【VODで読める電子書籍】『岸田政権のウソを一発で見抜く! 日本の大正解(髙橋 洋一[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

政策はもれなく不発なのに、なぜ支持率は高いのか?
物価高、円安、利上げから、与野党の実態、安全保障、
そして私たちの未来まで
バカを黙らせ真実を見破る47の特別講義!

バカな人々がまき散らすウソという“ウイルス"を、
一つひとつ退治していく無双のロジカル日本分析!

【この国の大正解の一例】
■素朴なギモン■
やはり「聞く力」は、リーダーにとって大事な要素ですよね?

◇教授の一発回答◇
おいおい、聞いてるだけの指導者なんて前代未聞だぞ!
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
■素朴なギモン■
ついに「うまい棒」が12円に・・・。
これはさすがにインフレの証拠でしょ?

◇教授の一発回答◇
ゴメン、2円値上げで景気が変わるって、一体どこの世界の話だ?
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

日本の政治、経済、社会の真相が面白いほどよくわかる
髙橋洋一教授のリモート特別授業開講!

[1時限目] 岸田政権から学ぶグダグダ経済学入門
[2時限目] ウクライナ情勢から学ぶアブナイ安全保障入門
[3時限目] ヤクザな隣国から学ぶワルの地政学入門
[4時限目] 現代日本から学ぶトンデモ政治学入門
[5時限目] 仮想空間から学ぶヤバイ未来学入門
[補講] ポストコロナ時代を本気で行く抜く哲学入門

※電子書籍『岸田政権のウソを一発で見抜く! 日本の大正解(髙橋 洋一[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】ではまだ取り扱っていません。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『岸田政権のウソを一発で見抜く! 日本の大正解(髙橋 洋一[著])』馬鹿を黙らせ真実を見破る皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの量です本日ご紹介する方は高橋洋一先生の岸田政権の嘘を一発でミルク日本の大正解です2021年10月8日岸田文雄氏が菅義偉氏の後任として首相に就任しました逆代目という記念すべき節目に大役を担うことになった岸田内閣ですが現在のところをその政策はことごとく不発に終わっていますそんな岸田政権の実情を暴く今日の一冊から本日ご紹介する内容は以下の通りです代表岸田政権から学ぶグダグダ経済学第2章黒船襲来ウクライナ情勢から学ぶ危ない安全保障代山椒 NFT でボロ儲け加速感から学べる日本のやばい未来物価高円安利上げから安全保障問題まで岸田政権は数多くの問題を抱えていますにもかかわらず依然として支持率が高いのはどうしてでしょうか著者はその理由を馬鹿な人々が撒き散らす嘘というウイルスによるものであるとおっしゃっていますこの動画を見ることで馬鹿に騙されない嘘に踊らされないグローバルに通用するロジカルな思考力が身に付くはずです是非最後まで見ていって下さいそれでは早速参りましょう第1章岸田政権から学ぶグダグダ経済学2021年10月に発足した岸田内閣が標榜しているのが皆さんもご存知のきくせいじですこのきく政治という言葉は耳あたりが良く評価している人も多いでしょうですが政治家とウニリーダーに必要なのは果たして本当に聞く力なのでしょうかしかも岸田首相は聞くだけにとどまらずまれに見る目もまであるとも言われています面会した人の中には首相が自分の話をメモしてくれたと感激する人もいるぐらいですですがよく考えてみてください指導者のあるべき姿は本来メモをとることではなく取らせることではないでしょうか実際洋の東西を問わずめもまの指導者なんて聞いたことがありません首相に求められているのは一にも二にも意思決定の速さであることは言うまでもありません人の話を聞いた上にメモまでとっていたら判断や意思決定が遅れてしまうのは不可避と言えます例えば頭もするとマスコミから聞かない政治と言わんばかりの批判を浴びた安倍晋三菅義偉両元首相は何も意思決定が非常に早いリーダーでしたますます変化のスピードが早まっている現代こうした迅速かつ的確な意思決定能力がリーダーに不可欠であることは自明ですよね検討するというのが決まり文句で検討しとも揶揄される岸田首相のグダグダ政治では心底この先が思いやられてしまいますしかも平時ならいざ知らず私たちのすぐそばで戦争が起こりかねないゆうじであるにも関わらずですうんうんと聞いているだけでは手遅れになってしまいます岸田首相のグダグダ政治は就任早々経済の面でも露わになりました菅義偉元首相が政権を握った2020年9月から翌年の10月まで日経平均は最高で3万円を超えその後も順調に28000円台をキープしていましたしかし2021年9月29日に自民党総裁選で石田首相が勝利していこう株式相場は急激に下がり翌年3月14日には24713件という2020年11月以来の最安値を記録時価総額で100兆円以上が吹き飛んでしまったんですこれがいわゆる岸田ショックですよねコロナかという点では菅政権の時の方が圧倒的に厳しい状況であったにも関わらずなぜ岸田成犬になった途端にここまでの暴落が起きてしまったのでしょうか理由は簡単ですコロナ対策以外にも菅政権は規制改革による企業の成長戦略を唱え様々な既得権益にメスをいれ携帯電話料金を下げたり企業間の競争を促すような政策を数多く実施してきましたそれを市場が交換し株価が上がっていたんです株式市場にとって菅政権は面白かったんだということができるでしょうところが岸田首相の 必要なのは言うまでもありませんそこで政府は1 L あたり3.4件というほど金を石油元売りに出すことにしましたしかしこんなちまちました額では効果が見込めないと著者は言います元売がもう補助金をもらってはい終わりとなる可能性があるんです一方で著者が提案する最も効果が望める方法はガソリン税の減税です3.4塩分の補助金を出すくらいであればガソリン税を5円減税した方が当然ガソリンは安くなりますそんなこともわからずに補助金のばらまきをリレーの政策であるなんて言って胸を張っているんですから全く岸田政権というのは一時が万事ピントがずれまくりとしか言いようがありませんだて私たち国民を苦しめているのは原油の値上がりだけではありませんよね他の商品の物価上昇これはどうすべきでしょうか国民生活を考えれば答えはひとずっと消費税の減税ですこれはガソリン減税と同じ理屈であり国民を苦境から少しでも救い出したいと思うのであれば当たり前のように議論されてしかるべき政策であると著者は言います例えば小麦などの重要な原料は現場の軽減税率8%を0%にすればいいんですどうも人も軽減税率というのは文字通り一定の対象品の税率を低くする制度のことです消費税が10%に上がった際に一部の新聞屋酒類外食を除く飲食料類が8%にしてされたのは記憶に新しいですよね飲食料類が生活に不可欠であるが故に本来10%になるところを軽減されたわけですから小麦粉が重要であるならば同様にそれを軽減税率対象として税率を0%にしてしまえばいいだけの話なんです小麦粉だけに限った話ではありませんがこうやって税金を調整することによってうまく国民の生活をいい方向に持って行っていただきたいなと思いますただですねそんなに減税ばかりするのは現実的じゃないよと考える方もいらっしゃると思いますこの中の財政対策で国債を発行したのであればその返済方法として増税が行われるべきだと考えるのも無理はありませんどのような典型例が東日本大震災の後の復興増税ですよねこれをきっかけにしてその勢いで消費税を5%から8%に増税さらに10%への税率引き上げが行われたこれは記憶に新しいですよねですが果たして今回のコロナ禍は東日本大震災あとと同じ状況であると言えるのでしょうか確かに安倍菅政権ではコロナ対策のため補正予算で100兆円の国債発行をしましたしかしそれらのすべてを日銀が買い受けたため理論上財政あったは起きませんですから今回のケースでは増税は必ずしも必要ではないんですにも関わらず岸田政権と財務省にはマスコミを使って日本の財政何を煽り同棲路線にひっくり返そうという魂胆があるんだと著者は指摘しますこのように岸田政権の政策は嘘ばかりでことごとく不発に終始しているんですとにかく今は総理大臣がメモなんて取っている場合ではありません同級に政治判断を下さなければ致命的な事態を招くのは火を見るよりも明らかですだからことを聞く政治を持ち上げてしまうマスコミの姿勢も含めて私たち自身が今何をすべきか日本のリーダーはどうあるべきかしっかり見抜く目を養わなければならないんですがこの辺りで大将をまとめておきましょうポイント市2021年9月29日に自民党総裁選岸田氏が勝利した際金融所得課税の強化を唱えたことで