刺激など健康維持や老化防止などへ影響がある金のことで代表的な金にはビフィズス菌や乳酸菌酪酸菌などがありますでは善玉菌の中でも効果の高い善玉菌は 先生は特にこの酪酸菌に注目しており酪酸菌を積極的に摂取することによって様々な健康効果が私たちにもたらされその結果健康的に長生きすることができるとおっしゃっているんですというわけでここからは酪酸菌がどのような健康効果を私たちにもたらしてくれるのかということを一緒に見ていきましょうまず紹介したい酪酸菌の効果は炎症を抑えてくれるというものであります炎症とは体内に侵入した異物を排除する機能であり異物が排除されると治る一時的な反応を急性炎症と言いますこの急性炎症は私たちが生きていくために絶対に必要なものですが一方で慢性炎症という恐ろしい炎症もあります一般的に炎症を減らすべきといった悪いイメージで語られる炎症は慢性炎症のことでありこの慢性炎症は様々な病気の引き金になってしまいますから積極的に抑えていかなければならないものになりますそこで酪酸菌が効果を発揮してくれるわけなんです日本人の腸内フローラの中には炎症を抑制してくれる素晴らしい細菌が多数存在しておりますその中の代表的なものが酪酸菌であり酪酸菌は制御性 T 細胞を誘導し炎症を抑えることに役立ってくれます制御性 T 細胞とは炎症反応を抑制的に制御し免疫応答が過剰にならないようにするブレーキの役割を持った細胞で人の免疫を維持していくためにとても重要な細胞であります酪酸菌はこの制御性 T 細胞を誘導してくれるから免疫応答にブレーキがかかって炎症が減るというわけなんですねまた楽さんは制御性 T 細胞だけではなくて炎症に関わる多くの免疫細胞に対しても影響を与えます例えばマクロファージ B 細胞といったものにも作用ししょうや関節の炎症を軽減してくれるということが分かっていますさていかがでしょうか体内の炎症を減らすことは健康的に長生きするためにもいつまでも若々しくいるためにも様々な病気の発症リスクを減らすためにもとても重要なこととされていますのでぜひあなたの腸の酪酸菌を増やして体内の炎症を減らしていこうではありませんか酪酸菌が体内の炎症を減らすことに貢献してくれるということをここまでお伝えしてきました他に酪酸菌にはどのようなメリットがあるのでしょうか是非皆さんにお伝えしておきたい酪酸菌のメリットとしてアレルギーを軽減してくれるというものがあります日本人の二人に一人が花粉症アレルギー性鼻炎アレルギー性皮膚炎などなど何かしらのアレルギー症状を持っていると言われアレルギー疾患は今や国民病とも呼ばれているほどです楽さんにはそんなアレルギーを予防軽減する可能性もあると報告されているんです詳しいメカニズムについてはちょっとここで説明すると難しくになりすぎてしまいますのでとりあえず酪酸菌にはアレルギーを軽減してくれる効果があると示唆されているんだということだけ知っておいていただければ十分かと思いますですから今何かしらのアレルギーに苦しんでいますという方は酪酸菌を積極的に増やすようにすればそのつらいアレルギー症状が軽減されるかもしれませんまた腸とアレルギーには強い関連性があるということも分かっています喘息や花粉症アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の発症には腸内環境が深く関わっていることが指摘されております例えば腸内細菌の働きによって生み出される短鎖脂肪酸という物質がアレルギー反応を軽減するなどの研究結果が報告されているんですですからアレルギーに苦しんでいるという人は腸内環境を整えてあげる事によってかなりの程度アレルギーが軽減されるということが推測されます今アレルギーに苦しんでいらっしゃる人ほどもっとあなたの腸に意識を向けていただきたいと思うんですではアレルギーを軽減してくれるというメリットの次にお伝えしたい酪酸菌のメリットはがんを予防してくれるというものです日本人の癌の中で最も患者数が多いのは大腸がんです大腸がんによる死亡者数がアメリカよりも多くなってきて女性の癌による真の市男性の3位は大腸癌でありますつまり大腸癌にならないようにしっかりと対策することは健康的に生きる上でとても 含まれていないんです大腸がんの予防に必要なことは食物繊維の摂取量を増やすことかもしれませんですからこれを聞いている皆さんにはぜひ意識して食物繊維を摂取して頂きたいと思うんですそれではこの辺で人間の内容をまとめておきたいと思います2件ではなく山銀がもたらす圧倒的な健康効果を三つご紹介しました一つ目は免疫細胞に作用し炎症を軽減してくれるというものでした二つ目はアレルギーを軽減してくれるというものでした三つ目はがんを予防してくれるというものでしたそれでは次3件で超ツルピカにしてくれる酪酸菌を増やす最強習慣3選について解説していきたいと思いますさて腸内細菌の一種である酪酸菌は楽さんという私たちにとって非常に有益な物質を作り出してくれる金の訴訟で腸の状態を整えさらには炎症アレルギーを抑えてくれがんの予防にまでなるという最強の腸内細菌でありますこの酪酸菌を私たちの腸の中で増やすことができればいつまでも若々しく病気とは無縁で健康的に長生きすることができますではどうすればこの素晴らしき酪酸菌たちを増やすことができるのでしょうかコーデは酪酸菌を増やすための次の三つの最強習慣をご紹介したいと思います酪酸菌を増やす最強週間市いつもの食事にプラス5 G の水溶性食物繊維を追加するに酪酸菌を摂れる食べ物やサプリメントを摂取するさんエクササイズで酪酸菌を作り出すではそれぞれ具体的に一つずつ取り上げてできるだけわかりやすく解説していきたいと思いますそれではまず一つ目の酪酸菌を増やす最強週間ですいつもの食事にプラス5 G の水溶性食物繊維を追加するについて解説していきたいと思いますさてまずは何といっても酪酸菌を増やすためのポイントは酪酸菌のエサとなる水溶性食物繊維を十分に摂取することであります酪酸菌は私たちに様々なメリットを与えてくれるまさに最強の親友のような存在ですその親友にしっかりと水溶性食物繊維というご飯を振舞ってあげる必要があるんです特に水溶性食物繊維の中でも発酵性の高い食物繊維を日々の食事に継続して取り入れることが大切であると著者は言いますこう言うと毎日取り続けるのが大変だなあと思う人いるかもしれませんがちょっとした工夫で無理なく取り続けることができます例えば自宅でご飯を取るのならばご飯を炊く際に水溶性食物繊維が豊富な大麦をプラスするとかあるいは玄米や発芽玄米を炊いてみるとか漬物やキムチなど保存のきく発酵食品を冷蔵庫に常備しておくとか感触や食後のデザートにヨーグルトをチョイスするとかバナナキウイりんごといった食物繊維が豊富なフルーツを食べるなどなど簡単にできる工夫はたくさんあります皆さんもねこれぐらいなら気軽に実行できるのではないでしょうかまたね外食をするのならば食事にワカメなどの海藻類が入った具だくさんな味噌汁をプラスするとかサラダのドレッシングは玉ねぎを使ったドレッシングをチョイスするとか野菜の多いメニューや定食をチョイスするとかコンビニでランチを買うのならばもずくやひじきの煮物きんぴらごぼうなどの副菜をプラスするなど小さな工夫で食物繊維の摂取量を増やすことが出来ますまた著者は水溶性食物繊維の不足を補うためりえスペシャルスムージーを飲んでいらっしゃるそうですからこのスムージーを飲んでみるのも良い選択肢のひとつだと思います著者がいつも飲んでいるスムージーとはこう発酵性食物繊維として知られるグア豆分解物さんフィーバーが5 G