【VODで読める電子書籍】『「社会人1年目クビ」からたった5年で「セミリタイア」を果たした僕のやっている ズルい努力(やまもとりゅうけん[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

【概要】手取り17万円、社会人11カ月でクビ、借金400万円……。
「社会の底辺」から、たった数年で、
ビジネスオンラインサロンNo1、SNS総フォロワー30万人、年収億超えに。

「生涯、落ちこぼれ」だった著者が見つけた
コスパ最強の「努力の裏ルール」とは何か?

実力を磨くよりも、はるかに人生を好転させる
「社会の真相」が暴かれる!

●本書の内容例
◎「なんであんな人が評価されるんだ?」には理由がある
◎「誰も卑怯と気づかない卑怯なやり方」が最強の勝ちパターン
◎一部のズルい人だけが知っている「4つの努力の裏ルール」とは?
◎行動より「努力しないための戦略」に時間をかける
◎「逃げる」ことは、コスパ最強の努力
◎世の中は「加点方式」ではなく、「減点方式」でできている
◎なんでも悪く解釈される人と良く解釈される人の違い
◎仕事で使えるチート技:人の〝不快ポイント〟を知る
◎評価者の脳内を操るダークサイドスキル
◎実力より100倍大事な「視覚をハックする力」

※電子書籍『「社会人1年目クビ」からたった5年で「セミリタイア」を果たした僕のやっている ズルい努力( やまもとりゅうけん[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『「社会人1年目クビ」からたった5年で「セミリタイア」を果たした僕のやっている ズルい努力(やまもとりゅうけん[著])』僕の人生ゲームは底辺から始まったそんな底辺の僕を支えてくれたずるい努力を教えよう皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回はやまもとりゅうけんさんが書かれた社会人一年目首からたった5年でセミリタイアを果たした僕のやっている鶴居努力を解説していきたいと思います本日の動画では本書の中で特に重要だと思ったポイントにフォーカスして解説していきますこの動画を見ることでこの本いいなと思っていただきましたら是非概要欄のリンクから一度手にとって全ての内容をチェックしてみてくださいそれでは早速楽しみながら本書れないように一緒に切り込んでいきましょう本日のお品書きは次の通りです1円で手取り17万借金400万円から年収億越えになれた世の中の裏ルールを教えようということについて2件で適正はいらないうん探しという宗教を抜け出せということについて3件で世の中は実力ではなく減点方式でできているということを解説していきたいと思いますそれでは早速1円の手取り17万借金400万円から年収億越えに慣れたい世の中の裏ルールから解説していきたいと思いますさてこの本は一人の若者の人生大逆転劇から始まります手取り17万円社会人一年目でクビ借金400万円という状態から社会の裏ルールを知り最強にコスパの良いずるい努力をしビジネスオンラインサロン no.1 SNS 総フォロワー30万人年収億超えになった若者の物語です著者の龍剣さんは貧乏な家庭に育ちなんとか貧困から抜け出そうと奨学金に頼り大学に進学しますそして大学入学後もお金を稼ぐための懸命な努力をを続け奨学金という名の借金を背負いマイナスからのスタートで社会に入ってますしかし現実は厳しいものでした手取り17万円の給料の中から毎月奨学金を返済する日々そして社会人11ヶ月で君はどこに行っても通用しないよと言われ会社をクビになってしまうんですそれからもなんとかお金を稼ごうとネットワークビジネスに全身全霊を捧げて努力しましたがネットワークビジネスの泥沼にはまり借金400万円を背負ってしまいます消費者金融のカードは全種類コンプリートの勢いで借りまくっている多重債務者になってしまったんですここでりゅうけんさんは気付きますなるほどと社会って真面目な努力は報われないんだということに気づくんです社会という名のステージでは真面目な努力は報われない頑張る頑張るとみんな口を揃えていますでは頑張るとは何でしょうかイメージ的に思考より行動頭よりも身体能力より気力と体力というところでしょうかとにかく体を動かせとにかく長時間懸命に働