日経平均は暴落し市大ショックが起きたポイントに原油価格の高騰によって国民の生活は苦しくなる一方であり岸田政権は対策として石油元売り会社に補助金を出したものの目立った効果は見込めないポイントさんコロナ禍の財政対策では日銀が全ての国債を買受たため理論上財政悪化は怒らず原油高や物価上昇の問題はガソリン税の減税は軽減税率の運用によって解決すべきである第2章黒船襲来ウクライナ情勢から学べる危ない安全保障2022年3月13日の自民党大会において岸田首相は憲法改正を強く訴えましたしかし岸田氏がこれまで会見を選挙公約に掲げたことはありませんそもそも岸田氏が率いる高知海馬吉田茂の教え子とも言えるイケダハヤトが創設した警部と経済 5年に一度世界価値観調査というグローバルなアンケート調査が行われていますその中の戦争になったら国のために戦うという質問に対し日本人で戦うと答えた人の割合はわずか13.2%調査した86カ国中最下位でした確かに民主主義国の国民ほど自国のために戦争したくないという人の割合が増えるのは事実です逆もまた然りでお隣の中国は90%以上の国民が戦うと答えていますただし民主国家の中でもフィンランドやスウェーデンノルウェーなどをロシアに近い国々は何も民主主義度が高い一方で国を守ろうとする国民の比率も高いのが事実ですアジアでは中国との有事を想定している台湾がそうですとなると日本はどうでしょう中国ロシア北朝鮮という日民主主義でありかつ核を保有する国に囲まれた世界有数の危険地帯にあるこの日本との日本人の危機意識の低さはある意味異常ということができるでしょうあるいは憲法9条があるから日本はずっと平和だったというまさにお花畑思考の成せる技とも言えるでしょうか日本のテレビのコメンテーターにはウクライナ問題は幸福や話し合いで解決すればいいという人が未だに多くいますつまり専門家を称する人ですら紛争を話し合いで解決できると思っているというのがこの国の現状なんです言うまでもないことですが戦争が始まった始まってしまったのはそもそも話し合いで進まなかったからです日本が戦った太平洋戦争を含め戦争とはそういうものです話し合いで包むならもう話し合いで決まっているんですが以降のプロフェッショナルが炭酸交渉してもなお妥協しないから遅生まれに戦争が起きるんですいずれにせよロシアによるウクライナ侵攻によって世界の秩序は大きく変わってしまいましたどうであればもし岸田政権が本気で改憲論議をするというのであれば今年7月に予定されている参議院選挙の前までに非核三原則の見直しや核シェアリングの話を含めて真剣に議論すべきなんだと著者は言いますところで皆さんは2022年3月ロシア艦艇4隻が日本の領海である津軽海峡を堂々と通過したことを覚えていらっしゃるでしょうかまるで江戸時代末期の黒船のような話ですが著者は実はこれは非核三原則の問題であると解説しています一体どういうことでしょうかロシア艦艇2日の法的根拠は津軽海峡が国際海峡に指定されているためです国際会長というのは文民を問わず通行権が認められている海峡のことでそこを通過する外国船舶が不利益を被らないよう条約によって定められています日本国内ではさらに1977年に制定された了解法により津軽海峡が特定地域に指定されていますこの特定地域とは国際交通の要衝タル海峡における商店大型タンカーなどの自由な高校を保障した地域のことで津軽海峡の他に宗谷海峡や対馬海峡などが相当しますしかしなぜこのように外国を優遇する法律が日本にあるのでしょうかともその津軽海峡の狭いところの幅は20 km もなく領海は海岸から約22キロなので津軽海峡は紛れもなく日本の領海のはずですとの領海内を堂々と他国の艦隊が通行しているのを日本の国内法が許してしまっているんですこの裏にある新倉庫非核三原則の一つ持ち込ませずですたい今日の全域を了解にしてしまうと核兵器を搭載した米艦艇などが通れなくなってしまいますよねなぜなら殻を持ち込んだことになってしまうからですでもあり日本国内法の特定海域とは核を持ち込ませずへの批判を避けるための極めて便宜的な措置に過ぎないんですこうした特定海域の設定は1977年に了解法が制定された当時に行われましたが今や時代は大きく変わっています日本の領海内容ロシア艦艇が堂々と通過できるなどという不合理なルールは一刻も早く見直し津軽海峡などの特定区域指定についても変更すべきなんですこの例からも分かる通り非核三原則のうち持ち込ませずくらい馬鹿げたものはないんです日本に寄港する米艦艇が事前にどこかで核兵器を下ろせはず 