【VODで読める電子書籍】『花粉症は1日で治る!──東大の微生物博士が教える(小柳津 広志[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,430 (2022/08/18 05:56:32時点 楽天市場調べ-詳細)
アレルギー研究の世界的権威が、
医者に治せない免疫疾患の
改善にズバリ答えを出す!
その鍵は……「酪酸菌」と「フラクトオリゴ糖」!

「フラクトオリゴ糖」を1日に10g以上摂る

「酪酸菌」が増える

あらゆる炎症が抑えられ、花粉症はもちろんアレルギーの9割、うつ、不眠が1日で改善する!

フラクトオリゴ糖を10g以上摂るだけで炎症が原因の不調のほとんどが1日で改善する。フラクトオリゴ糖はゴボウ、タマネギなどの食品にも含まれるし、精製されたものも非常に安価です。さまざまな不調を治す費用は1日数十円。

フラクトオリゴ糖を1日10g以上摂ると、1日で大腸の酪酸が増加して、つぎのような不調が改善
1) 酪酸の炎症抑制効果によって起こる劇的な症状改善
花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物アレルギー、ペットアレルギー、光線過敏症、金属アレルギー、寒暖差アレルギー、痔、リウマチ、潰瘍性大腸炎、うつ病、パニック障害、自律神経失調症、睡眠障害、過敏性腸症候群、肌のシミ・シワの抑制、虫刺されによる腫れの抑制、
2) 酪酸がインスリンを放出させるホルモンGLP-1を放出させることによる症状改善 糖尿病
3) 酪酸が大腸細胞を元気にすることによる症状改善
便秘、下痢、骨粗しょう症
4) その他改善される症状または作用
肌水分が上がりつるつるになる、血流をよくして冷え症を改善、記憶力がよくなる、目覚めがよくなる、血管が太くなる、風邪やインフルエンザになる回数が減る

フラクトオリゴ糖をたくさん摂って大腸の酪酸菌を増やし、さらにごはんなどの糖質食品を少し減らすことによって次のような「最高の体調」を得ることができます。
「いつもリラックスできる」
「体の疲労感、痛み、痒みがなくなる」
「肌の湿疹やニキビができない」
「肌のシミ、シワができない」
「ぐっすり眠れて、目覚めがよい」
「傷が腫れなく、すぐ治る」
「虫にさされても腫れない」
「記憶力がよくなる」
「体重が適正に保たれる」
「目の疾患(緑内障、白内障、黄斑変性)、耳の疾患(難聴)などに悩まされない」
「高血糖、高血圧、高脂血症などに悩まされない」
「一日中、空腹感を感じない」

(目次)
第1章 日本人の4割が花粉症で泣いている
第2章 酪酸菌が増えれば花粉症は治る
第3章 なぜ花粉症になる人とならない人がいるのか
第4章 花粉症対策の9割は間違いだった
第5章 なぜゴボウを食べると治るのか
第6章 フラクトオリゴ糖でうつも治る
第7章 酪酸菌は戦争も防ぐ

※電子書籍『花粉症は1日で治る!──東大の微生物博士が教える(小柳津 広志[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】ではまだ取り扱っていません。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『花粉症は1日で治る!──東大の微生物博士が教える(小柳津 広志[著])』花粉症でお困りの多くの皆様そして花粉症をはじめとした様々なアレルギーに悩んでいる皆様今日はこの動画を見つけていただきありがとうございます本日紹介する本では何と花粉症は必ず治ると断言されておりますそして花粉症をはじめ9割のアレルギーは1日で治ると書かれているんですいやいやそんな都合のいい話があるわけないでしょと疑っている皆さんはぜひ続きをご覧ください花粉症やアレルギーは年齢や性別を問わず治すことができるんですその治療法の鍵を握っているのがあなたの調理住んでいるまるまる金です皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回は小柳津弘さんが書かれた東大の微生物博士が教える花粉症は1日で治るという本を解説していきたいと思いますさて著者のお家伊豆さんは東京大学を卒業後アメリカのイリノイ大学への留学を経てなんと43歳の若され東大の教授になったスーパーエリートとも言うべき人物ですそんな著者の専門は微生物学や腸内細菌学などでありアレルギー治療においては世界一詳しいと自負されておりますそんな著者は花粉症やアレルギーは AGE 