【VODで読める電子書籍】『会社も役所も銀行もまともに教えてくれない 定年後ずっと困らないお金の話(頼藤 太希[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

定年前後の50代~60代は、間違えると大損する「お金との付き合い」がいっぱい!

*「いつ会社を辞めるのがいいのか」考えないのはいけない
*うかつに「年金の繰上げ受給」をしてはいけない
*「国の制度」を勉強せずに生命保険に入ってはいけない
*退職金で「住宅ローンを完済」してはいけない
*iDeCo、NISAを「一度に解約」してはいけない
*「親の財産を把握していない」で済ませてはいけない

……退職金・年金の受け取り方から、社会保険・相続をどうするのかまで、トクになる手続き・届け出の裏ワザをしっかり解説!

◆目次

はじめに――「定年後の資産寿命」が不安なあなたに

第1章 50代の決断が老後のお金に直結する
1 定年後「いつまで働き続けるのか」計画を立てる
2 退職金制度、早期退職制度の有無を確認しよう
3 自分の「年金額」を把握していますか?
4 定年後にかかる「生活費」を試算してみる
5 「資産と負債」のバランスシートをつくろう
6 iDeCo、NISAなど「節税できる投資」がおすすめ
7 退職後に使える「給付金」の存在を知っておく

第2章 「退職金と年金」で絶対損しない方法
1 年収激減の「役職定年」で、年金はどう変わる?
2 再就職の契約では、給与の一部を退職金に回してもらう交渉を
3 退職金の手取りを「最大化する」もらい方は?
4 退職所得の受給に関する申告書を必ず提出する
5 退職して誰もが驚くのが、「住民税」の金額
6 開業する前から使える「開業費」をチェックしておく
7 60歳未満で「働くのをやめる」なら、国民年金に加入する
8 会社員として再就職する意欲があれば、失業手当がもらえる
9 ねんきん定期便に「誤り」がないか、しっかり確認
10 「年金は何歳から受け取るのがトクなのか」は、こう考える
11 働きながら年金をもらうと、年金額が減ることが!
12 病気と介護にかかるお金を試算しておこう
13 住宅ローンが残っていたら、退職金で一括返済すべきか?
14 離婚時の年金分割は、そんなに〝おいしい話〟ではない
15 iDeCo、つみたてNISAで運用する商品は変更すべき!?

第3章 定年後の人生のための賢い選択
1 会社に最後までしがみつく「再雇用」、ホントのところ
2 退職金制度に確定拠出型年金がある人は要注意!
3 退職翌年の「確定申告」でお金が戻ってくる!
4 退職所得の受給に関する申告書、ポイントはここだけ!
5 退職金を運用するうえでの「鉄則と裏ワザ」
6 退職金を減らす可能性が大の「やってはいけない投資」
7 「業務委託契約」での働き方を申し出てみる
8 職業訓練を受けるメリットが大きいこれだけの理由
9 「青色申告」には、税金上のメリットがたくさん!
10 個人事業主でいくか、法人にするか。トータルコストが安いのは?
11 年金を「繰り上げ」「繰り下げ」する場合の注意ポイント
12 遺族年金は、もらい方のコツを知らないと大きく損をする
13 「加給年金」が加算されると、年間約40万円もプラス!
14 失業保険の年齢は、実際の誕生日の「前の日」に上がる
15 遺産の分け方でもめそうなら、すぐ始めるべき対策
16 給料ダウンに応じた給付金、いくらもらえる?
17 高年齢雇用継続基本給付金の受け取り、すべきか、すべきでないか?
18 退職後の健康保険、1年目は「任意継続」を選ぶのがベスト

第4章 65歳からの資産寿命を延ばす「正解」
1 65歳以降は「高年齢求職者給付金」の受け取りが可能に!
2 「年金400万円以下」でも確定申告をしたほうがいい!?
3 老齢年金の請求手続き、これだけ知っていれば大丈夫
4 資産の取り崩し。「前半は定率、後半は定額」が最も賢い方法
5 つみたてNISAの利益は、どう引き出すのが最もトクか?
