【VODで読める電子書籍】『血管をよみがえらせる食事 最新医学が証明した心臓病・脳疾患の予防と回復(コールドウェル・B・エセルスティン[著], 松田麻美子[監修, 翻訳])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

心臓病と脳卒中は日本の死因の第2位と第3位を占めています。
また働き盛りの年齢の突然死も非常に問題となっている現状です。
本書は重度の心臓病を患っていたビル・クリントン元アメリカ大統領をはじめ、
世界のVIPが実践している、血管疾患のための食事療法を紹介しています。
著者のエセルスティン博士は
世界的に大ヒットしたドキュメント映画「フォークス・オーバー・ナイヴス」に登場した
世界的心臓病の権威です。
著者による科学的検証を重ねた食事が血管に与える影響と、
食事を変えるだけで90%閉塞した血管がよみがえる症例写真は見る人に大きな衝撃を与えるでしょう。
本書の食事プログラムに従うだけで、
心臓病や脳卒中は言うまでもなく、糖尿病や関節リウマチなど多くの日本人が患っている生活習慣病、
アレルギー疾患、EDなどあらゆる病気の予防や改善が可能となります。

現在、心臓病や脳卒中のトラブルを抱えている人のみならず、
病気をしない身体を手に入れたいと考えている
全ての人たちに読んでいただきたい1冊です。

※電子書籍『血管をよみがえらせる食事 最新医学が証明した心臓病・脳疾患の予防と回復(コールドウェル・B・エセルスティン[著], 松田麻美子[監修, 翻訳])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】ではまだ取り扱っていません。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『血管をよみがえらせる食事 最新医学が証明した心臓病・脳疾患の予防と回復(コールドウェル・B・エセルスティン[著], 松田麻美子[監修, 翻訳])』心臓病の脳卒中も予防可能であるばかりか回復さえも可能です血管にダメージを与える根本原因となっている食習慣を改めればいいだけだからです皆さんどうもこんにちは本要約チャンネル納涼です本日ご紹介する本は血管を蘇らせる食事最新医学が証明した心臓病脳疾患の予防と回復です心臓血管外科医でもある著者による心臓病予防のための O 型の人となっています現在心臓病と脳卒中は日本の死因の第2と第3位を占めていますまた働き盛りの年齢の突然死これも非常に問題となっていますよねこんそれは重度の心臓病を患っていたアメリカのクリントン元大統領をはじめ世界中の VIP が実践している血管疾患予防のための食事療法が紹介されていますほんその食事プログラムに従うだけで心臓病や脳卒中は言うまでもなく糖尿病や関節リウマチなどの生活習慣病アレルギー疾患 ED など我々多くの日本人が患っているあらゆる病気の予防や改善が可能となるんです是非本日の動画でそのプログラムをマスターし実生活に生かしていてください本日紹介する内容は以下の三つです第1章コロナより強い毎年31万人以上の日本人を死に至らしめる病気とは第2章心筋梗塞が起こる本当の原因第3章油屋ナッツは食べちゃダメ血管のための栄養摂取プログラムのすべてご自身の食習慣やコレステロール値が気になる方には非常に有益な内容となっています是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第一層コロナより強い毎年31万人以上の日本人を死に至らしめる病気とは心臓病と脳卒中は日本では癌につくし第二の病気です毎年31万人余りもの人がこれらの病気で亡くなっていますこれらの病気は何も玄関に与えられるダメージによって引き起こされる病気で厚生労働省のデータによれば2019年の心臓病歯は207714件中止は106552剣で合計314206件ですこの数字を現在世界中を震撼させている新型コロナウイルスによる死亡者数と比べてみましょう日本の新型コロナウイルス感染による死亡者数は2021年5月11日現在で合計10860人です今現在もテレビのニュースでは連日新型コロナウイルスの情報で持ちきりです政府も医学会もそしてもちろん私たち一般人も新型コロナウイルスのパンデミックを極めて深刻に受け止め感染防止や感染者の治療のために懸命に闘っています一方心臓病や脳卒中などの血管疾患に対してはどうでしょうか死者は年間31万件と新型コロナウイルスの30倍以上にもかかわらずこれらの病気の予防や改善に対して新型コロナウイルス同様の関心が現れているとは思えませんしかしですね心臓病や脳卒中は大変恐ろしい病気ですそのリスク因子となる高血圧や脂質異常などはたとえ薬である程度はコントロールできていたとしても大抵の人はある日突然発作に見舞われ死に至ってしまうんです国民の二人に一人が心臓病で亡くなるアメリカでは心臓病患者の四人に一人は初めての症状=死というあまりに唐突であっけない突然死によりその一生を終えると言いますとしてそのような心臓発作の9割は検査で発見することもできないとも言われています心臓病脳卒中の予防可能であるばかりか正しい治療すれば回復さえ可能なんですその正しい治療とは食事に他なりません血管にダメ 