症の一種であり炎症を抑えるメカニズムを知ることによって年齢や性別を問わずに治すことができるといいますそしてその治療法の鍵を握っているのが私たちの腸に入る酪酸菌であります酪酸菌の活動が活発になり酪酸菌を増やすにはある水溶性食物繊維を餌として与えることをつまりそれを食事からたっぷりととることがポイントですこれから徐々に詳細を明らかにしていきますからこの機会に本書に興味を持って頂き花粉症でお困りの皆さんが花粉症と縁を切ることができれば大変嬉しく思います本日の動画では本書の中でも個人的に特に重要なと思ったポイントにフォーカスして解説していきますのでこの動画を見ることでこの日なと思っていただけましたら是非概要欄のリンクから手によってすべての内容をチェックしてみてくださいそれでは早速リラックスして楽しみながら本書の内容に一緒に切り込んでいきましょう本日のお品書きは次の通りです1件で衝撃の事実花粉症はうつ病と同じ病気原因はまるまるだったということについて2件で病院に行っても花粉症は治らない完治させたいのであれば食事を変えようということについて3件でまるまるを通るだけ花粉症を1日で治す方法はめちゃくちゃ簡単だったということをお伝えしていきたいと思いますそれでは早速1減の衝撃事実花粉症はうつ病と同じ病気原因はまるまるだったということから解説していきますさで1970年代以降この50年で花粉症というのは増え続けております20年ほど前は花粉症の人は全体の3割程度しかいなかったんですが現在は4割に上っていますもうね3人のうち一人か二人は花粉症なんです花粉症患者はなぜこんなにも増加の一途をたどっているのか結論から述べるとその原因は健康な腸内フローラ素直に腸内細菌叢を破壊してしまう抗生物質にありますアランナコリン氏の著書あなたの体は細菌が9割でも抗生物質の使用がアレルギーの原因となっているとされています著書はカテ500という喫茶店を経営されていて来店されるお客さんと交流する中で様々な発見縁があるといいますそして花粉症に関しても大きな発見があったんですなんでもそこにいらっしゃる方々も多くが花粉症に悩まれていたんですが80台以上には花粉症が一人も見られないということに気づいたんですそれで著者は花粉症の一つの原因は抗生物質にあるということを確信されたそうです抗生物質は1950年代から感染症の治療に一般向けに使用されるようになりその後明らかに花粉症になる人が増えました現在80代の方々は抗生物質が普及し始めた頃には既に成人していて感染症にかかる年齢を過ぎていたため抗生物質を打たれなかったんです花粉症だけでなく3型アレルギーの膠原病の一種である関節リウマチなどの自己免疫疾患も1970年代以降から急増しているんです やはり原因は抗生物質なんです膠原病はアレルギーだから分かるとして精神疾患は花粉症とは関係ないんじゃないのと突っ込みたくなる気持ち分かりますではここで驚くべき真実をお伝えしましょう花粉症とうつ病は同じ病気でありますさてこう言うとえーとお前何言ってんだと全然表情が違うじゃないかとみなさんがそう言いたい気持ちもわかります実は症状は違いでも起こるきっかけは同じなんです花粉症もうつ病もどちらも免疫細胞が起こす炎症が原因なんです花粉症は目や鼻喉皮膚などに炎症が起こるのに対してうつ病は脳に怒りますでもうつ病は花粉症のようにアレルゲンがないんじゃないのと思った人いるかもしれませんが炎症が起こる理由はアレルゲンだけではありません炎症とは体の中で免疫が活性化することでそのタイプはさまざまなんですうちの場合ストレスを感じることで脳の中にダメージ関連分子パターンという物質が作られて炎症を起こすんです炎症が続くと最終的に精神を安定させるホルモンの分泌量が減少してしまうんですそして話はこれだけでは終わりません実はアルツハイマーも花粉症と同じ病気だと著者は言うんですアルツハイマー病はアミロイドベータというゴミが脳内に蓄積するということが多く語られてきたためご存知の方も結構いらっしゃるかと思いますいくつもの製薬会社がアミロイドベータを減らしたり蓄積しないようにする薬の開発に踏み出していましたがすでに撤退しているそうですなぜかと言うとアミロイドベータを減らしても認知機能の低下は防げないということが近年新たにわかってきたからであります最終的に認知機能を低下させてしまうのは脳に存在する免疫細胞かっこミクログリアが神経細胞を破壊することが原因だったんですここでもまた免疫細胞が絡んできましたねそして免疫の暴走をコントロールするのは腸内フローラであるということをそしてそれを破壊するのはもう言わなくてもわかりますね抗生物質ですアルツハイマー病が増加している原因に抗生物質が関与している可能性がないとは言い切れないでしょうさてここまでのお話で花粉症も精神