【VODで読める電子書籍】『テクノロジーが 予測する未来 web3、メタバース、NFTで世界はこうなる(伊藤穰一[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

web3、メタバース、そしてNFT。

最先端テクノロジーは、私たちの社会、経済、個人の在り方にどのような変革をもたらすのか?

米国MITにてメディアラボ所長を務め、デジタルアーキテクト、ベンチャーキャピタリスト、起業家として活動する伊藤穰一が見通す、最先端テクノロジーがもたらす驚きの未来。

序章 web3、メタバース、NFTで世界はこうなる
・Web1.0 、Web2.0、そしてweb3は、どんな革命を起こしたか
・web3のキーワードは「分散」
・世界はディストピア化する?
など

第1章 働き方――仕事は、「組織型」から「プロジェクト型」に変わる
・ビジネスは「映画制作」のようになる
・プロジェクトは「パズルのピース」を組み合わせるものへ
・より手軽に、より強く結びつき、成し遂げる
など

第2章 文化――人々の「情熱」が資産になる
・ブロックチェーンで実現した真贋・所有照明
・「NFTバブル」の次に来るもの
・「かたちのない価値」が表現できるようになる
など

第3章 アイデンティティ――僕たちは、複数の「自己」を使いこなし、生きていく
・人類は、「身体性」から解放される
・ニューロダイバーシティ――「脳神経の多様性」が描く未来
・バーチャル空間の「自分の部屋」でできること
など

第4章 教育――社会は、学歴至上主義から脱却する
・学歴以上に個人の才能を物語るもの
・学びと仕事が一本化する
・学ぶ動機が情熱を生む――web3がもたらす「参加型教育」
など

第5章 民主主義――新たな直接民主制が実現する
・ガバナンスが民主化する
・衆愚政治に陥らないために
・既存の世界は、新しい経済圏を敵視するか
など

第6章 すべてが激変する未来に、日本はどう備えるべきか
・最先端テクノロジーが、日本再生の突破口を開く
・「参入障壁」という巨大ファイヤーウォールを取り払う
・デジタル人材の海外流出を防げ
など