け気合いで働けそんなイメージでしょうですが頑張るという言葉のもとひたすら時間をかける真面目な努力が結果に結びつくとは限りませんなによりも時間という限りある貴重な資産を少額のお金に変えてしまうのはあまりにもレートが悪すぎます戦略を立てずに熱入れ動くと確実に失敗します多くの人は頑張ると言うと時間をかけてひたすら動き回ることをイメージしますが時間をかけてひたすら動き回ることが偉いわけでもなんでもないんです実は世の中には皆にエライと褒められる正式ルールと実際に物事を動かしている裏ルールの二つがあります正式ルールや真面目な努力でうまくいくのは元々才能を持っている人と金持ちの家に生まれ育ちの良い人だけです普通の人や非エリート著者のように借金があってマイナスからスタートしなければいけない人は世の中の裏ルールを知ってそこに合わせた努力をしていかなくてはいけないんですゼロどころかマイナスから再スタートすることになった著書は自分なりに見出した四つの裏ルールを踏まえてずるい努力をしたんですその結果借金は独立後2年で完済実習は0から60万円といきなり上がり1年後には月収100万円3年後には年収三千万円になっていましたお金の心配から完全に解放されたんです収入アップと反比例するように働く時間は減っていき時間の自由を手に入れたことも著者にとってはお金よりも嬉しい努力のリターンでしたそして社会の底辺からたった2年でビジネス どうでしょうか適正はいらないなんて言われるとびっくりされる方が多いのではないでしょうかなぜならば世の中の正式ルールは好きと得意を生かしなさいというものだからです確実に最短で結果が出る努力をしようと決めた時多くの人がやりがちなのが自分の天職を探すことであります人には向き不向きがあるというのは割と言われていることですから好きと得意を活かしましょうというのが正式ルールとして世の中でまかり通っているわけなんです特に今勤めている仕事でうまくいかなかった時や挫折を経験した時この仕事は自分に向いていないそもそも好きじゃないだから自分にぴったり合う好きな得意なことをして頑張った方がいいんだと自分探しの旅を始めてしまう人が多いですカフェで自己啓発書を片手に僕は何が好きなんだろうとか私が昔得意だったことはなんだろうとか俺が輝ける場所はどこかななどと堂々巡りが始まってしまうんですですが多重債務者で仕事も無い駐車にそんな余裕はありませんでしただからといってバイトを掛け持ちするような時間を安く売る仕事もしたくないそこで自分の向き不向きや興味適性などを考えるのをすっぱりやめて今の自分にできることをやろうと著者は決めたんです当時著者に行ってきたのはプログラミングができること文章が書けることこの二つでしたそして仕事になりそうなのはまずプログラミングです会社員は向いていなかったのでフリーランスとして始めましたフリーランスエンジニアの求人は結構あり契約先をすぐに見つけることができたんですフリーランスとして仕事を始めたことによって手取り額ははるかによく残業がなく副業は OK という恵まれた環境を手に入ってきたため文章が書けるというのも理科してプログラミングに関するブログも副業で始めましたそしてフリーランスプログラマー兼ブログを始めて一年が経つ頃には月収は100万円になっていましたそしてこれが嫌がって現在の著者のオンラインサロンへと繋がっていったんですもしあの時自分の適性は何だろうといつまでも考え続けていたら未だに迷っていたでしょう単純に今できることという現実だけを点検し戦略的に実行したのが功を奏したというわけなんですこういった経験から自分に向いているかどうかを意識しすぎないほうがいいという裏ルールを著者は見つけましたそもそも元々才能がある人でない限り適性がある人とない人の差というのは誤差の範囲内ですまた適正というのはこれまでやってきたものの組み合わせで決まりますですからそもそも経験がない人は向きも不向きも分からないたいですだからいくら自分を見つめても適正ゼロで空っぽなのですから何も見つかるはずがないんですですから一旦適正を探すという考え方を忘れましょうそしてたとえしょぼくても面白いと思えなくても自分が今できることをやりまずは市場に入って動き始めるんです市場の波に揉まれてそこで経験を積んだ時初めて適正らしきものが出てくるので始めから適正を見つけようとするのはコスパが悪い努力と言えるんですそれでは次二つ目の裏ルール努力は競争を楽しむゲームということについて解説していきますさて夜なければ登録は自分との戦いだという正式ルールがまかり通っていますが仕事をする以上自分だけを見つめて自分との戦いで自分らしく努力するのはありえないと著者は言います才能のあるアーティストであれば自分という個性をみつめてひたすら追求し絶対評価をもとに努力すればいいと思いますが普通の人間はそういうわけにはいかないんです会社員だろうとフリーランスであろうと労働市場にいる衣装みんな相対評価で判断される商品だからです当然他人と比べられますしその市場にとってどれぐらいの価値があるのかどの程度のポジションにいるのかを冷静に比較検討される商品なんです労働市場の中では誰もが相対評価で判断される商品だなんて言うと失望する人もいるかもしれませんがだからこそエリートでない人にもチャンスがあるんです例えば著者は it エンジニアとしての自分は大したことがなく偏差値60だと言いますここで自分一人の世界に閉じこもってトップのエンジニアを目指そうと努力していたら己の才能のなさにがっかりしていたでしょうしかし市場がわから レベルを保ち基本的なビジネスマナーをこなしていれば確実に使える信頼できる人材だと評価してもらえるんです相対評価だからこそ偏差値70の天才でなくても十分な評価が与えられるというわけなんですそして十分な金銭的報酬が得られるというわけなんです自分という人間にはどれだけの人数があるのかと考えると哲学的な悩みに陥ってしまいますがもっと簡単に自分を商品として考えてみましょうゲームでアバターを動かすように市場のニーズに合わせて自分という商品を市場にリリースし競争を楽しむこのようなゲーム感覚でいたほうが投入した努力の何倍ものリターンが得られるようになりますしある市場で評価されないと分かれば別の市場に移動してみること持ってきます市場によって何が高く評価されるかは違いますから場所を変えれば自分の価値がより高く評価されるというケースも多々あるんですそれでは次三つ目の裏ルール減点方式で戦うについて解説していきますさて世の中ではだいたい営業成績を上げましょうとか良い企画を出そうと加点方式で皆さん戦おうとしていますが著者は凄い事をして評価されようという野望を抱いて加点方式で戦うのをやめようと言いますダメなやつが極限まで追いつめられて覚醒する血の滲むような努力の末にすごい活躍をしてみんなを驚かせる成果を出すと言った漫画的な努力が一般的な努力のイメージとされておりますが実はこれは明らかな誤解でこんな圧倒的な努力が存在するのは漫画の世界だけであると著者は言います極限まで努力し能力が覚醒するといった現象を著者は少年ジャンプの弊害と呼んでいます確かに曲がれは不幸な環境に育った主人公が血の滲むような努力をし恵まれない状況を自分一人の力で支え成功者にのし上がるといったストーリーが好まれますよねこういったストーリーに感銘を受けてよし俺もこうなるんだとか言って加点方式で圧倒的な努力をしようとする人も多いかもしれませんですが何かすごいことをやって加点方式で評価されるビジネスシーンというのは現実にはほとんどありませんそもそも強みや好きなことは追い詰められても見つかりません悲しい話ですが凡人は漫画の主人公のようにそう簡単に覚醒しないようにできているんですまあだから爆発的な成果を挙げて加点方式で評価されるというケースはほとんどないんです大体が減点方式で人の評価というのは決まるんです遅刻をする挨拶をしない愛想が悪いレスポンスが遅いメールの誤字脱字経費の計算間違い取引先とのちょっとした行き違いなど減点されるポイントは無数にあるのに逆転大ホームランを打てるような座席は回ってこないというのが現実なんです漫画やアニメドラマなどの影響もあり多くの人は加点方式で戦って成果を上げてやるぜと頑張るんですが減点方式という裏ルールで回っているのがビジネスシーンなのですから割り切ってそのルールにあわせたずるい努力をしていく必要があるんです何故ずるいのかといえば加点方式より減点方式の方がルールを知ってしまえば点を稼ぎやすいからであります単純なミスを避け当たり前のことをしっかりとやるだけで確実に大量のポイントをゲットできるのですからこんなチャンスを見逃してはいけませんそれでは次裏ルールの四つ目逃げることこそ最高の努力について解説していきますさて一般的に世の中では途中で諦めてはいけない辛くても頑張って継続することが社会人として重要だとか石の上にも三年だなどとやたら逃げてはいけないということが強調されておりますですが一度始めたからといって苦手を克服しようと成果が出るまで努力をするというのはもうやめましょう逃げることこそ最高の努力であると著者は言います社風でも仕事内容でも自分には合わないというのは本人が一番わかっていますそれなのに根性とか気合を持ち出して現場にしがみつくのは思考停止であります例えば著者の場合ビジネスでは会社員から逃げてフリーランスのエンジニアから逃げてブログから逃げて現在はオンラインサロンという市場で自分のポジションをとっています逃げるという選択肢が取れれば新たに違う市場を 私たちは普通の努力ではなくずるい努力をする必要があるんですが最初にやるべき順位は適性を探さない自分探しをやめるということでありますさて今の世の中では自分らしく生きることが重要だとか本当の自分を探そうとか人は誰でも唯一無二の才能を持っているから好きで得意なことを見つけて頑張りましょうとよく言われていますですがこれは本当でしょうか本当に誰でも唯一無二の才能があるのでしょうか好きで得意なことを誰もが持っているのでしょうか人の能力は圧倒的な才能を持っている人を除けばほとんど同じというのが現実ですそして芸術やスポーツでない仕事であれば得意な人とそうでない人の差は本当にわずかで誤差と言ってもいいぐらいのものであります飛び抜けて得意なものがありますとか唯一無二の才能があります何ていう人はほとんどいないんですそもそもないのに無理やり自分を見つめて自分の内側から才能とか好きなことを絞り出そうとしているからドツボにはまってしまい自分に向いているのは一体何なんだろう適性が分からないよとなってしまうんですですが分かるはずがありませんそもそも仕事において適正や才能なんてないんですから自分に向いていることは何だろう自分の才能は何だろうなどと延々と考えている人ははっきり言って暇な人であります確かに自分の可能性を探っているうちは楽しいかもしれませんがそんなものはありませんので自分だけの転職とか適正とか自分探しをしそうになったら何でもいいから予定を入れましょう今の仕事ではなく別の仕事をしたいとかもっとお金を稼ぎたいもっと自由になりたいと思った時に考えるべきは仕事についてでありあなたの適性とか転職についてではありません具体的に今どういう仕事があって自分には今どんな仕事ができてそのメリットとデメリットはどんなものでとりあえずどのぐらいのお金が稼げるかなどを冷静に考えるのが合理的で自分の才能は何か自分の適性は何かなどと自分について考えるとは非合理的でありますもっと厳しいことを言えば適正探しとか自分探しをしている人は動けない自分を慰めて正当化するためです私に向いている仕事は何だろうといつまでも悩んでいるのは行動するのが嫌だったり何となくかっこいい感じがして自分に酔ってしまっているだけなんですですが時間の無駄以外の何物でもありませんからやめましょう適正は見つけるものではなく創るものです行動し何かやってみればそれがだんだんあなたの適正へと育っていくんですこのように言うとなるほどねと頭で考えても適性が分からないのならばとりあえず行動しなさいということですよねととりあえず手当たり次第行ってみますと勢い余って行動してしまう人がいますが適性を考えずに今できることをすべきだというのはそういう意味ではありません動き出す時には戦略が絶対に必要です失敗は成功の母とよく言われているように失敗することの重要性が世の中で強調される風潮にありますが失敗しまくればいいというのは完全に間違いです何も考えずに失敗しても学べるものは何もないからです行動する前に必死で戦略を立てて良子の戦略でやれば100%うまくいくはずだと本気で勝ちにいきそれでも失敗してしまった場合にのみその失敗から学べることが多く意味があるんですとにかく適当にやってみて結果失敗したという失敗では何の意味もありません例えば副業としてブログが流行った時にとにかく量を書けという説が信じられておりました1日中記事くらい書いて当たり前といった説が信じられていたんですそれを鵜呑みにして例えばおはようとか午前中の仕事終わったとか今日はお昼にカレー食べましたなどといったたとえ彼女からの