疾患も症状が出る場所は異なっているがどちらも炎症の一種であるということがわかりましたその他のあらゆる病気や症状でも患部には炎症が起きています炎症が起きることで病気や症状が発生するというわけなんですそれだけしょっちゅう炎症が起こりかねないのであれば私たちの体には炎症を鎮める力が備わっていてもおかしくないよと思う人いるかもしれませんしかしながら私たちの体は炎症を抑える仕組みを持っていないんです私達というより全ての哺乳類はその仕組みを持っていないんです繰り返しになりますが炎症を抑えるのは良好な腸内フローラであります庄内は体の外になりますので腸内細菌は私たちの体の外に存在しています哺乳類は体の外にいる腸内フローラに頼らないと体内で起こっている炎症を抑えることができないんです私たちは生まれる時に母親から腸内細菌をもらいますそして母乳に含まれるオリゴ糖類によってビフィズス菌を増やしますビフィズス菌は大腸に酢酸と乳酸を充満させて酸性にすることによって大腸を有害細菌から守ってれますそして離乳後は食事からのオリゴ糖類や多糖類を餌にして大腸で酪酸菌が増え楽さんが作られます楽さんは大腸のエネルギー源となり免疫系を発達させて不要な炎症を抑えるようになるんですさていかがでしょうか実は全ての哺乳類はねここのような仕組みで炎症を抑えていたんです私たちは持ちつ持たれつで腸内細菌と共に生きているということは多くの皆さんがご存知かと思いますが改めてね人は腸内細菌なしでは生きられないんだということを痛感しますよね今ので感染症にかかったりして抗生物質を投与される機会に会った人は投与してもらって安心だとばかり思われてきたかもしれませんが同時に良好な腸内フローラが破壊されてしまうんだということもぜひ知っておいてくださいさてここまでの説明だとまるでね 50年代以前の時代を考えると幼児の死亡率を大きく低下させ人類の寿命を延ばした抗生物質は間違いなく要約と言えますただ近年は抗生物質に耐性のある日和見菌の出現も懸念されております日和見菌は健康な人には悪影響を与えませんが病気で免疫が落ちている一人は感染症を引き起こす細菌でありますこの日和見菌が抗生物質が効かない耐性菌となり人々の命を奪っているんですかっては人類に光を与えた抗生物質しかし恐ろしい耐性菌を生み出してしまう驚異とそれとは別の問題でアレルギーと自己免疫疾患を増加させているという影も無視できないというのが現実であります緊急の場合などは仕方がないかもしれませんが単なる風邪などで気軽に抗生物質を飲まないという姿勢も重要になってくるでしょうそれでは1件んの内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市アレルギーも自己免疫疾患も精神疾患も免疫細胞が起こす炎症が原因であるここ50年間で花粉症患者が増加の一途をたどっているのは免疫機能を司る健康な腸内フローラ学校腸内細菌叢を破壊する抗生物質の使用が原因とみられるポイントに炎症を抑えるのは良好な腸内フローラであり人間の力では不可能である全ての哺乳類は町内という海外に住む酪酸菌が作る楽さんの力を借りて免疫系を発達させ不要な炎症を抑えているポイントスタンド抗生物質は肺炎敗血症結核性感染症などの病気の治療には不可欠であり感染症による幼児の死亡率を大きく低下させ人類の寿命を延ばしてある要約であるしかし大空耐性菌を生み出してしまう驚異とアレルギーと自己免疫疾患を増加させているという事実も無視することはできないそれでは次に件で病院に行っても花粉症は治らない完治させたいのであれば食事を変えようということを解説していきたいと思いますさて毎年4000万人もの人々が花粉症で苦しんでおります通院して薬を飲んでいますという人もいるでしょうしかし通院して花粉症が治っているという人がどれだけいるでしょうか残念ながら花粉症は薬では治らないんですか糞を対象としたアレルギー薬には抗ヒスタミン薬抗ロイコトリエン薬で噴霧ステロイドの3種類があります実際に処方されているほとんどは即効性のある抗ヒスタミン剤であり抗ヒスタミン剤は市販でも手に入れることができますところがこういったアレルギー薬でアレルギーの症状を抑えたところでアレルギー反応自体が起きていることには変わりがないんですつまり現在の治療は対症療法のため薬を飲んでも花粉によるつらい症状を抑えるだけの効果しか発揮できないんです花粉症は治らないものだと諦めてしまっている人も非常に多いことでしょうではいったいなぜ花粉症の根本治療法が開発されなかったのでしょうか花粉症だけではありません医学は関節リウマチ潰瘍性大腸炎クローン病などの自己免疫疾患も治すことができないんですなぜなら医学は体内を治すものであり実際の原因は大概=腸内にあるからです著者は花粉症をはじめとしたアレルギーや自己免疫疾患は抗生物質が腸内フローラを攪乱することによって起こしている疾患だと断言されておりますつい最近までの医学は自己免疫疾患とアレルギーは大腸が原因で起こる疾患だということに感心すら示していませんでしたそして現在某腸内フローラについて研究する医者はほとんどいないのだそうですこのまま医学が進歩しても自己免疫疾患とアレルギーが治ることはないだろうと著者は言いますしかし本日の本題はこの本のタイトル通り医学で治せない花粉症を1日で治す方法をお伝えすることであります実際は病院に頼らなくても薬に頼らなくても症状を和らげるだけではなくて花粉症そのものを治すことができると著者は言います体内で起こる炎症が病気やアレルギーの原因となることをその炎症を抑えることができるのは良好な腸内フローラの日であることを中でも酪酸菌が大腸のエネルギー源となる酪酸を作り免疫系を発達させて不要な炎症を抑えることに貢献している 抑えるということはわかっていますから私たちがやるべきことはあらゆる炎症を抑えてくれる T レグ細胞を増やすための良好な腸内フローラを維持することなんです T レグ細胞に関与する酪酸を増やすためにも楽さんを作る酪酸菌の好物であるフラクトオリゴ糖をとってあげましょうつまり花粉症などのアレルギーを治したいのならばフラクトオリゴ糖を取りましょうどんな食材を摂ると良いかは後ほど詳しく解説してますので楽しみにしておいてくださいさて腸内に住む細菌が好むのはもちろんフラクトオリゴ糖だけではありません腸内細菌のエサは担当が2から10個結合した形をしているオリゴ糖とそれより多くの担当が結合した多糖類でありますフラクトオリゴ糖というのはオリゴ糖の一つでいいや小腸では消化されずに大腸まで届き酪酸菌のエサになる消化性のオリゴ糖のことであります1分子の砂糖21から15程度のフラクトースがつながった形をしておりますおり音には他にガラクトオリゴ糖やイソマルトオリゴ糖など様々な種類がありますそして私たちがよく知っている食物繊維は多糖類の一つになります著者がフラクトオリゴ糖を勧めるのは様々な素材を試し酪酸を最も増やすものがどれかと検討されてきたんだかフラクトオリゴ糖が最も効果が高いということが明らかになったからでありますフラクトースが10個以上つながった形をしているものは食物繊維として有名なイヌリンと呼ばれますイヌリンも楽さんを増やしてくれるんですが効果としてはフラクトオリゴ糖よりも弱いそうです私たちは食事の中で主に野菜からフラクトオリゴ糖とイヌリンを同時に摂ることができます例えば玉ねぎにんにくごぼう菊芋ヤーコンアスパラガスなどそして果物だとバナナなどがありますつまり私たちは日常的に食事からフラクトオリゴ糖を摂取しておりますしかしその量は1日に1から3 G ほどしかありませんこれでは自己免疫疾患やアレルギーを抑えるには不足しているんです今花粉症を治したいと思って動画を見てくださっている皆さんはフラクトオリゴ糖を含む食品をもっと多く摂る必要がありますでは効率よくフラクトオリゴ糖を多めにとるにはどういう野菜を意識して食べると良いのでしょうかこれに関しては後ほど詳しく解説いたしますそれでは2件の内容をこの辺でまとめておきましょうポイント市医学による治療は対症療法のため薬を飲んでも症状を抑えるだけに留まり花粉症などのアレルギーや自己免疫疾患の根本治療はできないだが不要炎症を抑えるのに重要な役割を担う酪酸菌を増やすことで花粉症そのものを治すことが可能である具体的には酪酸菌が作り出す有楽さんが関与して T レグ細胞と呼ばれる全身の炎症をコントロールする免疫細胞も増え花粉症などのアレルギー反応が起こらなくなるポイントに酪酸菌を増やすために与える餌として最適なのはフラクトオリゴ糖であるイヌリンも酪酸を増やすが効果としてはフラクトオリゴ糖よりも弱いポイント3私たちの食事の中で玉ねぎにんにくごぼう菊芋ヤーコンアスパラガスなどといった野菜からフラクトオリゴ糖とイヌリンを同時に摂ることができるそれではラスト3件でまるまるを取るだけ花粉症を1日で治す方法はめちゃくちゃ簡単だったということを解説していきたいと思いますさてここまで意識的にフラクトオリゴ糖を多く摂るようにして大腸に入る酪酸菌を増やしてあげることで結果的に体内の炎症が抑えられアレルギーや自己免疫疾患を改善することができるというお話をしてきました皆さんの花粉症はフラクトオリゴ糖をたっぷりと摂取すればすぐに治る可能性が高いんですしかもこの本のタイトル通り1日ででございます大腸の酪酸菌を増やせば次の日には治るんです何故今まで知らなかったんだ毎年通院してしんどかったのにとくやしい気持ちが湧くかもしれませんが今日知れたあなたはラッキーなはずですなぜなら病院では酪酸菌のことなどを教えてはもらえないのですから今年も花粉が舞う季節になっています根本治療をしたいと思うのであれば是非今日の晩御飯からでもフラクトオリゴ糖を含む食材をふんだんに使った食事を実践してみてください