【VODで読める電子書籍】『なぜ、人は病気になるのか?(寺田 武史[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,738 (2024/02/27 07:01:59時点 楽天市場調べ-詳細)

現代社会で来院される方で増えてきているのが 「原因のわからない不調」。病気になってから対処する前に、なぜ病気になるのか?病気になるメカニズムを知ってもらえたら、きっとよりよく健康に生きていくほう意識が向かうはず。人が病気になる理由を「慢性炎症・睡眠不足・ストレス・低血糖・運動不足」等の視点から解説。食事、生活習慣を変えれば「思考」も変わり、「人生」も変わります。ぜひ、一緒に病気にならないための知識(リテラシー)をあげていきましょう。

寝つきが悪い、気分が優れない、イライラする、頭痛や腹痛に襲われる……ストレス社会とも呼ぶべき現代において、これらの症状に悩まされている人は多い。

病気の前段階であるこういった症状は「未病」と呼ばれる。多忙の合間を縫って病院に行っても、これらは「異常なし」と診断されてしまうこともしばしば。しかし、放置して生活していると不調は悪化していき、やがて病気となってしまう。

すぐに病気はやってこないが、病気になってからでは間に合わないのだ。
自分のカラダは、自分で守らなければならない。

現代人の病気の根本的な原因は、「慢性炎症」「ストレス」「低血糖」「睡眠不足」「運動不足」の5つに分けられる。

慢性炎症の原因は「運動不足」であり、「ストレス」であり、「睡眠不足」である。食生活が乱れれば、「低血糖」が引き起こされる。

本書では、これら全ての不調が起きる身体的メカニズムを体系化して分かりやすく解説している。
明日から実践できる健康なカラダをつくるアプローチが満載。

治す医療から、病気をつくらない医療へ。
著者は10年間の大学病院勤務を経て「治療する」現代医療に限界を感じ、「病気を作らない」ためのメディカルクリニックを開業した院長。読者にどんな病気も予防するノウハウを余すところなく伝授する。

一度きりの人生を健康に、快適に過ごすために必携の一冊。

本書の目次
序章 すべての病気は5つの「根本原因」からはじまる
第1章 原因不明の「未病」を引き起こす「副腎疲労」のメカニズム
第2章 すべての病気を引き起こす「5つの根本原因」
第3章 見えないところで活躍する「3つのバイプレイヤー」
第4章 私たちを病気から守る腸内環境・肝臓デトックス
第5章 「5つの根本原因」は食事から予防・改善しよう

 

※電子書籍『なぜ、人は病気になるのか?(寺田 武史[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2023年版】目的別でVOD選びをしたい方

アダルト動画のサブスクなら「Hey動画見放題プラン」が超おすすめです。

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『なぜ、人は病気になるのか?(寺田 武史[著])』腸内環境を整えれば万事 OK ではありません皆さんどうもこんにちは本要約チャンネル納涼です本日ご紹介する本はアクアメディカルクリニック院長寺田猛先生の長瀬駅とは病気になるのかって慢性炎症ストレス運動不足低血糖睡眠不足この1つは著者が全ての病気の根本原因だとしているですこの五つの根本原因こそが本書の根幹であり最重要項目ですから本日の動画ではこの五つを徹底的に学んでいただくことになりますさてもう一度見てみましょう慢性炎症ストレス運動不足低血糖睡眠不足確かにどれも体に悪そうなものばかりが並んでいますよねこいつらが悪いことはもう知っているよと思われる方もいるかもしれませんですがこの筒についてしっかりと理解できている人はまだまだ少ないんです例えば睡眠不足の原因を聞かれてあなたは答えることができますでしょうかそりゃ睡眠不足なんだから夜ふかしとか昼夜逆転とかそういうことだろうそう思われるかもしれませんですがそれは正確ではないんです確かに夜更かしや寝不足によって睡眠不足が引き起こされるこれは確かですですが現代人の中にはしっかりと睡眠時間は確保できているのに睡眠不足状態に陥ってしまっている人が少なくないんですね本書の中で睡眠不足の原因として挙げられているのは市ホルモンの乱れこのホルモンはコルチゾールやプロゲステロンですそしてに腸内環境の乱れ3肝臓デトックス機能の低下この三つなんですねちょっと予想外ですよね詳しくは後ほど説明させて頂きますがこれらが整っていないせいでしっかり睡眠時間を確保しているのになぜか日中眠たくなってしまう睡眠不足の症状に悩まされてしまうということが起きてしまうんですこのように五つの病気の根本原因をしっかりと理解し根本から治すないことにはあなたの体は正常にはなりませんそしてこの根本原因等を放置しておくと体はみるみる老化し様々な病気になりやすくなってしまうんです恐ろしいですよねぜひ本日の動画と本書で病気の根本原因についてしっかりと学び今日からの生活改善に取り組んでみて下さいほんの一週間でも本書で提唱されている健康法に取り組むことができれば効果が実感できると思いますさてそんなあなたの体を根本から出してくれる本書の中から本日ご紹介致します内容は以下の三つです衣装みるみる老化しあらゆる病気を引き起こす原因はまるまる披露でした第2章全身のあらゆるところで火事が起こっているカレーと肥満によって引き起こされる慢性炎症の恐怖第3章腸内環境をぶっ壊し穴を開ける開くの食品5選本編に入る前に医師としての著者のタンスを2点お伝えしておきます一つにはまるまるが正しいとかまるまるの考え方は間違っているという絶対的な考え方や価値観は持たないということです決して現代医療がダメとかまるまるは間違っているということではなくいいものは取り入れればいいという柔軟さを大切にしていますもう一つは人間には個体差があるということです本書の中には食べてはいけない食物や栄養素についてたくさん書かれていますそれを絶対に全て守らなければいけない手のように考える必要はありません大事なことは自分の身体の特性と不調の程度に合わせて食事や運動などの生活習慣を見極めることなんです是非この著者のスタンスも取り入れながら本日の動画を見て病気の根本原因についての理解を深めていただきたいと思いますじゃあ長らくお待たせいたしましたそれでは早速参りましょう大将みるみる老化しあらゆる病気を引き起こす原因はまるまる披露でした体を病気から守るために最も重要なものは何か皆さんはご存知でしょうか腸内環境がピカピカの状態であること肝臓のデトックス効果がちゃんと働いていることのがキビキビ動くことを人によって様々な重要なものがあると思いますが本書にはコルチゾールこそが病気から私たちの体を守るための司令塔だと書かれています ホルモンと聞くと何か悪いもののように思えるかもしれませんがストレスから守ってくれるホルモンのことでめちゃくちゃいいやつなんですこのコルチゾール実に様々な働きを体内でしてくれている働き者のホルモンで簡単にあげても次のような働きをしています1タンパク質や脂肪を分解したり血糖値を上げたりする作用によってエネルギーを引き出すに抗炎症作用や免疫抑制によって慢性炎症を抑える効果睡眠のリズムやストレスをコントロールし1日の生活リズムを整えるということで簡単にまとめてしまえば毎日元気に規則正しく生活できるようにしてくれているのがこのコルチゾールだということです超大切なホルモンだということがお分かりいただけましたでしょうか逆にこのコルチゾールの分泌が乱れてしまうと朝起きることができないですとか中途覚醒しちゃうよと言った水明の問題ちょっとしたことで気持ちが落ち込んじゃうとか物事に熱中できないとかやる気が出ないと言ってハイオクの問題アレルギー症状やなんかよくわからないけど体が重いといた体調不良の問題なんかが出てきてしまうわけです日中よりもむしろ夕方以降の方が元気が出るという人もこのコルチゾールの分泌が乱れている可能性がありますこういったコルチゾールの分泌が乱れている状態をその分泌器官である副腎が疲れちゃっているということに例えまして副腎疲労をなんて言ったりするんですなるほどじゃあその副腎をいたわってあげて回復させてあげればバッチリコルチゾールが分泌されて元気になるのねっと思われるかもしれませんがそう簡単にはいきませんちょっと複雑なメカニズムが効率ソウルの分泌には絡んでいるんですそのコルチゾールの分泌をコントロールする基本的なメカニズムをちょっと難しい言葉ですが