【VODで読める電子書籍】『50歳からは、「これ」しかやらない 1万人に聞いてわかった「会社人生」の上手な終わらせ方(大塚 寿[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

「50代はもっと自分勝手でいい」
「会社に尽くすな。会社を利用せよ」
「1万人のビジネスパーソンの話を聞いた男」が導き出した、50代を後悔しないための「時間の使い方」とは?

会社人生の終わりが近づき、「役職定年」によって立場も奪われる。50代を取り巻く環境は厳しい。いったい、何をモチベーションに働けばいいのか悩む人も多いだろう。
本書は、「1万人の話を聞いてきた男」が、先人たちのアドバイスを元に「50代を後悔しないためにやっておくべきこと」を説くもの。
40代までと違い、「会社のために働く」という意識では行き詰る。そこで、50代を「会社人生から脱却するためのリハビリ期間」として、どのように組織人から「個人」へと脱却するかを説いていく。
その一方で、自分の仕事を「集大成」するための方法を、豊富な先人たちの事例を元に紹介。
また、現在では50代の4人に1人が他社へ転職するという時代。定年後に別の会社に再就職する人も含め、多くの人が気になるであろう「50代~定年後の転職事情」についても詳しく紹介。中には、「顧問」「大学の先生」という意外なキャリアパスも……。
定年後を迎えるのが楽しみになる1冊。

 

※電子書籍『50歳からは、「これ」しかやらない 1万人に聞いてわかった「会社人生」の上手な終わらせ方(大塚 寿[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『50歳からは、「これ」しかやらない 1万人に聞いてわかった「会社人生」の上手な終わらせ方(大塚 寿[著])』今日は本要約チャンネルの健美です今回は大塚尚さんが書かれた五十歳からはこれしかやらない1万人に聞いてわかった会社人生の上手な終わらせ方をご紹介していきたいと思いますさて本書は50代の生き方がテーマになっておりますが別にね50代に限らずすべての年代の人に非常に役に立つ内容だなと私は感じましたですから自分50代じゃないからと言って動画を切らずにぜひ少し見ていって欲しいです学べることが非常に多い素晴らしい一冊でしたのでこの動画で興味を持っていただけましたら概要欄のリンクからぜひ一度本書を手にとって頂けると嬉しいですそれでは早速楽しみながら保証のないように一緒に切り込んでいきましょう本日のお品書きは次の通りです1件でやらなきゃ一生後悔する全人類が50代のうちに必ずやっておくべきこと5002ついて2件で五十代で全人類が必ず手放すべき三つのことについて解説していきたいと思いますそれでは早速一見のやらなきゃ一生後悔する全人類が50代のうちに必ずやっておくべきこと5選について解説していきますさて本書のタイトルは五十歳からはこれしかやらないですこのタイトルが示す通り五十歳から私たちは何をすればいいのかということをわかりやすく解説してくれているのが本書になります例えば五十歳というのは会社人生の終わりが近づき役職定年によって立場も奪われる日が近づいています50台には無限の可能性が秘められているのと同時に50台を取り巻く環境はなかなか厳しいものがあります50台は一体何をモチベーションに働けばいいのかと悩んでいる人も多いでしょう本書は1万人の話を聞いいてきた著者が先人たちのアドバイスをもとにして50代を後悔しないためにやっておくべきことをわかりやすくまとめて解説してくれている本です50台というのは人生で一度きりですから何の知識がないままに50代を過ごしてしまうと後々大きな後悔を抱えてしまったりとか定年後満足した人生を送れなくなってしまうかもしれませんしかしあらかじめね1万人の人の体型を参考にして50代でやっておくべき事ってこれなんだよとなぜならそれはこうこうこういうわけだからだよとそう言ってもらえるとあーなるほどじゃあ後悔しないように今からそれをやっておこうかなと私たち思えるじゃないですか知識というのは最強の武器なんです50代をどう過ごせばその後の人生豊かに送ることができるのかという知識を予め備えておくことはあなたの人生に以上に大きな良い影響を与えてくれることでしょうまたねこれを聞いている人の中に