さていかがでしょうか私たちが日常的に摂取しているこれらの食物繊維はどれも酪酸菌を増やすということはなくアレルギーを改善する効果は見込めなさそうです以上の結果からしてやはり圧倒的なアレルギー改善効果をもたらすのはフラクトオリゴ糖であります最後に著者が断言されている最高の体調を維持する食事法をお伝えしてこの動画を終わりにしたいと思いますそれはフラクトオリゴ糖をたくさん食べて大腸の酪酸菌を増やし糖質制限を行うことであります本日はねちょっと時間の都合上糖質制限のお話は詳しく知りませんが著者自身も糖質制限を行っていて最高の体調を保つためにはフラクトオリゴ糖をしっかり摂取することと合わせて糖質制限を行うことを推奨されておりますフラクトオリゴ糖プラス糖質制限を意識した食事が習慣になると次のような効果が得られるそうですいつもリラックスできる体の疲労感痛み痒みがなくなる肌の疾患やニキビができない肌のシミシワだって来ないぐっすり眠れて目覚めが良い傷が晴れなくすぐ治る虫に刺されても腫れない記憶力が良くなる体重が適正に保たれる目の疾患耳の疾患などに悩まされない高血糖高血圧高脂血症などに悩まされない1日中空腹感を感じないさていかがでしょうかさらにはフラクトオリゴ糖の効果でうつの改善も期待できるといったことも本書では詳しく解説されておりますいやいやびっくりですよね花粉症を治したくてこの本に興味を持ったはずなのにまさかこんなにも広い範囲で良い効果が得られる話だったなんて私もちょっと驚いていますとは言っても一度に複数のことを習慣化するのはなかなか大変だと思いますからまずはフラクトオリゴ糖を含むゴボウや玉ねぎなどそして手に入る人であれば菊芋ヤーコンチコリの音などを毎日しっかり食べることから意識して花粉症からの脱却を目指していきましょう花粉症で今辛い思いをされている方はそれが治るだけでも生活の質が圧倒的に良くなるはずです慣れてきたら是非著者と同様のやり方で糖質制限にも挑戦してみてはいかがでしょうか一人でも多くの花粉症患者さんにこの本の存在が伝わることそして食事からフラクトオリゴ糖をしっかりと摂取するようにした結果あっという間に花粉症の症状が消えたという喜びの声が上がる人がどんどん増えることをお祈りしておりますそれでは3件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント1意識的にフラクトオリゴ糖を多くとり大腸にいる酪酸菌を増やすことで結果的に体内の炎症が抑えられアレルギーや自己免疫疾患を改善してくれるしかもかかる時間は良い1日であるポイントにフラクトオリゴ糖を最も多く含んでいるのはキク科の植物の根である最も多いのが菊芋ヤーコンしこり飲んでたが入手が難しいのでごぼうを毎日100グラム食べると良いとは言ってもごぼうばかりもなんなのでごぼう50 G に玉ねぎ半たま程度という組み合わせをおすすめするポイントさん今回の動画れってできた酪酸菌を増やしてくれるものの順番はまずはフラクトオリゴ糖次にイヌリンそして次にガラクトースを含むオリゴ糖この順番であるポイントイオン著者がある理想とする最強の食事法はフラクトオリゴ糖をたくさん食べて大腸の酪酸菌を増やし糖質制限を行うことであるまずはフラクトオリゴ糖で花粉症を脱却しさらに健康に良いやりたい方はぜひ正しい方法で糖質制限にもチャレンジしてみよう本日は以上になりますこの動画がためになったりという人は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞポチッとよろしくお願いしますまたこのチャンネル以外にももう一つ本要約チャンネルと切り抜きのチャンネルも行っておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れてみていただけるととても嬉しいですではまた次の動画で皆さんに会えることを楽しみにしております本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
どもども、さむたろうです^^ おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめていま...