【VODで読める電子書籍】『実年齢56歳、血管・骨年齢30代の名医が実践!コーヒーを飲む人はなぜ健康なのか?(石原 藤樹[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

糖尿病、肝臓がん、骨そしょう症、動脈硬化、認知症、脳卒中を予防し、総死亡リスクが10~20%低下! 最新科学で解明するコーヒー健康法。
アメリカの最新の食事ガイドライン(Dietary Guidelines for Americans 2015-2020)においても、1日3杯くらいのコーヒーを飲む習慣は、健康に良いものであるとして推奨されている。
本書では著者が、自身の研究と最新の医学論文から、コーヒーがいかに健康に好影響を与えるかを紐解く。
内容例を挙げると◎カフェインは本当に健康によくないのか◎外来患者の糖尿病の数値がコーヒーを飲んだ人のほうが飲まなかった人に比べて改善◎コーヒーは、なぜ骨を強くするのか◎意識を失った患者にコーヒーを飲ませると意識が覚醒◎コーヒーを飲む人は健康寿命が長くなる等々。
著者はコーヒーには、はちみつ、また豆乳を入れて飲んだほうが健康によいという。カフェインが苦手な人は、デカフェもおすすめだという。
クスリとしてのコーヒーを楽しむ一冊。

 

※電子書籍『実年齢56歳、血管・骨年齢30代の名医が実践!コーヒーを飲む人はなぜ健康なのか?(石原 藤樹[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『実年齢56歳、血管・骨年齢30代の名医が実践!コーヒーを飲む人はなぜ健康なのか?(石原 藤樹[著])』やっぱりコーヒーこそ究極の健康ドリンクだったコーヒーはあらゆる病気を予防し健康を増進する薬です皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回は医学博士である石原藤木先生が書かれたコーヒーを飲む人はなぜ健康なのかを解説していきたいと思いますとても素晴らしい本でしたので概要欄のリンクから是非一度本書を手にとって読んで頂けると嬉しいですそれでは早速楽しみながら今週の内容に一緒に切り込んでいきましょう本日のお品書きは次の通りです1件で飲むだけで寿命が延びる究極の健康ドリンクについて逃げてコーヒーは脳の老化から守る最強の薬だったということについて3件で薬よりも効くコーヒーは肝臓のスーパードラッグだったということについて解説していきたいと思いますそれでは早速1限の道具だけでみょうが伸びる究極の健康ドリンクから解説をスタートしていきましょうさてまず結論を申し上げておきますロングだけで寿命が延びる究極の健康ドリンクとはズバリコーヒーでありますさてこれを聞いている皆さんの中にはコーヒーが健康に良い飲み物であるということを既に知っている人いるかもしれませんだから今回の動画のタイトルなどを見てコーヒーが健康に良いなんてもう既に知っているよと知っているんだよーだし今回はちょっと動画見るのやめておこうかなと思われた方もいらっしゃるかもしれません実はそう思われた人にこそもう少し続きを見ていって欲しいんですなぜならばコーヒーは単なる飲み物と考えるのは大間違いだからでありますつまり私たちはコーヒーは健康に良いというイメージを大幅にアップデートする必要があるということですコーヒーは嗜好品の飲み物であるとともに多くの病気を予防するための最強の薬でもあるんですコーヒーは多くの病気を予防する最強の薬ですと言われてうんうんそうだよねと納得できる人はどれぐらいいるでしょうか単なる健康に良い飲み物だよね程度の認識じゃダメなんですコーヒーは薬なんです最強の健康ドリンクなんですまずこのようにコーヒーに対する認識を改めることから始めていきましょうというわけで本日はいかにコーヒーが健康に良い飲み物なのかそしてなぜコーヒーが健康に良いのかそして具体的にコーヒーはどんな健康効果を私たちにもたらしてくれるのかということを厚くん皆さんに解説していきたいと思いますまた単にコーヒーだけの解説にとどまらずコーヒーを題材にしてねその他の生活に役立つ化学的医学的な知識もふんだんに盛り込んで解説しておりますからぜひ最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょうかさでこれを聞いている皆さんの中にはそもそもコーヒーは健康に悪いというイメージを持っている人はいないでしょうか実際に著者がコーヒーの研究を始めた20年前はコーヒーは不健康な生活習慣の代表だったんです不健康な大人はタバコを吸いながらコーヒーを飲み徹夜仕事をするかお酒を飲んで捌くかどちらかでしたしかし今では多くの健康に関する専門家がコーヒーは健康を増進する最強の飲み物であることを常識だと考えているんです実際にアメリカの最新の食事ガイドラインにおいても一日3杯ぐらいのコーヒーを飲むという習慣は健康に良いものであるとして推奨されているレベルなんです実際に2012年に世界的に最も権威のあるアメリカの医学誌に発表された論文は世界中に衝撃を与えましたその研究とはコーヒーを飲まない場合と比較して1日6杯以上飲む人は男性で10%女性では15%それぞれ有意にそう死亡のリスクが低下していたという内容でした死亡原因別に見ると癌による死亡の実は差がありませんでしたがそれ以外の心臓病呼吸器疾患脳卒中感染症糖尿病事故などによる死亡リスクは何もコーヒーを飲む人では低下が認められたんですここで最もね重要なポイントはコーヒーを飲むだけであらゆる原因によって死亡するリスクが低下していたということなんですさてどうでしょうかコーヒーを飲むだけであらゆる原因による死亡リスクが低下するというのがいかに凄い事なのかいかに世界に ということがわかりましたそしてがんの発症リスクについてはコーヒーを多く飲む人は18%も有意に低下していたということがわかったんですいやいや凄すぎですよねやはりこれまで行われた研究のデータを全てまとめて解析した場合においてもやはりコーヒーはめちゃくちゃ健康に良いという結論がはじき出されたわけですこのように多くの信頼のおける置県によってコーヒーを1日に3から4杯程度に飲むことによってそう死亡のリスクが10%から20%低下することはもはやほぼ間違いないと著者は言いますより多く飲むことで効果があるとするって誰もありますが1日5杯以上の安全性は未確認と考えておくのが現状は良いでしょうそして先ほど紹介した日本人の研究では1日に3から4杯が最も死亡リスクが低くなっていたのでこれぐらいを目安にするのが宜しいかと思いますそれでは一見の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市コーヒーは嗜好品の飲み物であるとともに多くの病気を予防するための最強の薬であり最強の健康ドリンクであるポイントに2012年の論文ではコーヒーを飲まない場合と比較して1日6杯以上飲む人は男性で10%女性では15%それぞれ有意にそう死亡のリスクが低下していたと結論付けられている世の中にはたくさんのサプリや薬があるがそれを使うだけでその死亡のリスクを低下させるという信頼のおけるデータがあるものはほとんどないそれなのに驚くべきことにコーヒーは世界で最も権威のある医学誌で40万人以上という大規模研究によって寿命を延ばすということが証明されたポイント数日本人を対象とした研究でもコーヒーを飲む人は総死亡リスクが低下することが分かっており3から4杯で一番リスクが低くなっていたまたコーヒーの健康効果は人種にかかわらずもたらされるそして2017年に世界中の全てのデータをまとめて解析した結果としてコーヒーを飲む習慣のない人と比較し1日3から4杯のコーヒーを飲む人は心血管疾患による死亡リスクが19%総死亡のリスクが17%心血管疾患の発症リスクが15%それぞれ有意に低下していたということが分かったそしてがんの発症リスクについてはコーヒーを多く飲む人は18%有意に低下していたそれでは次に言でコーヒーは脳の老化から守る最強の薬だったということを解説していきたいと思いますさてお次はコーヒーが脳の老化を守ってくれる最強の薬ってしたと言うね非常に興味深いお話をできるだけわかりやすく解説していきたいと思うんですズバリねコーヒーは私たちの道に非常に良い影響をもたらしてくれるということが様々な研究によって明らかになっているんですもっと具体的に言うとコーヒーは脳の老化の2大原因である脳卒中と認知症のリスクを下げてくれるということが研究によって明らかになっているんです全身の老化はもうから始まるとよく言われているようにもしあなたが老化したくないとか老けたくないと思うのならばいかに脳の老化を防ぐかということが重要なポイントになってくるんですまずはコーヒーがの卒中に与える影響から一緒に見ていきましょうか2011年に11の臨床データをまとめて解析した論文が発表されましたそれによるとこう姫を飲まない場合と比較してコーヒーを3から4杯飲んでいる人は脳卒中になるリスクが16%も有意に低下していたということが明らかになったんですちなみに5杯以上飲んでもリスクの低下は認められておりますが3から4杯の時よりも効果は減っていましたしたがってコーヒーは脳卒中に対して1日3から4杯で最も予防効果があると考えて大きな間違いはなさそうです脳卒中というのは脳の老化の2大原因の一つですからコーヒーを飲むことによって脳卒中を予防することができれば私たちは脳の機能をいつまでも健康で若々しく保つことができるというわけなんですねコーヒーが脳卒中を予防してくれるというこのデータからもいいかにコーヒーが私たちの脳に良い影響をもたらしてくれるのかということが分かるでしょうさらにコーヒーは脳の老化の2大原因のもう一つ 脳の老化を防げるだけではなくて脳の機能が高まるということも分かっているんです皆さんもコーヒーを飲めば集中力や記憶力が高まるということを自分の体で体感しているのではないでしょうか実際にコーヒーを飲むことによって集中力や短期記憶などが高まるとかコーヒーを飲めばテストの点数が上がるといった風にコーヒーを飲むことで頭が良くなるということが研究によって示されているんですさらに集中力や注意力が劇的に高まるということを示した面白い研究もあるのでちょっとだけ紹介しましょう長距離トラックの運転手1000人を追跡した調査によるとカフェインを摂取した運転手は事故を起こすリスクが63%も低いということが示されました自動車のトラックの事故は主に疲労が原因で起こりますからコーヒーを飲めば集中力注意力が高まるということがこの研究で明確に示されたわけでありますまたコーヒーはパーキンソン病に効くというデータもありますみなさんはそもそもこのパーキンソン病という病気を聞いたことがあるでしょうかパーキンソン病とは脳の異常のために身体の動きに障害が現れる病気のことで高齢者に多く見られる病気でいわゆる難病のひとつです現在日本には約20万人の患者さんがいるとされているパーキンソン病の原因は脳内のドーパミン神経細胞の減少でありますパーキンソン病になると脳内のドーパミン神経細胞が減少してドーパミンが十分に作られなくなってしまいますその結果運動の調節がうまくいかなくなり体の動きに障害が現れ手が震える歩くのが困難になる思うように動けなくなるといった症状が現れてしまいます最悪の場合一人で歩くことができなくなり車椅子や寝たきりの生活になってしまう恐ろしい病気ですパーキンソン病になると思うように動けませんから生活の質は言うまでもなく著しく低下してしまいます老後に自分の好きなことをしようと老後を楽しみに考えていた人もパーキンソン病になってしまうと当然のことながら老後を十分に満喫することはできないでしょうパーキンソン病は徐々に進行していきますからしっかりと予防しておくことが重要になってくるんですがそこでコーヒーの登場であります実はコーヒーをよく飲む人にはパーキンソン病が少ないということが知られているんです大規模なレビュー研究では1日3杯のコーヒーを飲んだ人のパーキンソン病のリスクが29%も低いということが報告されておりますそしてその他の研究でも1日3から4杯のコーヒーを飲むことでパーキンソン病の発症率が25%低下しさらに飲む量が増えればさらにリスクが低下するということが確認されましたつまりねコーヒーを飲めば飲むほどパーキンソン病と診断される確率が低くなるということでありますさていかがでしょうかここまで様々な研究結果を紹介しながらいかにコーヒーが脳の老化を守ってくれるのかそして脳の恐ろしい病気を守ってくれるのが脳の機能を向上させてくれるのかということを見てきたわけでありますコーヒーは短期的にはあなたの気分を良くしてくれ集中力や注意力記憶力などを高めてくれますそして長期的にはアルツハイマー病やパーキンソン病などの脳の病気を予防してくれるんですさらに老化の2大原因である脳卒中と認知症の発症リスクも抑えてくれるというやはり神飲み物なんですそれでは2件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市コーヒーは脳の老化を守ってくれる最強の薬であるコーヒーは脳の老化の2大原因である脳卒中と認知症のリスクを下げることが研究で示されているポイントにまたコーヒーを飲むことでうつ病のリスクが低下し集中力や記憶力が劇的に高まるコイントスさんまたコーヒーは何秒であるパーキンソン病を予防してくれることが研究で示されているそれでは次3件で薬より効くコーヒーは肝臓のスーパードラッグだったということを解説していきたいと思いますさてコーヒーには数多くの病気に対する予防効果が認められていますがその中で最も研究されているのが肝臓病に対するコーヒーの素晴らしい影響です例えばコーヒーは肝機能の数値を 症状が現れてきた時にはすでに肝臓の障害がかなり進行しておりますそのため肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ痛みなどの症状がないままに病気が進行することがあります肝臓の機能が低下すると体がだるい疲れやすい食欲がないなどの全身症状の他に様々な症状が現れてきますから肝臓が悲鳴を上げる前に肝臓に悪い生活習慣を避けるなどしてしっかりと肝臓をケアしていかなければいけないんですそしてウイルス肝炎以外の慢性肝臓病に関しては確実に有効性のある薬は今のところを開発されておりませんその意味でほとんど全ての肝臓病に対して科学的な研究でその有効性が確認されているコーヒーは通常の薬を超えたスーパードラッグといっても過言ではないんですかでこれを聴いている皆さんの他にも健康診断で肝臓の数値に異常があるという指摘を受けた方いると思いますそんな方は定期的にコーヒーを飲むという習慣を取り入れるのが良いかもしれませんなぜならばコーヒーは肝機能の数値を改善してくれるという効果が研究によって認められているからですまたみなさんは肝硬変という言葉を聞いたことがあるでしょう肝硬変とは言葉通りで肝臓が硬くなってしまうことです肝臓の細胞に炎症が起こって細胞が壊れるような状態が長く続くと傷がかさぶたになるように肝臓の細胞が硬い繊維に変わってしまいそれが増殖することで次第に正常な肝臓の細胞が減っていってしまうんです正常な肝臓の細胞の数が少なくなり肝臓が正常な働きをしなくなってしまうことを買う不全と言いますつまり肝硬変は肝不全の原因というわけなんですかん後編が進行してしまうと命を落とす危険性がありますさらに肝硬変から高確率でガンが発生してしまうため肝硬変にならないような生活習慣をすることが極めて重要ですお酒を飲みすぎるといった肝臓にダメージを与える習慣を避けるとともにコーヒーを飲むといった肝臓に良い影響を与える習慣を取り入れると良いでしょう実際コーヒーを飲むことは肝臓に凄まじいプラスの影響を与えてくれます臨床データをまとめて解析した2015年の論文ではコーヒーを飲むことによって肝臓の線維化の危険性が27%低下肝硬変になる危険性が39%も低下したという驚きの結果が報告されておりますつまりですよコーヒーを飲むだけで肝硬変のリスクが4割近くも低下しているんですこれだけ肝硬変の予防効果のある薬は医療薬を含めて他には存在しないそうですそして肝硬変の状態で増加するのが肝臓癌ですこの肝臓がんの予防にもコーヒーは大きな効果が認められておりますコーヒーを飲むことで肝臓がんのリスクが4割低下したという研究が2013年に発表されておりますまた一日3杯以上のコーヒーを飲むことによりその効果はより高くなり肝臓顔を56%も減らしていたということも分かっていますこういった研究を踏まえると1日3杯のコーヒーを飲むことは現時点で最強の肝臓病予防法といっても言い過ぎではないんですさてここまでコーヒーを飲むことは肝臓にめちゃくちゃいいんだよというお話をしてきました定期的にコーヒーを飲むことが肝臓の健康に役立つということが十分に皆さんに伝わったと思いますではお次はコーヒーによって糖尿病を予防することができるというテーマについて解説していきたいと思いますさて皆様糖尿病と聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか糖尿病なんてかなり太っている人がかかる病気でしょとか糖尿病と言っても自分には関係ないよとか糖尿病なんて年をとってからかかる病気でしょと思っている人結構いるのではないでしょうかですから30秒ほどでまず糖尿病が誰にでもかかる可能性のある病気なんだということをそして今から予防していくことが極めて重要なんだということをお伝えしたいんです実は20歳から79歳までの日本人で糖尿病を患っている人は2017年時点で720万人もおりさらに病院にはかかっていないものの 