私は今50代ではありませんとそんな方もいらっしゃるでしょうですが別に50台でなくとも本書の内容というのは極めて役に立つ内容だと思うので是非聞いて言っていただけると嬉しいです例えばで五十代より手前の人ならば自分の人生はこんなふうに進んでいき50代になったらそういう選択肢があるのねとそして老後のためにあれをやっておけばいいのねということが予めわかるため人生の見通しがたち今のうちから行動方針を決めたりすること持っていけるでしょうまた60代70代の方であっても定年後の生活をより良いものにするためには何をすればいいのかだったり定年後にどんな風に人間関係を構築していけばいいのかだったり学ぶことが非常に多いのでぜひ見ていって欲しいですさてでは具体的に本書の内容に一緒に切り込んでいきましょうまずはじめに申し上げておきたい大事なことは50代をどう過ごすかによって人生が決まってしまうということなんですなぜならば50台には無限の可能性が秘められているからです例えばね定年後に再雇用してもらって働くのか別の会社に就職するのかはたまた起業するのかあるいは定年を待たずして転職や起業の道を選ぶのが企業なんて言うといやいやそんな子を10台から起業するんですかという人いらっしゃるかもしれませんが実際にね起業して個人事務所を作り八十歳以上になっても働いている人もおりますあるよねリタイヤしてしゅみひとつじで生きることもボランティアで社会貢献を その結果50代になると非常に多くの人が焦りに似た感情を持つようになりますまだまだたくさんできることがあるからこそ沢山の選択肢を前に迷ってしまい焦りが発生するんですつまり安静にの正体というのは迷いですからその対処法はシンプルですそれはすべきことを決めるということつまり自分は50代でこれしかやらないと決めることですすべきことを決めれば迷いは消え焦りも消えていきますこのような無限の可能性が50台には秘められておりますが一方で50代に対する世間の風当たりが非常に厳しいという現実があります50台が今の時代にキャッチアップしていくなんて無理だよとか働かないおじさんを働かないおばさんが会社をダメにしているんだなどと言われてさらに企業によっては役職定年という壁があります55歳になったら不調以下はみんな出向と決められている会社もありますこのように無限の可能性を感じながらも厳しい世間からの風当たりを受け仕事にも集中できない一体どのようにしてこれからの人生過ごしていけばいいんだよと悩んでいる人は多いでしょうそこで著者がこれまでに会って話を聞いてきた定年後楽しそうに生きている人たちあるいは50代でこれをやっておけばなと後悔している人達の声を集めてその中からこれだけはやっておくべきことを厳選して集めてくれたのが本性になりますすなわち1万人に聞いた後悔しない50代の結論ですあなたはもう迷う必要はありません本書が提案しているこれだけはやっておきなさいということをやっておけば後悔する確率が大幅に下がるでしょうそれでは具体的に早速やるべきことをお伝えしいていきましょうつまり次の言いつつ追いやって欲しいです全人類が50代のうちに必ずやっておくべきこと1もっとわがままになり人生の主導権を取り戻すに定年後に行ってくる青春のコンセプトを決める山脈の総点検をしておく41つ以上の居場所を確保しておく5孤独の愉しみ方を研究しておくではそれぞれ具体的に一つずつ取り上げてわかりやすく解説していきましょうまずは一つ目の前人類が50代のうちに必ずやっておくべきことをもっとわがままになり人生の主導権を取り戻すから解説をスタートしていきますさて本書の中で著者が最も伝えたいメッセージを一つ挙げるとするならば講習代はもっとワガママになるということだそうです学校を卒業してすぐに会社に入りずっと俺まで会社員生活を送ってきた人はおそらく知らず知らずのうちに会社のためを第一に考えるという思考が染み付いているでしょうそんな会社勤めが長いビジネスパーソンに著者は会社人間から脱却するという意識を持てと言いますあなたが今五十歳ならばおそらく会社や上司の命令に滅私奉公で30年ほど従ってきたと思いますその結果何事も会社優先という思考が染み付いているんですですが会社に忠誠を誓ってもそれは結局片思いになってしまうだろうと著者は言います確かに昔ならばね会社に滅私奉公することで豊かになれたかもしれませんが今はちょっと時代が違うんです役職定年の名のもとに管理職から引きずり降ろされ出向で別の会社に厄介払いされることもしばしばですまた今では大企業といえどもいつ潰れるかわからない不安定な時代ですまた退職金も年金も今のままでは十分とは言えない時代になっておりますつまりいくら会社第一とあなたが忠誠を誓ったとしても会社はもうあなたを守ってくれないいや守れない時代ですし会社が定年後のあなたの人生を支えてくれるわけでもありませんならばいっそ開き直ってしまいましょう思いっきり自分勝手になってしまえばいいんですとはいえ長年にわたってしみついてきた組織人としての常識というのはなかなか消えてくれませんから五十代をデトックス期間にしようというのが本書の提案になります悲しいかと思いで終わらないように50台になったら会社人間を脱却し自分に主導権を取り戻すことが重要なんですそもそもね定年になったが上司もいませんし会社からの命令文亡くなり自分 これがやりたいですよ自分から積極的にやりたいことに手を上げていく必要があるわけですまた50台をわがままに生きるためには会社のために使っていた時間も自分優先に変えていく必要もありますこれまでは会社のためにほとんどの時間を使ってきたかもしれませんがもっと自分のために使う時間を増やしていくことが必要ですそこでスケジュールを建てるにあたって自分のための時間をまず確保するということが有効ですまずは仕事以外の時間について会社一部自分9ぐらいにするのが良いでしょう1ぐらいは残業や仕事のための調べ物に使っても良いが残りは全て自分のために活用するというイメージですこのようにしてどんどん会社からね自分へと主導権を取り戻していくことが50台には特に必要なんですまた50台になったら出世競争から降りていい意味で開き直るということも重要です出世レースは既に40代で決着がついてしまっています40代の頃は自分は出世コースに乗っていないと悩んでしまっていたかもしれませんが著者の経験上50代あるいはそれ以前で出席をそうから降りた人の方が最後まで出世レースに参加した人よりも明らかに楽しい定年後を送っているそうですからむしろ出世コースに乗れなくて良かったのかもしれません常に勝ち負けにこだわりライバルと戦って数字や評価に一喜一憂するという毎日の生活は人間にとてつもないストレスを与えてしまいますその結果病気になってしまった人もたくさんおります別に出世することが全てではないし出世なんかしなくたってなんとかなるよと開き直ることができれば不要なストレスから解放されている楽になるでしょうさていかがでしょうかそれではここまでで一つ目の全人類五十代のうちに必ずやっておくべきことをもっとわがままになり人生の主導権を取り戻すについての解説を終わりにして次にいきましょうそれでは次二つ目の前人類が50代のうちに必ずやっておくべきことを定年後に行ってくる青春のコンセプトを決めるについて解説していきますさて皆さんにね非常に一つ嬉しいお知らせがあります皆さんは自分の青春時代なんてもう終わってしまったよと思っているかもしれませんが私たちの人生はもう一度定年後に青春がやってくるんですしかも人生において一番大きく自由な青春なんです多くの選択肢がありその気になればやりたいことがやりたいようにできるお金だって若い頃に比べればあるでしょうし時間なんて山ほどある定年後というのはまさに青春そのものであり学生時代のようにやらなきゃいけないことが山積みになっているわでもありませんから第二の青春と言うより定年後こそが第一の青春なんだということができるんです是非皆さんもね今が一番楽しんだ定年後が一番の青春なんだと考えてその青春を最大限に楽しむ工夫をしていこうではありませんかしかし一方でね定年後何もやることがなくて単なる時間つぶし焼暇つぶしに終始してしまうシニアがたくさんいるということを著者は残念がっております例えばショッピングセンターやデパートのソファーや図書館などの公共施設で毎日なんとなく長時間過ごしているようなシニアを目にするたびにもったいないなぁと感じているそうですあるいはゲームセンターに入り浸ったりとかパチンコ屋に入り浸るシニアも多いでしょうもちろんそれが悪いとは言いませんがそんな風に暇つぶしで老後を過ごすんじゃなくてちゃんと50代のうちから自分はどんなて年号を送りたいのかワクワクするようなコンセプトを是非作って