【VODで読める電子書籍】『君は1万円札を破れるか?(苫米地英人[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

「お金が無いと生活が出来ない、良いモノを買えない」と思っているアナタ、すでにお金に支配されています。そして、お金が無いと生きていけないと洗脳されています。なぜお金が無いと不安になるのか、それは「お金」には価値がある、と発信者がいるからです。この情報を操作して価値を植え付けることにより、世界のほとんどの人が「お金の奴隷」になってしまっています。現代のお金はたんに「情報」に過ぎません。これだけの価値がありますという情報です。そんなお金、1万円。あなたは1万円札を破れますか?破くことが出来ない人は、1万円に絶対的な価値があると思っているからです。この書籍はお金の呪縛から逃れ、自由になり、お金の洗脳を解き、収入を増やしていくことをわかりやすく解説しています。*****この書籍は2011年12月に株式会社マキノ出版から出版された「君は1万円札を破れるか?」を再編集、電子書籍化したものです。

※電子書籍『君は1万円札を破れるか?( 苫米地英人[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】ではまだ取り扱っていません。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『君は1万円札を破れるか?(苫米地英人[著])』君は一万円札を破れるだろうか本当の自由とは何か本書のテーマは真の自由を手に入れることでありお金から自由になることである皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回は苫米地英人さんの君は一万円札を破れるかを要約していきたいと思いますまず皆さんにお聞きしたいことがあるんですあなたは今お金から自由だと感じていますかこう聞かれてあなたはパッとどのように答えるでしょうかおそらく自由ではないと感じた人の方が圧倒的に多いかと思いますお金がないのであれをしたいこれが欲しいという願いが叶えられないお金を得るために我慢して好きでもない仕事をやっている給料が安く貯金持ってきなので将来が不安だ今多くの方がこうした不満や不安を抱えながら日々暮らしているのではないでしょうか長引く不況や格差の拡大そしてコロナ禍によって不安や不満はますます募るばかりでしょう前を向いて頑張る俺も拭いきれない閉塞感や無力感にとらわれてしまう人も少なくないでしょうけれどこうして皆さんの頭を悩ませているお金に関する不満や不安が実は誰かによる洗脳の結果として生み出されたものに過ぎないとしたらどうでしょうかそれらはたいして根拠のないものであり簡単に解消することができるとしたらどうでしょうか現代社会に生きる人々のほとんどがお金には絶対的な価値があるんだという情報に洗脳されていますだからこそお金がないと不安に感じるあったらあったでさらに欲しくなってしまうこのようにして多くの人がお金の奴隷になってしまっているんだと筆者は指摘しているんです世の中には何者かの都合によって意図的に真実が隠され嘘を上塗りして発信されている情報が沢山あるんですことお金にまつわる情報に関しては大半の人がその絶対性を盲信しているが故にそこに秘められた嘘を見抜けずに右往左往するばかりなんです例えばですよあなたは親や周囲の大人たちからお金を稼ぐのは大変だとか貯金をしておかないと将来が不安だなどと聞かされて育ってきたのではないでしょうかあなたにそう教えた大人達も他の誰かから同じように教えられてきたはずです私たちの暮らす社会全体がお金の価値を盲信するように仕向けられておりそれを疑うこと自体がもう10になってしまっているんです本書を通じて筆者はこの現代社会を支配するお金という価値観の枠組みを疑ってそれを超えていくことの重要性を訴えているんですそして本処理は多くの人が現に抱えている不安や不満を解消するべく好きなだけお金生み出す方法も紹介されているので楽しみにしておいてくださいそして本書で述べられているお金から自由になるとは単にお金に困らなくなるというレベルの話ではないんですお金があるから自由ないから不自由というのはお金の枠組みの中で自由を捕らえているわけですがそれは自由という言葉の本来の意味を履き違えております本書では真の自由とは何かということがもう一つの重要なテーマとして掲げられておりますどうすれば本当の意味でお金から自由になることができるかまず重要なのはその正体を知ることです自分を縛り付けているものの正体を見極めないとその支配から脱することは難しいでしょうではではお金とは一体何なのかズバリ結論から言えば現代におけるお金とは情報でございますいや面白くなってきましたね筆者は私たちが感じるお金に対する不安や恐怖といったものは誰かの洗脳の結果であると主張しているんですお金が絶対的な価値観であると私たちは幼い頃から洗脳されてきましたお金があれば欲しいものは何でも買えるんだ世の中お金がすべてである私たちはこのように洗脳されています是非この本でお金の勉強をしましょうお金とは一体何なのかしっかりとそれを理解しお金という価値観の枠組みを疑ってそれを超えていくことを目指しましょうではまずお金とは一体何なのかという話から始めていきましょうか本日のお品書きは次の通りです1件でお金とは一体になりか2件でお金に対する不安をなくす方法3件でお金を無限に生み出す方法について解説していきたいと思いますでは早速一見のお金とは一体何かから解説していきましょうサテンまず結論から申し上げます先ほどもちらっ メールすることを洗脳と言いますそもそもお金は価値を交換するための道具にすぎずそれ自体には何の価値もありませんよねただの紙切れでございますところがお金には絶対的な価値があるという洗脳が蔓延したことによってこの世界に生きるほとんどの人がお金の奴隷になっていると筆者は指摘しているわけですよその証拠に多くの人が物事の価値を判断しようとするとき条件反射のように無意識にお金を基準にしてしまうんです例えばスーパーでりんごを買おうとする時このりんご一個100円は高いか安いかと考えながら手に取ることでしょうあるいはこのブランドのバッグが5万円なら安いとかこの掃除機が2万円ならお買い得ななんて思っていたりするでしょうしかしですよ私たちは冷静にならなければいけないんですか家というのはお金に示される価格にあるのではなくあくまでそれ自体にあるんです本来ならば何かのものに対してあなたがどれだけの価値を認めるかによって欲しい欲しくない必要不必要を判断すればいいだけの話なんですしかしですよ私たちはまず条件反射のように価格を基準に考えてしまいますそこにある価値に目を向けるということをしませんさらに悪いことに多くの人が自分がする労働の価値もお金を基準に捉えています時給がいくらとか年収がいくらとかそういったものが自分の労働の価値だと思い込まされているのではないでしょうかもっと悪い場合単に自分が働いて得ている大家にすぎないお金があたかも自分の存在価値そのものを示しているように思い込んでしまっている人がいるかもしれません俺は年収一千万だから俺はすごい男だこんな感じでございます自分の労働の価値や自分自身の存在自体の価値をお金で判断してしまうというのはお金が絶対的なものであると洗脳されている証拠でありますこのお金に対する洗脳を徐々に私たちは磨いていかなければならないわけです多くの人は日頃目にしている紙幣や硬貨のことをお金だと思っているかもしれません紙幣や硬貨には物理的な実体がありますが実はそれはお金の本質ではありません仮の姿と言っても良いでしょうお金の本質により近いのは皆さんの預金通帳に書き込まれている数字ですこう言うと実際にお金があるから通帳に数字が書き込まれているんでしょうと思われるかもしれません通帳に記載されている残高をいつでも好きな時に引き出すことができるんだからそれはただお金が出入りしている記録に次ねえだろうと実はそうじゃないんです数字の方が保湿で紙幣やコインはそれを目に見えるようにしてやり取りをするための道具ですただの紙っぺらであり金属片であるにすぎないんですよあげましょうか筆者は会社を経営しており数千万クラスの取引をすることがありますそういう時銀行の窓口に行って私の1千万円今すぐ欲しいから出してくださいと申し出ても現金はまずおろせません現金はないんです預金通帳は確かに1000万円の残高が記録されているので銀行印には最低でも前日におっしゃっていただかないとと言われてしまうんですそんな取り決めはどこにも書いてないのに現金を用意してくれないいや用意できないんですつまり1000万というお金が口座に入ってるんじゃなくて通帳に1千万円という数字が書いてあるだけのことなんですあるいは皆さんが住宅ローンを組んで5千万円の不動産を買うとしましょう銀行は不動産に抵当権を設定する手続きを行い皆さんの通帳に5千万円と数字を書きますこれで皆さんには五千万円の借金が生じたことになりまそれを銀行小切手か振込で不動産を販売した売り手の口座に入金するわけですがここでも売り手の通帳に5千万円と数字が印字され皆さんの口座の数字がゼロになるだけこのやり取りには井田現金は一度も動いてないんですよ5千万円の札束なんてどこにも登場しませんごせんまんえんと数字が印字され皆さんの口座の数字がゼロになるだけでありますさてこの具体例でお金が情報であるということが理解していただけたのではないでしょうかこのよりお金というのは情報として世の中を出回っているものであり物理的な実体のあるお金現金はその動きを補っている程度しかないんですさてお金トワレ情報であると説明したところでだから何なのと思われたでしょうか実はここにすごい秘密が隠されておりますすなわちお金は無限に作り出すことができるということであります 解説するので楽しみにしておいてくださいそれでは1件の内容をまとめておきましょうかポイント1お金の本質は情報であるお金は情報にすぎないのにお金には絶対的な価値があるという洗脳が蔓延したことによってこの世界に生きるほとんどの人がお金のってお礼になっている例えば私達は物の価値ではなく条件反射のように価格で考えてしまうさらに自分の労働や自分の存在意義さえもお金で判断してしまうポイントに情報であるお金はいくらでも増やすことが可能であるそれでは次に言のお金に対する不安をなくす方法について解説を始めていきましょうさてこれまで私たちはお金を絶対視しているということを述べてきました何故人々は氷もお金を絶対視し執着するのかここではちょっと逆向きに考えてみましょうかお金がないと何が困るのでしょうかおそらく金がないと生活できないと答える人が結構いるかと思いますでは生活できないというのはどういう状態のことをいうのでしょうか突き詰めればそれは食べるのに困る飢えて死んでしまうということであるはずです決してあのブランドの新作バッグが買えないとか言ったことではないですよね実は着替えの恐怖こそが人間がお金に対して執着する根源的理由であります人類は誕生以来400万年というとてつもなく長い間気がの恐怖に怯えながら生きてきたんですそのため人間の遺伝子には植えたくないという情報が刻み込まれております上たくないから食べ物をお腹いっぱいに食べたいその食べ物を手に入れる手段が現代の資本主義社会ではお金であるからお金を手に入れたいと私たちは思うわけですよねということはどうですか着替えの恐怖がなくなれば本来はお金に執着する必要あーなんてどこにもないということであります日本ではもはや餓死するということはありません日本では1日にコンビニで売れ残って廃棄される弁当だけでも100万色あると言われておりますそしてどうしても働けないとかそういった場合は生活保護だってあります日本はすべての国民に対しその人が生活に困窮する場合は必要な保護を行い最低限の生活を保障すると憲法に定めているんですだから仕方がない場合は堂々と国の制度に救ってもらえばいいんです健康で働く意欲があるならば働けば良い選り好みさえしなければ今の日本で食べていくだけの仕事は見つかりますだから現代社会であなたがお金が無くて飢えて死ぬということは恐れる必要がないということを今一度思い出して欲しいんですそれでもまだお金がないことに対する不安が拭えないという人は上の恐怖とか敵サヤン満足を得たいという欲求がごっちゃになっているからでありますそもそも人間は生きるためにそんなに多くのものが必要ではありません最低限の水と空気と食べ物があれば生きていくことができますあれを買いたいとかこれを手に入れたいという欲求を我慢すれば生きていくのにそこまでコストはかかりませんしかし飢えて死ぬのが怖いという生存本能により多くの欲を満たしたいという煩悩が上書きされてお金がないと不安という心理がより強固なものになっているんですこれも経済的な支配者たちの巧妙な洗脳の成果と言えるでしょう一方で収入が低いのはヤバいですよとお金をたくさん稼がないと生活できませんよと不安を煽りもう一方でお金さえあれば素敵なものが買えますよーとこんなにいい思いができますよーとね私たちの煩悩を焚きつけるんですこうしてお金を絶対視させることでまるでお金が人々の生き死にを握っていると信じるほどお金を自在に動かすことのできる支配者たちの権力は強まりますこの花オン逃れるために市お金に絶対的な価値なんて無いにお金がなくても死なないという2点を徹底してあなたの脳内に正しく書き込んでおきましょうこれがお金に支配されないための前提条件でございますこの動画ではこの後の3件でお金の生み出し方について解説していきますがまずはこの前提を押さえておいてくださいそして筆者は私たちにかけられた洗脳の中で最も強力で質問悪い洗脳は練習を人の勝ちだと思わせる洗脳だと言いますそしてそこから解放されるためにはお金はあなたの価値を規定しないということを理解することだと言いますマスコミでは 