そして豆乳バナナ一本はちみつ緑茶青汁粉末が入ったものだそうです是非試してみてくださいそしてお好みできなこやオリーブオイルを追加するのも良いでしょう繰り返しますが水溶性食物繊維の中でも発光性の高い食物繊維を積極的に摂るように意識してほしいと思います発酵性食物繊維とは茶色系の食品に多く麦ご飯玄米ご飯全粒粉のパン小麦シリアルなどの主食からたくさん摂取することができます茶色いものを意識して下さいそしておかずならば根菜類菊芋豆類といったものが発酵性食物繊維が豊富な食べ物になりますそしてフルーツにも発酵性食物繊維が含まれております 酪酸菌のエサとなる水溶性食物繊維中でも特に発酵性の食物繊維を摂ろうということをお伝えしましたこういった餌を取ることによって酪酸菌が育ってくれるわけですが腸内環境を整えるためには餌を与えて育てるだけではなくて酪酸菌などの善玉菌そのものを摂取して補っていくことも重要です餌と一緒に善玉菌そのものを摂取してあげればより効果的であるというわけなんですね善玉菌は味噌やヨーグルト漬物キムチなどの発酵食品から摂取することがあってきますただ善玉菌の中でも今回のテーマである酪酸菌を含む食品は実はあまりなくて食品から酪酸菌そのものを摂取するのは難しいそうですそこでサプリメントを活用するのも一つの選択肢だと思います今日の健康にとって重要な働きをする3金を増やすために酪酸菌が配合されたサプリメントを摂取するのも良いでしょう例えば次のようなサプリメントがあります市アリナミン製薬の美容スリー Hi 錠2ミヤリサン製薬の基本ミヤリサン錠3太田胃散の太田胃散整腸薬こういったものが乳酸菌が配合されたサプリメントになりますそしてこれらは Amazon などで入手することができます参考に概要欄に Amazon のリンクを入れておきましたので興味のある方はチェックしてみて下さい是非食物繊維たっぷりの食事と組み合わせてサプリメントや成長剤持っ上手に活用していこうではありませんかさていかがでしたでしょうかそれではここまでで二つ目の酪酸菌を増やす最強週間酪酸菌を摂れる食べ物やサプリメントを摂取するについての解説を終わりにして次にいきましょうかそれでは次の三つめの酪酸菌を増やす最強週間エクササイズ酪酸菌を作り出すについて解説していきたいと思いますさて食物繊維を十分にとっていただくそして善玉菌そのものを摂取していただくのと同時に皆さんにぜひ行っていただきたいのが運動になりますなんとね食生活の改善だけではなくて運動習慣を改善することによっても腸内の酪酸菌を増やすことができるからです例えばある研究では息が上がるような家や強度の高い運動を30分から60分間週に3回を6週間続けて行うことで BMI にかかわらず酪酸菌が増えるということが報告されておりますまたこの効果は普通の体重ある岩井痩せ気味の人でより顕著だったとされています逆に運動する習慣を止めてしまうと酪酸菌が減ってしまうということも示されているのでやはり定期的に運動するという健康に良い当たり前の週アンを持つことが重要です運動には様々なメリットが報告されておりますが運動は腸の健康を維持するためにも必要なものだったんですね速足で歩くといった軽めの運動からでも良いですから1日30分運動するという素晴らしき週間を皆さんにはぜひ身につけていただきたいと思いますそして運動するのが好きなら週に3回程度ランニングやサイクリングなどの有酸素運動をするのもおすすめでありますさていかがでしたでしょうかそれではここまでで酪酸菌を増やすための最強習慣についてお伝えしてきましたついでにその反対の酪酸菌を減らしてしまう NG の習慣についても最後に少し触れておきたいと思いますいくらね酪酸菌を増やすための最強習慣を実行していただいても酪酸菌を減らしてしまうようなダメな習慣がまだ残っていると意味がありませんので同時に来いいった悪い習慣もやめていただければ嬉しいですまず紹介したい酪酸菌を減らす NG 習慣はお酒をついつい飲みすぎてしまうという習慣ですさてこれは結構当てはまる人いるのではないでしょうかアルコールを摂りすぎると大腸菌などの悪玉菌が増え腸内で作られる毒素が増える原因となりますそれらの毒素によって長官のバリア機能が破壊されると毒素が全身へと移行し炎症を起こすなどの悪影響につながる恐れがありますお酒の飲み過ぎは腸内フローラにとって良くないということをぜひ覚えておいて欲しいですでは次に紹介したい酪酸菌を減らす NG 習慣は漫然と抗生物質や胃酸分泌抑制薬を飲み続けてしまうという習慣です確かに抗生物質は病原菌を撃退するには有効ですしかし抗生物質を使いすぎると害の て引き起こされる風邪は抗生物質の服用は推奨されないとされていますたまにねまるでんのど飴を舐めるような感覚で抗生物質を気にせずにパクパク飲んでいる人がいますが必要以上に抗生物質を飲みすぎることはやめましょうではを次に紹介したい酪酸菌を減らす NG 習慣はだらしない生活を送ってしまうことです例えばほとんど動かず座りぱなしでいる生活は腸内フローラに悪影響を及ぼしてしまうということが分かっています座りがちな生活をしている人はアクティブな生活をしている人と比べて善玉菌が少ないという報告もありますそして運動不足も腸内フローラにとって良くありませんさらには生活リズムが不規則になっていると腸内フローラを乱す原因になりますさらについつい夜更かしをして睡眠不足になってしまうと腸内フローラが乱れ肥満などの代謝異常につながる可能性も報告されておりますだらしない生活を送っていると生活習慣病などの様々な病気のリスクが高まってしまいますが貴方にも悪影響が及んでしまうんだということをぜひ覚えておいてほしいですそれではこれで3件の内容をまとめておきたいと思いますポイント13件では酪酸菌を増やす最強週間を三つ紹介しました一つ目はいつもの食事にプラス5 G の水溶性食物繊維を追加するという習慣でしたそして二つ目は酪酸菌を摂れる食べ物やサプリメントを摂取するという習慣そして三つ目はエクササイズで酪酸菌を作り出すという習慣でしたポイントに同時に酪酸菌を減らす最悪な習慣についても三つ紹介しました一つ目は大崎をついつい飲みすぎてしまうという習慣二つ目は漫然と抗生物質や胃酸分泌抑制薬を飲み続けるという習慣そして三つ目はだらしない生活を送ると言う週間でしたこういったものは酪酸菌を減らしてしまう最悪な習慣ですからぜひやめて頂きたいと思うんですさて皆様いかがでしたでしょうか本日は一貫して酪酸菌の重要性と酪酸菌の素晴らしさについて解説してきたわけであります是非本日の動画を見ることで酪酸菌の魅力を知っていただけたあなたは今後酪酸菌を意識した生活を送っていただければと思うんです本書は様々な研究データを紹介しながらかなり専門的なところまで長について深く掘り下げて詳しく解説してくれておりますやや難解な専門的な内容もありますが腸について詳しくなりたいと思う人にとっては非常に勉強になる一冊だと感じました本日の動画では全ての内容を扱うことはできませんでしたのでこの動画を見ることによってこの方がいいなと思っていただけましたらぜひ一度手にとってよ深く学習されてみてください本日の動画を見ることによってもっと今までよりも腸を大切にし腸内細菌という大切な親友をいたわってあげようと皆様の意識が少しでも変われば私はとても嬉しく思います本日は以上になりますこの動画がよかったという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップに繋がりますのでチャンネル登録と高評価ボタンどうぞよろしくお願いいたしますまた本要約チャンネル質問回答チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルをやっておりますので興味のある方は他のチャンネルにも概要欄のリンクから訪れていただけるととても嬉しく思いますそれではまた次の動画で皆様に会えることを楽しみにしております本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事