欲しいと思うわけです自分の定年後のコンセプトを短い言葉でキャッチコピー的に表現して欲しいです例えばちょっと具体例を挙げましょう例えば人の喜びのために生きるとか体力が残されているうちに遊びきるとか生涯現役とか世界中を旅する人生とかこんな感じで自由に発想していただいて自分にとって最もワクワクするコンセプトを書き出してみましょう著者の周りにはいきいきとした定年後を過ごしていて現役時代よりも今の方が楽しいよと言っている人が大勢いるそうです彼らに話を聞いてみるとやはり共通しているのがどんな定年後を目指しているのかが非常に明確であるということをここで注意してほしいのは六十歳で退職金をいくらもらって七十歳で仕事を辞めてといったいわゆる 膨らませ自分はどんな風に定年後を過ごしたいのかというコンセプトを決めてみましょうこれを決めているのといないのとではあなたの定年後の生活はガラッと変わってしまうでしょうさていかがでしたでしょうかそれではここまでで二つ目の前人類が50代のうちに必ずやっておくべきことを定年後にやってくる青春のコンセプトを決めるについての解説を終わりにして次に行きますそれでは次に三つめの全人類が50代のうちに必ずやっておくべきこと人脈の総点検をしておくについて解説しますさて人脈がね重要であるなんて言うことは言うまでもないでしょうですので是非ね50代のうちに人脈の総点検をして今まで培ってきた人脈を掘り起こして欲しいと思うんですそうすることで定年後に意外なチャンスがもたらされることがあります定年後の転職を成功させたり個人事業主としてイキイキ働いいている男性や女性が著者の周りに沢山いるそうですがそういった人たちに定年後のために50代のうちに大切にしておくことは何かと質問すると決まって同じ答えが返ってくるんですそれは人脈です例えば定年後に他の企業の顧問として活躍する人は多いですがどのような経緯で顧問になれたのかというとほとんどが人脈なんです顧問を決める時は結構緩い会話から始まったりします例えば誰かいい人いないそういえばあの人いいよと言った感じなんですこういったねゆるい感じで人脈を通して仕事が決まったりするのでやはり50代のうちに会社にいるうちに自分の人脈をもう一度耕しておくということがおすすめになります皆さんもねこれまでの長い会社人生の中でお世話になった人深く付き合ってきた人がいくらでもいるでしょう自分にはあまり人脈なんてないよと思っていても思い返してみればかなり人脈を持っているものです担当が変わってしまったりしてかなり長い間会っていない人もいるかもしれませんが若い頃に繋がりがあった人は久しぶりに会うとすぐに当時の関係が復活するので昔の人脈をもう一度探してみるというのも非常にオススメなんです是非これまであってきた人を全て思い出して見る時間を作ってみましょうそして今後も付き合いたいと思う人をリスト化しておくと良いでしょうそしてリスト化するだけじゃなくこの人とは関係をぜひつないでおきたいという人に連絡を取って会いに行くことをお勧めいたしますあるいは四十代五十代の利用率が高い Facebook などでゆるく繋がっておくというのも良いでしょうぜひあなたにとって一番自然なスタイルで繋がり続ける方法を考えてみてください徐々に実力社会にになりつつあるとはいえまだまだ日本はねやはり人脈とかコネで仕事が決まったり自分の立場が決まってしまうケースが多々あるかと思いますせっかくねこれまでの長い会社人生で培ってきた人脈を使わないというのは非常にもったいない話ですから定年後に思わぬチャンスをゲットするためにも定年後に豊かな人生を送るためにもこれまでの人脈を再び耕してみることが大切なんですさていかがでしたでしょうかそれではここまでで三つめの50代のうちに必ずやっておくべきことを人脈の総点検をしておくについての解説を終わりにして次にいきましょうそれでは次に四つ目の前人類が50代のうちに必ずやっておくべきことを言いつつ以上の居場所を確保しておくについて解説していきますさて世の中には失って初めて大切だったんだなと気づくものがありますその一つが会社という場所です会社員として勤めあげて定年を迎えた人から定年後になって初めて良い場所があることの重要性に気付いたとか予定があることがいかに幸せか気づいたといった声を著者はよく効くといいます離れて見て初めて会社というコミュニティに所属していることの重要性に気づいたというわけなんですちなみにこういった悩みは女性からはほぼ効かないそうでそれはおそらく女性は職場以外にも友人とか地域趣味のコミュニティに属していることが多いためでしょうだから仕事を辞めたっていい場所がなくなることがないわけですですがね男性の場合は多くの人が会社を辞めたら居場所がない症候群に陥ってしまいますだから定年後の生活のために50代のうちに別のコミュニティに属しておく必要があるんです 