HP A 軸のフィードバックシステムと言ったりしますここは本当軽く押さえていただければいいんですが HP 8は視床下部下垂体副腎この三つの頭文字をとっています視床下部真岡吸いたいものにある部位の名前なんだなあということくらい抑えておいていただけたらオッケーですそして副腎というのは勝手にコルチゾールを分泌しているわけじゃなくて視床下部から担いたいに命令がとして下垂体から副腎に命令かという形でコルチゾールを分泌しているんだということも併せて押さえておきましょうつまり社長から部長会部長から平社員会というような形で指示が伝わるように支障を下部から下垂体下垂体から福仁会と指示が伝わるわけなんですこの平社員に当たるのが吹く神なんですねそしてこの副腎がする仕事というのがコルチゾールの分泌でもう一杯仕事してますよとコルチゾールをいっぱい分泌していることが上司である花水タイヤ視床下部に伝われば少し仕事を減らしてやるかとコルチゾールの分泌を下げるような指令が出ますし逆にサボりまくっていてコルチゾールを全然分泌していないともっと仕事しろよをコルチゾールの分泌を上げるような指令がくるわけですこれがめちゃくちゃ正常な状態なわけですが異常な状態だとブラック企業の状態になって効率道路をいっぱいいっぱい分泌しているのにもっともっと分泌しろよと指令が下ったりさぼりまくっているのに監視の目が行き届いていなくて仕事の指令が来なかったりするわけですこうなってしまうとコルチゾールの分泌が乱れまくりになって先ほどから説明しているような副腎疲労の状態になってしまうわけですさてということでこのコルチゾールの重要性について理解していただけたんじゃないかなと思うんですがここで話は本日の動画の冒頭に戻ります皆さんには本日の動画の冒頭であらゆる病気の元となる五つの根本原因についてお話ししましたよね確認しておきますと慢性炎症低血糖睡眠不足ストレス運動不足この五つでしたこの一眼なぜあらゆる病気の元となってしまう根本原因なのかといいますとそれはコルチゾールの分泌を乱してしまう副腎疲労を引き起こす原因が箱の五つだからなんですね話が繋がってきましたねつまりこの五つの根本原因によって副腎疲労が大きいコルチゾールの分泌が乱れ病気になってしまうだからこそこの五つの根本原因を取り除きましょうよという話なんです例えば皆さん大好きな腸活腸内環境を整えるという食事法がありますよねですが腸内環境にもコルチゾールは密接に関係していますということは腸内環境を改善のために乳酸菌飲料やヨーグルトを摂取するということはもちろん大切なんですがその前にまずコルチゾールの分泌を正してあげないと腸内環境は見られたままということになってしまうんですつまり腸内 というわけなんですねじゃあ食事運動睡眠をどう改善すればいいのということが疑問になるわけですがその疑問については第3章で詳しく解説させていただくことにしまして次の第二章はこの五つの根本原因について徹底解説とっていただきたいと思います病気になりたくないとどんどん老化していくこの体を何とかして若返らせたいそういった方は是非本日の動画を最後まで見て行ってくださいねそれではここまでの内容をパッとまとめてしまいましょうポイント市公立ドールこそが私たちの体を病気から守るための司令塔であるコルチゾールの分泌が乱れることによって様々な病気にかかりやすくなってしまうポイントにコルチゾールの分泌を担っているのが吹く神でありその副腎の機能低下によって引き起こされる体調不良のことを副腎疲労と呼べポイントとあらゆる病気を引き起こす副腎疲労の根本原因は慢性炎症低血糖睡眠不足ストレス運動不足の五つでありこれらを解消する方法は生活習慣の改善しかない第二章全身のあらゆるところで火事が起こっているカレーと肥満によって引き起こされる慢性炎症の恐怖老化を急速に進行させあらゆる病気を引き起こしてしまう副腎疲