福満園なのでしょうかそれは相場より少しだけ高いということを売りにしているからであります現実的だと思われる範囲の中で魅力的に映る金額を提示しているということでございますこの広告はあなた達の労働の対価はせいぜい500万円だろとだから700万円も貰えたらすごいよね嬉しいよねそう言っているわけですしかし労働の対価としてそのくらいの額が妥当であるという根拠はどこにあるのでしょうか逆に言えばなぜそのくらいの大家が自分の労働に見合うと私達は思い込んでいるのでしょうかあなたの労働の価値というのは本当はもっと高いかもしれないじゃないですかもしそうだと思えないならあなたが他人の決めた対価に基づく自分の労働を提供するのが当然だと洗脳されているからでありますあなたの労働の対価として支払う金額を決めているのはあなたを雇用している人ですよね1時間で制限1ヶ月働けばん20万円とあなたの労働の価値をお金によって規定しているわけです他人によって自分の労働の価値が決められていると自分が年収いくら稼げるのか定年までいくら稼げるのかがある程度予測できますよねそうすると年に数億円を稼ぐお金持ちには到底なれないと諦めの気持ちが湧いてしまうのも当然のことであります実はほとんどの人は自分の労働によって生み出す価値に対して不当に安い大家で働いていますそれは私たちの経済圏を支配している目に見えない巨大なピラミッド構造があるからでございますこれまで繰り返し述べてきましたがお金は絶対的な価値の尺度になどではありませんだからお金によってあなたの労働の価値を決められてしまうのはそもそもナンセンスなことだしましてや自分の存在価値だと思い込まされるなどといったことは絶対にあってはなりません大手企業の若手社員は同期とのごくわずかな給料の差にショックを受けますそれこそ数千円の違いなのにその微々たる差に将来の出世コースに乗っているかいないかの評価が現れているからですこれなどはまさにお金によって人の価値が決まるという洗脳でありますさてこれまででお金に対する暗い側面を語ってきましたしかしこれがお金についての真実なのでこれらの知識をしっかりと頭の中に入れておかなければなりませんその上でどうやってお金を増やすことができるのかという私たちがもっとも知りたいことについて3件で詳しく解説していきたいと思いますでもその前に2件の内容をしっかりとまとめておきましょうかポイント1着替えの恐怖こそが人間がお金に対して執着する根源的理由である着替えの恐怖がなくなれば本来はお金に執着する必要なんてどこにもないそして今の日本で餓死することはないんだからそもそもお金に執着する理由はないポイントにお金がないことに対する不安が拭えないという人は上の恐怖と快適さや満足を得たいという欲求がごっちゃになっているからであるポイント3私たちにかけられた洗脳の中で最も強力で質の悪い洗脳は練習を人の勝ちだと思わせる洗脳であるそこから解放されるにはお金はあなたの価値を規定しないということを理解しなければならないそれではラスト3件でお金を無限に生み出す方法について解説していきましょうさてここからはね実践編といった感じでどうすれば私たちはお金を増やすことができるのかということについて解説していきたいと思いますまず紹介したいのは預金残高を10倍に増やす方法でありますキーワードはこの4とゾーンと恒常性レスコンフォートゾーンとは肉体的心理的に自分が楽に自然にしていられる領域のことです自分が慣れ親しんだ現場のことだと言い換えても良いでしょう現場が平社員で年収が300万円の人はそれがコンフォートゾーンになっています年収300万円で欲しいものが買えている人はあえてそこから変わる必要もありませんしかしもっと稼いであれが欲しいこれが買いたいと思っているのならばその現場をお出ししなければいけないはずですところがですよ意識の上でいくらそう思ってもコンフォートゾーンを変えるのは容易ではありません私達の脳はもともと無意識的に現状を維持するからです口では変わりたいとか現状を打破したいぜなんて言ってもまた本人は強くそう願っているつもりであっても既に出来上がってしまっているコンフォートゾーンから外れないように思考や行動を勝手に制限してしまう脳の 何十万円だったとしますその10倍つまり預金残高300万円があなたのコンフォートゾーンだと設定するんですポイントは自分は普通に生活していてもそのぐらいの余裕を持っていなければいけないんだと思い込むことであります常にそれが自分のコンフォートゾーンだというイメージを維持して生活しそこにホメオスタシスが働くようにと仕掛けていくわけですそして実際には30万円しか入っていない預金通帳を目にしたらまずい270万円も使っちゃったよと考えるんですもしいきなり10倍のイメージするのが難しければ3倍ぐらいから始めてもかないませんとにかくあなたの金銭的恒常性レベルの下のラインすなわちここまで下がるとまずい元に戻さないとと感じる LINE を強制的にあげるというのがねこのトレーニングの目的でございますコンフォートゾーンを維持するためであれば私たち茅野無意識はいくらでもクリエイティブに働きますその範囲にいないと落ち着かないというレベルを高く設定することさえできればそこに合致していない現場の方を変えようとします例えば世の中には全く同じ年収で預金残高が30万円しかない人も300万円貯めている人もいるはずです30万円しか食べられなかった人からすると同じ練習なのに自分の10倍も貯金できるなんてどうすればいいのか見当もつかないでしょうでもこの人が300万円がないと落ち着かないと言うねコンフォートゾーンを作ってしまえばそのとたんに貯める方法が見えてきますその結果実際に預金通帳を300万円にできるんです300万円の預金残高をコンフォートゾーンにすることを1年ぐらい続けてさらに10倍の3千万円をコンフォートゾーンにするといったふうにどんどんレベルを引き上げていきましょうすると音の入り方に関する意欲も変わってくるはずです30万円から300万円は収入が変わらなくても契約するだけで実現できるかもしれませんが300万円から3000万円はもはや現状の収入のままでは実現不可能と分かるかもしれませんしかし3千万円のコンポート村がしっかりと作られていれば収入の構造そのものを変える方向に行くでしょう例えば転職するとか自分で起業するなど3千万円の預金残高が当たり前になるための方法が見えてくるんですでは次に紹介したいお金を増やす方法はバーチャルバリューを作り出すという方法でございますここで少し現代社会における価値について考えてみましょうかあまり意識していないかもしれませんが物事の価値は物理空間における家事と情報空間における価値という二つの側面に分けて考えられます物理空間とは仇で触れることができるような物自体の世界のことです一方で情報空間とは私たちの脳や心の中に存在する様々な概念が作っている空間のことですちょっと難しいので例を出しましょうかお米を例に取ると食べることで栄養摂取することができるというのは物理空間の価値です物理空間の価値は基本的に数値買ってきます茶碗一杯150グラムのご飯でおよそ250kcal の栄養が摂取できるという価値はどんなお米も大体同じですよねそれでは食べると美味しいという価値はどうでしょうか美味しいと感じる感じ方自体は人それぞれですから何倍美味しいとね数値化することができないんです実はそこには情報空間の価値が大きく影響しております例えば10 kg 1000円のブレンド米と10 kg 1万円の魚沼産コシヒカリがあったとしましょう食べ比べレバですよ魚沼産コシヒカリは美味しいかもしれませんがそれはコシヒカリという品種であるとか中でも最高とされる魚沼産といった情報がなければあなたは10倍の値段に納得するでしょうかそこには明らかに情報空間の付加価値すなわちバーチャルバリューが大きく加味されているということにお気づきでしょうかさらに服などに関してはバーチャルバリュの占める割合はもっと大きいです素材はあまり変わらない T シャツでもブランドのロゴが付いているだけで何倍もの高値で売られていますよねそれはブランドが有名とかオシャレといったバーチャルバリュによるものですそして現代社会における価値は物理空間の価値から情報空間における価値へとどんどん移行しているということが重要でございますですから情報空間における価値すなわちバーチャルバリュを作り出すことがこれからお金を稼いでいくための良い方法に