【VODで読める電子書籍】『徹底図解 メガ地震がやってくる!(角田 史雄[著], 藤 和彦[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,650 (2022/07/04 17:33:41時点 楽天市場調べ-詳細)
巨大地震大予測!
次に危ないのは、ここだ!

沖縄や伊豆諸島に軽石を漂着させる小笠原の海底火山大爆発。
トカラ列島と富士山周辺で続発する震度5強の地震。
これは1年以内に日本にメガ地震がやってくる予兆だ!

【国民の生命と財産を守るため、あえて世に問う“仮説の卵"】
地球内部からの高熱流の動きと世界の最新データで徹底図解
地震地質学者がメガ地震を大胆予測、元官僚がその対策を提言する!

あなたも地震を予知できる!
はじめに●国民の生命と財産を守るため、あえて世に問う“仮説の卵"
第1章●世界の巨大地震は予知できていた!
第2章●地震は地球内部からの“高熱流"が起こす!
第3章●プレートと活断層は地震の“主犯"ではない!
第4章●どこが、いつ、どう危ないか?
第5章●必ずやってくる大地震にどう備えるか?
おわりに●あなたもメガ地震を予知できる!

※電子書籍『』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『徹底図解 メガ地震がやってくる!(角田 史雄[著], 藤 和彦[著])』皆さんどうもこんにちは本要約チャンネル納涼です突然ですが皆さんは冒頭の数字91点9%が何を意味すると思いますが実はこの数字はこれから1年以内に環太平洋上でマグニチュード7超の巨大地震が発生する確率なんです本日ご紹介する本は角田文夫先生と藤井一彦先生の共著でデイズ回目が自信がやってくるです最近地震が多いですよね地震大国日本に住む私たち日本人にとって自信は決して避けては通れない自然災害のひとつです沖縄や伊豆諸島に軽石を表示させた小笠原の海底火山大爆発やトカラ列島と富士山周辺で続発する震度5強の地震最近多発するこれらの地震は今後1年代に日本列島に天変地異区の MEGA 地震がやってくる予兆なんですがそんな恐ろしい本性の中から本日ご紹介する内容は次のとおりです第1章1年以内に日本沈没91.9%の確率でマグニチュード79の巨大地震発生第2章真実地震プレート雪は間違っていた第3章首都直下地震を生き延びるためのたったひとつの方法本書では日本を代表する地質学者角田文雄先生と元経済産業省官僚で産業技術政策にお詳しい藤和彦先生によって来るべき大地震に備えるために必須の知識が徹底解説されていますこの動画を見ることで今後の地震を予知しそれに備えるための具体的な方法をご理解いただけるはずですご自身の命と財産を守るために必見の内容となっています是非是非最後まで見ていって下さいそれでは早速参りましょう第1章1年以内に日本沈没91.9%の確率でマグニチュード79の巨大地震発生本書の著者の一人である地質学者の角田文雄先生は巨大地震を予測するための地震予知モデルいわゆる角田予知モデルの開発者として世界的にも有名です過去30年間に起きたマグニチュード7越えのだいじしんを86回検証したところ角田予知モデルの的中率は90%を超えることが実証されていますこのモデルを利用すれば次に日本列島を襲う超巨大地震の発生を予測することが可能になるはずですまずは簡単に東大落ちモデルについてご説明しましょう実はつい10年前まで日本を含めた世界中の地震学者はせいぜい近い400キロまでの地震データしか参照することができませんでしたそれが2012年に入りアメリカ実質検査場 usgs に予定マントルの奥底にある地下660キロまでの世界中の地震データが公表され誰もがアクセスできるようになったんです角田先生はこのデータを参照することで地下深くで起こる深発地震と辞表の巨大地震との関連性に気が付いたんだと言います一方アメリカの墨のニャン自然科学博物館はかねてから世界各地の火山活動の詳細データを向上しています usgs