LINE でもうざいと思うような記事をひたすら書き続け一日中駅近くの一年続けているんですが全然儲かりませんとか言っている人がいるんですこの具体例を聞けば皆さんもまあそれは駄目でしょと思いますよねでも本人はひたすら頑張って行動しているつもりなんですまたこの失敗から何かを得ることがあって行けませんだからもちろん行動することは大事なんですがちゃんと戦略を立てて行動することそして 目の前のできることをただ闇雲にやるんじゃなくて戦略をもって実行しろとお伝えしてきましたではいま自分にできる目の前のことを戦略的に実行していくために必要なことは何でしょうかそれはつまり目標でありますこのように言うと嫌や目標を持ちなさいなんて当たり前でしょと思われる人結構いるかもしれませんがここで言っている目標とはよく世間で言われているような一般的な目標のことではありません皆さんが建てている目標はたいていの場合役に立ちませんなぜならあなたの目標には次の三つの要素が欠けているからです1数字にするに期限を決める3撤退ラインを決めておくさてどうでしょうか自分がたてた目標を見直してみてくださいこの三つが入っていない目標ははっきり言って目標とは呼べませんあなたがいつ生まれたっても目標を達成できなかったのはこの三つの要素が入っていなかったからなんですずるい努力をし最もコスパ良く達成と自分自身を駆り立ててくれるそんな目標を立てるためのポイントは1数字にするに期限を決める3撤退ラインを決めておくこの三つの要素を盛り込むことであります例えば最近流行りのファイヤーすなわち経済的な自立をし早めに対応するという考え方に影響され fire を目指すという目標を立てる人が結構いますしかし fire を目指すという目標では抽象的すぎて何をすればいいのかがさっぱり分かりませんそこで大切なのはファイヤーをもっと具体化することでありますいくら貯めればいいのかという数字そしてそれをいつまでに実現するのかという期限を決めるんですリタイヤしても経済的自立を保つには不労所得が必要だでは自分の場合いくら不労所得がいるのか例えば不自由なく暮らすには月50万円必要だというタイプもいれば地方在住だしシンプルライフが好みだから月25万円で十分というタイプもいるでしょう自分はどちらのタイプで自分の場合不労所得をいくら求めるべきなのかというのは人それぞれによって違ってきますそれによって貯めるべき目標金額も大きく変わっていきます例えば月50万円必要だという人ならば年間600万円の不労所得が必要ですということは投資の年利学校パーセントと仮定すると600万円の利益を手取りで得るには1億5000万円必要だという具体的な数字が弾き出されますここからじゃあ私は1億5000万円食べればいいんだという具体的な目標が出てくるんですまだ私はとにかく働くのが嫌で別にお金はそんなにいらない月25万円年間300万円あればいいやという人ならば5%で運用するとして7000個100万円程度食べれば良いということがわかりますさてこのより具体的な数字を出した後は期限を決めましょう先ほどのファイアの例で言うなら何才までに実現するのかということを具体的に決める必要があります例えば2030年の四十歳までに1億5000万円を貯めてファイアするこのより数字と期限を明確にしてようやく目標になるんですこのような数字と期限を含んだ明確な目標かな具体的な行動手順が導き出されるわけなんです今はねちょっとファイヤーを例にしてご説明しましたが例えば独立してフリーランスになる方であれば1年後までに月収30万円を達成するなどといったふうに目標を立てれば良いでしょうそして数字と機嫌に加えてもう一つ必要なのは絶対 LINE を決めておくということを頭の片隅に常にどこまでヤバイ状態になったら止めるという LINE を引いておく必要がありますこれは投資などでもよく言われることです例えば温かい金千万円持っているとしたら30%までに値下がりして700万円になったらもう撤退するといったふうに撤退 LINE をあらかじめ決めておくんです絶対 LINE を決めていなければ700万円になった時あと300万円取り返さなきゃいけないとズルズルといつまでもぶの悪い投資を続けてしまったりさらに損失を重ねてしまう可能性がありますあるいは漫画家として成功するミュージシャンとして成功するといった目標でも撤退 