労等の副腎疲労を引き起こす五つの根本原因についてこの章では徹底解説していきますこれまで常識だと思われていたことがひっくり返るような話がたくさん出てきますのでぜひぜひ注意して最後まで見ていってくださいさて再度そのつの根本原因について確認しておきますと慢性炎症低血糖睡眠不足ストレス運動不足この五つでしたそれぞれ詳しく解説していきましょうと言いたいところなんですがストレスケアや運動不足に関してはこの本要約チャンネルをご覧の方にとっては知っている内容が多いかなと感じましたのでここは省かして頂き改善策も共通点の多い慢性炎症低血糖睡眠不足この三つに絞って徹底解説させていただけたらと思いますそれでは早速参りましょう市慢性炎症を抑演奏というのはなくてはならない私たちの体の機能のひとつです例えば捻挫した時なんかに足がぼんぼんに晴れて暑くなりますよねあれも炎症であり捻挫した部分を直すための物質が集まりやすくなる効果があったり熱や痛みによって私たち自身に愛情を伝えてくれたりしているわけですしかしこういった印象とは異なり私たちの体の中で近くできないレベルの炎症がずっと怒りつづけることがありますこれが慢性炎症ですこれは非常に良くない状態といえます慢性炎症は様々な症状を引き起こし上咽頭炎歯周病脂肪肝リーキーガット症候群などに加えちょっと驚きですが肥満移ろうか不眠などを引き起こすとされていますあなたが太っていて気持ちが沈んでいて周りの人よりも老けて見えるのであればもう体内では慢性炎症の嵐王価値が起こっているかもしれませんさてこのように慢性炎症が体の中で起こり続けていると体はどうなってしまうのでしょうか一つが炎症性サイトカインというものが作られすぎて持続した炎症を鎮静化することができず火事が燃え広がるようにどんどん前進に炎症が広がってしまいますそしてさらに持続的に炎症が起こることで組織の線維化が起きてしまいます転移かと言うと難しいかもしれませんが簡単に言ってしまうと葬式がキューっと硬くなってぶっ壊れてしまってもう元には戻らないという現象なんですねこれによって組織の携帯自体が変わって機能が低下してしまうんです例えば肝臓で慢性炎症が起きると肝硬変という感想がぎゅーとは硬くなる現象が起きて肝臓の機能が低下してしまうんですこういった子とが担当だけでなくあちこちで起きてしまうのが慢性炎症の恐ろしいところつまり慢性炎症が引き金となって炎症が全身に広がっていき壊れた時はもう修復できない状態になってしまうという体にとって非常によろしくない悪循環が起こってしまうわけですさてこんな恐ろしい慢性炎症なんですが特に注意して頂きたいのは肥満の形太っている方なんですねというのも肥満体質の人の体内では炎症性サイトカインを分泌が誘発されて脂肪組織がどんどん炎症を引き起こしているんだということが分かっているからなんですつまり太っている=慢性炎症が起きている状態だと考えてくださいその肥満を解消しないことには体中の火事を消火することはできないんですまた他の同世代の人よりも自分の見た目が老けているなと感じる人も要注意ですというのも廊下も慢性炎症の一つだからなんですね実際に細胞が ノートは脳神経系赤血球筋肉などの働きにおける超重要なエネルギー源なんです血糖値というのはどれだけブドウ糖が血中に放り出されているかを示す数値ですからこれが高いということはエネルギー源がたくさんあるということです落ちろんありすぎても問題はあるんですが別エネルギーは欲しいわけですから体というのは血糖を上げよう上げようとする方に働いていますそのせいで慢性的に上がりすぎちゃって高血糖の状態になっちゃうよ何ていう人もいるわけですがそもそも大前提として低血糖の状態っていうのはエネルギーが足りていないわけですもうこの高血糖の状態よりもさらにヤバイ状態なんですね本社でも低血糖は五つの原因の中でもとりわけすべての病気の根源と言ってもいいぐらい病気になるリスクが高い症状だと語られています糖質制限ダイエットがよくメディアでも取り上げられていますがあまり過激によって血糖が欠乏するようでは本末転倒としか言いようがないんですじゃあ低血糖対策は糖質たっぷりの食事なのか俺は糖質取りまくっているから問題ないな今日も二郎でこってりラーメン送ってきたぜという方ももちろん NG です糖質が多い食事をすると血糖値が急激に上がってそれをあげようとするからその後30分から1時間ぐらいで急降下してしまうんですつまり結果として低血糖の状態になってしまうんですね低血糖状態になった時に血糖値を上げようと副腎からコルチゾールが分泌されますがんばれがんばれ血糖値を上げる上げる音をコルチゾールがいっぱい分泌されるこれがずっと続くとやがてコルチゾールの分泌機能はぶっ壊れて副腎疲労になってしまうんですねまた余談ではありますがこの低血糖の状態というのはミトコンドリアの機能障害も引き起こしてしまいますミトコンドリアというのは糖質脂質タンパク質からエネルギーを作り出してくれているわけですが圧倒的に糖質からエネルギーを作るのが効率がいいんですその糖質が不足している状態が低血糖なわけですから効率が悪い脂質やタンパク質からエネルギーを作るしかなくなってしまってミトコンドリアが疲れ果てて機能低下になってしまうわけですミトコンドリアといいコルチゾールといい生活環境が乱れている人の体内はとんだブラック企業になってしまっているわけですこの低血糖状態の改善方法も第三章で詳しく見ていきます睡眠不足睡眠不足を単なる寝不足と勘違いしている人がいますがその認識は今すぐ速攻で改めてくださいどれだけ長時間寝てようと睡眠不足の人は存在しますその原因は睡眠の質にあるんです頭が悪い睡眠をどれだけ長く取ろうと睡眠不足は解消されませんその睡眠の質を決めるのがメラトニンという睡眠ホルモンこいつには次のような効果がありますストレスによる免疫力の低下を抑え感染症に対する抵抗力を高めるがん細胞を排除する免疫力を高め抗がん剤やストレスによる免疫力の低下を軽減するビタミン E の6倍から10倍の抗酸化作用がある凄まじいですよねこのような睡眠に重要な要素であるメラトニンというホルモンの原料はセロトニンという神経伝達物質で日中に太陽の光を浴びることで構成されますさらにこのセロトニンの原料というのがトリプトファンというアミノ酸でありこいつは食事から摂る必要がありますつまり食事でトリプトファンを摂取し日光をちゃんと浴びてセロトニンを分泌することでメラトニンが分泌されるというわけですただこのメラトニンの分泌はあかりを浴びるだけで止まってしまいますですから嫌韓にブルーライトを浴びたり明るい部屋で過ごしたりそういったことによってメラトニンが十分に分泌されなくなってしまうんですよお気をつけていただきたいと思いますさらにメラトニンと同じく重要なホルモンに成長ホルモンがありますこれも名前は聞いたことがある人が多いと思います成長ホルモンは子供の頃だけでな大人になっても大した調節や免疫機能を高め脂肪代謝や認知機能にも作用することが知られていますこの成長ホルモンがもっとも分泌されるのは深い睡眠に入った時具体的には入眠後90分から2時間後に最も多く成長ホルモンが分泌されます睡眠ではこれらのホルモンが私たちの体の機能を高めてくれているんですが睡眠不足だとこれらの優秀なホルモン等から十分な恩恵を受けることができず慢性炎症を引き起こしたり糖尿病のリスクが高まったり血圧の上昇を引き起こしたり食欲が過剰になったりと踏んだり蹴ったりな状況になってしまうんですさてではそんな睡眠不足を引き起こしてしまう睡眠の質を下げてしまう原因とは一体何でしょうかそれは睡眠不足の原因として市ホルモンの乱れに腸内環境の乱れ肝臓デトックス機能の低下の三つをあげています 愛され先ほど説明した睡眠の質を決定付けるホルモンメラトニンが十分に分泌されにくくなるからです材料となるトリプトファンはもちろんのことメラトニンがしっかり分泌されるためにはその他のビタミンミネラルの働きが欠かせません腸内環境が乱れていてこれらの栄養素を十分に吸収できないと睡眠の質が低下してしまうのは当然のことなんですそして最後が肝臓のデトックス機能の低下ですこれまた一見睡眠とは関係なさそうなんですが実は関係を終わりなんですね東洋医学の考えでは夜中の1時から3時は肝臓が解毒処理を行うピークの時間帯とされていますこの時にデトックスがうまくいっていない人は夜中に肝臓が忙しく働きすぎて睡眠に悪影響を与えてしまう可能性があるんですこれら三つの睡眠不足の原因ですがどれも睡眠不足によって引き起こされる症状でもありどこかでバランスが崩れ睡眠不足に陥ってしまうとホルモンは乱れ腸内環境も乱れ肝臓のデトックス機能が低下しさらなる睡眠不足になるという悪循環に陥ってしまうんですこれは絶対に止めなくてはなりません当たり前に言われていることですが睡眠の質を高めるために最低限早起きをして朝日を浴びる夜は伝統やスマートフォンのブルーライトを浴びないようにするメール直前の飲食は止めるこの辺りは守るようにしてくださいさてということでこの章ではあらゆる病気を引き起こす井筒の根本原因のうち慢性炎症を締結と睡眠不足の三つについて見てきましたそれぞれ今まで知らなかった知識があったんじゃないでしょうか続く第三章ではこれらを一緒に改善する食事法について見ていきますのでぜひぜひ最後までお付き合いくださいませんそれではここまでのポイントをまとめてしまいましょうポイント市慢性炎症は体が知覚できないレベルの炎症がずっと怒りつづけることであり肥満や老化も慢性炎症を引き起こしてしまうポイントに低血糖は五つの原因の中でも全ての病気の根源と言ってもいいぐらい病気になるリスクが高い症状であり過度な糖質制限や過剰な糖質摂取によって引き起こされてしまうポイント3睡眠不足は睡眠の質を決めるメラトニンの分泌が乱れることが原因であり効率ソウルの分泌の乱れ腸内環境の悪化肝臓のデトックス機能の低下によって引き起こされる第3章腸内環境をぶっ壊し穴を開ける開くの食品5選全ての病気の発端となる井筒の根本原因その中でも特に食事の改善が効果的な慢性炎症低血糖睡眠不足についてこの章では徹底解説していきますマジですぐに取り入れることができるものばかりですのでガンガン取り入れてどんどん視聴を取り除いてくださいそれでは早速参りましょうまず何より食事で大事なのは個体差の見極めです人間の体の特徴や症状には個体差がありますどの栄養が足りていてどれが足りていないのかというのは住んでいる場所民族として個人によっても違いますですからあらゆる道があらゆる本に言えることですが言われているそのままを取り入れる必要はないですし自分の体と相談しながらいいとこどりをしていけばいいんです例えば以前紹介した野菜 NG 肉食万歳の母に暴食の動画では多数の困惑のコメントを頂きましたこんな食事実践できないよーとか野菜が健康にいいって聞いて頑張って食べていたのにというコメントも数多くいただきましたただ母に暴食の動画を見たから本を読んだからといってあなたも肉食に変えなきゃいけないというわけではありませんいつも通りの食生活に少しその動画なり本形で得た知識をプラスして試してみて体調変化を観察することが大事なんですもし野菜を食べることに違和感を抱いていたのであれば野菜を止めてみるというのもいいでしょう野菜を食べるようになってから体の調子が良かったから野菜岩続けて食べたやつグラスフェッドビーフを少し取り入れてみようかなこれもありですそういった食事の変化によってあなたの体にどういった変化が起きるのかそれをしっかりと観察してくださいその結果わかったことがどんな研究結果よりもどんな権威のある医者が一般向けに語ることよりも大切なんですさて少し話が逸れましたが本日の動画の食事法に関しましても自分で納得できたものを採用し自分の体の声を聞くということを忘れないようにしていただけたらと思いますさてそれではまずは全身に広がった火事を消火する慢性炎症を解消する食事について見ていきましょう慢性炎症を予防改善したいんですからポイントとなるのは抗炎症作用を持つ栄養素の摂取です抗炎症作用を持つ栄養素には1個炎症性脂質に抗炎症性ハーブビタミン D の三つがあります市抗炎症性脂質は皆さんご存知オメガ3系の脂肪酸 朝食に何を食べたらいいのかということですが本当でおすすめされているのはクズスープですクズには良質な糖質が含まれており血糖を緩やかに上昇させさらにボーンブロスやだしを入れることで腸の傷ついた粘膜を整えることができますポイントはご飯を朝昼晩と3食食べることそして食後に時間55分おきにこのクズスープを飲むことですその際ペース配分が大事で15分おきに一口ずつちびちび飲むペースを保ってください一口飲む量を20ミリリットルとすると1時間で80ml 