※電子書籍『テクノロジーが 予測する未来 web3、メタバース、NFTで世界はこうなる(伊藤穰一[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『テクノロジーが 予測する未来 web3、メタバース、NFTで世界はこうなる(伊藤穰一[著])』世界は新しいルールで動き始めた皆さんどうもこんにちは本要約チャンネル納涼です本日ご紹介する本は伊藤穣一先生のテクノロジーが予測する未来 Web 3メタバース NFT で世界はこうなるですこれから先の未来を予測するためにどうして今を知るためにぜひ読んでいただきたい一冊ですがそんな本書の中から本日ご紹介する内容は以下の通りです第一章10分でわかる Web 3メタバース NFT のすべて第2章乗り遅れるな NFT バブルの次に来るもの第3章ビットコインは時代遅れ今買うべきはまるまるコインポストコロナ時代の今 Web 3メタバースそして NFT といった最先端のテクノロジーの数々が私たちの生活を根底から変えようとしていますコレラ前代未聞のテクノロジーは私たちの社会経済個人のあり方にどのような変革をもたらすのでしょうかこの動画を見ることで Web 3とは何かあって海は今後どのように変わっていくのかそしてその変化に対し私たち一人ひとりがどう備えるべきかが分かると思いますぜひ最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょう第1章10分でわかる Web 3メタバース NFT のすべてざい金 Web 3とかメタバースとか NFT という言葉を耳にする機会が増えてきましたよね一部のテクノロジー好きの人たちの間で盛り上がっているだけで自分には関係のない話そんなふうに思っている人も多いかもしれませんインターネットも最初はそうでした1990年代初頭の段階ではインターネットについて話している人は世界でもほんの一握りだったんですそれが今では誰もがスマートフォンを操り常時インターネットに接続しているのが当たり前の時代になっていますインターネットが誕生して約半世紀もはやほとんどの人にとってインターネットなしの生活は考えることができないくらいになりましたとして2週前後には Web 3メタバース nfp もそうなっている可能性が高いと著者は言うんですこれがない時代があったなんて信じることができないよこれを使いこなせない人がいてすごく困るんだというほどの劇的な変化が今新たに起ころうとしているんですインターネットが全くわからないパソコンが全く触れない人今じゃもうほんと少ないですよねそれと同じことが今送ろうとしているんでそこで本書では皆さんも必ず耳にしたことのある目薬 metaverse NFT この三つについて簡単におさらいしておきましょう頭は Web 3について Web 3には多くの用途がありますが著者は特に次の点に注目すべきだと言いますそれはブロックチェーンという新しい技術が登場したことによってインターネットが進化する間に忘れ去られてしまっていた非中央集権的という方向性を再び目指すことになったという点ですウェブの黎明期には情報を発信しようとした世界の人々は自分たちの手で www サーバーを立ち上げ情報発信を行いました大学生のネットサーフィンから始まったいやふーがその代表と言えます新聞社や出版社放送局の力を借りなくても個人が世界中に情報を発信できるようになったそれが Web インターネットだったんですしばらくすると大企業や大組織も Web に参入し各国政府もホームページを立ち上げて行きました代償は個々人が放送局を作るような場であった Web ですが次第に既に用意されている情報を閲覧することが主になっていきますこれが Web 1.0の時代です大東県佐久市ホームページを見つけてそれを閲覧するただそれだけの時代が Web 1.0として次に Web 2.0が登場しましたこの Web 2.0は再び個人が情報発信できるようにしようとした試みと言えますブログが始まりサーバーを貸し出してそれをホスティングする企業が登場しました Wikipedia が登場しいわゆる集合知が注目されたのもこのころですまたこの頃に SNS も流行し始めますただ Web 1.0の時にそうであったように参加する人が増えるにしたがって次第にこれらの場を提供している企業の力が大きくなっていきますこれがプラットフォームの誕生です気が付くと Web 黎明期にインターネットのビデんだった非中央集権的な 盛り上がっていた頃の雰囲気に似ているといいますベトナム戦争中のアメリカでヒッピーたちが社会から離反して新しい文化を生み出してように Web 3世代は経済一辺倒の資本主義的な価値観から離反して新しい文化を生み出そうとしているんですがこれが Web 3.0で簡単に言ってしまえば Google とか Facebook とか Twitter とかそういう中央集権的な物を失くした大勢というものですねが続いてメタバースについて説明していきましょう metaverse の定義は広いですが今後重要になってくるのはやはりバーチャルリアリティ VR でしょうバーチャルリアリティの中で人と交流したりアクションを起こしたりするこのアイデア自体は実はそれほど新しいものではありません1990年代前半にはすでに研究が進められていたんですただそれがユーザーに根付いたと言えるのはゲーマー界隈くらいで一般的には復旧しないまま現在に至りましたどんなバーチャルリアリティがここへきてメタバースという言葉に置き換わり急激に盛り上がりを見せていますとの背景はコロナ家ですご存知の通りこの中ではリモートワークが推奨されずむなどを使ったオンラインミーティングが復旧しました人々がリアルに対面するのではなくオンラインで会うことが当たり前になったんですその結果バーチャル世界で会うことへの心理的障壁も確実に低くなりましたどこで Web 3の文脈にバーチャルリアリティの技術が重なり今私たち人類のアイデンティティやコミュニケーションに大きな変化が起ころうとしているんです俺がネタバレなんですねそして最後を三つ目に紹介するのが NFT です2021年あるデジタルアーティストの NFT アートが約75億円もの高額で落札され大きなニュースになりましたよねこれを契機に日本でも NFT に対する感謝が一気に高まったことは記憶に新しいですただこの時点では NFC が一体何なのか一般の人々にはよく理解されていなかったことも事実と言えます NFT とはのんふぁんじぶるトークンの略で日本語にすると大体できない価値を持つトークンとなりますこれまでデジタルデータは容易にコピーできることから全てのデータが代替可能と思われていましたしかしブロックチェーンの技術を使うことでデジタルでありながら大体できないつまり唯一無二の価値を持ち得るデータが登場したんです現在ではアート作品だけでなくあらゆるデータを NFT 化する試みが急増しています例えば人の思いや情熱信仰心日々の全校学位といった金銭的な価値までが NFC を使って一つの価値として扱われ可視化することが可能となったんですがということでポストコロナ時代を代表 Web 3メーターパーツ NFT という三つの社会変革について見てきましたただこの三つについて今説明したような概要だけを頭に入れているという人をまだまだ甘いんですこれからの急激な時代の変化に取り残されないためには必要なものがもう二つありますそれはテクノロジーに対するリテラシーとしてそのテクノロジーによって社会はどう変わるのかというビジョンですウェブ3元年と呼ばれる2022年以前から既に日本でもテクノロジーに明るい一部の人たちの間ではこの Web 3 NFT そしてメタバースが盛り上がっていましたしかしまだまだ一部の人達だけに限られた世界であることに変わりありません YouTube だってそうですまだ YouTube なんて怖いと言ってみていない人だっているんですですからウィーク3まで知っている人なんてもうほんとごくごく一部だと言えますですがもし日本人が本当に Web 3表れるのであれば Web 3を一部のテクノロジー月だけのものにしないために国を挙げてこの Web 3とか NFT とかこういった新しいテクノロジーに取り組むべきであると著者は言います Web 3は文化的社会的ムーブメントですがより一般的になるには国リタイヤ推進力も必要なんですこうした時代の激変期には現状を見極め正しく動けた人たちだけが生き残ることができますどれができなければ時代の大波に飲み込まれてしまうでしょうこの動画が皆さんが時代の変化の波に乗り豊かな生活を掴み取るための手助けとなれば幸いですがそれではここまでのポイントをまとめておきましょうポイント市 Web 1.0 Web 2.0を通じてインターネットは少数のプラットフォーム企業を中心に展開される中央集権的な構造になってしまったがブロックチェーンの技術によってあらゆる点で非中央集権化された Web 3の世界 一般の人々にも広く知られるところとなったポイント3 NFT とはだいたい出来ない価値を持つトークンを意味しブロックチェーンの技術を使うことでデジタルでありながら代替不可能なデータを実現し有形無形のあらゆるものを一つの価値として可視化できるようになった第2章乗り遅れるな NFT バブルの次に来るものが突然ですが皆さんはピープルという名前に聞き覚えはないでしょうか2021年3月アメリカのあるオークションハウスのオンラインセールでデジタルアーティストピープルの NFT アートが約75億円で落札されたんですこのニュースは世界中を駆け巡り日本でも nfp に対する関心が一気に高まりましたこの2021年の NFT ブレイクをきっかけとしていよいよ2022年からは本格的に Web 3時代が始まると目されていますこれが2022年が Web 3元年と呼ばれるわけですご存知の通り NFT はブロックチェーンという技術によって実現されていますブロックチェーンは取引ごとに情報のブロックを作成しそのブロックたちをチェーンで繋いで取引履歴を記録するという仕組みです全ての履歴が連なっておりしかも誰でもチェックできるという透明性があるため取引情報を改ざんするのは事実上不可能ですこのように元は取引履歴を記録する仕組みとして生まれたブロックチェーンの技術を使ってデジタルデータが本物かどうか誰のものかなどを証明するようにしたものが NFT ですデジタルデータと言うといくらでもコピーや改ざん消去が可能に思えるかもしれませんがブロックチェーンに記録された取引履歴はそうした操作ができませんこの世で一つしかない一つだけしかないデジタルデータを作ることができるんですかを聞けばまず真っ先にデジタルアートのクリア他の間で NFC が広まったのも頷けるのではないでしょうか Creator が作品を作り NFT マーケットプレイスに出品どれを見て気に入った人が作品を買う取引額のスーパー銭湯は差し引かれてマーケットプレイス側に手数料として入る仕組みになっていますが画廊などに出店してアートを販売するよりもはるかにハードルは低く手数料も低いですよねこのため NFT によってアーティストが自分の力で稼げる仕組みが生まれたとも言われていますまた NFT は従来の大量生産大量消費型の産業構造を覆す可能性もありますともその世界にひとつしかないものを一人の人間に届けるのは非常に非効率的ですならば大企業が大量に同じものを作っていっぺんに大勢に届けたほうが合理的というわけでこれまで大量生産大量消費型の産業構造が長く続いてきました一方デジタルショー取材には物流の手間がかからないものの世界に一つのデジタル消費財を作るのは技術的に不可能でしたリアルなものとは違うとは言え大勢が同じものを消費するという意味では大量生産大量消費とお変わりなかったですしかし NST は大量生産大量消費のものではありませんブロックチェーン技術によって世界にひとつしかない複製不可能なデジタルデータが実現可能になったんです近頃は naft にお金の匂いを感じ取った投機目的の人達がマーケットに流れ込んでおり NFT バブルとも言われるような状況になっていますそして歴史が証明している通りバブルはいつか崩壊するものですしかし十分なインフラや人々のリテラシーはバブルが起こって初めて整うものでもあると著者は言いますとしてこれらはバブルが崩壊してからもう残ります NFT も例外ではありません NFTB M の中で NFT のマーケットが成熟人々のリテラシーが高まることでブームが終わった後も生き残るようなエネルギーが生まれてくるはずですいたずらにブームに乗っかる必要はありませんがかといってこの NFC を完全に無視してはいられません今乗りをくれれば将来 NFT が当たり前になった頃を確実に何かと不便になることは間違いないんですいま世界でどんなことが起こっているのかを常に注視しつつ腰ずつでいいので NFT に参加していくといいでしょう NST に限らず Web 3の界隈では桁違いのお金が動くことも多いせいかどれだけ儲かるかという視点で語られがちですしかし著者は Web 3の本当のポイントはそこではないと言いますむしろどれだけ儲かるかといった価値観とは別のところでここの趣味嗜好に合わせて自由に好きなことができるというのが Web 3の最大の利点なんです NFT にしてもある作品 代役なのは値段が上がると踏んで好きでもない作品を買ったのに一向に値段が上がらず転売できないことですどんな作品がウォレットにずっと入っているのは目障りですですがかといって NFT を捨てるにはガス台と呼ばれる手数料のようなものがかかります一方で自分が応援しているアーティストが高く評価されるようになればそれは純粋に嬉しいものですよね NFT は誰に所有されているかが明確ですので作品の価値が上がることは自分の先見性やセンスの証明にもなりますいわゆる古参アピールがもう誰の目から見ても明らかになるんです NFT アートを買うのはいわばアーティストのパトロンになるようなものですお金が絡むスポンサーとも作品を消費しておしまい脳漿下とも違いパトロンはそのアーティストの作品が純粋に好きで応援したくて買うものですアーティストの方もその思いに応えてコミュニティメンバー限定の作品を公開するなど特別なベネフィットを返していきますこのように NFT アートを通じてアーティストとファンが直接なおかつ強く結びつき一つのコミュニティが形成されるんですつまり NFT アートを持っているという体験自体に価値があると言えるでしょうそれなのに一値段が上がるだろうかとか5転売したら儲かるだろうかなんて考えるのはちょっとつまらないと思いませんか NFT の魅力はお金が儲かるだけではないんです東京芸術大学教授でメディアアーティストの藤畑まさきさんはデジタルアートについて次のように述べています複製可能なデジタルアートにはそもそもオリジナルとコピーという概念がない代わりに作者が100個のコピーを作って売ったら100人が同じ作品を持つことになるとを考えるとデジタルアートとはどの作品がオリジナルなのではなくその作品に触れるというここの体験がオリジナルなのでありその意味でデジタルアートは多分2パフォーマーデブなものだと思う経験という代替不可能な価値は単なるお金儲けの発送では味わえません儲かりそうだから買うよりも好きだから買うの方がはるかに Web 3の面白みを体感できることでしょうそれに自分の WALLET の中身はアドレスさえ知っていれば誰でも見ることができますボレットが他人に見られることを意識して NST 作品を買うようにすることもこれからの社会では重要になっていくでしょういわゆるネット上のファッションみたいなものですこれからの Web 3時代私たちは自分のウォレットの中身で評価されるというのも実は重要なポイントなんですがこの辺りでポイントをまとめておきましょうポイント1本は取引履歴を記録する仕組みとして生まれたブロックチェーンの技術を使ってデジタルデータが本物かどうか誰のものかなどを証明できるようにしたものが NG であるポイントに近頃は NFT マーケットに大量の投機マネーが流れ込んでおり NFT バブルと言われるような状況になっているポイント3 nfp を所有することは本質的には消費ではなく体験であり儲かりそうだから買うよりも好きだから買うの方がはるかに上物理の面白みを体感できる第3章ビットコインは時代遅れ今買うべきはまるまるコイン Web 3では今クリプトエコノミーという新しい経済圏が形成されつつありますこの経済圏では円やドルといった法定通貨ではない暗号資産クリプトが流通していますこのクリプトンという言葉は本来日本語で暗号を意味する単語ですが Web 3上では仮想通貨やトークンを指す用語となっています近年何かと話題の NFT