安全保障政策であると著者は言いますただしこれを実現するには先ほど触れた非核三原則を見直さなければなりません日本人の角アレルギーを非核三原則に考えず言わせずを加えた非核5原則だと批判し各社リングを提起したのは安倍元首相ですその一方でに若作りの会見を唱える岸田社長はあくまで非核三原則を堅持するとしてとの議論すら数字を落としています各保有反対の左派政権であるドイツでさえウクライナ戦争を受けて軍事費を GDP 比2%以上に増加しましたパタヤ日本は防衛費は未だに GDP 比1%程度ですこれでは相手に進行を躊躇させるだけの抑止力さえままなりませんたくのやつに対しては核抑止力でしか対抗できないことはすでに20世紀の人類の歴史が証明しています全国の暴挙を目の当たりにしてもなお頭お花畑のリーダーでは日本の将来が危ぶまれることは言うまでもありませんが以上で第2章をまとめておきましょうポイント1月三原則の一つ持ち込ませずに忖度するがゆえ日本では他国の鑑定が自由に追加できる特定海域が定められておりそれを法的根拠として今年3月にはロシア艦艇4隻が日本の領海である津軽海峡を堂々と通過したポイントにウクライナ戦争によって核保有国が非核保有国を核攻撃するというシナリオが現実となり得ることやアメリカが核保有国に手出しできないことなどが明らかになったポイントさん岸田政権が本気で会見を考えるのであれば日数三原則の見直しや核シェアリングの議論防衛費の増加など具体的な問題から順序立てて手をつけていく必要がある第3章 NFT でボロ儲け仮想空間から学べる日本のやばいミライ2021年9月1日 FAX や印鑑の廃止という今更な議論を経てついにデジタル庁が発足しましたこれは菅政権の目玉政策でしたがイマイチ何をしているのか私たち国民に伝わっていないところもあるのではないでしょうかデジタル庁の業績を一つ挙げるとするならば新型コロナワクチンパスポートのデジタル化が挙げられるでしょう地方自治体が証明証という紙で出していたものをオンライン歌詞スマホ上でも発行できるようにしたんですコロナ禍が収束しつつありますデジタル庁の当面の目標は役所手続きをスマホで行えるようにするということになるでしょうマイナンバーカードによって保険証や運転免許証の機能をまかなえるようにするのも必須です著者によればこれらは本来20年前にやり終えていなければならなかったことだと言いますシンガポールでは既にスマホで役所の手続きが全部できるようになっており小泉政権の時から既に役所の手続きを電子化するという話は出ていました検討中が合言葉の岸田政権にどこまでこの遅れを取り戻せるのか疑わしいところではありますともとも日本のマイナンバーの導入は先進国の中でビリでしたアメリカのソーシャルセキュリティーナンバー社会保障番号をはじめカナダスウェーデンデンマークノルウェーフランスオーストラリアイタリアそしてアジアでは韓国といった先進各国ではかなり前から共通番号が導入されていたんですまた日本のマイナンバーには使用制限がありますがアメリカでは銀行口座開設自動車保険申請自動車免許取得クレジットカード取得などあらゆる生活基盤と社会保障番号がリンクされていますそのため新型コロナ対策の給付金でもアメリカでは実施決定からわずか2週間で政府から個人口座へのお振込が行われましたところが日本ではどうでしたでしょうか地方自治体が個人の住所に書類を郵送しその変装を再び地方自治体が審査としてようやく銀行口座にお金を振り込むという体たらくでしたよねこれだからなかなか振り込まれないよーとかなぜうちはまだなのかといった状況になったんだと著者は指摘しますコロナ禍によってこのような日本政府の IT 後進性が明るみに出たわけですがプライバシー保護を縦に反対する左派系野党の存在もあって導入が遅れている女も見過ごせませんただコロナのような事態はいつまた行ってきてもおかしくありませんよね今では誰頭が襲ってきていますそれまでに制度運用を見直さないといよいよ世界に置いてきぼりを食らうことは私たち一人一人がよくわかっておく必要があるんですこのように日本政府の it 後進性は縄文人レベルですが一方で民間ではかなりのところまで進んでいますテクノロジーの発達と思わぬ: ツイートまであらゆるものを紐付けた NFT アートが商品化されているんですこのように既に大きなビジネスチャンスとなりつつある NFT ですが私たち一般人が手を出すべきものなのでしょうか本書の著者である高橋洋一先生はいち早く暗号通貨のマイニングにも挑戦するなど