LINE を決めておくことが必要でしょう例えば三十歳までに芽が出なかったら普通に就職するとかそういったふうに 絶対 LINE を決めておきましょう頑張ることは重要ですがやっても効果がないことはやめるというある種のズルさがなければ努力は実を結ばないんですそれでは2件の内容をこの辺でまとめておきましょうポイント市世間では誰にでも好きなこと得意なことや唯一無二の才能があると言われることが多いがはっきり言ってそんなものはない人の能力は圧倒的な才能を持っている人を除けばほとんど同じそして芸術やスポーツでない仕事であれば得意な人とそうでない人の差は誤差レベルの話であるだから適正や才能といったそもそもないものを探そうとするからどつぼにはまるの大適正は見つけるものではなくつくるものなので自分探しをするのではなく目の前の自分のできることを戦略的に実行していくことが重要であるポイントに目の前の自分のできることを戦略的にこうするには1数字にするに期限を決める3撤退ラインを決めておくという三つの要素を含んだ目標を立てることが必要だそれでは次3件で世の中は実力ではなく減点方式でできているということを解説していきたいと思いますさて皆さんは才能は生まれつき決まっていて努力はそんなに関係が無いという話を一度は聞いたことあるのではないでしょうか実際にスポーツや音楽は持って生まれた才能が多くさらに最近では努力できるかどうかという努力の才能もなんと生まれつきの遺伝の影響が大きいとされていますこのように言うと生まれつきの才能も努力できるかどうかも遺伝で決まっているのならば努力なんて意味ないじゃんと頑張っても無駄じゃんと思う人いるかもしれませんしかし自分のポテンシャルの範囲で人生を最大限幸福にすることはあってきますまた才能で全てが決まるのは非常にハイレベルな戦いにおいてのみです例えば大学受験程度の話にならば努力次第でなんとかなります才能によってどうしようもない差が生まれてしまうのは大学受験以上の大学に入ってからの話ですだから全てが才能で決まるから勉強したって無駄だよと高校生が言うのは間違っているということになりますまたね県大会レベルの人が全国大会で才能を持っている人に言ってやるとどうしたって叶わないと感じると思いまし宣告大会の人であってもオリンピック選手には歯が立ちません全国大会とかオリンピックになってくると才能がものを言いますが私たちがビジネスの場でってやるのはせいぜい県大会レベルの人達ですだから別に特別な才能がなかったとしても十分にお金を稼ぐこともカローラし失敗しないという守りの姿勢を貫くことでポイントを稼げて勝てる可能性が高まりますなぜなら才能や能力が同じぐらいだと攻めの武器も同じぐらいですから目覚ましい実績はあげにくいですが誰がつかないからこそミスをしないことが高評価に直結するんですつまり優秀な人よりも安定している人の方が世の中は評価される世の中は減点方式でできているんですさらに実際世の中では特別な才能がある人というより偏差値60程度のミスをせず安定している人が求められますそもそも超優秀な人は見つけるのが大変で雇う側にしても非常に高額の報酬を提供する必要がありますさらに超優秀な人は何を辞めて独立してしまいますから野党側はその人に投資した文を回収できずに独立されてしまうリスクがありますそうで偏差値60の人ならば非常にたくさんいて値段も比較的安いこれは仕事を発注する側にとっては非常にメリットなんです別に特別優秀ではなくても言われたことはちゃんと守るしミスもあまりしないマナーもあって仕事を頼みやすい安定感のある人はどの市場でも求められておりますですから特別な才能がないという人はとにかくミスをしないということを目指しましょうマンガンなどでは非常に大きな成果をあげて周りから大いに評価されるといった加点方式で評価される傾向にありますが実際の世の中は減点方式で成り立っているので大きな成果が上げられなくても水さえしなければあなたの評価は勝手に上がっていくんですミスをしないという守りの姿勢によってどんどん評価を上げていきましょうそうは言ってもなかなかミスを防ぐことができないんですという人のために