の深発地震のデータとスミソニアン博物館の火山活動のデータを照合することで角田先生は歯科奥深くの地震と辞表の子神として火山活動音がある一定の時間間隔で起こっていることを発見したんですところで地球の表面は約70キロほどの厚さの近くで覆われています地球全体の直径はおよそ12700キロですのでお饅頭で例えれば近くというのはその川のようなものにすいません近くの下には上部マントルと下部マントルがありそれら上下マントルの間には全員そうと呼ばれる層が存在します全員そうは地表からおよそ410 km から660 km に位置しここに火山活動源と共に地震の発生源があると言われていますこれこそが自身の都合と呼ばれている部分ですかこの巨大地震はこの地震のツボにおいて一定条件が満たされた時に怒っていますその条件から角田先生は以下の地震発生の公式を編み出しましたそれは 86回起きていますがこの角台幼稚モデルでその全てを検証したところ79回つまり91.9%が的中していることが分かったんですしかしそもそもなぜ地下深くにある地震のツボで地震が起きるのでしょうか先ほどご説明した通り自身の都合というのは地質学的には全員相当呼ばれています全員そうはマントルから吹き上がってくるマグマの弟岩石の頭のいい頭になっておりこのことから地震のツボはとろっとろのマグマと岩石が混じった状態ということができます混んでドロドロの液体である純粋なマグマの状態では地震は発生しませんご恩のマグマというのはドロドロですからあまりに柔らかすぎるんですしかしマグマがしたいの下部マントルに比べ全員そうから上部マントルにかけては温度が低くマグマよりもやや硬い積層が形成されていますとはいえその温度は1000°cにも及びますから稀にこの岩石層が熱せられて割れることがあるんですこのように岩石層が破れることがそもそもの地震の発生原因ではないかと言われているんです何より画期的なのは角田よっちモデルは環太平洋という広い範囲のみならず日本をピンポイントで地震が起こる可能性についても予知できる点ですこれは巨大地震は地球の熱エネルギーの吹き出し口からは木登ってくる高熱流によって起きており日本列島はまさしくその地球の熱の吹き出し口のルートの真上にあるためです間に過去30年間に発生したマグニチュード7丁のだいじしん86回のうちおよそ半数の39体が日本へ来週していますここに台湾やオホーツク海など日本近隣を合わせるとその数は44回と半数を超えることがわかります以上から次のような角田予知モデルの日本特定版を導き出すことができます1年以内に日本にマグニチュード7丁の大地震が起こる条件は1近くの奥底の410キロから610キロの深部でにマグニチュード5.5以上の深発地震が山一か月以内に5回以上続発し4同時期に火山活動も盛んでごオホーツク海など日本近隣の地下深層で1年以内にマグニチュード6丁の深発地震があった場合この五つの条件となりますこの条件を全て満たす場合1年以内に日本列島にマグニチュード7超の巨大地震がほぼ確実に現れるんですそして何より恐ろしいことは今現時点でこれらの条件のほとんどが既に満たされているという衝撃的な事実です2021年にはマグニチュード5.5以上の深発地震が1月に5回以上連発したことが2度もありました2021年3月10日の豚が沖地震から2021年4月7日のパプアニューギニア沖地震までの誤解と同年10月2日の花夏地震から2021年10月21日の深発地震までの誤解がそれに回答しますさらに火山活動が活発という条件も満たされています2021年8月には小笠原諸島で二日連続の火山噴火が起こりましたこれらの深発地震と火山活動によって2021年には実際に環太平洋を中心に中国フィリピンアラスカ質などでマグニチュード70の地震が8回も発生しています際はい2016年の熊本地震以降日本にはマグニチュード70の地震がまだ来ていませんそれは先の角だよちんモデルかっこ日本特定版の家後の日本近隣の近そうで1年以内にマグニチュード6丁の深発地震があった場合という条件が満たされていないためですしかし昨年9月13日東海沖370 km の深層でマグニチュード5.8の深発地震がさらに9月29日には石川県日本海沖364 km の真相でマグニチュード6.1の深発地震が発生しておりいずれも410キロから660キロという条件は満たしてはいないものの条件に限りなく近い深発地震が現に発生しているんですさらに著者の角田先生と藤井先生によれば2016年5月12日の熊本地震 