多くの医師は後のことを思い違いしているようです過去100年余りの間アメリカの医学会では病気の機械的な治療がますます支配的になってきていますその最たるものが手術ですしかし手術には重大な欠陥があります手術には膨大なお金がかかり痛みを伴います場合によっては深海症状を引き起こしたり外観を損ねたりしますしかも大抵の場合手術による治療効果は一時的なもので対症療法でしかないですここに興味深いデータがありますアメリカ合衆国の人口は世界人口のわずか5%に過ぎないにもかかわらず毎年アメリカで行われている血管形成術とバイパス手術が世界中で行われている50%余りを占めているんですその理由の一つはなんとテレビドラマの影響であると言われています心臓病手術はロマンティックかつドラマティックであるため心臓外科医は医者の花形とみなされそのことがアメリカでこれだけ多くの手術を行われるモチベーションになっているというんですしかし現実はどうでしょうか現実はテレビドラマのようにはいきません心臓移植患者の多くは手術から2週間のうちになくなってしまいますしかも彼ら全員が残された最後の日々を生命維持装置の管に雁字搦めになって生きることを知られるんですこれが QOL すなわち生活の質の大幅な低下でなくて何でしょうかそのようなほとんど効果のない施術が医学界を支配し続けているんです一方でここ最近このような医学会の傾向に変化の兆しが見えてきましたハーツのコントロール家禁煙コレステロールの減量運動食習慣の改善などのライフスタイルの転換が健康全般にとって不可欠であるということに医師や研究者が徐々にではあるんですが気づき始めているんですリッツバグ大学のリリースから話せが最近国立心配血液研究所の10年にわたる心血管研究の結果を発表しましたその結論は次のとおり衝撃的なものでした伝統的な欧米風のライフスタイルを送る65歳以上のすべての男性は心疾患に犯されているしたがって彼らは心臓病患者として治療されるべきであるように思われるかもしれませんが食生活の欧米化がここまで進行した我々日本人も当然うかうかしてはいられませんまた1999年カリフォルニア大学の心臓血管形成術による手術の場合とコレステロール値を低下させる薬を使用した場合と比較する研究を行いましたそこで分かったことは血管形成術を受けた患者よりもコレステロール値を下げるための薬を投与された患者の方が心臓発作が少ないという事実でしたつまりリスクの高い手術よりもリスクの低い薬を用いてコレステロール値を下げる方が優れているんだということが1999年の時点で証明されていたんですこの研究は同時心臓イタチの間にかなりの混乱を引き起こしましたその理由は単純です心臓イタチは手術によって毎年何十万ドルもの大金を稼いでいるんで特に人気の心臓外科医の場合は年間100万ドルつまり日本円で6円を稼ぐケースも珍しくないんです一社のみならず彼らを雇用する病院も当然儲かりますそのような理由から手術が無意味であることが何年も昔から明らかであるにも関わらず医療会はその事実を無視し続けていたんです勝者は一人の椅子としてこのような医学界の現状を恥ずかしく思うといます医師は手術よりもコレステロール値を下げる方が有効であるという事実から目を背けず患者の利益を第一に行動しなければならないんですそして食習慣の改善こそが雪に変わる心臓病治療の第一選択なんですが作成した食生活改善のためのプログラムを見た心臓イタチは大抵それを実施することにより冠動脈疾患の進行を止められるということを認めると言います 体操療法にすぎずその効果は一時的ですが食習慣の改善は血管の根本治療でありその効果は時間が経てば経つほど大きくなっていきますそんな魔法のような栄養摂取プログラムとはどのようなものなのか気になりますよねプログラムの内容に入って行く前に一度ここで第1章まとめておきましょうポイント市2019年には日本で207714人が心臓病で亡くなり106552人が脳卒中で亡くなったつまりこの年に血管障害が原因で亡くなった人数は合計314266人にのぼるポイントに血管障害の治療ではリスクの高い手術よりも薬を用いてコレステロール値を下げる方が効果的であることが1999年の時点で証明されていたポイント3にも関わらず医学会は自らの既得権益を保護するために食