6 iDeCoは「いつから、どうやって受け取るか?」
7 会社員とフリーランスで違うiDeCoのおトクな「受け取り方」
8 変額保険の解約返戻金を最大限もらう、ベストな方法
9 「高額療養費制度」は老後に頼りになる制度
10 医療費が高額になりすぎたときの2つの工夫
11 「後期高齢者医療制度」への移行で、どう変わる?
12 家族の「世帯分離」で介護保険サービスの自己負担額を減らす
13 介護保険の「第1号被保険者」になったら?
14 「高額医療・高額介護合算制度」を知っておこう
15 理想の老人ホームに確実に入るには、どの程度お金が必要なのか?
16 最終的に自宅をどうするか。「不動産の出口戦略」を話し合おう
17 「住宅補助費用」が出る自治体をチェックしてみよう

 

※電子書籍『会社も役所も銀行もまともに教えてくれない 定年後ずっと困らないお金の話(頼藤 太希[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『会社も役所も銀行もまともに教えてくれない 定年後ずっと困らないお金の話(頼藤 太希[著])』皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美です今回はより藤井大樹さんが書かれた会社も役所も銀行もまともに教えてくれない定年後ずっと困らないお金の話を解説していきたいと思いますさて令和時代の今日男性の半数は85歳まで女性の半数は90歳ぐらいまで生きられる時代となりました平均寿命は年々伸び続けており昨今流行りの人生100年時代という言葉の通り私たち若い世代が老後を迎える頃には100歳まで生きるのが当たり前になっているかもしれません長生きすることは確かに良いことではありますが老後資金のことを考えると大きなリスクでもあります長生きすれば当然そのぶんだけ生活費がかかるからですにも関わらず老後2,000万円問題が叫ばれるように年金だけで生活するにはお金が足りないとというのが現実なんです事実老後になって経済的に困窮して破産してしまういわゆる老後破産の件数は年々増え続けており破産者のおよそ1/4が六十歳以上であるとも言われています高齢者になれば予期せぬ病気で医療費がかさみますさらには子供や孫たちのための急な出費もあるでしょう住宅ローンが完済できていない方もいらっしゃるかもしれません批判を承知ではっきり言わせてもらいますが六十歳で定年退職して後はのんびりなどと考えているとしたらあなたのその見通しは甘すぎると言わざるを得ません是非今回の動画の内容をしっかりと聞いて行っていただけると嬉しいです本日のお品書きは次の通りです1件で年金額が激減定年前に絶対にやってはいけないこと3選について2件で知らなきゃ大損老後破産に備えるため今すぐやるべき5つの手続きについて解説していきたいと思います六十歳で退職して100歳まで生きるとすれば残り40年もの予定があることになりますいったいこの期間を乗り切るだけの老後資金を今用意できている方がどれだけいらっしゃるでしょうか近年老後資金や年金を増やす方法がしばしば話題にあがりますしかしそれらを実行するにはそれ相応の知識が必要です定年前後には資産管理税金年金雇用保険や健康保険などを管理に関する手続きが山のようにありますこれらの手続きをよく分からずになんとなく適当にやってしまうときちんとお得な方法で手続きした人に比べて1,000万円以上の差を生むことさえあるんだと著者は言います退職金はどのように受け取るのがいいのか年金はどうすると増やせるのか本日は死ぬまで経済的に困らないための老後の備えについてこれさえやっておけば大丈夫という超重要なポイントに絞ってようやくしていきたいと思いますこの動画を見るだけで老後に備えて今あなたが何をするべきかが明確となり今まで面倒くさがってなかなか手が出なかった老後資金の10 mm 