12時間では960ミリリットル飲む計算です目安は1日にドリンクを5杯200ミリリットルを5倍で1 L です午前中に2杯午後ににはいお風呂前から寝る前にいっぱいのペース配分が分かりやすいと思いますこのようにこまめに糖質を入れることと同時にアミノ酸をしっかりとって腸の粘膜を修復することが重要です夜間低血糖の人は就寝前にティースプーン一杯の蜂蜜を取るのも良いでしょう蜂蜜の糖分に関してはカンジダや悪玉菌のエサになっちゃうのではと否定的な意見はありますが低血糖管理を優先すべきです食事回数に関しても16時間断食などもありますが低血糖の方はまずは低血糖の改善を優先し1日3食+補足で血糖値の乱高下をしてきましょうバター低血糖の原因がインスリン抵抗性の場合はサプリメントを利用し改善を目指すことも可能ですここでは紹介だけになりますがアルファリポ酸クロム亜鉛ビタミン B 群ビタミン D が有効ですさて続いて睡眠不足を解消する食事について説明していきましょう睡眠不足の原因を掘り下げていくと栄養とにおいては一度を過剰にビタミン B 6不足が睡眠不足に大きな影響を及ぼすことが分かっていますまずは市10日常についてなぜ動画過剰になると睡眠不足になってしまうのかというところは覚えなく絵もいいんですが簡単に説明しておきましょう動画過剰になるとドーパミンが抑制されその反動でノルアドレナリンが増えますするとアドレナリンが過剰に分泌され不眠を引き起こすというメカニズムですただここで茶道の摂取量を減らせばいいのかというとそういうわけではなくてここに大きく関わってくるのが難ですね今日は亜鉛とブラザーイオンの関係にありお互いに協調しながら体内で働いていますそして亜鉛が欠乏するとブラザー4である道が増えるという関係にあるんですつまり動画上のほとんどの人の原因が亜鉛欠乏にあるんだよ亜鉛欠乏の原因としてはアルコール食品添加物重金属などがあります亜鉛摂取を心がけるとともにこういったものの摂取量を減らすことが睡眠のためには大切なんですバターチョコレートは銅の含有量が多い代表的な食品ですので睡眠の質が悪いなと感じている人はこちらの拙守も控えてみましょう続いて2のビタミン B 6不足についてビタミン B 6は良質な睡眠のカギとなるホルモンのメラトニンや Java などの神経伝達物質の合成に不可欠な栄養素ですビタミン B 6は食事やサプリメントで摂取することも大切ですが糖質過剰摂取やアルコールによっても消費されてしまいます別のでこちらにも注意が必要ですまた神経伝達物質の生成分泌調整という意味で言いますとマグネシウム鉄そしてたんぱく質も超大切です是非こちらも合わせて摂取していきましょうということで慢性炎症低血糖睡眠不足の解決のカギとなる食事を見てきましたこの三つに共通して言えることとして腸内環境が乱れていたらたとえ抗炎症食品を取ろうとくずスープを飲もうとビタミン B 6を摂取しようが意味がないよということなんですねそれは栄養素というのは摂取だけではなく九州商品をセットで考えることが大切だからですこの中でも九州においては当然なから腸内環境が正常に機能することが大前提となります本当でも五つの根本原因の予防改善の一番の要が腸内環境だと言われているんですさあではどうすれば腸内環境を整えることができるのでしょうか私たちのチャンネルでも様々な腸活の本について紹介してきましたが本書でもそれらは腸活食品を摂ることは否定していませんただそれよりも重要なのは腸内環境を乱しリーキーガット症候群を引き起こしてしまうような食品や物質を避けるということなんだと本書では強調して書かれています腸内環境を乱して毒素が町内から体内に漏れてしまうリーキーガット症候群を引き起こす食品として有名なものはいつ津市生成された小麦に牛乳3トランス脂肪酸4素人投稿遺伝子組み換え食品この五つはできる限り避けていただけたらと思いますこの中野さんトランス脂肪酸4白砂糖遺伝子組み換え食品 