【VODで読める電子書籍】『がんばらないことをがんばるって決めた。(考えるOL[著], おさつ[イラスト])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥1,320 (2022/11/27 21:59:57時点 楽天市場調べ-詳細)

今日も会社に行けなかった。まあいいか。生きてるし。

「今日も会社に行けなかった。まあいいか。生きてるし。」
―等身大のつぶやきで15万以上のいいねを獲得した「考えるOL」。
「ありのままの人生を、ゆるやかに生きる」ためのヒントが1冊になりました。
Twitterで共感を呼んだ投稿と、その書下ろしエピソードが満載。

【収録ツイート例】
「だるい出社も美味しいカフェラテがあればウキウキするし、めんどくさいお風呂もお気に入りのシャンプーがあればワクワクするし、引きこもりがちな休日もかわいいワンピースがあればドキドキ出掛けられる。嫌な気持ちを好きな気持ちでやわらかくしていく。上手に生きるってたぶんこういうこと。」

「大切なプレゼントこそ、りぼんは付いてないから見逃しちゃダメだよ。おなか痛い時に恋人が淹れてくれた温かいココア、仕事で落ち込んだ時に先輩がおごってくれたスタバ。いろんな形の贈り物という“優しさ”を、いつでもしっかり両手で受け取れる大人でいたいね。」

「将来の夢ですか?サイゼリアで食べ放題することと、フランフランの家具と雑貨で揃えたお家に住むことと、無印良品のレトルトカレー全制覇することですかね。多分、夢ってそのくらいでも全然いい。誰かのためにならなくてもそれでいい。自分が明日も生きようと思えることが大事だ。」

など。ついついがんばりすぎてしまう社会人すべてに贈る、優しい言葉とエピソードの数々。
今までがんばりすぎていた自分を認めてあげて、今日から「がんばりすぎないことをがんばって」みませんか?

【目次】
第1章 がんばりすぎない仕事との付き合い方
第2章 夢と憧れの手放し方
第3章 ごきげんな日常の歩き方
第4章 自分と他人の見つめ方

 