ほうれん草つまり報告連絡相談であります上司にとって一番嫌なのはミスをされることよりもそれに対応できないことなんです部下のミスは最終的に自分のミスとなって責任を取らされてしまうためですたとえミスがあっても早めに報告さえしていれば上司になどが対処してフォローすることがあってきますその結果大きなミスに繋がりにくいんですだから中間報告はまめに早めにしておくべきなんですそして理想の報告は成果物を先回りして提供していくことであります例えばまだできていませんが何日後にはまるまるについての資料をお見せすることができますと言ったふうに成果物を先回りして提供していくんですまたプログラマーであればプログラムやシステムアプリが生活ですし Web ライターならば原稿が成果物となりますこの場合もクライアントに早め早めに報告しておくことが重要で感染する前にこまめに見せておくことが重要です一番最悪なのは頼んだものと全然違うじゃないかといった状況なんです途中の段階で成果物を見せずに完成させてから成果物を提出してしまうと頼んだものと全然違うという最悪な事態を引き起こしてしまう可能性があります仮に途中で成果物を見せていれば発注者側の意図を組んだりここをこのように修正して下さいと言った感じで全く発注者側が望んでいないものが完成することはなかったでしょうというわけでミスをしたり減点されないためにほうれん草をしっかり徹底しましょうこういうとほうれん草の徹底が重要だなんて当たり前でしょと思われる人多いかもしれませんがこれができていない人が非常に多いんですこれを徹底するだけでもあなたの評価は大きく変わるはずですそして減点されないためにもう一つ重要なポイントがありますそれは相手の時間をカットしてあげるということを人が不快に思うポイントというのは実は決まっていてこいつ手間がかかるなとか時間を食うなと思われたら優秀であってもバンバン減点されていってしまいます相手に時間を使わせない工夫をすれば減点されませんしむしろあなたのポイントはどんどん増えていくでしょう例えば仕事を発注する側は100%の確率で受注する側よりもお金持ちですお金持ちと自分では時間に対する感覚が全く違うと意識しましょうお金持ちにとって重要なのはお金ではなく時間ですだから相手に時間を使わせない工夫を徹底することで相手からの評価を大きく上げることができるでしょう皆さんどうすれば相手の時間をカットすることができるかなと考えてみてください相手に時間を使わせない工夫は小さなことからで持ってきます例えばメッセージや LINE でプロジェクトの進捗報告をする場合なら以下のようになりますわかりやすく簡潔に結論から先に報告するんやんかぴーやんか選択するだけでいい提案をする Yes No で答えられるように提案を整理する返信が不要なものに関しては返信不要と入れておくこういった小さな工夫でも相手はこの人は手がかからないだこの人とならばサクサク物事が進むなと思ってこの人とまた仕事をしたいと思うようになるでしょうまた日程調整であっても自分が先に開いている日時を提案して相手は選ぶだけでいいようにしておくこれだけで相手の時間はかなりカットできて喜ばれるでしょうそれでは最後に絶対にやってはいけないこれだけですべてが台無しになってしまう最悪なことについて解説しますそれは嫌な奴になることです性格が悪いなとかがが強くて一緒に仕事をしたくないと相手に思われた時点でダメージは非常に大きいですサラリーマンは会社から仕事をもらえる仕組みの中で働いているから多少はマシですがフリーランスの場合は致命的ですどれだけ優秀であっても嫌な奴と思われた時点でもう誰からも求められません実力があるから性格は関係ないと言われるのは本物の天才だけに限った話です継続的に仕事をして行くのならどんなに優秀でも嫌な奴とは誰も一緒に仕事をしたいと思いませんつまり相手に嫌な奴だなと思われてしまったらもうそれで終わりなんですそれでは3件の内容をこの辺でまとめておきましょうポイント市生まれ持っての才能や努力の才能は遺伝の影響が多いが県大会レベルや大学受験レベルや普通のビジネスの番レベルならば もう一つ本要約チャンネルと切り抜きのチャンネルも行っておりますので興味のある方は概要欄のリンクから他のチャンネルにも訪れてみていただけるととても嬉しいですではまた次の動画で皆さんに会えることを楽しみにしております本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事