例えばねあなたが会社というコミュニティでは厳しい上司というキャラだったとしても趣味のテニスのコミュニティでは素直に教えを請う初心者であったり地域のコミュニティでは気軽に冗談をいう明るい人といった具合です実はこういった複数のキャラクターを使い分けることは心の健康のためにも必要なことなんですですから特にね会社で厳しいキャラでいつも肩の力が抜けませんという人ほど他のコミュニティでは気軽に冗談を言えるような面白いキャラになれるといいですねでは具体的による中には会社以外のコミュニティにどんなものがあるのでしょうか例えば市地域のコミュニティにボランティア関連3ゴルフスクールテニススクールなどのスポーツ関連4でスポーツクラブダンス3音楽などの趣味の仲間6習い事 ANA 学生時代からの友人8前職の同僚や友人こういったコミュニティが考えられます他にもねファンクラブのコミュニティだったり SNS のグループだったりオンラインサロンだったり Facebook のグループなど本当に様々なコミュニティが今では存在しておりますからもし会社以外に属しているコミュニティが今ありませんという人は今すぐに行動を開始するべきですそして五十代からのコミュニティづくりにおいて重要なのは入るのも気軽に出るのも気軽にと考えることです人間関係ですからどうしたって合う合わないというのは必ずありますあるコミュニティに入ってみてなんか自分に合わないなとか違和感を感じるようであればフェードアウトして Ok ですコミュニティなんて探せばいくらでもありますのでここでもある程度自分勝手になって本当に居心地がいいなあと感じるコミュニティをどんどん探していきましょうそしてコミュニティに入るときのハードルをできるだけ避けるために入るのも気軽に出るのも気軽にということを意識しましょうそうすることで定年後多くの男性が陥ってしまういい場所がない症候群を回避することができるでしょうこれはとても重要なことだと思いますさていかがでしたでしょうかそれではここまでで四つ目の50代のうちに必ずやっておくべきことを言いつつ以上の居場所を確保しておくについての解説を終わりにし過ぎに行きますそれでは次いつつ目の前人類が50代のうちに必ずやっておくべきことを孤独の愉しみ方を研究しておくについて解説していきますさて先ほどねいろんなコミュニティに顔を出しておくことが重要だよということをお伝えしましたしかし中には自分は孤独に一人で何かを楽しむのが好きなんですという人もいるでしょう例えば大好きな読書に一人でゆっくり没頭するのが大好きであるとか一人旅が好きであるとか大好きな映画や漫画をたっぷり鑑賞するのが好きですとかそういったふうに孤独を楽しめる人ならばもしかしたらね無理してコミュニティに顔を出す必要はないのかもしれませんそこはまあ個人の好みで決めていただければと思いますそして孤独が好きではないという人であってもある程度孤独の愉しみ方を研究しておくことにはメリットがありますそれはいくらコミュニティなどに属していても私たちは常に人と一緒にいるわけではなくて一人の隙間時間というのは必ず生まれるからであります例えば7時からコミュニティの集まりがあったとしてもその前の時間とかは一人で過ごすわけじゃないですかそんな一人の時間もしっかり楽しめるかどうかもう人生の満足度に大きく関係してきます最近は孤独をテーマにした書籍や雑誌がちょっとしたブームになっておりますそれはやはり離婚率や離婚率の高い今老後一人で迎える人も増えているからでしょうあるいは人間関係が煩わしく定年後ぐらいは一人でゆっくり過ごしたいんだよとかこれまでは家族のことに時間を取られてきたから定年後ぐらいは自分の時間が欲しいと願っている人も結構いるからでしょうそこで自分なりの孤独の愉しみ方を研究しておくというのがおすすめになります一番わかりやすい方法は一人の趣味を増やすということでしょう例えば文学日本通してみたりスペイン語の勉強を始めてみたり筋トレに没頭してみたりと一人でできる趣味を増やすことが孤独を楽しむ一番シンプルな方法でしょうまた孤独な自分にある程度慣れておくということもおすすめです例えば公認会計士の