※電子書籍『がんばらないことをがんばるって決めた。(考えるOL[著], おさつ[イラスト])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『がんばらないことをがんばるって決めた。(考えるOL[著], おさつ[イラスト])』今回は Twitter フォロワー11万人越えのインフルエンサーである考える OL さんの書かれた頑張らないことを頑張るって決めた方解説していきますこの本は一言で言うと人生を緩やかに生きるためのヒントを教えてくれる本の人生を緩やかに生きるためのヒントか著者は平凡な20代の OL でツイッターではこんなはずじゃなかった人生と向き合う記録として仕事や日常についてありのままの自分を肯定する発信により多くの支持を集めている本書はついつい頑張りすぎてしまう社会人全てに向けた優しい言葉やエピソードに溢れた一冊だもう俺も毎日頑張っていますけどやっぱり時々疲れちゃいますあ自分では幸せになるために頑張っているつもりだったのに気づいたらどんどん不幸になっていている春日そう思った著者はいっそのこと頑張らないことを頑張ると決めたそうだ5分頃の事を頑張る攻略というのは何も我慢するとか他人から良い評価をもらうためにするだけとは限らない疲れたら少し休んで自分を見つめ直していくことも立派な努力なんだ今日の授業を受ければそんなありのままの自分を受け入れ緩やかに生きる方法を知ることができるだろうそれではさっそく授業を開始する心して刮目せよよろしくお願いします一つ目は大人だからこそしっかりサボろう羽田 ANA さてまずはサボることの大切さから話そう著者の考える OL さんはもともと真面目で責任感が強い性格だったとんでんだからこそ当たり前のことをきちんとこなす真面目さと責任感でしか自分を守ることができずお客さんに迷惑をかけてはだめだ上司や先輩に迷惑をかけてはだめだそう思いながら仕事を頑張っていた裏がある朝仕事に行くのが超絶嫌になって始業5分前になって本日体調不良のためお休みいただきますとメッセージを送り始めて会社を仮病で休むことになった頑張りすぎて限界がきちゃったんですかね会社を休んだものの今まで休日でも仕事のことを考えていた著者は自分が何をしたいのかすらわからなくなって悲しくなったそうだ次の日も会社に行くことはできず目的もなく近所を散歩していると ufoキャッチャーを見つけそこで子供の頃に抱いていた大人になったら ufoキャッチャーは思う存分にやるぞという小さな夢を思い出し夢中になってドラえもんのぬいぐるみをゲットしたそして二日ぶりに出社してみたら職場は何一つ変わっていなくて自分がいなくてもこの世界は何も変わらないということを思い知り安心したそうだしとんですか自分の代わりがいくらでもいるということは自分が苦しい時に誰かが助けてくれるということでもあるし自分も誰かの代わりにいつでもなれるということに気づいたからだそれからなんか今日辛いな休もうと思った時は会社をサボってドラえもんをゲットしに行った日のことを思い出しながら今日も会社に行けなかったまあいいか生きてる子と思えるようになったそうだ結局無理して自分も守らなければもっと周りに迷惑をかけてしまうし不完全な自分を許せるという子音は不完全な誰かを許せるということでもあるからなそうか確かにそうですね次は生きてるだけで100点満点だなここでは著者とうつ病で休職していた時期の話をしよう忙しい日々を過ごしていた頃はずっと何もない日が続いたら幸せなのにと思っていた著者だったが急に現実になるとは全くそうは思えなかったそうだそうなんですか毎月振り込まれていた給料がなくなり少しずつ増えていた貯金残高は少しでも人生が前に進んでいると感じさせてくれるものだったが超えていた時よりもよっぽど早いスピードで減っていく残高を見ると物凄い勢いで人生が交代していている気分になったらしいなるほど確かに何もなくて毎月お金が振り込まれたら最高ですけどそうじゃないですもんねそして休職して1ヶ月ほど経った頃に著者は近所のスーパーに買い物に行ったそこで研修の名札をつけた高校生くらいの女の子のアルバイト店員さんがレジでとても素敵な笑顔と元気な声でありがとうございますと言ってくれたそうだ著者はその帰り道何度も彼女の明るい声を思い出しながら朝ご飯用に買った食パンの157円もきっと周り回ってその女の子のバイト代になるのかな青春の思い出や家計の手助けの0.000001パーセントくらいには慣れたかなと考えたするとただ生きるために消費しているだけでもきっと誰かの生活を支える一部になっているんだと思えてちょっとだけ誇らしい気持ちになれたそうだそうですねそれから著者は働かない日々も前向きに過ごせるようになりましたご飯をちゃんと食べられた読書ができたどんなことでもできたことに目を向けるようになり自分のしたことは回り回って必ず誰かの役に立っていることを思い出すようになった朝ごはんに食べた食パンも販売者や生産者に買って読んだ本も著者や出版社に少しばかりでもちゃんと誰かの役に立っているつまり自分が生きているだけで誰かを活かしているということだなるほどだからこそできたことをシンプルに見つめて自分をちゃんと褒めると 好きなバンドをきっかけに音楽に携わる仕事でたくさんの人を幸せにしたいという夢を持っていた音楽で誰かを幸せにが立派な夢ですね実際に著者が誰かのためにと夢を語ると周りの人達は興味をもって聞いてくれて応援してくれるようになり人生で初めて自分の存在を認められたような気がしたそうだ結局音楽の仕事には就けなかったが誰かに認められないと自分に居場所がないと思っていた著者は就職した会社でも誰かのためにと夢を語ることで自分が認めてもらえることに味を占めてしまったという裏がうつ病になって休職すると今まで他人から認められることだけで感じていた自己肯定感は一切なくなってしまい自分にとってそれまでの夢とは外側から自分を認めてもらうための道具に過ぎなかったんだということに気づいてしまったそうだ自分を認めてもらうための道具として初めて自分にとっての本当の夢とは何なのかを考えるようになり最初はやりたいことも全くなかったのだが少し頭小さなやりたいが芽生え始めていつかサイゼリヤで食べ放題してみたい無印のカレーを全制覇したい Francfranc