【VODで読める電子書籍】『ほどよいストレスが人を若くする( 跡見順子[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,540 (2024/02/27 07:38:48時点 楽天市場調べ-詳細)

不安や悩みに、科学の風を吹かせてみませんか?
「生きる」ということを生命科学の話で紐解く、やさしい“科学的”生き方本が生まれました。
「どうしよう」は立ち止まる言葉、「なぜ」は歩き出す言葉、をキーワードに、こころとからだが幸せになるヒントをお届けします。

著者である跡見順子教授は、「細胞に恋をした」77歳の細胞研究者。
細胞研究の第一線で活躍する女性科学者であり、東京農工大学客員教授として、現在も教鞭をとる毎日。37兆個の細胞たちが教えてくれたのは、「なぜ、私たちにとってからだを動かすことが必要なのか」――その生き物としての「性」だったそう。
そもそも、細胞とは「活動依存性」。動いているから、生きていられる。動くことは、わたしたちを構成する細胞たちが「いつも心から願っていること」。
だから、からだに運動の場を与えましょう。ほどよいストレスを与えることで、すこし強くなれます。
本書では、跡見教授が毎日欠かさず取り組んでいる「あとみ式健康長寿体操」も収録。
30歳から80歳まで、幅広い世代に絶大な効果をもたらした、簡単な体操をご紹介しています。
毎日に「なぜ?」を取り戻し、こころとからだをすこやかに活かす毎日をはじめましょう。

(目次より)
〇「なんとなく」化粧品やサプリを試していませんか?
〇「関節」こそ、運動という刺激をほしがっています
〇「どんな形にもなれる」が私たちの本質です
〇こころの悩みを、こころだけで解決しようとしない
〇いい気分とは「具体的に」つくられるものです
〇あえて「動いてみる」ことで気持ちが切り替わります
〇「元通り」は無理でも「問題なく元気! 」にはなれます
〇細胞に「生きているシグナル」を、与えていますか?

 

※電子書籍『ほどよいストレスが人を若くする( 跡見順子[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2023年版】目的別でVOD選びをしたい方

アダルト動画のサブスクなら「Hey動画見放題プラン」が超おすすめです。

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『ほどよいストレスが人を若くする( 跡見順子[著])』紹介する本は跡見順子先生の程よいストレスが人を若くするですすっきりしないからジムに行ってきた最近イライラしていたからカラオケに行って気分転換をしたこのように運動や行動で気分転換をして元気になる別に珍しいことではありませんよねでも運動や行動というのは実はストレスだということをご存知でしょうかちょっと不思議なんですが私たちは疲れている時にわざわざ自分の体にストレスをかけることで元気になる生き物なんですサウナなんかはそのいい例かもしれませんサウナが好きじゃない人からしてみたらあんな暑くてストレスがかかるところに自分から入りに行くなんてド M の極みしかも疲れている時に限ってサウナに入って回復なんて言ってんだからもう考えられないと思いますがサウナはそのストレスゆえに私たちを元気に若返らせ回復させてくれているのかもしれませんそこにはストレスの秘密が関係しています強すぎるストレスを受けると細胞は死んでしまいますですから確かに強すぎるストレスというのはいいものではありませんですが実はちょっとピンチだという程度のストレスですと細胞は軽く傷つく程度で済みますその傷を治すために魔法の物質ストレスタンパク質を合成し始めることも分かっているんですすると嵐細胞は元通りになるどころか前より元気になる若返るという現象が起こるんです運動することによって体が若返る元気になるというのはこのストレスタンパク質が影響していたんですねさらに最新の科学では運動だけでなく通常の生活などでちょっとのストレスが細胞に刺激を与えることができれば若さと元気を手に入れることができるということが分かってきました本当にちょっとしたストレスいいんです日常生活でこのストレスを意識しているかどうかであなたの10年後の見た目や健康は大きく変わってくるんですがそこで本日は程よいストレスで元気に若返るヒントについて徹底解説されている本書を一緒に勉強していきながら元気で若々しい身体を手に入れるコツを掴んでいきたいと思います少しでも若返りたいと思っている方は是非本日の動画を最後までご視聴くださいそんな本書の中から本日ご紹介する内容は以下の三つです第19割の人が知らない運動が若返りに効く本当の理由第2章ストレスが体を若返らせるストレスが身体にもたらす圧倒的メリットとは第3章体を若々しく保つためにするべき運動実はまるまるでしたどれもとても大切な内容です是非最後まで見ていって下さいそれでは早速参りましょう第1章9割の人が知らない運動が若返りに効く本当の理由いつまでも若々しくいたいと願う人はたくさんいますですが願っているだけでは若々しくはいられません若々しくいるための方法論を正しく理解し実行してこそ若くいられるんです例えば若々しくいるためには運動が大切という言葉がありますよね確かにこの発言大枠は正しいですですがなぜ運動が大切かを皆さんは考えたことがあるでしょうか運動すると筋肉がつくから運動すると痩せるからこれはおそらく正解ですでもなぜ筋肉がつくと若々しくいられるのでしょうかなぜ痩せると若々しくいられるのでしょうかこのようになぜなぜと考えることはとても大切なことですそれはなぜという問いを持つことで脳に新しい回路が生まれるかあらなんですね脳を若返らせる魔法の言葉それがなぜなんです何故というのは考えを進めるための言葉歩き出すための言葉だということをしっかりと意識しておきましょうさてこのように運動することでなぜ若さを維持できるのかをなぜなぜと考えていくと最終的には細胞にたどり着きます人間の体はおよそ37兆個の細胞とその細胞たちが生み出している細胞外マトリックスでできています私たちの細胞はホルモンや栄養の刺激を受けて機能していてそこに運動による刺激も欠かせません歩いたり走ったりすることで細胞に力が加わって刺激となり膝の細胞はそれを合図にコラーゲンやヒアルロン酸を始め運動機能を助けるために必要なものを作り出すそうすることで元気に歩ける体を保ってくれていますもうお分かりですよね運動すること自体が細胞に刺激を与え ふうになぜを起点にすると体の仕組みについて正しい知識が集まってきて運動って本当に大切なんだと納得感を得ることができます納得していることは当然実践できます継続できます運動も自然に日常の生活習慣に取り入れることができるはずですそして運動を少し続ければ体の変化に気がつくことができます変化を感じることができればさらに継続できる素晴らしい好循環に入っていくことができるんですつをしっかりと理解することの重要性がお分かりいただけるんじゃないでしょうかさてここまでを簡単にまとめますと運動によって細胞に刺激を与えることでは乾かした元気を維持できるよという話でしたこういうことを言うとじゃあ病気になった時には体を動かして元気を取り戻さなきゃと考える人がいますですが高熱があったり足腰などを痛めてしまった時の体の中をのぞいてみると全く違った考えになるはずです病気や怪我をした時体の中で細胞たちは大忙しで働いていますつまりもう十分に細胞は働き刺激を受けているんです安静にしていましょうと石が言うのは体が既に動いているからなんです静かに寝ていても侵入してきたウイルスや細菌を撃退するために免疫細胞は大忙しです壊れた骨や壊れた筋肉を修復するために血液細胞をはじめいろんな細胞が血液に乗り心臓のポンプ機能によって全身に届けられています内側の細胞を動かすだけで精一杯の体に走れ働け運動素人外側の働きまで要求するのは酷い仕打ちと言えますいっぺんに動かしたらたとえ機械でも壊れてしまいます一つの働きに集中するために具合が悪い時は細胞が思う存分働くことができるようにしっかりと親休むことが大切なんです実際のはこのことをよくわかっています体調が悪い時や怪我をしているときは内側の細胞の動きに集中したほうがいいというのを知っているから体への活動事例を控えているんです体調が悪くてやる気が出ない時というのは体を休めるための正常な心の状態と言えるでしょうその体の声心の声をしっかり聞いて休むことが大切ですしかし一方で病気でも怪我でもないのになんとなく元気が出ない調子が悪いという時もありますよね人間関係で嫌なことがあったり天候のせいで誰だったり女性の場合は年齢的に不調になることもあるでしょうそういった場合は別に体の中が活発に動いているわけではありませんむしろ止まってしまって動けなくなっていると言ってもいいでしょうそんな時はあえて体を動かしてみるそうすると調子が良くなってきます例えば目が覚めてちょっと調子が悪いなという朝でもベッドからの一歩が出ればに褒めが出ます最初の一歩踏み出せば発動サイクルが回り始めるんですだったついでにお水のいっぱいでも飲もうかとなりますしお手洗いにも自然に行くでしょう手を洗ったついでに顔を洗えば鏡の向こうの顔がどんよりしていて髪をとかすかもしれませんその流れで着替えようとなりますし着替えれば何か食べようかなと思えてきます辰水を飲む顔を洗う着替えるどれも決まりきった普通のことばかりですよねそれでも動くことで体の調子はどんどん良くなり心はそれにつられて元気になっていきますこれにも立派な理由があるんですそれは脳と体が相互にメッセージを送りやっているということ動いたことで筋肉や骨の細胞は脳に活動していますというメッセージを送りますその刺激を受けた脳が活性化して体にメッセージを出しますするとそのメッセージを受け取った体はまた活性化して動き脳にメッセージを送りますその繰り返しで元気になっていくんです私たちの体も細胞もそもそも不安定に設計されています不安定な状態は動くと安定します止まっていたら不安定なままなんです動くこと動いていることでじくやバランスをとるように活動すると良い状態になるようにできています病気や怪我でなければあえて動いた方がいいというのは人間の自然に備わったシステムを利用するリニカナッタやり方だということを覚えておきましょう自ら動くことが自分を元気にするこの能動的な姿勢が心と体を元気にするために最も効果的な方法なんですところが今の世の中を見渡すと誰かに助けてもらおうという受け身の姿勢がとても多いことに気がつきます膝が痛い時のサプリメントお元気が出るドリンク剤コリをほぐす ガソリンがハイオクにグレードアップしてもエンジンをかけなければ車走りませんあなたはしっかりと自分の体にエンジンをかけていますでしょうかやたらといい燃料を入れているのに倉庫に入れぱなしの車ではもったいないんです動かないでじっとしていると元気が出なくなるばかりか脳細胞が死ぬという恐ろしい説もあります何となく不調という状態が長く続くとやがては脳の細胞が少しずつ脱落して死んでしまい少なくなっていくという実験データがあるんです脳の細胞をしから守るためには体を動かすという能動的な動きを取り戻さなくてはなりませんちょっと調子が悪いという日は一本だけ動こうとか顔だけ洗おうとかちょっとお化粧しようなど小さな目標を立て一つ一つクリアしていきますそれでちょっと気分が上向いたらもう一つクリアしますこの繰り返しで自分を調子に乗って行きましょうさらに時々は細胞に生きるシグナルを与える運動持っていきましょう生きるシグナルとは体中の細胞を活性化させることで例えば生きるシグナルを体に与える運動として著者が実践しているのはゆったりとしたジョギングの途中で7秒以内のダッシュと歩行を交互に行うことですこの変化が心と身体両方の細胞に刺激を与えます歩くだけの健康法が推奨されていますがここに変化を加え走ることが大切なんですバランスと呼吸その両方が必要なのが走るという行為走るといってもまずはゆっくりでもいいんです走ると体を弾力的に使うことになり関節や靭帯腱などの細胞に刺激を与えることができます歩くだけではさほど降らない腕も振ることになり歩くよりも走り方が活動をもらえる細胞がはるかに多いんですさらに自分の最大出力を確認し機能を維持させる雨にも時々全力で駆け出してみるということを試してみるのもいいでしょう無理をする必要はありませんまずは歩くだけそのうち軽いジョギングも入れてみて行けそうだなと思ったら全力で駆け出してみるまずは全力が一秒でも2秒でもいいんです全力で駆け出すことで全身の細胞に最大出力の刺激がもたらされますさて以上で運動とそれが若返りや健康にもたらす効果について見てきました少し難しい部分もあったかもしれませんがそこまでしっかりと理解することによって運動の効果はより高まります細胞に刺激を与えているんだということを意識してこれからの生活これからの運動に励んでいきましょうそれでは対象をまとめたいと思いますポイント1細胞は運動することで力が加わりそのことが刺激となりコラーゲンやヒアルロン酸を始め運動機能を助けるために必要なものを作り出すポイントに体調が悪くてやる気が出ない時というのは体を休めるための正常な心の状態でありちゃんと体を休めるべきである一方でなんとなく元気が出ない調子が悪いという時はあえて体を動かしてみると調子が良くなるポイントさん体中の細胞を活性化する方法として7秒以内の出汁と歩行を交互に行うというものがある第2章ストレスが体を若返らせるストレスが身体にもたらす圧倒的メリットとは私たちのチャンネルの視聴者様は今の元気な姿のままで老後まで過ごしたいとかもっと若々しいカラダを手に入れたいと考えている人が多いと思います本書の中ではそのためのヒントがストレスにあると語られています多少のストレスが若々しさにつながりあなたの体を強くしてくれるこの考えを受け入れるために重要な物質がストレスタンパク質で細胞に刺激が加わってピンチになるとストレスタンパク質という物質が分泌されますストレスタンパク質のお仕事は細胞の傷を治したりタンパク質の形が崩れたところを作り変えたり古いものを取り替えたりするメンテナンスですそのためストレスタンパク質が増えるとお手入れが開始され若々しさや活性化に繋がっていきますこのストレスタンパク質は様々なストレスに反応して分泌されます例えば熱ストレス今年の夏もかなり暑いですが外気温がどれだけ暑くても人間の平熱深部体温と呼ばれる内蔵の温度は相変わらず37°cくらいです人間の細胞は通常三十七度で生きていますから43°cになると命が持ちません気温の上昇に合わせて体温を上げてしまったら私たちは死んでしまうんですですから細胞の温度が上がると形が壊れそうになるタンパク質の形を元に戻すためにストレスタンパク質が大急ぎで合成されるんでこのようにして分泌されたストレスタンパク質は熱 腐ったんですそして分泌されたストレスタンパク質はダメージを受けた細胞の手当てをしますまた万が一さらに状況が悪くなってストレスがマイルドじゃなくなっても死んでしまうストレス状態にならないように構成を増やしますこのようにストレスタンパク質が増えたことで43°という普通だったら死んでしまう温度にも耐えることができたんですこの性質を利用して40°のお風呂に20分浸かるとか10分から30分感応キングをして体温を上げるといった健康法がたくさん紹介されるようになりました近年流行しているサウナもその一例でしょう入浴などで意図的にマイルドなストレス状態を作ることでストレスタンパク質が増えるように促しているわけですまたもちろんストレスには熱以外にもいろいろあります活性酸素を紫外線として物理的な刺激で細胞の構造が壊れそうになった時にもこのストレスタンパク質は合成されることが分かってそしてこのストレスには体を動かすことも含みます体を動かすと代謝が上がるだけでなく機械的な刺激が全身の細胞が細胞外マトリックス肉はありますその結果ストレスタンパク質が合成されるんです筋肉が収縮しけんや靭帯が伸びたり歪んだりするとその部分の骨もごくわずかではありますが伸びたわけやんだりしますそうすると骨の細胞にメカニカルなストレスがかかりやはりストレスタンパク質の合成が促されます骨というのは体の構造を支えているだけでなくその真ん中には血液を作り出す骨髄があります骨の中には血液の白血球や赤血球を作る細胞もありますつまり運動することで骨にもマイルドなストレスが加わり血液を作るコツ細胞をストレスタンパク質がお手入れしてくれるんですかに運動が体にいいかがよく分かると思います最近は健康にとって市ばん大事なのは血流血流さえ良くなれば健康は良くなるという書籍もありますが血液の流れ室両方に運動は大きく関わっているということですまたこのストレスタンパク質のことを抜きにしても動くと体にいい影響があります例えば走るだけでもとんでもなく凄いことが起こります動く時には指令を出す脳神経系統筋骨格系が活動します歩く走るというのは有酸素運動ですので全身の細胞に酸素を配らなければいけませんそこで心臓はポンプ作用を高めそれに応じて血液がどんどん全身にもあります血液はただ全身をぐるぐる回っているわけではありません働いている細胞は酸素をたくさん使い不要な二酸化炭素を排出しますそこで赤血球は肺から取り入れた酸素を全身の細胞に届けいらない二酸化炭素を回収していくんですこうして呼吸循環器系はフル活動います全身を動かすというのは単なる体