今すぐ取り掛かることができるでしょう年をとってから後悔したりしないようにぜひ最後まで見て行ってくださいそれではさっそく参りましょうまずは一見の年金額が激減定年前に絶対にやってはいけないこと3選について解説していきたいと思いますさて人生100年時代と言われる現代老後の暮らしを豊かにするためにはとにもかくにもお金が大事になることは言うまでもないでしょう老後2,000万円問題という言葉の通り老後不自由なく過ごすためには最低でも2,000万円の貯金が重要であると言われていますしかしそんな大金をすでに蓄えていますという方は多くはないと思います事実二千万円以上の資産を保有する六十歳代の世帯は二人以上世帯で約30%を単身世帯で20%程度だと言われていて5人中3から四人が老後の資金が足りていないということになりますしかしこれを聞いて焦って怪しい投資などに手を出したりしてはいけません老後資産を最大化するためにはやるべきこととやってはいけないことがあり一見ではまず老後資産を築くために決してやってはいけないことを三つご紹介したいと思いますそれは次の三つです1年金額が激減するやってはいけない年金の受け取り方に取り返しがつかなくなるほど大損する絶対に選んではいけない50代の選択3資産を減らす可能性が大の さてあなたの老後資産を最大化するために絶対にやってはいけないことの一つ目が年金の繰上げ受給になりますご存知の通り年金の受給開始年齢は原則的に65歳なんですが申請によって六十歳から75歳の間の任意の時期に受取を開始することができます65歳より前の六十歳から64歳で受け取りを開始することを繰り上げ受給と言って66歳以降の66から75歳で受け取りを開始することを繰り下げ受給と言います繰り上げ受給では年金が早くもらえる受給できる額が減り六十歳から受給した場合受給額は24%の減額となってしまいます一方で繰り下げ受給では年金をもらえるのが遅くなると受給できる額が増えて75歳まで遅らせると受給額は84%も増額されます簡単に言えば早く受け取れば受け取るほど受け取る額は減っちゃって遅く受け取るほど受け取る額は増えるというわけでありますそれでは繰り上げ受給と繰り下げ受給のどちらが良いのか具体的な額をねちょっと比較してみましょうか例えば年金を月15万円もらえる人が六十歳まで年金を繰り上げ受給するともらえる額は24%減ってつき11点4万円になります逆に75歳まで年金を繰り下げると年金額は84%も増えて月に17点6万円になりますたった15年末だけで年額にして200万円近くの差が出てしまうというわけなんですまた年金は一度受け取りを開始するとその時の受給率が一生続きますですから六十歳で利上げ受給をしてしまうと障害24%減額された年金を受け取ることになります逆に75歳で繰り下げ受給をすると障害84%増額された年金を受け取ることになるんですまあねこのため縁起の悪い話ではありますが繰り上げ受給では長く生きるほど損をします計算式は省きますが繰り上げ受給では八十歳未満で死ねば得をしそれ以上生きた場合は損をすることになります繰り下げ受給の場合は真逆で長く生きるほど得をするシステムです具体的には75歳未満で死ぬと損をしそれ以上生きると得をしますそうは言っても自分の寿命が正確に分かっている人はいないかと思いますそのため繰り上げ受給と繰り下げ受給のどっちが本当に得かどうかは不謹慎ですがその人が死んでみないとわからないということ鬼になりますとはいえですよ21世紀の現在は男性は85歳女性は90歳まで生きる時代ですさらに日本人の寿命はこれからも伸び続けると予想されておりますそう考えるとできるだけに長い間繰り下げ受給を行い受け取れる年金額を増やしたほうが合理的であると言えるでしょうさてこのような説明を行うと年金の繰り下げを行っている時に病気などで急に金が必要になったらどうするんだよという人がいるでしょう実はその場合には繰り下げによってそれまで受け取ってこなかった年金を最大5年文遡って一括で受給することができます例えばですよ65歳以降年金を繰り下げている時に68歳の時点でお金が必要になったとしましょうこの場合65から68歳までの3年文の年金を一括でで受け取りいい子は65歳時点の年金額と同額を受け取ることができるんですまた年金の繰り下げ受給はあらかじめいついつまでにと決めておく必要はありません基本的には繰り下げ待機をしておいて特に何もなければ繰り下げをつづけもしもの時には一括で受け取るという風に自分に都合よくね自分の状況に合わせて活用してやればいいんですこのようにして考えると年金は繰り下げ受給に圧倒的なメリットがあることがわかるでしょう目の前のお金欲しさに年金の受給を繰り上げてしまうような愚かな真似は決してしてはいけないということが分かるでしょうそれでは次二つ目の定年前に絶対にやってはいけないことを取り返しがつかないほど大損する絶対に選んではいけない50代の選択について解説していきたいと思いますさて突然ですが皆さんは今の 