IT テクノロジーに調子が深いことでも有名ですどんな著者曰く naft の印象は得体が知れずこれで金儲けをしようという気にもならないということです間に NFT は法律も整備されていない上額の変動も激しく登記という批判もよく聞かれます新技術が出てくると必ずお金持ちの情報弱者丘守ろうと大法螺を吹く輩が現れるのが世の常人の常です儲けのノウハウを二束三文で赤の他人に教えるお人好しなんてこの世にいませんこの点で素人が安易に NFT に手を出すのは気をつけた方がいいと著者は警告していますまた昨今ネット界隈通りある世界の双方で注目を集めているのがメタバースですよねそもそもメタバーズをリードしてきたのはゲーム業界でした専用ゴーグルを装着して行うバーチャルリアリティゲームがその始まりだったんですどうしてメタバーズは水にはコミュニケーションや仕事までできる仮想空間サービスへと発展してきました今や自分の分身となるアバターとして仮想空間に入り他のアバターたちと交流することもできるようになったんです代金ではと言ってももう最近でもないかもしれませんが Facebook がメタバース事業に乗り出し1021年に社名をメーターに変えたことでメタバースは一般の人にもより広く知られるようになりましたよねアバターには人種や性別の制限はなく仮想空間では男性が女性になることだって可能です pc スペックの飛躍的な向上と高速通信技術の発達によりもたらされた言わばオンライン上でのセカンドライフの実円と言えるでしょう代金ではメタバース内での土地の売買も加熱していると言われています metaverse 内でのショッピングモールなどをまるでお寺の参道に群がるお土産屋のようにメタバースにおける人気私鉄近辺への新一にも勝機が生まれつつあるんですがここで重要なのが時代はますますコンテンツの時代になってきたということです metaverse 内のどこでビジネスを展開するのかということも確かに重要ではあるんですがそれよりももっと大事なのは私たち一人ひとりがどんなコンテンツを提供できるかということでしょうつまりこれからは自分の売りとなる武器があるのであればそれを展開する先は何もリアル世界に限らなくてもいいということになるんです著者のもとには彼の YouTube チャンネルを英訳して流したいと海外の人が許諾を求めてくることがあるそうですこのようにコンテンツであれば今や個人が海外でも勝負できる時代なんですしかも今はそのために自分で契約する必要すらありませんやがてアバターに自動翻訳機能がつけば言語の壁を越えて世界中がビジネス学びと交流の場となるでしょうただしその時になってからではもうすでに手遅れです腰でも早いうちに武器となるコンテンツを我が物にすることこそがこれからの時代ますます重要になってくるんですが以上で第3章をまとめておきましょうポイント市日本では2021年9月にようやくデジタル庁が発足したが役所の手続きの電子化は小泉政権の昔から議論されておりシンガポールでは既に役所の手続きを全てスマホで完結でき日本の IT 後進性はあまりに悲惨と言わざるを得ないポイントに代金はエアー写真音楽などあらゆるものを紐付けた NFT アートが商品化されているが法律が整備されていない上価格の変動も激しく素人が手を出す際には悪徳業者に気をつけなければならないポイントサンメタバースを活用するために最も大切なのは自分自身の武器となるコンテンツを持ちそれを世界中に発信することであるいかがだったでしょうか本書の著者である高橋洋一先生は登録者60万人越えの言わずと知れた人気 YouTuber でもあります先生の動画は軒並み再生数1万越えの非常に有益で面白いものばかりとなっています日本経済やウクライナ問題など世界の情勢が多岐にわたってわかりやすく解説されていますのでこの動画を見て興味を持たれた方はぜひ先生のチャンネルもご覧になってみてください概要欄にリンクを貼らせていただきますその方もね以上に面白い本でしたのでぜひぜひ興味を持たれた方は読んでみてくださいここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画よかったよという方ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチっとして頂けますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたします
おすすめの記事