祈っておりそれが常に動いているという学説でプレートは地中憶測のマントルの対流によって海底に隆起した甲斐令から生まれたとされています地球上では十数枚のプレートがぶつかったりすれ違ったりしそれが地震や火山噴火を引き起こすというんですこのようなプレート理論に基づいて日本列島で地震が多発する理由は従来次のように説明されてきました日本列島は北アメリカプレートとユーラシアプレートという二つの陸地プレートそして太平洋プレートとフィリピン海プレートという二つの海洋プレートを合計四つのプレートの上に乗っている陸地プレートは軽く対応プレートは重いのでこれらがぶつかり合うことで陸地プレートに海洋プレートが沈み込む対応プレートに引きずり込まれた陸地プレートには歪みが溜まっていきある臨界点を超えるとそのストレスを解放するためにプレイとが激しく跳ね上がるこのようにして四つのプレートの狭間に位置する日本列島に地震が頻発する確かにこの話をよく耳にしますよねしかしこのような地震プレート雪には科学的根拠が希薄であることが最近わかってきたんです本書によれば地震プレート雪を伝える以下の三原則には科学的根拠が欠落しているといいますその三つとは1プレート赤いレイで誕生会にプレートは冷たく巨大で壊れない板上元祖である山プレートは一定方向に遠距離移動するこの三つこの三つの科学的根拠が欠落しているんです一つずつ見ていきましょうまずは1プレート赤いレイで誕生するですがそもそも海嶺には高熱のマントル層が存在しないためプレートを産んだり動かしたりするパワーがありませんこれについては命茶などの世界的に有力な科学雑誌でも指摘されています次ミニプレートは冷たく巨大で壊れない板上元祖であるプレート雪ではプレートは暑さ100 kg の冷たく固いパン状の岩石そうだとされていますしかしマントルトモグラフィーによる地球内部の画像解析によると環太平洋の地表から10キロまでの真相は暖かい軟弱層であることがわかりましたこのことから硬い岩石からなるプレート同士がぶつかって地震を起こすという言説はそもそもの前提からして間違っていたことが明らかになったんですどうして最後の3プレートは一定方向に遠距離移動するですがすでに最新の研究によりプレートが一定方向に動くという考えは否定されています先ほどもご説明した通りプレート雪では日本列島が載っているユーラシアプレートへ太平洋プレートが東から移動してきて沈み込みとの歪みによって地震が起こるとされていましたよねしかし vlbi という超長期戦電波干渉法を用いた最新の観測により太平洋プレートは一定方向に移動しているのではなく時計回りに回転していることが分かったんですこのように単なる学説にすぎない地震プレート雪はすでにさまざまな化学的論拠によって否定されていますにもかかわらず私たち日本人はこの根拠のない学説を未だに信じそれに基づいて誤った地震予測を講じているんです例えば1995年の阪神淡路大震災そして2011年の東日本大震災そして2016年の熊本地震など震度7起き下田市心の数々は全てプレート境界面以外の場所で起こっていますもしも日本が地震プレート雪の間違いに気づいていればこれらの地震を予知しより早くこれらの地震に備え被害を押し苦笑できたかもしれませんまたここまでご覧いただいた皆さんは昨今話題の南海トラフ地震が科学的根拠に乏しいことは気づかれたはずです南海トラフとはユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境界面を意味し従来から地震プレート雪に則り今後30年の間に70%から80%の確率で第地震が起き最大で32万人もの犠牲者が出ると警鐘が鳴らされていますしかし先のように地震プレート雪が誤りであったとすればこの南海トラフ地震の根拠も不確かなものになることは自明と言えます現在ではプレートは自身のいわば共犯者にすぎる自信の根本原因は地球内部からほとばしる高熱理由であるという説が主流となっています