日に加えて65歳以降の老後資金が用意できていなければ老後に地獄の日々が待ち受けることになりますまた50台であればまだ住宅ローンや子供にかかる費用などをお金が必要な場面が多々あるはずですそうした費用を含めた今後必要な金額の合計が早期退職で得られる退職金とこれまでの貯蓄で全て賄えるのかどうかということを早期退職する前にしっかりと考える必要があるんです早期退職に応じて別の会社に再就職すればいいんじゃないのとこれを聞いて思う人もいるでしょうしかし50代で会社を辞めてしまうと残念ながら同じ水準の給料が貰える再就職先がなかなか見つからないというのが現実です低い賃金でいくらでも働いてくれる20代の新卒が世に溢れ帰るんだかどこの企業が体力的に安い50代のおっさんおばさんを雇用したいと思うでしょうかですからたとえ退職金が1,000万円上乗せされたとしても再就職で年収が500万円下がってしまえばせっかくの割り箸ぶんもわずか2年で帳消しになってしまうということをしっかり考えて早期退職をするかどうかを決めなくてはいけませんこうしたリスクを考えるというほど余裕資金がない限り早期退職はするべきではないと言えるでしょうそれでは次三つめの定年前に絶対にやってはいけないことを資産を減らす可能性が大の手を出してはいけない資産運用について解説していきたいと思いますさて50代にもなると周りを見渡せば投資の話題で持ちきりになることでしょうインデックスの積立を始めた同僚や友人の話を聞くこともあれば証券会社のセールスが甘い言葉で誘いに来ることもあるでしょうしかしですよ投資の中にはあなたの大切な退職金を減らしてしまう絶対にやってはいけない投資法があるんですそれは市外貨建てで元本保証の保険に銀行などがすすめるとある運用プラン3毎月分配金が受け取れるタイプの年この三つでありますこの三つにはぜひ注意して欲しいですまず一つ目の外貨建てで元本保証の保険について説明しましょう外貨建て保険とは保険金の支払いや受け取りが買いかで行われる保険のことであります歯歯歯歯が一回上に高い利回りが期待できますよとか元本が保証されていますなどと謳われていますが外貨建て保険の元本保証はあくまで外貨ベースの話なんです多少金利が得られたとしても為替レートの値動きしないでは外貨を円に戻した時にそれ以上に音をする可能性がありますまたそもそも外貨建て保険は販売手数料が高いものばかりです6%から8%と他の投資に比べて遥かに高い販売手数料が取られるものもあり決して手を出してはいけない詐欺まがいの金融商品の一つであるとぜひ覚えておいてほしいですそして二つ目の銀行などが進めるとある運用プランとはいわゆる退職金運用プランになります退職金運用プランという名前で売られておりますがその内実はただの定期預金と投資信託をセットにした商品です多くの場合資産の半分を定期預金に預けもう半分を投資信託で運用することがほとんどになります定期預金の部分では高い金利が提示されているためお得に感じますが投資信託の部分では高い手数料が設定されており全体で見ると損になるようにできているんです移植金運用プランなどよりもはるかに手数料が安い金融商品はいくらでも存在しそもそもわざわざ定期預金と投資信託をセットで購入する必要性は見当たりませんこれから退職金で多額のお金が入るからといって浮かれず自分の資産は自分で管理するようにしましょうそして決してやってはいけない投資法の三つ目が毎月分配金が受け取れるタイプの年になります代表的なものは毎月分配型の投資信託で毎月決まった額のお金が受け取れるという魅力によって今まで毎月定額の給料が振り込まれていたサラリーマンの多くが騙されてしまいますしかし毎月分配できるのはなぜかということを少し考えてみて欲しいんです運用で利益が出なかった時このタイプの投資信託は元本を取り崩して分配金を支払っているんですそうすると当然分配金を支払ったぶんだけ 