気をつける必要があるんですそして糖質の摂取量に気をつけるとともに糖尿病を予防してくれるコーヒーを飲むという習慣も非常に効果的だと思います実はコーヒーには糖尿病を予防してくれる効果があるというのが110万人以上のデータの解析で証明されているんです2001年の糖尿病の専門誌に掲載された論文によるとこれまでの多くの研究に登録された110万人以上という膨大なデータを解析した結果としてコーヒーをたくさん飲む人ほど糖尿病になるリスクが低下していたということが判明したんですもっと具体的に言うとコーヒーを飲まない場合と比較して一日3杯飲む人ではほぼ2割5杯飲む人では3割糖尿病になるリスクが低下していたんです多く飲むほど効果が高くなるということはこのデータが信頼のおけることを示していますこの研究ではコーヒーを飲めば飲むほど糖尿病のリスクは低下していますしかし他の病気のリスクについては5杯以上でやや増加しているケースもありますから総合的に考えるとやはり1日3から4杯がバランス的に良いようであると著者は言います実はここまで糖尿病の予防効果が確認されている薬やサプリメントは他にありませんつまりコーヒーは最強の糖尿病予防薬といっても言い過ぎではないんです一体どのようにしてコーヒーが糖尿病を予防してくれるのかというメカニズムについてはいまだにわかっておりませんがコーヒーに含まれるポリフェノールの一種クロロゲン酸が大きな役割を持っている可能性が高いとされていますポリフェノールというのは植物が参加から身を守るために作り出した成分のことです従って人間にとってもただの酸化や老化を予防するような効果があるんですクロロゲン酸はコーヒーに含まれるポリフェノールで強い抗酸化作用と抗炎症作用などを用い動脈硬化を予防する成分であることが分かっています信頼性の高いデータによると1日にクロロゲン酸5200 MG 使用することで血糖値を低下させるインスリンの効き目を良くする効果が見られるということが確認されました通常のコーヒー一杯に含まれるクロロゲン酸は多く見積もって150 MG ですから量的にはそれよりはかなり少ないですがクロロゲン酸がコーヒーの糖尿病予防効果の一つの原因であることはほぼ間違いないと言えるでしょうではではここまでコーヒーは肝臓にも糖尿病にも効果的なんだよということをお伝えしてきました最後にコーヒーの健康的な飲み方を紹介してこの動画を終わりにしたいと思いますまずコーヒーの入れ方ですがコーヒーにはいろいろな入れ方がありますが結論から言うと紙フィルターがおすすめですそしてインスタントコーヒーとレギュラーコーヒーに健康効果に違いはありませんからどちらでも OK ですそしてこれを聞いている皆さんの中にコーヒーが健康に良いのはわかっているが私ちょっとカフェインに敏感なんですとそんな方いらっしゃるでしょうそんな人はカフェインレスのコーヒーでも健康効果はあるんですかと気になっているかもしれません結論から言うとすべてのコーヒーの健康効果がカフェインレスでも同じとは言い切れませんが糖尿病の予防効果などについてはカフェインレスでも下がらないというデータが報告されておりますからカフェインが苦手な方はカフェインレスのコーヒーを飲むことがおすすめでありますそしてねコーヒーを飲むタイミングですが胸焼けがなければ食前に飲むのがおすすめでありますなぜならばクロロゲン酸には食後血糖値を低下させる働きがあってそのためコーヒーを飲むタイミングとしては食前に飲んでそれから食事を摂る方が効果的なんですしかし空腹では胃酸の分泌が多くになりそれがコーヒーを飲むことでさらに増幅されますから逆流性食道炎のある人や威厳のある人では食前のコーヒーは胸焼けや胸の痛みの原因になることがあるんです従って遺産の強い人や胃の弱い人は食後にコーヒーを飲むことがおすすめです
おすすめの記事