プレート雪に基づいて設計されているポイントに地震プレート雪は科学的根拠に乏しい学説にすぎず現在では様々な点から指定されておりプレート説に基づいて警戒されている南海トラフ地震も根拠が明確ではないポイント3現在では自身の根本原因はプレートではなく子宮内部から発生する高熱流であるという説が主流となっておりその説に基づいた角田予知モデルではマグニチュード7以上の地震の発生を91.9%の精度で四つ出ることができる第3章首都直下地震を生き延びるためのたったひとつの方法地震大国日本ではいつどこで地震が起きてもおかしくありません2016年の熊本地震以降大きな地震に見舞われてこなかった日本列島には明日にでもマグニチュード7を超える超巨大地震が到来するかもしれません財産申し上げてきたように本書の著者である地質学者角田先生による角田よっちモデルによれば環太平洋において今後1年以内にマグニチュード7以上の地震が起こる確率は91.9%ここ30年間に起きた環太平洋の地震のおよそ半数近くが日本近隣で起こっていることを考えれば大地震は近いうちに必ずやってくると考えて間違いないでしょう避けることのできない第地震に対して私たち日本人はどのように備えたらいいのでしょうか結論を先に申し上げれば第地震に備えるためにまず押さえるべきポイントは地域と我が家の揺れの癖を知ることです同じ規模の地震でも揺れ方には地域差があることが知られていますまた同じ地域でも家の立地条件次第で様々な揺れ方をするんですそれではまずは日本列島の揺れ方の地域差を勉強していきましょう日本列島は均一市大野土地ではありません地域にはそれぞれ固有の曲があり地震を起こしやすい地形もあれば逆に起こしにくい地形もありますそれらをあらかじめ知っておけば来るべき第地震に対して有利に対処することができます地震は地中奥深くを流れる高熱龍が花崗岩層からなる方1階へ伝わることによって生じますが睾丸層は近く下部に存在する玄武岩と違いガチガチに固まっているため高熱によって割れやすいことが知られています固い誓いがひび割れることでそうに断層というズレが生じ台地震が発生してしまうんですまずもって忘れてはならないのは日本列島全域はその全てが高熱龍の移送ルート上に存在するというまぎれもない事実です南太平洋の吹き出し口から北上した高熱龍はフィリピン付近で二つに分岐します一方の高熱理由はマリアナを通ってさらに北上伊豆半島から富士火山帯を経て関東へ流入しますもう一方の高熱龍はフィリピンを通って北上し九州の霧島阿蘇火山帯を経由して西日本へ流れ出ますこれら二つのルートは最終的に北海道北部で合流しオホーツク海へと流れていくんですこのように日本列島はまさに二つの高熱緑一色ルートに囲まれた逃げ場のない一台危険地帯なんです YA 本章の冒頭で申し上げた通り地震の揺れ方には地域差があります日本列島全域が地震リスクを負っているとはいえ中でも特に危険な地域が存在するんですその危険地域の一つが首都圏の存在する関東地方です関東近辺では以下の四つの地域が危険であるとされています市大島から伊豆を経由し富士山に至る富士近いに相模湾から丹沢を経由し山梨に至る丹沢近い山塗装から三浦を経由し奥武蔵に至るサイト近い4東京湾北東岸から荒川上流域にかけての滑川近い首都圏の大地震はこれら四つの誓いを1から4人北東へ伝播していくと考えられていますこれら四つの家海軍では約40年周期で大規模地震が10年周期で小規模地震が起こる曲があり関東にお住まいの方でこれらの該当地域に家がある方は常に大きな地震リスクにさらされていると考えていいでしょう中でも特に被害が大きいと考えられるのは 特に後者の安政江戸地震では死者4000人倒壊家屋1万とという大規模な被害が出たと伝えられていますさらにこの地域では最短で10年おきにマグニチュード6からマグニチュード7の地震が連発した時期もあるんですこのように散々な関東地方ですが一方で近畿地方はどうでしょうか近畿圏では以下の三つの地域が危険であるとされています市日本海沿岸に瀬戸内海産南海トラフ先ほどご説明した二つの高熱緑一色ルートの家キリシマ阿蘇火山帯を経由して西日本へ至るルートは九州南部までやってきてさらに三つに枝分かれしますこの三つの枝が今あげた近畿県の三つの危険地帯です特に近畿以西ではぶよぶよな無地真相の上に近いが載っている大山火山帯が形成されておりそこでは非常に地震が起きやすいことが知られていますこの地域は30年から50年周期でマグニチュード6から7クラスの地震が発生することが分かっており阪神