郊外に高く設定されております自分のお金を赤の他人に預けた上高額の手数料を支払いながら預けたお金の一部を取り靴下分配金を受け取るというのですからまさにぐの骨頂と言えるでしょうさていかがでしょうか老後資産形成のためにやってはいけないことの数々をご紹介してきましたがどうでしたかもし一つでもやってしまっている人がいたら今からでも遅くはありません9月2件でご紹介するやるべき裏技を駆使して一緒に損失文をリカバリーしていきましょうその前に一旦溢れ1件の内容をまとめておきたいと思いますポイント市年金の繰上げ受給では八十歳以上生きると損をし繰り下げ受給では75歳以上生きると得をする現在男性の半数は85歳まで女性の半数は九十歳まで生きると言われており平均寿命は年々伸び続けていることからも利下げ受給が最も合理的であるといえるポイントんで昨今ファイヤーや早期退職制度が流行しているが50代で退職すると再就職が困難を極める上に多くの人は50代から年金受給年齢まで飲む年金期間と65歳以降のための資金が用意できておらずとても早期退職できるような経済状況にはないポイント3外貨建ての保険や退職金運用プランを歌う金融商品毎月分配金が受け取れるタイプの投資信託などはことごとく私たち消費者が損をするように作られているため決して手を出してはいけないそれでは次に言で知らなきゃ大損老後破産に備えるための今すぐやるべき5つの手続きについて解説していきたいと思いますさて1件では老後の資金を貯めるために絶対にやってはいけないことを三つご紹介しましたしかし資産家衛生のためにマイナス要素を排除することは確かに大切なことですがいくらマイナスをなくしたところで0にはなってもプラスになる事がありませんよねそこでこの人間ではやるだけで資産形成にプラスになる誰にでも簡単にできる絶対にやるべき手続きを五つご紹介したいと思いますそれは次の1つです老後破産に備えるため今すぐやるべき8つの手続き市退職金の手取りを最大化する秘密の受け取り方に絶対に申請すべき退職後にもらえる三つの給付金さん多額の税金が還付される禁断の裏技4医療費で得をする絶対にやるべき節税方法5世帯分離であれの自己負担額が大幅減気この技術ですこれらを全てねコツコツやっていただくことによって人によっては年間100万円単位の得をすることもあります今の貯金と終了ではどうやったって老後2000万円には届かない音を上げていらっしゃるからもこれが五つの方法を使えば2000万など夢ではありませんそれでは早速一つ一つご紹介していきたいと思いますまずは一つ目の今すぐやるべき手続き退職金の手取りを最大化する秘密の受け取り方から解説をスタートしていきましょう査定会社に勤めていらっしゃる方にとっては老後資金のための収入源として退職金が大きな割合を占めていると思いますところで退職金の受け取り方には実は2種類あるというのを皆さんご存知でしょうか退職金の受け取り方には1時金と年金があり手取り額を最大化するには必ず一時金を選択する必要があると覚えておきましょう1時金とは文字通り退職金を一括でまとめて受け取る方法になりますなぜ1色の方が手取り額が多くなるのかと言うと実はこの時退職金にかかる所得税や住民税を大きく減らす退職所得控除という酵素が利用できるからであります退職所得控除額が退職金よりも多い場合には退職金にかかる税金はゼロになります一方で退職金が退職所得控除より多い場合には退職金から退職所得控除の金額を引いた額の1/2が所得となりそこに所得税や住民税がかかるというシステムになっておりますつまり退職金の手取りを最大化するためには退職所得控除が多ければ多いほど良いということになるんですでは退職所得控除の額はどのようにして決まるのでしょうか実はこの金額は勤続年数が長くなるほど大きくなります勤続年数が20年までは年数が10年なら倍400万円20年なら800万円と毎年40万円ずつ増加していきま 年未満の端数がある場合は嬉しいことに切り上げになる決まりになっております極端な話端数が1日でも切り上げがあっていけるんです例えば皆さんが22歳の4月1日に就職し六十歳の3月31日まで働いたとしましょうこの場合38年間ちょうどぴったり勤めて退職したということで勤続年数は38年になりますしかしここで六十歳の4月1日に退職した場合はどうなるでしょうか勤続年数は38年と一日になり1日が繰り上げられて39年とカウントできるんですそして先ほど申し上げた通り勤続年数が20年越えの部分は退職所得控除が年間70万円も変わるわけですから退職日が1日違うだけで税額が大きく変わることがわかりますたった1日で70万円の控除というんですから馬鹿にはできません退職日決める際は必ず繰り上げのための端数を出すという風に設定していただければと思いますそれでは次二つ目の今すぐやるべき手続き絶対に申請すべき退職後にもらえる三つの給付金について解説していきたいと思いますさて皆さんの多くは会社に勤め雇用保険に加入していると思います実は雇用保険に加入している人は退職後に失業等給付という給付金を受け取ることができます失業等給付にはたくさんの種類がありますがここでは多くの人が受け取ることのできる代表的な三つをご紹介しましょう一つ目は基本手当です基本手当は失業給付や失業保険などとも呼ばれます受け取れる金額は退職前の賃金日額の45から80%で給付期間は退職時の年齢や退職理由などによって異なります失業手当の受給の手続きは各自痛いのハローワークで行い自己都合よりも会社都合の退職の方が手厚い保険が受けられます会社都合退職として認めてもらえるケースは業務内容に法令違反があったことを田原やセクハラがあったこと残業が多かったことなど多岐に渡ります少しでも身に覚えのある場合は必ずハローワークに相談するようにしましょう次は再就職手当です再就職手当はその名のとおり基本手当を受給している人が再就職した時に支給される手当になります基本手当は失業が前提ですから受給している間に再就職すると給付は終了してしまいますしかし基本手当の支給日数が1/3以上残っている場合は基本手当日額の60%2/3以上ある場合は70%の金額を再就職手当として受け取ることができますそして三つ目は技能習得手当手でありますこれは公共職業訓練を受給することでもらえる給付金になります公共職業訓練はハローワークで受けることがあってきますが受講すると日額500円の受講手当がもらえるだけでなく最高42500円までの交通費ももらえますこれらは基本手当とは別に受け取れるため退職後に暇を持て余してしまう人にとっては最高のアルバイトと言えるでしょう日本の社会保障は申請主義と言って本人が自主的に手続きをしなければ誰も教えてくれないため損するか得するかは完全にあなた自身の知識によります今は該当しなくても将来もらえることになるかもしれませんから今学んだ知識は頭の隅に置いておくようにしましょうでは次は三つめの今すぐやるべき手続き多額の税金が還付される禁断の裏技について解説していきたいと思いますさてサラリーマンの方は毎月の給与明細を見て天引きされている源泉徴収の額にうんざりしていらっしゃることでしょうしかし退職後にその税金の一部が還付されるとしたらどうでしょうか皆さんはきっと年末調整という言葉を聞いたことがあるでしょう源泉徴収で集めた所得税の金額と本来納めるべき所得税の金額のか不足を調整するためのものでサラリーマンの方であれば会社が勝手にやってくれますですが年の途中で退職した場合会社の年末調整を受けることができませんつまり払いすぎた所得税を自分自身で取り戻す必要があるんですそのため退職した翌年は必ず確定申告を行いましょう自営業者の方と違いサラリーマンの方の確定申告はそんなに複雑ではありません人によっては数百万円単位の税金が戻ってくることもありますから面倒くさがらずに必ず行うようにしてほしい さらに確定申告によって得をするのは所得税だけではありません前年の所得を基準に算出される住民税もまだ確定申告によって安くすることがあってきます既に定年退職をご経験された方は退職翌年の住民税がバカ高くて驚いた方も多いのではないでしょうかそのようなことを避けるためにも退職の翌年は必ず確定申告をやるということを覚えておいてほしいですそれでは次の四つ目の今すぐやるべき手続き医療費で得をする絶対にやるべき節税方法について解説していきたいと思いますさて人間五十歳を越えればどれほど健康に気を使っている人であっても時には病気をするものですがん治療やインプラントなどで高額の医療費を支払うこともあるでしょうそういった場合医療費控除を受けることができるのは皆さんもご存知だと思いますその年に支払った医療費所得から控除することで税金が安くなったり払いすぎた税金が還付されたりするというものでしたしかし医療費控除の上限額は年間200万円までと決まっています癌の先進治療などによって医療費控除の上限額を超えてしまう場合もあるでしょう実はこの医療費控除の上限額を増やす裏技があるんです医療費控除は医療を受けた人が受ける工場ではなくあくまで医療費を負担した人が受けられる控除なんですねつまり医療費が200万円を超える場合は夫婦や親族など所得のある人と手分けをして負担すれば良いということになります例えば癌の治療で300万円を支払ったとしましょうこの時一人で300万円を負担してしまうと受けられる医療費控除は200万円晴れです残りの100万円は医療費控除の対象外となってしまいますしかし夫200万円2枚100万円で負担いれば確定申告の際に夫の所得から200万円妻の所得から100万円控除することができます結果的に300万円を全額節税に充てることができるんですとはいえ医療費を負担してくれる家族がいないよという方もいらっしゃるでしょうそのような場合は医療費の分割払いができないかを病院に相談してみましょう医療費控除の対象は毎年1月1日から12月31日で一区切りとなっておりますつまり前年12月に200万円今年1月に100万円を払うことができれば各々の都市の医療費控除として申告できるんですどうでしょうかこういったこともねやっぱ知っているか知らないかによって手元に残る金額が変わっていきますのでこういったこともしっかりと身につけていきましょうそれでは次いつ爪の今すぐやるべき手続き世帯分離であれの自己負担額が大幅減にについて解説していきたいと思いいますさて急に世帯分離と聞いてびっくりした方もいらっしゃるかもしれません世帯分離と言っても長年連れ添った配偶者と離婚しようと言っているわけじゃないんです世帯分離とは同居している家族が住民票の世帯を分けることという意味ですつまり世帯分離するのは配偶者に限らず同居している家族であれば誰でも構いませんまた世帯分離というのはあくまで手続き上の話ですから分離後そのまま同居していても問題ありません世帯分離によるメリットは何より介護費用を削減できることにあります介護サービス費の自己負担の上限額は本人の所得で決まる場合と世帯の所得で決まる場合の二つのパターンがあります後者の場合介護サービスを受ける親を世帯分離して親単独の世帯にすれば世帯としての所得が大きく減り高額介護サービス費の自己負担額を大きく減らせると言うがケレスやや抽象的な話になってしまったのでちょっと具体的な例を挙げてみましょうか介護サービスを受けている住民税非課税の親が住民税の課税される息子の世帯と子世帯にしていた場合ですこの場合高額介護サービス費の負担限度額は月は9月4400円になりますそこで息子を世帯分離して親だけの世界になった場合高額介護サービス費の負担の上限額は世帯全員が住民税非課税に当てはまるので月額24600円となりますさらにこのお家の前年の年金年収とその他の所得金額合計が80万円以下だったとしたら負担の上限額は月額15000円になります同じ介護サービスを受けていても負担がつき約2から3万円年間で約24から35万円ほど減らせるということになるんです現在50から60代の方は親の介護の問題 やらない手はないと思いますさて絶対にやっておくべき5つの手続きいかがだったでしょうか特に一つ目の退職日をずらして一日一年に繰り上げるというのはたった1日で数十万円の下がっているため絶対に覚えておきたいポイントだと思いますそれでは2件の内容をこの辺でまとめておきたいと思いますポイント市退職金の日時菌による受け取りでは退職所得控除を利用できる控除額は1年ごとに頭おかしい端数は1日でもう切り上げられるため退職日を調整することで数十万円単位の節税になるポイントに退職後の失業等給付や退職時の確定申告世帯分離による介護費用の削減などを簡単な手続き一つで大きく得をする方法が世の中にはたくさんあるそして何も自分自身で申請しなければ誰も教えてくれないため制度に関する知識を蓄えておくの重要であるポイント3医療費控除は医療を受けた人ではなく医療費を支払った人が利用するものなので支払いを家族で分けることで実質的に年間上限以上の控除を受けることができる家族がいない人は年をまたいで分割払いを利用するという手もあるさていかがでしたでしょうか本日の動画では本書の中で特に個人的に重要だと思ったポイントにフォーカスして解説してまいりましたこの動画を見てこの本いいなと思っていただけたら概要欄にリンクを貼っておきますのでぜひ一度本書を手にとって読んでみていただきたいと思います本日は以上ですこの動画がよかったら高評価ボタンとチャンネル登録どうぞよろしくお願いしますまた他にも役立つチャンネルをやっておりますので概要欄のリンクからチェックしてみてください今画面に出ている最新動画おすすめ動画もチェックしてみてください本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事