もクリプトエコノミーで流通するトークンのひとつですかここまでトークンという言葉を出してきましたがこのトークンがね分かりにくいかもしれませんのでここで一旦トークンについて説明しておきましょうトークンは目薬のシステムを理解する上で欠かせない概念ですとーくんは大きく分けて1時ブルトークンと納棺師 BL トークン nfp に分けることができます電車のアンジュール桃くんはだいたい交換可能なトークンを意味し後者のノーパンジュヴレトークンはだいたい交換不可能なトークンを意味しますたらに触れトークンには文化的なトークンと条件的なトークンがあります万事振るとおうくんの家鈴鹿的なトークンにはステーブルコインや payment トークと呼ばれるものがあります皆さんもご存知のビットコインのような仮想通貨は価格変動が大きくお金として扱うには勝手が悪いものですどこでドルなどの法定通貨に価格を固定することで仮想通貨の価格が安定するように設計されたのがステーブルコインです別の仮想通貨との交換比率を固定化したりアルゴリズムによってコインの流通量を調整するなど様々な仕組みによって運用 東洋暗号化に基づくブロックチェーンを用いた仮想通貨のプログラムですが両者には全く異なる思想的背景があります世界で初めてブロックチェーンを用いて開発された仮想通貨ビットコインは技術面ではもちろん画期的でしたその背景には国家による統制を逃れようとするリバタリアン的な発想があり強固なセキュリティが担保されたひたすら非中央集権的な仮想通貨であると言えます一方2015年に生まれたイーサリアムがもたらしたものを考えるとこれはビットコインとは別の意味で画期的と言えるんですここで皆さんにぜひ知っておいてもらいたいのがコミュニティが重きをなすという Web 3の特性です通過的条件的ファンダブルトークンと NFT が行き交う Web 3はコミュニティありきの思想的背景を持つイーサリアムがあって初めて成立していると言っても過言ではありませんビットコインの思想的背景は取らストレスつまり誰も信じないという思想ですそのために眼鏡なセキュリティを構築し中央集権制を実現しています一方のイーサリアムは中央集権的ではないコミュニティーがあることを大前提として何かあったらコミュニティーで相談して解決すれば良いと考えていますこの点で両者は根本的に考え方が異なるわけですまたビットコインの美学分かって売らないことにある一方イーサリアムではそれを基盤として発行された様々なトークンを誰かに売ったり買ったりします例えば自分の NFT アートが売れた場合どこデータイーサリアムで別のアーティストの NFT アートを買うというようにアーティスト同士の投資が活発になっているんです仲間お互いに盛り上げていこうというやはりコミュニティありきのイーサリアムから始まった人がここにも垣間見られるんですビットコインは取らストレスで非中央集権的であるために今までは主に通貨としてしが機能してきませんでしたイーサリアムと違いプログラミング言語を使っての運用管理がしにくいため開発が難しかったんです一方イーサリアムは通貨としての機能に自らを閉じ込めませんでしたスマートコントラクトというデジタル契約書の仕組みを備えることでイーサリアムを基盤に様々なアプリケーションの開発ができるようになったんです簡単に言うとビットコインは通貨イーサリアムは2日であると同時にインフラでもあるということができるでしょう NT をはじめとする Web 3の重要な構成要素は全てイーサリアムというインフラ上で可能になったものです今はブロックチェーン技術転用することでイーサリアムはコミュニティベースで成立するクリプトエコノミーを生成し Web 3の多様な経済社会活動を可能にしているんですまさにイーサリアムこそ新時代を代表する仮想通貨であるということができるでしょうさあではここまででポイントをまとめたいと思います水戸市 Web 3のトークンは大きく大体交換可能な感じブルトークンと大体交換不能なのファンダブルトークンに分けることができ電車には仮想通貨などが後者には NFT アートなどがあるポイントにビットコインが環境なセキュリティによって非中央集権制を実現しているのとは対照的にイーサリアムは中央集権的ではないコミュニティがあることを大前提として問題があればコミュニティで相談し解決するようデザインされているポイント3ビットコインは通貨に過ぎないがイーサリアムは2日であると同時にインフラでもあるこのことから NFT をはじめとする Web 3の重要な構成要素は全てイーサリアムというインフラ上で可能になったものだと言えるいかがだったでしょうか本日は時間の都合で割愛させていただきましたが本書には Web 3時代到来によって変わる未来の働き方や教育民主主義に至るまで革新的なテクノロジーによってもたらされる未来像の数々が予言されていますこの動画を見て興味を持たれた方はぜひぜひ本書を実際に手に取って読んでみてくださいここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画良かったよという方ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチっとして頂けますと励みになりより一層頑張れますのでよろしくお願いいたしますまた切り抜きチャンネルも頑張って更新していますのでよかったらそちらもご覧くださいということでそれではまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますさようなら最新動画を見たい方は左をクリックおすすめ動画が見たい方は右をクリックチャンネル登録もお待ちしています
おすすめの記事