F 3は50代の時に一念発起して前寺で まとめておきましょうポイント市50代には無限の可能性が秘められており50代をどう過ごすかによって人生が決まってしまう50代には学生時代以来の多くの選択肢が与えられるのでたくさんの選択肢を前に迷ってしまい焦りが生まれるので自分は50代でこれしかやらないと決めることが重要であるその際は本書でおすすめされている1万人に聞いた後悔しない50代の結論を参考にすると良いだろうポイントに全人類が50代のうちに必ずやっておくべきことを一つ紹介しました一つ目はもっとワガママになり人生の主導権を取り戻すことを二つ目は定年後にやってくる青春のコンセプトを決めることを三つ目は人脈の総点検をしておくことを四つ目は五つ以上の良い場所を確保しておくことを五つ目は孤独の愉しみ方を研究しておくということでしたそれでは次に限定50台で全人類が必ず手放すべき三つのことについて解説していきたいと思いますさてこれまでは50代のうちに必ずこれだけはやっておきましょうよと言う五十代の結論を皆さんにお伝えしてきたわけであります2件ではその逆で五十代ではこれはやってはいけませんよと50台で必ず手放すべき事を皆さんにお伝えしていきたいと思います50台で行っておくべきことをきちんとやってそして手放すべきことをきちんと手放しておけばそこから先には明るい人生が待っていることでしょう具体的に手放して欲しいのは次の三つになります50台で全人類が必ず手放すべき三つのこと市勉強しない自分に嫌な奴との付き合い自分を縛るプライドという鎖ではそれぞれ具体的に一つずつ取り上げて解説していきましょうまずは一つ目の五十代で全人類が必ず手放すべきことを勉強しない自分について解説していきたいと思いますサテン日本人というのは社会に一旦出てしまうと驚くほどね勉強しません学生時代はあんなに頑張って1日に何時間も勉強していたにも関わらず社会に出てからはほとんど勉強しないという人が多数派を占めてしまいますですが定年後を豊かに過ごすためには勉強することが欠かせませんですから50代のうちに忘れてしまっていた勉強するという習慣をぜひ取り戻して欲しいんです学び続けるものはいつまでも若いですが逆に勉強することを忘れてしまった人は急速に老け込んでいくように思うと著者は言います自分をね若々しく保つためにも50代になったら勉強しない自分を手放して勉強する習慣を二つあびん身につけておきましょう実際に50代や60代から大学とか大学院に入り直して勉強する人も今増えていますさらに学びのスタイルも今では様々な選択肢が用意されております学校や教室などに通うのも一つの手ですしオンラインで今では様々なことが学べる時代ですそうは言っても何を勉強すればいいんだと思う人もいるでしょうそんな人はかつて一度も学んだことの学び直しを始めてみてはいかがでしょうか例えば学生時代に真剣に学んでいたが社会人になってすっかり忘れてしまっていたことというのは誰にでもあるでしょうしかし若い頃に学んだことは脳のどこかにきちんと残っているので勉強を再開すると意外なほど鮮明に蘇ってくるんです例えば学生時代にロシア語を勉強していて日常会話くらいなら OK だった人が就職してしまったらどうしよう語を使う機会がなくすっかり忘れていたしかし50代になって時間ができ勉強を再開すると驚くほど短時間で上達したという人も著者の周りにいるそうですこのように若い頃に学んだことの学び直しをするというのも良いですし環境の変化に対応した学びをするのも良いでしょう五十代というのは思いもよらぬ環境変化が訪れる時期でもありますその環境変化を学びのチャンスとって生きる人は思いもよらぬ成功を手にする可能性があります例えば O 型リチウムイオン電池を手掛けるベンチャー企業エリーパワーを何とね69歳で立ち上げたことで知られる吉田博一市はもともと住友銀行で副頭取まで務めた人物ですしかし52歳の時に上との方針の違いからが急にロンドンへの転勤を命じられてしまいますマザリー五十代で思いも