の運動ではありません心と身体両方の細胞を動かす一石二鳥の効果が期待できるんです体を動かせば心が元気になるということも科学的に分かっています人には楽しい時もそうでない時もありますがクヨクヨ悩むという状況で体に起こっていることは細胞等によるストレスホルモンや炎症性サイトカインを分泌ですその分泌によって細胞たちはどんどんどんどん弱っていきますそんな時には生きるために構築してきた細胞の基盤に刺激を与えることつまり体を動かすことでメンタルストレス応答を開始するそれが科学的に理に適った悩みへの戦略なんです心の悩みをお心だけで解決しようとせずに上手に体を使って解決することが大切なんです簡単に言ってしまえば悩んだら動けん不安に思ったら動けということです体は何も刺激いかない何も動かせない状態が続けばどんどん市へと向かってしまいますですがマイルドなストレスを受けるとストレスタンパク質が登場して細胞をメンテナンスしてくれますコラーゲンが増えたり免疫力が高まったりしてその血管を若々しくなります心も同じです何も変化がない何もすることがない毎日よりもマイルドなストレスがあった方が若々しくいられるんです多少の悩みやトラブルはあなたの若返りを促してくれるストレスタンパク質なんだこう捉えることができるようになると心身ともにはつらつと長生きできますもちろん過剰なストレスからは逃げなければいけませんですが多少のストレスであればこのように捉え直して心の栄養にしてしまいましょう同時に運動してリフレッシュしてしまえば一石二鳥ですさてちょっとコラーゲンという言葉が登場しましたので本性の最後におまけとして著者の研究とも関連しているコラーゲンについて軽く触れ 体に作用するのかをしっかりと理解できていないとやる気が続きません今日の動画でその根本の部分を理解し運動を継続するモチベーションに支えていただけたらと思いますそれでは第2章をまとめておきましょうポイント1ストレスタンパク質は免疫力を高めたりコラーゲンを増やしたり代謝を活発にする効果があるため若返りに効くと言われているポイントに心の悩みを心だけで解決しようとせずに上手に体を使って解決することでメンタルストレス応答を開始することができるポイントさん若返りに必要なコラーゲンは3型コラーゲンであり経営卵殻膜の化粧品やサプリメントはこの3型コラーゲンを優位に増やすものである第3章お体を若々しく保つためにするべき運動実はまるまるでしたさて本日最後となる第三章ではどんな運動が若々しい体を保つために効果があるのというところを見ていきましょうここまでの解説で何妻になっても動き続けるのが人間にとって自然なことであり軽い運動によるマイルドなストレスが若々しい体を保つためには大切なんだよというところを見てきましたそのマイルドなストレスを体に加えるために最もおすすめな運動結論を最初にお伝えしてしまいましょう最もおすすめの運動はゆったりとしたストレッチですなぜゆったりとしたストレッチがいいのかそこについてここから詳しく見ていきましょうそもそも自分で動かすことの出来る筋肉には速筋と遅筋という二種類の筋肉があります筋トレをしてボディビルダーみたいなムキムキになるのは瞬間的に力を出す即金ですしかし日常生活を健やかに送るためには体幹やふくらはぎにあるチキンが重要であり若々しさを保つためにも元気で健やかに生きるためにもこのチキンを鍛える方が大切なんです遅筋を鍛えることで姿勢が整い持久力がつき疲れにくい体になりますそして嬉しいことにチキンを鍛える運動をすれば細胞のお世話をしてくれているストレスタンパク質も増えることが分かっているんですストレスタンパク質がお手伝いすることで古くなった細胞の中身は新しい物質に入れ替わりますそれだけではありませんドレスたんぱく質が増えることで細胞が健康な状態になると細胞分裂がゆっくりになるという効果も得ることができるんです細胞分裂がゆっくりになるとどんなメリットがあるのでしょうか人間の寿命は細胞分裂ができなくなった時に塩を迎えるというテロメア仮説というものがあります DeNA