ぐらいしかできませんしそれには相当のコストがかかっちゃうじゃないですかしかしですねこの T シャツはかっこいいとかオシャレというバーチャルバリューならば演出次第でいくらでも増やせるんです世の中を見渡してください今の世の中には安くて良いものがいっぱい溢れていますから私達が何にお金を払っているのかというとそれはバーチャルバリューではありませんかどのブランドが作っているとか生産者がこだわって作った野菜とかそういったバーチャルよりお金を払っているんですですから私たちがお金を儲けたいと思ったらバーチャルバリューを高めればいいんですそして重要なことをここで言いますが物理空間の価値は人間の都合で勝手に増やすことはあって行けませんがバーチャルバリューは無限に増やせるんです重要なのはいかに情報空間を制するかということだけでございますつまりあなたが労働によって生み出す成果に対してここにこれだけの価値がありますよーということをお金を支払う人に納得させることが出来ればバーチャルバリューというのはいくらでも増やすことができそれに応じて支払われるお金も増えていくということになりますいいあなるほどね例えば電化製品があった時にですよその物理空間の価値例えば品質が良いとか機能が優れているといったもので勝負すると限界がありますよね昨日だけで競い合うと結局どれだけ安く高品質な機能を提供できるかという価格競争に巻き込まれてしまうわけですしかしバーチャルバリュを作り出すことができればそのような競争に巻き込まれることはありません例えばソニーというブランドがあれば同じ品質のものであってもそのバーチャルバリュのぶんだけ高く売れるでしょう確かにねとバーチャルバリューを作り出すことができればそのぶん金を儲けることができるというのはわかったとしかしどうやってそのバーチャルバリューをつく出せばいいんだと思われる人が多いかと思います筆者はそれは自分のやりたいことをひたすら追求することであるといいます私たちはやりたいことをやっている時に脳のポテンシャルが最大限に発揮され神のバーチャルバリュを生み出す原動力が得られます例えば服が大好きな人ならば徹底的に服の作り方にこだわりなぜその服を作ったのかというストーリーが生まれ自分オリジナルのこだわりの商品を作ることができますからバーチャルバリューを高めることができます大好きなことをひたすら追求することによってその人オリジナルの価値が生まれますその人オリジナルの価値こそがバーチャルバリュとなるんですそれでは3件の内容をまとめますお金を増やす方法は二つ1預金残高を10倍に増やすトレーニングを実行するにバーチャルバリュを作り出すさて皆様いかがでしたかではここから今日の内容を踏まえて少しバーチャルバリュについて補足していきましょうか先ほどバーチャルバリューを作り出すには自分の好きな事を徹底的に追求する方法があると言いましたそしてこれに SNS を掛け合わせることによってバーチャルバリューをより簡単に作り出すことができるかと思います自分が本当に大好きで追求することこれを SNS で発信して溶けるそうすると徐々に徐々にフォロワーが増えるそしてフォロワーはこいつマジでやばいなとこだわりが凄いなとこいつの話もっと聞きたいなーと少しずつあなたのファンになる最近よく YouTuber が商品をプロデュースするということがありますよねこれもその YouTuber 地震に人気があってそのユーチューバーが作ったということでバーチャルバリューが生まれています別にその商品が他の商品に比べて特別機能的に優れているわけではないでしょう普段 YouTube などで情報発信をしていてフォロワーからこいつは凄いという信頼を得られているからこそブランドになり無名の人が作った商品と機能は同じでも圧倒て高い価格で売られることになりますどうやったらバーチャルバリューを作り出すことができるかそれはひたすら好きなことを追求しつつ同時に SNS で発信し続けることだと思いますその他に方法もあると思うので是非皆さんもお金を儲けたいと思ったらバーチャルバリューを創り出すということを意識してみてはいかがでしょうか本日は以上ですまた新しく論文をわかりやすく解説する論文解説チャンネルも立ち上げましたので生活を豊かにしたい情報をゲットしたい方は概要欄のリンクから訪れてみてください本日はご清聴ありがとうございました/div>
おすすめの記事