生活の改善という治療法を無視し感謝を無意味な手術の犠牲にしている第2章心筋梗塞が起こる本当の原因第1章では血管障害の治療のためには手術よりも食習慣の改善が大切であるということを見てきました具体的にどのような食生活を実践すべきかという話に入る前に今一度心臓病がなぜ起こるのかについてここで復習しておきましょう心臓病の原因を理解しておくことでこの後見ていく栄養摂取プログラムのメニューがなぜ素晴らしいのかを理論的にもご理解いただけるはずですすでに心臓病に詳しいよという形であればこの章は飛ばしてしまって構いませんさてでは説明に入りましょう心臓病の一番の原因はコレステロースイッチであると言われます皆さんの中にも健康診断などでコレステロール値を素敵されたことがあるよという方がいらっしゃるのではないでしょうかしかしなぜコレステロール値がそこまで重要であるかを説明できる人は少ないでしょうコレステロールは白色王室の別で私たちの体の全ての細胞を覆っている細胞膜に不可欠な成分でありまた性ホルモンの原料でもありますそんな大事なコレステロールなんですが実は私たちはそれを体内で作り出すことができますつまり私たちはそもそもコレステロールを摂取する必要がないんですところが私たちは普段から物資や豚などの赤身肉や鶏肉魚乳製品や卵をその他様々な動物性食品からコレステロールを摂取していますそのため私たちの体は過剰なコレステロールで溢れかえっているんですまた体は脂肪を原料にしてコレステロールを生産することから動物性食品の摂取によって得られた死亡により更に過剰な量のコレステロールが合成されるんで例え肉類を控えているベジタリアンでも油やバターチーズ牛乳アイスクリームなどを食べることによって血管障害を引き起こしてしまうのはこのためですコレステロールは HDL コレステロール割る善玉コレステロールと ldlコレステロールいわゆる悪玉コレステロールに分けることができます HDL コレステロールは体内に存在する過剰なコレステロールを集めて血管から肝臓に運びます肝臓に運ばれたコレステロールが肝臓内で分解されることで体を心臓発作のリスクから守っているねこのため HDL コレステロールっては気にする必要はありません問題なのは ldlコレステロールです ldlコレステロールが多いとそれが体中の動脈壁に沿って堆積していきそのゴミの山がプラークの形成を促しますプラークは血管を狭め最終的に血管を完全に詰まらせてしまうんですこれが心臓を栄養する血管で起これば心筋梗塞に脳の血管で送れば脳卒中となってしまいますさらに詳しく見ていきましょう血管やリンパ管そして心臓の大内部の内幕はない石と呼ばれます健康な動脈は強く弾力に富みその内膜は滑らかで遮るものがなく血液が自由に流れていきますところが血液中の脂肪レベルが高くなると血管の内部が次のように変化しますまず徐々にないしや白血球そして血液の凝固を引き起こす血小板だね僕なりますすると白血球がない歯に付着し水にはその内部に侵入します しかしこれだけではまだ心筋梗塞は起こりません実は心筋梗塞を引き起こすのはこのような古くて大きなプラークではないんですほとんどの心筋梗塞はまだ若くて小さな脂肪質のプラークが破け心臓栄養する動脈の中に出血するときに生じるんですグラークが形成される時くるものほどの厚さの一層のな石でできた繊維製のマークが出現しますプラークを包み込むようなこの膜はキャップと呼ばれます若いプラークはしばらくの間キャンプに保護され患者本人や医学的な検査に気づかれないままそこでじっとしていますしかしその間にも心筋梗塞のプロセスは進行していくんです ldlコレステロールを飲み込むことで満杯になってしまった先ほどの白血球が若いプラークのキャップを破壊する化学物質を放出するんですそれにより蜘蛛の巣ほどの厚さのキャップはさらに薄くなり最終的には弱くなったキャンプにかかる血流刺激によってキャップが破れてしまいますプラークのマークであるキャップが破れることでプラークの内容物つまり海が血管の中に放出されてしまうんですそれだけではありませんキャップが破れたことで身体の自然治癒力がそれを修復しようとしますそこで血小板という血液凝固のために働く物質が活性化するんですすると血小板は血管内にできたプラークの破れを固めますそのようにしてできた凝血塊が自己増殖しラップの破れによって吐き出された海と相まってそのうちに動脈全体を詰まらせて死亡して心臓が下がれ血流が停止すると心臓の筋肉は当然死に至りますこれこそが心筋梗塞の正体なんですたとえ運良く一度の発作を乗り切れたとしても死んでしまった心筋は傷跡になり心臓の動きを弱めますこの状態はうっ血性心不全という病気になって現れるんですまたこれと同じようなプラーク形成のプロセスが心臓とは別の血管で起きた場合であっても同様大変危険であることは言うまでもありませんその上プラークの一辺が有利して血流を運ばれついにはどの発生源よりもはるか離れた場所の結果を塞いでしまうなんてこともありえるんですさて長々と心筋梗塞が発生する騎乗述べてきました難しい話だったかもしれませんが皆さんに覚えておいてほしい事実はひとつだけです今見てきた通り心筋梗塞を発生させる根本原因はただ一つ ldlコレステロールの過剰摂取なんです逆に言えば心筋梗塞を予防したければ ldlコレステロール値を下げるだけでいいということですそこで著者は以下のように断言します ldlコレステロール値を80 MG パー DL 以下に下げるために植物ベースの栄養摂取プログラムに従えば脂肪やコレステロールを動脈の中に蓄積させることはできないとてもシンプルな結論ですねこのように考えればなんだか心筋梗塞を予防するのは簡単なことのように思えてきますよね自称ではいよいよ ldlコレステロールを下げるための栄養摂取プログラムの具体的な内容に入っていきたいと思います第2章をまとめておきましょうポイント市人間は体内で脂肪からコレステロールを合成することができるため食事によってコレステロールを摂取する必要はないポイントに動物性食物を摂取することは脂肪とコレステロールを同時に摂取することに他ならずそれにより体内はコレステロール過剰によっているぽいんとさん心筋梗塞の原因は ldlコレステロールでありそれを予防するためには植物ベースの栄養摂取プログラムにより ldlコレステロール値を80 mg パンデシ l 以下にするだけでいい大山椒油屋ナッツは食べちゃダメ血管のための栄養摂取プログラムの全てを待たせいたしましたそれではいよいよその肝である栄養摂取プログラムその具体的な内容を見ていきましょうまずは食べてはいけない食品を列挙していきましょうか食べてはいけない食品市顔と母親があるもの全てこれには牛や豚羊や鶏など全ての肉類や魚卵が含まれます確かに魚には これはオイルをよしとする昨今の数々のアドバイスに矛盾するものですが著者はオイルは栄養が極めて低いと言いますオイルには植物性もミネラルも含まれておらずカロリーの由来が全て支出でありオイルに含まれる一価不飽和脂肪酸は動脈のない細胞にとって有害なんですよっつめ生成穀物パスタパンベーグルビスケットクッキーケーキなどが含まれます全粒穀物と違いこれらの生成穀物は食物繊維をはじめとする栄養の大部分が取り除かれてしまっています白米はもちろんのことをビタミンなどを強化した強化小麦粉製品や米粉製品なども避けなければなりません立命ナッツ類これはちょっと意外ですよね心臓病でない人はくるみを適量だけ食べるのは良しとされていますくるみは体の必須機能にとって重要なオメガ3脂肪酸を豊富に供給してくれるからですただし心臓病の人はくるみを含めた全てのナッツ類を避けなければなりませんまた最近複数の研究がナッツがコレステロールに対していい影響を与えると主張していますしかし著者はこれらの研究はナッツ業者の資金援助を受けて短期間で行われたものであり信用に足らないと言います以上が本書のプログラムで食べてはいけないとされる食べ物の一覧です著者はこれらの食品をなるべく避けた方が良いと言っているのではありません消して食べてはいけないと言っているんですなぜならほんの少しでもこれらの食品を摂取するだけであなたの血管は傷つき心臓病のリスクが増大するからです食べてはいけないものの膨大なリストを観て少し自信がなくなってきましたよねもう安心してください本当に書かれている推奨される食品は実は食べてはいけない食品よりもずっと多いんです食べることが推奨される食品を一気に行きましょうまずは1位野菜ですさつまいも里芋じゃがいも山芋などのイモ類小松菜ほうれん草春菊白菜チンゲン菜クレソンパセリしそブロッコリーキャベツカリフラワー出たとごぼうれんこんきのこ類などなど他にもほぼ全ての野菜が食べることができるとされていますただし心臓病患者の場合アボカドだけは例外ですアボカドは野菜としては異例で脂肪が非常に多いんです心臓病がない人であれば血中脂質レベルが上昇しない限りアボカドも食べて良いとされています二つ目豆類色とりどりのあらゆる種類の感想お豆類グリーンピースなどが含まれます豆類は非常に種類が多くこのプログラムを返しすればあなたはこれまで一度も出会ったことのない様々な美味しい豆を発見することでしょう三つ目全粒穀類玄米黒米全粒小麦全粒ライ麦全粒粉そばのそば粉入りなどなど穀類には驚くほどたくさんの種類があります砂糖や油が入っていなければシリアルを食べても構いませんパンは全粒粉のパンを選び油が入っているパンは食べてはいけません全粒小麦などが原料の全粒粉パスタは食べてオッケーですよっつめ果物1日3個までであれば全ての種類の果物を食べて構いません正しい果汁100%であってもジュースは飲んではいけませんフルーツジュースには多くの糖が含まれているため血糖値を上昇させてしまう恐れがあるからです血糖値の上昇はインスリン分泌を促進しインスリンは肝臓刺激することでコレステロール映像を鳴らし中性脂肪値を上昇させてしまうんですいつつめ飲み物水天然発砲ミネラルウォーターオートミルクノンファット豆乳コーヒーお茶など控えめであればアルコールを飲んでも構いません以上が食べていいもしくは食べることが推奨されている食品ですいかがでしょうか意外と食べていいものが多いことに驚かれたかもしれません私もこの食べていいものリストを観て今プログラムを実践してみたいと思いましたまた以上の食品に加えてあなたの心臓より健康な状態に保つためにいいからのサプリメントを摂取することが推奨されています市複合ビタミン剤 いつに取れるように1日一度摂取しましょう歌爪カルシウム六十歳未満の人は1日1000 MG 六十歳以上の人は1日1200 MG を呈してしましょう三つねビタミン B 60歳未満の人は1日1000 IU 六十歳以上の人は1日1200 IU 摂取しましょうよっつめオメガ3脂肪酸毎日大さじ一杯のフラックスシードの粉末を摂りましょうご飯やオートミールシリアルサラダが土の上にかけるのがいいでしょう文末にしたフラックスシードオイルは必ず冷蔵庫で保存してください以上が本書で述べられている栄養摂取プログラムの具体的な内容です第2章で述べた通り本書で提案されているプログラムの目標は ldlコレステロール値を80 MG パー DL 以下にすることです一方で国や研究機関が掲げるコレステロールの目標値は絶えず変動してきましたごく最近ではアメリカ心臓協会屋善兵衛コレステロール教育プログラムアメリカ学術研究会議などの研究機関が血清コレステロール値は200 mg パー DL 以下であるべきだとしていますしかし200レベルのコレステロール値が心筋梗塞を止めたり回復させたりするのに役立つということはこれまで一度も証明されていませんそれどころか心臓発作を起こした四人に一人はコレステロール値が180から210の間であるという統計的事実まで存在するんですつまり国や研究機関が推奨する200以下というコレステロール値は何の意味もなしていないんですつまり国や研究機関が推奨する栄養摂取の目標では不十分であるということなんで確かに本書が視聴する栄養プログラムを完璧に実践するのはやや困難であるかもしれませんしかしあなたが本当に心臓病や脳卒中を予防しているもしくは治療したいと思うのであれば本当に従ってみる価値はあるでしょう調査のみならず本書の訳者監修者もいいかのように本プログラムを推奨しています人の食事プログラムとレシピに従いは動脈硬化や血管の閉塞物は極めて短期間のうちになくなって行きますもし皆さんが心臓病のトラブルから永久に解放されたいと願うのであれば本書のプログラムに従って食習慣を変えることをお勧めします第3章をまとめましょうポイント市肉などの全ての動物性食物全ての乳製品全ての全ての生成穀物くるみを除く全てのナッツ類を食べてはいけないポイントにアボカドを除く全ての野菜全ての豆類全ての全粒穀類ジュースを除く1日3個までの果物は食べていいポイントさんそれらに加えて複合ビタミン剤カルシウムビタミン D オメガ3脂肪酸のサプリメントを摂るとなお良いいかがだったでしょうかこれはこの後約200ページにわたりプログラムに基づいた全209のレシピが紹介されていますレシピには著者の妻アン夫人によるアドバイスや翻訳者松田麻美子先生による日本人向けのアレンジなども併記されており私のように普段料理をしない日本人男性にも意外と簡単に作ることができましたコロナ禍のステイホーム中に1つほど試してみましたがいずれも非常に美味しかったです特に完璧なトルティーヤラップサンドウィッチというのが私のお気に入りですあさんもこれを機に本書のレシピを参考に料理に挑戦してみてはいかがでしょうかここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画良かったよという方はぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチッと押して頂けますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたします私たちは本要約論文解説チャンネルというのもやっています是非興味がある方はそちらも見てみてくださいねということでまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますそれではさようなら
おすすめの記事