いかがでしたでしょうかそれではここまでで一つ目の五十代で全人類が必ず手放すべきことを勉強しない自分についての解説を終わりにし過ぎに行きましょうかそれでは次二つ目の50台で全人類が必ず手放すべきことを嫌な奴との付き合いについて解説していきますさて著者は50代になったらいらないやつとなんか付き合うなと言います確かに組織の中で働いている以上上司も部下も同僚も選ぶことは出来ませんね職場の人間関係は常にビジネスパーソンの最大の悩みとなっておりますこれまで仕事上嫌な奴とも付き合わなければいけなかったり人間関係で我慢することも皆さん多かったと思いますしかし人間関係のトラブルはなるべく我慢するとか嫌な奴とも付き合わなければいけないんだという常識は50代になったら咳捨て去ってほしいと思います20歳ぐらいで就職した人ならばこれまで30年間我慢してきたわけですですが50代になったらあとの10年は自分勝手でいいんです五十代という時期は役職定年や出向などで人間関係が激変する時期でもありますそんな中で様々な人間関係のトラブルが起きがちですそんな時我慢するんじゃなくてどうせ勤められてもあと10年だしかも50台はその後の人生を準備する大切な時期なんだと思いっきりわがままになってしまうことをお勧めします最後の10年ぐらい人間関係についてもある程度わがままになっても良いんです少し具体的なエピソードを紹介しましょう n さんはある会社でエキスパートとして働き自分の仕事に誇りを持っていましたそこに親会社を定年退職になったある人物が n さんの同僚として移動してきたんですその人物は出向や仕事内容に不満を抱えてて仕事に対し非常になりありな態度をとり続けたんです自分の仕事に誇りを持っていた n さんは彼の態度が我慢ならずきににストレスを溜めていきしまいには会社に行こうとすると動悸がしたりしてうつ病の症状を発症しばらく休職する羽目になりましたですが休職期間が終わり会社との復帰を相談する際にえーるさんはきっぱりとまたあの人と一緒に仕事をさせられるなら戻らないと宣言したそうですその結果その人物は別のところに飛ばされ n さんは無事元の職場に復帰することができたんですこんな感じでねしっかりと会社に嫌な奴とは付き合わないというのを訴えることも重要です n 3のケースでもわかるように専門知識を持つ n さんを失ってしまって困るのはむしろ会社の方ですから会社にしっかりと訴えたり産業医や社内カウンセラー人事への国制度など使えるものは何でも使って嫌な奴とは付き合わないということを徹底することが50代からは特に重要になってくるでしょうさていかがでしたでしょうかそれではここまでで二つ目の50台で全人類が必ず手放すべきことを嫌な奴との付き合いについての解説を終わりにし次に行きましょうそれでは次三つめの五十代で全人類が手放すべきことを自分を縛るプライドという鎖について解説していきたいと思いますさて最後に手放して欲しいのはビジネスパーソンを縛り付けるプライドという鎖ですそれを断ち切った先にこそ楽しい人生が待っています60代以降にそれほどお金に不安がないという人は一層プライドを捨ててしまうというのも良い方法です実際そうやって割り切ることで楽しい人生を送っている人は多いです一流大学を卒業し坊生保の不調を役職丁寧になった後丸の内の高層ビルでガードマンの仕事についた jさんという人物がおります時給は1200円これだけのキャリアですから探せば他にも仕事はあったかもしれませんがちえさんは趣味を楽しみたいのでシフト勤務の方が良いというわけでガードマンの仕事をチョイスしました他にも大手企業出身者であるにも関わらず定年後に新聞配達をしている人物がいます他にも仕事がある中であえて新聞配達を選んだその理由は健康的で規則正しい生活を送りたいからだそうです現役時代非常に生き生きして定年を迎えた人はプライドにこだわることを辞めた人たちが多いです現役時代に俺は不調で偉かったんだとか俺は立場が上だったんだと言ったプライドにこだわって定年後を生きることがいかに窮屈な生き方なのかということを著者はこういった人 よろしくお願いしますまた他にも役立つチャンネルをやっておりますので概要欄のリンクからチェックしてみてください今画面に出ている最新動画おすすめ動画もチェックしてみてください本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事