の家具で揃えた部屋に住みたいというささやかだがちゃんとした夢になっていたそうそうよくの夢ですけど楽しそうですねあこれらの夢は誰かの役に立つわけじゃないし誰かに認められるわけではないかもしれないがそれでも自分が明日も生きようと思えるならそれは大切な嫁だ大事なのは誰かのためじゃなく自分のための夢を持つこと誰かの役に立たなくてもいいし社会のためにならなくてもいい他人から憧れられなくてもそれでいいんだ次は夢が叶わなくても幸せになれるかなさっき話した通り著者は最初に夢見ていた音楽業界で働くことはできると思いでも何もない業界で働くこととなったその時著者はずっと追いかけていた夢を見失ってしまう夢を手放した後の人生の歩き方も分からなくなってしまったそれは辛いですねなんかそんな仕事も一年続きまた春が来た忙しい日々が続いいていたので朝ごはんはミスドにしてお気に入りのパンプスを履いて著者は家を出たイヤホンをしてかつて夢を与えてくれたバンドの曲を聴きながら今日は金曜日だから仕事終わりにはそこのサウナに行ってみよう楽しみだななんて考える確かに最初叶えたかった夢は叶わなかったが朝ごはんに食べるミスドは元気をくれるし金曜日の夜に行くサウナは気持ちまで暖かくしてくれるしこんなはずじゃなかった人生の朝だって好きな曲を聴けば毎日を誠実に生きようとよ元気をもらえるそんな日々の幸せに著者は気づいたな前向きになれて良かったですねこれは決して人生を妥協したというわけじゃない現実を少しずつ受け入れながら生きる理由が夢だけじゃなくなったということだわこの確かに人生夢のためだけに生きているんじゃないですもんねもし夢が叶わなかったとしても相変わらず自分の幸せはそばにあるそれを忘れなければ夢にしがみつかなくてもちゃんと歩いて行けるんだ次はネガティブとスキーをセットここではネガティブな気持ちのコントロールの仕方について話をしよう社会人ともなると学生の頃と比べても気を使うシーンが増える心配事も増え仕事で嫌な業務もあるだろうしどうしてもネガティブな気持ちになってしまうのも無理はないが社会人にはネガティブな気持ちをある程度コントロールするための武器がある基本的に学生と比較すると自由になるお金と時間を守っているということだ出かけていて休憩したくなればスタバにも入れるし自分の好きなデザインの服を買うことができる学生の頃と比べたらそうですねそこでオススメなのがネガティブとは好きなものをセットにするという考え方だと好きなものをセットをどういうことですかしちゃかだるいなと思っては出社前に朝食でプチ贅沢したりスタバで好きなドリンクを買ってもいい出張がめんどくさいと思うなら出張先でしか食べられないって言ってみたいラーメン屋などの楽しみを見つけておくリモートワークで机に座っている時間が辛いなら好きなフィギュアを机に飾ってみたり机周りに好きな物を廃棄するようなものと好きなものをセットにするって感じですかそれでネガティブの県境が解消されるわけじゃないか不安や面倒な気持ちが好きなもので満たされる時間によって多少はごまかせるという訳だなるほど無理してポジティブにならなきゃって考えると逆にそれがストレスになることもあるし誰でも不安を押しのけてしまうほどのポジティブ精神を持っているわけじゃない僕には無理ですねネガティブとセットにする方法を試してみませんかなみはやめて自分だなそうでほとんどの人は大丈夫神様はちゃんと見てるからというようなセリフを人生のどこかで聞いたことがあるだろう学校の先生が言ってた気がしますねあんな酷い目にあっても善良な心を大切にしていればきっと神様が見てくれていて悪い人には罰が当たり低い人には幸福が訪れるそんな意味が込められていると思うが残念ながらそんなことはない実際には ここで重要なのは本当の気持ちは本人にしか分からないということだ人の考えや感情は複雑で全ての言動に意味があるとは限らないし意味があっても人によって感情の動き方は全然違うと仕込んだから目に映った全ての言動を悪い方に考えてしまうというのはとても危険なことだ相手を傷つけることもあれば自分の心を無意味に傷つけてしまうこともある相手の言動を自分のものさしで計って改行分かったような気分になって勝手に落ち込むのはやめるべきなんだとそれなら怒るような場面で友達は全然怒ってなかったりすることがありますしそれて嬉しいことだって人によって違いますもんねあ結局本当のことがわからない以上目に見えることだけを信じる必要はない時には自分の都合のいいように解釈してしまってもいいんだ自分の都合の良いようにキラキラ生活のインスタアカウントを羨ましく思うならインスタによく見える部分だけを背伸びして乗せているんだろうなくらいで思って以来今月株で500万円儲けましたって自慢ている人も10月600万円負けているのを隠しているただの見栄っ張りかもしれないんだ考え真実なんてそんなもんだぞそうか言われてみると目に見えることを信じていたのかもしれません最後は大切にしてくれない人とは離れる店さて最後に自己肯定感の上げ方についての話をしておこうをすると俺も自己肯定感めっちゃ低いんですよね今までたくさん悩んできた著者が出した答えは自分を大切にしてくれない人とは離れることだ自分を大切にしてくれない人とは乗れる私たちは日々生活している環境にある狭い人間関係の中で生きているもし今の人間関係の中で自分を大切にしてくれる人がいないとしてもひとたび環境を変えたり違う人間関係の中に飛び込めば必ず自分のことを大切にしてくれる人はいる会社にしても同じだブラック企業に勤めていると辛いけど社会人なんてこんなもんだよなと諦めて耐えることに慣れてしまう人が多いが実際勇気を出して転職してみると今までの環境が異常だったことに気づくという人は多い転職した俺の友達もそんなこと言ってました目の前にいる人に認められたいとか疲れていたいと思うことはごく自然なことだからたまたま目の前にあっただけの小さな世界の中だけで幸せになろうとしているのはただの怠慢かもしれないだからもし今周りに自分を大切にしてくれない人がいるならすぐにでも距離をおいた方がいい自己肯定感を下げてくるのはそういう自分を大切にしてくれない人たちだからなある人との関係を手放せば新しい人間関係が必ず手に入るそして自分のことを大切にしてくれる人と出会うことができれば自分はこのままでいいんだと感じられて自己肯定感は自然と上がってくるものなんだそうか心に刻んでおきますまとめたな大人だからこそしっかりサボろう生きてるだけで100点満点自分のためだけの夢を持つ夢が叶わなくても幸せになれるネガティブとセットにする神頼みを止めて自分だのに人の気持ちは都合よく解釈していい大切にして来れない人とは離れるはったなんか俺頑張りすぎていたのかもしれませんが大抵の人は頑張りすぎだ頑張らないことを頑張るって意識するくらいでちょうどいいのかもしれないなでもなんか必要以上に頑張らなくていいいって思うだけで心が軽くなる気がしますねなんか毎日もっと頑張らなきゃっていう呪縛みたいなのに囚われていた気がします結局頑張りすぎて自分が壊れてしまうようでは何の意味もない自分が本当にやりたいことを大切にして力を抜いて生きていこうじゃないかそれでは今日の授業は終わりだありがとうございました
おすすめの記事