ペタペタと腸に張り付くことで腸粘膜を傷つけて炎症を引き起こしリーキーガットの大きな原因となりますアミロペクチン A は小麦の70%を占めている糖質の中の75%を占めている物質であり急激な血糖上昇をもたらすことが知られています最後をクリアドルフィンは脳のオピオイド受容体というところに結合しモルヒネと同様の作用を引き起こしますその結果ドーパミンが大量に放置されて脳が興奮してパンをもっと食べてラーメンをもっと食べてと依存性を引き起こすんですね恐ろしすぎますよねさあ続いて牛乳こいつが持つやばい栄養素が乳糖とか全員ですまず乳頭に関してですが私たち日本人の多くは乳児期を過ぎると乳糖を消化できませんそのため消化不良になりやすいんです続いてカゼイン牛乳に含まれているタンパク質の80%を占めているのがこのカゼイン特に牛乳に含まれているアルファカゼインが私たち人間には消化で来ません結果としてグルテン童謡腸内に未消化物が多くなり腸の炎症を招きリーキーガットを引き起こしてしまいますさらに消化できないためにアレルゲンとなり遅延性のアレルギーの原因にもなるんですさらにさらに消化できなかったか全員からは画像モルフィンという物質が生成されますこの画像モルフィンは先ほどのクリアドルフィンと同様麻薬物質と似た作用をもたらし依存性を引き起こしてしまうんですその他にも牛乳自体は恐ろしい問題を多数抱えています例えば乳牛の餌に含まれている残留農薬や抗生剤の問題さらには牛の成長を早めミルクをたくさん出させるためのホルモン注射の問題などを数多くの危険性が指摘されているんです私自身牛乳は大好きだったんですがこういった問題を聞いてからまずはオーガニックやホルモンフリーの牛乳を試しながら今では桜とミルクに完全に移行しましたコーヒーに入れるミルクもオートミルクに変えたんですがこれまためちゃくちゃ美味しいのでおすすめですか以上のことを意識しながら腸内環境に悪い飲食物お酒消化吸収が効率的に行われる土台を作った上で本日紹介した慢性炎症低血糖睡眠不足解決のカギとなる食事を試してみてくださいさてそれではここまでのポイントをまとめてしまいましょうポイント市慢性炎症の改善のためにはベルベリンケルセチンクルクミンの三大公園ショウハーブを摂取することが大切であるポイントに低血糖の改善のためには良質な糖質を含んだくずスープを食後2時間後から補食として少量頻回摂取するのがおすすめであるポイント3睡眠不足の改善のためには神経伝達物質酸性のためにマグネシウム鉄タンパク質ビタミン B 6の摂取がどうしてどうか状を防ぐために亜鉛の摂取が大切であるいかがだったでしょうか私たちはついつい病気になった時にその病気だけに対処しようとしてしまいがちですがあらゆる病気や体調不良というのは根本でつながっておりその子本の部分を治さない限り様々な病気が連鎖的に引き起こされてしまうんです今それはその根本を五つの根本原因としてあげてくれていましたがどれも私たち現代人が抱えている悪の生活習慣と深い繋がりがある原因でしたよねぜひ本日の動画で紹介した食事法を実践してまずは根本原因の中でも慢性炎症睡眠不足低血糖に対処してみてくださいもちろん合わせて運動を行うことによって運動不足を解消したりストレスケアを行っていくことも大切です本日紹介した内容に興味を持たれた方もっと詳しく知りたいと感じた方はぜひぜひ本書をお手に取ってお読みいただけますと幸いですかなり詳しく健康について解説されている中身の濃い一冊でありあなたの生活習慣を正してくれること間違いなしですここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画よかったよという方ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチッと押して頂けますと励みになりより一層頑張れますのでよろしくお願いいたしますそれではまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますさようなら最新動画を見たい方は左をクリックおすすめ動画が見たい方は右をクリックチャンネル登録もお待ちしています