淡路大震災が起きたのが1995年ですから次なる関西の大規模地震は2025年から2045年の間に起こると考えて間違いありませんこの動画をご覧の皆さんの中には関東や関西にお住まいの方も大勢いらっしゃると思います皆さんがお住まいの地域はこのように非常に大きな地震リスクを抱えた土地なんですとはいえ地震から逃れるために今すぐ引っ越しができるよという人はごくわずかでしょうですがまだ絶望することはありません私達人類は地震の発生そのものを防ぐことはできなくてもその被害を軽くすることはできるんです地震被害を軽くするためにまず知っておかねばならないのは我が家の揺れの曲です家の揺れの曲を知るためにまずは以下のチェックリストを使って事前にさを行いましょう市我が家の向きを確かめるに屋根の長い頭の向きを確かめる3直近の地震の際に生じた瓦の被害を調べる4過去の地震で開閉がしづらくなった扉があればその方向を書き留めておくと家の外観を観察し壁のひび割れや柱の曲がりがないか調べるこれらを調べることにより皆さんの家がどの方向に傾いているかが分かるはずです地震が起きた場合家は既にある方向きをさらに大きくする方向に揺れ動きますつまり家の曲を知ることで第地震の際に家具がどの方向に倒れやすくどの扉や窓が開かなくなるかを事前に知っておくことができるんです例えば皆さんの家が南西側に傾いていることが分かったら大きな家具は必ず南西側に置くようにしましょう逆に北東側の家具の上に重いものを置いたりなどはしないように工夫してくださいしばしば防災訓練などで大きな揺れが起きたら机の下に潜ると言われますよねこの親子は正しいとも言えますし間違っているとも言えますなぜなら確かに机の下に潜ることは身を守るために有効であるとはいえ震度6を超えるような大きな地震では潜ったはずの机や椅子まで吹き飛ばされてしまうからですこのような大地震においてはあらかじめ大きな家具が倒れてこないよう配置しておくしか手立てはありませんだい地震はいつ来てもおかしくありませんこの動画を見終えたら今すぐご自宅の曲を調査してみてくださいなおご自宅だけでなく家の周辺の揺れの曲を知っておくことも大切ですもし家の前の道路に地割れや波打ちがあればそれは地盤が液状化している証拠です家の近くに川や田んぼが広がっている場合も地盤が軟弱であることを意味しもしもの事を考えると近いうちに引っ越しを検討する必要があるかもしれません一方家が高台にあったり近所に畑が多い第一であればそこは硬い岩盤のため安全であると言われています今すぐ引っ越しができないとしてもいつかまた引っ越し機会がある際にはぜひぜひ考慮したいポイントと言えます覚えておきましょうじゃあそれでは大山椒をまとめたいと思いますポイント市日本列島はその前1月中の高熱龍の移送ルート上に存在するが富士火山帯の延長上に位置する関東地方やキリシマ阿蘇火山帯の分岐に当たる関西圏は特に自身のリスクが高いポイントに家の向きや壁のひび割れを調べることであらかじめ自宅の揺れの曲を知ること 的中率91.9%の角だよ家モデルを用い阪神淡路大震災や東日本大震災などの過去の大地震が検証されていますそれによれば阪神淡路大震災では5ヶ月から3ヶ月前に3回の予兆が東日本大震災では8ヶ月前熊本地震では10ヶ月前に予兆が観測されていることがわかります第1章で述べた usgs やスミソニアン自然科学博物館のデータベースには個人でもアクセス可能なため実際に角だよ家モデルを用いて私たち自身が台地震を予測することも可能です本書にはその具体的な方法も紹介されていますのでご興味がある方はぜひ本書を実際に手に取り地震予測に挑戦してみてくださいここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画よかったよという方ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチッと押して頂けますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願い外いたしますそれではまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますさようなら
おすすめの記事