の先端にあるテロメアは細胞分裂のたびに少しずつ短くなっていきある一定以上短くなると細胞分裂ができなくなり体は死を迎えるという仮説ですさてもうお分かりですよね細胞分裂のたびにテロメアが短くなっていくのであれば細胞分裂をゆっくりなるべく行わないようにすることが大切ですつまり細胞の健康を保つことによって細胞分裂をゆっくりにしてくれるストレスタンパク質というのはテロメアが短くなるのを防いでくれるということなんです結果として寿命が延びたり若々しさを保つのに役立ってくれるというわけです実際マウスを使った実験でもストレスタンパク質の仲間を遺伝子工学で増やしたマウスは寿命が延びることが分かっていますし逆にストレスタンパク質が作られないようにした場合には寿命が半減することが示されていますストレッチとは緩やかな運動をつまりマイルドストレスはストレスタンパク質を分泌することで寿命にも良い影響を与えてくれているということですまたさらにマイルドストレスは脳の海馬の肝細胞の細胞分裂を促すことが分かっています運動に関わっている筋肉細胞が分泌する成長因子が血流に乗り脳に運ばれ海馬の肝細胞の細胞分裂を促すんですまた卵細胞や神経細胞心筋細胞といった完成形になった後永久細胞分裂しない一生ものの細胞もストレスタンパク質が中身のタンパク質を入れ替えるプロテオスタシスという現象を促進し変性タンパク質がたまらないよーお掃除の役目も担っていますこのように実に様々なことをストレスタンパク質はこなれてくれているんですまさに身体の大掃除さんと言ってもいいでしょう細胞の掃除を日夜頑張ってくれているストレスタンパク質をたくさん分泌することでずっと体を内側からキレイに保つことができるんですさらにさらにストレッチというのは関節に刺激を与えることができます日常生活を快適に過ごすためには関節にマイルドなストレスを与えることは非常に重要です関節の細胞というのはほとんど入れ替わりがありません一方であらゆる運動や日常的な動作をする上で欠かせないものですよねそんな関節のお手入れを怠れば日常生活に支障をきたすことは言うまでもありません逆に関節を正しく動かし いませんがサプリメントだけでは関節を手入れするのは厳しいと言わざるを得ませんまた関節には神経も届いていないので刺激もあまり受けませんマイルドなストレスが若さを保つという細胞の性質から言って関節の細胞はかなり不利という状況にあるわけですそこで著者は間接こそ運動という機械的な刺激が必要だと考えています全く刺激を与えずにほとんど再生しないと諦めて漫然と使っていたら歳とともにすり減っていくだけです機械的に関節に負荷をかけ適度な刺激を与えなければならないこの機械的な刺激として最適なのが何度も言うようにストレッチなんですトレッチとは関節や筋肉をゆっくり伸ばすことですから年齢を重ねても続けることができますし日常的な動作の中に組み込むことも可能です現在は YouTube で動画でストレッチの方法を簡単に学んだりすることもできますしストレッチに関連する書籍もた主さん出ています本書の中でも著者跡見先生直伝の後三色健康長寿体操が紹介されていますこちらの体操は実際に本書に掲載されている図を見ながら実行した方が正しく実践できると思いますのでここで紹介をしませんが興味がある方はぜひ本書を買って試してみていただけると幸いですが以上で大山椒をまとめたいと思いますポイント市代官役矢作にある遅筋を鍛えることで姿勢が整い持久力がつき疲れにくい体になるそれゆえ日常生活を送る上では速筋よりも遅筋を鍛えることが大切であるポイントにチキンのトレーニングとなる運動はゆったりとしたストレッチが有効であるポイント3ストレッチといった緩やかな運動つまりマイルドストレスはマウスの寿命を延ばし人間でも脳の海馬の肝細胞の細胞分裂を促すことが分かっているまた刺激を与えにくい関節にマイルドな刺激を与えることができるという点でも太れ千葉おすすめであるいかがだったでしょうかぜひ緩やかなストレッチを日々の生活に取り入れてみんなで健康長寿を目指していきましょうここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画良かったよという方ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチッと押して頂けますと励みになりより一層頑張りますのでよろしくお願いいたしますそれではまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますさようなら最新動画を見たい方は左をクリックおすすめ動画が見たい方は右奥りくチャンネル登録もお待ちしています